スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おちしん」とかいう大嘘造語について考えてみる件








”おちしん”、というアホな単語を耳にされた事があると思います。

落合信者、落合監督の信者、これを略して、オチシンと言うそうです・・嘘くさい単語だと思いませんか?

落合博満を信じるヤツは許さないぞぉ、という事を主張しているアホが、ごくごく一部にいます。

たまにそういう脳の腐ったヤツ(しかも一人だけw)がこのブログにコメントを書いてきますが、クリック一撃で全部削除しています(笑)

オチシンがどーのこーの言っている人は、ごくごくわずかなほんの少数しかいません。

声がでかいのとしつこいだけですね。

現実社会では、たとえば名古屋の普通のドラゴンズファンの人で、そんな事を言っている人に会った事がありません。

このブログを読んでる普通のドラゴンズファンの方に是非教えていただきたいのですが、アンチ落合の人に会ったことがありますか?

名古屋で、たいそう大勢の人に聞いてみても、そんな事を言っている人に会った事もないし、そういう人がいるという噂を耳にした事もありません。

それで、「何かヘンだな?」 と思いました。

そこで、”おちしん” とかいう単語は、そもそも嘘じゃないか、と気づきました。

そもそも落合監督はドラゴンズをめちゃめちゃ強くして、めちゃめちゃ優勝を見せてくれた恩人です。

ドラゴンズファンはドラゴンズの優勝を願う者、という大法則がありますから、この法則に沿って考えれば、

「普通のドラゴンズファン = 落合監督が好きな人」

という等式が成り立ちます。

そういう意味から考えると、そもそも、

おちしん、とは全くの大嘘単語で、この世に一切存在しないインチキ造語です。


ドラゴンズファン = ドラゴンズの優勝を願う人

という公式は、絶対普遍の真実です。

だから、優勝をたくさんしてくれる監督が好きなのは当たり前の話で、オチシンもくそもそもそもありえません。

ドラゴンズファン = ドラゴンズの優勝が好きな人 = ドラゴンズをたくさん優勝させてくれる監督が好きな人 = 落合監督が好きな人

という法則があるわけです。

この真実の公式から外れた者は、ドラゴンズファンではありません。。

だいいち、ドラゴンズの優勝は好きだけど落合監督はキライだ、なんて事を言うドラゴンズファンなんて存在しません。

そんなことを言うヤツは絶対にドラゴンズファンではありません(断言)。

どんな性格だろうと、どんな人物だろうと、どんな見た目だろうと、ドラゴンズを優勝させてくれる監督が良い監督であり、そういう監督が好きなのがドラゴンズファンです。

「おちしん」という造語がいかに虚偽に満ちたくそバカげたウソ単語であるのか、あらためて認識していただきたいと思います。

また、アンチ落合がごくごくわずかな少数しか存在しない理由はいくつかあるようです。

それは、落合監督の反対勢力の中日新聞社のごく一部の派閥のオッサンであったりとか、宗教的な理由とか、本当にしょうもないものばかりで、こんなごくごく一部の者は、およそまともなドラゴンズファンではありません。

たくさん優勝してくれた監督を嫌うなんていうのは、中日新聞社内で反落合派の派閥に属しているか、落合監督の事を宗教的にキライだと言っているか、というだけのおよそ一般的ではない異常でマイナーな理由を持っている、ごくごくわずかな変態的人物だけです。

こんな連中をまともなドラゴンズファンとは認定できません。

本当にドラゴンズが好きな人物の言うセリフではありません。

一般的なまともなドラゴンズファンは、優勝をたくさんみせてくれた監督が好きなだけの話で、そんなことは当たり前の話です。


冷静に考えて、判断してみてください。

「おちしん」とは何なのか?

そもそも、オチシンという単語、何なのでしょうか?

鼻で笑ってしまいます。

おちしん、おちしん、と言っている人の主張したい事は、

「落合信者」

はダメであるという大嘘を信じさせたいだけの、ある種の特殊で異様な目的を持った人物です。

そんな者がまともなドラゴンズファンであるはずもありません。

「おめたちは落合を盲目的に信じているだけなんだべだぞぉぉー」

って言いたいんでしょうね、アホかと。

一体これは何の寝言なのでしょうか?

一体なにを言っているのでしょうか?

落合を信じるな!っていうことだけをとにかく言いたいんでしょう。

そんなことを言っているヤツは絶対にドラゴンズファンではありません。

優勝を妨害し、ドラゴンズの負けを願う中日新聞社と坂井克彦が、本物のドラゴンズファンではないのと同じです。


落合を信じるも信じないも、そんなものどっちでもよくて、とにかく優勝を願うのがドラゴンズファンです。

優勝させてくれる監督を望むのがドラゴンズファンです。

ドラゴンズファン = ドラゴンズの優勝を願う人

です。

これは誰にも否定できない、圧倒的な真実です。

とにかく落合がキライだから、落合が好きな人を何かレッテル貼りがしたいので、一生懸命に考えて、編み出したのが、「おちしん」という何の意味もない嘘単語です。

普通のドラゴンズファンから見れば、”おちしん” という単語は欺瞞に満ちた大嘘の造語で虚偽でインチキなだけです。

普通のドラゴンズファンのみなさん、だまされないように注意しましょう。


まず、これを見てください。
  ↓
http://bis.npb.or.jp/yearly/

  ↑
これを見れば、ドラゴンズがいかに弱いチームだったのかがわかると思います。

その分、ドラゴンズファンファンは悔しい思いをしてきました。

しかし、2004年、その屈辱の歴史にピリオドがうたれました。

落合監督の就任期間は、2004年から2011年までの8年間です。

この8年間の成績は

2004年 優勝
2005年 2位
2006年 優勝
2007年 2位 CS1位 日本シリーズ優勝 日本一
2008年 3位
2009年 2位
2010年 優勝
2011年 優勝


という、8年間のうち5年をビールかけという、とてつもないものです。

8年間で名古屋市内を5回も優勝パレードするという、素晴らしい監督でした。

そのパレードが開催されるたびに、数十万人のドラゴンズファンが名古屋市に集結し、熱狂しました。

これが普通のドラゴンズファンです。

ドラゴンズは好きだし優勝パレードにすごく行きたいけど、落合が嫌いだから優勝パレードには行かない、なんて言うドラゴンズファンなんてこの世に存在するでしょうか?

優勝パレードにすごく行きたいドラゴンズファンは、優勝パレードを普通に見に行くのです。

もちろん用事があるとか、物理的に遠いから行けないとか、そういうケースは除いての話です、念のため。

例えばパレードのルートの近所に住んでいて、優勝パレードが始まったら、ドラゴンズファンのあなたは見に行きますか、行きませんか、と問われれば、普通のドラゴンズファンなら100%見に行く、というあったりまえの話です。

落合竜の8年間とは、ドラゴンズファンにとって、ビールかけをしょっちゅう見る事ができるという、とても素晴らしい8年間でした。

ドラゴンズファンにとっては、夢のような8年間でした。

強かったです。

優勝がいっぱいです。

夢がいっぱいです。

それなのに、こういう素晴らしい成績を残した監督を信じるドラゴンズファンを、「おちしん」と呼ぶ?

本当にバカげた大嘘ねつ造言葉だと思いませんか?

何度も言いますが、この世に「おちしん」などという単語は絶対に存在しません。

そもそもそんな単語を使うヤツは、絶対にドラゴンズファンではありません。

この事実をよく覚えておいていただきたいと思います。


ドラゴンズファンの常識として、おちしん、という単語はこの世に存在しないということを認識してください。

そんな事を言うヤツは絶対にドラゴンズファンではありません。



2004年は、補強ゼロで「個々の能力を10%引き上げ優勝する」と有限実行し、セ・リーグを制覇しています。

これを皮切りに、ドラゴンズの黄金期が始まります。

強い常勝軍団のドラゴンズが好きなのが、本物のドラゴンズファンです。

落合監督の悪口をせっせと記事にする中日新聞社や、おちしんとかいう大嘘ねつ造語を使う、そもそも本物のドラゴンズファンではないインチキ野郎に注意してください。

こんなクズ会社やクズ野郎にだまされてはいけません。


ドラゴンズファンは、ドラゴンズに優勝を運んで来てくれる監督が好きなのは、あったりまえの話です。

冷静に考えて、冷静に真実を見極めてください。



そういう意味で、中日スポーツにせっせと反落合記事を書いていた記者もまた、まともなドラゴンズファンではありません。

まともなドラゴンズファンではない、ごく一部の連中の大嘘に流されないように注意しましょう。

ドラゴンズファンとして、これからもドラゴンズの優勝を願いましょう。


あなたが普通のドラゴンズファンであるならば、堂々と胸を張って、

「落合竜は本当に素晴らしかった」 

と言いましょう。

それは、堂々と胸を張って、

「俺はドラゴンズファンだ」

と言っているのと、全く同じ意味だからです。





にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram








ハワイオプショナルツアー

引越し


関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも楽しく拝見させてもらってます。
HNでおわかりかと思いますが、私は台湾と縁が深いです。WBCを見てわかるように台湾は世界一の親日国です。そのわけを、たくさんの老人の方から聞きましたが、みんな同じ事言います。
「戦前、台湾が日本だった頃、日本のやり方に不満を持ってる者もいました。でも、戦後、日本が去って中国から蒋介石がやってきて台湾をめちゃくちゃにしました。50年間、日本が築いてきたものをぶち壊しました。多くの台湾人はその時、どれだけ日本の統治が素晴らしかったかを知りました。日本時代は"一生懸命働く""責任感や思いやりを持つ""不正をしない"…、そんなことが『当たり前』だったので、皆、気づかなかったのです。戦後、日本の素晴らしさに気づいたから、我々の世代(日本統治時代を経験した者)は、皆、親日なのですよ」

今のドラゴンズも全く同じですね。落合監督時代、みんな勝つことが「当たり前」になってきて、「もっと若手使ったら」とか「監督がファン感謝祭りに出ない」とか、些細な文句を言ってる人もいましたが、そんな人も今、落合さんの素晴らしさ、勝つことの難しさを痛感していると思います。

長々と申し訳ありませんでした

まぁ落合信者とドラゴンズファンを差別するのは基本的におかしいですが、ただ本当の落合信者はいます。それは落合さんが監督になったからドラゴンズを応援し、監督をやめたら応援をやめた人たちです。彼らはいい意味で正真正銘の落合信者と言えるでしょう。ただ、それを言うならドラゴンズファンにも落合信者はたくさんいます。僕なんか落合さんのこと中日の監督に就任するまで三冠王というイメージしかなかったですが好きになりましたから。監督としてのあり方も理想的でしたしできればまたドラゴンズで監督してほしいくらいです。ついでに言うと、もし落合さんが2004年から4位、5位、6位みたいな成績で首になっていたとしたら好きにはなっていなかったでしょう。擁護するような書き込みをネットにすることもなかったでしょう。

黄金期を自分自身で崩壊させる不思議

経営力のなさ。必要なコストを削りだしたら終わり。あくまでコストの削減は不必要なものを精査し見つけ出すから意味がある。ぼんくら経営者は見極められないから、なんでも削ってしまう。だから、安かろう悪かろうで客は逃げて行く。坂井という無能な人が経営者になってしまっている不幸。中日新聞ももうだめなのかな。淋しいけど。有能な人材は居るはずだ。中日新聞の社員の奮起を見たい。中日ドラゴンズあっての中日新聞じゃないのか?

No title

「おちしん」、ネットではよく目にする単語ですね。
その対極に「おちあん」という単語も存在します。

その「おちあん」が殊更に落合さんを好きであるドラゴンズファンに「おちしん」というレッテルを貼るわけですが、彼らの言っていることは全く意味不明です。

落合が監督だからファンが減ったと言っておきながら、更にファンを減らしている高木を崇拝していたり、落合が酷使したから浅尾が潰れたと言っておきながら、投手の多数を潰しまくっている高木を崇拝していたり・・・
もう、なにがなんやらです。

落合さんのすばらしさが理解できないとは、可哀想な連中です。
落合さんの指揮した8年間は本当に、「すごい」の連続でした。
常人とは見えているものが違うところが本当にすごかったです。
審判の体調が悪いのを見抜いて交代させたエピソードは有名ですね。
采配面もそれ以外も、常にファンに刺激を与えてくれました。
それが理解できないとは・・・

坂井がいなければ、今年も落合さんが采配を振るっていたんだろうなと考えると、本当に残念です。

No title

オチシン、オチアンなんて言っている馬鹿は私のような中京圏以外のドラゴンズファンから見れば単に名古屋にしがみつきたいだけの戯言の様に思います。
現ジョイナス政権なんて名古屋マスコミ御用達のコーチ陣そのものですから…。
落合政権は戦力が例え劣っていても優勝できるんだという夢をファンに与えてくれた意味では革命でした。
落合さんが辞める時「全国のドラゴンズファンの皆様、ありがとうございました」と言ってくれた事は今でも忘れません。
ドラゴンズは名古屋だけのものではないんですよ!

No title

人を惹きつける魅力や能力があるかどうか。

ナゴヤドームの観客の数字が、それを簡単に物語っているということ。

人には好き嫌いがあるのは当然。単純に比較はできないが、現状は後者の方が圧倒的に多いのだろう。

高くても安くても、ちょっと旬が過ぎてても、どんな素材でも上手い料理を作る店の主と、どんないい素材を使っても不味いものしか出来ない暗い店の主では、当然前者の店を選びたくなるのが客側の心情。


信者とかアンチとかはどうでもよく、単に好きか嫌いかだけの問題。

僕は前任者が圧倒的に好きだ。

店が潰れないとでも思っている経営者もどうにかして欲しい。

No title

全くもってその通り。
ファンにとって大事な事はチームが強いか否か。
強くないことには話にならないのですよ。私は
数十年に渡るドラゴンズファン(ここ数年のやり方で
“中日”と言う言葉を使う事を止めました)で、落合
監督時代は夢の様な日々でした。毎年シーズン終了
まで優勝争いをして期待させてくれたのですから。
自分の贔屓の選手を使わない、自分の思った通りに
ならない事で、優勝しても非難するなんてファンでは
ありません。優勝しても罵倒していた人間が、こんな時
こそ応援しよう等とバカげたことをブログで書いています。
こんなのはファンでもなんでもない。単にプロ野球を自分
の不満のはけ口にしているだけですね。

ピカイチには行かない

管理人さん
コメントありがとうございました。

ドラファンが集まる今池にある中華料理屋の従業員はアンチ落合さんなので、小生は行きません。
アンチジョイナスのドラファンは行かない方がよいです。

No title

管理人さんこんばんは

今日の記事を読んで思ったことを書いてみます。

落合前監督が好きかどうかについてはファンの中でも温度差があったのではないかと思います。それこそ熱心に落合前監督に心酔しているファンから、いけ好かないけど認めざるを得ないファンまで。
全体としてはどちらかというと好きというファンが多いのではないかというのが私の感想です。(私自身はわざわざ講演会に聞きに行くくらいのファンですが。)

あれだけ成績を挙げた落合前監督に対して嫌いと言っている輩は病的なやつか、落合氏が監督をやることで何らかの不利益をこうむり連中(例:選手を呼んでもらえないタニマチ、記事を書かせてもらえないクソ新聞社の記者など)のどちらかと思っています。

仮に落合前監督が嫌いだとしても、高木にここが落合より凄いと思わせる部分はあるでしょうか?落合より高木を持ち上げるのはプロバカンダか病気としか思えません。

No title

初めまして。
素晴らしい記事ですね。
まぁ私は「これだけどオチシンは」と言われても開き直って「オチシンだけど何か?」って言ってますが笑。

落合監督、本当に素晴らしい監督でしたね。
最近のドラゴンズはつまらないのでつい2004-2011年の栄光の動画、落合監督の言葉(もはや名言と呼んでいいものばかり)をネットで読み漁ってしまう毎日です。


管理人様、好きな落合語録はありますか?
私の中で好きなのは
「あいつに取れないなら誰も取れないさ(ひでのりの守備について)」
が特に印象的で好きです。こんな熱くて情の深い上司がほしいものです。

長文失礼致しました。

素晴らしいブログですね!

ごく最近、貴ブログを見つけて、その内容を見て
大変感服しています。
現在のドラゴンズ(以下「D」と省略)に対して、
私の言いたい事を本音で、ほぼ言い当ててくれているので、
読んだ後、本当に溜飲の下がる思いで、痛快な気分になります。
ありがとうございます。

実は、私も一昨年の落合監督解任に大激怒したファンの一人。
しかも前任の佐藤球団代表は、私、個人的には比較的近しい
人物なので、その解任発表をした時のTV映像の彼を見て、
当時、怒りの気持ちと同時に、とても複雑な心境でした。
(どれぐらい佐藤球団代表と近しいかは、不特定多数の
目に触れる場所ですので、それ以上の説明は割愛します。)

私は、「中日は今年絶対に弱くなる」と昨年から予測していて
現在のDはその予想通りとなり(当たり前の話です)、
佐藤球団代表に「こんな事をしていては、Dは地に墜ちる」
という主旨の抗議の手紙を書く予定でした。
(*近しいと言っても、普段顔付き合わすという間柄
  ではないのです。)

しかし、こちらの管理人さんのブログを読んで、
私が言いたい事はほぼ全て語られているので、
佐藤に手紙を書くのはやめました。
(*それと、佐藤が球団代表を降りた事も書くのを
  やめた理由でもありますが……。)

私が申すまでもないでしょうが、昨年の2位は、言うまでもなく、
「落合政権の残した貯金・遺産」みたいなものがあっての結果。
私は、昨年の成績は、その貯金・遺産があるから、ある程度は
やるだろう、と昨年の開幕前に予想してました。
しかし、「優勝はない」と予想してまして、Aクラスだろうと
考えていました。

そして昨年の2位は「優勝できそうだったから惜しかった」なんて
私は、決して思いませんでした。
私は「優勝できないのは必然」と考えたのです。

このブログの管理人さんが仰る通り、私も「Dの優勝を常に願い、
Dを優勝させてくれる監督さんが、ファンなら好きに決まっている」
というというファンの一人です。当然です。

私は、個人的にはマスコミに常に話題を提供し、叩かれていた
選手時代の落合選手も大好きでした。

私は若い頃から新聞やTVの垂れ流す情報を鵜呑みにしない、
という性分で(なぜかは説明できないのですが、気付いたら
自分はそういうタイプの人間でした)、マスコミに
叩かれながらも「平然と良い成績を残す」落合選手が大好きでした。

私は当時から落合選手に対しては「マスコミは叩いているが、
人間的には悪い人物ではないだろう。マスコミに対する落合選手
の言動は、マスコミへの強い不信感がそうさせているのだろう」と
推察していました。

それと、私は彼のように「マスコミに媚びず、非難・批判されても
仕事が出来る人」「非難・批判されても言い訳しない人」が元々
大好きなのです。

ですから「強すぎて嫌われた」かつての大相撲の「横綱・北の湖」も
私は大好きでした。

実は私は、「落合監督が実現」する随分以前より「落合さん、
Dの監督に『来い!』」と内心ずっと思っていたファンのなのです。

しかし一方で「選手時代から『オレ流』と冠されて、非難・批判の
強かったイメージの落合さんを監督に、と手を挙げる球団は、
なかなかないだろうな」とも考えていました。ですから落合さんが
「D監督になる」と聞いた時は、とても嬉しく、私自身は、
なぜだか、誇らしい気持ちにもなりました。

そして落合さんが監督をやれば「Dは強くなる。必ず優勝する」と、彼が監督就任時点で、根拠は何もないですが、やはり私の
直感が、そう思わせてくれたのです。その後の落合監督のD監督
での実績は、もう言うまでもないでしょう。

それと落合さんは、長年Dの監督をやってみえたので、私がかつ
て思っていたように、「落合さんは人間的には選手思いの好人物。マスコミには不信感から多くを語らない」ということが、本当によく
わかりました。
(彼のマスコミ不信は、一言で表せば「話しても真意が伝わらず、
全く心外な事を書かれる」というところから来ている、というのが、
彼の短いコメントをつなげて考えてみると、よく理解できました。)

そして、一昨年の解任事件……あの解任以前から、こちらの
ブログの管理人さんもご指摘通り、身内の中日スポーツが
日常的に「落合批判」を繰り返していましたし、球団サイドの
役員人事が刷新されれば、落合監督は「切られるだろう」という
予測は、様々なメディアの論調から「既定路線なのかな。
落合監督退任は避けられないのかな」と私も覚悟はして
いたのです。

しかし、まともで賢明なるDファンなら誰しも思っていたでしょうが、
「落合はファンサービスしないからお客が入らない」「落合は
親会社の新聞にも喋らない。面白くないから親会社の新聞が
売れない」「落合は金がかかるから球団経営にマイナス」等々、
「落合が監督だから全てアイツが悪い」的に、落合監督を
スケープゴートにした論調は、度が過ぎていたし、私もファン
として、特に親会社の中日新聞社に対して「いい加減にしろ!」
という憤怒の念が、当時常に自分の中に渦巻いていました。

一般の週刊誌等が書くものならまだしも、落合さんを監督に
据えた親会社の新聞が、露骨な非難・批判記事を書くなど、
言語道断、としか言いようがないでしょう。本来なら、外から
非難・批判されても落合さんを庇うのが、親会社の新聞の
使命のはずなのに……。

いや、邪推の域を出ませんが、一般週刊誌にさえ、中日新聞社
の反落合派がリークしたのではないか、と思わせるような記事を
あちこちで、私自身、目にした覚えがあります。

それは、落合監督があのような形で解任された後に、私の中で
後付け的に「今考えれば……」と思えたこと、ということは、一言
お断りしておきます。

大体、今時……ホントに「今時」なんですよ……「観客が入らない
責任を監督におっかぶせる」こと自体が、前時代的なのに、それ
を平然と球団のバカアホ幹部達は口にして、恐らくは、それを
身内の新聞社に書かせて世間に流布する、というバカアホな
ことをしでかしていたのでしょう(繰り返しますが、下手すれば、
社外にもリークしていた?)。

セ・リーグは他球団も、D同様、いまだに「監督で客を呼ぶ」
という原始的かつ強固な体質の球団が多いのですが……
それが今の時代のプロ野球経営においては大きな誤りである、
というのは、パ・リーグの球団経営が証明しているのでは
ないでしょうか。

パは暗黒時代とも言える、観客のほとんど来ない「冬の時代」が
長かったこともあり、その苦闘時代を経て観客を呼ぶ戦略を「本当の意味での客目線に立ったファンサービス」に大転換したことで
成功した、と端的には言えるでしょう。要するにパはとうの昔に
「監督で客を呼ぶ」などというバカアホな球団経営は捨てた球団
が多いと思います。

パは監督交代の有無にかかわらず、多少の増減はあるでしょう
が、比較的安定した観客数を維持している球団が多いのでは
ないでしょうか。

それに比べてセはパほど観客激減の修羅場はくぐっていないので、いまだに「プロ野球を見せてやってるんだ」という殿様商売の
体質で、ファンサービスと言っても小手先の域を出ず、パのように「本当の意味での客目線に立ったファンサービス」への根本的
転換など全くなされていない、というのが現状でしょう。
(このあたりの記述は、過去の様々なパ・リーグの球団経営
に関する報道で私が見聞したものを判断材料としていますので、
もしも誤りがありましたら、遠慮なくご指摘、訂正をして下さい。)

その裏返しの経営方針が「監督で客を呼ぶ」という発想に
他ならない訳なんです。

「お客を呼ぶのは球団経営幹部責任。野球の勝負は監督
責任」……こんなレッスンワン、当たり前のことすら理解して
いないDのバカアホ球団幹部は救いようがなく、呆れてものが
言えません。

実はそんなことは、特段、Dのファンでなくても、プロ野球を
少し見聞したことのある人で、ごく一般的な常識のある方々なら、
誰でも容易に分かること、というレベルの事柄ではないでしょうか。

落合さんは、おそらくここで私が述べているようなことは、
私以上に全て分かってみえたことでしょう。

しかし落合さんの偉大なところは、それらを全て飲み込んで、
「契約が全て。球団は来季私と契約しない、それだけのこと」
という主旨のコメントのみを残して退団したところ。

私のように、(自分で言うのもなんですが)「ちっちゃ!」という
人間、極めて小市民的な人間なら、ゴチャゴチャ球団批判めいた
ことをギャースカ、ガ~ガ~わめき立てて、自分の正当性を
主張しまくっちゃうでしょうが……それで墓穴を掘ろうが、
です(笑)……落合さんは一切それをしなかった……そのあたり、
わきまえているというか、良い意味でクレバーというか、彼の
その潔さは、カッコいいというレベルじゃなくて、私には「偉大」
としか表現しようがないのです。

勘違いなさらないで欲しいですが、私は「おちしん」ではありま
せん(笑)。と言いますか、「おちしん」に関しては、管理人さんの
意見に全く同意です。「おちしん」なんて嘘、そんなのない、
そう思います。

ですから、元々落合さんを選手時代から大好きだった私では
あるものの、「監督が落合さんだから。その落合さんを解任した」
ことに大激怒している、という訳ではなく、「Dを何度も優勝に
導いた実績ある監督」をあのような形で「解任する」とは、正気の
沙汰とは思えず、立腹したのです。

もちろん私が個人的に好きな落合さんが解任された、という
ことで、そこに私の怒りの感情がない、と言えば、それは嘘に
なりますが、仮に「Dを何度も優勝に導いた実績ある監督」が
落合さんではなくても、落合さんと同じ経緯で解任されれば、
もちろん私は大激怒します。

理由は、管理人さんと全く同様、「Dを優勝に導く監督」であれば、
Dファンは、スタンディングオベーション、オールウェルカムで、
大喜びするのですから……。

監督と言っても、完璧な人間など存在しない訳ですし、仮に
少々言動に問題やクセがあったり、少々アクの強い人柄で
あったとしても、「Dを優勝させる監督」であれば、Dファンは
喜ぶ……それは、当たり前のことですよね。

話戻して、あの「落合監督解任事件」は……私個人にとって、
あれは「事件」です!あえてそう表現させて下さい……
多くの心あるDファンを心底怒らせる所業であった、と断言
出来ましょう。

怒らせた矢先、解任発表後間髪入れず「次期監督・高木守道」
発表に、やはり多くの心あるDファンの怒りの沸点は、頂点に
達した事でしょう。

そして、日本シリーズ後、落合さんが退いた直後から「落合
監督は駄目だった」という嘘八百のデタラメを正当化しようと、
「ジョイナス」などと中日新聞社一丸となってぶち上げ、
高木守道はそれに歩調を合わせて球団の太鼓持ちよろしく
「私は出来るだけ喋る。ファンと共に、を心がける」的な
コメントを随所で連発……高木のコメントが球団の意向を
受けてのものであることは明白であり、それは前任者・落合の
やり方の裏返しを意図し、露骨な落合批判の含みを持たせた
球団サイドの悪意さえ感じられ、「猿回しの猿」の役回りを
高木が喜んで引き受けているように、心あるDファンの目には
映ったのではないでしょうか。

そう、管理人さんが仰る通り、心あるDファンはそのジョイナス
なるものに決して騙されなかった。

私個人は、Dファンでありながら、昨年来、その薄汚い根性の
D球団幹部への極めて強い怨念から「高木D負けろ!最下位に
沈め!」と念じ続けながら、冷徹にDの試合を見つめ続けて
今日に至っています。

そもそも落合監督解任を端緒にして、D球団幹部は
「必勝の法則」と真逆、即ち「必敗の法則」に着々と
歩を進めているのですから、「勝てる道理などない」のは
必定なのです。

この「必敗の法則」には、野球の勝ち負けだけでなく、実は
「観客動員」も含まれています。

私は、中日スポーツは定期購読しておらず、たまに立ち寄る
喫茶店で読むか、新聞休刊日に気が向くとコンビニで「特別版」
を買う程度でした。昨年でしたか、一度、休刊日に中スポを
買ったところ、今まで100円だったのに、110円で、10円
値上げしていて「ムッ」と怒りがこみ上げた記憶があります。

それがこのブログ内で、「ガッツポ坂井」が紙数売上減と
観客減の穴埋めに昨年10円、今年更に10円値上げした、
という事を知り、再び大激怒……昨年10円値上げを
知った刹那、かすかにガッツポ坂井が私の脳裏をかすめた
のですが……管理人さんのご指摘で、その脳裏をかすめた
理由、そして私ごときの直感が一応ガッツポ坂井を一瞬
射程に捉えた事が、判明したのです。
情報、ありがとうございました。

昨年10円値上げで中スポ買ってしまった後、自分では
一切中スポ買ってません。ただ喫茶店では、地元なので、
中スポと中日寄り記事を載せた日刊スポーツを
置く店がほとんどで、一応今は敵の「バカアホD球団幹部」
の様子を探る意味で中スポには目を通しています(苦笑)。

そりゃDの負けがこめば、あの偉大な落合さんさえ
スケープゴートに仕立てるガッツポ坂井をはじめとする
バカアホ球団幹部だから、管理人さんご指摘通り、
監督の高木をスケープゴートに仕立てるなど朝飯前でしょう。
何しろ高木は、「猿」なんですから……スケープゴートに
するのなんか、彼らにとっては、朝飯前どころか
赤児の手をひねるより簡単でしょうよ(笑)。

さて、「優勝出来る監督」を切り、その配下にあった主要な
コーチ達を子飼いのOBコーチに総入れ替え、必要不可欠な
戦力を次々放出して、不要な戦力を獲ったり残留させたり、
選手管理をはじめ秘密主義を貫いた落合政権から
一転して情報だだ漏れ・あけっぴろげ高木政権へ……
思いつくまま列挙しても極めて悪い方向に舵を切ったD……
『必勝の法則』から『必敗の法則』へと劇的な変化を遂げたと、
賢明なるDファンなら誰の目にも明らかでしょう。

一言で言えば、それは「優勝していた体制を自ら解体する」
という事ですから、そのように組織論から見ても邪道、
(大袈裟ですが)自然の摂理にも反するような行為に走れば、
因果応報の結果が出るのは、自明の理。

コーチのOBへの入れ替え、必要戦力の放出に関しては、
管理人さんも触れてみえるので割愛しますが、同じく管理人さん
の触れている山崎、加えて川上、獲得は出来なかったものの
福留等々、明らかに「ピークを過ぎた、もしくは終わっている
戦力」をわざわざ獲得するという球団の姿勢には、
何を考えているのか理解に苦しみます。

一つ考えられるのは、「昔Dに在籍して人気のあった選手を
呼び戻して観客増につなげたい」というバカアホ球団幹部の
思惑があるのかも、ということ。

そこには、「ピークを過ぎているから年俸は安くても文句は
言わないだろう」という、やはり薄汚い計算……
要は「タダ(投資なし)で儲けよう」に近い姑息で低次元な
バカアホ球団幹部の浅はかで、見苦しく、どす黒い根性が
透けて見えてくるという次第です。

長々となりまして、本当に申し訳ありません。
ブログ管理人様、今後とも応援していますので、
よろしくお願い申し上げます。

私は別に落合監督が好きとか嫌いとかはありませんが、あまりに今の監督アカン過ぎて話になりません…好き嫌いのレベルちゃいますわ(ーー;)
負けても、弱くても落合監督は嫌だから今がいいってのはドラゴンズファンとしてどうなんやろ?大っ嫌いやけど強くしてくれるんなら星野でも野村でもええわ…今よりマシやろ

落合さんはファンを大切にします。

年末年始に和歌山の落合記念舘に行くと、落合さんがいます。サイン希望者全員に快く応じてくれます。さらに訪問者約30人と約3時間も野球、リストラ、原発、中日の監督について談議しました。
ドラファンは是非行って頂きたいです。

http://i.4travel.jp/travelogue/show/10760559

落合さんへの聞いてみたこと
中日の監督については高木より権藤さんの方がドラゴンズはつよくなりそう。

落合さんの見解
落合さんは高木の方が良いと思う。

中日の次期監督
中日の次期監督はだれがよさそうですか。

落合さんの見解
俺は谷繁を見てみたい。


No title

確かに名古屋では「監督としては凄いけど・・・」と、斜に構えて、落合監督を手放しで評価しない人は少なからずいる
(だいたいは中日新聞やCBCなど、マスゴミのネガキャンを真に受けてのもの)

アンチはそこにつけこんで「監督も含めて応援するファン」をオチシン呼ばわりして分断工作をはかってきたわけです

No title

>現実社会では、たとえば名古屋の普通のドラゴンズファンの人で、そんな事を言っている人に会った事がありません。

名古屋で、たいそう大勢の人に聞いてみても、そんな事を言っている人に会った事もないし、そういう人がいるという噂を耳にした事もありません。

名古屋在住ですが、ほぼ同感ですね。(新聞TVしか情報媒体を持たないような年配の方に、ごく稀にいらっしゃるくらいでしょうか)
まあ、ネットで「オチシン」を連呼している方は実際にいらっしゃいますが、リアルを見る限り声だけデカい少数派と判断してよろしいかと思います。

しかし、そう考えると大多数のファンの意向を無視して球団を私する一部球団幹部には、改めて強い憤りを感じますね。
というか、今の自分は野球ファンである事は間違いないのですが、ドラゴンズファンであると胸を張って言えるかどうかも怪しくなってきました。
中日ドベゴンズ時代を知らないので、もう(これ以上)失望したくないです…。

落合サンを悪く言う人は、

何の“とりえ”もない、誰からも愛されない 弱虫の『ヤキモチ・ネタミ』だと思ってます。

誰かの悪口を言いながらじゃないと生きられないタイプの人間の。
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。