スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高木守道の酷使で小熊投手がヤバいケガをさせられてしまった件





















ついに、ついに恐れていた事が起きてしまいました。

【中日】小熊が右肩痛のため登録抹消

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130418-1114199.html

中日小熊凌祐投手(22)が18日、右肩痛のため出場選手登録を抹消された。
小熊はプロ5年目で初の開幕1軍スタートを勝ち取り、ここまで7試合に登板して防御率1・69と安定。
ただ、14日広島戦を最後に登板はなかった。
入れ替わる形で山井大介投手(34)が登録された。



高木守道の酷使がたたって、小熊投手が肩をケガさせられてしまいました。

ついに、ついに、酷使されていた中継ぎ投手からケガ人が出てしまいました。

しかも、ヒジなら手術などして復活も可能ですが、投手の選手生命にかかわる、肩のケガです。

ケガの程度にもよりますが、肩のケガは投手にとっては致命的なケースになる事が多いです。

高木守道の酷使継投采配2013犠牲者の第1号は、小熊投手になってしまいました。

無謀で無能な高木守道の酷使継投で、小熊投手の選手生命が絶体絶命の危機です。

高木守道は、この責任をどう取るつもりなのでしょうか?

もちろん、小熊投手のケガについては、知らんぷりを決め込むのが、高木守道でしょう。

それどころか、ケガした責任を小熊になすりつける事をするでしょうね、いつもの高木守道のように。

高木守道というやつは、そういうやつです。


小熊投手が右肩をケガするに至った、4月12日を最後に登板しなくなった、ひどすぎる酷使の経緯を見てみましょう。

(上記の記事には14日を最後に登板していないと書いてありますが、14日に小熊投手は登板していません。
    ↓
  http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2013041402/stats )


3/29 vs横浜 
3/30 vs横浜 
3/31 vs横浜 

4/2 vs阪神 
4/3 vs阪神 小熊1/3回
4/4 vs阪神 
4/5 vs読売 小熊1回
4/6 vs読売 小熊1回(2連投)
4/7 vs読売 小熊1/3回(3連投)

4/9 vsヤク 小熊1回(4連投)
4/10 vsヤク 小熊2/3回(5連投)
4/11 vsヤク 
4/12 vs広島 小熊1回

登板数
小熊 7試合 (13試合中7試合登板、5連投を含む)


登板の頻度の割合 (チームは13試合消化時点)
小熊 7/13=53.8%


1シーズン登板数換算 (1シーズン144試合)
小熊 144×0.538 = 77試合登板ペース



やはり連投というのは、投手の肩やヒジを著しく痛めてしまいます。

4月3日に試験的に登板させられ、抑えたのが小熊にとっての不幸の始まりでした。

その翌翌日に登板させられると、そこから一気に5連投もさせられてしまったのです。

5連投のあとは1日あけて、1回投げさせられ、右肩痛を発症。

これ以降、小熊が登板することはありませんでした・・

5連投もさせるからこういう事になるのです。

高木守道は、中継ぎ投手をなんだと思っているのでしょうか?

投手はピッチングマシンじゃないんだよドアホ!!!
5連投もさせたらケガするにきまってるだろうがこの無能クソジイイが!!!!

と叫びたい思いでいっぱいです(怒)


↓この記事は小熊が3連投中の記事で、この翌日にも登板させられ、さらに2日後にも登板させられ5連投させられ、そして4日後に右肩をケガすることになります。


【中日】小熊鉄腕宣言!連投?「若いんで」
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130408-1109629.html
3連敗中の中日は8日、ナゴヤ球場で投手陣と一部の野手が練習を行った。
9日からのヤクルト3連戦(ナゴヤドーム)に向け、投手陣の立て直しが最優先事項。
高木守道監督(71)も鋭い目を光らせた。
リリーフ陣では、調子の上がらない山井大介投手(34)が出場選手登録を抹消された。
ここまで4試合に中継ぎで投げ防御率0・00と安定した投球を続けている小熊凌祐投手(22)が、より大きな期待を背負うことになった。
前カードの巨人3連戦は3連投。
「若いんで疲れはありません」
と頼もしく
「もっと細かい部分にこだわってやらないと」
と、自分にも厳しい。
プロ5年目で初めて開幕1軍を勝ち取った期待の右腕。
本拠地でも落ち着いた投球でアピールする。

ogumartmkk.jpg



ドラゴンズの投手陣、特に若手の投手陣の皆さん(特に岡田投手と田島投手と武藤投手)にぜひ知っておいて欲しいのは、

投手の肩やヒジの頑丈さは、年齢は全く関係ない。

ということです。

それから、

高木竜は投手を守ってくれないから、自分の身は自分で守るしかない。

という事実です。

この恐ろしい事実にどう立ち向かって行けばいいのでしょうか?

それは、

必殺イワカン攻撃

です。

ドラゴンズの若手投手の皆さん、

「このままの酷使が続いたら俺はつぶされる!」

と思ったら、

「肩に張りがあるので、ファームで10日間休ませて欲しい」

と、投手コーチに堂々と嘘をつきましょう。

あるいは、

「ヒジに違和感があるので、ファームで調整させて欲しい。最短の10日で戻ってくるから。」

と嘘を言いましょう、正々堂々と。

たとえ違和感や張りが無くても、登板間隔や登板頻度が異常な数字になってきたら、正々堂々と嘘をついて休まないと、自分の身を守ることができません。

高木竜2013においては、若竜中継ぎ投手陣が自分で自分の身を守る以外にはほかに自己防衛のしようがなく、嘘をつく以外に自分の投手生命を守ることはもはや不可能です。


若手投手陣がぜひお手本にして、真似してほしいのが吉見投手です。


吉見、右肘張りで抹消 高木監督「早めにちゃんとしないとズルズル」
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/06/kiji/K20130406005556830.html
スポニチアネックス 4月6日(土)15時12分配信
中日の吉見が6日、右肘の張りのため出場選手登録を抹消された。
3月30日のDeNAとの開幕戦で右腕の張りを訴えていたが、5日の巨人戦では3本塁打を打たれ、6回7失点と精彩を欠いていた。
吉見は昨季、右肘を痛めて、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表候補を辞退した。
高木監督はエースの離脱に
「早めにちゃんとしないと。このままズルズルいってしまう」
と早い段階での決断を説明した。

yoshimi3tm.jpg



高木守道は、

「俺が抹消させた」

みたいなことを言っていますが、

こんな事で抹消させるような思いやりや投手を見抜く能力をもつ人ではありませんので、これは右ひじの張りに違和感を感じた吉見投手の自己申告での抹消なのでしょう。

WBCも、吉見投手の一流の鉄の意志で辞退しました。


今から考えると、吉見のWBC辞退の決断は非常に正しかったと言わざるをえません。

投手は、自分の肩やヒジを、自分の力で守らなければなりません。

こういう面でも、吉見は一流の投手であると言えます。

そういう事は絶対に周りにながされることなく、自分の強い意志で、休むべき時に休む、投げてはならない時は絶対に投げない、そういう自己管理も含めて一流の投手といえると思います。


そういう面では、浅尾は周りに流されすぎで、自己の意志もなく、ケガをしまくっています。

だから浅尾投手は、厳密な意味では、一流投手とは言えないと思います。

小熊投手も、断りきれぬままに5連投し、ケガをしてしまいました。

浅尾投手と小熊投手は、周りの投手コーチや監督に流されず、つねに自分本位に自己管理を行う事の大切さを今の時期に学んでおいてほしいと思います。

そうは言っても、若い投手はなかなかそういう事は言い出しにくいと思います。

「監督や投手コーチに、すぐに痛いのかゆいのと言いだすヤツだと、思われてしまうのではないか。」

という思いもあるでしょう。

しかし、いざケガをしてしまっても、一切責任を取ってくれないのが、監督や投手コーチなのです。

監督も投手コーチも、無責任なものです。

だから心ある監督やコーチは細心の注意を払って投手を起用しなければならないのです。

一流の監督や投手コーチであるほど、投手の起用には細心の注意を払います。


ところが、4流監督である高木守道は、投手の起用については何も考えず、ただひたすらに若竜投手陣をぶっつぶす痛々しい酷使登板をさせています。

あまりにもおそろしい危険な連投酷使が続いていました。

そしてついに恐れていた事が起きてしまいました。



小熊投手は復活できるのでしょうか?

とても心配です。

そして、岡田投手と田島投手の運命はどうなるのでしょうか?

心配でなりません。

ドラゴンズファンとしては、どうしようもありません。

takagiyamero.jpg

takagiahopcjk.jpg

↑応援団がプラカードを掲げても、高木守道の酷使継投が止まるわけでもありません。

岡田投手と田島投手と武藤投手にお願いです。

もはや誰も皆さんを高木守道の魔の手から守ることができません。

只今より早速、肩やヒジに違和感を感じる仮病を演じ、ファームでちょっと休んできてください。

岡田投手と田島投手と武藤投手にはあと15年、ドラゴンズで頑張って欲しいのです。



吉見投手は、妙に本塁打を打たれるキレの無さや万全ではないヒジの状態から、自己申告で抹消を訴えました。


吉見から3発は巨人だけ 2発打つのだって難しい
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/06/kiji/K20130406005555830.html
セ・リーグ 巨人7-2中日 (4月6日 東京D)
巨人は3ホーマーの本塁打攻勢で1分けを挟み開幕5連勝。
チーム開幕5連勝は1リーグ時代の41年7連勝に次ぎ、53、57、83、98年と並ぶ2リーグ制後の最多タイ記録になった。
この日の3本塁打は全て吉見(中)から。吉見に2本塁打以上を浴びせたチームは

年・月・日 球団 本数
07・8・1 広島 2本
09・4・17 巨人 3本
10・6・19 巨人 2本
10・8・26 巨人 5本
10・9・16 広島 2本
11・7・1 巨人 2本
13・4・5 巨人 3本

と巨人は7度のうち5度。3本以上は3度とも巨人だ。

joinusyomiuri.jpg



読売の選手の方が、よっぽど読売ファンとジョイナスしているように見える写真です。

読売ファンが持っているオレンジユニフォームは、今年中日球団職員が導入したジョイナスサードユニですか?

junkidoaraoy.jpg


・・と、まあ写真の事はどうでもよくて、それよりも、吉見は1試合で2本以上の本塁打を打たれた試合は、プロ入り以来、なんと7試合しかないという、驚きの事実です。

さすが吉見ですが、それが打たれてしまった、だから自らの意志でファーム調整をするこの自発的な意志を、若手投手陣が見習ってほしいと思います。

2010年に被本塁打が多いのも、この年は吉見はケガをしていたのが理由でしたから、1試合で3本の本塁打を浴びた今年は、吉見の状態はよほど良くないということなのではないでしょうか?

それも当然ですよね・・時系列で見てみますと、


2012年9月 右ひじ骨折
 ↓
2012年10月 CS登板も不可能なままシーズン終了
 ↓
2013年1月 WBC出場辞退
 ↓
2013年4月 登録抹消


吉見の4月初旬の開幕直後に登録抹消ってのは、初めて見たような気がします。

そもそも、骨折から完全復活するなんて難しいですよね。

ドラゴンズファンは今年は、いつもの吉見ではないことをもう覚悟していますし、吉見投手には無理して欲しくないと思っています、本物のドラゴンズファンならば。


高木守道がいかに選手を見ていないかを表した数値があります。

それは、12球団犠牲バント成功率ランキングです。

横浜 16-16 1.000
楽天 11-11 1.000
広島 27-26 .963
大阪 20-19 .950
西武 19-17 .895
千葉 19-17 .895
福岡 22-19 .864
巨人 14-12 .857
阪神 14-12 .857
東京 18-15 .833
日公 *8-*6 .750
中日 17-10 .588


誰がバントが得意で、誰がバントが苦手なのかを全く見ておらず、選手の特性を全く理解把握していないままに、ところかまわず送りバントのサインを出しまくるので、こういう低い低い数字になります。

送りバントの成功率が7割に達していないのは、12球団中で中日だけ。

成功率が7割台なのも日ハムだけで、残りの10球団は成功率8割以上です。

しかも中日は、それどころか成功率が6割にすら達していません。

12球団の中でも、高木守道の能力が飛び抜けて低い事を表している数字です。


・・そういうヤツが監督をしているので、そんなヤツの命令を聞く必要もないし、そんなヤツの要望に無理して応える必要もありません。

岡田投手と田島投手と武藤投手は、今のうちにファームに避難して欲しいです。

早ければ早いほどいい。

今すぐにファームで肩やヒジを休め、ケガの防止に努めて欲しいです。





にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram





















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、打たれた山井には申し訳ありませんが(つーか休ませてやれよ)、
ブランコがジョイナスに対して正義の一発を放ちました。

負け試合なのに、気分がいいのはなぜでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=y7U6vgil0EU

ブランコのホームランは彼の意地とプライドを乗せた凄まじい当たりでしたね。ドラゴンズファンとして彼のような四番をむざむざ他球団に渡してしまうフロントに(引き留める努力を最大限していない)怒りと諦めを感じやり切れない思いになります。

田島は心配です…4イニング投げて中一日。岡田も球のキレが落ちています(-_-)武藤だって。
山井は全く球の勢いがありません。

こんな虚しいシーズンは…はじめてです

No title

何で山井なのだ。福谷・岩田を上げるべきだ。ファームとの連携もないらしい。というか、ぼけてるので周りが進言しても理解できないのだろう。あー、そうか。まてよ。二軍監督も馬鹿だったなー。
しかし・・・今日も同じメンバーが登場した。小熊の二の舞が本当に怖い。監督休養!

Re: No title

zikさんこんにちは

山井の現在の状態は、敗戦処理のロングリリーフ向きの状態ですので、同点の試合で起用する方が間違っています。
そんなバカな采配をあざ笑うかのような、ブランコの一撃でしたね。
負け試合なのに、100%悔しいというわけではなく、複雑な気分になるのは、ブランコがドラゴンズを後ろ足で土を蹴って出て行った訳ではなかったからだと思います。
ドラゴンズファンはブランコが好きですしね。
ドラゴンズの2連覇の貢献者ですし。
坂井克彦が勝手にブランコを放出しただけですから、複雑な心境になるのは当たり前ですよね(苦笑)

Re: タイトルなし


自称次期ヘッド候補さんこんにちは

ブランコのホームランは、坂井克彦と高木守道への無礼な振る舞いに対する復讐の始まりを感じさせるものすごいホームランだったように見えました。
現在、ブランコはセ・リーグの本塁打王であり、打点王でもあります。
40本塁打、100打点を期待できる、連覇に貢献した4番打者を、わざわざ横浜に追い出したのが坂井克彦の陰湿なやり方でした。
そして絶対に優勝できないチームを作り上げた坂井克彦、彼に怒りを感じるのは、普通のドラゴンズファンなら当然のことですよね。

田島の酷使がまた続いています。
小熊のようになるのではないかと心配でなりません。
岡田はもう完全に限界ですし、ファームで休ませるべきなのですが、まだ1軍においています。
ケガするまで1軍に置くつもりなのでしょうね・・高木守道に怒りを覚えますが、岡田は仮病を使ってさっさとファームへ逃亡してほしいと思います。
山井も昨年の酷使の疲労がまだ抜けていないのか、調整に失敗したのか、球威が全くありません。
調整失敗であれば、ビハインド試合のロングリリーフ専門として使って欲しいです。

坂井克彦がプロデュースする、「絶対に優勝できないシーズン」のむなしさを感じますね・・

Re: No title


toshichanさんこんにちは

今シーズンの山井の投球を見ていれば、山井は同点の延長戦で投げさせるべき投手ではないことは明らかなのですが、そんな事もわからないくらい、高木守道は選手の事を見ていません。
岡田はもう限界ですから、福谷と入れ替えるのは良いアイデアだと思います。
岩田を上げればバーゲセンを中継ぎに回せるので、代わりに田島をファームで休ませてあげたいですね。
一軍の選手もきちんと見ていない高木守道が、ファームと連携できるはずがないですよね。
高木守道は頭が悪いので、周りの進言を何一つ理解できないというのは事実だと思います。
というか、そもそもユルユルの中日OBコーチのグダグダな進言にはあまり意味がないでしょうけれども・・
二軍監督の無能さも、ものすごいものがありますよね・・

第二、第三の小熊が岡田や田島になってくるのではないかと心配です。
高木守道にはいますぐにドラゴンズから去って欲しいと思います。

まともな記事

今読んでもとても正しい記事だな。
たいしたもんだ。
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。