スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中日新聞社の断末魔が聞こえてくるような開幕2連敗の件




















坂井克彦中日球団社長による(中日新聞社による)、ドラゴンズ弱体化計画の一環として進められたブランコの大放出が見事に効果を発揮して、3打点食らって開幕戦を落とした高木竜、その翌日の第2戦もDeNAの集中打を食らって、開幕2連敗です。

しかも2日連続で、ソーサにホールドの記録を献上することにもなりました。


DeNA強いぞ!中日に連勝!一挙4点 番長初勝利
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/30/kiji/K20130330005509590.html
DeNAが3回に4点を奪い、わずか4安打ながら中日に連勝した。
DeNAは3回、中日・荒木の野選で先制すると、内村、ラミレスの適時打で一挙4点を奪い試合の主導権を握った。
先発の三浦は8回途中まで5安打2失点と好投。
緩急を織り交ぜ、中日打線に的を絞らせなかった。
中日は8回に三浦をようやくとらえ、谷繁の適時打などで2点を返すのがやっと。
先発の大野が3回で降板したのは誤算だった。

bantefu.jpg



三浦 歴代4位タイの21年連続白星「簡単には勝たせてくれない」
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/30/kiji/K20130330005510050.html
◇セ・リーグ DeNA4―2中日(2013年3月30日 ナゴヤD)
DeNAの三浦が丁寧な投球で今季初勝利。
これでプロ2年目の93年から21年連続勝ち星を挙げた。
阪神、ロッテ奈とで活躍した320勝投手の小山正明、大野豊(広島)両投手と並ぶプロ野球歴代4位タイの大記録だが、
「バックが一生懸命守ってくれた。みんなに乗せられた」
と自身の投球を誇ることなく、チームメートのお蔭を強調した。
完封ペースだったが8回に谷繁の適時打で失点。
ここでマウンドを降りた。
「8回は投げ切りたかったけど、簡単には勝たせてくれないので」
と大ベテランは勝負の厳しさを知っており、後をソーサに託した。
敵地で開幕連勝となったDeNA。
「(昨年との)違いを見せ続けなければならない」
とこれくらいで喜ぶにはまだ早いという口ぶりだった。




中畑監督 ちょいと嬉しい連勝「こういう野球ができるんだ」
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/30/kiji/K20130330005510270.html
DeNA4―2中日 (3月30日 ナゴヤD)
中日より少ない4安打ながら、終わってみれば敵地で連勝したDeNA。
中畑監督は
「苦しい試合だったが、こういう試合で勝ちがつかめるというのはちょっと嬉しい。ウチもこういう野球ができるんだ」
と意味のある勝利であることを強調した。
少ないチャンスをものにして白星をマークしたのも大きいが、指揮官を喜ばせたのは「勝ちパターン」の確立。
先発三浦の後を受けたソーサが無死一、三塁のピンチを1点を与えたものの、併殺で後続を断った場面を振り返り
「圧巻だった」
最後は連日登板の山口が締めた。
周囲からは3連勝の期待もかかるが
「チャンスがあるのだから頑張りたい」
と言うにとどめた。
まだ開幕2試合だが、チームは確実に変わりつつある。

nakahatanndoy.jpg




今日は大野の制球が定まらず、球も高めに浮きまくりでした。
相手は制球が抜群だった横浜の偉大なエースである三浦、今日はもともと勝てない日だったと言えるかもしれません。
そもそも横浜は開幕吉見に三浦をぶつけず、開幕を捨てて2戦目を確実に勝つ作戦でした。
わざわざ三浦を開幕投手にしないで、確実に1勝する作戦を取ったのです。
対するドラゴンズはオープン戦不調だった大野を先発にしました。

そういう意味では今シーズンをローテーションを守り通して欲しい大野を成長させるためにも、大野には目いっぱい投げさせるべきであり、4失点だからと3回58球で降板させたのは、ベンチの下策中の下策でした。
今日の試合は大野のために捨てても良かったのではないでしょうか?
大野に100球まで投げさせるべきでした。


谷繁「1イニングに3つも四球を出したら点を取られる」
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/30/kiji/K20130330005511230.html
中日のベテラン谷繁が2安打を放ち、通算2000安打まであと28本とした。
6回に先頭で中前打を放つと、8回無死一、二塁では甘く入った変化球を左前にはじき返し、二塁走者がホームを踏んだ。
この活躍が実ることなく、チームは2連敗。
四球で崩れた先発の大野には
「1イニングに3つも四球を出したら点を取られる。勉強して成長していけばいい
と若き左腕の巻き返しに期待した。



大野は今シーズンは先発ローテーションの柱としてフルに活躍してもらわないと困る投手です。
そのために勉強して成長してもらうためにも、今日の試合は大野に全部あげてしまうくらいの思い切りの良さが欲しかったです。

無駄に中継ぎ投手をつぎ込んで疲労を蓄積させただけの無意味な負け試合になってしまいました。
今日は本気で勝ちたかったのでしょうか?
チャンスで代打山崎を出して併殺打、逆転の流れも消し飛んでしまいました。
山崎は、試合の流れもベンチの雰囲気も全てをぶち壊す天才的な能力を持っています。
本気で勝ちたかったのかどうかもよくわからないひどい高木采配でした。
今日の敗戦は、何も得るものがなかったです。

聡文と岡田と武藤の調子がいいのはオープン戦を見てわかっていたことだったし、先発ローテーション投手であるはずの中田を投げさせた意味もいまひとつしっくりくる理由が存在しません。
大野に最後まで投げさせるべきでした。


今日の試合のポイント

・制球の定まらない大野の投球
・荒木のフィルダースチョイスで失点、先制される
・新任の近藤投手コーチのマウンドに行くタイミングの悪さ
・番長三浦投手の制球の良い好投
・ブランコとラミレスの好調さが恐怖感抜群のDeNA打線
・ドラゴンズの反撃の芽を摘んだソーサの好投
・反撃ムードをぶち壊した代打山崎の併殺打(高木の采配ミス)
・中継ぎ投手の無駄遣い

坂井克彦球団社長がブランコをわざと流出させ、4番に和田さんがいるのだから、ドラゴンズの1試合の平均得点能力はかなり下がり、2点くらいだとみるべきです。

エース三浦が先発で4点取られたのであれば、今日の試合は大野に任せても良かった試合でした。

今年のドラゴンズの試合運びは、勝つときは2得点、負ける時は大量失点で捨てゲームを作る、という戦法を徹底しないと、戦力がそもそも不足しているのだから、Aクラスに入ることすら難しくなってしまいます。


それにしても、投打ともに戦力不足の夢も希望もない、いつのまにやら貧乏くさいつまらない球団になり下がってしまったドラゴンズ。
その原因はどこにあるのでしょうか?


名将落合監督を、正当な理由が一切ないままに解任したのが2011年。
落合監督がドラゴンズからいなくなって、中日スポーツが落合監督へのネガティブキャンペーンを始めました。
落合監督の悪口が連日中日スポーツに掲載され、選手の記事はドラゴンズファンの誰もが読みたくも知りたくもない山崎と山本昌ばっかり。
落合チルドレンの選手の記事は中日スポーツから消え、北朝鮮なみの情報統制がしかれました。

しかしその代償は非常に大きく、そんな中日スポーツの腐った記事に対し、ツイッターを始めとするネットで大炎上、中日スポーツの購読解除と不買が相次ぎ、中日スポーツはすぐに経営状態は大悪化、高木竜1年目のジョイナス1年目にして、はやばやと中日スポーツは料金を値上げする事になりました。↓


中日スポーツ購読料改定のお願い 5月から
2012年4月23日
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/release/CK2012042302000244.html
日ごろは中日スポーツをご愛読いただきありがとうございます。
まことに心苦しいのですが、読者の皆さまに定価改定のお願いをすることになりました。
中日スポーツは1997年以来15年間にわたり2445円の月ぎめ購読料を維持してきました。
また、1部売り定価も12年間、100円に据え置いてきました。
しかし、この間の諸経費増などでもちこたえられなくなりました
2012年5月より月ぎめは2650円、1部売りは110円とさせていただきたいのです。
時節柄、読者の皆さまにご負担増をお願いするのは申し訳ありませんが、どうかご理解賜りたく存じます。
高木守道新監督のもと、球団史上初のリーグ3連覇をねらうドラゴンズをはじめ、より幅広く、きめの細かいスポーツ・エンターテインメント情報をお届けして参ります。
引き続き中日スポーツをご愛読くださいますようよろしくお願い申し上げます。




高木竜で人気が低下、中日スポーツの部数が低下したのを、
「諸経費ガー」
と大嘘の言い訳を書いています(笑)

落合竜人気で15年間も値上げしないでやってこれた中日スポーツが、高木竜に変わった瞬間に中日スポーツの部数を激減させてしまい、どうしても値上げをせざるを得なくなった時点で、中日新聞社は気づくべきでした。反省すべきでした。

しかししかし、気づく事も反省する事もなく中日新聞社はそのまま突き進んできた結果、そんなミジメな中日スポーツの値上げから1年もたたないうちに、またしても中日スポーツが値上げすることになりました(笑)

その理由が中日新聞社のサイトに掲載されています。↓


中日スポーツ1部売りを120円に 月ぎめ定価は据え置き 2013年3月21日
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/release/CK2013032102000255.html
いつも中日スポーツをご愛読いただき、ありがとうございます。
中日新聞社は、4月1日から駅売店やコンビニなどで販売する中日スポーツの一部売り定価を現在の110円から120円に改定させていただきます。
月ぎめ定価は据え置きます。
いずれも消費税込み。
一部売り定価につきましては昨年、12年ぶりに改定しましたが、コンビニなど多様化した売店網への流通経費の上昇にともない、あらためて価格を変更させていただくことになりました
読者の皆さまにご負担をおかけすることになりますが、月ぎめは引き続きスポーツ紙の中で最も安い定価を維持します。
まもなくプロ野球も開幕します。
ドラゴンズの活躍をはじめ、読みごたえのあるスポーツ・芸能・レジャー情報をお届けしてまいりますので、今後とも中日スポーツをご愛読くださいますようお願い申し上げます。




中日スポーツの売上激減が、2年目に入っても下げ止まらず、落合監督解任直後の中日スポーツの値上げから1年も経たないうちに、中日スポーツがまたしても、さらに値上がりします(笑)
その言いわけが中日新聞社のサイトに書いてあるのが、上記のです(笑)
しかも、中日新聞社が自分のサイトに、またもや、またしても、今日もまた、中日スポーツの値上げの理由について大嘘を発表しています。

「コンビニなど多様化した売店網への流通経費の上昇にともない、あらためて価格を変更させていただくことになりました。」

ですって(笑)
コンビニなんて、もう30年以上前から存在しているし、コンビニの無い時代からも街角のパン屋に中日スポーツは並んでいたから、流通経路なんてまったく多様化なんてしてないのに(笑)

中日新聞社って、どうしてこんな風に、すぐにバレるような小学生並みの大嘘ばかり言っているんですかね(笑)

中日新聞社は、もっと正直になったほうがいいですよね。

どうして中日スポーツは売れなくなったのか?

その理由は、ものすごく簡単簡単・・

中日スポーツが売れなくなった理由

①名将落合監督を、何の理由もなく解任してしまったこと。
②高木さんの野球が、古臭く単純でつまらないので、自動的に中日スポーツもつまらなくなったこと。
③高木さんの野球は見ていればわかる底の浅いものなので、中日スポーツを買うまでもないこと。
④中日スポーツに書いてある、ジョイナスジョイナスの大嘘記事に、ドラゴンズファンがうんざりしたこと。
⑤中日スポーツの記者のレベルが低く、紙面の内容がスッカスカであること。
⑥ドラゴンズファンは落合竜の深淵な野球を身に付けた選手達の動向を知りたいのに、その点をわざと無視して記事を書く、北朝鮮なみの報道規制を敷いていること。
⑦落合監督が育てたドラゴンズの主力選手であるブランコ、ソト、ソーサ、ネルソンを、坂井克彦球団社長が大放出しチームを弱体化させ、ドラゴンズの優勝への希望が無くなったこと。
⑧夢も希望もロマンも何もないドラゴンズにしてしまった坂井克彦球団社長のやりかたに、ドラゴンズファンが冷めてしまったこと。
⑨ドラゴンズに対して冷めたドラゴンズファンが、中日スポーツを買う理由を失ったこと。

というように、誰もが知っている、とても簡単な理由です。
こんな誰もが知っている理由をブログに書くのがバカバカしいくらいです。
このように、誰もが知っている話をブログに書くのは、
「王様は裸だ!」
と言っているようなもので、本当にバカバカしいのですが、誰もが知っているのに誰も言わないのであれば、誰かが言うしかありません。

だから言います。
中日スポーツが売れなくなった理由、それをもっと簡単にたった一言で言い表すと、結論として、

坂井克彦球団社長が、中日スポーツを売れなくした。

ということです。
これ以外の結論はありません。
これが事実です。

坂井克彦さんは、中日新聞社に莫大な損害を与えている存在なのです。

中日新聞社は、この事実を正面から受け止めない限り、中日スポーツの売れ行きが改善される事は絶対にないのだという現実をうけいれなければならないでしょう。

そして、中日新聞社がこの事実を真正面から受け止める事は、絶対にありえないでしょう(笑)
バカなのにプライドが高く、バカなのに自分を守ろうとするからです。
だから今から予言しておきます(笑)
中日新聞社は、何も変わらずバカなまま、このまま自滅していきます。

中日新聞社は、裸の王様です。
誰もが知っている中日新聞社のバカバカしさ、中日新聞社の裸の王様っぷり、中日新聞社だけが全く気がついていません。

ドラゴンズというプロ野球チームの人気回復と、中日スポーツの部数を回復したければ、ドラゴンズを弱体化させることはやめるべきである、という当たり前の事実を、中日新聞社だけが気づいていない、中日新聞社だけが知らない、裸の王様状態になっている。

もっとはっきりと言いましょうか。
中日新聞社は単なるバカだと思います。
レベルの低い日本の新聞社のなかでも、最低のレベルの記事しか書けていません。

そんな新聞社が発行する、中身がスッカスカの、ブログからパクって記事を書いているようなスポーツ新聞である中日スポーツが、売れなくなるのは当然の事であるということです。

中日新聞社は、ドラゴンズを弱体化させたために、今日もナゴヤドームがガラガラになっている事実の原因と、正直に向き合わなければなりません。
なぜ中日スポーツが売れなくなってきているのか?
なぜナゴヤドームの観客が減ったのか?
なぜファンクラブ会員数が今年も減ったのか?
中日新聞社は本気でその原因を究明しなければなりません。

原因はドラゴンズ弱体化計画にあるのです。

ドラゴンズがなぜオープン戦でぶっちぎりの最下位だったのか?
なぜ万年最下位のDeNAを相手に、ホームゲームで、得意のナゴヤドームで、開幕から2連敗しているのか?
その理由の解明にいよいよ真剣に、その真の原因追求に、真正面から中日新聞社は取り組まなければなりません。

今年のドラゴンズの弱体化の原因の全ては中日新聞社にあります。
実行犯は坂井克彦球団社長です。
ドラゴンズファンは、中日新聞社の責任を厳しく糾弾しなければなりません。

さもないと、ドラゴンズは広島化していきます。
中日新聞社は、ドラゴンズの広島化を狙っているのかもしれません。
弱くて金がかからなくて、選手の年俸が低くて、毎年毎年黒字の球団、それが広島カープです。

中日新聞社は、ドラゴンズファンを広島ファンのように飼い慣らす事を、最終目標にしているのかもしれません。
ドラゴンズファンは、中日新聞社に飼い慣らされてはなりません。
ドラゴンズファンが、中日新聞社の経営不振につきあう必要はないからです。
中日新聞社によるドラゴンズ弱体化計画に、ドラゴンズファンは激しく抵抗しましょう。
ドラゴンズをカープにしてはなりません。

名古屋は、日本で3番目に大きな経済圏にあります。
中京工業地帯を有する中京経済圏は、福岡ドームのある北九州経済圏よりもはるかに大きい規模です。
なのに、ホークスは毎年大胆な補強を行い、ホークスファンは毎年ホークスの優勝を夢見ることができます。
ドラゴンズは毎年何の補強をもせず、貧乏くさいチームになり下がり、あろうことか親会社がドラゴンズの優勝を妨害しています。

福岡よりも大きな経済圏である中京圏にあるドラゴンズが、毎年優勝を目指すチームにしないようにしているのが、ほかならぬ親会社の中日新聞社であるという事実を、ドラゴンズファンは、とくに中京圏に住むドラゴンズファンは厳しく追及しなければなりません。

中京圏のドラゴンズファンは、ドラゴンズのカープ化を受け入れてはなりません。

中日新聞社の経営が傾いているからといって、ドラゴンズファンはドラゴンズの弱体化を受け入れてはなりません。

中日新聞社の経営状態悪化と、ドラゴンズの弱体化は、あくまで別物です。
ドラゴンズと中日新聞社は運命共同体ではありません。

ドラゴンズファンは、ドラゴンズのファンなのであって、中日新聞社のファンではありません。

頑として中日新聞社によるドラゴンズ弱体化計画に抵抗しましょう。
なんだったらドラゴンズの親会社を変える事だって、ひとつの選択肢としてあるはずです。

ドラゴンズファンの鉄則として、ドラゴンズの弱体化に激しく抵抗する事。
それがドラゴンズファンがドラゴンズを強くするためにできる唯一の事です。
現在の大嘘の状況に、慣れてしまってはダメです。

ドラゴンズ = 中日新聞社  ではありません。

ドラゴンズ ≠ 中日新聞社  です。

「ドラゴンズと中日新聞社はイコールではない」 という事実を決して忘れることなく、ドラゴンズの弱体化には厳しく抵抗しましょう。





にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram


















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もう、応援する気持ちがなくなってきました。中日新聞社は昔の阪神です。社長を替えて監督も替えましょう。

Re: No title

toshichanさんこんにちは

ドラゴンズの選手達は頑張っていますので、選手を一生懸命に応援しませんか(^-^)ノ
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。