スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営の傾いた中日新聞社プロデュースによる、絶対に優勝できないウソ寒いシーズンが始まる件






















いよいよ明日、2013年のプロ野球シーズンが始まります。

今年はドラゴンズはセリーグを制する事ができるでしょうか?


中日新聞や中日スポーツには「優勝だ!」と書いてあります。

中日新聞の資本の入ったCBCテレビ、その番組であるサンデードラゴンズでは、「奪首マン」というコーナーをやっています。

高木さんも、

「今年は優勝しかない」

と嘘ぶいています。


いずれもウソ寒い雰囲気がただよっています。


なぜなら中日新聞社そのものが、ブランコやソーサ、ソトを放出し、自ら優勝放棄行為を行っているからです。


blancosotososabss.jpg

優勝を自ら放棄した中日新聞社が、自前の新聞やテレビを使って、「優勝だ!」「優勝だ!」とあおっているこのウソ寒さとバカバカしさ。

ここは北朝鮮ですか?

打撃力も投手力も戦力を大幅に削減した中日新聞社、もはやリーグ優勝が期待できない中、ドラゴンズの選手達は北谷でどのようなモチベーションでトレーニングを積んできたのでしょうか?

そのモチベーションの低さがモロに出たのか、オープン戦では防御率もチーム打率もチーム得点もチーム失点も全てが最悪で、オープン戦順位も最下位、ドラゴンズのチーム状態は最悪の状態にあります。

これが、中日新聞社が望んだ、
「金のかからない、弱いドラゴンズ」
です。

ドラゴンズに、中日新聞社は必要なのでしょうか?

ドラゴンズの親会社に、中日新聞社はもはや必要ないのではないでしょうか?


インターネット社会の進行とともに、劇的に発行部数を激減させてきた、経営の傾いている中日新聞社の経営不振の悪い影響が、モロにドラゴンズを直撃しています。

もはやドラゴンズの親会社を変えるべき時期に来ているのでしょう。

そんな絶望感ただよう開幕です。


今シーズン、ドラゴンズはセリーグを優勝することはまず不可能です。

戦力が不足していても、投手をうまく回して防御率を改善し、捨て試合をうまく作り、高度な戦術を駆使する落合監督がいれば何とかなったかもしれませんが、高木監督ではそれも期待できません。

経験のない今中投手コーチが、ドラゴンズの投手陣を崩壊させつつある兆しもありあす。

日本シリーズに出場するためには、CSで一気に読売に襲いかかる戦法を取るしかないでしょう。
そのためにとるべき作戦は、なるべく戦力を消耗させずに、CSまで温存する方法を取る以外にありません。
今中さんには、昨年の権藤さんの中継ぎ酷使のひどい起用方法を反省し、CSに投手力の余力を残すために以下の条件を最低限守ってもらわなければなりません。

・先発投手は最低でも中5日のローテーションを絶対に守る。
・昨年にやった、吉見を夏前に中4日で投げさせるなどの無理を絶対にしない。
・中継ぎ投手の連投は最低でも2連投に制限する。
・昨年にやった、前半戦での岩瀬への酷使、3連投4連投は絶対にさせない。
・岩瀬や田島が年間何試合投げるのかあらかじめ計算し予定しておく。
・中継ぎ抑え投手が月に何登板するのかもあらかじめ計算しておく。
・月の中継ぎ抑え投手の登板数の限界から、あらかじめ捨てゲームも決めておく。
・昨年のような、行き当たりばったりの感情まかせのいい加減な酷使登板禁止。

特に今年からは、3時間半ルールが撤廃されるため、延長戦が昨年よりも増えます。
すると、より一層監督の采配が重要になってきます。

しかしながら、残念なニュースです。


捕手2人態勢 超攻撃型“モリミチシフト”
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/126322/
中日・高木守道監督(71)が超攻撃型メンバーで開幕に臨む。
昨季の28人の一軍登録メンバーはほとんど野手15人、投手13人の態勢だったが、チーム関係者によれば
「監督は今年、野手16人でいくつもりでいる」
とのこと。
さらに捕手も3人ではなく、2人態勢。その分、打てる野手を補充する。
オープン戦のチーム防御率4・67、失点99は12球団ワースト。
不安の残る投手陣を打撃でフォローしようとの狙いも老将にはあるようだ。
しかし、チーム内では不安の声が出ている。
気になるのは守護神・岩瀬仁紀投手(38)への影響だという。
これまで岩瀬がバッテリーを組んできたのは正捕手の谷繁以外には小田、前田らベテラン陣だが、今回の開幕メンバーで谷繁の他に捕手として登録されるのは打撃の成長が著しい7年目の田中大輔(28)だけ。
チーム関係者は
「試合終盤に谷繁に代打や代走が送られるケースは多くなる。その時に岩瀬の受け手が田中では荷が重いんじゃないか」
と心配しているのだ。
24日のロッテとのオープン戦(ナゴヤドーム)で岩瀬は田中とバッテリーを組んだが、結果は1イニングを投げて3失点。
「サインが全くかみ合っていなかった。あれだけリズムが合ってなかったら、そりゃ打たれるよ」
とチーム内からは守護神への同情の声が聞かれた。
実際、岩瀬も
「外一辺倒じゃあ、やっぱりやられますよね」
と苦笑いで田中のリードをチクリ。
オープン戦だからこれで済んだが、本番ではどうなるか。
超攻撃型の“モリミチシフト”はもろ刃の剣となる危険性をはらんでいる。




3時間半ルール撤廃で延長戦が増え、投手の負担が増えるのに、高木さんは投手枠がさらに一つ減らすというのです。
それでなくても、昨年は落合竜よりも投手を一人減らしていたのです。

高木さんはいつまでたっても、
「1点多く取るよりも、1点失点を防ぐ方が大事である」
というプロ野球の事実を理解できないレベルの低い人です。

延長戦は綿密で縦横無尽な采配が勝敗に直結してきます。
ところが高木さんはドラゴンズファンが驚くような、下手くそな采配を繰り返す人です。

今年はより一層ひどい事になりそうです。

よって投手起用法の鉄則を作り、投手に無理をさせず温存してCSに備えなければなりません。
中継ぎ投手の負担はより一層大きくなる一方であるのに、ソーサを放出してしまいましたので、投手力の温存は非常に重要な今シーズンのポイントになってきます。

年間をトータルに考えて計算する、落合野球をしっかりと学習し、昨シーズンのようなバカバカしい投手の酷使はしないようにして欲しいと思いますが、今年もどうやら高木さんはダメみたいです。

ドラゴンズの投手陣は、疲労がたまった際には大ケガをするまえに、
「違和感がある」
と告げて2軍で肩や肘を休めて欲しいです。

そうしないと高木竜はケガするまで投手をすり減らす使い方をします。

2013年のドラゴンズの作戦名は

「リーグ優勝は読売以外には絶対に無理なので、CSまでに投手力を温存して、CSで一気に読売に襲い掛かり、日本シリーズに出場するぞ作戦」

とするしかないのですから、高木さんの言う事に従っていたのでは無理です。
これ以外に、ドラゴンズが取るべき作戦はありませんので、投手陣は自分で自分の身を守って欲しいと思います。

CSが始まるまでに、どれだけ体力を温存しながら、読売を消耗させつつシーズンを戦えるか?
これが2013年のドラゴンズがCSを突破するための唯一のカギであり、ドラゴンズが唯一取るべき作戦です。

あとは谷繁さんに頼るだけ。
谷繁さんが本気を出さなかったオープン戦とは違って、谷繁さんが本気を出せば、なんとかAクラスにはギリギリ残る事はできるでしょう。
谷繁さんがケガをしたらBクラスです。

これが夢も希望もないドラゴンズの2013年の現実です。

2013年のドラゴンズには、ペナントレースは無意味です。

2013年の優勝争いは無視して、ドラゴンズファンはCSを楽しみにするしかありません。
昨年の戦力を温存しつつ、更に福留を獲得しなければならなかったのに、中日球団フロントは逆の事をしました。
福留を取らず、主力のドミニカン4人を放出したのです。

ドラゴンズファンの楽しみは、実戦を通じて各選手がどのように活躍してゆくのかを見るくらいしかありません。
それ以外に、ドラゴンズファンのCSまでの楽しみは一切ないでしょう。

日本中の野球ファンが注目している井端さんのレギュラーシーズンでの活躍。
谷繁さんの2000本安打と1000打点はいつになるのか?
ぶーちゃんはレギュラーを取れるのか?
森野は今年は100打点ペースの活躍を見せてくれるのか?
大野はローテーションの柱として1シーズンを通して活躍する事ができるのか?
昌さんは、何勝できるのか?
岡田はいよいよ一本立ちできるのか?
準規は飛躍できるのか?
西川と周平は今年何を得るのか?
吉見はケガをしないでシーズンを通した活躍を見せてくれるか?
朝倉の復活はあるのか?
山内は覚醒2年目に2ケタ勝てるのか?
大島のヒジの具合はどうなのか?
聡文は復活するのか?
鳥取効果で田島はケガなく1シーズンを過ごせるのか?
浅尾は休んで欲しい。

などなど、個々の選手の2013年の動向が気になります。

ギリギリAクラスを維持しつつ、選手個々の頑張りを見つめる事しかできません。

ドラゴンズファンの2013年のやることをまとめると。

1.暴走老人の高木さんによる変な采配による投手の酷使に厳しく目を光らせる。
2.個々の選手の活躍を楽しむ。
3.CSでの勝ちぬけに全精力を傾ける。

この3つです。


そして、ことしのドラゴンズのユニフォームには、

championemblem.jpg


落合監督のおかげで、右袖についていたチャンピオンエンブレムが、今年から無くなっている事実を、その責任を、高木監督と中日球団フロントは重く受け止めなければなりません。

落合監督につけさせていただいていたチャンピオンエンブレムは、高木監督と中日球団フロントのせいで、今年はないのです。

そして、来年もチャンピオンエンブレムをつけさせないようにしている中日新聞社、中日球団フロントの責任を、ドラゴンズファンは厳しく糾弾しなければなりません。

今年、栄光のチャンピオンエンブレムをユニフォームに付けているのは、いったいどこの球団なのかということを考えるだけでも、ドラゴンズファンにもドラゴンズの選手にも非常に屈辱的な事実です。

dragonschampionemblem.jpg

そして、来年もチャンピオンエンブレムはどこのチームが付けるのか?
まるで来年も読売につけさせたいがための、ブランコ、ソト、ソーサの大放出に、ネルソンの戦力外、福留、西岡を取りに行かない、戦力補強ゼロの中日球団フロントの意図的な戦力ダウンを、ドラゴンズファンは決して忘れてはなりません。

今年はコーヒーブレークな1年、勝負は来年以降です。
ドラゴンズの親会社の存在についても、考え直すための1年になりそうです。

とにかく明日からは、ドラゴンズの選手個々の活躍を期待し、ケガのないシーズンを過ごして欲しいと思います。





にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram


















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あなたのおっしゃっていることはすべて正しい!!!!!

Re: No title

toshichan さんこんにちは


> あなたのおっしゃっていることはすべて正しい!!!!!

ありがとうございます(^-^)
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。