スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初から優勝するつもりがないのなら、中日新聞社はプロ野球界から去って欲しい件











マージャン

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー


愚将高木守道によってタカギ竜はもう滅茶苦茶、悲惨な惨状ではありますが、頑張っている谷繁さんのことはずっと注目し続けましょう。


谷繁2000本安打カウンター
TANISHIGE-METER

現在
1991安打

http://bis.npb.or.jp/players/85583868.html



tanishigeak69pv3.jpg




谷繁 自身2安打よりブランコの痛打に「みんな優しいんだよ」
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/22/kiji/K20130422005659230.html
◇セ・リーグ 中日3-4DeNA(2013年4月21日 横浜)
ベテランの意地の2安打も勝利を呼べなかった。
2000安打まであと11本としていた中日・谷繁が2回の第1打席で右前打。
2―3の8回2死三塁では一時同点となる中前適時打を放ち、大台まで9本としたが
「打つ方はいいよ。勝たないと意味がない」
と吐き捨てるように話した。
リード通りに内角を攻めきれず、ブランコに痛打されている投手陣に
「みんな優しいんだよ」
と痛烈な皮肉を口にした。

tanishigensbn11.jpg
<D・中>4回1死満塁、中日の捕手・谷繁(左)がスクイズでホームを突いた三塁走者・松本(中央)をブロックしタッチアウト



こんなときも闘争心を失う事無く、高いモチベーションで仕事をこなす谷繁さんはやはり一流選手ですね。
こんな監督では選手はやる気を失うのが普通ですけれども。

でも正直なところ、こんなチーム状態では谷繁さんの消耗も激しいと思います。

試合に出て頑張っても、待っているのは愚将高木守道によるひどい采配でミジメな敗戦ですから。

チーム中の選手が悪い意味で消耗していることだと思います。

それでもまあ、中継ぎ投手の消耗の方がひどいですけどね。


ドラゴンズの未来ある若竜投手を守れ!

中継ぎ投手の酷使表
3/29 vs横浜 山井0/3回、田島1回、武藤1回
3/30 vs横浜 岡田2回、小林1/3回、武藤2/3回(2連投)
3/31 vs横浜 田島1回、山井1回、岡田1/3回(2連投)、岩瀬2/3回

4/2 vs阪神 武藤1回、田島1と0/3回(イニングまたぎ2連投)
4/3 vs阪神 岡田1回、武藤1回(2連投)、山井1/3回、小林1/3回、
        小熊1/3回、田島1回(3連投)、岩瀬1回
4/4 vs阪神 岡田1回(2連投)、岩瀬1回(2連投)
4/5 vs読売 山井1回、小熊1回
4/6 vs読売 山井0/3回(2連投)、小熊1回(2連投)、武藤2回(イニングまたぎ)、岡田1回
4/7 vs読売 岡田1回(2連投)、武藤2/3回(2連投)、小林0/3回、
        小熊1/3回(3連投)、田島1回

4/9 vsヤク 小熊1回(4連投)、岡田1回(3連投)、田島1回(2連投)
4/10 vsヤク 武藤1回、田島1回(3連投)、小熊2/3回(5連投)、井上1/3回
4/11 vsヤク 岡田1/3回、田島2/3回(4連投)、岩瀬1回
4/12 vs広島 岡田1回(2連投)、小林1/3回、武藤2/3回、小熊1回
4/13 vs広島 武藤イニングまたぎ2回(2連投)、井上1回
4/14 vs広島 井上1回(2連投)

4/16 vsヤク 岡田2/3回、井上1/3回(3連投)
4/17 vsヤク 武藤イニングまたぎ1と1/3回 、 岡田1/3回(2連投)
         田島ロングなイニングまたぎ3と2/3回(4イニング51球)、
         岩瀬1回 、 井上イニングまたぎ2回(4連投)
4/18 vsヤク 武藤1回(2連投) 、小林0/3回 、山井1回 、岩瀬1回(350S)
4/19 vs横浜 小林0/3回(2連投) 、田島1回(超ロングリリーフから中1日) 、
         武藤1回(3連投) 、岡田1/3 、 山井0/3回(2連投)
4/20 vs横浜 バーゲセン2回 、 田島2/3回超ロングリリーフ中1日からの2連投 、
         岡田1/3回(2連投)
4/21 vs横浜 岡田1回(3連投) 、武藤1回 、バーゲセン2/3回(2連投) 、
         小林1/3回 、岩瀬1回 、
         田島1回超ロングリリーフ中1日からの3連投 、井上1/3回



登板数
岡田 14試合
武藤 13試合
田島 12試合
小熊 7試合 (腱板損傷の肩の大ケガをさせられ2軍でリハビリ中)
岩瀬 7試合
小林 7試合
井上 6試合


登板の頻度の割合 (チームは20試合消化)
小熊 7/9=77.8% (肩腱板損傷の大ケガをさせられ2軍リハビリ中)
岡田 14/21=66.7%
武藤 13/21=61.9%
田島 12/21=57.1%

岩瀬 7/21=33.3%
小林 7/21=33.3%
井上 6/21=28.6%


1シーズン登板数換算 (1シーズン144試合)
小熊 144×0.778 = 112試合登板ペース (肩腱板損傷の大ケガをさせられ2軍リハビリ中)
岡田 144×0.667 = 96試合登板ペース
武藤 144×0.619 = 89試合登板ペース
田島 144×0.571 = 82試合登板ペース

岩瀬 144×0.333 = 48試合登板ペース
小林 144×0.333 = 48試合登板ペース
井上 144×0.286 = 41試合登板ペース


ケガ予想ランキング
1位 小熊投手 (危険な酷使でケガをさせられ、腱板損傷で2軍リハビリ中)
2位 岡田投手 (ケガまっしぐらの絶望的ペース)
3位 武藤投手 (ケガまっしぐらの絶望的ペース)
4位 田島投手 (ケガまっしぐらの絶望的ペース)

5位 岩瀬投手 (年齢的にもまあまあな登板数な感じ)
5位 小林投手 (キャリア的にはまあまあ余裕)
6位 井上投手 (昇格したてで登板数は適正に見えるが4連投とか登板密度が異常)


依然として中継ぎ投手の非常事態警報発令中 



またしても殺人的な中継ぎ投手の危険な酷使が続いています。

これについての感想は、昨日と全く同じです。

高木守道がドラゴンズの投手王国を急激に崩壊させた件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

と同じです。

岡田投手、田島投手、武藤投手は早く逃げてー!!
(懇願中の懇願)




     *     *     *



さて、高木守道のあまりにバカバカしい低レベルな采配によって、どうしようもない横浜DeNAとの3連敗です。

あまりにもくだらない采配負けでしたので、試合内容を振り返るのもバカバカしかったのですが、改めてこの3連戦の敗因について考えてみたいと思います。


4月19日(金)横浜 vs. 中日
中日 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0
横浜 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3X
中日バッテリー 中田賢 、小林 、田島 、武藤 、岡田 、山井 - 小田 、谷繁
DeNAバッテリー 高崎 、ソーサ 、山口 - 高城
試合のポイント
・谷繁を休ませたいのか休ませたくないのか意味不明のODA先発捕手。
・ ODAパスボールで先制される。
・井端の芸術的ライト前ヒットで同点。
・岡田酷使登板、内野安打→送りバント、で降板させられる。
・山井登板、多村四球→ブランコのサヨナラ3ランホームラン
・敗戦投手は最初に走者を出した岡田になってしまった。
・試合後に高木守道のありえない中継ぎ投手批判。


4月20日(土)横浜 vs. 中日 .
横浜4-2中日
中日 0 0 2 0 0 0 0 0 0
横浜 0 0 0 1 0 0 0 3 X
中日バッテリー 大野 、ブラッドリー 、田島 、岡田 - 谷繁
横浜バッテリー 藤井 、吉川 、加賀 、山口 - 鶴岡一 、高城
試合のポイント
・和田さんの先制2点タイムリーヒット。
ブランコソロホームランで反撃開始。
・まだ投げられる大野に代打森野を送り、またも酷使継投開始。
・田島と岡田の酷使。
・酷使の田島は球威がなく、ラミレスの同点打、梶谷の逆転打を浴びる。
・逆転をされてから岡田も無意味な酷使登板をさせられる。


4月21日(日)DeNA vs. 中日 6回戦
横浜4-3中日
中日 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0
横浜 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1X
中日バッテリー 山内 、岡田 、武藤 、ブラッドリー 、小林 、岩瀬 、田島 、井上 - 谷繁
横浜バッテリー 三浦 、大原慎 、加賀 、ソーサ 、山口 、三嶋 、吉川 - 高城
試合のポイント
・山内の暴投で先制点を取られる。
ブランコのソロホームランで追加点を奪われる。
・ルナがトンネルのエラーで失点、更に追加点を奪われる。
・山内のソロ、荒木犠牲フライ、谷繁タイムリーで同点にする。
・岡田、武藤、田島の酷使。
・井上が内野安打→送りバント→レフト線へのサヨナラヒットで敗戦投手に。


この3連戦全部が、ブランコのホームランが効果的に勝利に結びついている事がわかります。

ブランコが横浜の4番じゃなくて、ドラゴンズに残留して4番打者のままだったら、ドラゴンズ3連勝してる事がよくわかります。

しかし現実は3連敗、みじめな3連敗です。

ここで、過去の中日球団フロントのアホな発言を思い出してみましょう。


中日代表 助っ人“強奪”DeNAに「痛い目見せてやる
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/12/18/kiji/K20121218004798430.html
中日・佐藤良平球団代表が、DeNAの大補強について、あらためて苦言を呈した。
ブランコ、ソトに続き、ソーサのDeNA入団も秒読み段階だが
「ソーサは本当に行くの?今さら“いらないから、中日さんどうぞ”って言われても困るよ」
と不敵な笑み。
「野球は金を含めての総合力。金だけではない。開幕戦で痛い目を見せてやる
と来季開幕カードでぶつかる因縁の相手に闘志をむき出しにしていた。
[ 2012年12月18日 ]




佐藤良平は坂井克彦の罪をすべてなすりつけられて今は球団代表をクビにされているものの、坂井克彦のスポークスマンであり、一心同体です。

この恥ずかしい発言、みごとなブーメランとなって返ってきて、坂井克彦と佐藤良平の額に突き刺さっています。

ナゴヤドームでの開幕3連戦についても振り返ってみましょう

3月29日(金)中日 3-4 横浜 (開幕戦)
ブランコが4打数2安打3打点の大活躍で負け。

3月30日(土)中日 4-2 横浜
ブランコ四球→ラミレス2点タイムリーで敗戦。

3月31日(日)中日 8-3 横浜
3流投手の鄭凱文を打ちまくって勝利(今シーズン唯一の横浜戦勝利のバカ試合)


現在の横浜戦通算 1勝5敗・・・痛い目を見させられているのは誰なんですかね?

要するにブランコを放出するなよという話です。

いくらドラゴンズを弱体化させたいからと言って、坂井克彦は・・これはやりすぎましたね。

中日新聞社と坂井克彦がドラゴンズを弱体化させているのが週刊誌に暴露された経緯につきましては、

ドラゴンズの弱体化をめざす中日新聞社の悪だくみがスッパ抜かれた件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-94.html

でご報告した通りですが、ブランコ流出でここまで負けが込むとは坂井克彦は予想だにできなかった事でしょう。

もう後の祭りですが、ドラゴンズファンへの詐欺行為も含め、ドラゴンズを弱体化させた坂井克彦の罪は非常に重いです。

わざと負けようとする中日新聞社の幹部達、中日新聞社の常務取締役でもある坂井克彦の詐欺行為は、ドラゴンズファンによって厳しく糾弾されなければなりません。

わざとドラゴンズを弱体化させ、ドラゴンズを負けさせる中日新聞社とは、ドラゴンズにとって一体なんなのでしょうか?

プロ野球チームそれぞれが優勝を目指さなくなったらどうなるのか?

それはプロ野球そのものの衰亡を意味します。


nomurakatsuya2012.jpg

nomurakatsuya201201.jpg

nomurakatsuya201202.jpg

nomurakatsuya201204.jpg


優勝を目指すことができない経営状態にある親会社は、順次プロ野球界か去らねばなりません。

そして経営環境の良い会社と親会社を交替しなければなりません。

横浜DeNAがいい例ですが、経営不振のTBSが去り、経営状態の良いDeNAに親会社が変わった途端、長い
間暗く低迷していたチームが生まれ変わりました。

横浜DeNAのファンクラブ会員数が2.5倍ペースで増加している件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

のところでもご報告した通りですが、横浜DeNAはファンクラブ会員数が2.5倍に激増し、観客動員数もものすごい勢いでセ・リーグに話題を振りまいて、セ・リーグを盛り上げています。

古くは南海ホークスは長らくパリーグのお荷物球団と言われていました。

南海電鉄が球界を去り、ホークスは福岡に移転することによって今日の栄光に至っています。

プロ野球界の親会社も常に時代とともに新陳代謝を繰り返さなければ、球界の発展にはつながらないのです。

中日新聞社はもはや球界にとっては古い垢ですので、さっさとドラゴンズからきれいさっぱりと流されていってほしいです。

新陳代謝をしなければなりません。

プロ野球チームを保有していると様々な税制上の優遇措置があるため、親会社はプロ野球チームを手放したがらないのですが、だからと言ってプロ野球界に居座る事は許されません。

メジャーでフロリダ・マーリンズが放出を繰り返しMLBから身売りの警告を受けているらしいのですが、これは

「最初から優勝するつもりが無いのなら、メジャーリーグから去れ」

という通告ですし、この通告は至極妥当なものだと思います。

ブランコをわざと放出し、わざと優勝できないチームを作ろうとする中日新聞社の姿勢は、プロ野球そのものを衰亡させる破壊的な行為であり、優勝を願うドラゴンズファンを欺く詐欺的な行為です。

中日スポーツや中日新聞には今年も、

「優勝目指して頑張れ!ドラゴンズ!」

という特集記事もありましたし、これを素直に信じているドラゴンズファンも多いと思います。

しかしその裏では中日新聞社や中日球団社長の坂井克彦がわざと主力戦力を放出して絶対に優勝できないチーム作りをしているのですから、これは非常に悪質な詐欺行為であり、まさに詐欺会社の大がかりな詐欺仕業です。

ドラゴンズファンとして、中日新聞社の姿勢は絶対に許容してはなりません。

ドラゴンズファンである以前に、プロ野球ファンとして、中日新聞社のドラゴンズ弱体化工作を絶対に許してはなりません。

中日新聞社は部数を落とし、今年から中日スポーツも中日新聞も値上げするほどに経営が苦しいので、もはやドラゴンズがよみがえることはないのかもしれません。

中日新聞社にはドラゴンズから去ってもらう以外にもはやドラゴンズの改善はあり得ないのかもしれません。

コメント欄で秀でたご意見をいただいたのですが、落合監督は本来は貧乏な中日新聞社にはむしろ必要な監督だったといえます。

12球団1低い打率と得点というしょぼい戦力で優勝してみせるのですから、本当はこれほど効率のいい監督もいなかったはずなのですが、そんな事もわからないままに、落合監督にありとあらゆる濡れ衣を着せて追放するという自爆行為をする始末です。

セ・リーグを盛り下げる財力しかない親会社はプロ野球界から去る以外の選択肢はないのです。




     *     *     *




現在ネット上において、2013年のナゴヤドームのシーズンシートの売上について、リークなのか、

2010年 シーズンシート12300席
2013年 6482席

という情報が飛び交っています。

これが事実ならば、落合竜の時代と比較して、高木竜はシーズンシートの売り上げが半分しかないという事になります。

ジョイナスジョイナスと大騒ぎしておいて、シーズンシートの売上が半減するとか、すごい話だと思います。

この数字のソースが何かはわからないのですが、中日新聞社内部からのリークでしょうか?

中日新聞社は2つの会社の合弁会社で、社内も二派に分かれていますので、坂井克彦に敵対する勢力のリーク情報である可能性はあるとは思います。

ナゴヤドームのガラッガラぶりを見ると、シーズンシートの売上が落合竜よりも伸びているはずはなく、大幅に減少している事は間違いない事実ですし、前売り券の売れ残り枚数が昨年よりも更に増えている事実や、観客動員数の激減っぷりを見ると、この数字もうなずけるものはあります。


高木守道は昨年はCSで3連勝したあと読売に3連敗するという最低の采配を見せ、キャンプはグダグダ、オープン戦からひどい有様をみせ、シーズンチケットが売れなかったのでしょう。


絶不調の中日を救えるのは「井端でしょ!」
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/123937/
WBCで日本代表の窮地を何度も救う大活躍だった中日・井端弘和内野手(37)に、オープン戦絶不調の高木竜が「SOS」だ。
元気のない若手野手にガツンと活を入れてほしいという。
「いくらなんでも試合中のベンチが静かすぎる。今、声を出しているのはベテランの和田と谷繁ぐらい。もっと若手野手が声を出してベンチのムードを盛り上げていかないといけないのに、みんな結果が出てないのでムードが悪くなって悪循環に陥っている」
とチーム関係者。
選手会長でエースの吉見も
「ベンチの雰囲気がやばいなという感じになっている」
と心配そうに話すが、投手側の立場もあって野手にはカミナリを落としにくい。
そこで井端だ。
別の関係者は
「今、選手に物申せるのは投手では吉見だけど、野手では誰がいるのか? 井端でしょ!」
と声を大にする。
「WBCであれだけ結果を残した井端が戻ってきて『何だ、この暗い雰囲気のベンチは! 日本代表メンバーはもっと盛り上がっていたぞ! お前ら空元気でもいいから出せ!』とか言って怒ってほしい」。
“今度は中日を救ってくれ”と訴えているのだ。
「WBCを見て井端さんは改めてすごい人だなと思った。チームに欠かせない人ですしね」
と吉見も言う。
いぶし銀・井端は中日復帰後も大忙しとなりそうだ。



ドラゴンズで一番ネクラで陰気な高木さんがそういうことを言うかね?と思います。

そんなに暗いなら、自分で声出してベンチを明るくしてみろよと言いたいです。

ベンチで声を出しているのが和田さんと谷繁さんだけとか、もうホントにヤバイですね。

2人とも40歳をこえているんですが・・。


竜28年ぶり8連敗!頼みは井端しかおらん
http://www.sanspo.com/baseball/news/20130321/dra13032113310001-n1.html
(オープン戦、中日1-5オリックス、20日、ナゴヤドーム)
井端よ、早く帰って来てくれ-。
ファンだけでなくベンチからもそんな声が出はじめた。
17日ぶりの本拠地帰還も負の連鎖を断ち切ることはできなかった。
中日がオリックスに敗れ、1985年の13連敗以来(シーズンは5位)実に28年ぶりとなるオープン戦8連敗。
おなじみになった敗戦の弁で、高木監督は“新戦力”に期待を込めてボヤくしかなった。
「あれだけがんばった選手が来たら、多少ピリッとするんじゃない。みんなのんびりしていれんでしょ」
最下位独走で、もはや頼りはWBC日本代表として活躍し、帰国したばかりの37歳の井端だけという惨状だ。
ローテ入りを期待された新助っ人ブラッドリー(前ダイヤモンドバックス)は、2死球を与えるなど制球を乱し4回4失点。先発当確は出なかった。
打線もわずか3安打で1点を取るのがやっと。
この日は、3番が新外国人のルナ(フィリーズ)、4番が和田だった。
ここに指揮官の苦悩がにじむ。
沖縄キャンプでは、ブランコの後釜候補のルナに
「ホームランも出ますよ」
と4番のお墨付きを与えたが、いまだノーアーチの背番号0をついに降格。
「4番は和田」
と前言撤回した。
「お祓いにいかんとな」
と話していた指揮官は、試合前にスタジアムの通路にいるスタッフに向けていきなりノック。
高木流のお祓い(?)でお通夜のようなベンチの雰囲気を必死で変えようとしたのだが…。
「本来やったら、決まってなあかんけど、決める材料がない」
と今中投手コーチもボヤキ節だ。
エース吉見に続く先発がいない。
4月2日からの阪神3連戦(京セラD)では、インフルエンザ明けの山本昌に頼らざるを得ない状況も示唆した。
打線低調に投壊-。
高木竜の開幕が見えない。



5勤1休のグダグダの北谷キャンプ、そしてオープン戦での調整も失敗させぶっちぎりのオープン戦最下位、いざ開幕戦に突入する時にはWBCで胃潰瘍を患った井端頼みの無責任発言、当然そんな事でなんとかなるはずもなく、結局は先発投手に代打を送りまくって中継ぎ投手を酷使するだけの作戦・・・こんなものが作戦と呼べるでしょうか?

高木守道にはなんの策も無く、中継ぎ投手を破壊するだけの百害あって一利なしです。


浜スタでの3連戦は、ブランコがドラゴンズに残留しなかったとしても、高木守道が継投をしっかりとやっていれば勝てた試合でもあります。

中日球団フロント坂井克彦と、愚将高木守道の2人のせいで3連敗したようなものです。

坂井克彦と高木守道の老人2人の敗北のハーモニー、老人2人によるドラゴンズの悪夢です。


ドラゴンズファンの皆さん、坂井克彦と高木守道を見かけたら、大きな声で罵声を浴びせましょう。



にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram



追伸:
いつもコメントをくださる皆様へ

いつも頑張って返答を書いていたのですが、ここ2日間ほどで時間が無いままに、返答できないコメントが15件に達してしまいました・・すみません。

宿題のたまった学生時代のような心持になっております。

とても優れたコメントが多く、読ませていただくたびに唸っております。

大変勉強になります。

あまりにも秀逸なコメントが多いので、機会をみつけてまとめてご紹介させていただきたいと思っています。

それほどすばらしいコメントがいっぱいで、感謝しております。

いつもありがとうございます。







にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram



東京 プロバイダー

ムームードメイン






関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かに優勝を狙わないチームはリーグには必要ないし、優勝を捨てて年俸削減して黒字にするだけの運営しかしないのなら、中日新聞社は必要ないよね。イベント会社が運営すればいい、本当のファンサービスのやり方を知ってるだろうし、盛り上げ方も集客のやり方も知ってるはず。

将来の監督

バットの方は絶好調で2000本も間近ですね。ここというときの集中力はさすがです。横浜時代の1997年から16年連続Åクラス以上継続中、谷繁という名捕手の存在はありがたいですね。田中や松井雅が谷繁を脅かす日はいつ来るのでしょうか?まだまだ相手になりませんね。近い将来ドラゴンズの監督になってもらわないといけない人材だと思ってます。絶対よそに獲られないように気をつけてほしいですね。

No title

管理人さん おはようございます。

またドラゴンズから新天地に行く選手が出そうです。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/23/kiji/K20130423005666830.html

今年の投手陣の状況を見たら、スタミナのあるネルソンがいたら中継ぎの負担が減らせたんじゃないかとも思います(まあ高木の継投じゃ宝の持ち腐れになるかもしれませんが。)

まだ正式には決まっていないようですが、決まったら新天地の活躍を期待したいところです。ぜひ坂井、高木、権藤を見返してやりたい。

No title

犬猿の仲の岐阜新聞と援助協定結ばなければならない状況なんですね

http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20130426-00000443-jijf-stocks.vip
岐阜、中日新聞が援助協定
4月26日(金)19時11分配信 時事通信
岐阜新聞社と中日新聞社は26日、地震などの災害時の新聞発行を支援し合う 相互援助協定を締結した
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。