スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂井克彦の思惑通りに最下位に転落した & 中継ぎ投手が心配でたまらない件






















ドラゴンズは誰のものでしょうか?

ドラゴンズは中日新聞社のものだと思っている方、それは正しいようで、大間違いです。
その理由を以下に示したいと思います。

ドラゴンズの観客動員数は年間約200万人です。

ここまでの数字になると、もはや中日新聞社1社でどうにかなるというレベルの規模ではありません。

ドラゴンズの親会社が中日新聞社以外の会社でも、ドラゴンズは正常に機能します。

ここまでの規模になると、ドラゴンズはもはや、「誰かのもの」、とかいう次元のものではなくなり、公共物に近いものになってきます。

かつて松下幸之助さんが自分の会社の事を「社会の公器」と呼んでいたのと同じで、ドラゴンズはもはや中京圏の公器です。

これが、「ドラゴンズは誰のもの」、の答えです。

ドラゴンズは、社会の公器です。

そのドラゴンズは、「観客動員数200万人」、というとてつもない数字がドラゴンズそのものを支えているのであり、ドラゴンズの実態とは、そういうものなのです。
もはやローカル新聞社のような親会社の存在など、ドラゴンズ本体とは何の関係もないほどに社会的に大きな影響力を持った規模の存在になってしまっているのです。

       *      *      *

昨日すばらしい試合を作ってくれたドラゴンズの英雄、昌さんの試合から一夜あけ、相変わらず打てない投げれない、いいところ無しの試合をガラッガラのナゴヤドームで展開し、ついに最下位転落です。

ドラゴンズを私物化し、主力選手を放出しまくった、自意識を肥大化させただけの中日球団社長の坂井克彦のドラゴンズ弱体化策謀がまんまと成功裏に運んで、ドラゴンズは見事に最下位に堕ちました。


【中日】守道竜初最下位アライバ不振が…
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130410-1110604.html
<中日2-4ヤクルト>◇10日◇ナゴヤドーム
中日が最下位に転落した。
先発ブラッドリーが6回につかまり、畠山に3点打を献上。
打線も新人小川から1点を奪うのが精いっぱいだった。
高木監督は小川について
「速い球にも負けて、変化球も絞りきれなかった。四球で出てもつけこめなかった」
と脱帽。
不調が続くベテランの井端&荒木については
「あの二遊間が機能しないと勝てないチーム。代わりもおらん」
と厳しい表情だった。
最下位は監督の就任2年目で初めて。
借金は再び3となった。




ドラゴンズ稀代の名将、落合監督でも瞬間的に最下位になったことは、数えるほどしか無いにせよ、あるにはあります。

ただし、そこには名将ならではの、「ペナントレースを勝ちとる思想」と「ペナントレースを勝ちとる鉄則」がありました。

名将落合監督の思想と鉄則とは、

①長い長いペナントレースにおける序盤戦とは、最後にペナントを勝ちとるための、調整、選手の見極めという意味合いを持っていること。
②勝ち試合と捨て試合(負け試合)をはっきりと区別し、この2種類の試合中に投入する中継ぎ投手を混ぜて投入することはない。
③他チームが無理な中継ぎ投手投入と無理な中継ぎローテをしているのを横目で見ながら、自チームはペナントが終盤に達するまでは先発と中継ぎ投手には絶対に無理はさせない。

というものでした。

ここには144試合を戦い抜いて最後にペナントレースを勝ちとるための作戦で、凡人には真似のできない、人並み外れた超人的な相当の忍耐と我慢が必要な作戦です。

当然のことながら、凡人以下の高木守道には、無理な作戦です。

ここが名将落合監督と、凡人以下の高木守道との大きな差でした。

ドラゴンズファンの中にも、この名将落合監督の作戦が理解できないファン層があって、例えば2回投げて3失点の先発投手がいたりすると、

「なんであそこで先発投手を変えないんだー」

と言っているドラゴンズファンをよく見かけたものです。

私も2005年くらいまでは落合作戦が理解できず、そんな風に考えていた恥ずかしい時期がありました。

周囲のドラゴンズファンの友人知人を見ると、あんまり野球の事を知らない若年層のドラゴンズファン、もしくはあんまり頭のよくない老年層のドラゴンズファンほど、そういう風に考える傾向があると思います。

現在、高木守道が、先発投手が3失点くらいだと、球数が30球くらいでも降板させて、本来は勝ち試合で使うべき投手をふんだんに投入して、中継ぎ投手を酷使し、結局は最下位に沈んでいる現状を見て、この采配をどう思われますでしょうか?

この継投は、本当の意味で正解だと思いますか?

落合監督の思慮深い作戦を理解するためには、それなりの知能指数が必要なので、普通以下の頭では落合監督を理解する事は不可能です。

そんなドラゴンズファンでも、そろそろ気づいて欲しい、現状の最下位になってしまった原因と、心配な中継ぎ投手の酷使の惨状です。

まず、高木守道が好き放題に口出ししている滅茶苦茶な継投ですが、岡田や田島や武藤や小熊の登板数を見ればわかるように、平均して年間80登板くらい行きそうな、異常なハイペースで登板させられています。

こんな事を続けていたら、ケガするのが当然なのですが、誰も高木守道を止められない、誰も高木守道を止めない、ドラゴンズの投手の未来は非常に危機的な状態です。


高木守道が現在やっている、本来は絶対にやってはいけないひどすぎる継投

・3~4失点で、早い回で先発投手を降板させ、無駄に中継ぎ投手に負担をかけている。
・ビハインドの試合展開で、岡田、田島、武藤などの勝ち試合に投入するべき中継ぎ投手をふんだんに投入する。
・中継ぎ投手の年間登板数を全く計算していない。
・中継ぎ投手の本来あるべき登板間隔について、全く考慮していない。
・中継ぎ投手の本来あるべき中継ぎローテーションについて、全く考慮していない。
・中継ぎ投手のヒジのケガのリスクについて、全く考慮していないし、選手生命に対する思いやりも全くない。
・プロ野球の基本中の基本である、ビハインドの試合展開で投げさせる投手を一人も用意していない。
・先発投手を早々と降板させるから中継ぎ投手の負担が重くなっているのに、落合竜時代よりも一軍登録の投手の人数が常に1~2人少ない。
・一軍登録の投手の登録人数が少ない分、ビハインドの試合展開で投げさせる投手が不在になっているという、マヌケとしか言いようがない一軍登録選手のやり方。



なんですけど、この↑意味は、高木守道には理解不能でしょう。

近藤投手コーチはわかっているけど、高木守道には理解できない理屈です。

このブログを書いている、ど素人にも理解できるのに、高木守道には理解できないという、この素人以下の采配にうんざりです。

そういうドラゴンズファンが、


takagiyamero.jpg


こういうプラカードを掲げているのですが、高木守道、わかっているのかね?

岡田投手と田島投手と小熊投手と武藤投手が心配で仕方がありません。

坂井克彦が放出につぐ放出でドラゴンズを弱体化させているので、弱いし最下位になるのもやむなしだとしても、未来のある投手を次々とこの高木守道暗黒政権でつぶしてゆく作業だけは、ドラゴンズファンは絶対に許容してはなりません。

今日の試合も田島らが登板させられていて、田島らがケガするんじゃないかと、見ていて痛々しくて、そっちばかりが気になってしまって、試合展開よりも気になってしまって、結局試合は負けるし、ナゴヤドームは見たことがないくらいガラガラの状態になっているし、本当にひどい試合でした。

最下位に転落した後、BSで甲子園の阪神vs読売戦を見たら、満員ぎっしりの甲子園が熱気ムンムンで、冷えっ冷えのナゴヤドームとの落差がすごくて、いやになってしまいました。

ジョイナスという嘘と、レベルの低い采配、ドラゴンズファンの期待を打ち砕くブランコら主力の大放出、経営の傾いた中日新聞社の大放出作業によって、ナゴヤドームのボルテージはずっと氷点下のままカチコチに凍ったままです。

そうしたのは坂井克彦であり、経営の傾いた中日新聞社です。

すべての元凶は中日新聞社と坂井克彦、そしてチーム弱体化を目的に愚将を監督に据えたわざとらしさにあります。

最近、中日新聞社の資本が入っている東海ラジオや、同じく中日新聞社の資本が入っているCBCラジオで、高木守道采配に対する苦情の投書を読み上げるようになってきている傾向があります。

昨年は北朝鮮なみに見事な報道管制が敷かれていて、高木守道のひどい采配に関する投書は一切読み上げられることはなかったのにもかかわらずです。

ドラゴンズの弱体化に対する批判の火の粉が中日新聞社や中日球団フロントに降りかかる前に、中日新聞社が最初からスケープゴートとして用意してあった高木守道への計画的なバッシングを始めたのかもしれません。

ドラゴンズファンとして、ドラゴンズ弱体化の戦犯順位は絶対に間違えてはならないのですが、


ドラゴンズ弱体化の戦犯順位

1位 経営の傾いた中日新聞社
2位 自称コストカッターの貧乏神、坂井克彦
3位 絶望的に采配が下手くそな、高木守道


これはドラゴンズファンが常に自覚しなければならない鉄則として知っておいていただければと思います。



にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram


















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、管理人さん

http://baseball.yahoo.co.jp/npb/stats/pitcher?series=1&type=2
ご存知かと思いますが、一応貼っておきます。
負けることはもうどうでもいいですが、若手の中継ぎ投手の登板数が心配でなりません。

>ドラゴンズの弱体化に対する批判の火の粉が中日新聞社や中日球団フロントに降りかかる前に、中日新聞社が最初からスケープゴートとして用意してあった高木守道への計画的なバッシングを始めたのかもしれません。

これは監督交代が近づいて来た時のダメ新聞社のお家芸で、監督人事をネタに新聞を売りたいという浅知恵もあるでしょう。
(星野第2期でも、末期は批判記事が出てたような気がします。)

Re: No title

zikさんこんばんは

http://baseball.yahoo.co.jp/npb/stats/pitcher?series=1&type=2
を拝見しました。
異常なのは、高木守道の酷使采配だけなんですよね。
現在チームは11試合をこなしましたが、岡田も田島も武藤も7試合に登板しているのですから、11分の7の割合で登板しています。
このペースで144試合を通すと、144試合の11分の7は、91.6、つまり年間92試合に登板することになるんですよね。
このくらいちょっと考えればすぐにわかる事が、どうして全く理解できないのか、あまりにも無能すぎますし、田島と岡田と小熊と武藤が心配でたまりません。
負けることよりも、若手の中継ぎ投手の登板数が心配でならないのは、心あるドラゴンズファンなら誰しもが思う事ですよね。
あまりの不人気に、高木守道監督交代が近づいて来た時のダメ新聞社のお家芸は、開幕直後にすでに発動したのかもですね。
休養の可能性も濃くなって来たという事でしょうか?
高木守道休養になったら、モリミチダンスはどうなってしまうのでしょうか?(笑)
監督人事をネタに新聞を売るという、地獄のハゲタカ浅知恵商法もあるのですね。
星野第2期の末期にも批判記事が出ていたのもあり得る事だと思います。
阪神に移ってからも、星野の暴力批判記事とか書いてましたよね。
今さら感満載の記事でした。

哀しいです…虚しくてやり切れません。本当にこんなことで良いのでしょうか?親会社がチームを弱体化させるなんて…負けて喜んでガッツポーズしてる人間が編成の責任者なんてあまりにもファンを馬鹿にしてます私は小学生の頃から雑音ばかりの東海ラジオから聞こえる犬飼さんの実況を聞きながら、応援してきました!落合監督になり8年間は常に宿敵巨人と覇権を争い夢の日本一まで見ることが出来ました。落合監督には色々腹も立つこともありましたが、彼は常に結果でドラゴンズファンに還元してくれました。監督交代の時は長期政権だしこれも仕方ないな、若い立浪、井上あたりがやるのも良いと思った矢先…あの審判突き飛ばして選手ほっぽらかしてトンズラしたオッサンが恥ずかしげもなく、ノコノコ復帰してきました。それでもあの権藤さんがいてくれたらきっと投手陣を守ってくれると少しだけ安心できたのに…

今季、始まったばかりなのに全く熱くなれない自分にもの凄くさみしいです。負けたらメチャ機嫌悪かったのに、全然平気でちっとも腹が立たなくなってきました…悲しいです。

これもオーナーやフロントのアホな無責任野郎どもが「ファンと共に」なんて嘘八百なキャッチフレーズで誤魔化した挙げ句の結果なんですね。

昌さんがヒーローインタビューの後にベンチに引き上げてきたとき、一人ビール掛けしてたオッサンがチラッと映ったときムカムカして思わず拳を握りしめてました…

Re: タイトルなし

自称次期ヘッド候補 さんこんばんは

ドラゴンズに、本当に信じたくないような事が次々と起きているのが、信じられないようなあり得ない現実の連続ですよね(T-T)
広島型のチーム作りっていうのは、
「ドラゴンズは絶対に優勝するつもりはない!」
と宣言しているようなものですので、中京圏の公器であるドラゴンズを優勝させない親会社というのは、その存在すらゆるされるものではないため、ただちにドラゴンズから追放しなければなりません。
ドラゴンズが勝てば、全国のドラゴンズファンが喜び、特に中京圏の活気そのものに直結してきますので、中京圏の公器であるドラゴンズの責任は非常に重いものです。
その責任を一切放棄し、ドラゴンズを私物化する中日新聞社の存在はドラゴンズにとって毒以外の何物でもなく、これほどドラゴンズファンをバカにした話もありません。
同様に、広島カープファンをバカにしている、カープの筆頭株主のマツダも同様です。
中京圏の公器であるドラゴンズが、絶対に優勝できないドラゴンズを使って中京圏の人々をだまして金儲けしようと企むのがジョイナスの本質であり、これは詐欺事件と言ってもいいのかもしれません。
ドラゴンズのトップである球団社長が、ドラゴンズが負けてガッツポーズするなんて、まさに詐欺そのものですよね。
坂井克彦は、詐欺師であると言っても過言ではないと思います。
小学生の頃に雑音も気にする事無く東海ラジオを聴きながらドラゴンズの勝利を願ってきた自称次期ヘッド候補さんの想いを、思いっきり土足で踏みにじる行為を堂々と行っているのが、中日新聞社の現状であり、これは絶対に許す事はできません。
現在も寝床のラジオでドラゴンズを応援している小学生は沢山いるはずです。
落合監督は毎年優勝争いを繰り広げ、我々ドラゴンズファンに毎年夢を見せ続けてくれました。
夢を現実にする努力を見せてくれ、それをかなえる姿も見せてくれました。
ドラゴンズファンのほとんどが実際に見たことが無い、ドラゴンズの日本一を、53年ぶりの日本一として実現してくれました。
ドラゴンズファンの誰も見たことが無い、連覇も見せてくれました。
落合監督に腹の立つ事って、実は選手を守るために、批判の矛先を全部自分に向けさせていた事も、だんだんと気づいてきました。
結果でドラゴンズファンの期待に応え続け、ドラゴンズの想いを常に背負ってそれを実現し続けてくれました。

中日新聞社がおよそ思いつく、
「ドラゴンズを最大限にダメにしてくれる監督」
こそが、高木守道だったということでしょう。
高木守道は、その中日新聞社の期待に見事にこたえています。
中日新聞社としては、思ったとおり、想定通り、計算通りの結果にさぞや大満足なのでしょうね。
こんな茶番を目の前にして、ドラゴンズファンはずーっと冷温停止状態に陥っていますね。
モリミチダンスの曲が、ガラガラのナゴヤドームに空しく響き渡っています。
中日新聞社の大嘘、中日球団フロントの大嘘、一大詐欺事件と言ってもいい嘘八百なのが「ジョイナス」という事で、本人達はごまかしているつもりでも、誰も騙されていないという、見ているこちらが恥ずかしくなるような、あまりにもジョイナスの嘘がバレバレすぎてとても恥ずかしすぎる状態になっていると思います。

昌さんがベンチに戻った時に、坂井がベンチにいて昌さんに握手していましたね。
昌さんも一応上司だから握手はしていましたが、ドラゴンズファンとしては見たくない光景でした。
「汚い手で昌さんに触るなよ」
って思いました(苦笑)

高木監督もインタビューでは今まで選手を休ませることについて話したこともあるのに何でこうなるんですかね。勝ちに行く姿勢はいいことですがもう少し考えてほしいです。近藤コーチももっとシャキッとして投手のことはおれが守るんだ、考えるんだって姿勢を出してもいい。その上で高木監督に逆らわなきゃいい。

Re: タイトルなし

高木守道も権藤博も、評論家時代は、それはそれは重々しい評論家ヅラして、「浅尾を休ませるべきだ」 と言っていました。
しかし実際には、結局は落合時代よりも酷使ししました。
高木守道は、
「ファンが喜ぶから浅尾に投げさせた」
と5点差くらいついた勝ち試合で浅尾に投げさせていました。
権藤博は、
「チームの状態がいいから浅尾を連投で使うのはしょうがない」
と、言い訳にもならない言い訳を言っていました。

これは、評論家としてのサービスとしての発言には何の思想もないけれども、実際にプロ野球の現場に入れば、選手を休ませるという事に関しては全く何の思想も持っていなかった、という事がバレたというだけの事だったのだと思います。

野球に対して、信念とか、哲学とかが無いのでしょうね。
だから言っている事とやっている事が不一致を起こしてしまうのだと思います。

近藤コーチは、いわゆる胃の痛い中間管理職で、板挟みになってしまっている状態だと思います。
サラリーマンの世界そのものですね。
投手を守りたいけれども、上司には逆らえない・・近藤コーチの悩みは深いと思います。
今中はそれが嫌で、最初からブルペンに逃げたのかもしれませんね。
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。