スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険な酷使中の岡田投手と田島投手をひとまずファームで休ませて欲しい件

















落合監督は2010年から2011年にかけて、
「観客が入らない」
「人気が落ちている」
「つまらない」
などという誹謗中傷を受けていました。

あれから1年半ほど経過し、坂井克彦が作り上げた下品な中日を見てみると、

「落合竜よりも全然観客が入らない」
「落合竜よりも断然人気が落ちている」
「最下位争いばっかりで、つまらない」

という、後ろ指を差されて笑われるような結果になっています。



他の監督とはここが違う 落合博満だけに見えるものがある
2011年11月03日(木) 週刊現代
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/24548

「観客が入らない」「人気が落ちている」「つまらない」と言われた。
それでも彼は「勝つこと」にすべてを捧げてきた。
「強いチーム」作りから「勝てるチーム」作りへ。確かに彼は野球を変えた。


仕事はクビを切ること

野球解説者の若松勉氏は、ヤクルト監督時代に対戦した落合・中日を称して
「不気味だった」
と語っている。

「落合監督がやっている野球それ自体は、非常にオーソドックスなものなんです。でも常にベンチにどっしり構えて、何を考えているのかわからない。メンバー交換のときも一切、無駄なことは話さない。やりづらかった」

「不気味な」落合監督がチームを率いたこの8年間、中日はセ・リーグ最強のチームだった。
4度のリーグ優勝に日本一1回。
今年は首位に最大10ゲーム差をつけられながら、逆転優勝を果たした。
では落合監督が目指した
「オーソドックスな野球」
とはどんなものなのか。
落合監督の元で二軍監督を務めた佐藤道郎氏が言う。

「最近の野球はどのチームも、点を取られなければ勝てるというのが基本戦略。落合君はそれを突き詰めようとしていた。だから打者が打てなくても諦められるけど、打たれることをとても恐れる。4~5点勝っているのに、ゲームセット後に握手をすると、掌が汗でびっしょりだったこともあった」

落合監督の
「点を取られない野球」
が、他球団を圧倒するまでになった要因は何か。
それは毎試合ベストの戦力で闘うために、選手たちの状態を見極めることだった。
その根底には、落合監督の卓越した「見抜く目」がある。
佐藤氏が補足する。

「落合君には他の監督では気づけないような選手の能力を見抜く眼力がある。スカウトの方が適しているのではと思うくらいだ」

その好例が、河原純一である。
西武を解雇され1年ブランクのあった河原を、'09年、テストを経て獲得。
その年河原は貴重な中継ぎとして活躍。
40試合以上に登板を果たした。

「落合君は、年齢やちょっとした怪我では選手の評価を変えない。考えるのは、今のチームに足りないものを補ってくれるかどうか、それだけ。そもそもベテランは落ち目でも実績がある。能力が保証された上で安く済むしね」(佐藤氏)

「守りのチーム」の要である二遊間の荒木雅博、井端弘和に関しても、落合監督は慧眼を発揮している。
6年連続でゴールデングラブを獲得した二人の定位置を交換したのだ。
落合監督は、その理由を、
「オレが記憶している二人の動きと微妙にずれていたんだ」
と答えているが、それを聞いた荒木は、
「自分が思っていた以上に無理が来ていた。監督の目だけはごまかせない」
と唸った。
本人ですら気づかないような変化を、監督の目は見抜いてしまう。
それは試合直前にも発揮された。

「その日のコンディションを見極めるのがうまい。中日は同じようなレベルの選手が多いから落合君は、悪ければ代えるし、良ければ使う。井端がケガしても、岩崎(達郎)がいる、堂上(直倫)がいるという風に調子のいい者を使うんです」(佐藤氏)

しかし見切りも早い。佐藤氏が続ける。

「使えるか使えないかの評価を常にしていた。すべて自分で決めるので、我々も全く知らないうちに、育ちかけていた選手が切られていくこともあった」

このとてもドライで、ある意味徹底された「プロ意識」が、落合野球のもう一つの特徴でもある。
監督に就任した'04年、開幕投手を務めた川崎憲次郎氏は、落合監督が選手たちの前で初めて発した言葉を鮮烈に覚えている。

「新体制最初の全体ミーティングでした。『オレの仕事はお前たちのクビを切ることだ』と言ったんです。それが僕らへの監督の第一声でした。『使えなかったら切られる』というのは、プロなら当然のこと。でもそれを改めて口にする監督は、他に聞いたことがない」


選手と心中はしない

前述のとおり、落合監督の野球では、「打つ」ことより「守り」が優先されている。
選手を見るときに、自分の現役時代の能力を基準にしているからである。
打つことに関して、現役時代の自分を超える選手はいない。
だから、多くを期待しない。
滅多に選手をほめない落合監督は、

「オレ以上の実績を作った選手がいたらほめてやる」

というのが口癖だった。
川崎氏が言う。

「落合さんから見れば、現役選手達は全員、自分以下としか映っていない。
だからこそ『選手と心中』なんてことはしないんです。
選手を信じ切らないから、油断がない。
試合への準備はどのチームより緻密に行っているはずです」

落合監督は常に情報収集に気を配った。
中日にはスコアラーが他球団に比べて3倍近くいるというのは有名な話だ。
情報収集はチーム内に向けても積極的に行った。
目の届かない二軍についても、毎日トレーナーの報告を聞き、各選手の状態を正確に把握していた。
佐藤氏にはこんな経験がある。

「リリーフ専門の鈴木義広が二軍に落ちてきたとき、調整法の一環として先発させたら、すぐ監督から、『なぜリリーフを先発に使うのか。二軍でもリリーフで使ってくれ』という電話が入った。堂上(剛裕)を外野で使っただけでもそう。二軍の試合のスコアブックまで読み込んでいるんだよ」

「監督はどこで何を見ているかわからない」---中日の選手の間には、常に緊張感と競争意識が植えつけられていった。
そして落合監督が植えつけた競争意識は、チームに最大の変化をもたらした。
練習量の増加である。
若松氏はヤクルト監督を辞任した後、評論家として訪れた中日キャンプで、選手たちのハードな練習ぶりを目の当たりにして「度肝を抜かれた」という。

「他のチームのキャンプは、大抵4日練習して1日休むペースで行います。でも中日は6勤1休だった。要は開幕後のスケジュールに合わせて練習しているんです。全体練習後もほとんどの選手が残って必死にバットを振っていました」

最近の中日の練習を見た元プロ野球選手が、思わず
「こんなに練習するんですか」
と感嘆すると、落合監督はニコリともせず言い放った。

「俺の現役の頃は、もっと練習していた」

無駄を嫌う落合監督が猛練習を行う理由、それは単純に練習が無駄ではないからだ。
川崎氏がさらに言う。

チャンスが突然来るという怖さもあるんです。失敗すると次はないかも知れないですしね。『誰が使われるかわからない』という、落合さんの起用法だと、選手は準備がとても大変なんです。スタメンにもベンチスタートにも対応できるように、常にコンディションを整えておかないといけないですから」


「見られている」という意識

日本一の「野球眼」をもつ監督に、見られている。
選手は常に競争意識を保ち、準備を怠らないように練習を繰り返す。
そうして中日は、チーム力を高めていった。
落合監督は、同様の効果をコーチにも求めていた節がある。
'05年~'06年にかけて捕手コーチを務めた秦真司氏は、就任要請のタイミングにまず驚かされた。

「電話があったのが、前シーズンが始まったばかりの6月だったんです。そんな時に来年のチーム編成を考えている監督なんて他にいません。そもそも、現役時代に落合さんとは何の接点もなかったですしね」

落合監督にとっての「勝てるチーム」に、義理や人間関係のシガラミは邪魔だったのかも知れない。
秦氏が続ける。

「私のような外様を呼んだのは、中日OBのコーチばかりがつるんだ、なあなあ体質を払拭しようという意図があったんです」

そして落合監督は、すぐに秦氏に役割を与えた。
当時怪我がちだった主戦捕手・谷繁元信のコンディションをケアすること。
監督は一切口を出さなかった。

「谷繁の調整だけに集中し、全力を注ぎました。2年契約が満了した時、更新の話はもらえなかった。それでも切られたという意識はありません。責任をもって自分の仕事をさせてもらえましたから」

一度任せたら口出しはしない。
ただしチームに必要かどうかは、シビアに判断する。
選手からコーチ、スタッフに至るまで、「見られている」という緊張感が充満し、落合流の「プロ意識」が浸透していった。
外から見た落合野球も、「何をするかわからない」という意外性がある。
冒頭で若松氏が言っていた「不気味さ」である。
たとえばそれは、勝てば優勝もある10月14日の対巨人戦でも見られた。
その試合、落合監督は入団1年目の新人投手・大野雄大に、プロ初登板初先発を命じたのである。
しかも先発マスクは谷繁ではなく、2年目の松井雅人だった。

「驚きましたね。優勝のかかった試合でデビュー登板させるなんて、普通では考えられません」(若松氏)

一見、奇策に見える落合監督の投手起用だが、前出の川崎氏は、「落合さんらしい」と指摘する。

「落合監督本来のスタンダードな野球を行う上で、ああいった思いもよらないことをすると、敵に『中日は何をしてくるかわからない』と思い込ませることができる。『わからない』と、意識させれば、落合さんの術中にはまってしまう」

対戦相手である巨人以上に、今後CSや日本シリーズで戦う相手に、警戒心を植えつける効果もある。
落合は2回に打ち込まれた大野を、4回までマウンドから降ろさなかった。
結果敗れたが、試合後の落合監督は「いい勉強だよ」と笑顔だった。
解任決定後も落合監督は、自分が去った後のチームの将来を見つめ続けている。
その様は、「プロ」としての仕事を、貫徹しようとしているように見える。


「勝て」と言われたから勝った

思い起こせば落合監督の用兵は、奇策から始まった。
'04年の広島との開幕戦、先発マウンドには、川崎憲次郎氏が立っていた。

「落合さんが就任した直後の1月2日に、電話がかかってきた。そこでいきなり『今年の開幕投手はお前で行く』と言われたんです」

当時肩の故障を抱えていた川崎氏は、3年間一軍で投げていない状態だった。
開幕戦、川崎氏は序盤にKOされてしまった。
しかしチームは逆転勝利。
この日の奇襲は落合野球の「不気味さ」の象徴となり、そのシーズン、1年目にしてリーグ優勝を果たした。
一方で川崎氏は、この登板に落合監督からのメッセージを感じ取っていた。

「当然監督は私の投球に期待していたわけではない。暗に、『これが今のお前の実力だよ』と知らせたかったのだと思います」

川崎氏は、その後再登板のチャンスを与えられたが、またもKO。
直後二軍に落とされ、3度目のマウンドに立ったのは自身の引退試合だった。
1年で、たった3回の登板機会。
そして引退。それでも川崎氏は今も監督に感謝している。
落合監督は、川崎氏の実績に「開幕投手」という形で敬意を払った。
その上で、能力の足りない者は、容赦なく切り捨てる。
そこには一貫したプロ意識がある。

10月19日、中日優勝の翌日、スポーツ紙に落合監督の手記が掲載された。
優勝できたのは、9月の対巨人戦で敗れた後、坂井球団社長がガッツポーズをしたことが最大の要因だったと激白している。


《負けてなんでガッツポーズされるんだよって。(略)負けじ魂に火がついた》

非情と言われた落合監督。
その根底には確かなプロ精神が流れている。
そんな彼は、今回の仕打ちをどう捉えているのだろう。
監督と親しい記者が、その胸中を忖度する。

「解任宣告も、球団に呼び付けられた監督は、朝一番の新幹線で立ったまま名古屋に行き、『ご苦労さん』の一言で済まされたと言います。名監督の最後としては寂しすぎますよ」

優勝した中日は、当然今季のセ・リーグで、最も結果を出したチームだ。
落合監督にも選手にも、その自負がある。
「勝て」と言われて、勝った。
それでも切られる理不尽に、落合監督は憤っている。
自分がプロとしての責任を果たしたと信じているからだ。
いま監督が一番心配しているのは、彼の緻密な野球を支えたスコアラー陣の今後なのだと言う。

「『彼らをクビにしないでくれ』と事あるごとに球団幹部に頼んでいます」 (前出記者)

「名選手に名監督なし」
という言葉がある。
3度の三冠王を獲得した史上最強の打者は、球界の常識をいとも簡単に打ち破ってみせた。
落合監督は最後の夢、リーグ優勝&日本一の栄冠に挑む。



ちなみにこの直後、スコアラーは坂井克彦の手によって大幅に削減されました。


・シーズンを通してチームのすみずみにまで行きわたる、高度なプロフェッショナルとしての緊張感。

・常に高いレベルが求められる、プロとしての洗練された意識。

・三冠王三度の鋭い感性と野球眼によって、いつも見られている、という緊張感。

・日没まで続く、12球団1厳しい6勤1休の北谷キャンプの激しいトレーニング。

・いつ出場機会が訪れるかもしれないという、シーズンを通して要求される高い緊張感での臨戦態勢。

・コーチ間ですらなあなあの関係を絶対に許さない、コーチ間にも行きわたる緊張感ある競争関係。

・自分が解任された事が決定しても、最後までスコアラーの雇用を心配し、最後までスコアラーの雇用をお願いして回るという、
「自分の事よりも部下を思いやる篤実な人柄」



名将落合監督率いるドラゴンズには、黄金期のドラゴンズの強さのわかりやすく明確な理由がありました。

それを一番間近に見てきたのが中日新聞社の記者であり、中日新聞社の幹部であり、中日球団のフロントであり、高木守道ら中日OBであったはずです。

それが、現状はどうですか?


・中日新聞社の記者は、中日新聞と中日スポーツに程度の低い嘘記事ばかり書いている。

・中日新聞社の幹部は弱いドラゴンズを望み、チームを弱体化させ広島化をすすめている。

・中日球団フロント坂井克彦は、黄金期のドラゴンズの破壊を具体的に実行している。

・日没前のまだ日も高いうちから練習を切り上げる、5勤1休のグダグダなキャンプ。

・くだらない事ばかり口走っている、レベルの低い中日OBたち。

・中日OBたちだけでつるんでナアナアな緊張感のまるで無いただれた関係。

・選手の動きもまるで見ていない、だらけた中日OBの監督とコーチ達。

・選手を見ていたとしても、レベルの低い目で見ているので選手にとっては邪魔なOBコーチ。

・ジョイナス枠による1軍登録が横行し、チーム全体に漂う無力感と無気力感。

・自分達のミスを選手になすりつけ自己保身を図る、腐りきった中日OBの監督とコーチたち。



何もかもが、悪化しているではありませんか!
これは一体なんなんですか!


何一つ良くなった点が存在しないどころか、全ての項目において悪化している高木竜。

人気もないし観客動員数も減ったしつまらないチームにしたし、あるいは坂井竜とでも言うのでしょうか?

悪い意味で、逆にすごすぎると思いますね。


この際、はっきりと言っておきたい事があります。

それは、・・


落合竜は本当に高度なプロフェッショナル軍団であり、明確で強い意志を持った洗練された男達の精鋭中の精鋭であり、強く、まっすぐで、常に高い目標とモチベーションを持ち、そしてセリーグ最強の実績と結果を出したまことにかっこよくクールなエリート集団だった。
落合竜はかっこいい。

ochiai2011douage.jpg



高木竜のジョイナス村は、ただれた中日OBの腐った人間関係で緊張感の賭けただらけ切った雰囲気でおり、明確なビジョンもなく迷走しまくり、非常に弱く、チームとしての魅力も低下した。
高木竜(坂井竜)はかっこ悪い。

tkgsuyasuya.jpg


ドラゴンズをダメにしたのは中日新聞社ですが、中日新聞社という会社そのものがダメなので、そのダメなのが現在の中日球団フロントを介在してそのまま感染したという構図です。

ドラゴンズをジョイナスでダサかっこ悪くしたのは誰でしょうか?

それは・・


sakaikatuhikokkkfi.jpg


もちろんこの方、球団社長としても人としてもセンスのかけらもない、カッコ悪さにかけては日本トップクラスの老人、坂井克彦です。

球団社長がかっこ悪いダサい人だと、あっという間にチーム全体がかっこ悪くダサいチームになってしまいますね。

野村克也さんの、
「組織はトップの力量以上には伸びない」
という言葉を思い出します。

言いかえると、トップの力量が小さければ、組織の力量も小さくなる、ということです。

ドラゴンズが強くかっこよくなるためにも、力量のないトップにはただちに去ってもらいたい。

坂井克彦球団社長には一刻も早く辞めて欲しい。

というか、経営の傾いたド貧乏親会社はドラゴンズから去って欲しい。

ドラゴンズファンの共通の願いです。


またAKのPVに映り込んでも遜色ないような、クールでカッコいいドラゴンズに戻って欲しいです。





小汚い老人が古い夢を見ている姿は、見ているこちらが恥ずかしくなるくらい見苦しく、おぞましくて虫酸や悪寒が走る薄気味悪さがあり、非常に薄みっともないものです。

老兵は去りゆくのみ、もう出しゃばるのはやめた方がいいでしょう。

球団社長の坂井克彦と、時代遅れの古臭い会社、中日新聞社に言っておきます。



     *     *     *



谷繁2000本安打カウンター
TANISHIGE-METER

現在
1987安打

http://bis.npb.or.jp/players/85583868.html

tanishigeak69pv.jpg



岩瀬350セーブカウンター
IWASE-METER

現在
349セーブ

http://bis.npb.or.jp/players/81183888.html

iwasefudngi.jpg




2013シーズンが開幕してドラゴンズは17試合を消化しました。

オープン戦でダントツの最下位という最悪の状態のままペナントレースへ突入、中日は依然としてセ・リーグ最下位です。

ドラゴンズファンのフラストレーションもたまってきて、ブランコをわざと放出するなど日頃の中日新聞社のやり方への不満が爆発、その怒りの矛先が一斉に高木守道に昨日向けた模様です。


【中日】高木監督にヤジ「早く辞めろ!」“鬼門”神宮で黒星発進
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20130416-OHT1T00152.htm
◆ヤクルト5―2中日(16日・神宮)
「早く辞めろ!」
神宮のクラブハウスへと続く通路。
高木監督に容赦ないヤジが飛んだ。
14日の広島戦(ナゴヤD)で勝った後、采配を批判するファンの言葉に言い返した71歳は、怒りをグッとこらえたものの、勝てないいら立ちは募るばかり。
昨季まで5年連続負け越し中の神宮での黒星発進に
「相性が悪い? そんなことは言わすなよ、ワシに」
と仏頂面を浮かべた。
“鬼門”のイメージは今年も消えないのか。
5回2死、右翼の松井佑が照明の影響で田中の打球を見失い、二塁打にした。
7回には完封ペースで好投していた吉見が不振のバレンティンに逆転2ランを許すと、1死二塁から中村の打球が三塁・ルナの手前でイレギュラーバウンド(記録は安打)。
一、三塁とピンチが広がり、続く岩村の中犠飛で致命的な3点目を献上するなど、ツキもなかった。打線も序盤のチャンスを生かせずに2得点にとどまった。
同率5位で並んでいたヤクルトに敗れ、再び単独最下位に転落。
高木監督も
「吉見が調子を取り戻せば? そりゃそうだけど、本人が勝てんのやから」
と頭を抱えた。
3勝7敗2分けだった昨年は
「お払いしてもらわないかん。うちには何もいいことがない」
とボヤいた神宮。
左翼スタンドから選手にCDケースを投げつけるファンも現れるなど、チームに不穏なムードが漂ってきた。




まず、スタンドからグランドへ物を投げるのは危険ですのでやめましょう。

グランドへ投げつけるのは、貧乏な中日新聞社と、ドラゴンズを弱体化した坂井克彦と、危険な中継ぎ投手の酷使を繰り返す高木守道への罵声にとどめておきましょう。

以前にもこのブログで申し上げましたが、ドラゴンズのチーム状態が悪いその戦犯の順位は、


1位 貧乏でどうしようもない中日新聞社

2位 黄金期ドラゴンズの連続破壊実行犯、ドラゴンズへの無差別テロリスト坂井克彦

3位 高木守道の変なリーダーシップと采配


という順番で、高木守道は戦犯順位第3位です。

ドラゴンズファンの皆さんには、その怒りを大いに中日新聞社と中日球団フロントの坂井克彦に向けていただきたいと思います。

中日球団ホームページにご意見投稿できますので、そちらをご活用ください。

その後で高木守道に罵声を浴びせましょう。

「中継ぎ投手を酷使するんじゃねえぇぇぇーっっ!!」

って叫びつつ、岡田投手、田島投手、小熊投手、武藤投手を守りましょう。


しかしヤクルトとの神宮第2戦、先発のバーゲセンはたったの2回2/3しか投げていないところで早々に降板させ、いつもの高木守道のむごたらしい酷使継投が始まってしまいました。

中継ぎ投手の酷使継投が始まると、岡田投手、田島投手、武藤投手、小熊投手が心配すぎて、試合に集中できなくなります。

ドラゴンズの将来を担う若く有望な投手陣、その殺人的酷使による中継ぎ投手の流血解体ショーを見せつけられているかのようで、一気に冷めるんですよね。


ドラゴンズの未来ある若竜投手を守れ!

中継ぎ投手の酷使表
3/29 vs横浜 山井0/3回、田島1回、武藤1回
3/30 vs横浜 岡田2回、小林1/3回、武藤2/3回(2連投)
3/31 vs横浜 田島1回、山井1回、岡田1/3回(2連投)、岩瀬2/3回

4/2 vs阪神 武藤1回、田島1と0/3回(イニングまたぎ2連投)
4/3 vs阪神 岡田1回、武藤1回(2連投)、山井1/3回、小林1/3回、
        小熊1/3回、田島1回(3連投)、岩瀬1回
4/4 vs阪神 岡田1回(2連投)、岩瀬1回(2連投)
4/5 vs読売 山井1回、小熊1回
4/6 vs読売 山井0/3回(2連投)、小熊1回(2連投)、武藤2回(イニングまたぎ)、岡田1回
4/7 vs読売 岡田1回(2連投)、武藤2/3回(2連投)、小林0/3回、
        小熊1/3回(3連投)、田島1回

4/9 vsヤク 小熊1回(4連投)、岡田1回(3連投)、田島1回(2連投)
4/10 vsヤク 武藤1回、田島1回(3連投)、小熊2/3回(5連投)、井上1/3回
4/11 vsヤク 岡田1/3回、田島2/3回(4連投)、岩瀬1回
4/12 vs広島 岡田1回(2連投)、小林1/3回、武藤2/3回、小熊1回
4/13 vs広島 武藤イニングまたぎ2回(2連投)、井上1回
4/14 vs広島 井上1回(2連投)

4/16 vsヤク 岡田2/3回、井上1/3回(3連投)
4/17 vsヤク 武藤イニングまたぎ1と1/3回 、 岡田1/3回(2連投)
         田島ロングなイニングまたぎ3と2/3回(51球)、
         岩瀬1回 、 井上イニングまたぎ2回(4連投)

登板数
岡田 11試合
武藤 10試合
田島 9試合
小熊 7試合
井上 5試合
岩瀬 5試合
小林 4試合


登板の頻度の割合 (チームは17試合消化)
岡田 11/17=64.7%
武藤 10/17=58.8%

田島 9/17=52.9%
小熊 7/17=41.2%

井上 5/17=29.4%
岩瀬 5/17=29.4%
小林 4/17=23.5%


1シーズン登板数換算 (1シーズン144試合)
岡田 144×0.647 = 93試合登板ペース
武藤 144×0.588 = 85試合登板ペース

田島 144×0.529 = 76試合登板ペース
小熊 144×0.412 = 59試合登板ペース

井上 144×0.294 = 42試合登板ペース
岩瀬 144×0.294 = 42試合登板ペース
小林 144×0.235 = 34試合登板ペース


ケガ予想ランキング
1位 岡田投手 (選手生命が即終了の絶望的ペース)
2位 武藤投手 (選手生命が即終了の絶望的ペース)
3位 田島投手 (将来的に聡文型リハビリコース)
4位 小熊投手 (将来的に聡文型リハビリコースに注意)

5位 井上投手 (昇格したてで登板数は適正だが4連投とかやめてほしい)
5位 岩瀬投手 (年齢的にもまあまあな登板数な感じ)
5位 小林投手 (キャリア的にはまだまだ余裕)


依然として中継ぎ投手の非常事態警報発令中 




武藤投手はイニングまたぎ1回1/3を投げさせられてしまいました。(21球)

岡田投手はすでに酷使疲労の影響がアリアリで、打者4人に対し1アウトしか取れず、1安打2四球で満塁のピンチを作っただけで降板させられました。(16球)

満塁のピンチを背負わされた田島投手、ロクに準備もできないままに登板させられ、その後3回2/3も投げさせられ、5回裏、6回裏、7回裏、8回裏まで投げさせられるというイニングまたぎを3回もやらされてしまいました。(51球)

田島に51球も投げさせるなら、最初から先発させて、中5日で休ませてもらいたいものです。

この酷使状態で51球も投げさせるなんて、正気の沙汰とも思えません。

とにかく岡田投手もボロボロな状態になってしまっているし、田島投手も無理に無理を重ねた上に51球も投げさせられ非常に危険な状態なので、ひとまず一軍登録を抹消し、ファームで10日間休ませてあげて欲しい。

かわりに三瀬と岩田を上げ、バーゲンセンは中継ぎにすればいい。

それから藤井を抹消し、敗戦処理用ロングリリーフとして朝倉を上げてもらいたい。

1軍の酷使連投をやめられないのなら、1軍と2軍の投手を激しく入れ替えて、とにかくケガをさせない工夫をしてもらいたい。

高木守道に告ぐ、おまえに岡田投手や田島投手をつぶす権利も理由も一切ない。
投手の選手生命を第一に思いやる事をいまから学習せよ!

と高木守道に言いたいです。





松井佑 鮮やかバックホーム&1号3ランでチームの危機救った!
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/17/kiji/K20130417005632490.html
◇セ・リーグ 中日10―6ヤクルト(2013年4月17日 神宮)
ゲームセットは11時3分、今季最長5時間越えの熱闘は中日に軍配が上がった。
延長11回、2死一、二塁から3番ルナの三ゴロをヤクルトの名手・宮本が野選。
送球の間に二塁走者岩崎が本塁に還り決勝点をもぎ取った。
その次の打者、途中出場で4番に入った松井佑が1号3ランを左越えに叩き込んで試合を決めた。
松井佑は、10回2死一、二塁の場面で左翼からバックホームで刺して、サヨナラのピンチを救っており、チームの危機を一人で救った形となった。
「(バックホームの場面は)飛んでくると思って、刺してやろうやるつもりだった。本当に飛んできてびっくりした」
と振り返った。
1点をリードしての3ランについては「風のおかげ」とあくまでも謙虚。
2点リードの9回に守護神岩瀬が打たれて追い付かれていた。
負ければ借金5となって、優勝争いどころか5割も遠のくところだった。
前日、先発したものの3打数無安打で途中交代の屈辱を味わっただけに、見事な汚名返上のパフォーマンスとなった。










せっかく松外選手が岩瀬投手の失敗を帳消しにする大活躍をしたのに、たかが目先の1勝のために、岡田や田島ら将来性のある、あと15年は活躍して欲しい投手が目の前でつぶされていく姿を見せつけられては、試合内容が入ってこない・・。

高木守道はいい加減にしてほしい。




にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram



















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

高木監督は以前もドラゴンズを最低のチームにしました。落合監督が就任する前に高木監督か?という噂が流れ「あー、もう終わった」と思ったら落合監督になり「やったー、高木でなかったらだれでもいい。」と思ったことを覚えています。今度もおそらく落合監督が年俸が高かったので一番安い高木にしたんでしょう。坂井も中日新聞社もファンのことなんかなんにも考えていません。身売りしましょう。

Re: No title

toshichanさんこんにちは

「やったー、高木でなかったらだれでもいい。」と思われたというのは鋭い先見の明をお持ちですね(笑)
坂井克彦はドラゴンズ弱体化の破壊工作の一環として、高木守道を愚将と知ってわざと就任させた事はもはや疑いようのない事実なのでしょうね。
中日新聞社は自分の会社の事しか考えないクズ会社になり下がりましたし、身売り以外の選択肢はもうないですよね。
ドラゴンズというチームの公共性の高さを認識してくれる親会社が欲しいですね。
常に優勝目指して頑張ってくれる親会社であってくれればドラゴンズファンの事を考えてくれる親会社、という風に考えてしまうくらい、ドラゴンズの弱体化を望み、それを推し進める中日新聞社の今のありようは異常だと思います。

中継ぎ酷使

ようやく今のシラけたドラゴンズに反旗をあげるブログに会えてうれしいです。

中継ぎ酷使ですが、ベンチ入りメンバー見れば仕方ないですよ。

昨日も山内、大野と2人の先発をベンチ入りさせて無駄に枠を使い。

岩瀬と小林は専門職だから、ここという場面しか使えない。てか専門職の使い方すらできない首脳陣。

そうなると、岡田、田島、武藤、小熊、井上で勝利も敗戦も回さざるを得ない。

わかりきった配置を見事にやってくれる。首脳陣の準備不足というバカ丸出しですよ。

これでは登板過多になるのは目に見えてます。

Re: 中継ぎ酷使

アンチジョイナスさんはじめまして

御誉めいただきいただきありがとうございます(^^)

反旗をひるがえしているつもりもないのですが、中日新聞社の嘘があまりにも鼻につくので、それをブログにしております。

ドラゴンズファンの誰もが考えている事だろうと思って、それをブログにして3ヶ月、急激にアクセスが伸びて月に6ケタちかいアクセスになり、書いてる本人がビックリしております。

ドラゴンズファンの誰もがしらけているのはその通りだと思います。

現在の状況として、わざと優勝を目指さない中日新聞社のインチキにシラケきったドラゴンズファンがほとんどだと思います。

NPBの一軍登録の公示を見ますと、

http://www.npb.or.jp/announcement/roster_cl.html

岩瀬 仁紀
小林 正人
田島 慎二
井上 公志
小熊 凌祐
岡田 俊哉
武藤 祐太

吉見 一起
中田 賢一
大野 雄大
山内 壮馬
ブラッドリー
カブレラ

先発ローテ6人に、抑えが7人しかいません。
小林と岩瀬はおっしゃる通り限定されたケースでしか登用されませんので、岡田、田島、小熊、武藤、井上の5人しか中継ぎ投手がいません。
おっしゃるとおり小林の使い方も変ですし。
岩瀬の登板間隔も変です。
先発投手をさっさと降板させるのに、この5人を勝ち試合でも負け試合でも同点の試合でも使いまくるという、非常に危険でバカバカしい継投をしています。

なのに野手は15人もいます。

こういう中継ぎ投手の使い方しかできないのであれば、山内と大野をベンチ入りさせる余裕はないはずです。

中継ぎ投手だけがケガまっしぐらに酷使されており、現状のような使い方の発想しかできないのであれば、1軍と2軍を激しく入れ替えてもらいたいです。

たとえば、岡田と小熊はもう明らかに疲労が蓄積しすぎてまともに投げられませんので、ファームで休ませるべきだと思います。

少なくともバーゲセンの先発不適合はもはや明らかですし中継ぎにして、岩田を先発昇格してほしいです。

そして野手登録を一人減らして欲しいです。

首脳陣の準備不足というバカ丸出しで登板過多になっているというのもその通りだと思います。

なかでも岡田投手は可哀想に映りました。てっきりバレンティンと再戦させるような場面で登板したのかと思ったら敬遠させて慌てて?交代でしたから。ただでさえ場面限定せず多く投げているのにあれはきついと思います。結果的に勝つことになりましたが、岡田投手の未来を感じる結果じゃなかったです。

Re: タイトルなし

おれDさんこんにちは

バレンティン敬遠で満塁で降板では、精神的にもキツイですよね。
ただでさえ肉体的にも限界をとっくに超えているというのに・・。
田島もあまり準備ができないような状態だったとか。
どのような場面での登板で、どのような役割を果たすべきなのかをきちんと設定できない高木守道の無能さがよく表れていると思います。
とにかく岡田投手のケガが心配でなりません。
そして精神的にも、このままでは岩瀬投手のように円形脱毛症ができたりするのでしょうか・・?

No title

>目先の1勝
高木野球はこの1語に、全てが集約されていると思います。
勿論、勝つに越した事はないのですが、負け試合を全く想定していないかのような用兵では、いずれ破綻が生じる事は目に見えていますよね。8月9月にはどうなっている事やら…。
というか、今って4月ですよね?wすでに、シーズン最終盤の様な戦いぶり、監督さんは永遠の10.8を戦っていらっしゃるのでしょうか?
選手生命に関わる程の故障が発生する前に、放牧に出してあげてもらいたいです。

Re: No title

じろうさんこんにちは

高木守道が後先を考えずに目先の1勝にすぐに飛びついて大失敗するのは、もう見飽きましたよね・・
捨て試合を計算できないのがダメ監督の特徴ですが、いかにもダメ監督っぷりを昨年に引き続き発揮してくれています。
その昨年の失敗で少しは学習したのかと思いきや、今年も全く同じ事を繰り返しており、全く本当に信じられないくらい能力が低い高木守道です。
昨年も8月9月に息切れして読売に全然勝てていませんでしたから、今年も全く同じパターンなのではないでしょうか。
落合監督が2010年と2011年に8月と9月に大逆転優勝で連覇したのとは全く逆の事をする、名将落合監督とは全く逆の愚将高木守道です。
4月なのに中継ぎ投手をフル回転どころか100%を越える酷使をしてつぶしていくやり方はまったくおぞましい限りです。
そしてついに小熊投手が右肩を故障してしまいました。
恐れていた事態がついに起きてしまいました。
高木守道はどう責任を取るのでしょうか?
また、「ケガをした小熊が悪い」とばかりに酷使の責任を選手になすりつけるのでしょう。
小熊は5連投させられるなど、本当にひどい使われ方をしていましたから。

高木守道は10.8の事すら意識に無く、ただひたすらに目の前の1勝を広い集めようと餓鬼妄執しているだけだと思います。
いち早く高木守道をドラゴンズから追放しないと、また第二、第三の小熊がでてきてしまいます。

これ以上ケガ人が出ないようにするためにも、高木守道の追放はもはや緊急性を要する問題となってきてしまいました。
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。