スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援団問題を放置し続けた中日新聞社と中日球団職員のひどさを時系列で見て検証してみる件















ナゴヤドームから応援団が消え、鳴り物が消え、ドラゴンズの選手達が、

「士気が下がる」

と発言しており、ナゴヤドームに来ているドラゴンズファンが、

「観客動員数が減る」

と発言している報道がなされている今日ですが、中日球団職員は一体何をしているのでしょうか?

問題解決のために何のアクションも起こしておらず、谷繁竜への妨害としか思えないような深刻な問題だけが、“どーん” と残されています。


なぜこのようなことになってしまったのでしょうか?

その問題の発生原因と問題発生時期について、検証してみましょう。

    ↓







2009年10月

千葉マリーンズ私設応援団が活動を休止。

そこで千葉マリーンズが球団職員を応援団長とした球団公式応援団を設立。






2010年3月

千葉マリーンズ公式応援団が、2010年シーズンから応援活動を開始する。







2010年10月

旧応援団の応援歌に著作権があり、旧応援歌が使えず、千葉マリーンズ公式応援団が応援歌をすべて一新する。

その新しい応援歌が斬新で勢いがあり、チームを勢いづかせる。

勢いに乗った千葉マリーンズは3位からCSを勝ち上がり日本シリーズに出場。

日本シリーズでもドラゴンズを破り日本一に。

史上最大の下剋上と言われる。






2010年12月27日

暴力団との関係を完全に断ち切りたい読売球団が、球団公式応援団設立を発表、団員の募集を始める。
   ↓

新応援団の結成と団員募集について
http://www.giants.jp/G/gnews/news_393731.html

千葉マリーンズの公式応援団の大成功を見た読売球団が、暴力団との癒着関係を断ち切る事を目的に、球団公式応援団を設立したものと見られる。







2011年1月20日

NPBが暴力団排除宣言を行う

http://www.npb.or.jp/npb/20110120declaration_pix.html

npbbouryokudanhaijosengen.jpg







2011年2月17日

名古屋高等裁判所の判決において、中日の私設応援団8団体のメンバー約100人が、暴力団員の所属する白龍会と竜心会の応援禁止解除を求めた裁判で、2審で全面的に敗訴する。


中日の私設応援団訴訟 球団側が全面勝訴
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/02/18/kiji/K20110218000265800.html


この判決が出た時点で、中日球団職員は上告棄却を簡単に予測できた。

この時点から、中日球団職員は球団公式応援団設立の準備ができた。










2013年2月14日

最高裁判所において、ナゴヤドーム立ち入り禁止と鳴り物応援禁止の判決に対する、中日応援団の上告を、「完全無欠に」棄却。

中日応援団の敗訴が確定する。

中日応援団の全面的大敗北が確定。

中日応援団側の敗訴確定 入場や鳴り物の禁止
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/02/15/kiji/K20130215005203840.html

上告が棄却され、判決が確定されたのだから、中日球団職員はこの時点で公式応援団設立を開始しなければならなかった。

しかし、何か癒着しているのか、中日球団職員は何もしなかった。

中日球団職員が、暴力団と癒着していると噂されても致し方ない、といえる。









2013年3月16日

球団マネジャーらがNPBにおいて、「不当要求防止責任者講習」を受講。
NPBが日本球界で暴力団追放に本腰を入れ始める。

http://www.npb.or.jp/npb/20120316release.html

中日応援団の暴力団との関係を指摘した最高裁判所判決を受けての行動なのか、NPBが12球団の管理職を集め、暴力団からの不当要求(=不法要求)を拒否するための講習を実施したのだから、中日球団職員は中日応援団との縁を切らなければならなかった。








2013年7月5日

NPB事務局のプロ野球暴力団等排除対策協議会が、

①白龍会と竜心会の応援不許可
②全国中日ドラゴンズ私設応援団連合からの脱退要求
③全国中日ドラゴンズ私設応援団連合の役員人事刷新と活動内容抜本的見直し要求
④上記の①②③については12球団とその球場が連携協力して同様の方針を貫く

の4項目を発表


中日応援団出入り禁止の最高裁判所判決を受けたNPB事務局が、暴力団と関係の深い中日応援団の出入り禁止に関する最後通牒を突きつけたのだから、中日球団職員はこの時点で大至急、球団公式応援団を設立しなければならなかった。








2014年1月27日

http://cdouendanrengou.sakura.ne.jp/20140127NPB.PDF

NPB事務局のプロ野球暴力団等排除対策協議会が、2013年7月5日の②と③の要求を受け入れなかったため、以下の処断を行うと発表

Ⅰ.名古屋白龍会の団体排除 & 竜心会応援不許可 & 12球団がチケット優先販売禁止
Ⅱ.名古屋龍会、ナゴヤドラゴンズ会、ドラゴンズ愛好会、北陸ドラゴンズ応援団、の4団体については応援許可を保留処分
Ⅲ.上記のⅡの4団体の応援許可保留処分はオールスター前までとする
Ⅳ.保留期間中の上記のⅡの4団体へのチケット優先販売をしない

npbchunichioendantsutatsu2.jpg

ついにNPBが2014年の中日応援団の活動禁止を決定、ナゴヤドームは無音状態になってしまった。

これはもはや中日球団職員が球団公式応援団設立を怠った職務怠慢の責任が極めて重大であることは明らかな事実である。

谷繁竜の士気を下げ、ナゴヤドームの観客動員数に深刻な悪影響を与える結果を間違いなく招くであろう、中日球団職員の職務怠慢については、厳しく責任を追及され、処断されなければならない。










2014年2月3日

中日ドラゴンズ私設応援団連合が、NPBからの特別応援許可が出ない旨、株式会社中日ドラゴンズから通知を受けたと発表

http://cdouendanrengou.sakura.ne.jp/
ouendanouenchusituutatsu.gif








2014年2月27日

ナゴヤドームから鳴り物応援が無くなるという深刻な事態を、スポーツ報知が朝刊で暴露報道。
中日新聞も中日スポーツも、鳴り物応援無しの事実を隠蔽していたので、スポーツ報知がマスコミでは初の報道。
Yahoo!トピックスのスポーツカテゴリトップで報じられてしまい、中日球団職員の職務怠慢を世間に幅広く知られてしまう。
さらにスポーツ報知は、「中日球団職員たちがオールスターまでに新応援団を公募する他力本願の方針である」 と報じる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00000256-sph-base

chunichinarimononashiijojitai.png

騒ぎが段々大きくなる・・・(苦笑)・・・。









2014年2月27日

スポーツ報知の朝刊の暴露報道に慌てた中日球団職員が、大慌てで球団ウェブサイトに、応援団の応援許可が下りていないという事実をわかりにくい短文で申し訳程度に掲載。

http://dragons.jp/news/2014/14022701.html

2014年1月27日 に、NPBが、中日球団と中日応援団に対し、暴力団との関係が深い応援団鳴り物応援は禁止、球場にも出入り禁止という、処分をくだしたのに、それからなぜか丸々1ヶ月後の、2014年2月27日に、中日球団ホームページに判りにくい文章でショボショボの言い訳を掲載・・(苦笑)。

この時点で中日新聞も中日スポーツもこの事実について一切報道しておらず、1カ月間この事実を隠蔽していた(怒)。










2014年2月28日

サンスポが、中日球団ホームページに応援団の許可が下りなかった事が載り、ナゴヤドームで鳴り物応援が行われないと報じる。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20140228/dra14022811400001-n1.html

騒ぎが更に大きくなる(苦笑)。








2014年3月1日

サンスポ、ニッカンスポーツ、スポニチ、デイリースポーツ、共同通信、東スポ(中京スポーツ)、朝日新聞が、中日球団職員の怠慢でナゴヤドームの応援が行われない事実を報道

http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-395.html

騒ぎが更に更に大きくなる(苦笑)。








   ↑

以上が、以下に書き連ねてきたブログの内容を、時系列に並べてみたものです。

   ↓


中日新聞社は今すぐ応援団員を公募しドラゴンズ公式応援団を作れ、の件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-356.html

中日新聞社は今すぐ応援団員を公募しドラゴンズ公式応援団を作れ、の件 その2
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-362.html

こうなる事はわかっていたのに・・相変わらず仕事をサボっている中日球団職員のおっさんどもの件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-392.html

白井元帥はこの応援団問題放置事件を利用して仕事をしない中日球団職員のおっさんどもを大粛清してほしい件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-394.html

中日球団職員の職務怠慢によるナゴド無音騒動が広がりを見せている件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-395.html






以上のように、時系列に起きた事を並べてみると、中日球団職員がいかに危機意識ゼロで、ナゴヤドーム応援団問題への対策を打つ機会はいくらでもあったのに、一切何も行わず、職務怠慢で問題を放置してきたのかが、良くわかると思います。


なぜこんな事になってしまったのでしょうか?

考えられる理由は2つで、




理由その1

中日球団職員が、職務怠慢で暴力団応援団問題を放置し続けたから。


理由その2

中日球団職員が、暴力団関係者と癒着関係にあり、読売球団のように球団公式応援団設立に踏み切る事ができないから。





上記の2つの理由のうちの、どちらか一つだと思われます。






NPBが特に問題視しているキモは、



球団が私設応援団に、どんなチケットの販売ルートよりも、早い時期に優先的にチケットを販売し、ダフ屋行為を助長している利権構造関係にあるということ。



にあり、暴力団関係者はこの優先チケット販売が無くなると困る、というものです。


もっとも、ジョイナス高木中日になってからというもの、ナゴヤドームはいつもチケットが売れ残っているような状態でしたから、あまり意味が無いのかもしれませんが。








何のトラブルも怒らず、何の問題も無く高木守道のクビがあっさりと決定したのも、ナゴヤドームのチケットが全然売れないから、なのかもしれませんね。





さて、以上の全ての事実を踏まえて、結論を言いますと、



最高裁判所が、

「暴力団関係者が大勢所属する応援団の球場への出入り禁止と鳴り物を含めた応援活動の全面的な禁止」

という判決を下し、NPB事務局がこの判決を受けて中日応援団の出入り禁止を決定した以上、中日球団職員はこれらの応援団との縁を切り、球団公式応援団の設立を進めなければならない。

千葉マリーンズ球団と読売球団が、球団公式応援団の設立を、短期間でやすやすと成功させたのだから、それを中日球団にできない理由はどこにもない。

保留4球団も、一緒に裁判で敗訴している以上、出入り禁止応援団の影響下にあるというよりはもはや一心同体であるとみなすのが妥当であり、オールスター以後の応援許可を与える行為は、中日球団職員と暴力団との癒着構造が確定したとみなすべきである。

NPB事務局の暴力追放宣言にのっとって、中日球団職員はただちに球団公式応援団を設立しなければならない。

応援歌はノーバディーノーズ(Knowbodyknows)かシーモ(SEAMO)に依頼し、著作権ごと買い取れば、何の問題も無くあっという間に完成する。

団員は読売公式応援団のように20名集めれば簡単にできる。

既存の応援団は全て解散するから、その応援団員が改めて球団公式応援団の団員募集に応募すれば済むだけの話である (要するに球団公式応援団設立とは、暴力団員を取り除いた組織改編というだけのこと)。

鳴り物はJリーグスタイルを取り、太鼓一つあればOK、ラッパは不要。

どうしてもラッパを吹きたい団員がいるのならば、各自で用意。

旗については、中日球団に大量に存在する球団旗をしばらく使っていればもんだいない。

落合GMが8億円もコストカットしてくれたのだから、なんなら球団公式応援団設立に3000万円くらい使っても問題は無いはず。







ということです。

ドラゴンズファンの皆様、仕事をさぼっている中日球団職員に、


「いまだに何のアクションも起こしていない、何の音沙汰も聞こえてこないが、中日球団職員は今すぐに仕事をしろ!」

「サボってばっかりいないで、中日球団職員は今すぐに、ドラゴンズ公式応援団を設立しろ!」



と大声で怒鳴りつけましょう。

はよ仕事せえ!、と。








にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram














関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

66倍返し

鳴り物のない応援は寂しいですし、球場に来たという感じがしませんよね。
落合監督を辞めさせるには凄い労力を発揮するのに応援団設立には躊躇…。

おかしいですよ。
落合博満という超超超超超超一流の野球人がせっかく戻ってきてくれたのに。

ちなみに明日は名古屋ウィメンズマラソンですね。
名古屋の街は盛り上がるんでしょうね!
同じくらいドラゴンズも盛り上がるようなチームになってほしいです。

独特の応援スタイル

ドラゴンズと言えば守り勝つ野球ですから
リリーフ投手や守備固め、他にも代走選手のテーマなどを作成するのが良いと思います
ヒッティングマーチと違い手拍子と太鼓のみで、最近のJPOPを原曲に起用したり、時には跳び跳ねたりするのも良いと思います
ファンも球場に行くのが楽しみになるでしょうし、「ついに俺たちのドラゴンズにも魅力ある独特な応援スタイルが確立されたんだ」と誇りを持てるようになるでしょう
あとダサいアウトコールや選手コールや太鼓の叩き方もやめて、スタメン発表時や選手交代時、ドラゴンズがアウトを取った時に抑えた投手やファインプレーをした選手の名前をサッカーのようにコールするのも良いかもしれません

そういえば…

昨シーズン中頃辺りから突然、外野応援席のチケットが購入し易くなった気が。以前は発売初日から売り切れの事がほとんどでなかったかしら。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

田舎のヤンキーみたいなノリじゃなくて、
強くて格好い良いものになることを望む。

まだこれなら…

どうせなら、楽天の本拠地「コボスタ」のように、ナゴヤドームも鳴り物禁止にしてみては?
というか、他チームのファンの鳴り物はOKで、自チームのファンの鳴り物をなくす理由が全く説明できていない中日球団とナゴヤドームの対応にはホント呆れる。

No title

うーんと
こういうときこそ、GMの出番ではないでしょうか?
キャンプで指導することはコーチでもできますが
営業部の怠慢なら、それこそ直々に乗りこんで訴えないと進行しないと思いますよ

今の中日グループは球団経営がまともにできない組織なのか?

管理人様は応援団の不在が放置されている問題で、考えられる理由を二つ挙げられ、どちらか一つだと言われていますが、ぶっちゃけ両方ともなんじゃないですかねぇ・・・。

現時点で中日グループがプロ野球球団を経営できる組織・団体なのか、非常に怪しくなってきました。

No title

>こういうときこそ、GMの出番ではないでしょうか?

GMの出番であるとの根拠は?
この手のことは、親会社、球団のトップの仕事でしょ?
管理人氏が言われているように、仕事をしない球団職員を更迭して欲しいですね。(特に天下り組)
ベイスターズからコーチが何人か来たけど、ファンサービスやFCに関わるスタッフをヘッドハントすれば良かったね。

Re: No title

> >こういうときこそ、GMの出番ではないでしょうか?
>
> GMの出番であるとの根拠は?
> この手のことは、親会社、球団のトップの仕事でしょ?
> 管理人氏が言われているように、仕事をしない球団職員を更迭して欲しいですね。(特に天下り組)
> ベイスターズからコーチが何人か来たけど、ファンサービスやFCに関わるスタッフをヘッドハントすれば良かったね。



たしかにそうですね。
GM(ゼネラルマネージャー)は現場の仕事であって、営業はノータッチですから。
これは球団社長の仕事であって、GMがここに口出しをし始めたら球団社長の立場がないです。
それこそ、またマスゴミが、
「落合GMが越権行為」
だのなんだのと騒ぎ出すでしょうね。
営業は、球団社長と球団職員の仕事です。

市民球団にしたほうが良い

カープのような市民球団にすればファンサービスを含めて球団の営業力、発信力が増すのではないでしょうか?

中日ファンが募金などで資金を集めて、市民球団にしましょう

No title

ロッテの応援団は,厳密には著作権は関係ありませんよ。

ビジターの寂しさは半端ないです

年に1回か2回ぐらいしか球場に行かない東京のファンですが、

この前の神宮球場は寂しかったですよ。。

なんで鳴り物の応援がないのかなぁと思いましたが、こういう経緯だったのですね・・・

やっぱり
ドラゴンズは好きですけど、中日新聞は嫌いです。
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。