スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大島康徳のバレバレの大嘘で、無能中日OBの一人だったことが判明した件



















落合竜に入れない中日OBってのはやっぱり無能でバカすぎるなー、っていう大島康徳のブログを発見しました。



oshimayasunori.jpg



中日キャンプ

http://ohshima-yasunori.at.webry.info/201402/article_4.html

2014/02/12

今日もお天気が今ひとつでしたが中日キャンプを取材しました。

…うん?
いつもの中日キャンプと雰囲気が違うぞ…

キャンプを見始めて、まず感じた印象がこれでした。

お天気のせいだったのかもしれません。

今日はたまたまそうだったのかもしれません。

しかしながら良く言えば、ゆったりめの、各々での調整
おだやかな空気の中でのキャンプ。

悪く言えば覇気を感じられない雰囲気を感じてしまいました。

いつもなら
「さすが! 強いチームのキャンプをしている」
というものを感じたものですが…

今年の中日投手陣には昨年までの迫力は感じられませんでしたし

野手陣は逆に「今年の野手陣はここが違うぞ」といったものが欲しかったのですが、そこに変化は感じられませんでしたし。

う~ん…ちょっと…今年も厳しいかもしれません。

とにかく、今回は今まで見たことのない中日キャンプを見たような気がして、ちょっと驚いています。

今回のキャンプ訪問
中日OBという立場ではなく客観的な視点で見ることを心がけました。

なので選手やベンチの皆さんとはほとんど話をしていません。

唯一、挨拶程度の会話を交わしたのが新加入のガッツです。
元気そうでしたよ。

中日への移籍を決めた時も大島に連絡をくれたガッツ。
あえて言葉で表現することは少ないですが彼のことは常に気にして見ている大島です。

「似たもの同士」を認め合っている仲なので、お互い「気持ちは分かっている」つもりです。

と、大島は勝手に思っています。

頑張れ、ガッツ!









大島康徳から見ると、今年のドラゴンズの沖縄北谷キャンプは、昨年のジョイナス高木中日のグダグダキャンプよりも、覇気を感じられない雰囲気だったんだそうです(笑)。

谷繁竜のキャンプ、いったいどこをどう見たら、昨年よりも覇気が無いというのでしょうか?

どの記事を見ても、どの評論家の意見を読んでも、全ての意見はただ一つ、それは、

「2014年のドラゴンズのキャンプは、昨年とは打って変わって練習量も練習時間も格段にアップした。」

「高木竜とは違って、谷繁竜のキャンプは緊張感に満ち溢れている。」

という評価で統一されています。


覇気を感じられない雰囲気なんて、初めて聞きました。

いったいどこをどう見たら、覇気を感じられない雰囲気という判断になるのでしょうか?

大島康徳、本物のバカだと思います。

それでなくてもたびたび炎上を繰り返す大島康徳のバカブログですが、本当にひどい内容だと思います。


「落合竜に入れなかった中日OBは、全員バカで無能である。」

という事実を、明確に証明することができる本当にしょうもないアホでバカな内容です。


ドラゴンズファンの皆さん、中日OBには敬意を払っても、バカで無能な中日OBは絶対に現場に戻してはなりません。

ドラゴンズの選手にも悪影響ですし。


大島康徳の大嘘をくつがえす、世間一般の記事を見てみましょう。

    ↓



【中日好き】ドラゴンズ、地獄のキャンプで見えた光明

http://www.jsports.co.jp/press/article/N2014022011352701.html

ライトへの見事なヒットを打った平田選手

2014年02月20日

ドラゴンズのキャンプにやってきた。
先に沖縄入りした友人の記者によると、「地獄のキャンプが復活した」とのことだったが、確かに復活していた。
球場での練習が終わった16時過ぎからは、若手に混じって監督も室内練習場に移動して、更に1時間ほどみっちりと汗を流していた。
監督が率先して汗を流す姿を見せつけられては、若手だけではなくチーム全体として背筋が伸びるはずだ。

とある他球団の関係者はこうしたドラゴンズの練習量に舌を巻いていた。
「いろんな球団のキャンプを見てきたけど、今年のドラゴンズほど練習量が多く、なおかつ中身の濃い練習を行っている球団は他にはない」
と。

昨年、一昨年とドラゴンズのキャンプを取材したのだが、どこか気が抜けていた感は否めない。
笑いながら練習をする者、冗談を言いながらグランドを走る者もいたが、今年のドラゴンズにはそんな姿はない。
ただあるのは汗まみれ、泥まみれで練習に取り組む選手たちの姿だ。
投手陣はやや厳しいと言われるが、記者や他球団関係者たちの間では打線の好調ぶりはピカイチと言われている。
懐かしい「強竜打線」の復活も夢ではない。

練習試合も始まり、ジャイアンツや韓国の球団を相手に好成績を残してきた谷繁ドラゴンズ。
さて、どのような試合をするのかと楽しみで東京ヤクルトとの練習試合を取材した。
小川、又吉、濱田などの若手が2イニング程度登板したのだが、三者凡退は1回のみ。
好調と言われる打線も雨空よろしく湿り気味だった。
試合終了後、デニー友利コーチと谷繁監督の話を聞いたのだが、二人とも内容が悪かったことは認めたが、それはいずれも経験不足によるものだとして、特に気に止めた様子はなかった。

そして、驚いたのは試合終了後のことだ。
内野練習場に移動してさらに練習が続いたのである。
野手陣主体の居残り練習だったのだが、それぞれが練習試合で見つけた問題点を克服するように個々別々のメニューをこなしていた。
何が悪くて、どこを直すかを明確に炙り出して修正していくのが谷繁野球なのでは……と感じた。
また、その谷繁野球を支えているのはクレバーなコーチ陣であるとも。

例えば、先日、居残り練習で波留コーチが付きっきりで指導をしていた平田選手。
その日のフリー打撃ではセンターから右方向を徹底して意識したバッティングを行う姿からは、あと少しで新たな境地に達するのでは……と感じさせるものであった。

また、谷選手も気になる存在だった。
苛烈なショートのポジション争いは高橋周平選手が一歩リードと言われているが、谷選手の課題であった打撃が昨年よりも格段に良くなっているように思えた。
フリー打撃でもシャープな打球が印象に残った。
今年は文字通り背水の陣となる谷選手。
熱い思いはひしひしと伝わった。

また、現地でエルナンデス選手のインタビューにも立ち会うことができた。
ショートというポジションに対する熱い思い、変化球主体の日本野球への戸惑いなどを存分に語ってくれた。
その模様はJ SPORTSのキャンプリポートでぜひ見て欲しい。




谷繁ドラゴンズ“地獄の沖縄キャンプ”リポート

http://nikkan-spa.jp/592629

選手交代を告げる谷繁監督。ファンはその手腕を一日も早く見たいと願っている。

日刊SPA!
2014年02月21日

落合GM-谷繁プレーイングマネージャー体制となり、古田敦也氏以来、実に6年ぶりの選手兼任監督が誕生した中日ドラゴンズ。
その手腕には中日ファンだけでなく、球界全体が注目をしていると言っても過言ではない。
では、気になる谷繁元信監督の手腕はいかがなものか?
現地、沖縄に飛んだ。

「落合さんの頃と一緒。地獄のキャンプが復活したよ」

と語るのは名古屋の某新聞記者。
6勤1休という落合監督の頃と同じ練習スケジュールを組み、練習量も増加しているという。
筆者も昨年、一昨年とドラゴンズのキャンプは見たのだが、明らかに雰囲気が違う。
ヘラヘラしている若手は皆無。
白球を追いかける選手たちの姿はがむしゃらに、そしてひたむきに野球に取り組む高校球児を連想してしまうほど。

「べんちゃん(和田選手)なんか10kgも減量してキャンプインしてるしね。ベテランもかなりやる気になってるよ」

実際、練習を見ているとかなりベテランの動きがよい。
こうした背景にはやはり谷繁監督の存在が大きいという。

「監督といえども選手。だから練習もする。しかも練習が終わる16時過ぎに室内練習場に移動して居残り練習もするくらい。監督が練習やってんのに帰れますか、若手が」

昨年、週刊SPA!では谷繁監督にインタビューを行っていたのだが、その際、監督は一人のベテラン選手として中日の若手に苦言を呈していた。

「野球に対する姿勢がね……」

ぼそりとこぼした一言からは、野球ができるという恵まれた環境にいながらそれを活用しきれないでいる若手選手に対するやりきれない思いがあった。
今は監督である。その思いを伝えることは監督の言葉であり、一挙手一投足だ。
若手をうまく競争させ、ベテラン陣の奮起を促すことに成功したといえよう。

「バックアップしてくれる落合さんの存在もでかいと思う。
谷繁元信監督誕生の立役者なわけだしね。
キャンプイン当初は野球の虫がうずいたのか指導していたけど、今はじっと見守っている感じ。
落合GMばかりに目が行きがちだけど、森コーチと二軍の佐伯監督の存在も大きい。
森コーチはゴメスやエルナンデス、ルナといったドミニカンたちから絶大な支持を受けており、日本のお父さんのような存在になっている。
面倒見がいいだけではなく、サボると平気で二軍に行かせてしまうから外国人枠の争いも熾烈になっている。
そして佐伯監督。高木監督時代に入団した若手は今、読谷で血反吐を吐く思いで練習してるはずだよ」

実際、読谷の二軍も取材したのだが、一軍とは違った張りつめた空気の中、黙々と選手たちは練習に打ち込んでいた。
こうした姿をあるセリーグの球団OBは視察して舌を巻いた。

「高木さんの時と比べて明らかに質も量も増えている。
シゲ(谷繁)はまだ選手兼任だし、高木さんの時にぐっちゃぐちゃになった戦力を整えるのに2年はかかると思う。
でも、あの二軍の練習を見たら、今年よりも来年、来年よりも再来年に出てくる若手は脅威になると思う」

どうやら、順調にタネは蒔かれているようだ。
では、実際に今年はどうなっていくのだろうか?
在京スポーツ紙のデスクに聞いた。

「投手陣の台所事情は正直、厳しい。高校ビッグ3と言われながらも燻っている濱田ともう一人くらい一本立ちしてくれる投手がほしい。
エース吉見の復活が6月と言われているので、それまでは辛抱の野球になるだろう。
ただ、野手陣の打線がすこぶるよい。
高橋周平なんかは一回りも体が大きくなり、下半身が安定したスウィングを体得しているし、右打ちを徹底的にものにしようとしている平田なんかも調子がいい。
一発が出にくい球場だから、ホームランを量産とは言えないけど、1998年に優勝した横浜みたいなマシンガン打線も夢じゃないかもしれない」

さらにデスクは続ける。

「セリーグは巨人が頭二つくらい抜けてて、広島は投手力が充実の一途で去年並のパフォーマンスはできるはず。
残るは阪神、そして横浜、ヤクルトになるけど、ヤクルトはかなり厳しいんじゃないかな。
1強1弱4中堅とでもいう形になりそう。
いや、ヘタすると広島もグダグダで1強5弱にもなりかねない。
そうなると中日のCS出場もまんざらない話ではない」

肝心の采配はまだまだ練習試合を3試合こなしたのみなので、何とも言えない。
だが、落合監督のような守り勝つ野球一辺倒ではないようだ。
谷繁監督の監督としての手腕には、オープン戦を通して注目が集まっていくだろう。

<取材・文・撮影/SPA!プロ野球キャンプリポート班>





    ↑

これが谷繁竜のキャンプに対する世間一般の評価です。


そもそも秋期キャンプの段階で、谷繁竜は一気に雰囲気が変わったというのに、春季北谷キャンプで大島康徳は一体何を見ていたのか?不思議でしょうがありません。

    ↓



雰囲気ガラリ!緊張感に溢れた谷繁ドラゴンズ初練習

http://nikkan-spa.jp/522325

谷繁新監督の挨拶を聞くナインたち。右は落合博満GM

2013.10.16 スポーツ

台風26号の影響で今にも降りだしそうな空模様だった15日、谷繁元信新監督、落合博満新GMと、ドラゴンズナインの初顔合わせがナゴヤ球場で行われた。

午前9時50分過ぎ。
ユニフォーム姿の谷繁監督が、スーツ姿の落合GM、ヘッドコーチに就任予定の森繁和氏を従えて、グラウンドに登場した。

宮崎でフェニックスリーグを戦っている若手を除く、およそ60名の選手スタッフを前に谷繁監督は
「(今季は4位に終わったが)このチームは決して弱いとは思わない。全員で、とにかく勝つ野球を目指そう」
と就任後、初めての肉声をナインに届けた。

その後、谷繁、落合、森の3氏はグラウンドに隣接する合宿所に戻ると、午後2時過ぎまでおよそ4時間の“首脳会談”に突入。
「ここまでやることが多いとは、正直、思わなかった(苦笑)」
と谷繁監督がこぼす中、着々と組閣作りは進んだようだった。

「就任会見の時は(緊張して)ヤバかったからね。今日は(番記者など)知った顔ばかりだから、大丈夫」
となじみのユニフォーム姿で安堵の表情を浮かべた谷繁監督が、厳しい表情に一変したのは、ある記者からの質問の直後だった。

記者:選手たちの多くが『久しぶりにグラウンドがピリっと締まった空気になって、ここ2年間なかった雰囲気でした』と語っていましたが……。

谷繁:それだからダメなんですよ!僕から言わせれば、誰が(GMや監督を)やっても同じ姿勢でなければ。我々はプロなんだから。

「宮崎(若手の視察)には19日に行きます。できれば19、20日と2試合観たい。選手たちがどんな顔、いや、どんな「眼」をして野球をやっているのか、ね。秋季練習は11月1日から。今はまだ言えませんが、その時には(新コーチ陣などは)発表できると思います」
と再び和やかに語った谷繁監督。

ドラゴンズ移籍12年目にして、初のBクラスに甘んじた今季の悔しさは、谷繁監督が誰よりも強く感じていることだろう。
監督就任直前に直撃した独占インタビュー記事は、只今発売中の週刊SPA!(週刊SPA!10/15・22合併号)「エッジな人々」に掲載中。
誰よりも「勝ち」にこだわる谷繁監督率いるドラゴンズを、SPA!は応援します。

<取材・文・撮影/小島克典(スポーツカルチャー研究所)>







読売球団もそんな谷繁竜に警戒感アリアリでしたし、

    ↓



巨人 落合GM―谷繁監督の新生中日に警戒感

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/12/22/kiji/K20131222007246550.html

巨人が落合博満GM―谷繁新監督のもと再建を図る来季の中日への警戒感を強めた。

「監督が代われば野球も変わる。谷繁監督になってどういう野球をやるかはしっかり見ていかないと」
と橋上打撃コーチ。
戦略コーチから役職が変わったが、引き続き他球団の分析を担当。
セ・リーグで唯一、新監督が率いる中日の分析を最優先に挙げた。
同コーチは
「オープン戦の最後の10ないし5試合くらいがシーズンの戦い方になる。その辺をしっかり見ていきたい」
と話した。
[2013年12月22日]







落合GMも谷繁監督も超多忙の中、必死に頑張っているのに、

    ↓



練習して、選手見て、落合GMとも…谷繁兼任監督の超多忙

http://gendai.net/articles/view/sports/147871

2014年2月10日

練習中に笑顔を見せる谷繁監督

「自分の中での選手と監督の割合?場面場面で変わるけど、半分半分くらいかな」
 第2クール最終日(9日)、中日の谷繁兼任監督(43)がこう言った。

激務であるのは言うまでもない。
キャンプ初日から、選手としては他の選手と一緒にほぼフルメニュー。
前日8日には初めてフリー打撃を行い、その後は室内で特打もやった。
「ここまで調整は順調にきている」
と言う選手谷繁は、昨年までならそうやって自分のことだけを考えていればよかった。
今年からはもちろん、そうはいかない。

「普段から自身の練習の合間に、選手の動きをチェックして目を光らせています。
キャンプ初日、ブルペンでドラフト2位の又吉(四国IL)のボールを受けた際には、プレートの立ち位置について、『両端を使え』とアドバイス。
気になることがあれば、選手に直接、声をかけることもある。
少なくとも、高木監督時代よりも選手は緊張感を持って練習に励んでいます。
この日もランニングのメニューの際に、平田に『しっかり腕を振って走れ』とアドバイスを送っていたし、巨人からFA移籍した小笠原にも、『あまり飛ばしすぎるなよ』と声をかけていた」
(チーム関係者)

この日のシート打撃では「谷繁色」を色濃く出した。
通常、カウント1―1の状況で行うことが多いが、
「なんで1―1でやるのかボクにはわからない」
と、この日は2ボール1ストライクに設定。
「投手としたら、どうやって2ストライク目を取るか。ボールを投げて、3―1になったときどう粘れるか。打者は有利なカウントでどれだけ球を絞ってスイングできるか」
と意図を説明した。

さらに、落合GMとも普段から密に連携を取っていて、1日に1回は話し合いをするという。
一軍が休日だった4日は落合GMと2人で二軍を視察。
コーチ陣とも随時、グラウンドで話し合うなど、頻繁にコミュニケーションを図っている。

監督になり、練習後の囲み取材に加えて、1日1本程度といわれるテレビや新聞などの取材をこなしている。
朝9時に宿舎を出て、帰りは夜6時を過ぎることもザラだが、監督付の山田広報が
「睡眠時間が削られたり、という状況もないと思う。今のところは昨年までと(生活に)変わりないと思います」
と話しているように、ここまで谷繁兼任監督は順調に滑り出している。







世間一般の評価は、谷繁竜は地獄キャンプ、落合GMも谷繁監督も精力的に動き回り、読売の原辰則は焦りまくり、ジョイナス高木中日のキャンプはユルユルのグダグダだったね、というものです。


それなのに、大島康徳はなぜ全くの真逆の大嘘をブログに書いたのでしょうか?

しかも根拠なしに一言だけ。


大島康徳はNHKで解説もやっているはずなのに、なぜこのように堂々と大嘘を書いたのでしょうか?

あるいは、これが大嘘ではないとすれば、大島康徳は全く野球を見る目が無いということです。


・・まあそんなワケないですよね。

昨年のジョイナス高木中日のグダグダキャンプの方が緊張感があるとか、バレバレの見えすいた大嘘を突く大島康徳、所詮は四流中日OBと、悪い意味で横のつながりを持っているだけの無能ジジイであるということが明らかになりました。

所詮はこの程度、四流中日OBの実体を見るような、大島康徳のクズブログでした。

NHKの解説者をやっているからといって、有能とは限らない、無能中日OBをドラゴンズの選手に近付けてはならない、この鉄則を改めて思い知る、大島康徳のクズブログでした。



最後に一言。


大島康徳よ、お前もか!


oshimayasunori2.jpg








にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram




















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

66倍返し

大島のクソじじいはブログやってたんですね!
名球会の選手がこうも見る目が無いとは…。

ガッツ頑張れ!とか言う前にまずは目ん玉を何とかしろ。

迷球会の間違いかな…(笑)

そう考えると、名球会に入らずに独自の道を貫く落合博満という超超超超超超一流の野球人が素晴らしく誇りに思います。

大島なんて落合GMの足下にも及びません。

初めまして

大島さんのブログは時々読まさせて戴いてまして、、、、擁護する訳でも何でも無いのですが、前落合政権の時にも結構ドラ寄りの愛のある内容が多かった気がします(あッ日ハムにも)。。。が…落合GM発表後にOB会だかでゴルフ旅行だか温泉旅行だかに行かれたブログがありその後が殆どドラネタに触れて無かった様な気がします。
(あやふやでスミマセン)
自分的には少し淋しかったのですが、世話になった先輩方に残り少ない人生の方々でも居るのかなぁ???(妄想ですが)なんて思ってみたりもします。

最近大島さんのその様なブログでの表現もあるかも知れませんが(いや真相は分かりませんが、笑)、結構以前は落合さんアゲアゲでしたよ。

しかし好感持って読ませて戴いてたのでちょいと残念ですね。

OBさん達に素直に認めさせる勝利を願いつつ応援します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

エントリーとは無関係なコメントですが、ご容赦ください。

【中日】ナゴヤDの鳴り物応援が消える!最低でも前半戦
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20140226-OHT1T00256.htm

ちょっと動きが遅いかなと思うし、後追い報道や中スポや球団HPでの告知がないので、どうなるかはわからんですね。
東京や大阪にも支部(在住者でもいいかな?)が出来ることを希望。
あと、既存の組織の解散も必要でしょうね。


No title

ドラゴンズニュース
http://dragons.jp/news/2014/14022701.html

【中日】ナゴヤDの鳴り物応援が消える!最低でも前半戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00000256-sph-base

公式にも告知が出ていましたが、公設応援団の募集要項は出ていませんね。

解説者としての大島は高評価だけどな~
中日のことを悪く言うとバッサリですね

嘘を書いてるからバッサリ行ってるだけでしょ
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。