スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小笠原選手は和田選手くらいの活躍をしてくれるんじゃないかと期待してしまう件 その2

















http://youtu.be/gew-00yYwO8



移籍1号!40歳の中日・ガッツ、フルスイングで弾丸ライナー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140303-00000025-sanspo-base

ogasawarangd15.jpg
二回、移籍後1号を放った小笠原

(オープン戦、中日3-5DeNA、2日、ナゴヤドーム)中日・小笠原道大内野手(40)が2日、DeNAとのオープン戦(ナゴヤドーム)に「7番・DH」で先発。
右翼席に弾丸ライナーで飛び込むオープン戦1号を放ち、復活を印象づけた。
二回の先頭打者で小笠原が打席に入る。
モスコーソのチェンジアップにも体勢は崩れない。
ためを作って低い姿勢のまま、フルスイング。打球は弾丸ライナーで右翼席に飛び込んだ。
飛距離120メートル。
卓越した技術とパワーを名古屋のファンに見せつけた。

「感触は悪くはなかった。(本塁打は)久しく打ってなかったのでよかった」

価値あるオープン戦第1号にも、ニコリともせず、ダイヤモンドを一周。
サムライの風格が漂っていた。
巨人に所属していた昨季の春季キャンプでは、フリー打撃で左人さし指を負傷。
開幕は2軍で迎えることになった。
不遇をかこった昨シーズンと比較し

「十分です。高望みはしません」

と本音を吐き出した。
充実感がにじみ出ていた。
一塁を森野、ゴメスと争う。
谷繁監督は小笠原について

「調整の段階で結果が出たということは、よかったんじゃないですか?」

と評価した。

「これからは大きなけがをせず、体調を整えていきたい」

と手応えを口にした小笠原。
2年ぶりの開幕スタメンへ視界は良好だ。




ガッツ名刺代わり弾だ!ナゴヤ1号「悪い気はしない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140303-00000051-spnannex-base

ogasawarangd14.jpg
<中・横>2回・小笠原は右越えソロ本塁打

◇オープン戦 中日3―5DeNA(2014年3月2日 ナゴヤドーム)

本拠地で名刺代わりの一発を披露した。
巨人から移籍した中日の小笠原が本塁打を放った。
中日のユニホームを着て初めてナゴヤドームのダイヤモンドを1周し

「オープン戦とはいえ悪い気はしないね。ファンに見せられたのは良かった」

と表情を緩めた。
2回の第1打席、2球で追い込まれたがベテランは動じない。
5球目。DeNA・モスコーソが投じた高めに浮いた外角寄りのスライダーを逃さず強振すると、乾いた音を残して打球は右翼スタンドへ飛び込んだ。
昨季はわずか1本塁打。
しかし、今春キャンプでは21日のシート打撃で岩瀬から移籍1号。
そしてオープン戦1号と結果を出し続けている。
それでも

「まだまだ悪いところはある。しっかりすり合わせないと」

と満足することはない。
見据える先は開幕。

「これからが大事。できることは決まっている。一つ一つ消化していければいい」

と言葉に力を込めた。




【中日】ガッツ“竜1号”270日ぶり快音に「悪い気しない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140302-00000216-sph-base

ogasawarangd16.jpg
2回無死、小笠原は右越えソロ本塁打を放った

◆オープン戦 中日3―5DeNA(2日・ナゴヤドーム)

獣のような視線で白球を見つめ、鋭く振り抜いた。
2回先頭。
2ストライクからの3球目。
小笠原がモスコーソの外角変化球を強振すると、打球は竜党で埋まる右翼席中段に着弾した。
オープン戦4試合目で移籍初アーチ。
中日のユニホームを着て初めてダイヤモンドを1周。

「オープン戦とはいえ悪い気はしない。ファンに見せられたのは良かった」

尾張の歓声に表情を緩めた。
巨人時代の昨年6月5日、日本ハム戦(東京D)で延長11回にサヨナラ3ランを放ち、お立ち台で「思い出しました」と叫んで以来、270日ぶりとなる対外試合での一発。
この日はDHとして出場したが、一塁の定位置は森野、ゴメスと争う激戦区だ。
谷繁監督は
「みんなにチャンスがある」
としながらも
「調整の段階で結果が出たのは良かった」
と、40歳の順調な仕上がりに目を細めた。
キャンプイン前日。
裏方全員に缶ビールを1ケースずつ振る舞った。
気配りを見せ、チームの輪に溶け込んだ。そんなガッツに1歳上の41歳・和田が練習ではキャッチボールの相手を務め、ナゴヤDのロッカーも隣にした。
公私でのアドバイスも惜しまず
「年の近いヤツが集まるんじゃないの」
(和田)
と、さりげない心遣いで支えている。
キャンプ地の沖縄では
「(まだらに)日焼けしたらイヤだから」
と、そっていたヒゲを再び蓄え始めたガッツ。
「できることは限られている。ひとつひとつ消化していきたい」
新天地での復活へ、ピッチを上げていく。




小笠原、竜党にあいさつ代わりの初弾「ファンから認められるように」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140303-00000011-dal-base

ogasawarangd17.jpg
2回、本塁打を放ち長嶋コーチに迎えられる小笠原

「オープン戦、中日3-5DeNA」(2日、ナゴド)

体全体を使ったこん身のフルスイングがさく裂した。
先頭で迎えた二回の初打席。
中日・小笠原はカウント2‐2から、モスコーソのスライダーを捉えた。

「悪くなかった。打球が飛ぶ飛ばないではなく、良い感触で打てた」

描かれた放物線は、巨人時代に幾度となく泣かせてきた竜党で埋まる右翼席へ。
あいさつ代わりの一撃に、球場全体が揺れた。
大歓声をバックに淡々とダイヤモンドを一周。

「ファンの方々に良いところを見せられたのはよかった」

オープン戦本拠地初戦となった1日に続いて「7番・DH」で先発出場。
打席に立つたびに大きな声援に包まれた。

「ドラゴンズファンから認められるように頑張りたい」

とさらなる活躍を誓う。





ogasawarangd1.jpg
ogasawarangd2.jpg
ogasawarangd3.jpg
ogasawarangd4.jpg
ogasawarangd5.jpg
ogasawarangd6.jpg
ogasawarangd7.jpg
ogasawarangd9.jpg
ogasawarangd10.jpg
ogasawarangd11.jpg
ogasawarangd12.jpg
ogasawarangd13.jpg






完璧な始動のタイミング、きっちりと作られた壁、決して力任せのフルスイングなどではなく、しかし遅れて素早く出てくるバット、強い柔らかいリスト、バットにボールを乗せる技術、打球に回転をかける技術、どれも完璧なのではないでしょうか。

ヘッドスピードに頼ったホームランではない、というところに、小笠原選手のすごみを感じました。

小笠原選手のヘッドスピードに頼らないホームランの打撃フォームから、若干の前田智徳臭を感じます。




それにしても、この選手は本当に3年間も読売でエラい目にあわされてきた選手なのでしょうか?

全く信じがたい、すばらしいホームランです。

全盛期よりも打撃技術が向上しているようにも見えます。

力任せの魂のフルスイング、というよりは、考え抜かれた技術に基づいたホームラン、という感じがします。


ドラゴンズはとてつもない選手を獲得したのではないでしょうか?

ドラゴンズはとてつもない補強に成功したのではないでしょうか?

左打者の和田さんが、もう一人増えたのではないか、と思ってしまいました。

落合GMがいなかったら、小笠原選手はドラゴンズには来ませんでしたので、これはまさに落合GMの人望と人徳のおかげによる補強といえるでしょう。


これで、ヒザボロのルナがいつ離脱しても大丈夫・・・っていうか、ルナと森野選手のレギュラーが危うくなってきそうな感じすらする、ものすごいホームランでした。


・・かえすがえすも、本当にこの人、読売で3年間も2軍でひどい目にあわされてきた選手なんですか?と思います。




小笠原選手って、スイング後半に左膝が地面につきそうになるのは何でなんだろう?と思っていたのですが、壁を作った後バットで球を押し込むような意識で体重移動を上手く活かしたい、という打撃意識があるからなのかなと思いました。


ogasawaracdh.jpg


ホークスの松中選手や小久保選手、読売の阿部選手が、詰まった球を押し込む意識の方が球は飛ぶし、ホームランになりやすい、と昔のスポーツ番組、「ナンだ?」で証言していたような記憶がありますが、そんな感じなのかもしれませんね。








小笠原選手は、読売で天国と地獄を味わい尽くし、とくに後半3年間はエラい目にあわされ、地獄をみてきました。

その間にも不断の努力を欠かさず、現在の境地にたどりついたのかもしれません。

年齢的に、昔のようなフルスイング打法はもう無理なので、別の視点で進化を遂げてきたのではないでしょうか?

そしてそこに落合打撃技術指導が加味され、北谷で最終的に仕上げた結果、小笠原選手の新打撃技術は完成したのかもしれません。


オープン戦の小笠原選手の第1号を見て、そんなことを感じました。









中日・小笠原道大が振り返る「天国と地獄」の巨人時代

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140302-00000006-nkgendai-base

ogasawarai.jpg
中日に移籍

巨人からFA宣言し、自身3球団目となる中日に移籍。
07年から4年連続で打率3割、30本塁打を達成した巨人ではしかし、11年からの3年間はドン底を経験した。
昨季はわずか22試合出場で、打率.250、1本塁打、8打点に終わった。

連日、特打で神経を研ぎ澄まして振り込む。
21日のシート打撃では岩瀬から本塁打を放ち、23日のオープン戦でも安打を放った。
かつての姿を取り戻すべく汗をかく小笠原に、巨人時代のことを中心に話を聞いた。


■打てない、使われないで辛酸をなめたが

――巨人からFA宣言し、中日に移籍した最大の理由は何だったのですか?

「入団会見で言ったことが全てですね。
もう一度自分を見つめ直す上で、慣れた環境でやるか、厳しい道にあえて行くかを考えて。
選手としてプレーするのはもちろん大事だけど、環境を変えて、視野を広げられたらと。
野球もそうだし、もっと多くの人たちと接したり。
まあ、もうあの時のことはうろ覚えになってますけどね(笑い)」

――巨人の最初の4年間は大活躍で「巨人の救世主」といわれた。それに比べると、ここ3年間は最悪だったのではないですか?

「プレーヤーとすれば、一軍でプレーできていないのは最悪だと思うでしょう。
でも、自分にとっては最高の3年間だった。
自分じゃなきゃ、あの3年は経験できないわけですから。
それが今後に生きるわけだし、それを知らないでやめていく選手はたくさんいるわけです。
すごい貴重な、最高の経験だったと思っています」

――統一球が11年から導入され、それとともに成績が落ちた。「統一球に対応できていない」などという声もありました。どう受け止めていた?

「それはね、否定も肯定もしない。
現実を見れば、少なからずその影響もあったと思うし、一概にそればかりでもない。
いろんなことが重なった結果でそうなって、逆に今があるということなので。
そういう意味では、そういうことがあったから先が見えてくるし、自分の幅が広がったと思う。
真摯に受け止めて、少しでも成長できたらと思っています」

――昨季6月、代打で2年ぶりに本塁打を打った。何か打撃で掴んだものはありましたか?

「あれねぇ……(笑い)。
自分が取り組んできたことがあって、結果も必要な部分があるから、そういう意味ではプラスですけど、思うようにいかない部分もあるわけで。
一軍でプレーしたいのはあったけれど、やりたいことは進んでいるというのはありましたので、そういう意味では、下を向くことはなかったですね」

――常に前を向いていたと。

「平常というか、普通でした。
みんなが思っているほどはね。
一日一日が充実しているというか、目的意識を持ってやっているので。
一進一退もあるけれど、繰り返す中で少しずつ進んでいけたらと。
まあ、試合ができたらよかったんだけど、なかなかうまくいかない部分があるので。
そこは仕方ないと、割り切ってやっていましたから」

■「もうダメなんじゃないか」という声には…

――最後の3年間はチャンスが少なかった。「何で小笠原を使わないの?」という声もあった。

「それはね、打てないから仕方がない(笑い)。
周りがいろいろと言うことがあっても、自分の責任として、しっかり受け止めていました。
自分の中で違った形の感情が出てくるんであれば、違った方向に行ってしまうかもしれない。
でも、そういうことはまず、なかった。
だから平常という。
まあ、いろんなことを考える3年間だった。
財産ですね。みんながわかんないことを経験できたわけですから」

――正直、何でここまで成績が変わるのかと、不思議でした。

「そうなるから、面白いんですよ(笑い)」

――中日に移籍して、周りには「まだできる」という声、一方で「もうダメなんじゃないか」という声もある。

「これはね、やってみないとわからない。
今、北谷の地でキャンプをやっているので、しっかり鍛えて少しでも力になれるようにしたい。
1年間プレーして、谷繁監督を胴上げする輪の中にいたいですね。
それができれば自分もうれしいし、みんなが喜んでくれると思っています」






ogasawarand2.jpg



中日・小笠原道大が新天地でも続けている“儀式”

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140303-00010002-fullcount-base

大きな自信となる一発を放った小笠原

FA移籍で中日に入団した小笠原道大内野手が2日の横浜DeNAのオープン戦で、モスコーソ投手から広いナゴヤドームの右翼席にホームランを放った。
チェンジアップに食らいつき、フルスイング。
「感触は悪くなかったですね」
オープン戦といえども、昨シーズン1本しか本塁打のなかったベテランにとっては大きな自信になる一発となった。

そんなガッツは、新天地でも受け入れられているようだ。
クールな侍のイメージが強いが、中日関係者は
「練習中はもの静かだが、話しているときはとても明るい方です」
と話す。
視野が広く、気配りができると評判はいい。

昨年まで在籍していた巨人でもやっていたそうだが、小笠原はキャンプイン前日、大量のビールを箱で買い込んでくるという。
自分で飲むわけではない。
これからお世話になる打撃投手や、練習のサポートをしてもらうブルペン捕手、マネージャーらの部屋を1つ1つまわって、ビールを1ケース届ける。
「これからよろしくお願いします」
と。
お酒を飲まない人のことも考え、ソフトドリンクなども用意しているという。
キャンプ中は、その裏方を食事に招待することも忘れない。
一緒に戦っていこうという気持ちの表れなのだろう。
今季、再スタートを切る40歳は新天地にどのような影響をもたらすのか。
チームとともに復活していく姿を期待したい。




ogasawarand4.jpg


ようこそ小笠原選手。

落合GMを慕って、よくドラゴンズに来てくれました、感謝します。

落合GMとともに更に打撃技術を高レベルに仕上げ、野球を見る目のない読売の連中をギャフンと言わせる大活躍を期待しています。







にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

山崎とはえらいちがい

謙虚で静かなるサムライ。
黙々と打撃技術向上を目指す職人。

山崎のようにライバルを権力を使って追い出すように仕向ける卑劣さは一切なし。

ルナが膝が痛いとわがままを抜かした瞬間、小笠原起用でいいと思います。

66倍返し

小笠原道大選手がホームランを打った事に感動しましたよ。
やはり小笠原選手素晴らしい!

人柄もそうですが、練習に対する姿勢が素晴らしい。
おそらく沖縄の落合GMの部屋で毎晩練習に励んでいたのだと思います。

「必要だから来てくれ!」の落合GMの言葉に「十分すぎる」と小笠原選手。

師匠である落合博満という超超超超超超一流の野球人を追いかけて入団し、落合博満という超超超超超超一流の野球人の背番号を合体させた36を背負ったドラゴンズで必ずや66倍の活躍を魅せてくれるはず。

頑張れ!小笠原道大選手!
小笠原道大選手のユニホームを買いますよ!

No title

小笠原のホームランは力ではなく技で持って行った感じがしますね

始動のタイミングなどのご指摘もごもっともだし、彦野のような無能な奴よりあなたのほうが解説者として優れていると思います

巨人は連覇したけど、小笠原にとっては悔しい2年間だっただろうし、我々ドラゴンズファンもこの2年は屈辱的なジョイナス時代を見てきたから3年ぶりの優勝に向けて、小笠原に期待したいです

小笠原は2009年の優勝の時は活躍していたから5年ぶりに本当に意味で喜んでもらいたいですね

もしかすると

小笠原のフルスイングといえばヘルメットが脱げて地面に落ちるほど、というのがイメージとしてある。
しかしこの小笠原のホームランはそういうイメージとは違う安定感がある。
確かに、小笠原は何かが変わったのかもしれない。

落合GMのおかげと解せないところ

管理人さんご無沙汰してます。
2/20〜2/23まで北谷に行ってきました。夕方7時近くまで選手はしっかり練習してました。今年のドラはV争いには入ってくれるでしょう。
✳︎昨年と今年のキャンプの違い
練習が長い(日没まで)高橋周平、平田、大島が居残り
報道陣が多数
監督、選手からサインはもらえない。「サインはご遠慮ください」の貼り紙多数あり。89歳の杉下さんだけサインくれました。

コンパクトなスイング小笠原選手はやってくれると思います。落合GMのおかげですね。
ひとつだけ解せないのが、4年前の川相2軍監督の解任です。川相さんを出してしまったことに解せないドラファンは大変多いですね。
管理人さん、真相を知ってたら是非リークして頂ければと思います。

あまりハードルを上げないであげましょう。

甘い球を仕留めたのは流石ですが、打った球は真ん中高めの抜けた変化球ですから、このHRだけで高く評価するのはいささか苦しいかと…。
何と言ってもジャイアンツで2年間飼い殺しにされていて、一流投手との対戦にブランク(これは影響が大きいと思います…)がある40歳に過大な期待をするのも酷ではないでしょうか?
余談ですがジャイアンツのこういう所が大嫌いです。「ウチでは出番が無いが他所でなら~」と選手の人生を考えてチャンスがありそうなチームに快く送り出していたGMとは大違い!

話を戻しますと、自分は代打兼一三塁の控えとして年間90~100試合も出場してくだされば大成功だと思っています。
あとは、野球に対する真摯な姿勢は折り紙つきの様ですから、ジョイナスwのぬるま湯に浸かった中堅若手選手に好影響を与えてくれる事に期待ですね。
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。