スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北のサムライはドラゴンズにどんな影響力があるのか?の件













保留者ゼロ。なぜ中日の選手たちは「大幅減俸」を受け入れたのか

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/2013/12/02/post_323/

ochiaigmcc.jpg
中日のGMに就任した落合博満氏は8億円を超すコストカットを実現させた

2013.12.02

以下の金額は、すべて推定である。

それが、総額で8億円超なのだとか――。

日本プロ野球選手会が公にしている年俸調査に基づくと、外国人選手を除いたドラゴンズの2012年度、61選手の年俸総額は31億7080万円。

この額には出来高契約等の金額は反映されていないので正確な数字とは言えないかもしれないが、つまり、8億円といえばドラゴンズの年俸総額の約4分の1ということになる。

このオフ、ドラゴンズは前年比で約8億円、およそ4分の1のコストカットを実現させたのだ。

そんなに減らせるものなのか。

いや、この人が本気になれば、そのくらいは減らせるということか。

これが、ゼネラルマネージャーとして2年ぶりにドラゴンズに戻ってきた落合博満前監督の辣腕による賜(たまもの)であることは容易に想像できる。

11月20日、谷繁元信監督兼捕手が選手としての契約を交わしたことで、ドラゴンズは育成契約の2人を含む56選手全員との2013年度の契約更改を終了した。

12シーズンぶりにBクラスに沈んだドラゴンズに突如として吹き荒れた冬の嵐は、選手たちを体の芯から震え上がらせた。

確かに、ドラゴンズの台所事情は厳しい。

落合前監督のもと、リーグ優勝を果たした2010年でさえ、経常利益は前年比で3億を超えるマイナス。

いくら勝っても赤字では球団経営は成り立たないという一部球団内からの批判もあって、ドラゴンズは2011年のオフ、落合前監督を退任に追い込んだ。

チームを球団初のリーグ連覇に導きながら、ファンサービスに熱心ではない、マスコミに協力的でないことが観客動員の不振につながっていると理由づけたのである。

しかし、『ファンとともに』というスローガンのもと、積極的にサインに応じ、メディアに協力するなど、チーム方針を180度転換させて戦った高木守道監督でも、入場者数の減少を食い止めることはできなかった。

今シーズンの観客動員数は1997年のナゴヤドーム開場以来、初めて200万人を割る199万8188人。

5年連続の減少だった。

チームも低迷、観客動員も減少しながら、選手の平均年齢と年俸は上がる一方――

そんな中、落合GMがチーム再建に向けて、まず浴びせかけた強い向かい風が、今シーズン、打率.236と極端な不振に陥った、38歳の井端弘和に下交渉で提示した9割近い大減俸だ。

監督だった頃、落合GMが井端にとりわけ目を掛けていたことはよく知られている。

同時に、落合前監督に命じられたショートからセカンドへのコンバートが井端の本意ではなかったとの話も耳にしたことがあるが、この春、WBCで日本中のヒーローとなり、ベストナイン5回、ゴールデングラブを7回も獲得したドラゴンズの顔に対するあまりに酷な通告は、井端にとっては屈辱以外のなにものでもなかった。落合GMは

「ここ数年は故障がちで、メスも入れた選手に億以上の金を出すリスクを球団が背負えるのかといえば、その状態ではない」

「俺は戦力外の選手に金額提示はしない」

と現状を説明したが、このオフには右足首と右ヒジの手術を受けて来シーズンに備えていた井端への88パーセントとも言われるダウン提示は、井端だけでなく、他の選手たちにも落合GMの”聖域なき査定”を印象づける恰好のプロローグとなったはずだ。

しかも、井端はその提示を拒んだ。

野球協約の第92条(参稼報酬の減額制限)には、年俸が1億円を超える選手は40パーセントを超えて、また1億円以下の選手は25パーセントを超えて減額されることはないと定められている。

井端の2012年度の年俸は1億9000万円とも2億5000万円とも言われており、3000万円程度の提示は40パーセントをはるかに超えた減額である。

しかし第92条には、選手本人が同意すれば制限を超えて減額することができるとも記されており、選手の同意を得た上での減額なら問題はない。

井端は同意しなかったのだ。

同意しない場合は、どうなるのか。

日本プロ野球選手会によれば、現在はNPBと選手会との合意のもと、減額制限超過提示(減超提示)をする場合は、選手には自由契約になる権利が与えられているのだという。

井端は、そのルールに基づいて自由契約を選択した。

自由契約になった選手はトライアウトを受けられるよう、球団は毎年、所定の日までに減超提示を済ませなければならず、選手は第1回合同トライアウト前にいずれかを選択する必要がある。

自由契約を選択しない場合において、調停を申し立てることも可能であり(参稼報酬調停制度)、選手の側に立てばあまり助けにはならなかった調停も、2009年の野球協約改正によって球団、選手の言い分を聞いて裁定を下す年俸調停委員会がコミッショナーから独立。

中立な立場から裁定が下されるようにはなっている。
それでも調停は、カネのことで揉めたという印象を周囲に残すことは否めず、選手にとっては必ずしも得策でない場合が多い。

結局、選手の同意が必要とされる減超提示を受けたのは、6000万円から4000万円と33パーセント減を提示された山本昌、4200万円から2000万円まで52パーセント下げられた山内壮馬、2800万円から1500万円へと46パーセントダウンを提示された岩田慎司、4500万円から1800万円の提示を受けた朝倉健太の4人。

彼らは、揃って同意した。

そこに多くの人が違和感を覚えているように思う。

というのも、選手の同意と言っても、たとえば今回のドラゴンズのように、目の前にデンと構える落合GMに
「この額でどうだ」
と同意を求められたら、暗に(イヤなら辞めてもらって構わないんだぞ)と脅されているに等しく、そんなもの、頷(うなず)かないわけにはいかないじゃないか、と感じるからだ。
実際、減超提示だけでなく、減額制限いっぱいのダウン提示が相次いだのにもかかわらず、保留者はゼロ。
1億円を超える荒木雅博、吉見一起はそれぞれ、1億7000万円から1億200万円、2億9000万円から1億7400万円と、減額制限いっぱいの40パーセントダウンを提示されたのに一発サイン。
さらに、ベテランの和田一浩は8000万円減の2億5000万円、一昨年のMVP、浅尾拓也も5500万円減の1億6500万円、6月にノーヒットノーランを達成した山井大介が2000万円減の6000万円でサイン。
.310から.248へと打率を大幅に落とし、盗塁も32から19へ減らした大島洋平には、規定打席に達したレギュラーでありながら減額制限いっぱいの25パーセントダウン(7500万円から5625万円)を提示されながら、大島自身、
「マックスで行かれると覚悟してました」
とコメントしている。
ルーキーも例外ではなく、慣例では2年目は現状維持、ダウン提示だったとしても10パーセント程度とされてきた1年目の選手たちにも、軒並み減額制限いっぱいの25パーセントダウンを提示。
昨秋、ドラフト1位で指名されて慶大から入団した福谷浩司も、1500万円から1125万円まで下げられるなど、じつに18人が減額制限いっぱいのダウンでの更改となったのである。

選手の同意があれば認められる減額制限なんて、いったい何のために存在しているのか。

そもそも野球協約が矛盾しているのだ。
「一定割合以上、減額されることはない、ただし選手の同意があればOK」
というのは、
「選手の同意がなければ一定割 合以上、減額されない」
という文言と同意のはずなのに、現実はそうではない。
「一定割合以上、減額されることはない、ただし選手の同意がなければ自由契約 (クビ)、文句があるなら調停(訴えろ)」
という文言と同意になってしまっているのである。
そんなの、おかしいじゃないか、と誰でも感じる。
しかし選手会は目くじらを立てない。
野球協約もそのままだ。
いったい、なぜなのか。

この協約をタテに減超提示を禁止するように求めれば、年俸が高額なベテラン選手は解雇されるリスクが増える。

この協約そのものをなくすように求めれば、大幅減俸が続出するリスクが増える。

この協約から「選手の同意があればOK」の部分を削除し、減額制限を12球団に遵守するよう求めれば、逆に年俸の大幅アップは抑えられるというリスクが増える。

つまり、ごく一部の減超提示を受ける選手のために減額制限の徹底をゴリ押しするのは、選手側にとってもデメリットが大きすぎるということなのだろう。

実際、落合GMは、球界のルールに則って、粛々と契約更改を進めた。

例年、12月に行なわれてきた主力級の更改も含めて、すべての選手との契約を11月中に終わらせ、減超提示を行なう選手にはトライアウトを受けられる時期までにきちんと契約更改を行ない、選手会にもつけいるスキを与えなかった。

山本昌には

「50歳までやれ、オレが保証する」

と暗に“事実上の2年契約”をほのめかし、48歳の大ベテランに

「納得しました」
「この歳で戦力と言って頂けるのが一番ありがたい」

と言わしめた。

大島には

「首位打者を獲れ」

と叱咤激励をし、200安打を打てる、12球団でナンバーワンのセンターになれると持ち上げてみせた。

野球協約を熟知し、揺らぐことのない信念を貫いてきた落合GMだからこそ、井端以外の減超提示を行なった選手の同意を取りつけることができたのだろうし、減額制限いっぱいのダウン提示にも保留する選手が出なかったのだろう。

あるドラゴンズの元選手からこんな話を聞いたことがある。

「戦力外通告を受けてからいろんな人に報告したんですけど、ほとんどの人が
『まだ選手としてやれるだろう』
っていう励まし方をしてくれるんです。
でも落合監督に話をしたらすぐ、
『お前、次の仕事はどうするんだ』
って訊いてくれた。
実際、他の人の中には、報告したいだけなのに、それさえさせてくれない人もいたほどです。
で、ようやく連絡が取れて、クビになったけど次の仕事は決まっているという話をした途端、
『なんだ、そうだったのか、仕事くれって話かと思ったよ』
ってホッとしたような顔をしている。
そんな人には、内心、誰が頼むかよって思いたくもなります。
でも落合監督は、自分の方から仕事はどうするんだって訊いてきてくれた。
その時は、もう次の仕事は決まっていたので監督のお世話にはならずに済んだんですけど、仕事の内容とか、条件面とか、しっかり納得するまで話をしろよ、と言って下さって、本当に僕のことを心配してくれているんだなということが伝わってきたんです」

契約更改は対面交渉だ。

最近では代理人に任せたいという声も根強いが、直に球団の編成責任者から
「戦力として必要だ」
と声をかけられれば、選手というのは意気に感じるものだと思う。

過去、勝ち続けてきたからこそ上がり続けてきた年俸を、負けたから下げるというのは、酷なようでいて実はシンプルな発想だ。

井端、山本昌、山内、岩田、朝倉の5人に対する減超提示も、選手側に自由契約を選択する権利があることを覚悟の上で行なったわけで、考えてみれば落合GMにとってもリスクを背負った決断である。

井端に対する大幅なダウン提示も落合GMの中にはいろんな思惑があったのかもしれないが、結果だけを見れば、ジャイアンツで働き場所を失っていた小笠原道大と、ドラゴンズで旧年俸ほどの居場所がなくなりそうになっていた井端との事実上のトレードを実現させることによって、ふたりのベテランを蘇(よみがえ)らせるかもしれないきっかけを作ったことだけは間違いない。

ジャイアンツが井端を獲得できたのは年俸のベースが数千万円だったからこそで、まさか、そこまでを見据えての減超提示だったのかと思わせるところが、落合博満という人物の恐ろしさでもある。

合理的で、反論してもムダだと思わせるだけの知識を持ち、言葉巧みなGMから、
「もう一度、勝つためにはお前の力が必要だ」
「勝てば年俸も上がるんだ」
と言われれば、減超提示に同意した選手たちの気持ちもわかる気がする。

まして、メディアを通してみせるのとはまったく違う顔を見せて、選手たちとともに戦い、勝って年俸を上げてもらってきた元監督の言うことだ。

その言葉には、選手にパワハラだとは感じさせない歴史の積み重ねがあるのだろう。

ドラゴンズに、そして落合GMに、勝つために必要とされ、もう一度、年俸アップを勝ち取ってやるというモチベーションを与えられたドラゴンズの選手たち――

落合博満のチーム再建計画は、すでに第一幕を終えたのかもしれない。








9割近い大減俸、という記事を相変わらずつづけているマスゴミが多すぎますね。

実際の金額は不明で、まだわからない状況なのに、9割という数字だけがいまだにひとり歩きしています。


























小笠原侍の打撃フォームを食い入るように見つめる森野選手と直倫選手の視線が熱いです。



ガッツ流“おもてなし”

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201401/CK2014012802000100.html

ogasawaractndr2.jpg
沖縄合同自主トレでフリー打撃をする小笠原(手前)。
後方は森野(左)と堂上直=北谷球場で

巨人から中日にフリーエージェント(FA)移籍した小笠原道大内野手(40)が27日、初めて合同自主トレに合流した。
この日、選手たちは沖縄の北谷、読谷両球場で自主トレを開始。
1軍北谷組の小笠原は、26日に沖縄入りした1軍チームスタッフ約30人それぞれに350ミリリットルのオリオンビール1ケースを差し入れ。
1年間一緒に頑張っていこうと熱い思いを込めた。






超一流打者のバッティングフォームから学ぶ点は多いと思います。

打撃思想についても学ぶべき点は多いでしょう。




竜スタッフにガッツ流“おもてなし”オリオンビール差し入れ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140128-00000015-dal-base

ogasawaractndr.jpg
沖縄合同自主トレが始まり、フリー打撃に励む小笠原=北谷球場

ガッツ流のお・も・て・な・し‐。
巨人から中日にFA移籍した小笠原道大内野手(40)が27日、初めて沖縄・北谷の合同自主トレに合流した。
26日には、沖縄入りした1軍チームスタッフ約30人に、350ミリリットルのオリオンビール1ケースを差し入れていた。

打撃投手、ブルペン捕手、用具係、広報担当ら1軍を担当するチームスタッフ30人にサプライズが待っていた。
26日に沖縄のホテルの部屋に入ると、沖縄名物のオリオンビール1ケースがあった。
贈り主は小笠原だ。

小笠原は
「そんな深い意味はないです。みんなでこれから一緒になって頑張っていきましょうという気持ち」
と説明。
スタッフの一人は
「気遣ってもらって、みんな喜んでいました」
と声を弾ませた。

合同自主トレでは今年初めて打撃投手を相手にフリー打撃を行うなどで汗を流した。
球場を後にしたのは午後3時過ぎ。
「僕は効率が悪いので…」
と笑った。

誰よりも長く練習する男は、常に裏方さんに感謝している。
プレゼントは、その思いの現れだ。






その小笠原侍の裏方さんへの差し入れ、総額でいくらくらいなんでしょうか?

ビール1ケースってだいたい5000円くらいですよね。

つまり、

5000円 × 30人 = 15万円

サムライ小笠原選手が春季キャンプで裏方さんに15万円のお気づかいです。

裏方さんの年俸って3ケタ万円だから、こんなちょっとした選手の気遣いもすごく助かると思いますし、なにより選手からの差し入れがもらえたという気持ち的に嬉しいと思います。


北のサムライ小笠原道大選手、気遣いのできる優しい男ですね。

いろいろと苦労して努力してきた求道者のサムライだからそういうことができる人なのかもしれません。








小笠原、涙目…球界史上最大3・6億減

http://www.daily.co.jp/baseball/2012/12/06/0005578767.shtml

ogasawara36og.jpg
大幅ダウンで契約を更改し会見する小笠原

2012年12月6日

巨人・小笠原道大内野手(39)が5日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3億6000万減の7000万円でサインした。
不本意だった今季を物語る球界史上最大の減俸となった。
厳しい現実を突きつけられた大ベテランは来季、ゼロからのスタートを誓うなど悲壮感を漂わせた。

やはり、ショックは隠せなかった。
会見場に現れ、無数のフラッシュを浴びた小笠原の目は、少しだけ赤かった。
突きつけられた現実は厳しかったが、必死に耐えているようにも見えた。

「80~90%ダウンです。大方の予想はしていました。契約してもらえるだけありがたいという気持ちで。サインして来季、頑張るという一心です」

一点をジッと見つめ、言葉を選びながら胸中を語った。

3億6000万減の7000万円は、異例の数字だ。
過去には楽天を戦力外後、中日に移籍した山崎武司が2億2000万減の3000万円というケースもあった。
だがそれすらも超え、球界最大の大減俸となった。

求められた結果は、散々だった。
2年契約の最終年の今季は大不振にあえぎ、度重なる故障に苦しんだ。
レギュラーシーズンは34試合の出場で打率・152、本塁打0。昨季も83試合の出場に終わった。
原沢球団代表は
「この2年のことを考えれば、そういう提示にならざるをえない」
と説明した。

本人も苦悩の日々を告白した。

「思い通りにいかないシーズンだった。試合に出られないつらさ、悔しさ。そういうのを感じながら1年過ごした」

と厳しい表情だった。

来季は退路を断って臨むしかない。
だが、その質問に大ベテランは
「だから、そういうことよりも、まずファンの気持ちに応える」
と表情をこわばらせた。

去就について多くは語らなかったが、来季は単年契約。
「真っさらな状態というか、ゼロからのスタートという感じで。もう一度、スタートを切る」
悲壮感すら漂わせ、自身の去就がかかった来季に挑む。



小笠原「気持ちよくサイン」史上最大3億6000万円減

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/12/06/kiji/K20121206004713210.html

ogasawara36og2.jpg
大幅ダウンで契約を更改し、会見する小笠原

史上最大減額で出直し――。
巨人の小笠原道大内野手(39)が5日、東京・大手町の球団事務所で契約更改に臨み3億6000万円ダウンの年俸7000万円でサインした。
12年のDeNA・清水、11年のソフトバンク・松中の2億円ダウンをはるかに超える大減俸。
野球人生の土俵際にまで追い込まれた小笠原はゼロからの再出発となる。

厳しい現実にも、小笠原は晴れやかな表情だった。
3億6000万円の球界史上最大減俸。減額制限の40%をはるかに超える84%ダウンの年俸7000万円で潔くサインした。

「契約してもらえるだけでありがたい。気持ちよくサインして来季頑張ろうという一心。まっさらな状態というか、ゼロからという感じ。もう一度スタートを切りたい」

日本選手では中日・岩瀬の4億5000万円に次ぐ高年俸だったが、わずか34試合出場。
6月27日には07年巨人移籍以来初めて不振で2軍降格を味わった。
現役最高の生涯打率・311を誇るバットマンが今季は自身最低の打率・152。本塁打なしはルーキーだった97年以来のことで、打率・242だった昨季に続く不振だった。
統一球導入、相次ぐ故障――。
低迷の原因は
「一概にどれというものではない。例えばボタンを一つ掛け違うとやっぱりバランスを崩す場合がある」
と分析する。
来季は野球人生の土俵際となる。
これを乗り越えるために「ガッツ解体」も口にした。

「全部をフラットな状態にして、来季は今までやってきたように一つずつ積み上げていって、形を作っていきたい」

左手一本でのティー打撃など、セ・パ両リーグでMVPを獲得したフルスイングを支えた独特の練習法の再考。
2軍暮らしだった今季終盤は、軸足の左足が折れる悪癖修正を目的に直径30センチ弱のバランスボールを太腿に挟んでのティー打撃にも取り組んだ。

「まだそうした形は出てきていない。時間があるときにしっかり考えてね。期限を決めないでやっていけたらいい」

どん底からの再生へ、かたくなに変えなかった練習法を変える意向だ。

「次の一歩を踏むことが大事。そういう意味でもゼロにして前に進みたい」

金額などどうでもいい。
小笠原は退路を断って、巻き返しを誓った。

▼巨人・原沢敦球団代表兼GMの話
彼にとっては厳しい評価になった。
この2年を考えたらそういう提示にならざるを得ない。

◇年俸が大幅にダウンした選手◇

13年 小笠原道大(巨)4億3000万円→7000万円
11年 松中 信彦(ソ)4億円→2億円
12年 清水 直行(D)2億5000万円→5000万円
07年 古田 敦也(ヤ)2億4000万円→6000万円
12年 高橋 由伸(巨)3億5000万円→1億7000万円

12年 山崎武司(中) 2億5000万円→3000万円
(山崎は楽天から移籍、。古田は監督兼任で選手としての年俸)

[2012年12月6日]





読売でえらい目に遭わされて、FA移籍してすっきりした気持ちで再スタートを切っている北のサムライの表情は晴れやかでした。

ナゴヤ球場の自主トレも1人で7時間半も行い、どの選手よりも練習量が多い・・こういう選手がドラゴンズに移籍して来てくれたのはドラゴンズにとって、打撃技術以上に、とても大きな良い影響があると思います。


史上最大の3億6000万円の年俸減額を食らっても読売球団にとどまった小笠原選手です。

井端とはこのへんが違うなと思います。

3.6億円の減額提示をされてもその足で読売球団のロッカーを片づけたりはせず、2013年も1シーズン読売で頑張ったものの冷遇し尽くされ、師匠の落合GMのドラゴンズ復帰に合わせてドラゴンズにFA移籍してきた北のサムライ、小笠原道大選手・・



ogasawarand4.jpg


ogasawarand3.jpg


ogasawarand2.jpg


ochiaiogasawara.jpg




その小笠原選手は裏方さんに気を使う優しいサムライでした。

ドラゴンズの北谷キャンプで選手が裏方さんに1人1ケースのビールとか、聞いた事がありません。

割と読売の選手や阪神の金本とかのエピソードで耳にするような話ですね・・こういうところはドラゴンズの選手も見習って欲しいかなと思います。








にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

66倍返し

小笠原選手の裏方さんへの気遣い、ホント素晴らしいですね。

小笠原選手みたいな優しさ溢れる選手がドラゴンズに来てくれて嬉しいです。
落合監督と一緒に映る小笠原選手の姿が眩しいですし、入団記者会見で落合GMとの思い出を語る姿もたくましいと感じました!

絶対に絶対にドラゴンズでレギュラー取ってフルスイングを魅せてほしいです。

そして、師匠である落合GMとビールをかけあう姿が見たい!

落合博満という超超超超超超一流の野球人が戦力として呼んだ小笠原選手、頑張れ!

僕は小笠原選手のユニホーム買います♪

今年に小笠原と落合GMとビールかけしてたら胸熱ですなー

内野レギュラー争い

小笠原の加入で手薄と思われた竜の内野レギュラー争いが一気に過密化した印象。
落合GMの打撃指導で小笠原は覚醒するのでは?

小笠原入団はドラゴンズに良い効果を生み出すようですね。
練習熱心、謙虚、裏方おもい、気配り、早出居残り練習、打撃技術、打撃指導、苦労人、小笠原のキーワードはドラゴンズにプラスをもたらすものばかりです。
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。