スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産経新聞社の村田雅裕というカス記者が無知無能な大嘘記事を書いている件
















ドラゴンズの歴史上、もっとも輝かしい栄光に満ちた落合竜の8年間、2004年から2011年の8年間こそが、ドラゴンズファンにとって唯一無二の黄金期です。

しかし、落合竜があまりにも強すぎたため、ドラゴンズファンではない他球団ファンのマスゴミ記者が、必死で落合竜と落合監督の誹謗中傷記事を書きまくるという事態になりました。

例えば、猛烈な巨人ファンで王と長嶋の著書を書きまくっている江尻良文という自称スポーツジャーナリストのホラふき老人は、いつも三流タブロイド紙に落合監督の誹謗中傷の大嘘記事を書きまくっていました。
   ↓

江尻良文という巨人ファンの自称ジャーナリストがまたウソ記事を書いている件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-308.html


例えば、産経新聞社の田所龍一という超阪神ファンの老人無能記者は、最近超必死で落合GMの誹謗中傷の大嘘記事を書いています。
   ↓

産経新聞の田所龍一という老人記者が江本孟紀の代弁大嘘記事を書いている件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-331.html


ドラゴンズファンの皆さんに注意して欲しい事実として、必死で落合GMの悪口を記事にするマスゴミ記者は、絶対にドラゴンズファンではないという現実です。

他球団ファンだから、その個人的な感情をむき出しにして、大嘘の捏造記事を書き、大嘘誹謗中傷記事を書くという、いかにもマスゴミらしい捏造記事が日本中にあふれ、その大嘘記事が巷にはびこることで、大嘘がまるで事実かのように世間に流布されるという事態になってきます。

ドラゴンズファンの皆さんは、アンチ落合記事を見かけたら、まず一番最初に、

「この記事を書いているマスゴミ記者は、一体どこのチームのファンなのか?」

についてリサーチする習慣をみにつけていただきたいと思います。

ドラゴンズファンにとって落合監督、落合GMの存在とはドラゴンズの栄光の歴史そのものですが、他球団ファンにとっては落合監督とは敗北と挫折の歴史でしかありません。

ドラゴンズファンのみなさんは、その個人的な感情を記事にするマスゴミ記事に注意しましょう。


そんなマスゴミ大嘘記事を、1ドラゴンズファンとして余すところなく事実に基づいて検証し、その誹謗中傷の大嘘記事を徹底的に糾弾していくシリーズです。


(その他のバックナンバーww)
  ↓

本郷陽一とかいう自称スポーツ記者のインチキ記事を検証する件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-320.html

毎日新聞の安田光高とかいう記者が浅はかな記事を書いている件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-210.html

インチキ記者、中スポの伊藤哲也とサンスポ長谷川稔に告ぐ件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


今回は、またしても産経新聞社の、・・・プロ野球の事を全く知らない勉強不足のクズ記者が産経新聞社に何人いるのか知りませんが、産経新聞社の無能記者の村田雅裕というカス記者が書いているトンチンカンで下品な大嘘記事についてです。




産経新聞社の無能記者の村田雅裕というマスゴミ記者の記事を検証する前に、まずこちらの記事を読んでいただきたいのですが、
    ↓



消えた甲子園ギャル…「青春」忘れた若者よ、「ヨイトマケ」で汗の大切さに気付け

http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130824/wsp13082407000000-n1.htm


miwaakihiroyoitomake.jpg

2013.8.24

[村田雅裕のスポーツ曲論]

甲子園球児がアイドルだった時代もあった。
三沢の太田幸司氏、鹿児島実の定岡正二氏、東海大相模の原辰徳氏(現巨人監督)、早実の荒木大輔氏(現ヤクルトコーチ)などなど。
甲子園ギャルが、球場に詰めかけ、黄色い声援が飛んでいた。
だが、今はいない。
「ギャル」はどこに行ってしまったのか。

ギャル探索法

夕刊フジに在籍していた1988年夏から1992年夏まで、春夏あわせて9回、毎日、甲子園にいる女の子の写真を撮り、高校野球や好きな球児について語ってもらう
「甲子園ギャル」
というコーナーを担当していた。


カメラを肩に下げ、
「スイマセン」
と近寄るのは、ナンパと変わらなかったが、おかげで甲子園ギャルの
「注目選手探索法」
が分かった。

(1)高校野球専門雑誌をチェックし、好みの選手を探す

(2)目星をつけた選手を、甲子園練習日にバックネット裏で直にみる

(3)テレビ観戦を増やし、選手の顔のアップをじっくり分析する

-この3つの方法でお気に入り選手を探す。

彼女らのチェックポイントはつぶらな瞳と汗だった。
ひと昔前だったら、仙台育英の上林誠知外野手、前橋育英の高橋光成投手、富山第一の宮本幸治投手、鳴門の板東湧梧投手らは人気が出ただろう。

なぜ甲子園ギャルが絶滅種になったのか。
2000年代のオタク文化などを論じた
「動物化するポストモダン」
(東浩紀著、講談社現代新書)
などを参考に分析してみると、「輝く瞳+汗=青春」という「大きな物語」がなくなってしまったことが大きい。

ハンカチは一時的カムバック

1992年前後に高校生だった世代が、リアルタイムでテレビの青春物をみていた最後の世代だろう。
2000年までに「青春」の2文字も消えてしまったように思える。

2006年、甲子園は早実の斎藤祐樹投手(現日本ハム)、駒大苫小牧の田中将大投手(現楽天)の2人が甲子園をわかせた。
このときは“元甲子園ギャル”の女性の応援の方がすごかった。
斎藤への視線は「息子にしたいNO1選手」だった。
当時30歳だった女性が高3だったのは1994年。
ぎりぎり「輝く瞳+汗=青春」が通用する世代が一時的にカムバックしたのだった。
2人が女子高生のアイドルになったわけではない。

厳密に調査したわけではないが、女子高生は高校球児よりも
「ご当地ゆるキャラ」
の方が好きなのではないか。
汗、一生懸命とのメッセージより、擬人化された着ぐるみとつきあう方が楽だ。

美輪さんが歌った汗の大切さ

アイドルグループAKB48も一生懸命に汗をかいているが、芸能界、ステージという虚構の上で開催される総選挙での一生懸命は、ゲーム感覚で、どこまでもひとごとでいられる。
だが甲子園でのそれは、見るものに迫ってくる。
本気で生々しい汗を、今の若者は敬遠しているような気がしてならない。

昨年の紅白歌合戦で、美輪明宏さんが歌った「ヨイトマケの歌」に反響が大きかったのは、この歌を聞いて、本物の汗の大切さに気づかされた人が多かったからではないかと考える。

(運動部編集委員)



    ↑
昔、夕刊フジという超三流のエロいタブロイド紙の記者をやっていた村田雅裕という三流クズ記者が、高校野球が行われている甲子園において、高校球児の追っかけをやっているギャルをナンパのように取材していた過去について書かれている意味不明なクズ記事です(笑)。

その内容は、

「なんで甲子園にギャルがいないんだー!!!!」

という下品極まりない超下劣なもので、しかもヨイトマケ(土方仕事)の歌が最後に出てきているが、本文には全く無意味で意味不明の支離滅裂な超三流記事です(笑)。

産経新聞社の村田雅裕というカス記者は、もともとこういう意味不明な三流記事しか書けないクズ人間であるという事実がこの記事からにじみ出ています。



産経新聞社のクズ記者、村田雅裕について


①もと三流エロタブロイド紙である夕刊フジの記者で甲子園ギャルの取材をしていた。

②そんな三流タブロイド紙の記者が産経新聞のスポーツ記事を書いている。

③書く記事は三流で支離滅裂、知識不足で勉強不足で無知無能。



という以上の3つの予備知識を頭に入れて、以下の記事を読んでみてください。







マキャベリスト「落合博満」はなぜ人気がないのか…「仕事をしたのは勝ったときだけ」「選手に心を読まれるな」の“息苦しさ”

http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/topics/west_sports-21732-t1.htm


ochiaikk8.jpg

落合博満氏(60)が一流の野球人ということは間違いない。
現役時代は3度の三冠王。
2004年から8季、中日の指揮をとり、4度の優勝、1度の日本一。
現役時代は
「俺たちはきちんとユニホームを着ているのに、何でお前らはネクタイを締めないんだ」
といって、記者の質問に答えないなど、悪役を演じていた。
監督としては勝ちに徹したのに、なぜ人気が上がらなかったのか。

理由の1つは、落合中日の野球は息苦しかった。
落合氏は2011年に自著「采配」を出版した。
ビジネス書として読まれ、40万部を超えるベストセラーになったが、これを読むとその理由が分かる。

(1)0-1で負けて「投手は自分の仕事をした」という人がいるが、チームスポーツで仕事をしたというのは勝ったときだけ。打線が点をとれないなら、零点に抑えろ。

(2)すり寄る人間が出ないように、監督は自軍の選手、コーチにも本心を読まれてはいけない。

(3)レギュラーの甘えは完全に断ち切る。死球を受けた選手には「出るのか引っ込むのか。俺だったら、ほかの選手にチャンスを与えないけどな」とつぶやく。

強いが人気が出ないチームは前例がある。
例えば昭和40、50年代の阪急、森祇晶氏が率いた西武などだ。
これには明確な理由があり、関西のプロ野球市場は阪神、関東は巨人が主導権を握っていて、これを崩すのは容易ではなかった。

だが中日は中部・東海地区に競合球団がいない。
しかし5-4の打ち合いだと球場での応援も熱が入るが、落合流の守りきる野球では、井端、荒木の守備の良さは分かりにくい。
そしてファン拡大には必須のスター選手を育成していなかった。

(1)8年間で生え抜きからレギュラーをつかんだのは森野だけ。大島、平田などレギュラー級の選手がいたが、25歳までは体力と技術を強化していく時期だ。

(2)レギュラー争いは選手同士の競争で決めるもの。「世代交代」と簡単にいうが、監督やコーチの判断で進めるものではない。

(3)「チームリーダー」はいらない。「チームリーダー」という亡霊が選手個々の自立心を奪うことがある。

一般的にドラフトで注目された選手にチャンスを与えた方が、マスコミの扱いが大きく、ファン獲得には有利だ。
巨人の坂本や長野、阪神の鳥谷は将来のチームリーダーとして、チャンスを与えられ、正位置を獲得したが、「采配」を読むと、落合流では邪道だ。

井端、荒木、森野、谷繁や外国人選手を追い落とす実力がないと、いくら注目度が高くても起用しない。
30歳までは修行ではチームの高齢化は進むだけだ。

また
「引き継ぎは一切しないが、次の監督が困らないチームにしておくことも監督の仕事」
と書いているが、事実上、解任されたこともあり、後任監督の高木守道氏が困らないチームを作っていなかったように見える。

落合氏から指名された谷繁新監督が若手起用法などで、落合流をどこまで受け継ぐのか。来季の選手起用に注目したい。

ちなみに落合氏は監督時代、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の監督就任を断り、選手の派遣にも難色を示した。
これは監督、選手は中日と契約している個人事業主で、WBC出場がその契約履行に支障をきたすとの理由からだった。
今後は球団の統一契約書の中に国際大会参加に関する項目を加えるなど改革が必要だ。
監督なら言いっぱなしでいいが、今度はGM。
「責任」の重さは違うはずだが…。
(運動部編集委員・村田雅裕)




    ↑
一見しただけで、
「ドラゴンズの事を全く知らないヤツが書いている文だなーー」 
という事がすぐにわかるクズ記事であることがわかると思います。

全国紙の産経新聞のスポーツ記事を書いている村田雅裕が、ドラゴンズの情報を全く知らないままに記事を書いているというのは一体どういうつもりなのでしょうか?

素人のドラゴンズファンがちょっと見ただけで、

「あ、こいつは全くドラゴンズの事を全く知らないのに、ドラゴンズに関する記事を書いている、アホかコイツ。」

と丸わかりになってしまう三流記事を書く、三流マスゴミの三流記者の村田雅裕、究極のバカです。


それではその三流マスゴミ記者の村田雅裕の大嘘記事を、詳細に分析・解明していきたいと思います。

















マキャベリスト「落合博満」はなぜ人気がないのか…「仕事をしたのは勝ったときだけ」「選手に心を読まれるな」の“息苦しさ”



まず、「マキャべリスト」 という単語ですが、これは実はマキャベリアン(Machiabellian)というのが正しい英単語で、完全に間違った和製英語です。
    ↓

マキャヴェリズム

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0

マキャヴェリズム(英: Machiavellianism/マキャベリアニズム)は、ルネサンス期の1513-14年に『君主論』を書いたマキャヴェッリに由来する言葉で、目的のためには手段を選ばない、目的は手段を正当化するといった意味で使われる。

たとえば、
「国家が危機に陥った場合、政治家は(国家存続の)目的のために有効ならば、手段を選ぶべきではない」
という言葉を、ただ単に
「目的のためなら手段を選ばなくてもよい」
と解釈する考え方。
これはマキャヴェッリの思想とは異なっているが、長い間誤解され、批判され続けた。
また、このマキャヴェリズムから派生して生まれた、権謀術数主義者(目的達成のためには手段を選ばない人)を指す語を「マキャヴェリスト」という。
しかし英語ではこれに当たる語は Machiavellianであり、マキャヴェリストは和製英語とみられる。





しかもマキャベリズムは、国家が存亡の危機に陥った際の手段としての意味でつかわれるので、

“マキャべリスト「落合博満」”

という言葉の使い方は、まず英単語が間違っている上に、意味的にも完全に間違っています。

さすが超三流タブロイド紙の夕刊フジの三流記者あがりのクズ記者、村田雅裕らしい赤っ恥の文章です。

そしてその三流クズ記者の村田雅裕は更に、“「落合博満」はなぜ人気がないのか…”と大嘘文を書いています。

落合GMは、現在ドラゴンズファンの間で90%近い支持を誇っていると思われます。
   ↓

落合支持率は90%近いと思われる件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-290.html

ドラゴンズファンから圧倒的な人気を誇っている落合GMの存在を、「人気が無い」と大嘘記事を書くマスゴミ三流カス記者の村田雅裕が、あまりにもカスすぎます。

産経新聞社の社員の三流カス記者の村田雅裕が、ドラゴンズファンではないことは明らかです。

村田雅裕がドラゴンズファンだったら、「落合博満は人気が無い」 などという大嘘記事は絶対に書かないです。

カス人間、村田雅裕は一体何が言いたいのでしょうか?

落合監督は、ドラゴンズファン以外から人気が無いと言いたいのでしょうか?

村田雅裕は、他球団ファン目線で、落合監督が人気が無いと言っていますが、そんなの当たり前すぎて、本当にしょうもないと思います。

たとえば、ドラゴンズファンが原辰徳の事が好きでしょうか?

例えば、名古屋民が、

「原辰徳は名古屋で全然人気が無い。」

と言ったとしたら、

「名古屋で原辰徳が人気が無いのはあったりまえだろ?(笑) バカかお前(笑)」

と笑われる事でしょう。

それと全く同じ事で、ドラゴンズファンでもなんでもない産経新聞社の村田雅裕が、「落合は人気がない」 というアホ記事を書いたところで、

「村田雅裕、そりゃお前がドラゴンズファンじゃないからだろ?(笑) バカかお前(笑)」

と村田雅裕に向かって指をさしてあざ笑うだけの話です。

村田雅裕は本物のバカだと思います。

村田雅裕はおそらく、巨人ファンなんでしょう。

村田雅裕はマスコミの立場を忘れ、全国紙に巨人ファン目線の記事として、「落合は人気が無い」 という小学生並みの意見の記事を書いているアホである、ということです。

村田雅裕は余りにも赤っ恥のアホ丸出しの記事を書いた、ということです。

村田雅裕が果てしなくバカすぎて笑えます。

村田雅裕は、そんなクズ記事を産経新聞に書いたという赤っ恥の事実を一生恥じろ。

それから、カス人間の村田雅裕が、ドラゴンズの事を全く知らないままに、

「仕事をしたのは勝ったときだけ、選手に心を読まれるな、というのは息苦しい」

という大嘘を記事に書いています。

プロ野球選手が仕事をしたのは勝った時だけ、そんなの当たり前でしょうに。

プロ野球選手が試合に負けたら、仕事をしたとは言えないでしょうし、プロ野球選手自身も、負け試合においては仕事をしたとは思わないでしょう。

負けて負けて負けまくって、それでもプロ野球選手は仕事をしていると村田雅裕は言いたいのでしょうか?

村田雅裕はプロ野球の何たるかをも理解していないクソ記者です。

それからプロ野球の監督が、相手のチームや自分のチームの選手に読まれまくりで、その心底を見透かされまくりだったら、そのチームが強くなる事は絶対にありません。

そんなプロ野球の単純な原則すら理解していない村田雅裕は、本物のクズ記者です。

そんなカス記者の村田雅裕が、いきなりウソ記事を書くために、記事のタイトルにウソを山盛りにしています。

村田雅裕が、記事のタイトルにいきなり数か所の大嘘を盛り込みました。

産経新聞社の村田雅裕は、大嘘つきのインチキ野郎です。















落合博満氏(60)が一流の野球人ということは間違いない。
現役時代は3度の三冠王。
2004年から8季、中日の指揮をとり、4度の優勝、1度の日本一。
現役時代は
「俺たちはきちんとユニホームを着ているのに、何でお前らはネクタイを締めないんだ」
といって、記者の質問に答えないなど、悪役を演じていた。




三流タブロイド紙あがりの、産経新聞社の三流マスゴミ記者の村田雅裕からすると、選手時代の落合博満選手は、「悪役を演じていた」 のだそうです。

長い間プロ野球ファンをやってきましたが、落合博満選手が悪役を演じていたなんて、初めて聞きましたね。

三流マスゴミ記者の村田雅裕の個人的な思いつきの大嘘一文であることは間違いありません。

村田雅裕は無知で無能である事をまず自覚し、その上で大嘘記事を書くのをやめろ。














監督としては勝ちに徹したのに、なぜ人気が上がらなかったのか。

理由の1つは、落合中日の野球は息苦しかった。




ドラゴンズファンから言わせてもらえば、落合監督は絶大な人気を誇っています。

ドラゴンズファンではない村田雅裕が、落合監督に人気が無いと大嘘記事を書いているだけのことです。

村田雅裕は三流下品エロタブロイド紙出身のクズ記者とはいえ、全国紙の産経新聞の記事を書いているのだから、マスコミとしての中立的な立場と視点を失わないようにしなければならないはずです。

しかし村田雅裕はプロ野球のことに全く無知なくせに、落合監督に人気が無いと大嘘記事を書いています。

だからマスゴミと言われるんだよ。

村田雅裕、お前は、落合GMの一体どこのどういうところが、どのように人気が無いというのか、その根拠となる情報ソースを開示しろ。

そんな確固たる理由も根拠も無いくせに、マスゴミ三流カス記者の村田雅裕

長年ドラゴンズファンをやってきましたが、落合竜においてドラゴンズの選手が、「落合竜の野球は息苦しかった」 なんて発言した選手は一人もいませんでした。

三流カス記者の村田雅裕は、そんな基本的な事実も知らないままに、上から目線で、「理由の1つは、落合中日の野球は息苦しかった。」 とでたらめの大嘘を書いています。

超三流クズ記者の村田雅裕は、まず無知無能である事を自覚し、まずプロ野球の基本知識の勉強をしろ。












落合氏は2011年に自著「采配」を出版した。
ビジネス書として読まれ、40万部を超えるベストセラーになったが、これを読むとその理由が分かる。

(1)0-1で負けて「投手は自分の仕事をした」という人がいるが、チームスポーツで仕事をしたというのは勝ったときだけ。打線が点をとれないなら、零点に抑えろ。

(2)すり寄る人間が出ないように、監督は自軍の選手、コーチにも本心を読まれてはいけない。

(3)レギュラーの甘えは完全に断ち切る。死球を受けた選手には「出るのか引っ込むのか。俺だったら、ほかの選手にチャンスを与えないけどな」とつぶやく。

強いが人気が出ないチームは前例がある。




村田雅裕は、ドラゴンズの歴史の中において、落合竜が最も多くの観客動員数の記録を樹立したという、マスコミの人間なら誰でも知っている単純な事実を知りません。

そんな基本中の基本情報すら知らないままに、村田雅裕が落合竜のことを、「強いが人気が出ないチーム」 と大嘘記事を書いています。

村田雅裕はとにかく無知で無能です。

村田雅裕がいかにバカでアホなクズ記者であるかが良く判るのがこの、「強いが人気が出ないチーム」 という一文なのです。

村田雅裕、お前は無知で無能でバカでアホだ。

村田雅裕よ、お前はまず自分の不明を恥じるところから始めろ。

村田雅裕、お前みたいな勉強不足の世間知らずの無知なバカが、偉そうに記事なんか書いてんじゃねえ。











例えば昭和40、50年代の阪急、森祇晶氏が率いた西武などだ。
これには明確な理由があり、関西のプロ野球市場は阪神、関東は巨人が主導権を握っていて、これを崩すのは容易ではなかった。

だが中日は中部・東海地区に競合球団がいない。
しかし5-4の打ち合いだと球場での応援も熱が入るが、落合流の守りきる野球では、井端、荒木の守備の良さは分かりにくい。





村田雅裕が、阪急ブレーブス(現オリックス)は阪神タイガースがいるから関西では人気が無い、西武は関東に巨人がいるから関東では人気がない、というトンチンカンな記事を書いています。

そのトンチンカンで支離滅裂な文章の上に、村田雅裕が「東海地区に強豪球団がいない」 と言った上で、だからどういう事が言いたいのかなと思いきや、「しかし5-4の打ち合いだと球場での応援も熱が入るが・・」 と、一体全体何を言いたいのか意味不明の支離滅裂な文章が続きます(笑)。

先ほど示しました、ヨイトマケ甲子園ギャル記事と同じで、意味不明の支離滅裂の文章を書くのが、超三流マスゴミ記者の村田雅裕の特徴です(笑)。

村田雅裕はバカで無能なので、まともな日本語も書けません。

超三流タブロイド上がりっぽい、いかにも無能カスの村田雅裕らしい支離滅裂な文章です。











そしてファン拡大には必須のスター選手を育成していなかった。

(1)8年間で生え抜きからレギュラーをつかんだのは森野だけ。大島、平田などレギュラー級の選手がいたが、25歳までは体力と技術を強化していく時期だ。

(2)レギュラー争いは選手同士の競争で決めるもの。「世代交代」と簡単にいうが、監督やコーチの判断で進めるものではない。

(3)「チームリーダー」はいらない。「チームリーダー」という亡霊が選手個々の自立心を奪うことがある。

一般的にドラフトで注目された選手にチャンスを与えた方が、マスコミの扱いが大きく、ファン獲得には有利だ。
巨人の坂本や長野、阪神の鳥谷は将来のチームリーダーとして、チャンスを与えられ、正位置を獲得したが、「采配」を読むと、落合流では邪道だ。




巨人ファンの村田雅裕が、ドラゴンズは、「ファン拡大には必須のスター選手を育成していなかった。」 と大嘘の記事を書いています。

例えば吉見投手は、落合竜でデビューしました。

例えば平田選手は、落合竜でデビューしました。

例えば荒木選手は、落合竜で一流選手になれました。

例えば岩瀬投手は、落合竜で日本一の超一流クローザーになりました。

例えば森野選手は、落合竜で一流選手になりました。

例えば浅尾投手は、落合竜でデビューしました。

例えばブランコ選手は、落合監督が育てました。

例えば大野投手も岡田投手も、落合竜の左腕獲得の方針に沿ってドラフトで獲得しました。

例えば大島選手は、落合竜でデビューしました。

まだまだ大勢いますが、これだけ大勢の選手が落合竜で育てられているという基本的な事実がそんざいするのに、超三流クズ記者の村田雅裕は、そんなプロ野球の基礎中の基礎情報すら把握していない無知なカス記者です。

村田雅裕は、無知無能のカス記者です。

村田雅裕は、日本プロ野球の事を全く理解していない、単純な基本的な事実すら把握してない、カス中のカス記者です。

さらに村田雅裕が、「(1)大島は25歳までは体力と技術を強化していく時期だ。」 という大嘘記事を書いていますが、大島選手はルーキーから一軍で活躍しています。

超三流マスゴミ記者の村田雅裕は、大島選手がルーキー時代から一軍で活躍しまくったという事実すら知らないカスです。

更に村田雅裕が、プロ野球チームにはチームリーダーが必要だと力説した上で、ドラゴンズにはチームリーダーがいないと大嘘を書いていますが、たとえば谷繁捕手はドラゴンズは長年ドラゴンズというチームのチームリーダー的な存在でした。

村田雅裕はそんなドラゴンズの事実を全く知りません。

村田雅裕は無知無能で勉強していないので、ドラゴンズにはチームリーダーと呼べる存在がいる事実を知りません。

そんな事はドラゴンズファンなら誰でも知っている単純で基本的な事実ですが、村田雅裕は記者のくせにそんな事すら知りません、バカでアホです。

村田雅裕は更に、坂本と長野と鳥谷がチームリーダーとして定位置を確保したと大嘘記事を書いていますが、鳥谷だろうと坂本だろうと長野だろうと、打率が下がればスタメン落ちするし、そんな肩書だけでレギュラーが確保できるなどと考えている事自体が大間違いです。

村田雅裕は無知で無能であるばかりではなく、勘違いクズ記者です。

村田雅裕は記事は一行も書かない方が良いくらいの、無知で無能なカス記者です。













井端、荒木、森野、谷繁や外国人選手を追い落とす実力がないと、いくら注目度が高くても起用しない。
30歳までは修行ではチームの高齢化は進むだけだ。




超三流カス記者の村田雅裕が、「井端、荒木、森野、谷繁や外国人選手を追い落とす実力がないと、いくら注目度が高くても起用しない。」 とデタラメの大嘘記事を書いています。

村田雅裕は、プロ野球のレギュラーというものは、実力じゃなくて注目度で決まる、と思い込んでいるようです(笑)。

村田雅裕はバカです。

巨人ファンの村田雅裕は、注目度でレギュラーが決まるというのなら、巨人の一軍には辻内と大田が常にいなければならないはずなのに、なぜか2人とも二軍暮らしなんですが、その点については何も触れないんですかね?(笑)

巨人ファンの村田雅裕は、まず自分のチームの注目選手が2軍暮らしを続けている事実だけに注目してろ。

村田雅裕は本物のバカです。

プロ野球のレギュラーというものは、実力順に決まるものだ、という基本的な事実を、今、村田雅裕に教えておいてやる。

村田雅裕はよく覚えておくように。

プロ野球のレギュラーは、実力順で決まるのだ、村田雅裕、よく覚えておけドアホ。

それから、村田雅裕が、「30歳までは修行ではチームの高齢化は進むだけだ。」 と大嘘記事を書いていますが、大島選手はルーキー時代から一軍で出場し続けているという事実を知らないのに呆れます。

村田雅裕は基本的な事実を知らない無知無能の超三流マスゴミ記者です。

村田雅裕よ、まず勉強しろ。











また
「引き継ぎは一切しないが、次の監督が困らないチームにしておくことも監督の仕事」
と書いているが、事実上、解任されたこともあり、後任監督の高木守道氏が困らないチームを作っていなかったように見える。



村田雅裕が、高木守道に引き継ぎをしていない、と大嘘記事を書いています。

長年プロ野球ファンをやっていますが、監督がクビになった後、後継監督に引き継ぎをしたというニュースを一度も見た事がありません。

村田雅裕は、どこのチームのどの監督が、どの監督に引き継ぎを行った事実があるというのか、その根拠となる事実を教えてもらいたいものです。

何せ、退任するプロ野球の監督が引き継ぎを行うなんて、見た事も聞いた事もないですから。

・・・といか、村田雅裕、お前、何をでまかせを言っているんだ?

どこの世界に、クビになった監督が、次の監督に引き継ぎの作業をするんだ?

巨人ファンの村田雅裕よ、例えば長嶋茂雄がクビになったとき、次の原辰徳に何か引き継ぎ作業を行ったのか?

そんなニュース聞いた事も無いし、検索したがそんなものは一切出てこないぞ?

村田雅裕、お前、適当な大嘘ばっかり書いてんじゃねえ。

村田雅裕、このホラ吹き野郎、インチキばっかり書いてんじゃねえ。

夕刊フジでは許されたかもしれないが、村田雅裕は全国紙でそういうインチキ記事を書く事は厳に慎まなければならないという基本的な常識をまず身に付けとけ。

産経新聞社の村田雅裕は、本物のカス記者です。

産経新聞社の村田雅裕は、マスゴミ記者としてカスですが、人としてカスです。










落合氏から指名された谷繁新監督が若手起用法などで、落合流をどこまで受け継ぐのか。
来季の選手起用に注目したい。

ちなみに落合氏は監督時代、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の監督就任を断り、選手の派遣にも難色を示した。

これは監督、選手は中日と契約している個人事業主で、WBC出場がその契約履行に支障をきたすとの理由からだった。
今後は球団の統一契約書の中に国際大会参加に関する項目を加えるなど改革が必要だ。
監督なら言いっぱなしでいいが、今度はGM。
「責任」の重さは違うはずだが…。




産経新聞社の三流カス記者の村田雅裕が、またしても2009年のWBCの出場妨害は落合監督単独の首謀者であるというデマを記事にして、大嘘記事を書いています。

こちらのブログでもう何度も指摘してきた通り、WBCに選手を派遣しなかったのは2008年の北京五輪でドラゴンズの選手がひどい目に遭わされたのが全ての始まりであり、選手を派遣しないことを決定したのは中日新聞社でした。

そんな事実は、ドラゴンズファンなら誰でも知っている基本的な情報です。

しかし三流無能マスゴミ記者の村田雅裕は、ご多分にもれずやはり無知無能で、三流雑誌と同じ内容で大嘘記事を書いています。

超三流エロタブロイド紙の夕刊フジ出身の村田雅裕からすれば、そういう記事を書くのは日常的な常識かもしれませんが、我々一般人からすると、産経新聞という全国紙にこのような大嘘三流記事を書いている事自体が異常すぎて、村田雅裕があまりにもカスに見えてしょうがないです。



そんな基本的な事実すら知らずに村田雅裕が記事を締めくくっているのが、あまりにもアホでバカで、読んでいるこっちが恥ずかしくなるようなクズ記事です。

産経新聞社の三流カス記者の村田雅裕は、記事を書くにはまず事実関係をしっかりと押さえてから書くようにせよ、という記者としての基本を今まずここに教えておいてやるから感謝しろ。

産経新聞社の村田雅裕は無知でカスでバカで無能でアホでクズな三流マスゴミ記者です。

記者をやっている事そのものが奇跡、小学生以下の知識しか持っていない村田雅裕、お前は夕刊フジに戻ってエロインチキ大嘘記事だけ書いていればいいんだよ。

村田雅裕、お前が産経新聞の記事を書くのは百年早い。

お前は超三流タブロイド紙の夕刊フジに逃げ帰れ、そしてそこでこれまで通りに大嘘インチキ記事だけ書いてろ、それがお前の分相応だ。
















以上、産経新聞は最近一体どうしてしまったんだ?という疑問ばかりがわいてくる、ドラゴンズへのインチキ大嘘記事ばかりでした。

中日新聞のインチキ記事にずっとうんざりしてきた1ドラゴンズファンとして、あの産経新聞が、基本的な事実関係の把握すらできずにまともな記事を書けないままに大嘘記事を書きまくっているのが残念でなりません。

中日新聞の大嘘記事に対抗できるのが産経新聞だけであると期待しているだけに、こういう大嘘三流スポーツ記事を目にするのが残念でなりません。

日本に原発は必要ありませんが、産経新聞にはもっと頑張ってもらいたいです。

もう二度と大嘘まみれのアンチ落合記事で、産経新聞社の評価を下げるようなくだらない真似をしないでいただきたい。

産経新聞社のクズ記者を追放し、社内浄化作業を始めるべきであるというアドバイスを産経新聞社に贈ります。

























コメント欄から情報提供いただきましたが、産経新聞社のクズ記者である村田雅裕が熱烈な巨人ファンである証拠の記事がありました。

やっぱりというか、思った通り、村田雅裕は単なる巨人ファンでした。

落合GMの悪口誹謗中傷記事を書く記者は、単なる他球団ファンである法則

がやはり発動していました。






原監督が愛される名将のワケ…独特の言語感覚、滑って“迷言”の存在感

http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130928/wsp13092818000007-n1.htm

2013.9.28

[村田雅裕のスポーツ曲論]

セ・リーグで2連覇を果たし、ファンの声援に応える巨人・原辰徳監督。独特の言語感覚を持っている=東京ドーム

現役のころは好機に弱い4番打者として、さんざんたたかれた巨人の原辰徳監督が、6度目の優勝を果たした。
これで優勝5回の長嶋茂雄氏、上田利治氏、野村克也氏を抜いた。
原監督も名将と呼ばれていい指揮官になったと言えるだろう。
優勝回数だけではなく、独特のコメントが醸し出す「原ワールド」が、名将にふさわしい要素と考えるからだ。

伯父さんて…自分のこと?

一昨年あたりから話題になり、週刊誌で特集も組まれた。
「俺の言っていることは本当におかしいか」
と周囲に聞いたというが、今季も「原ワールド」は全開だった。
それを列記してみると-。

4月6日の中日戦で実妹の子供であるルーキーの菅野が初勝利し、
「伯父さんは家で涙流してるんじゃないか」。

同月13日のヤクルト戦では菅野が見事なバント処理を見せ、
「多少、私のDNAも入っている」。

同月19日の広島戦で前夜は発熱した坂本が満塁本塁打。
「何で熱が上がったのか、知恵熱ではないでしょうけど」。

同月23日のDeNA戦を8-7の乱打戦で制すると
「何かもう、記憶が薄れて」。

8月15日のDeNA戦で沢村が打たれ、
「骨の髄から汗が出るほど頑張ってほしかった」。

同月24日のDeNA戦で23打席連続無安打の坂本が本塁打を打ち
「サインはホームラン。見事にサイン通りだった」。

9月7日の阪神戦で村田が本塁打し、
「レベルの高い高級なホームランだった」。

同月17日の中日戦に勝ってリーグ優勝へのマジックナンバーを3とし、
「凪の状態ですね。高揚することなくたかぶることなく、日ごろの野球ができている」。

ちなみに昨季の代表作は、一軍に戻ってきた東野(現オリックス)に
「負けたらどうなるか分かっているな。糧より勝て」。

守備でミスをした亀井には
「一晩中、寝ないで反省してほしい」。

打撃不振で途中交代させた村田に
「明日また元気で会おうじゃないか。今日はまかせろ。もう帰っていい」
など。

独特の言語感覚

現役のときから、独特の言語感覚はあったが、2006年に監督復帰してからは、原監督らしさが顕著になったように思う。

それには2つの理由があって、まず師匠と仰ぐ元巨人監督の故藤田元司氏の影響だ。
藤田氏は選手をほめてのせるが、チームが精神的に緩まないように配慮したコメントをしていた。
原監督もそのスタイルを踏襲しようとしているが、少しすべってしまうのだ。

原監督は1995年の引退セレモニーで
「巨人軍には、巨人軍独特のなんびとにも侵すことのできない聖域があります。私はこの15年間、それを肌で感じ、守ってまいりました」
と話した。
巨人軍の聖域とは、巨人の4番は球界の4番であり、監督は日本野球界のトップというプライドだ。
原監督は現役のときから
「自分のコメントはスポーツ紙の一面になる」
という意識があった。
それゆえ定形的な答えで逃げればいい質問にも、リップサービスをしようとするので、“迷言”が生まれてしまう。

「原ワールド」は永遠に…

こういう“いじりがい”があるから、原監督への「愛」も芽生える。
森祇晶・元西武監督、落合満博・元中日監督のように、
「勝ちさえすればいい」
というオーラを感じると、どこか応援しようという気も萎える部分があるような気もする。
ファンの親近感をつくるという要素も、プロ野球の監督には必要だ。
そういう意味で言えば、森氏、落合氏は知将ではあっても、名将ではない。
近年の名将なら、存在感だけはピカ1の楽天・星野仙一監督、マスコミ対策や話題づくりがうまい故・仰木彬氏、野村克也氏らだろう。
「原ワールド」がある限り、巨人軍は永久に不滅です。

(運動部編集委員)






ヤクザに愛人の存在をバラすぞと恐喝されて1億円払った原辰徳は、本質的に人間が芯から腐っています。

さらに原辰徳は頭がすごく悪い男で、出てくるセリフはもの凄く軽く、中身が全く無い笑止千万なものばかりです。

更に原の采配はその試合その試合を勝つだけの非常に短絡的なもので、深淵な落合采配と比較してバカ丸出しの采配でした。

そんな事はドラゴンズファンにとって常識なのに、この巨人ファンの産経新聞社の記者は、必死で原辰徳を大絶賛し、必死で落合監督をディスっています。

野球を見る目が無く、単なる私心の巨人ファンを全開にして狭い視野の三流大嘘記事を書く村田雅裕、この三流巨人ファンのマスゴミ記者をドラゴンズファンはよく記憶しておきましょう。

村田雅裕は、単なる巨人ファンの三流無知無能マスゴミ記者である、という事実を。


















にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram






















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

確か

詳しい数字はわかりませんが、売上部数でいうと、中日新聞>産経新聞であったと思います。所詮は、ブロック紙に勝てないエセ全国紙の戯言でしかありません。
そんなにドラゴンズをディスるんなら、最多勝投手とセ・リーグMVPがいるのに最下位になってしまった東京ヤクルトのフロントや監督について、見解を伺いたいものです。

66倍返し

産経は元旦に素晴らしい記事を1面にぶっ飛ばして、流石は産経だ!
と、親族一同で感動したのですが…。

スポーツに関してはショボいし、落合さんに対しては嘘記事ですね。
産経はスポーツ以外の記事に期待しています。

産経ファンの自分にとってもかなり残念な記事でした。
今後、産経は落合フクシ記者を落合番にするなりしないといけません。

村田雅裕

管理人様の仰る通りですよ。ドラゴンズのことは無知で何も知らないのに妄想だけで記事を書いて勉強不足も甚だしい。ドラゴンズファンの読者には村田雅裕は無能だということだけが十分伝わりましたね。素人以下の文章で 何一つ説得力がないし 本当にしょうもない記事で 正月から最低なものを読んでしまって時間の無駄でしたよ。村田雅裕はスポーツ記者として恥ずかしくないんですかね。こんな記者がいる産経新聞は終わってますね。

村田雅裕は『「原ワールド」がある限り、巨人軍は永久に不滅です。』とか書いてる記事がありますし 巨人ファンというのは間違いないでしょうね。                ↓  
http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130928/wsp13092818000007-n1.htm

No title

新聞の優劣は発行部数では決められないと思うけどな。
中日新聞を取ってる理由は、付き合い、TV番組表、チラシが目的っていう人は多いし、記事の中身を気にしてる人はそんなに多くないと思う。

国の基本政策では産経の方がまともだし、中日は、中国や韓国の太鼓持ち的な印象。
学生運動に失敗したやつが、お花畑的記事を掲載してる感じ。
中日のドラゴンズ記事もいい加減だしね。

危うし産経新聞

「落合」という文字を載せれば、私のような信者もアンチ落合もどれどれどんな事が書いてあるのかと注目するので、この手の連中は残念ながら存在しつづけるのでしょう。

しかし、メディアリテラシーのあるこちらのブログがある以上、そんな記事を載せる新聞の方が、やがては淘汰されるでしょう。

それにしても、この産経の記者達は自分の贔屓のチームがあるならば、そのことだけ書いていればいいのに、比較対象として落合GMを持ってきて腐そうとするから、その偏頗さが明らかになってしまいますね。

先の中村GMと落合GMを比較した記事がyahooに載り、そこで共感を得られたTOP3のコメントがこの3つですから。

「落合GMの力は阪神・中村GMとは比べものにならないほど絶大である←ここだけは否定のしようがないw」

「この記事でわかったこと。産経は落合が大嫌い。以上。ヤクルトのこともちょっとは気にかけてね。」

「結局記事の締めまで一貫して落合叩き。叩くんなら結果出せないのを見届けてからにしろ。妄想だけで叩かずに結果で叩けよアホ産経」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140105-00000517-san-base

田所某記者は、落合GMを無理して引っ張りだすより、久保康友投手FAで横浜へ放出→人的補償で鶴岡捕手獲得の阪神横浜の底抜けFAはないちもんめ話をネタにした方が楽しい記事になるかと思います。

村田某記者は、巨人の歴代FA選手の損得決算一覧でも書いたほうが、よほど世のため人のためになるように思えます。そうすると、必然的に落合GMを褒めてしまうことになるでしょうけども。

No title

自分はマスゴミwの記事などは眉唾というか端から意に介していませんが、新聞TVしか情報源を持たない世代の方には、まだ一定の影響力を持っている様で困ったものですね。
まあ、それも時代の流れにより淘汰されて行くと思います。あと10年くらいでしょうか?

しかし、無知もさることながら、ロクに知りもしない事を臆面も無く記事にしたり、意図的に偏向情報を流して憚らないマスゴミの『無恥』にはもう呆れるばかりです。憤りはとうに通り越しましたw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マスゴミ

マスゴミのアンチ落合記者は、ドラゴンズファンじゃない、ただそれだけ。

No title

はじめまして。今回初めてコメントさせていただきます。
落合さんの誹謗中傷の記事には最近うんざりしています。
なぜもっと勉強をしないのだろうか?この人たちは本当に記者さんなのかって思うような記事ばかりです
もっと勉強してから記事を書いてほしいものです。

No title

ドラゴンズファン≠中日新聞ファン
中日(東京)新聞読者でも、巨人ファンや阪神ファンがいるし、
朝日新聞読者でも巨人ファンは大量にいます。

ドラゴンズ中心に扱ってる中日系媒体なのに、ドラゴンズ関連の薄さが呆れることはありますね。

報知やデイリーの方が掘り下げていることもある。
もうちっと頑張れや<在名マスコミ
親会社が変わった方が、取材の競争が起こるんじゃないの?
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。