スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中日新聞社が愛知県のスポーツ振興に貢献しようとしないふざけた姿勢の件



















あの“フクシ君”が日本シリーズ中継!?
Ustreamでこぼれた落合監督の本音。


http://number.bunshun.jp/articles/-/61719


ochiai05.jpg


2010/11/09

誰が言ったか、不人気シリーズ。

稀に見る名勝負となったこの日本シリーズは、第1戦、第2戦、第5戦の地上波放送がないという前代未聞の事態もどっこい、「放送しなさい」という野球の神様の啓示か、第4戦(延長11回)、第6戦(延長15回)、第7戦(延長12回)という3試合延長戦突入の完全中継で、1試合+2イニング分を補てんした。

地上波放送のない試合も結果的には2試合が大差での決着となり、さらに第4戦の野村克也、第6戦の古田敦也・野茂英雄、第7戦の清原和博と、これまたビッグゲームにしか出てこないゲスト解説陣の貴重な話が(途中から寝ていたと噂される野茂英雄以外は)いつもより多く聞けたのだから、終わってみれば例年以上にがっつり観たという満腹感に溢れていたりする。

特に試合終了時刻23時54分。
シリーズ最長時間にして延長15回の大熱戦を完全中継した第6戦のフジテレビは、途中からCMが入らない緊急事態に陥りながらも、最後まで本当によくやりきってくれた。
その姿勢に敬意を表して、21時からの放送予定が0時10分開始になってしまった映画『バブルへGO!!』を眠い目をこすりながら観た野球ファンも多いのではないか。

今シリーズの報道側でMVPをあげるならば間違いなくフジテレビであろう。
敢闘賞は第4戦をこれまた完全中継のテレビ東京と、第3戦をちゃんと中継してくれたテレビ朝日というところか。

そしてもうひとつ、新人賞をあげたいメディアがある。

今回のシリーズではじめてその存在を知った、インターネットの動画共有サービス「Ustream」(ユーストリーム)という新メディアだ。


奔放すぎた幼き日のフクシ君が、立派な大人となって登場!

今回の日本シリーズ、すでにご存じの方もおられるだろうが、地上波放送のなかった第1戦と同時進行で、'87年のバブルにボーンした落合監督の御子息・フクシ氏が23歳の立派な青年となり
『「中日vs.ロッテ」日本シリーズ第1戦「フクシ君といっしょ! 観戦」 on Ustream』
なる番組を中継したのである。

このUstream中継は10月18日に発売されたフクシ氏の著作
『フクシ伝説 うちのとーちゃんは三冠王だぞ!』
(集英社)
の発売記念として企画され、10月21日のセ・リーグCSセカンドステージ中日vs.巨人戦の時に第1回目をネット上で中継。
予想外の好評を得たことから、この日のシリーズ第1戦に併せて第2回放送が行われたのだとか。

幼少期にはテレビ番組の収録中にテーブルの上で放尿をするなど、奔放すぎる言動がプロ野球ファンの間で伝説化されていたフクシ氏。
そのやんちゃな子供が186センチ、120キロの立派すぎる青年に成長した姿を拝めただけでもお宝ものなのだが、この中継にはそれ以上の衝撃内容が試合後に待っていたのである


試合直後の落合監督がフクシ氏のUstreamに生出演!

中日ドラゴンズ・落合博満監督の電話生出演。

しかも、試合終了直後の監督室から生電話という超とれたての産地直送。
メディアで語ることの少ない落合監督が、信子夫人とフクシ氏を交えるまさにトリプルクラウンの陣容で、普段は絶対に口にしないような発言を次々と連発した出来事は、ある意味、今シリーズ一番のスクープと言えただろう。

この放送を企画した、フクシ氏の書籍の担当編集者が語る。

「大事な試合を戦った直後の監督にこちらからご出演をお願いするなんて恐れ多くてできませんよ。監督の出演はフクシ氏と信子さんのホットラインにより実現したものです。1度目の放送時にも監督は出演してくれたのですが、それは勝ち試合の後。この日は負けた直後にも関わらず出演してくれたのですから……こちらも驚きました」

試合直後の落合監督の登場だけでも十分な驚きだったのであるが、それはまだ序の口。
その内容には、落合ファンもアンチも、こぞってひっくり返ることになる。


銀河系で唯一人。落合監督になんでも質問できる男。

「1回でダメだったら3回でも、4回でもやれ!」

これは第1戦の敗戦投手になった吉見投手への檄ではない。
フクシ氏の著書にある早漏に悩む若者からの相談に答える落合監督の言葉である。

もう一度言う。
あの、落合監督の言葉である。

何をどうすればこんな事態になるのか、意味がわからない。

思い起こすのは昨年のセ・リーグCSでの試合後だ。
落合監督はインタビュアーの質問にことごとく不機嫌に答え全国を凍りつかせた。
その姿勢が批判を浴び、中日・白井文吾オーナーの下には「落合ヤメロ」の投書が殺到したそうだが、あのインタビューで何よりも背筋を凍らせたのがプロ野球マスコミ関係者である。
昨年のCS以降、落合監督をインタビューした人の話を直接聞いたことはないが、インタビューに挑んだ人間はきっと、質問事項を練るだけでノイローゼ気味になっていたことは容易に想像できる。
そんな難易度ウルトラ“D”のインタビュー相手に、
「早漏の解決方法を教えてください」
である。
落合監督へこんな質問が許される人間は、銀河系で唯一人、フクシ氏だけであろう。


“とうちゃん”が心配。本当の姿を知ってもらいたい……。

フクシ氏はCS時の第1回中継でも落合監督から
「グラウンドは笑う場所じゃない、俺らの時代はそう教えられたから」
「(本音を)新聞記者に話すわけないじゃない」
などの金言を引き出すほか、信子さんからも
「(監督が)俺って外国人に関する目利きが甘いよな、と言っていました」
なんてセサル……いや、衝撃情報を引き出している。
落合監督も、フクシ氏も、信子夫人も、なぜこんなにアグレッシブなのだろうか。

再び担当編集者。

「フクシ氏がこの企画を受けてくれたのも、
『とうちゃんはグラウンドではあまりしゃべらないから、世間から誤解されやすいでしょ。だからありのままの姿を世間の人たちに知ってもらうため』
と言っています。落合監督は監督で、本当に裏表のない人ですから、今回の出演も発言も、フクシ氏をみんなに可愛がってもらうために俺が一肌脱ごういう心意気からだと思います。いろいろ言われますが、落合家の絆は21世紀の日本には絶滅寸前になってしまった本当に親密な絶対的関係ですよ。他人ではこれらの話を聞きだすことは絶対に無理でしょう。書籍の元になった週刊プレイボーイ誌上での連載をはじめる時にも
『週刊誌なんて“あ”と言ったら“不倫”と書かれるとこだぞ』
と、落合家の家族会議で監督だけがメディアへの不信感を口にしたそうですし、連載中も
『オマエらは何をやりたいのかサッパリわからん。年間の計画表を持ってこい』
と、取材姿勢への厳しいお言葉も何度もいただきましたし……」

落合監督の声は、ごくごく普通の優しい父親の声だった。
さて、肝心の日本シリーズ第1戦直後の監督生電話である。
フクシ氏と落合監督のやりとりは両者の「あいよ」というフランクな挨拶からはじまった。

その語り口は、甘い。
字面では伝わらないほどに甘い。
どこにでもいる優しい父親の声である。

フクシ氏
「今、生放送していて1500人ぐらいの人が…」

監督
「1500人しかいないのか? 球場は3万8000人いるのに、そこは1500人か。そらオマエ、さみしぃね1500人ぐらいじゃ~」

フクシ氏
「今日負けちゃったね」

監督
「うぅん」

フクシ氏
「なんで負けちゃった?」

監督
「相手より点数が少ないから負けちゃった」

フクシ氏
「みんなね、監督がショボくれて元気ないんじゃないかって言ってるよ」

監督
「負けていちいちショボくれていちゃこの仕事できないよ。お前じゃ絶対ムリ(中略)シーズン中とこれ(日本シリーズ)意味合いが違うんだ。シーズン中は何個勝たなきゃ優勝できないっていう目安がないだろ。これは4つ勝ちゃいいんだもん。3つまでは負けられるんだ。自動的に」

フクシ氏
「初戦終わってどうだったの?」

監督
「こんなもんだぁ。負ける時はこんなもんだぁ。相手が勢いがあったんじゃない。ウチが下手な野球をやっただけだよ」


フクシ氏の願い通り、監督の素顔を知ってファンが増加!

その他、ゴミ出しの話、アニメの話、映画の話、信子夫人が昔は痩せていた話などなど、面白過ぎる親子の会話は約13分間続いた。

なかでも印象的だったのが、フクシ氏の
「俺は父ちゃんの七光りで食ってるんだもん」
発言である。

その発言を聞いた落合監督は
「オマエ、俺の七光りで食ってんの? はじめて俺に言ったなぁ。オマエ、オマエ……はじめて俺に言ったなぁ……」
と、息子の成長に感激しきり。
これがあの、勝利のために一切の情を排し、無駄口を叩かず、冷徹に選手を斬り捨ててきた落合監督なのか。
正直、今までの印象が180度ひっくり返ってしまった。

担当編集者は言う。

「放送後も、ファンの人がネットに書き込んだ
『落合監督ってあんな人だって知らなかった。放送を聞いて好きになった』
という一文を見て、フクシ氏は本当に喜んでいました。ただ、あれ以来、僕のところにはフクシ氏への取材依頼が殺到しているのに、彼は名を上げたいとか、本を売りたいとかいう私心がまったくないので、一切出演してくれないんですよ。おかげで、マスコミ各社からは僕が匿ってんじゃないかって疑われているみたいで。担当編集としては本を宣伝したいから出て欲しいんですけどね(苦笑)」


フクシ氏のUstream中継は新たな野球中継の可能性も!?

熱戦の裏側で、こんなサイドストーリーが生まれていた今年の日本シリーズ。

地上波放送がなくなるのも時代ならば、こういう新しい楽しみが生まれるのもまた時代。
来年は地上波放送にも巻き返しを期待したいが、今回のフクシ氏のUstream中継は、新たな野球中継の可能性を感じさせてくれるトピックとなった。

担当編集者によるとフクシ氏から近々大発表があるらしいとか。

ストーブリーグに突入するこのオフ、野球界もさることながら、球界のロイヤルファミリーならぬトリプルクラウンファミリー、落合家からも目が離せない。




























2013年11月12日、中日ドラゴンズ公式サイトに、小さな写真2枚とともに、少ない文章のドラゴンズ関連のニュース記事が掲載されました。

この記事です。
    ↓


名古屋市トップ・スポーツ評議会設立

http://dragons.jp/news/2013/13111201.html

2013/11/12
名古屋を活動の拠点とするトップ・スポーツチームと名古屋市、公益財団法人名古屋市教育スポーツ協会との間で連絡協議会が設立され、11月12日に名古屋市公館で同協議会の設立発表会見が行われました。

会見には名古屋グランパスをはじめ12チームが会見に出席、中日ドラゴンズからは秋季キャンプ中とあり、選手の出席ができなかったことから「ドアラ」が代理として登場、
「スポーツのつながりで、なにかしらがんばります。よろしくお願いします」
と筆談を披露しました。

doalasports3.jpg

doalasports4.jpg



    ↑
これだけ見ても、なんのこっちゃよくわからないので、他サイトのニュース記事を検索してみたところ、いろいろと重大な事が判明してしまいました。


まず、この毎日新聞の記事をごらんください。
    ↓


スポーツ連絡協:地元チーム盛り上げよう 名古屋市と12チーム、12日に設立 野球、サッカー選手ら参加 /愛知

http://mainichi.jp/area/aichi/news/20131108ddlk23050087000c.html

毎日新聞 2013年11月08日 地方版

名古屋市は7日、名古屋を拠点にしているスポーツチームを盛り上げるため、プロ野球の中日ドラゴンズやサッカーJ1の名古屋グランパスなど12チームと連絡協議会を設立すると発表した。
各チームの選手らが参加し、12日に設立を発表する。
市教委によると、12チームが参加する行政との連携組織は全国で最大規模という。

市教委スポーツ振興課によると、昨年11月に複数チームによる合同での催しを初めて開き、連携強化を模索していた。
今後、各チームの実務担当者らが会合を開き、子供への指導を共同して行うなど、市民にスポーツに親しんでもらう機会を増やすよう意見を出し合うという。

名誉会長には河村たかし市長が就く。
同課は
「互いのチームの相互交流が促進されるようにしたい」
と話している。


他の参加チームは次の通り。

名古屋オーシャンズ(フットサル)
名古屋フラーテルホッケーチーム(男子ホッケー)
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋(男子バスケ)
豊田通商ファイティングイーグルス名古屋(同)
トヨタ自動車アンテロープス(女子バスケ)
三菱電機コアラーズ(同)
大同特殊鋼Phenix(男子ハンドボール)
HC名古屋(女子ハンドボール)
大同特殊鋼レッドスター(男子バレー)
名古屋サイクロンズ(アメフト)




名古屋市が主導権を持って、


・名古屋を拠点にしているスポーツチームを盛り上げるための組織

・プロ野球の中日ドラゴンズやサッカーJ1の名古屋グランパスなど12チームと連絡協議会を設立

・子供への指導を共同して行うなど、市民にスポーツに親しんでもらう機会を増やす


という事だそうです。

要するに、

名古屋の超一流スポーツチームが、プロアマ問わず愛知県民の小学生にスポーツ指導を行う機会を、教育委員会を中心に活発化させ、チームは一般市民にアピールする機会を与えられるWINWINの関係を構築。

ということですね。

とても意義のある、素晴らしい取り組みだと思います。


・・ところがこの記事、本日の中日新聞では、

「名古屋市が地元のチームに肩入れする事はできなかったが、協議会を作ると肩入れできる。」

という記事になっていました。

いかにも、

「中日球団以外のチームが盛り上がるのは嫌だ。」

という論調でした。

中日新聞は相変わらず信用できないクズ新聞社だと思います。


スポニチの記事を見てみましょう。
    ↓


ドアラ!楢崎! 名古屋市が12のスポーツチームと協議会

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/12/kiji/K20131112006998581.html

sanspodoala.jpg
名古屋市と連絡協議会を設立し、写真に納まる地元スポーツチームの選手ら

名古屋市は12日、中日ドラゴンズやJ1名古屋グランパスなど、地元12のスポーツチームと連絡協議会を設立した。
選手による学校訪問やイベントへの参加といった取り組みを通じ、地域の活性化を図る狙い。
市によると、行政との連携では全国で最大規模という。

名誉会長に就任した河村たかし市長は同日、所属チームのユニホームを着た選手らと市内で記者会見し
「形式にとらわれず面白くやろう」
と呼び掛けた。

グランパスのGK楢崎正剛は
「地域の皆さんにさまざまなスポーツを知ってもらいたい。市長には環境の整備をお願いします」
と笑顔で応じ、ドラゴンズのチームマスコット「ドアラ」は
「スポーツのつながりでなにかしらがんばりたい」
と紙に書き、意気込みを示した。

協議会に加盟したのは他にバスケットボールやホッケーなどトップリーグに属する計8競技のチームで、参加する選手らは子ども向けのスポーツイベントに参加したり、遠征先で名古屋市の観光をPRしたりする予定。
各競技の観客数や競技人口の増加も図る。
市は今後、協議会の愛称を市民から公募する。
[2013年11月12日]



    ↑
スポニチの記事によると、


選手による学校訪問やイベントへの参加といった取り組みを通じ、地域の活性化を図る狙い。
市によると、行政との連携では全国で最大規模



ということで、この協議会の設立により、授業時間中の公立の小中学校に超一流のスポーツ選手が訪問することができるようになり、子供たちには大変素晴らしい教育の機会が与えられる事になります。

この非常に意義深い協議会の設立にあたり、日本を代表する超一流ゴールキーパーであるなら先選手が、


グランパスのGK楢崎正剛は
「地域の皆さんにさまざまなスポーツを知ってもらいたい。市長には環境の整備をお願いします」



と大真面目にコメントし、名古屋市内の子供たちへのスポーツの指導を通じた社会貢献という正しい理念に燃えておられます。

さすが超一流GKの楢崎選手、とても人物としても超一流です。


ところが、中日新聞社の態度はどうでしょうか?


トヨタ自動車がグランパスの超一流選手の楢崎選手を送り込み、この名古屋市の素晴らしい取り組みを後押ししようという姿勢をみせているにも関わらず・・・

・・中日新聞社は、ドアラを送り込んできました



無礼にも程があるでしょう。
    ↓


【中日】ドアラが協議会で会見 筆談も

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131112-1217295.html

doalasportsk.jpg
会見に参加したドアラ。
右から2人目は河村市長、右端は名古屋GK楢崎

名古屋トップ・スポーツチーム連絡協議会(仮称)の設立発表会見が12日、名古屋市内で行われた。

名古屋市を拠点に活動する12のトップ・スポーツチームの代表が出席。
名古屋市の河村たかし市長らとユニホーム姿でそろって会見した。

プロ野球の中日ドラゴンズを代表して出席した人気マスコットのドアラは得意の? 筆談で抱負を表明した。




    ↑
ドアラが悪いと言っているのではなく、ドアラを送り込んできた中日新聞社の無礼千万な態度について指摘しているのです。

中日新聞社は、昔から地域貢献に消極的な殿様商売なところがあって、非常に不愉快です。

名古屋人として、本当にイライラします。

中日新聞社は、楢崎選手に謝罪してもらいたい。

ドアラも場違いな場に放り込まれて、中日新聞社の被害者です。

会見中は、ドアラもさぞ変な汗をかき続けていたことでしょう。

ドアラにも気の毒です。

中日新聞社は、河村市長にも失礼ですし、楢崎選手にも失礼ですし、オーシャンズの選手にも、他のチームの選手にも全員に謝罪行脚をするべきです。

中日新聞社のなんというふざけた態度、中日新聞社のなんという殿様商売で排他的な態度、中日新聞社の地域貢献に全く協力的でないこのふざけた姿勢に、名古屋人として非常に強い憤りを覚えずにはおられません。


ましてやこの小学校訪問(シーズン中)については、選手会長の吉見投手もさんざん球団に要求してきたことで、それを一切聞きいれてこなかった中日球団の態度の裏に、こういう中日新聞社の思惑があった事が改めて露わとなり、名古屋人の1人としてもドラゴンズファンの1人としても、中日新聞社のふざけた態度に怒り倍増です。


腐った中日新聞社の社員と、腐った中日球団の職員は、恥を知ってもらいたいです。


中日球団サイトとの比較対象として、他のサイトの状況はどうなっているのかを見てみましょう。


トヨタ自動車の姿勢と、グランパス球団職員の仕事っぷりを見てみます。

名古屋グランパスのサイトに載っている、連絡協議会設立発表の様子について、この文字数の多さと、写真の多さを見てください。
    ↓


「名古屋トップ・スポーツチーム連絡協議会」設立発表記者会見の模様

http://nagoya-grampus.jp/information/hometown/2013/1112post-108.php

11月12日(火)、名古屋市公館レセプションホールにおいて、「名古屋トップ・スポーツチーム連絡協議会」設立発表記者会見が行われ、名古屋市を本拠地とするトップ・スポーツチームのアスリート等が集合し、名古屋グランパスの代表として、楢崎正剛選手が出席いたしました。

doalanarasaki.jpg


名古屋グランパスのホームタウンである名古屋市では、この地を拠点とするトップ・スポーツチームが数多く活動しており、それぞれのチームがスポーツ振興を始めとした、様々な事業を実施してきました。

そして、この度、トップ・スポーツチームと名古屋市、公益財団法人名古屋市教育スポーツ協会との間で、話し合う機会を持ち、連携を深めながら共に事業を実施していくための組織として、この連絡協議会が設立されることになりました。

記者会見では、河村たかし名古屋市市長による挨拶が述べられた後、名古屋市教育委員会下田一幸教育長より今回の協議会の設立主旨と今後の事業展開が説明されました。

各チームを代表して出席した選手等による挨拶では、

「Jリーグは20周年を迎えていますが、『地域をスポーツで盛り上げる』という、この協議会と同じようなコンセプトを『Jリーグ百年構想』という形に掲げて20年前にスタートし、名古屋グランパスも名古屋市と共に色々なホームタウン活動を行ってきました。今回の協議会ができたことをきっかけに、サッカーとは違うスポーツのアスリートの方々と共に、自分も積極的に関わりながら色々な活動を行いたいと思います。」

と、楢崎選手も力強い言葉を述べました。


◇連絡協議会参加チーム

 ・中日ドラゴンズ(野球)
 ・名古屋グランパス(サッカー)
 ・名古屋オーシャンズ(フットサル)
 ・名古屋フラーテル(男子ホッケー)
 ・三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋(男子バスケットボール)
 ・豊田通商ファイティングイーグルス(男子バスケットボール)
 ・トヨタ自動車アンテロープス(女子バスケットボール)
 ・三菱電機コアラーズ(女子バスケットボール)
 ・大同特殊鋼ハンドボール部フェニックス(男子ハンドボール)
 ・HC名古屋(女子ハンドボール)
 ・大同特殊鋼レッドスター(男子バレーボール)
 ・名古屋サイクロンズ(アメリカンフットボール)

----------------

今後、この協議会では、市民スポーツの振興や青少年の育成に取り組み、市民の皆さまに愛着を持って地元チームを支援して頂ける環境を熟成し、地域の活性化や都市魅力の向上にも寄与することを目的に、より多くの機会を提供していくとともに、スポーツチームと行政が一体となって、名古屋の街を盛り上げていく予定です。

doalanarasaki4.jpg

doalanarasaki7.jpg

doalanarasaki5.jpg

doalanarasaki3.jpg

doalanarasaki6.jpg


doalanarasaki2.jpg

doalanarasaki8.jpg




    ↑
この記事に載っている、楢崎選手の発言については、
    ↓

「Jリーグは20周年を迎えていますが、『地域をスポーツで盛り上げる』という、この協議会と同じようなコンセプトを『Jリーグ百年構想』という形に掲げて20年前にスタートし、名古屋グランパスも名古屋市と共に色々なホームタウン活動を行ってきました。今回の協議会ができたことをきっかけに、サッカーとは違うスポーツのアスリートの方々と共に、自分も積極的に関わりながら色々な活動を行いたいと思います。」

と、楢崎選手も力強い言葉を述べました。



    ↑
この発言は、トヨタ自動車とグランパス球団の姿勢を代弁するために、楢崎選手ほどの超一流の選手がわざわざこの会見に来てくれたということが良く判ります。

楢崎選手も相当、トヨタ自動車の社員やグランパス球団職員と打ち合わせを重ねてきているな、ということがうかがい知れるこの発言内容です。


それにひきかえ、ドアラのふざけた筆談は一体なんなのでしょうか?

無礼すぎるでしょう。

何度も言いますが、ドアラが悪いのではなくて、ドアラを送り込んできた中日新聞社のふざけた態度に腹が立ってしょうがないです。

大真面目に会見に取り組んでいる楢崎選手に失礼すぎます。

例えば、これが逆の立場だったらどうでしょうか?

もしも、この会見に吉見選手会長が出席し、大真面目に発言している横で、グランパスの選手が出席していない状態で、代わりにグランパス君が座っていたら、ドラゴンズファンはどう思うでしょうか?

grunpuskun.jpg

もしもそんな事があったとしたら、吉見投手がまじめに会見に臨んでいるのに、グランパスふざけんなよ、とドラゴンズファンは思うはずです。

そんなありえへん事が、実際に起きてしまったのです。

楢崎選手がまじめに会見に臨んでいるのに、ドアラが同じ会見席に座っているのです。

あまりにも無礼すぎます。

何度も言いますが、ドアラが悪いのではなくて、ドアラに会見出席を命じた中日新聞社のふざけ切った態度について指摘しています。

ドアラには何の罪もありません。

「ドラゴンズの選手を会見場に送り込まなくても良いから、ドアラでも送り込んでおけ」

というナメた判断を下した中日新聞社のふざけた態度を糾弾しているのです。

中日新聞社には、会見での無礼に謝罪声明を出してもらいたいです。



名古屋オーシャンズのサイトを見てみましょう。
    ↓

名古屋トップ・スポーツチーム連絡協議会 設立発表 記者会見

http://www.nagoyaoceans.com/news/gallery/7105.html

11月12日(火)
名古屋トップ・スポーツチーム連絡協議会(仮称) 設立発表 記者会見が行われ、名古屋を活動の拠点とするトップ・スポーツチーム12チームが集まり、名古屋オーシャンズからは吉川智貴選手が出席いたしました。

nagoyaoceans1.jpg

nagoyaoceans3.jpg

nagoyaoceans4.jpg

nagoyaoceans.jpg

nagoyaoceans5.jpg

nagoyaoceans2.jpg



    ↑
名古屋オーシャンズも、選手がおおまじめに会見に臨んでいます。

名古屋オーシャンズの試合が金城埠頭で行われている事すら知らないオッサンが多い名古屋において、これから大いにアピールしていくチャンスであり、協議会の活動にはこれからもオーシャンズは力を入れて行く事でしょう。

逆に中日新聞社はそういう活動を妨害したいでしょうけどね。

地域貢献よりも中日新聞社の殿様商売の利権保持最優先の中日新聞社の態度は、本当にひどいと思います。

こういう地域活動は共存共栄、自分だけが栄えればいいとか、そういうしょうもない中日新聞社の態度は、これを最後に大いに猛省し改めてもらいたいものです。


ドアラ自身も、そういうあまりにも場違いな場に放り込まれてしまった事に大いに変な汗をかいていた様子で、自身のブログで以下のように書いています。
    ↓


名古屋トップ・スポーツチーム連絡協議会設立発表

http://gree.jp/doala/blog/entry/674934952


どうもドアラです。

名古屋公館です。

名古屋トップ・スポーツチーム連絡協議会設立発表に出ました。


名古屋のいろんなスポーツ選手がいました。

ちょっと緊張しました。

自分だけなにか違う雰囲気もありました…



なにかしら頑張ろう!!

doalasports.jpg

doalasports2.jpg




    ↑
かわいそうなドアラ、中日新聞社のふざけた姿勢のせいで、本当に気の毒だったと思います。

ドアラ自身には罪はありません。

悪いのは中日新聞社です。

中日新聞社のふざけ切ったクソ社員どもは、大いに反省するように。

お前らほんまにいい加減にしろよな。・・・と言いたいです。

名古屋人として、ドラゴンズファンとして、非常に恥ずかしいこの中日新聞社のふざけきった態度・・恥知らずにもほどがあるでしょう。


この協議会発足のニュースですが、非常に意義が高く、全国で報じられているニュースです。

たとえば河北新報ですが、河北新報は岩手県の新聞社ですが、名古屋市のスポーツ連絡協議会発足のニュースを報じています。
    ↓


名古屋市がスポーツで連携 地元チームと地域活性化へ

http://www.kahoku.co.jp/news/2013/11/2013111201002107.htm

doalasportskh.jpg
名古屋市と連絡協議会を設立し、写真に納まる地元スポーツチームの選手ら=12日午後、名古屋市公館

名古屋市は12日、プロ野球中日ドラゴンズやサッカーJリーグの名古屋グランパスなど、地元12のスポーツチームと連絡協議会を設立した。
選手による学校訪問やイベントへの参加といった取り組みを通じ、地域の活性化を図る狙い。
市によると、行政との連携では全国で最大規模という。
名誉会長に就任した河村たかし市長は同日、所属チームのユニホームを着た選手らと市内で記者会見し
「形式にとらわれず面白くやろう」
と呼び掛けた。




静岡の新聞社も報じています。
   ↓

http://www.at-s.com/news/detail/846614022.html


東海地方のローカルニュースというよりは、名古屋市がその地域のスポーツチームの振興に乗り出し、そして地域の子供たちが一流スポーツ選手から教えてもらえるという、大変意義のある機会を設けたという素晴らしいニュースを、全国の新聞社が報じているのです。


それなのに、中日新聞社はその協議会発足の場にドアラを送り込み、協議会発足の設立意義そのものをバカにしたような態度をとりました。


ふざけるにも程があります。

中日新聞社は、全国にその恥をさらしました。

中日新聞社、あまりにもアホすぎでしょう。



このたびの協議会設立にあたっては、すでに広島にそのモデルがあるのですが、
    ↓


topshiroshima3.jpg

http://www.tops-h.net/

私たちの名前 トップス広島

正式名称:NPO法人広島トップスポーツクラブネットワーク

私たちが目指すもの    「オール広島 オール・スポーツ」の実現

●すべての広島の人々が、すべての広島のスポーツ(チーム・選手)を応援するような、郷土愛ふれる広島の実現に向けて努力します。

●多くの人々が、単一の競技種目にとどまらず、さまざまなスポーツに接する機会をつくり、する人・みる人・支えている人、すべての人で感動を分かち合い、「スポーツって素晴らしい」「スポーツって楽しい」と思ってもらえるよう努力します。

●そして、夢と潤いのある「スポーツ王国ひろしま」の実現と地域の活性化に貢献したいと考えています。

●そのために、私たちが率先して、競技種目の枠を超え、協力していきます。

topshiroshima.jpg
おかげさまで発足10周年を迎えました
これからも広島のスポーツ界を盛り上げていきます!



    ↑
このサイトのホームページに載っている写真を見ると、参加スポーツチームの選手達が大勢で写真撮影をしています。

その写真の中央の後方に、数十人の広島カープの選手達の姿が写っています。
   ↓

topshiroshima2.jpg


広島の一流スポーツ選手達が、その主旨に賛同し、広島の地域の人々とのふれあいを続け、もうその活動は10周年に及んでいるというのです。

その素晴らしい活動を名古屋でも行おうと、このたび協議会が設立され、名古屋市長や楢崎選手が出席している会見に、ドアラがいる・・

あまりにもふざけた、中日新聞社の態度です。

こういうのを見るたびに、

「嗚呼、やっぱり中日新聞社は名古屋人の恥だ」

という思いを強くします。



さて、ここで再度、中日球団の公式サイトに載っている記事を見直してみましょう。
    ↓


名古屋市トップ・スポーツ評議会設立

http://dragons.jp/news/2013/13111201.html

2013/11/12
名古屋を活動の拠点とするトップ・スポーツチームと名古屋市、公益財団法人名古屋市教育スポーツ協会との間で連絡協議会が設立され、11月12日に名古屋市公館で同協議会の設立発表会見が行われました。

会見には名古屋グランパスをはじめ12チームが会見に出席、中日ドラゴンズからは秋季キャンプ中とあり、選手の出席ができなかったことから「ドアラ」が代理として登場、
「スポーツのつながりで、なにかしらがんばります。よろしくお願いします」
と筆談を披露しました。

doalasports3.jpg

doalasports4.jpg



    ↑
中日球団サイトには、とても言い訳がましく、


「中日ドラゴンズからは秋季キャンプ中とあり、選手の出席ができなかったことから「ドアラ」が代理として登場


と書いてあります(笑)。

この協議会の場にドアラを送り込んでしまった大失態に、中日球団職員(=中日新聞社から左遷されてきたやつら) は、

「なぜあの場にドアラを送り込んだんだ!」

と責任を問われる前に、言い訳を書いているところがミエミエで、本当にしょうもないなと思います


11月12日というと、ナゴヤ球場で練習試合をしていた時ですね。

吉見選手会長はヒジをケガしているので試合には出られなかったので、会見に出席する事は可能だったはずです。

そもそも、楢崎選手だってJリーグのリーグ戦の真っただ中なのに出席してくれているのだから、秋季キャンプだから吉見選手会長が出席しないという理屈は、全く通りません。

百歩譲って吉見投手がこの会見に出席できなかったとしても、全治3週間の肉離れのケガをした武藤投手や、藤井選手がいますので、代理で出席してもらっても良いでしょう。

それすらもせず、ドアラを出席させた中日新聞社の態度は非常にふざけ切った態度で、楢崎選手を始めとした他の11チームの選手全員をバカにした態度は、中日新聞社の謝罪声明待ったなしの状態です。


中日新聞社は、会見場にユニフォーム姿で出席してくれた選手全員をバカにしたばかりではなく、その選手の所属する11チームすべてをバカにした態度を取ったということでもあります。

さらに中日新聞社は、名古屋の地域住民をもナメ切ったふざけた態度を取ったとも言えます。




中日新聞社の本音としては、名古屋市の小学校訪問を増やすように要求していた吉見選手会長をこの会見に送り込みたくなかったのでしょう。

吉見選手会長は地域住民との交流の場をもっと増やすように要求していましたし、グランパスの選手とも交友関係が深く、コラボして何かできないかという発言を、サンドラでも行っていました。

それはグランパスの宣伝になるので、中日新聞社としてはどうしても阻止したかったのでしょう。


だから中日新聞社は吉見選手会長をこの会見場には出さず、ドアラを送り込んだのです。
中日新聞社のいつもの隠蔽癖で、吉見選手会長を隠蔽したのです。


yoshimimorinoticket.jpg



しかし結果的には、中日新聞社の腐った思想と態度が、逆に明らかになるという結末とあいなりました。

吉見選手会長を隠蔽することで、逆に中日新聞社が何を隠蔽したいと考えているのかが明らかになるという、非常に皮肉な結果です。

中日新聞社はマジでいい加減にしてもらいたいです。

そんな狭い了見で、何を成し遂げられるというのか?

名古屋人として、非常に恥ずかしい態度です。


中日新聞社がそういう態度だから、名古屋人は閉鎖的で了見が狭いとか全国的に悪口を言われる事になるのです。

中日新聞社は、本当に名古屋人にとって恥でしかない存在です。




なんでこんな恥ずかしい会社がドラゴンズの親会社なのか、1ドラゴンズファンとして、1名古屋人として、心底うんざりします。

今度この協議会に中日新聞社がどのような態度で臨んでいくのか、注目していきたいと思います。

吉見投手の過去の要求が受け入れられるのか否かによって、中日新聞社と中日球団の態度が明らかになりますから、丸わかりです。


それよりも、

「なぜこんなクソ会社がドラゴンズの親会社なのか?」

という思いの方が強いですが。


ドラゴンズの親会社がトヨタ自動車になって欲しいと願うばかりです。


中日新聞社は神奈川新聞社や西日本新聞社のようになって、マリノスとベイスターズ、アビスパとホークスを双方ともきちんと分け隔てなくきちんと地域スポーツを一生懸命に応援するまともな地方紙になってもらいたいものです。

それができないのなら、中日新聞社はマスコミとしての資格がないし、ドラゴンズの親会社であることを強い意志で拒否したいです。

最近は中日新聞に、「グランパスは軽めの練習で低迷した」とかいう特集記事を書いていましたが、そんなのは高木竜の話なのに、何を偉そうに上から目線でグランパスを非難しているのか、本当に不思議でした。

中日新聞社という会社は、日常的にいつも「お前が言うな」状態になっていて、本当に恥ずかしい会社になっているし、名古屋人として本当に恥ずかしくふざけた地元の新聞社だと思います。


























名古屋市トップ・スポーツ評議会に、今池プロレスも入れて欲しいです。




https://ja-jp.facebook.com/pages/%E4%BB%8A%E6%B1%A0%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9/175011762574791


http://youtu.be/Mmr_Gk-7Hos


http://youtu.be/I63CIf5Mb9k


http://www.youtube.com/results?search_query=%E4%BB%8A%E6%B1%A0%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9+.&sm=12


http://www.youtube.com/watch?v=i3nfdPPoBqU&feature=share&list=PL2921CC08AF1FB972


http://chuplus.jp/blog/article/detail.php?comment_id=794&comment_sub_id=0&category_id=237


http://www.fantasista-atr.net/fighters/nori_da_funkyshibiresasu/


http://profile.ameba.jp/kimozenkenji/



http://artedit-j.com/rabo/entertainment/sports/sasuke/












にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram
















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

66倍返し

中日新聞社は反日新聞である為に、どうしても日本の将来を背負う子供達に夢を与えずに国力を衰退させようとしていますね!

自分も名古屋市立の小学校を卒業した人間として中日新聞社の報道には残念です。

そんな中でも落合GMはドラゴンズだけでなく、名古屋のスポーツ界を盛り上げてほしいものです。

管理人様が常々仰っているように、トヨタがドラゴンズを所有という手も有りだと思うんです。

名古屋駅前にあべのハルカスを越える地上66階、高さ366メートルの超高層ビル(通称ドラゴンズタワー)を建設し、66階には落合GMの部屋と落合博満記念館の名古屋分室を作り、一般人にも解放したら楽しいですね!
愛知県落合市ですから、落合GMには今以上に名古屋を盛り上げてほしいものです。

頑張れ、落合GM\(^-^)/

ドアラの弁明

まぁ、世間的にはゆるキャラブームなので、一匹くらい入れておいた方が絵面はいいと思います。絵面はですが…(^_^;)

小学生にとってプロのスポーツ選手に会ったことは、貴重な体験となり、思い出にもなるので、交流実施の際には、先日名古屋区の区民祭りに参加した大野投手や岡田投手のように、どんどん選手の参加をしてもらいたいですね。

No title

>まぁ、世間的にはゆるキャラブームなので、一匹くらい入れておいた方が絵面はいいと思います。絵面はですが…(^_^;)

ゆるキャラブーム?
このブームは別にいいんだけど、この総会でやることですかね?
市長は気軽にと言ってるけど、やろうとしてることは大真面目なんだし、ドアラ出してお茶らけてる場合ではないでしょ?

単体で区民祭り見たいなとこに呼ばれたわけじゃないでしょ?

No title

中日新聞は河村市長を叩くことに熱心なので、連携したくないのでしょう。

中日新聞の基本スタンスは
・公務員の給料下げ反対
・天下り賛成
・減税反対
など、お役所との癒着が激しいですから。

地域貢献力ゼロの中日新聞社

中日新聞社は地域社会貢献力が全くないクソ野郎どもの集団であることがはっきりした。
これが殿様商売人中日新聞社の正体であると言っても過言ではない。
楢崎に謝れ。

新聞社の管制体質について

今、スポーツ振興のことで中日新聞社が名古屋市や市民に対して、ふざけきった態度を執ったというがそれは中日新聞のみならずに読売や朝日・毎日・産経もそうだと言うか新聞社の管制自体が独裁政治国家そのものだから仕方がないことであろう!逆にこれはあくまでも噂だが今、渦中の題材に触れた中日新聞社の方だかその貴社の同一グループの放送局の番組視聴率が低迷していてその放送局と提携しているフジテレビの管制側に32年間続いたお昼のバラエティー番組の笑っていいともの今年(2014年)の3月末限りでの打ち切りを通告の働きかけをしているのではないかとの説もあるみたいだからまさに新聞社の上管制の威力はとてつもないことが今初めて伺えるのを知った程である!

陸上も入れて欲しい

トヨタ自動車陸上競技部%E

陸上も入れて欲しい

トヨタ自動車陸上競技部も入れて欲しいです。
窪田、早川、高林といった箱根駅伝のエース区間で活躍した選手、高校を卒業してすぐにチームの主力となった宮脇など有力選手が多いです。特に窪田と宮脇は五輪出場出来るほどの力のある選手です。


ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。