スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナゴヤ球場でのバットスイングの件
















先日の日曜日に、またナゴヤ球場へ行ってきました(笑)



shukicamp10131103.jpg

   ↑
この写真は、野手陣が打撃練習を行う中、投手陣がレフトポール際から外野フェンス沿いにライトポールまでの間をダッシュしているところです。

距離にして何mくらいでしょうか?


航空写真で見てみると、150mから160mくらいでしょうかね。
   ↓



大きな地図で見る


ここを5往復していました。

つまり、150m走を10本、これはきつい練習です。

左中間付近、バックスクリーン付近、右中間付近にコーチがいて、全力で走っていないと檄が飛びます。

さすがにほとんどの選手が、5本くらいになるとゴールした途端に倒れ込んでいました。

野手陣が黙々と打撃練習をする中、外野フェンス際を全力ダッシュする投手陣、昨年の秋季キャンプにはない活気あふれる猛練習がそこにはありました。


野手陣は野手陣で、打撃練習が終わると三塁ベース付近に移動し、走塁練習と、中日スポーツにも載っていた谷繁監督考案の、低い位置に水平に張られたネットの中で、低い姿勢で横移動しながら、何十回も左右にコロコロと転がした球を拾うという、足腰にキツイ練習を繰り返していました。


shukicamp10131103_2.jpg

    ↑
この写真は、打撃練習を終えたドニキが、渡辺コーチが左右にコロコロと転がす球を中腰の姿勢のまま左右に3歩から4歩で横移動しながら連続で球を拾って投げ返すという練習をやっている様子です。

これは見ているだけでもキツイ練習で、相当足腰が鍛えられること間違いなし。

この練習を終えた選手はほとんど全員がその場で倒れ込んでいました。

そして打撃練習が終わった後は、野手陣も外野フェンス沿いにレフトポールからライトポールまでの間を全力ダッシュ10本、野手も全員が倒れ込んでいました。

一旦選手全員がロッカールームに引きあげて、グランドから選手がいなくなりました。

この練習が終わって14時半くらいでしょうか。

昨年までのジョイナス秋季キャンプはここで終了していたのですが、ここから個別練習がはじまります。

ものすごくきつい走り込みの直後だから、30分くらい選手は誰も出てこないんじゃないかと思いましたが、数分後には福田選手と森越選手と育成の宋選手が出てきて、内野ノックが始まりました。

外野ではレフトとライトの二か所で守備練習、外野フェンス際では素振りが始まりました。

この個別練習が日没まで行われると中スポに書かれていましたが、まさにその通り。

まさに地獄、地獄キャンプです。

頼もしい落合式鬼キャンプが、ドラゴンズに帰ってきました。

とても頼もしいです。

CBCテレビのサンドラではアホの木俣が、

「きつい練習をすれば良いってもんじゃない。」

と、相変わらずアホな事を言っていましたが、東海テレビの峰竜太さんのドラHOT+ のゲストの鹿島忠さんは、

「秋季キャンプなんだから、気絶するくらいきつい練習をやって欲しい」

と言い、峰竜太さんも、そうですね、うん、とうなずいていました。

解っている人は解っている、ドラゴンズのキャンプは秋でも春でもきつくなければ意味が無い、そんななか、頼もしい練習が最下位されたことはとてもうれしいですね。




そんな中、特に注目したのは、外野フェンス沿いにバットを振り続ける選手達の姿です。

周平選手や直倫選手らがバット一本持って、外野フェンス沿いに、バットを一回振るたびに、一歩前へ進むという、地味なトレーニングです。

内野では森越選手と福田選手と宋選手のノックに、スタンドのドラゴンズファンは沸いていましたが、外野フェンス沿いのバットを振る選手達の姿に目が釘付けになりました・・まあちらちらと上田コーチと英智コーチが守備練習を行う様子も見てましたけど・・


shukicamp10131103_4.jpg

    ↑
フェンス沿いにバットを振る4人の野手の、右端が周平選手で、手前の守備練習を行う上田コーチと英智コーチと、平田選手、野本選手、藤井選手の写真です。



長嶋コーチ、新メニュー提案

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201311/CK2013110302000092.html

shukicamp10131103_5.jpg
レフトからライトまでの外野フェンス沿いを素振りをしながら移動する堂上直(右)と福田

谷繁新体制の地獄キャンプに新名物が誕生した。
外野を歩きながら素振りする2人の若手の姿を見て、谷繁新監督が
「オレも昔はよく(ポール間を)何度も往復させられた。素振りはマシンと違って抜けないんだよ」
とニヤリ。
若きころに体験したという『ウオーキング素振りトレ』が導入されたのだ。



   ↑
この練習については中スポで報道されている通りですが、この「素振り」というものは、非常に重要なんじゃないかと思われる対談の動画があるのですが、

   ↓



http://youtu.be/LZTdWSm3m_c



http://youtu.be/lbKx4LwldDU


  ↑

この松井秀喜氏と金本知憲氏の対談の動画の後篇において、素振りについて語っています。

注目すべきは金本知憲氏のバッティング理論の発言の中で、「バットスイング」について語っているところです。


金本「マシンとバットスイング、どっち派だった?」

松井「まあまあ、スイングですね。」

金本「俺もバットスイング派だった。あの松井のスイングスピードは、マシンでは身に付かないと思った。俺はとにかく、バッティングの中で、バッティング練習の8割はバットスイングだった。」

松井「僕もそうです。」

金本「でしょ?」

松井「僕が日本にいるときはずっとそうでした。」

金本「だよね。」

松井「僕はそれはもう、本当に、巨人に入ったばっかりのときから、長島監督からずっとそう教わっていて・・・」

金本「ああやっぱりそうなんだ。」

松井「はい、やっていましたんで。」

金本「松井そうじゃないかなと思っていた。」

松井「はい。その通りです。」

金本「日本に帰ったら若い奴らにそう言ってやってよ。今気持よーくマシンで打っている連中が多いから。」

松井「ははは(笑)、ああそうですか。」

金本「ははは(笑)そう、ほとんど、バットスイングするヤツほとんどいないから。」

松井「あー・・」

金本「素振りとか」

松井「なるほどねー、やらないですよね。」




この動画の印象があまりにも強烈で、どうしても頭から離れなかったのです。

金本選手の打撃練習の80%が、バットスイング(素振り)だったという、驚くべき事実。

「素振り」 と言わずに、「バットスイング」 と言い続ける金本知憲氏の、素振りにかける熱い思いを感じます。

そして松井選手も、打撃練習はマシンではなく、素振りを重要視していたという事実。

松井選手がマシン打撃を主体に行っていたのではなく、素振りを中心に行っていたという事実を、あっという間に見抜いてしまった金本知憲選手、この2人の打撃練習の、「バットスイング(素振り)派」 という奇妙な一致は、偶然ではないと思います。

だからフェンス沿いに、バットスイング一振りで一歩前に進む練習こそ、打撃練習のメインに持ってきても良いくらいだと思って、

「こ、これはとても良い練習だ!」

と思って、ナゴヤ球場のフェンス沿いにバットスイング(素振り)練習をする周平選手と直倫選手の姿に、目が釘付けになりました。

そして、

「どうかこの練習をマジでやってくれ・・・」

と心の中で願っていました。


kanemotomatsui.jpg


金本選手の、そして松井選手の、あの驚異的なスイングスピードが欲しかったら、あのとてつもないバットのヘッドスピードが欲しかったら、打撃ゲージの中でマシン相手にボールを打っているのではなく、トスバッティングに明け暮れるのではなく、ティー打撃に明け暮れるのではなく、バットスイング(素振り)練習を、打撃練習の8割・・とまでは言わないけれども、大部分に取り入れて欲しいと思います。

だからドラゴンズの選手達には、フェンス沿いにバットスイング(素振り)をして歩く練習こそが、打撃練習のメインイベントで、ボールを使った打撃練習はむしろその確認作業なんだ、というくらいの意識を持って、真剣にバットスイング(素振り)練習に取り組んで欲しいなと思います。


この金本知憲氏と松井秀喜氏の対談動画を見ていたから、ナゴヤ球場で行われているこの素晴らしい素振り練習を見て、

「これだ!!!」

と思いました。

「貧打竜を救う効果的な練習は、これだ!!」

と思い、フェンスでバットを振り続ける選手の姿をずっと見ていました。

特にバットを振るたびに背番号1が見えるたびに、

「直倫ー、この練習をきっかけに打撃覚醒してくれんかのーーー」

と思って見ていました。

なんだったらこのバットスイング(素振り)練習は、個別練習だけじゃなくて全体練習に取り入れても良いくらいの、非常に重要なトレーニングなんじゃないかと思います。


matsuihidekiNY.jpg



ナゴヤ球場で、内野の守備練習に目が行ってしまうドラゴンズファンの皆さん、外野のフェンス沿いに、一見すると地味に素振りをしているかのように見えるドラゴンズの野手たちのバットスイング(素振り)練習に注目してみませんか?

実はこの練習こそが、貧打竜を救う練習になるかもしれません。

そしてフェンス沿いに素振りを繰り返すドラゴンズの選手の皆さんも、真剣にこの練習に取り組んでいただきたいと思います。


shukicamp10131103_6.jpg


じーっと見ていましたが、周平選手と直倫選手が、いまいち集中してない感がありましたが、バットスイング(素振り)練習こそが、打撃練習のもっとも重要なバッティング練習のメインである事を自覚するくらいの気持ちで、ぜひ真剣に取り組んで集中して頑張って欲しいと思います。

「内郭低めのストレートをレフトスタンドにホームラン」

というイメージや、

「外郭高めのゆるいカーブをライトスタンドへホームラン」

というイメージや、

「内郭高めのシュートをレフトポール際にホームラン」

というイメージや、

「内郭から外郭低めへの鋭いスライダーをライトポール付近へ三塁打」

というイメージや、

「真ん中低めのフォークボールをバックっスクリーンにホームラン」

というような左右全投手の全球種の全コースのイメージを、全球場のバッターボックスに立っているイメージトレーニングをしながら、真剣にバットスイング(素振り)練習に取り組んで欲しいなーと思いながら見ていました。








にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram











関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

66倍返し

良いじゃないですか。
厳しい練習は当たり前ですよね。
プロ野球選手なんですから。

高木竜の2年間がいかに甘く弱体化していったか。

契約更改ですが、どんどん厳冬で良いんです。
悔しければ練習して結果を出せ!

いつも楽しく、興味深く拝見しています

はじめまして、初めてコメントさせていただきます。
本当にマメ、かつ多くの情報を網羅したブログに感心と尊敬の念を持って、いつも楽しく拝見しています。
私もこの二年間のファンをバカにしきったジョイナスとやら痴呆老人と、それに寄生する厚顔無恥なアホOBハローワーク、及びそれを担ぎ出した情けないフロントに夫婦共々、憤りを通り越し失望し、学生時代は年間20試合近く、社会人になってからも落合大監督が何度も導いてくれたクライマックスや日本シリーズ等、10試合強は通っていたナゴヤドームに、昨年は付き合いで一試合行ったのみ!野球命みたいな私にとっては、これほど辛く寂しく感じた年はなかったと言っても過言ではありません

翻ってこの秋~の落合名GM、谷繁PM、森繁名参謀の体制に心踊り、井端の退団はショックでしたがそれでもなお、来シーズンの開幕を待ちわびる自分がいます!
長々だらだらと書いてしまいましたが、このブログをドラゴンズ(本当は中日ドラゴンズなのですが、私自身、ドラゴンズを強くしてくれる企業なら過去2年のような腐った事をしでかす輩のいる中日新聞でなくてもいいと考えていますので、あえてドラゴンズと書きます。)共々これからも楽しみに、応援させていただきます。

No title

秋季キャンプのルポありがとうございます。

投手がレフトとライトのポール間を走るのは、森ヘッドの『参謀』にも書いてあったPPというやつで、投手の下半身強化とスタミナをつけるには大変効果的と書いてありましたが、同時に凄いシンドそうな練習ですね。

野手版はバットスイングしながらとは、これまた大変そうで実に良い練習をしているなぁ、と頼もしくなります。

先日亡くなられた川上哲治さんも、ちょっとナゴヤ球場に立ち寄って、この猛練習を見て満足されてから天に召されたかもしれませんねw

あと、遅まきながら井端選手の件ですが、巨人が川相さんの時の(一方的な)意趣返しで、獲得に動きそうな感じになってます。

時に東スポの冗談のような記事をまんま実現させる球団ですし、更に、「悪のオーナー」ナベツネ氏のゴーサインも出ました。
巨人・渡辺会長「来年はあらゆる補強をして勝つ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131106-00000578-san-base

例年なら、アホじゃなかろか、ルンバ♪と巨人の補強策を笑って見てましたが、井端選手を本当に引き入れそうで怖いです。

ただ、怖いのは戦力もさることながら、井端選手が最初は厚遇されても、使えないとなったら平気で捨て去られるチームですので
井端選手にはそんな悲しい目にあって欲しくないです。

選手として指導者として、ドラゴンズ一筋を貫き通して欲しいですが。。。

素振り!

素振り、いいですねぇ。
自分はゴルフをしているのですが、練習場で球打つことばかりしてるとだんだんと球に当てることに集中して、振り切れなくなってくるんですよ。どうしても球に当たった衝撃は感じるので・・・
素振りならしっかり最後まで振り切れるのでパワーも付くし、フォームも崩さないし、いい事だと思いますよ。

ですが、こういう記事を読んでしまうと、今までドラゴンズの選手って貧打貧打って言われてたけど、素振りとかしてなかったのかな?とか思ってしまいますねぇ。
このキャンプで素振りの重要性に気付いてくれれば、来期は今までよりも打線に期待が持てるかもしれませんね。

私もあの日キャンプを見ていました。

はじめまして。mixiでも、こちらのブログがよく話題になりますので、
心強く拝見させて頂いています。

 私も、あの日、キャンプを見ていて、レポートはmixiに書きました。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1915396226&owner_id=18531343

 私は、素振りをしながらグラウンドを往復する、佑介さんに
釘付けでしたよ。直倫「ら」にしないで下さい…;

直倫さんのバッティング練習のザンネンな感じや、
周平さんのポール間ダッシュのザンネンな感じを見れば、
佑介さんの方が、知名度が無いだけで、期待大なのは間違いないでしょ。
(と、これは佑介ファンとしての贔屓目です。)

ところで、
先程、中スポの記事で、あの日、川崎さんが風邪で欠席していたと書かれていましたが、ドラゴンズ道さんは、濱田さんがいなかった理由はご存知でしょうか。
伊藤さん、中田亮さん、小川さん、杉山さんは怪我なのでしょうが、
濱田さんのことを、何かご存知でしたら教えて頂きたいです。

No title

『ウオーキング素振り』は良さそうですね。強く踏み込んで打ちに行く意識付けが出来そうです。
『PP(というんですか)』も、いかにも瞬発力が付きそうで良いですね。

ただ…『低いネットのアレ?』(メニューに組み込まれていたのですね…)は腰の負担が大丈夫かな?と不安です。
自分は職業柄中腰での作業をわりと行うのですが中腰は酷く腰に来ますよ。
勿論、自分とプロ野球選手の肉体を比べるべくもないですが、関節や腱、靭帯は鍛えようがないそうですから、それらに故障が発生しないか心配です。
まあ、トレーナーさんサイドからストップが掛からない以上は、この位ならと調節された負荷で行っていると思いたいですが…。
正直、こんな(失礼ですが)前時代的なトレを行うくらいなら、今回の記事に登場された金本氏が現役時代に行っていらっしゃった『ド迫力の高負荷スクワット』を課した方が合理的ではないかと思いました。

谷繁監督の思い付きで腰痛持ち続出…などと、言葉を失うような事態は杞憂に終わりますように願いたいです。

Re: No title

>
> ただ…『低いネットのアレ?』(メニューに組み込まれていたのですね…)は腰の負担が大丈夫かな?と不安です。
> 自分は職業柄中腰での作業をわりと行うのですが中腰は酷く腰に来ますよ。
> 勿論、自分とプロ野球選手の肉体を比べるべくもないですが、関節や腱、靭帯は鍛えようがないそうですから、それらに故障が発生しないか心配です。
> まあ、トレーナーさんサイドからストップが掛からない以上は、この位ならと調節された負荷で行っていると思いたいですが…。
>



ボールコロコロ練習は昔からドラゴンズで行われている練習で、上のネットが無かっただけのことです。
昔から行われている練習を、ズルさせないための谷繁監督の工夫ですよ。
回数も時間も短くて、これでケガしたらプロとして疑問がつくレベルな練習です。

No title

この歩きながら素振りというやつは、個人的には野球マンガ『ドリームス』から拝借したのかなと思いました。(コミックス1巻か2巻参照)
ちなみに正確には歩きながらやるんじゃなくて、ちゃんとスイングすると歩かなくても前に進むそうです。実際は歩きながらやったのかどうかは現場に居なかったので分かりませんが、もし歩きながらじゃなくてスイングしながらであれば、下が地面なら何かが這ったような後が残っているとか。今度はそちらも確認してみては如何でしょうか?
んで、腰を低く構えたコロコロノックですけど、腰は痛めないんじゃないですかね。ちゃんとケアすれば。腰が悪い選手にはきついかもしれませんが、そうでなければ柔軟体操とケアをしっかりして予防できるような気はします。それよりも重心を下に持っていく練習なんですから、悪くないと思います。


あと、また『ドリームス』からで申し訳ないんですけど、歩く素振りを取り入れたなら、階段登りじゃなくて階段下り(コミックス5巻~7巻のどこかを参照)を取り入れてくれないかなと。なにやら瞬発力と膝の強化に繋がる練習らしいですので、その結果を見てみたいからです。
平田選手の大好きなドカベンからでも竹ざお振りとか、電車の窓からの駅名看板名当てとかありましたんで、そちらも自主トレで平田選手が取り入れると面白いな、とか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

素振り練習

素振り練習って大事なんやね。
プロ野球の選手でも、素振り練習って重要なんやなー。

No title

>ナゴ球竜さん

ご説明ありがとうございました。

自分自身が20代後半で腰を痛めて以来、不自由な思いをしながら生活していることもあり、過剰に反応してしまったようです。
長時間の中腰は経験上も百害あって一利無しと思いますが、短時間で低回数なら瞬発系トレとして理にかなっていますね。
写真の印象だけでコメントしてしまい軽率でした。

>あまぎさん

何といっても、プロの選手にプロのトレーナーさんが付いてなさっている事ですからね。心配し過ぎでした。
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。