スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント返信祭(後篇) & 谷繁監督成功の鍵、の件













本日、やっとコメント返信が完了しました。

10月8日付きと10月9日付きのブログにいただいたコメントにお返事させていただきます、と言ったものの、だいぶ時間がかかってしまいすいませんでした。

落合GM就任発覚後のコメント数は、10月8日が22件、10月9日が40件(1件増えてました)、合計62件に返答させていただきました。

たくさんのコメントありがとうございました。

お返事にブログ4日分もかかってしまいすいませんでした。




No title

はじめまして、そして坂井排斥・強力なトロイカ体制の形成おめでとうございます。
我々カープファンとしても中日の次期監督人事には目を光らせていた訳なのですが、斜め上をいく形で最悪な人事が行われたことになりますね。
何せ今年のように簡単に勝たせてもらえなくなる訳ですから…
(もっと言えば今のノムケンなんかじゃ落合氏にはどうあがいても勝てない)
他球団ファンから言わせていただきますと、落合さんは人並みな表現ですが不気味であるということ。
今日は勝てたけど明日はどう転ぶ?
今沈んでるけど中日はいつ牙を剥く?
という恐怖感に苛まされていた訳です。
CSすっとばして今から怖くもあり、また楽しみでもありますが。
そういえば管理人様は以前カープの打線が良くなったのは前田がコーチ兼任で若手に打撃を教えてたから、と仰っていたと思うのですがそれは失礼ながら見当違いでございまして、実際はオリックスから招聘した新井コーチの手腕によるものです。
去年までカープは無能なOBだらけでしたし、自分は外部からコーチを呼ぶことがいかに大切か、ということを実感いたしました。
そういえば中日も落合時代のスタッフはほぼ外部招聘でしたねえ。
そこもどうなるか、見物です。
戦力の編成、どうなるんですかね。
中日ファンの友人から聞きましたがもし11年に切られていなければ落合氏は荒木をセカンドに戻し、守備範囲の狭くなった井端をサードに、送球の不安定な森野をファーストにそれぞれ回し、開いたショートには森さんが目をつけていたらしい南米人(ドミニカだったかなあ…)を置く、という構想をしていたとか。ブランコはどうなる、その南米人がセサル並だったらどうするとかの突っ込みはありますが、これが嵌っていたら12、13年も違っただろうなあと。
これからの中日の動向を興味深く見守ることにいたします。
そして我々も中日と同じようにオーナーを広島から追放できたらなあ、なんてことも思っています
(現在のカープオーナーは坂井の悪い部分を濃縮したような人物です)。
これを実現していつの日かカープと中日が優勝争いを繰り広げる日が来ることを祈っております。
 
p.s.
第三者の目から見てもいわゆる「オチアン」の言葉はむちゃくちゃです。
「オチアン」のブログを2つほど拝見しましたが、酷すぎて最早見るのを後悔するレベル。
彼ら、自分の主張を通すためなら他人をどれだけ侮辱、罵倒しても良いと思ってないですかね?
見ていて良い気分がしませんでした。
自分もノムケンのことは大嫌いですけど、それでも選手時代の栄光を否定することも出来ないしそんな資格は無いと考えています
(だからこそ余計歯がゆいのですが…)。
でも彼らは落合氏の成績を全否定する。
自分の記憶が確かなら三冠王もインチキ扱いしてたくらいですし。
ましてや一般のファンを「オチシン」の一言でレッテルを貼りクズだの地獄に堕ちろだの言っていいはずが無いと思っているわけですよ。
だから、管理人様とこちらにコメントを寄せる方々にはこんな輩には負けてほしくないのです。
他球団ファンがこんなこと言うのはおこがましいのですが、これだけは言いたかった。
これからも貴ブログは拝見させていただきますね。
それでは

2013-10-10(01:41) : 通りすがりの鯉党



まさかカープファンの方から長文のコメントをいただけるとは思いもしませんでした。

しかも落合GMへの思いがけない高評価、ありがとうございます。

きちんと野球を見ておられ、プロ野球を見る目のあるお方であるとお見受け致します。

まさかドラゴンズの恥部だった坂井克彦の事をご存じとは(笑)。

トロイカ体制はこの坂井克彦一派のねじ込みによる落合監督誕生への妨害工作で、組織としては非常にもろく危うい点が多くあり、そこが坂井一派に付け込まれる弱点になってしまっているのが現状です。

谷繁監督が何もかもやろうとすれば、かつての古田選手兼任監督のように大失敗するのは明らかで、リードは悪くなる、采配も中途半端となり、チームは低迷、そこに坂井克彦一派らの逆襲が始まり、落合GMともども外様をドラゴンズから追放しまくる暗黒竜が始まるというのが最悪のシナリオです。

こうならないよう、今後注目していきたいと思っております。

落合思想ですが、今でこそ落合監督解任直後に出版された著書、「采配」などでドラゴンズファンは落合監督が何を考えているのかを知ることができましたが、あの本が出るまではコアなドラゴンズファンですら落合監督の本心がわからないというようなありさまでした。

しかしその底流には、落合監督が選手に深い愛情を持っており、常に選手のためを思い、行動している事は誰の目からみても明らかでしたので、その点は安心して見ておりました。

他球団ファンの方から見ると、非常に不気味な存在だったと思います。

確かに、今日は負けたけど明らかに捨て試合で、明日は勝つんじゃないかなと思っていると、本当に2-1とか3-2くらいで勝ってしまう、そんな展開が落合竜の日常でありました。

ただ今回は落合GMで現場は谷繁監督ですので、落合色はだいぶ落ちるとみております。

落合監督復帰ならば昔の落合竜が戻ってきますが、落合GMですので、谷繁竜の最初の1年、2年目は全然違うと思います。

その後はどうなるかは分かりませんが、それも谷繁監督の成長度、森繁和コーチらとの分業がどこまでうまくいくか、そこに谷繁竜の成否の分岐点と見ています。

だからもし仮に来年うまくいっていなかったら、「ああ、谷繁竜は分業に失敗したんだな。」と思っていただいて構わないと思います(泣)。

カープの新井コーチの件は知りませんでしたすいません(^^;)

調べましたところ、新井宏昌コーチ、キャリアハイ.366の首位打者のタイトルを持つ、通算2038安打の名球界名手・・これは打撃コーチとして理想形ですね。

首位打者のタイトルというのは、誰にでも取れるものではありません。

いやしくも打撃コーチをするならば、首位打者のタイトルは最低限持っていて欲しいですよね。

(今年のドラゴンズの打撃コーチって、彦野でしたからね・・。じゃあ来年はというと、波留・・キャリアハイ.301、通算872安打・・これはちょっと疑問を持っています。)

外部招へいの打撃コーチというのは、そのチームカラーにはない打撃技術や打撃に対する思想が新しく入って来るという点にあると思います。

だから外部招へいの打撃コーチが次々と入って来るというのは、そのチームに新しい打撃技術が次々と入って来るという意味でもあると思います。

OBコーチをいつまでも入れ替わり使いまわすというのは、選手達が成長するための技術情報の流入量が頭打ちになるということを表しており、日本プロ野球界の発展のためにも良くない事です。

という事で、ぜひウチの周平、大島、野本、堂上兄、中田亮に打撃指導していただきたく、立浪も福留も必死で真似した打撃技術を持つ前田コーチに来ていただきたいんですが・・(笑)。

2012年に落合竜が続いていたらどうなっていたか、についてですが、あのチーム打率のチームが2010年と2011年の連覇を成し遂げると本気で予想した評論家は一人もいなかったように、我々ドラゴンズファンの想像すらも越えてしまうのが落合采配です。

2009年のシーズンが終わった時点で、

「ハイ、来年から連覇でーす。」

と本気で思ったドラゴンズファンは、一人もいませんでした。

だから2012年も2013年も、落合竜は我々の想像の及びもつかない事を成し遂げてくれたはずです。

その物語の続きを見る事ができなかったのが、ドラゴンズファンとしてとても残念です。

ドラゴンズにはこの2年間抱えていた「坂井問題」という大問題がありましたが、広島には松田オーナーという、とっても大きな問題を抱えておられるようですが、球団社長ではなくオーナーである点が厄介ですね。

市民球団筆頭の株(的なもの?)をたくさん持っているのがマツダだから、という理由でしたっけ?

それでもカープファンの世論を結集すれば、どんなトップでも追放する事は可能なのは、大衆の世論の結集によっていかなる権力者も追放されてきたという事実は日本史や世界史の教科書を見ても明らかですので頑張ってください・・・というか・・・他球団の動向にも視野を広げる野球への深い造詣、カープのオーナーへの大きな問題意識・・・ひょっとして『ローファームかるぴお』さんでは?

あの有名ブログは私も拝見しております。

もし仮にかるぴおさんだったらと仮定して、あの前田選手の引退試合、ドラゴンズの選手は勝利への高いモチベーションなんて持っていませんでしたよ(笑)。

金本選手の引退試合にレフトフライを上手に打った選手がいたように、森野も平田も必死でライトフライを打とうと頑張っていただけです(笑)。

だから森野がライト線に2塁打を打った直後、「しまった」 という顔をしていたのに笑いました。

平田も上手にライトフライが打てなくて、困惑していましたし、久本投手も平田相手に外郭にしか投げていませんでした(笑)。
   ↓

http://blog.livedoor.jp/rock1963roll/archives/3907804.html

ここまで、かるぴおさんだと仮定しての話ですが・・。

竜鯉優勝争いの新時代の到来が来ると良いですね、新しいです(昔はあったようですが)。

カープは流出さえ防げば優勝争いができるチームだと思うのですが、球団の収入の打開策はないものでしょうか?

カープ芸人のセリフ、「年俸1億円を越えると、そろそろお迎えが来るなーと思う」 というのは、笑いましたけど野球界にとっては問題がありすぎだと思いました。

カープファンが全国的に増加しているのが、例のあの漫画の影響であるというNHKのニュースを見ました。

それによってにわかファンの増殖を苦々しく語る古参のカープファンもいると耳にしますが、新規ファンが大量にグッズを購入し、TVを見る事で放映権料が球団の収入増になるので、新規ファンも大事にするべきと思います。

あと欧州サッカーのように、本物の市民球団になるという方法が良いのでしょうね。

イタリアのソシオでしたっけ?市民ファンが球団の株を持ち、その資金を基金として運用することで、球団経営を安定させるという・・

それが本物の市民球団というものですよね、今の松田体制は何か変だと思います・・松田が牛耳るなら、MAZDAが金を出せよなーと、他球団ファンながら思います。

例のオチアンブログですが、最近彗星のごとく現れたブログに完全に駆逐されているようなおもしろい現象が起きています(笑)
   ↓
http://expulsionchunidia.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

http://baseball.blogmura.com/dragons/index.html

しかし、カープファンなのにこんなオチアンブログまでご存じとはすごいですね。

カープファンは熱いです。

赤い甲子園に驚きました。

今一番勢いのある球団だと思います。
















祝!落合GM、谷繁監督誕生&坂井更迭

まずは管理人さん&ドラゴンズファンのみなさんおめでとうございます。

坂井に倍返しですね。
私も昨日は坂井の策かと思いましたがまさか白井オーナーの策であったとは(驚)

しかし元ヤクルトの古田氏もそうであった様にプレイングマネージャーの道は険しいかもしれません。
しかし谷繁監督のバックアップを中日球団初のGMとなった落合元監督にしていただき『ドラゴンズ黄金期』を築いていただきましょう。
最初は苦しいかもしれないが落合元監督が居てくれるなら大丈夫でしょう。

そしてフロントは引責辞任。
実際は坂井一派更迭。
坂井に向けてガッツポーズ!(笑)

白井オーナーありがとう。
あなたは偉大だ。
英雄だ。

さて来シーズンは名古屋ドームへ行かなければ。ニヤニヤ

2013-10-10(01:41) : 一、ドラゴンズファン



坂井一派がねじ込んできた谷繁監督案に対し、白井元帥がそれを逆手に落合GMという策で斬り返し、さらに坂井、佐藤、西脇と追い出す結果になったのはすごいですね。

組織的には融和を図りつつ、結果的には剛腕という離れ業に近いものがあったと思いました。

古田PMの失敗例は、谷繁PMにとって大いに参考にするべき重要事項であると思います。

投手起用は全部森繁HCの専権事項とすることはもちろん、試合中の策を練る担当、正捕手として試合出場する際には、サインも全部ベンチから出す体制など、分業化を大幅に推し進めないと、古田PMの二の舞になってしまいます。

坂井克彦一派(中日新聞社大島派)が願っているのも、谷繁PMの古田化でしょう。

今頃は坂井克彦一派(中日新聞社大島派)は、「失敗しろー、失敗しろー、古田のように失敗しろー」 と呪いの言葉を唱えているのかもしれません。

ドラゴンズファンもそうはさせないようにしなければなりません。

落合GMぐらいの人ですから、当然その点には気づいておられるでしょうし、そうさせないようにしようと様々な手を打っているところだと思います。

この非常に難しい難題に成功した時、ドラゴンズの第2次黄金期が到来するのだと思います。

そのためにも、谷繁PMが絶対に失敗しないための体制作りと、谷繁監督になにもかもやらせないというドラゴンズファンの正しい世論が必要なんじゃないかと思います。

例年、ナゴヤドームには30回くらい行くのですが、昨年と今年は2、3回でした。

来年からまた30回くらい行く事になると思いますので、出費がかさむので、困った事になったものだと思います(^^)ニヤニヤ











谷繁兼任監督

谷繁兼任監督が、お飾りにならないようにはして欲しいですね。
落合監督が力を持っているのは十分分かっていますが、谷繁兼任監督に現場を預けていくのではないでしょうか。落合監督はそうしていくと思いますよ!
とにかく、アホなフロントもボケたコーチ共も去りますし、来季はまた野球を観れますね(≧∇≦)

2013-10-10(03:07) : ドラ党の校長



落合GMは先日ナゴヤ球場に登場した際にも、一切出しゃばりませんでしたね。

さすがそういうところは徹底しているなと思いました。

残された問題点は、古田兼任監督の失敗例をどのように回避していくか、という点に絞られているのははっきりしていると思います。

落合GMは懐の深さはとてつもないものがありますから、谷繁PMをきっちりと教え導いてくれると思います。

谷繁正捕手として試合に出場している間は、監督業を完璧にこなすことはどうあっても不可能であるということは、古田PMの失敗例で証明済みですので、谷繁監督は「お飾り」というように悪くは取らずに、「理想的な完全分業体制」 をどのように作って行くか、理想的な完全分業体制の追求、ここが谷繁竜が成功するかどうかの分岐点であると思います。












No title

> dora66さん

私の話は一軍首脳陣の話ですよ。
私が近藤コーチを推す最大の理由は、前落合政権時代に長期(2004年~2011年)でコーチだったこと。
ブルペンコーチとして森ヘッドが信頼していること

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%97%A4%E7%9C%9F%E5%B8%82

この二点です。
井上コーチは2011年の成果があるのと私的将来監督になってほしい人筆頭ですので私情も交じってますが。(笑)
とにかく落合政権時代にコーチとして起用された人はOBでも信用しています。
その反面、今中コーチは落合監督時代に呼ばれていないので落合氏が高く評価しているとは思えないし、今年、ベンチコーチになったのはブルペンコーチとして投手の状態を見極められなかったことが最大の要因なんじゃないかと推測しております。
(これは別板でコーチが配置換えになった時に私は主張しましたので後付けじゃないです)
近藤コーチがブルペンコーチになったことで投手の良し悪しと仕上がり具合を正確にベンチに伝えることができるようになったから、少しだけ投手陣がマシになった、が真相だと思ってまして、今中コーチもたまに止めていたようですけど基本、高木の暴走采配を止めている、とは言い難かったと思いますよ。
森ヘッドがベンチに居るなら、今中コーチは二軍コーチで経験を積む方がいいと思います。

2013-10-10(07:01) : あまぎ



なるほど、近藤コーチが残ったのは森繁和さんが信頼しているからという理由なのでしょうね。

井上コーチと今中コーチは2軍でコーチとして残って修業しなおして欲しいと思いましたが、他球団で修業を積んで欲しいとも思います。

その方がコーチとして成長できるのではないかと。

よそで武者修行して、本当に実力のあるコーチになって欲しいと思います。

中日球団のコネを頼りにコーチ人事が降って来るのを口を開けて待っているだけ、みたいなコーチじゃ、ダメだと思います。









GMにはとりあえず来期は今期のようにケガ人続出なんてことがおきないように、優秀なトレーナーやコーチの指導のもと優勝争いができる強いドラゴンズを作ってほしいですね。
また、Deのラミレスがどこにも行くところがなければ低年俸の代打の切り札として雇ってほしいものです。

2013-10-10(07:21) : 元おはD



その後の報道で、勝崎耕世さんが無事ドラゴンズに帰還するようで、一安心ですね。

ラミレスがお安いのであれば、彼は日本人扱いですので、ぜひ取って欲しいですね。

森繁さんがまたドミニカからたくさん外人を連れてくるでしょうし、その打撃コーチとしてラミレスが重要な役割を担ってくれる事でしょう。

まさかラミレスのちょっとしたアドバイスで、ブランコさんが首位打者になるとは・・・ブランコと首位打者って、一番遠い発想ですよね・・。









No title

この2年があったから今があると思いたい。


辞められた高木さんのこと在任期間中は散々に思うことも多々あったが、落合監督在任中は、高木さんも落合批判が出るOB連中の中にあって、数少ない擁護をしていたOBだったと感じていた。

なので、表舞台とはいわず、ドラゴンズを愛するのであれば裏で頑張っていただきたいとも思っている。


とにかく、今はドラゴンズがどうなっていくか楽しみしかない。


今のチーム状況を考えると、楽観的なことばかりではないだろうし、当然負けが込めば、批判もでることだと思う。


これは高木体制で十分わかったことだ。


こなので、こういう人事を望んだ自分としては、しっかりとチームを応援したいと思っている。


ここ最近、20数年間購読してきた中日スポーツをまったく買わなくなっていたが、また購読していこうと思う。

そういう人が多い、さらには落合GM、谷繁監督の誕生の反響の大きさなのではないだろうかと感じた、ここ数ヶ月売れ残りが目立っていた中日スポーツのコンビニでの少なさだった。



この際ユニフォームもキャップも一新して欲しいと願っています。



2013-10-10(08:24) : zakk




落合竜を批判していた中日OBは、

「優勝を謳歌する黄金期ドラゴンズの落合竜」

を批判しまくっていました。

OBでありながら、ドラゴンズの優勝を喜んでいませんでした。

これは本当に異常な事だったと思います。

つまり、中日OBは、

「優勝を謳歌する黄金期ドラゴンズ」

よりも、

「自分を雇ってくれるドラゴンズ」

の方が大事だと思っていた訳です。

中日OBのくせに、ドラゴンズファンとしてレベルが低すぎると思いますし、優勝を喜ばず批判する事自体、異常なことでした。

そんな彼らのゆがんだ願望が叶えられたのが、ジョイナスな2年間でしたが、当然の事ながら、彼らは喜んで、ドラゴンズファンは喜びませんでした。

その結果、ナゴヤドーム初の観客数は年間で200万人未満という不名誉な記録を達成し、コンビニには売れ残った中日スポーツが山のように積んでありました。

OBやタニマチを大事にしたところで、ナゴヤドームに観客は集まらないし、コンビニや駅の売店に山のように積まれた中日スポーツが売れ残る、という事が完全に証明されたのが、ジョイナスな2年間でした。

現在コンビニや駅の売店で中日スポーツが大量に売れ残っているのを見かける事がありません。

ナゴヤドームにもドラゴンズファンがたくさん集まって来る事でしょう。















No title

白井オーナー、体操の白井君ばりに新技決めてくれましたね。


素晴らしいの一言。


2013-10-10(08:45) : gun



白井元帥の、超ウルトラC人事でした(^^)










あとは

佐々木社長の人物次第ですかね。
白井オーナーの後継としてきたのなら、問題がないですけど。
坂井と同じなら、空中分解してしまう。
佐々木社長の経歴や履歴が無いから不安。
白井オーナーの後継者なら、将来、佐々木オーナー兼会長、落合GM兼社長はあり得ますね。

2013-10-10(09:04) : イニさん



まだ情報が出てきませんが、佐々木社長は大島派なのか小山派なのか、どちらなのでしょうか?

坂井克彦の手下とかだと、陰で妨害工作してきそうなので、不安ですね。

白井元帥の懐刀的な存在だったら良いんですが。









広島の方

ありがとう。カープファンの試合中のアツさ(9回まで立ち座りなど)には、昔から感服の至り。
粘り強く球団と野球を愛する市民に支えられてきた歴史を持つカープと、ドラゴンズが読売阪神を脅かす日は近いでしょう!

2013-10-10(11:18) : 島岡御大



NHKのニュースでも、あのスクワット応援の一体感にハマる新参カープファンの様子が報道されていました。

一試合で体重が2kgくらい落ちるとか・・カープファン熱し!









No title

あとは、ファンが「表に出て」応援し見守っていく番ですね。
まずは、球団や親会社に応援メッセージを送ってみませんか?
昨日から様々な所での取り上げられ方の大きさや、その反響、 あるいは中日新聞・中スポの売上などから、反応の良さは気付いているでしょうけど、やはり直接の声が一番だと思います。
中日新聞のHPにも
「中日ドラゴンズ新監督とGMへの期待の声 募集」
なんていうコーナーで出来たくらいなので、使わない手はないでしょう。

それにしても、これだけ来季が楽しみと思えるのは久しぶりですね(^^♪

2013-10-10(13:55) : 神奈川から通りすがり



神奈川からありがとうございます。

「中日ドラゴンズ新監督とGMへの期待の声 募集」

って知りませんでした。

明日締め切りではありませんか。

プレゼントもあるんですね。
   ↓

http://chuplus.jp/present/article/detail.php?comment_id=2078&comment_sub_id=0&category_id=73

   ↑
早速コメントを送っておきました。

ジョイナス紺色ユニとか、山崎引退ポロシャツはいらないので、ドアラのやつで王後しておきました(笑)











管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-10-10(15:52) : :



(あのブログだったんですね)









こんな「サプライズ」「倍返し」ってあるんですね…

一昨日「シゲさんの兼任監督は無茶だ」とコメントしましたが、皆さんがコメントされてる通り、落合さんGM就任とセットとは、驚き、かつ感動しました…(嬉し涙)。
ミスターオレ流・落合博満さん、お帰りなさい!
そして白井文吾元帥、素晴らしいサプライズ&倍返しありがとうございます!!!

でもやっぱりシゲさんの精神面への負担が心配されますが、バックに落合&森繁の両巨頭をつけ鬼に金棒となれば「無問題」にこしたことございません。
コーチ陣では森繁さんの他、シゲさんの同級生かつ僚友の佐伯貴弘さんが入閣候補らしいそうですが、佐伯さんの復帰も楽しみです!
あと意見としては既に他の方が述べられてますが、私も投手コーチに桑田真澄さんの入閣を望んでますが、森繁・近藤・今中・小笠原孝と揃う中に桑田さんも入ると「船頭なんとやら」になってしまうので難しいかなぁ…。

坂井克彦、佐藤良平、高木守道、鈴木孝政、川又米利、前原博之、山崎武司といったおじゃま虫どもを一掃したことで私も気分すっきりといきたいとこですが、残った平野謙、彦野利勝、朝倉健太の3無能も一掃してくれれば来季は心置きなくドラゴンズを応援できます(管理人様の山崎に対する思いと同じで、朝倉のコーチ就任は絶対反対!)!

♪走れ!トロイカほがらかに勝率高く♪
2014トロイカ竜に栄光あれ!!

2013-10-10(18:02) : 鎹人



落合GM「さあ坂井常務、土下座をしてもらいましょうか。」

っていうコントを、ファン感謝デーでやって欲しいです(笑)。

坂井役は、ネルソンさんを特別ゲストに呼んでもらい白髪のハゲヅラをかぶってもらいましょう。

そのコントをDVDにして発売してくれたら、それを百枚くらい買ってドラゴンズファンの友人に配りたいです(笑)。

谷繁監督が全部自分でやろうとすれば、必ず古田PMのように大失敗する事は明らかですので、どれだけ分業化できるか、谷繁竜が成功するかどうかはそれに尽きると思います。

佐伯さんが戻って来るのは嬉しいですが、いきなり二軍監督はちとやり過ぎかなと思います。

コーチ経験ゼロでいきなり二軍監督というのは・・まず最初にコーチから始めてほしかったです・・・まだ正式発表ではないので、本当に二軍監督かどうかわかりませんが・・

今中コーチが抜けたので、桑田コーチに来てもらっても良かったのですが、佐藤スコアラーがコーチになってしまいましたね。

ドラゴンズの勝利よりも、自分のコーチ雇用を優先する、「金目的のOBコーチ」には、残念ながらチームを去ってもらうしかありませんが、また中日のコネ待ちでコーチ業にありつけることを口を開けて待つような人材になって欲しくないです。

自分がコーチ業にありつきたいから、谷繁竜を批判するようなみっともない真似は絶対にやって欲しくないですね。

他球団からも請われてコーチをやるような人材になってほしいと思います。

そして谷繁竜のトロイカ体制が、絶対に成功するように願います!












しかし

週末からCSが始まるというのに今週はドラゴンズ話題一色。
素晴らしい。

あと落合GMがどういうチーム編成を組むのか、まずはコーチングスタッフ。
落合監督の元にいたコーチが中心だと思うが、何人かは他球団在籍中なので、それ以外にも呼ばれるのでしょう。
デニー友利が入閣かなんて記事もあるし、誰をチョイスするのか?
あと今の一軍コーチ陣がどうなるのか?
彦野は当然クビでしょうけど。
個人的には佐伯の入閣を希望。

その後にはドラフト。
ドラフト会場に落合GMと谷繁監督の姿想像するだけでわくわくします。

ちなみに反落合の某ブログ。
もうタイトルを変えて、さらに葬式会場やらで発狂してますね(笑)

2013-10-10(19:59) : 東北ガンバレ



CSが始まるまでは、ドラゴンズが話題を独占していましたね。

ポストシーズンが終わったら、また落合GMと谷繁PMの話題がスポーツ新聞をにぎわせ続けることでしょう。

コーチの編成は、谷繁PMの色が濃い感じですね。

落合GMの意向が取り入れられたのは、森繁HCと、勝崎耕世トレーナーくらいでしょうか?(+辻総合C+石嶺打撃コーチ?)

ドラフトですが、いよいよ4日後の24日に、落合GMと谷繁監督の姿が見られます。

http://www.npb.or.jp/draft/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131020-00000013-tospoweb-base

一体どういう結果になるんでしょうか?とても楽しみです。

落合GMが谷繁監督の移動の負担も考えて昇竜館に移動し、谷繁監督と何時間もドラフトの選定作業を行っているみたいですし、どんな戦略なのか、今から楽しみです。

それから例のあのブログ、今は笑い者になっていますね(笑)。
   ↓

http://expulsionchunidia.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

なんだかおもしろいブログが彗星のごとく出てきました。

このアンチたたきのブログが、現在ドラゴンズのブログのランキングで2位になっているのも興味深いです。










No title

佐々木社長は営業の人だそうです
球団社長は編集出身が就任するという暗黙の了解があったらしく
異例の人事だと言う話

2013-10-11(03:03)



そうなんですね。

・・坂井克彦は総務部長出身とか聞きましたが、その前は編集だったのでしょうか?

記者会見でいつもふんぞり返っていた総務出身の坂井克彦と異なり、佐々木社長は営業出身だけあって、頭の下げ方が違う、と評判の模様です。


sasakisakai3.jpg








我慢が報われた日

ついにかの極悪人、坂井克彦を滅ぼしました。
しかも、佐藤良平の道連れと井手峻の左遷付きで。

白井元帥万歳! 落合GM万歳! 森繁HC万歳!

あの坂井を滅ぼし、いよいよ落合GM主導の本当の「ジョイナス」が始まります!
谷繁さんも負担が増してしまうとは思いますが、ぜひ頑張っていただきたいと思います。

そういえば、高橋隆太郎について疑問に思ったことがあります。
ヤツは落合GM内定報道の時、落合GMを賛美する記事を書いていました。
あの高橋隆太郎がです。
なぜ、数日前まで落合GMを叩いていた人がこんなに変わるのでしょうか?
私が出した答えは、

「高橋隆太郎は単なる『風見鶏』なのではないか?」

ということです。
これについて、管理者様、このサイトのごらんの皆様はどう思われますか?

せっかくの歓喜に満ちた雰囲気に水を差すようで申しわけありませんが、どうかよろしくお願いします。

白井元帥、マンセー!!
2013-10-11(18:11) : J.son



ニセジョイナスの坂井一派は一掃され、さわやかな気分です。

ちょうどさわやかな秋にもなりました。

高橋隆太郎の「手の平返し」記事は読みました。

ジョイナスマンセー記事とは全然違う記事を書いていて笑いました。

あの高木竜マンセー総括記事は一体何だったのか?という記事でした。

高橋隆太郎は、記者としての誇りも全くない、ただのうすっぺらい三流サラリーマンのおっさんである、という事だと思いました。










僕もあなたも待っていた 祈る気持ちで待っていた!

はじめまして。2chで「負けを願うアンチ落合=中日球団だった件」のスレを代々立ててきました>>1と申します。

こちらのブログで発信し続けてきたことがやっと実現しましたね。
ドラゴンズファンにとってはまさに「失われた2年間」でした。
スレ文でも書いてますが、誰が監督をやるにせよ坂井一派がまずこの2年間の謝罪と責任を取らないと、ファンは戻ってこないですし、
責任を取らせるには落合氏が球団復帰することが一番可能性が高いだろうと思い、そういう意味で落合監督を待望していたのですが
(高木監督の首だけすげ替えて、坂井一派が平然と居座る可能性も十分あったわけです)
まるで夢のような、胸のすく勧善懲悪劇でした。

「落合憎しのフロント主導で、負けを願ってまで連覇中の監督を無理矢理解任させるってどうなのよ」
という疑問がスレを立てた理由の一つだったのですが、その後の観客動員数大激減で、ドラゴンズファンの多数が同じ気持ちだったんだと思いました。

あのスレに投下された数字やニュースがソースとして利用されてる記事をいくつか拝見しまして、情報発信の一助になったのだとしたら幸いです。

元々は
「落合ドラゴンズは不人気、客が呼べない」
などといったアンチ落合の嘘
(株主総会で嘘演説をした高島と全く同じ主張ですね)
に反論するため、年別の観客動員数の推移を調べたのが始まりでしたが、時代背景を調べるとプラス・マイナスの説明もつきますし、アンチ落合が声高にしてきた主張があまりに嘘だらけだったと言うことが改めてわかりました。

思うに、この手のヘイトスピーチともいえるネガティブキャンペーンには、ファンが毅然とした対応をしていくことが大事だと思います。
「アンチが言ってることは実はこうだった」
「アンチがこう言ってきたらこう対応」
というような手本を、これからもこのブログで発されていき、
「一種のまとめブログ的存在」
となることを期待しています。

これからもドラゴンズ道ブログの発展と、作成者様のご健勝をお祈りいたしております。

2013-10-18(11:11) : >>1



なんと、あの良スレの発起人であらせられましたか。

あのスレは、とても良いスレで、何度、

「このブログを、あのスレのまとめブログにしてしまおうか?」

と思った事かしれません。

あそこにはドラゴンズのための本物のドラゴンズファンの金言が山のように積まれており、どうしてもこれを文章にしなければと何度も使わせていただきました。

スレの管理人をなさっておられておわかりと思いますが、それが飛び飛びに行われていて、

「今回はもっと良い事が書いてあるのに何で使わないのか?」

と思われた事があったと思います。

あの良スレは良スレであるがゆえに、読んでいると現状の高木中日のひどさに幻滅して落ち込む、という事から、あまりまともに読めなかった、という事もありました(苦笑)。

あのスレは良スレですが、読んでいるのは精神的にキツかったです(苦笑)。

高木中日の現状があまりにもひどすぎて・・・・だから全部は読めませんでした(苦笑)。

ナゴドの観客動員数のグラフを、セ・リーグの観客動員数と合わせて指数計算してグラフ化してみようと思い立ったのも、あのスレをみて思いついた事でしたし、とにかく中日新聞社の大嘘を暴くヒントがたくさんありました。

落合憎しの中日新聞社の派閥の主導で、負けを願ってまで連覇中の監督を無理矢理解任させる異常さにはあきれましたし、その嘘を連日その新聞でジョイナスキャンペーンをする開き直りにあきれはて、それを糺すには事実をブログにする以外に方法はないと思ってこのブログを始めたのは、きっかけの一つではありました。

単純に事実を積み重ねれば、あの良スレになると思います。

今後あの良スレはどうなっていくのでしょうか?

せっかくまともなドラゴンズファンが集まった良スレですし、何か形を変えて存続し、今後のドラゴンズの行方を正しく見守るドラゴンズ世論形成の芯柱として継続していく事を願うばかりです。
























24日にはドラフト会議が始まるのですが、谷繁監督は宮崎にいます。

ドラフトの人選は、落合GMに全部任せてあるみたいですね。



谷繁監督が宮崎視察 練習中の私語OK

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131020-1206815.html

新監督がおしゃべり解禁!? 
中日谷繁元信兼任監督(42)が19日、宮崎でのフェニックスリーグに参加中の若手選手を視察した。
観戦予定だった韓国LG戦が雨天中止となり、練習中の宮崎県総合運動公園内「木の花ドーム」に直行。
視察前には
「とにかく見るだけ」
と宣言していたが、そこは12球団最年少の42歳監督だ。
軽快なフットワークでブルペン、打撃ケージと動き回りコーチ、選手ら10人以上と言葉を交わした。

気になったのは覇気のなさだった。若手らしいフレッシュな感じが出ていない。
青年監督は選手を集め
「元気出して。(監督の)顔色をうかがわなくていいからな」
と語りかけた。
さらに
「やることをしっかりやってれば」
と条件付きながら
「ワイワイ、ガヤガヤやってもいい」
と練習中の私語も許可した。
コミュニケーションを重要視する谷繁監督らしい発想だった。

持論を裏付けるように、練習にアクセントを加えた。
中腰でゴロ捕球をしている堂上直、福田を見つけると、横に倒してあったハンドボールのゴールネットに入るように指示。
「足使え! 直倫!」
「高さ意識しろ!」
「足動いてないだろうが!」。
低い姿勢をキープするアイデアを即席で実践し、苦しむ2人に笑いながらゲキを飛ばしまくった。

スーツ姿で練習を見ることに
「妙ですね」
と戸惑い気味だが、対話重視のスタイルは変わらない。
視察初日から足と口を動かした。




中日、選手ヘトヘト「きついです」

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131020-1206816.html

naomichi2.jpg
谷繁兼任監督提案の練習でヘトヘトになる堂上直(手前)と福田 

中日谷繁元信兼任監督(42)が19日、宮崎でのフェニックスリーグに参加中の若手選手を視察。
軽快なフットワークでブルペン、打撃ケージと動き回りコーチ、選手ら10人以上と言葉を交わした。

谷繁監督から新メニューを課せられた選手はヘトヘトだった。
目の前で指導された堂上直は
「きついです」
、吉川は
「ああいう練習は面白いですね」
と苦笑いだった。
指揮官の前でブルペン投球をした19歳浜田は
「力んでしまった。周りを気にしないでしっかりストライクを投げる練習をしろと言われました」
と明かした。



早くも谷繁式「落合竜北谷キャンプ方式」が実行されている模様です。

これこそがドラゴンズの強さの理由、ドラゴンズ本来の姿です。

一流選手になるには、一流のトレーニングをしなければならない。

それを知っているのは一流のトレーニングをしてきた一流選手だけ。

それが落合竜北谷キャンプですから、それをチーム全体で実践すればいいだけの話です。

谷繁監督は、それを知っているのでしょう。



naomichitanishige.jpg



【中日】谷繁監督、若手へ「結果残して」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131020-00000062-nksports-base

中日谷繁元信兼任監督(42)が2日間の宮崎視察を終えた。
20日は前日に続き、みやざきフェニックスリーグに参加中の若手選手を視察。

この日はロッテ戦(アイビー)をネット裏の監督室から観戦した。
試合前の練習から選手の動きをじっと見つめた谷繁兼任監督は
「ちょっと疲れてる。結果を残すのは自分ですから、結果を残していかないと上のグラウンドには立てない。どうやったら結果がでるかを思い描きながら取り組んでほしい」
と話した。





4日後の木曜日には、谷繁監督と落合GMがドラフト会議で同じテーブルに座る姿が見られます(ワクワク)。




落合GMが中日ドラフトに波乱起こす

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131020-00000013-tospoweb-base

中日のドラフト1位指名は波乱含み? 
現状では谷繁元信新監督(42)の
「将来のドラゴンズに向けて若くて可能性のある人を取ってください」
との要望もあって高校ナンバーワン投手の桐光学園・松井裕樹(17)が最有力だが、周囲は
「そうすんなり行くかどうか」
と懐疑的になっている。

理由は落合博満GM(59)の存在。
かつて監督時代に土壇場でそれまでのスカウト方針をひっくり返したことが、たびたびあったからだ。
例えば、2005年の高校生ドラフトでは履正社の岡田(現オリックスのT―岡田)の1位指名が決まっていたが、当日になって落合監督が
「(大阪桐蔭の)平田で行く」
と宣言し、周囲の反対をよそに“強行指名”。
08年も東海大相模の大田(現巨人)から日本通運の野本の指名に切り替えた。

今ドラフトについて落合GMは
「今年は見ていないからスカウトに任せる」
と話している。
しかし、チーム関係者は
「いろいろと情報収集はしているはず。その中で“これ”っていう選手が出てくれば、また当日になってひっくり返る可能性は十分にある」
と再び“鶴のひと声”が十分あると見ているわけ。

味方も欺くオレ流の“仰天指名”。
中日のドラフトは要注目だ。



結果的に見ると、T-岡田よりも平田選手の方が良いですし、大田よりも野本選手の方が良いですから、判断は正しかったですね。

今年のドラフトについて落合GMは

「今年は見ていないからスカウトに任せる」

と言っているそうですが、それでも今回はどんな結論を導き出してくれるのか、落合GMの手腕を楽しみにしてしまいます。





中日谷繁兼任監督 成功の鍵は「年上の信頼できるコーチ陣」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131020-00000004-pseven-spo

NEWS ポストセブン 10月20日(日)

中日ドラゴンズの新監督に、谷繁元信選手(42)が就任した。
過去に、捕手の選手兼任監督といえば、南海の野村克也氏、ヤクルトの古田敦也氏がいる。
野村氏は優勝を果たしたが、古田氏は1年目こそAクラスだったものの、2年目は最下位に甘んじた。
その違いは何だったのか。
スポーツライターが解説する。


「大きいのはヘッドコーチの差でしょうね。南海では、野村氏自身が『すごく勉強になった』と認める、野球知識に長けたドン・ブレイザー(現役時代は二塁手)ヘッドコーチが参謀役でいました。
野村とブレイザーは現役時代から野球についての議論を交わし、野村が唸るほどの知識があったといい、実質的にブレイザーが監督といってもいいほどでした。
一方、古田氏が監督に就任したときは投手出身の伊東昭光ヘッドコーチがいましたが、連携があまり上手く取れていなかったように思えます。
特に攻撃面の戦術はほとんど自分だけで考えないといけなかった状態でしたし、必然的に自身の出場機会も激減。
ケガもあったとはいえ、監督をしたことで選手寿命が縮まったといえるでしょう」


野村氏、古田氏の例からも、谷繁兼任監督の成功は、周りを固めるコーチ陣にかかっているという。


「年上のコーチで、選手時代に谷繁監督以上の実績を残し、指導者としても経験値の高い人を招聘できるかが、鍵になるでしょう。
もちろん、落合博満ゼネラルマネージャー(GM)は当然そのようなコーチを連れてくるはずです。
古田氏の場合、年上コーチも半分いましたが、誰も現役時代の実績で古田氏に勝てる者はいなかった。
野球界において、指導者と選手時代の実績は関係ないと言いますが、本人たちはけっこう気にするものなんですよ。
そういう意味で、古田氏に直言できるコーチはほとんどいなかったように思えます。
逆に、古田氏が全幅の信頼を置けるコーチもいなかった。
そういう意味では、谷繁監督にとって、今回ヘッドコーチ就任が予想される森繁和氏はセーブ王に輝く経験を持つなど、どちらの要素も兼ね備えている。
そのうえに、さらに後ろには落合GMが控えていますから、安心感は大きいでしょうね」


谷繁兼任監督の負担をコーチ陣が軽減しなければ、チームとして機能することは難しい。

投手交代は、谷繁兼任監督に相談しながらも、森氏が決める流れになるはず。
2年前も、森コーチが谷繁捕手に『この投手はまだ行けるか?』と聞くことも多々ありましたから、そのときと同じですね。
問題は攻撃面の作戦をどうするか。
これは野手出身のコーチ陣がカバーしなければならない。
落合GMが監督時代に見込んだ辻発彦氏などがコーチとして返り咲き、中心となるのではないでしょうか。

谷繁監督より年上ばかりの内閣が誕生すると思います」




谷繁監督は、「傀儡」とか「お飾り」 とかいうようには考えず、冷静に野村監督の成功例と、古田監督の失敗例を重要参考歴史的資料として、深く学習し、最初の1年目、2年目は、ほとんど采配を預けるくらいの感覚でシーズンの臨んで欲しいと思います。

谷繁監督を、「傀儡」とか「お飾り」 とか悪しざまに言うのは、兼任監督が何でも首を突っ込んで全てが中途半端になる事でチームが弱体化することを願う者たち(読売関係者とか、坂井克彦一派)だけでしょう。









にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram














関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

谷繁PMに期待すること

落合GMは、間違いなく野村克也とブレイザーの関係を参考にして、コーチ陣を編成すると思います。
谷繁選手の寿命を伸ばしつつ、捕手の後継者の目処がたった段階で監督選任というプランだと思います。
谷繁PMには、落合GMの監督時代の失敗を参考にし、かつ、優秀な参謀を上手く活用して、名選手かつ名監督への華麗なる転身を遂げていただきたいです。
周囲の雑音や妨害を乗り越えるだけの経験と知識を持っている野球人・谷繁元信さんを応援します。

No title

今回のブログ内容とは直接関係がありませんが、管理人様が熱望していた浅尾の鳥取行きが現実になるようです。
去年と今年、ファンサービスという名のファンへの媚び諂い+タニマチへの男芸者による調整不足な上に酷使に泣かされて、不本意なシーズンを送った浅尾が、ドラゴンズの誇る鉄人二大巨頭、昌さんと岩瀬さんと共に鳥取でトレーニングするそうです。
ファンが待っているのはカッコイイだけの浅尾じゃなくて、カッコよくて相手打者を滅多切りにする浅尾です。年間70試合以上投げても防御率が1点どころか0.5点にすらならない浅尾です。
そういった浅尾が戻ってくると思うとワクワクします。来年の8回はとっても安心できるのではないかと思われます。
そのためにも鳥取で鉄人二大巨頭の下でしっかりと調整してきてほしいですね。

遅くなりましたが…

ブログ主さんの努力と正しい検証の結果、来季以降のドラゴンズが希望の満ちた体制で進められる事になり非常に感謝しております。
ブログ主さんが再三指摘されていた浅尾投手がついに鳥取行きを決断しました。
私は浅尾投手が今のままだと短命に終わるのではないかと物凄く危惧しておりました。
小山代表率いるワールドウイングで科学的検証を行いピッチングフォームを今一度見直して息の長い選手として活躍してくれることを願います。
そばにいる昌さんや岩瀬投手の様にプロ野球史上稀に見る長寿選手になる秘訣が必ず鳥取にはあります。
あれだけ故障に悩まされまともにシーズン通して働けなかった山井投手はワールドウイングに行ってから故障と無縁に働けるようになったのですから。

お返事ありがとうございました。

コメント返信ありがとうございました。
ドラフト会議楽しみですね。
谷繁監督と落合GMのこわもてコンビの映像が
たくさん見られると嬉しいです。
 
森HCを加えたこわもてトリオは相性が
良いと思います。きっと強くなります。 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131020-00000528-playboyz-base 

古き良きドラゴンズって落合さんが監督
になる前のことですよね。
他の記事に今回くびになったOBコーチは
名古屋で人気のあるOBたちだから
落合GMは地元でもうすでに敵だらけ
とかいう記述も読みました。
 
自分は中京圏(ジョイナスの出身地(-_-;))
に居住しているものですが・・・
地元で人気のドラOBと言われても
思いつかないですよ。
講演会チケット即完売の落合さん以外は・・・。


落合さんを除外すれば
立浪さんですね。
現役時代の華麗なプレーと
わかり易い解説がその理由でしょう。

ちなみにジョイナスが2年前に
監督に就任した時は
当地でさえ
「監督なんて歳かよ~。」とか
「モリミチじゃ、あかんわ~。」
とみんな言ってました。

2位だった昨季でさえ
「落合が好きだったから今年は興味ない・・・。」
とドラ党の同僚がいってましたし、
今季に至っては
「今年ほど中継見ない年はない。」にセリフが
変わりました。
ドラファンのはずの家族には
自分が中継見ていると
「こんなに弱いのによく見る気になるね。」
と言われました。

東海地方の現状です・・・。


ところでうちの家族が
CS進出が消滅した
ナゴドでの広島戦の前に
帰名したナインを名古屋駅で
偶然見たんですが、岩瀬と浅尾は
仲が良いんですね。
岩瀬の荷物と自分の荷物を
浅尾がタクシーに積んで
一緒に乗り込んで行ったそうです。
鳥取でも良い雰囲気で
トレーニングできると思いますよ。





谷繁監督

谷繁監督は、傀儡でもなければ操り人形でもない。
そういう事を谷繁監督の周りで言うやつがいたらそれは谷繁監督を貶める怪しいやつ。
谷繁監督は分業の共同作業の指揮者である。

66倍返し

ちょいと忙しくてコメントするの久しぶりです(笑)

もうドラフトなんですね~。
今年は落合GMがドラフトに関わるので、どんな選手がドラゴンズに入団するのか楽しみです。

他球団もオレ流にビビってますね。
やはり落合GMがプロ野球界にいるだけで不気味だし、逆に面白いんです。

落合GMがドラゴンズに戻って来たおかげで、毎日のドラゴンズ情報が楽しみです。

管理人さま
遅ればせながらコメント返信ありがとうございました。
ドラゴンズにとって坂井一派の追放が何よりも補強でした。。本当にこのサイトが一役買ってると思ってます。ただいつ大島派から新たな人物が来るか分からないので今後も注意深く見守りたいですね。

ちなみに信憑性は分かりませんが、デイリーに井上が、台湾ウインターリーグでの台湾コーチに就任とか出てました。同じく阪神退団した久慈コーチ、解説者の落合英二の名前も。
どんな形でも指導者の経験積んでほしい。


後、話変わりますがパリーグCSで、とある千葉ロッテ関連のブログに出てましたが、楽天のKスタ宮城のビジターのライト応援席の範囲が酷いと出てました。あの区分けはビジターチームの応援者排除だと。

確かにテレビで見ててもあの区分けは酷いです。ビジター応援とて大事なお客様です。楽天球団も考えないといけませんね…
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。