スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!落合GM誕生!そして白井元帥は竜の伝説となった件













落合GM誕生です!ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ


ochiaiGM09.jpg


ochiaiGM01.jpg


ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい


中日新設GMに落合氏 谷繁捕手が兼任監督

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013100990031011.html

2013年10月9日

プロ野球の中日ドラゴンズは8日、ゼネラルマネジャー(GM)に元監督の落合博満氏(59)、新監督に谷繁元信捕手(42)を内定した。
谷繁捕手は現役を続ける意志が固く、球団関係者によると
「プレーイングマネジャー(選手兼任監督)なら」
と承諾した。
落合氏は3季ぶりの復帰。
契約年数など詳細を詰め近く正式に発表する。

中日がGMを設けるのは初。
監督を補佐し、球団から与えられた予算と権限の中で強いチームづくりへ総合的な戦略を練る。

球団は9日に臨時取締役会を開き、GMを置くための準備を進めるほか、フロントの見直しも検討する。
GMは現在、巨人や阪神などで置かれている。

落合氏は監督就任1年目の2004年を含め、8年間で4度のセ・リーグ制覇。
07年にはリーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち抜き、53年ぶりの日本一に導いた。

谷繁捕手は1989年に大洋(現DeNA)にドラフト1位で入団。
02年にフリーエージェント(FA)で中日へ移籍し、常勝の原動力となった「投手王国」を正捕手として支えた。

チームは今季、主力にけが人が続出。
12年ぶりにBクラスへ転落した。
07年に始まったCSも初めて進出を逃した。
球団は
「野球が分かっていて、チームを強くできる人」
という白井文吾オーナー(中日新聞社会長)の意向を踏まえて人選を進めてきた。
セ・パ両リーグに分かれた50年以降、中日の選手兼任監督は2人目。

(中日新聞)

落合博満氏(おちあい・ひろみつ)
53年12月9日生まれ。
秋田工高から東洋大中退、社会人の東芝府中を経て79年にドラフト3位でロッテ入団。
3度の三冠王に輝き、87年にトレードで中日に移籍した。
94年から巨人、97年から日本ハムでプレーし、98年引退。
中日監督として07年に日本一、04、06、10、11年にリーグ制覇。
11年退団。同年1月に野球殿堂入り。

谷繁元信捕手(たにしげ・もとのぶ)
70年12月21日生まれ。島根・江の川高(現石見智翠館=いわみちすいかん=高)から横浜に入団し、98年に38年ぶりの日本一に貢献。
今年5月6日のヤクルト戦で史上44人目の通算2000安打達成。
通算2900試合出場は歴代2位。
176センチ、81キロ、右投げ右打ち。
42歳。
広島県出身。




こんなにも凄いウルトラC人事発表とは思いませんでした。ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!



ochiaiGM02.jpg


中日新聞社がここまで面白い事できるとは・・白井元帥は偉大すぎます。ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ


ochiaiGM03.jpg


最高に面白そうです。O(≧▽≦)O ワーイ♪

今日は一日、燃えよドラゴンズの鼻歌を歌っていました(笑)。


ochiaiGM04.jpg


ただ、谷繁さんの負担がどうなるのか心配ではありますが。


ochiaiGM05.jpg


どちらかというと谷繁さんはプレーに専念して、落合GM(=監督)が決めた選手交代を審判に告げるメッセンジャー係、的な感じになるんでしょうか?


ochiaiGM06.jpg

  ↑
昨日のサンスポの記事ですが、これが事実でした。

昨日、解釈をおもいっきり間違えてしまいました。

どうもすみませんでした。



中日新監督に谷繁急浮上!ヘッドコーチに森繁和氏

http://www.sanspo.com/baseball/news/20131008/dra13100805080001-n1.html

サンケイスポーツ 10月8日

中日の次期監督候補に谷繁元信捕手(42)が急浮上したことが7日、明らかになった。
高木守道監督(72)の後任として、球団内で評価の高い谷繁を推す声が高まった。
2011年まで落合博満監督を支えた森繁和氏(58)=野球評論家=がヘッドコーチとして復帰する構想も判明。
今季12年ぶりにBクラスに沈んだ中日の監督問題が一気に動き出す。

高木監督の後任人事を急ぐ中日が、とっておきの切り札をリストアップした。
42歳の現役捕手、谷繁が後任候補に急浮上したことが判明した。

12年ぶりのBクラスが決まり、高木監督の今季限りでの退団が決定。
8日に白井文吾オーナー(85)へ“退任挨拶”をする予定だが、同オーナーと球団フロントは後継監督について、水面下で調査を進めていた。
同オーナーは6日、
「悩んでおる。名前があまり浮かばない。名案があるわけではない。勝てるチームをつくるにはどうすればいいのか」
と話していただけに、谷繁擁立の動きはまさに急展開だった。

球界一といわれるインサイドワークを持ち、チーム全体を見渡すことができる扇の要。
打撃でも今年5月に通算2000安打を達成するなど、落合前監督が
「いい指導者になるよ」
とお墨付きを与えたほどの人材だ。
横浜(現DeNA)からフリーエージェント(FA)での入団で“外様”とはいえ、早い段階から将来の幹部候補生として嘱望されていた。

関係者の話を総合すると、白井オーナーの初期構想は、落合博満前監督の再登板だったもよう。
8年間でリーグ優勝が4度、日本一が1度と輝かしい成績を残した。
その一方で、落合監督を含めたスタッフの人件費の高騰が球団経営を圧迫したのも事実。
2011年限りで契約を更新せず、退任していた。


「10月に入ってオーナーと話はしている」
(坂井克彦球団社長)
という球団フロントは一時はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で打撃コーチを務めた生え抜きOBの立浪和義氏(44)の擁立を目指した。
だが、2009年の引退から4年が経過。
若返りを図るチームの内情に精通しているとは言い難く、スムーズなバトンタッチへの慎重論が浮上した。

そこで浮かび上がったのが谷繁監督プランだった。


落合政権下では優勝するチーム作りのノウハウにも接しており、現状を十分に理解している。
2チームに在籍したことで、球団の枠を超えたネットワークの広さも魅力だ。
さらに谷繁をサポートするために、落合監督を投手コーチとして支えた森繁和氏をヘッドコーチとして入閣させることも検討されている。
ブランコ(現DeNA)らの獲得に尽力した森氏は、新外国人調査のためにドミニカ共和国に向かっているという情報もある。

谷繁監督が捕手兼任になるのか、現役を退いて監督に専任するかは今後の話し合い次第になる見込み。
今季、セ・リーグ全5球団に負け越した竜が谷繁監督の下、巻き返しを図る。



  ↑
この記事の、

「10月に入ってオーナーと話はしている」
(坂井克彦球団社長)
という球団フロントは一時はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で打撃コーチを務めた生え抜きOBの立浪和義氏(44)の擁立を目指した。
だが、2009年の引退から4年が経過。
若返りを図るチームの内情に精通しているとは言い難く、スムーズなバトンタッチへの慎重論が浮上した。

そこで浮かび上がったのが谷繁監督プランだった。



  ↑
この箇所を見て、谷繁さんを監督に据えようとしているのが、坂井克彦一派かと勘違いしてしまいました。

昨日は間違えました。

すいませんでした。

サンスポにこの情報をリークしたのは、どうやら本物のリークだったみたいです。

スポニチとニッカンにスクープを抜かれたので、サンスポが白井元帥側に、

「どーしてウチだけがカヤの外なんすかー」

とサンスポの記者に泣きつかれたんですかね?


こうして見ると、スポーツ報知だけがカヤの外になっているのが笑えます。

やはり白井元帥にとってもライバルは読売なんですね(笑)



YAHOOトップニュースにもきました。ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
   ↓


中日・白井オーナー 谷繁は「考える力持っている 前向きな男」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000073-spnannex-base

スポニチアネックス 10月9日(水)11時25分配信

今季4位に終わった中日の来季監督に、谷繁元信捕手(42)が就任することが確実になった。
白井文吾オーナー(85)が9日に明らかにしたもので、落合博満前監督(59)がゼネラルマネジャー(GM)として編成面を担当することも分かった。

同オーナーは、選手兼任監督となる見通しの谷繁について
「考える力を持っている。非常に前向きな男」
とコメント。
3年ぶりに中日に復帰し、球団初のGMに就く落合氏については
「戦術面で第一に力を発揮してくれるんじゃないか。それとかチームの編成とか」
とサポート役を期待した。

中日は今季12年ぶりにBクラスに低迷。
CS導入7年目で初めて進出を逃し、主催試合の観客動員数もナゴヤドーム開場後、初めて200万人を下回っる事態となった。
来季は
「谷繁監督、落合GM」
体制で常勝軍団復活を目指すことになる。





YAHOOプロ野球Sportsnaviのトップにもきました。ワーイ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ワーイ 
   ↓


谷繁選手兼任監督、落合GM、森ヘッド

http://www.chunichi.co.jp/ee/feature/dragons/

2013年10月9日 中日スポーツ

竜再建の切り札、近日中に正式発表

プレーイングマネジャー誕生へ-。
中日・谷繁元信捕手(42)が8日、現役を続けながら来季監督に就任することになった。
球団は複数候補から、最終的に谷繁に一本化。
中日・白井文吾オーナーの承認を得て、監督就任を正式に要請。
谷繁から内諾を得た。
またフロント強化のため、2004年から8年間指揮をとった落合博満氏(59)のゼネラルマネジャー(GM)就任も決まった。
落合政権下でヘッドコーチを務めた森繁和氏(58)も同職で復帰する。

中日が最終的に来季監督を要請したのは、竜の司令塔・谷繁だった。
今季限りで高木監督の2年契約が切れるため、球団は早い段階から後任監督として複数候補をリストアップ。
9月25日の広島戦で敗れ、クライマックスシリーズ進出が消滅すると選定作業を一気に進め、一本化した。

白井オーナーからもGOサインが出たことで水面下で要請。
谷繁も内諾した。
近日中に球団から正式発表される予定だ。
その谷繁は、本紙の取材に対し
「まだ、ボクの口からお答えできる段階にはない。そのときが来れば、きちんとお話したいと思う」
と、慎重なコメントに終始した。
なお、ヘッドコーチには落合政権を支えた森繁和氏の就任が内定。
名参謀が、谷繁新監督を支えていくことになる。

59年ぶり捕手兼任 42歳、リーダーの資質十分

12年ぶりのBクラスとなった中日にとって、谷繁は“切り札”というべき存在だ。
今季は2000安打達成、さらに王貞治を抜き、歴代2位の通算2832試合出場(現在は2900試合出場)を果たすなど豊富な経験と、卓越した野球理論は高く評価される。
常勝軍団を築いた落合元監督が退任会見の際に
「いい指導者になる」
と太鼓判を押したほどだ。
生え抜きではないものの、成長著しい平田、高橋周、大野ら若手への叱咤(しった)激励を欠かさず、野球に真摯(しんし)に取り組む姿勢、勝負への執着心など、リーダーの資質は申し分ない。

球団としては1955年の野口明以来、59年ぶりの捕手兼任監督。
プレーイングマネジャー誕生は話題性十分だ。
年間観客動員数は95年以来となる200万人割れという減少の一途をたどっており手腕、人気の両面で、期待は計り知れない。

2002年に横浜(現DeNA)からフリーエージェント移籍して来季は中日在籍13年目。
プロ通算26年目のシーズンだ。
監督という新たな肩書を背負い、チーム再建へ向け船出する。

【谷繁元信(たにしげ・もとのぶ)】
1970(昭和45)年12月21日、広島県生まれの42歳。
176センチ、81キロ、右投げ右打ち。
島根・江の川高(現・石見智翠館高)から1988年ドラフト1位で大洋入団(現・DeNA)。
2001年にFA宣言して中日入団。
球界を代表する捕手として6度のゴールデングラブ賞に輝く。
今季は5月6日のヤクルト戦で通算2000安打を達成した。

ゼネラルマネジャー(GM)とは
チームを強化するために新戦力の確保や、戦力外の選手の見極めなどを行う。
監督が試合の指揮を執るのに対し、GMはチーム全体の構想を決定する役職といえる。
メジャーでは必ずしも選手出身である必要がなく、マーケティングやマネジメントの分野に秀でた人材が担当することがある。
プロ野球では日本ハム、阪神などが同職を置いている。




これが本物の、「新しい風」
 わぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい


谷繁、監督就任を内諾!球団59年ぶり捕手兼任監督が誕生

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000010-dal-base

デイリースポーツ 10月9日(水)6時59分配信

中日球団初のゼネラルマネジャー(GM)として、2004年から8年間指揮をとった落合博満氏(59)が就任することが8日、分かった。
チーム編成の抜本的見直しを目指し、名将が球団改革に乗り出す。
また、谷繁元信捕手(42)が現役を続けながら来季監督に就任することになった。
白井文吾オーナーの承認を得て、監督就任を正式に要請。
谷繁から内諾を得た。

中日が最終的に来季監督を要請したのは、竜の司令塔・谷繁だった。
今季限りで高木監督の2年契約が切れるため、球団は早い段階から後任監督として複数候補をリストアップ。
9月25日の広島戦で敗れ、クライマックスシリーズ進出が消滅すると、選定作業を一気に進め、一本化した。

白井オーナーからもGOサインが出たことで水面下で要請。
谷繁も内諾した。
谷繁は
「まだ、ボクの口からお答えできる段階にはない。そのときが来れば、きちんとお話ししたいと思います」
と慎重なコメントに終始。
ただ、プレーイングマネジャー就任に前向きな姿勢でいることに変わりはなく、近日中に正式発表される予定だ。

12年ぶりにBクラスに転落した中日にとって、“切り札”というべき存在だ。
豊富な経験と卓越した野球理論は高く評価される。
リーダーの資質は申し分ない。

球団としては1955年の野口明以来、59年ぶりの捕手兼任監督となる。
2002年に横浜(現DeNA)からフリーエージェント移籍して来季は中日在籍13年目。
谷繁にとってプロ26年目のシーズンは、監督という新たな肩書を背負い、チーム再建へ向け船出する。




実際の話、森繁和監督が谷繁さんに助言、というところでしょうか?

落合GMがでーんと、ドラゴンズのベンチで谷繁監督の隣に座っていて、あれこれぶつぶつ会話している姿を見てみたい感じもするんですが、来季のドラゴンズのベンチはどうなるんでしょうか?

とってもワクワクです。∩(´∀`)∩ワァイ♪



オレ流“倍返し”だ!反対派を一掃「落合GM」の舞台裏

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/192568/

東スポWeb 10月9日

中日が大刷新に踏み切った。
球団史上初となるゼネラルマネジャー(GM)に落合博満前監督(59)を招聘し、次期監督には谷繁元信捕手(42)を抜てきすることが決まった。
谷繁は野村克也氏の通算出場の最多記録3017にあと117試合に迫っており選手兼任となる。
周囲も驚く仰天人事の舞台裏を追った。

12年ぶりのBクラスに沈んだ中日が、まだ42歳と若い谷繁にチームの立て直しを託すことになった。
だがすんなり決まったわけではない。
その裏では、壮絶なバトルともいうべき、球団フロントと白井文吾オーナー(85)の駆け引きがあった。

新監督の人選にあたり、フロントは早い段階で数人の候補者を挙げていたという。
しかし、白井オーナーはこれを全てはねつけ、さらに新監督の擁立の動きを凍結した。
ちょうどそのころ、白井オーナーと落合前監督が接触していたとの情報が流れた。

球団内は
「オーナーがフロントに動くなと言ったのは落合前監督をもう一度招聘するつもりではないか」
との疑念でいっぱいとなった。
さらに
「落合はGMをやるらしい。監督は(当時ヘッドコーチを務めた)森らしい」
との噂までまことしやかに流れた。

1度クビを切った人間が復活したとあっては、この2年間は無駄になる…。
反落合派は水面下で必死の抵抗を試みたが、結局は白井オーナーと落合氏の強い絆の前に敗れ去った。

落合氏をGMにするにあたって、2年前の“監督解任”に動いたといわれる坂井球団社長ら“反落合派”のフロントは一掃される。
形の上では成績不振の責任をとって辞任となる模様だが、事実上の“更迭”なのは明らかだろう。
落合氏にとっては、3年越しのリベンジ、「倍返し」を果たしたことになる。

新監督には
「良い指導者になる」
と落合氏からお墨付きをもらった谷繁を抜てき。
高木監督のもとでぬるま湯ムードとなったチームにカツを入れるコワモテであり、主力選手にもハッキリ物が言える腹心が選ばれた。
野村克也氏、古田敦也氏に続く捕手のプレーイングマネジャーとなる。
果たして中日は、今回の大刷新でかつての強い時代を取り戻せるのか。




坂井克彦は事実上の更迭です。 
バンザーイ!! ★\( ̄▽ ̄ )/クル\(   )/クル\(  ̄▽ ̄)/★バンザーイ!!

もっとも、セリーグ全体が3.5%増なのに、坂井克彦プロデュースのジョイナス中日だけがマイナス4%(しかも水増しだらけなのに)、更迭されなければ組織としておかしいです。
    ↓


観客動員は3.5%増=プロ野球セ・リーグ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131008-00000194-jij-spo

時事通信 10月8日

セ・リーグは8日、レギュラーシーズンが終了し、今季の観客動員数が1220万2009人(1試合平均2万8245人)で、昨年比3.5%増加したと発表した。

球団別ではDeNAが142万5728人(同1万9802人)で22.3%と最も増えた。
続いてヤクルトが143万2695人で8.3%増、巨人が300万8197人で3.6%増、阪神が277万1603人で1.6%増となった。
減少したのは2球団で、広島が156万5598人で1.5%減、最も減らした中日が199万8188人で4.0%減。
平均試合時間は、昨年に比べて10分長い3時間20分。
今季は節電目的の「3時間半ルール」が撤廃された。 




<巨人>観客動員数 300万人初めて突破

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000011-mai-base

毎日新聞 10月9日

プロ野球・巨人はレギュラーシーズンを終えた8日、主催全72試合の観客動員数が300万8197人と、2005年に始まった実数発表以降初めて300万人を突破したと発表した。

これまでの最多は10年の296万6626人。



    ↑
読売が300万人を越えているのに、ジョイナス坂井克彦中日は200万人割れとかひどすぎましたからね。

坂井克彦が解任されたのも当然ですね。



【中日】じぇじぇじぇ新社長

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131009-1201934.html

sasakisakai.jpg
会見に臨む中日の佐々木球団新社長(右)。左は坂井球団前社長

中日は9日、球団の新たな代表取締役社長兼オーナー代行に就任した佐々木崇夫氏(66=中日新聞社常務取締役広告担当)と、退任する坂井克彦代表取締役社長兼オーナー代行(68)の会見を行った。

佐々木新社長は
「私にとっては、今はやりの言葉で言うなら『じぇじぇじぇ』の人事ということになります」
急な指名だったという驚きを『あまちゃん』の決めゼリフで表現した。

[2013年10月9日]




sakaikatsuhikoLAST.jpg


( ̄▽ ̄;)
うーん、自業自得・・・


中日が谷繁新監督、落合GMを発表!坂井オーナーは退任

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000052-dal-base

中日は8日、谷繁元信捕手が来季は選手兼任監督に、落合博満元監督がGMに就任すると発表した。
捕手兼任監督は2006、07年にヤクルトを率いた古田敦也監督以来。
また中日がGMを置くのは球団史上初めて。

谷繁は島根・江の川高(現石見智翠館高)から1988年度ドラフト1位で大洋(現DeNA)に入団。
2002年に中日にFA移籍した。
今年5月に通算2000安打をマーク。
通算2900試合に出場し、2051安打、227本塁打、1013打点、打率・241。
捕手としての経験は豊富で、リーダーシップも備えている。

また落合氏は2004年から11年までの8シーズン、中日の指揮を執り、リーグ優勝4回、日本一1回を達成。
すべてAクラス入りしている。

中日は今季、12年ぶりのBクラスと低迷。
来季は、落合GM‐谷繁プレーイングマネジャーの新体制で、巻き返しを図る。

また中日は、球団の代表取締役社長兼オーナー代行に佐々木崇夫氏=中日新聞社常務取締役広告担当=が就任し、坂井克彦・代表取締役社長兼オーナー代行が退任することも発表した。




【中日】球団新社長に佐々木崇夫氏

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131009-1201886.html

中日は9日、球団の新たな代表取締役社長兼オーナー代行に、佐々木崇夫氏(66=中日新聞社常務取締役広告担当)が就任すると発表した。

坂井克彦代表取締役社長兼オーナー代行(68)は退任する。
同日、名古屋市中区の中日新聞社で開かれた臨時株主総会で決まった。

[2013年10月9日]




【中日】球団社長含む新役員人事を発表

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131009-1201920.html

中日ドラゴンズは9日、名古屋市中区の中日新聞本社で臨時株主総会と臨時取締役会を開き、坂井克彦球団社長(68)の退任と佐々木崇夫新球団社長(66=中日新聞社常務取締役広告担当)就任のほか、以下の役員人事を承認した。(敬称略)

 取締役 小出宣昭(69)=中日新聞社代表取締役社長

 取締役相談役 井手峻(69)=常務取締役球団代表兼連盟担当

 取締役球団社長付 西脇紀人(63)=取締役編成担当

 取締役球団代表兼連盟担当 西山和夫(64)=取締役渉外担当兼連盟担当代理

 取締役営業担当 壁谷浩和(53)=中日新聞社販売局三河販売部長

 取締役管理担当兼経理部長 一藤真知夫(67)=中日販売研修センター顧問

 退任 今原孝(61)=取締役営業担当

 退任 佐藤良平(57)=取締役管理担当兼経理部長(前球団代表)

[2013年10月9日]






中日 落合氏復帰で球団社長交代「居すわっているというのはよろしくない」

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/09/kiji/K20131009006779620.html

sakaikatsuhikoLAST02.jpg
谷繁新監督を発表する佐々木新球団社長。左は坂井前社長

中日は9日、高木監督から谷繁兼任監督に交代するが、球団社長も交代することになった。

代表取締役社長兼オーナー代行には、中日新聞社常務取締役広告担当の佐々木崇夫氏(66)が就任し、同職だった坂井克彦氏(68)が退任。

坂井氏は、人件費の高騰や観客動員数減を理由に2年前に落合前監督の交代に踏み切った人物。

会見で坂井氏は
「2年前、監督交代の時に社長で、その動きの中心だった。そういう人間が居すわっているというのは筋としてよろしくない」


と語った。




つい先日まで、「俺は来季の球団改革をするんだ!」 とマスコミに発言し息巻いていて、球団社長に居座ろうとしていたくせに、最後の最後まで大嘘ついて去っていくんですね・・。

最後に、ドラゴンズファンの皆さますいませんでしたくらいの一言もなかったですね。

最後まで面目を失った自分の事だけ考えている感しかないような一言のようにも思われます。


sakaikatsuhikoLAST03.jpg



( ̄▽ ̄;) ( ̄▽ ̄;)
うーん、自業自得・・・


ochiaiGM08.jpg


中日 球団社長ら幹部更迭へ 落合氏の復帰が加速

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/09/kiji/K20131009006776360.html

今季4位に終わった中日は、12年ぶりのBクラスに沈んだ成績不振を受け、坂井克彦球団社長(69)ら球団幹部を更迭することが8日、分かった。
11年に落合博満前監督(59)の退任を決めた球団首脳が刷新されることで落合氏の再任への流れが一気に加速することになった。

CS導入7年目で初めて進出を逃した今季。
主催試合の観客動員数もナゴヤドーム開場後、初めて200万人を下回った。
成績、人気ともに低迷したことで、白井文吾オーナー(85)はこの日までにフロント陣の刷新を決断。
9日にも総退陣に近い大幅な引責人事を断行する見込みとなった。

球団幹部の一人は
「結果を残せなかったのは事実。我々の責任は認識している」
と発言。
シーズン終了直後で、来季への編成を開始したばかりだけに、異例の事態といえる。

白井オーナーの決断の引き金となったのは落合氏をめぐる「対立」だ。
前監督時代から落合氏の手腕や野球理論に絶大な信頼を置くオーナーの意向もあり次期監督の有力候補に浮上。
これに対し、人件費の高騰や観客動員数減を理由に2年前に監督交代に踏み切った現フロント陣は猛反対していた。
結果的にフロント陣が退陣に追い込まれる前代未聞の「お家騒動」で、落合氏の再登板が濃厚となった。
[2013年10月9日]




台風の突風が吹きまくる名古屋の地に、さわやかな本物の新しい風が吹きました。

新しい風どころか、白井元帥の強権発動による強風人事で坂井克彦を吹き飛ばしてしまった感もあります。


こうなったらこうなったで、ジョイナスやら坂井克彦やらはもうどうでもよくなりましたね。

ワーイ。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。ワーイ

正直もうどうでもええわーっていう感じです。



ochiaiGM07.jpg


やっぱ白井元帥って神ですねー ゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪

これで来季のセ・リーグのスポーツニュースは、ドラゴンズが半独占状態となるでしょう。

白井元帥はそこまで計算していたのだと思います。

そして更に白井元帥は、時期監督に谷繁さんを育てることで、強いドラゴンズの系譜と伝統を将来長期的に渡って残して行こうとしたのではないでしょうか。


ochiaiShirai.jpg


白井元帥には100歳まで長生きして欲しいと思いますが、ひょっとして85歳の白井元帥が、ドラゴンズとドラゴンズファンのために最後に残した、最後の“白井遺産”のおつもりなのかも??

ドラゴンズの歴史が始まって以来の黄金期を築きあげた白井元帥は、ドラゴンズのさらなる黄金期構築ために将来にわたっての道筋をさらに切り開き、もはやドラゴンズの生ける伝説となったと言えると思います。

名将落合博満をGMに据え、森繁監督と谷繁監督を育成させ、長い将来に渡って、ドラゴンズの強い歴史を続ける、という白井元帥の強い意志を感じます。

例えば第2次落合竜が何年か続いて、落合竜が終わってしまったら、それで強いドラゴンズの歴史が断絶してしまうでしょう。

それは、坂井克彦プロデュースの高木中日が、たったの2年で黄金期をいとも簡単に崩壊させてしまったことでも明らかです。

だから落合GMというのは、「落合後」 の世界を作るために、新しい布石だと思います。

まるで伊勢神宮の式年遷宮のように、次々と強い黄金期ドラゴンズの歴史を連続させていこうという白井元帥の深淵な、「ドラゴンズ長期構想」 が感じられるようなウルトラ人事だと思いました。

「国家100年の計」 なんていう言葉がありますが、あとJリーグにも、「Jリーグ100年構想」 なんていうのもありますが、これは白井元帥の、

「ドラゴンズ黄金期永続化構想」

と言ってもいいくらいの、素晴らしい大計なのではないでしょうか?

一石百鳥がごとき諸葛孔明のような天才的な答えを導き出した白井元帥、2年間のムダなジョイナス期を経て、全てをひっくり返すだけではない、さらにその先をゆく答えをドラゴンズとドラゴンズファンに提示してくれました。


shiraiOchiai.jpg


白井元帥、とてつもない大人物だと思います。

間違いなく白井元帥は、ドラゴンズ史に名を残す、現時点で生けるドラゴンズの伝説となりました。


名著「采配」でベストセラーを連発し、日本中の企業の社内研修で指導を依頼される程にマネジメント面に優れた落合GMが、GMという職務を成功させる事は間違いないでしょう。

落合竜の8年間において、もともと落合監督と森繁和さんのやってきたことといえば、


・コーチの人事権を全て掌握

・コーチの年俸を管理

・選手の年俸に監督査定を加味

・森繁和さんがドミニカでブランコさんを発掘

・森繁和さんがサトウキビ畑からネルソンさんを発掘

・ほかにもドミンゴさん、ソトさんなどなど・・


というように、半分GMに片足つっこんできたようなものですから、落合GMは必ず成功するでしょう。



ochiaimorishigendfkc.jpg


このオフシーズンには、森繁和さんと共にドミニカ各地を訪問する落合GMの姿が見られるのかもしれませんね。

するとドミニカのブランコさんの大邸宅で、落合さんと森繁さんとブランコさんが楽しそうに再会の酒宴をひらいていたりして。


blancojo.jpg


今やブランコさんはセリーグの首位打者ですからね。

「ブランコ首位打者」

という言葉には、我々ドラゴンズファンはいまだに、いまいちピンとこない感もあります(笑)。

落合監督の指導の蓄積に、ラミレスの指導というスパイスが加味され、ブランコさんの才能が今年一気に花開いたという感じです。

ブランコさんも再来年は大慌てでドラゴンズに帰ってきたりして・・


Ochiai07.jpg



なんだったら、落合GM兼、落合球団社長でも良いんじゃないかと思います。

劇的に球団の収益が改善されたりして。

「この売上が中日新聞社グループに流れているのはなんだ?」

と次々と厳しく帳簿に鋭い指摘をして、中日新聞社に上納されている不明瞭な金の流れを全部ドラゴンズに戻したりして。

白井元帥は、将来的にはそういうところまで見越しているのかもしれませんね。


落合博満さんは、極めて能力の高い人物です。

それは著書を見ても全国の後援会で休む暇もないほどビッチリとスケジュールが埋まっていたことからもわかります。

日本全国の超一流企業の研修の講演の依頼の方が多かった事実からも、落合博満さんがいかに高いレベルで高い能力を持った人物であるかという事がわかります。

才能があり過ぎる人、それが落合博満さんという人物です。

才能があり過ぎて、落合監督が監督の枠を越えてGMの領域にまで踏み込んで仕事をしていました。

しかもそれがまた大成功して落合竜の黄金期の8年間を築いていたところがまたすごい。


そんなところから想像するに、「じぇじぇじぇ」とか言っている球団社長の仕事の領域にまで、落合GMは踏み込んでいくような気もします。

それがまた大成功するんじゃないですかね?

これまた能力の高い白井元帥という大人物が、落合博満という才能に惚れこみ、GMという中日新聞社にかつてなかったポストを新設し、落合博満という人物をスキルアップさせようとしているのかもしれません。


落合博満さんの高い能力は、日本球界の宝です。

これほどの才能と能力を持った野球人は、落合博満さんの他に誰も思い当りません。

落合博満さんの能力に匹敵する人物が、ほかに日本球界にいるのでしょうか?

野村克也さんくらいですかね?


ochiai04.jpg


谷繁が兼任監督に就任=新球団社長「落合氏は後見人」―プロ野球・中日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000119-jij-spo

時事通信 10月9日

プロ野球中日は9日、名古屋市内で株主総会と臨時取締役会を開き、谷繁元信捕手(42)の兼任監督就任と落合博満元監督(59)のゼネラルマネジャー(GM)就任を決めた。
また、坂井克彦球団社長(68)が退任し、佐々木崇夫中日新聞常務取締役(66)が新たな球団社長に就いた。
谷繁は10日に就任会見を行う。
落合氏のGM就任について佐々木社長は
「一言で言うなら(谷繁の)後見人という位置づけ」
とし、
「球団から与えられた予算と権限の中で戦略を立案してもらう」
と述べた。
谷繁は島根・江の川高(現石見智翠館高)から1989年にドラフト1位で大洋(現DeNA)に入り、2002年に中日に移籍した。
2900試合出場はプロ野球歴代2位。 



  ↑
とはいえ、谷繁さんの後見人をしながら、限られた予算の中でチーム強化を図らなければならない落合GM、中日新聞社の役員にはとうていできない難題であるため、落合GMに丸投げした感もありますが、落合GMならそんな難題も乗り越えてしまいそうです。

ついでにその “限られた予算” とやらを落合GMに精査してもらい、中日新聞社がドラゴンズの売上金をどのくらいかっさらって持ち去っているのかも精査し、そちらの問題にも切り込んでもらいたいとも思います。


lastochiai.jpg


落合監督が微動だにせず無表情で頼もしくベンチでドーンと座っているのが、相手チームに強烈なプレッシャーを与えていたのですが、それがなくなってしまうのが若干不安ではありますが、落合GMが谷繁さんや森繁さんをきちんと指導してくれるでしょう。

しかし、・・シゲシゲファイトと言われる監督って・・

シゲ(谷繁)シゲ(森繁)ファイトだぁーーー




中日 谷繁が兼任監督就任決定 復帰の落合氏はGMで編成面担当

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/09/kiji/K20131009006779580.html

中日は9日、名古屋市の中日新聞本社で行われた取締役会で来季の監督として、谷繁元信捕手(42)を兼任監督にすることを決めた。
また、2011年まで8年間にわたって監督を務めた落合博満氏(59)がゼネラルマネジャー(GM)に就任することになった。

同日、球団が発表した。
谷繁は10日に名古屋市内で記者会見する予定。
また、フロントの一部も刷新され、新しい球団社長には佐々木崇夫氏(66、中日新聞社常務取締役広告担当)の就任が発表された。

谷繁新監督について、白井文吾オーナーは
「考える力を持っている非常に前向きな男。(落合氏は)戦術面で力を発揮してくれるのでは」
と高い評価をしており、球団初のGMとなる落合氏は編成面を担当することになり、
戦術面で第一に力を発揮してくれるんじゃないか。それとかチームの編成とか」
とサポート役を期待した。

中日は今季12年ぶりにBクラスに低迷。
CS導入7年目で初めて進出を逃し、主催試合の観客動員数もナゴヤドーム開場後、初めて200万人を下回る事態となった。
来季は
「谷繁監督、落合GM」
体制で常勝軍団復活を目指すことになる。



    ↑
白井元帥も、落合GMに戦術面で谷繁さんのサポートをしてくれるのを期待している様子ですので、実は谷繁さんもPM受諾の条件として落合GMの戦術面の完全サポートを条件に出していて、実は選手に専念するつもりなのではないでしょうか?

投手起用は100%森繁さんがやりますし、野手交替も落合GMと綿密に打ち合わせした上で采配を振るい、試合前は落合監督、試合中は森繁監督という体制になるのではないでしょうか?


そして谷繁PMが最多出場の日本記録を達成した時、落合GMのもとボチボチ采配を振るようになるのかもしれません。

そうやって森繁和監督と谷繁監督と同時に育成していくというプランなのではないでしょうか?


そんな新しい “竜のドラマ” を、これからもドラゴンズファンとして楽しみに見つめていきたいと思います。


・・・というか、既に来シーズンまで待てません状態に突入してしまったんですが・・・(汗)


しかし、困った事になりました。


また中日スポーツを定期購読しなければなりません(ニヤニヤ)。

ドラゴンズのファンクラブにも入らなければなりません(ニヤニヤ)。

沖縄キャンプにもまた行かなければなりません・・そこではおそらく世にも珍しいGMノックが見られるでしょうし(ニヤニヤニヤ)。

シーズンが始まればまた何十試合もナゴヤドームに通わなければなりません(ニヤニヤニヤニヤ)。


出費がかさんじゃうじゃないですか・・・いやいやいやいやいや、困ったものです(ウフフ)。






(追伸)

今回の落合GM復活祭にあたりまして、たくさんのコメントありがとうございます。

時間が無くていつも返信がなくすいません。

しかし今回の落合GM復活祭にあたりまして、後日のコメント返信祭を考えております。

いつもありがとうございます。






にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram
















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この新フロントにはナゴヤドームの観客を増やすことを主眼にして欲しいですね。GM、監督は勝つ事に100%頭使うんだし。

まずは新フロントにして欲しいのは山井投手が以前フロントに頼んだナゴドの入場料値下げと飲食を安くて美味いものにしてくれること。それで強いドラゴンズ見れたら日々の嫌な事も忘れる人も増えるでしょうね

No title

この人事!
この2年間の憂鬱が吹き飛びました!

「また中日スポーツを定期購読しないと ニヤニヤ」と書いておられますが、

うちの実家のオヤジは
「モリミチで解約したスカパー、また契約しないと ニヤニヤ」
だそうです。

昨日仙台で開催されたトークショーのとおり…

まんまと落合氏の策に騙されてました(笑)。

確か、昨日の仙台のトークショーで物凄く嬉しそうに『皆さんが考えていること(監督就任?)とは違うと思いますよ』と言っていたことを思い出しました。

まさかGMのオファーとは流石です。

中日新聞社が貧乏なのは管理者様指摘のとおりですので、落合GMが超少ない予算でどんなチームを造るのか、アホOBコーチを駆逐できるか楽しみです。

チーム運営は落合・森・谷繁のトロイカ体制になるでしょうが、1点だけ不安があるとすれば、谷繁監督がどこまでコーチに任せられるかにかかってくると思います。

選手兼任監督は想像以上に激務でしょうから、森繁和氏を始めとする落合GMが連れてくる(であろう)コーチにある程度託せれば、結構面白いチームになると思いますし、谷繁選手の流出という最悪の事態は回避されたので、ドラゴンズにはプラスになると思います。

悪は排除した。そして倍返しの舞台は整った。

まさに、まさに・・・・

ヨッシャァァァァァァァァー(≧▽≦)!!

キタァァァァァァァァー(・∀・)人(・∀・)ヨッシャ!!

ついに、ついに・・・坂井克彦ら害虫共は白井オーナー様と我々中日ファンの手で強制排除した・゜・(つД`)・゜・。そして、私の夢には少し外れたが、落合博満名誉監督が中日ドラゴンズ史上初のGMとして、森繁和名誉コーチが現場に返り咲いて下さったのだ。こんなに嬉しい事はない。

あとは、めでたく(出来れば選手のままでいて、落合名監督に復帰して欲しかったが)選手兼任監督になった谷繁をどうサポートするか?プレーは勿論、監督としてどういう野球をするか楽しみであり、不安でもある。また、ポスト谷繁育成にも期待したい。そして来年はあの金満球団の読売から政権を奪い返す!!

NO MORE YOMIURI !!

以上。全ての舞台は整った。読売にやられた借は返す!!1億倍返しだ(`□´)!!

66倍返し達成

いや~、管理人様のテンションが高い高い(笑)
僕も朝からテンションMAXでした!

遂に我らの落合さん、森さんが帰ってきます。
泣けてきます。

しかも落合GMですからね。
白井オーナーはすさまじい。抱きしめたくなります(笑)

僕も管理人様と同じで落合監督として采配を執りつつ、谷繁監督・森監督の養成もしていってほしいんです。

落合GMグッズが発売してほしいですねぇ。
GM用のユニホーム作ってほしいなぁ。
もちろん青で。

ホント、今日は良い日です。
坂井が遂にまともなドラゴンズファンから66倍返しを喰らいました!

気持ちいいいいいいいいいいいいいい(笑)

今後は坂井にぶっ壊されたドラゴンズを落合GMが地元のタニマチと戦いつつ再建するという意味で、タイトルは「66倍返し」のままで行きます(笑)
よろしくお願いします\(^o^)/

祝 新体制

今朝のニュースに驚き、今年初めて中スポを購入してしまいましたw。昨年、今年の何も期待できない体制から、何かやってくれると期待がもてる体制になり、今から来年が楽しみでしょうがないです。選手は秋から大変でしょうが、1年後に花開くと思いますので、前向きにがんばってほしいです。

そういえば

馬鹿木が普通とのたまっていたブログは、早速、谷繁監督、落合GMのネガティブキャンペーンをしていますな。意見はいろいろあるのでしょうけど、あまりに醜い。

再発しないように

白井オーナーが決断してちゃんとしたドラゴンズを作っていく姿勢が見受けられます。
確かにPMは難しいですし、簡単に2年前に戻るとは思っていません。

何がうれしいかというとOB-フロント-タニマチの癒着構造にメスを入れたということです。

ただし、これを継続していくには我々もやらなくてはならないことがあります。

それは
「ナゴヤドームに時間がある限り行くこと」

これを行わないと、また坂井‘前’社長のような利益が上がらないからタニマチ依存型にシフトします。

もうこの2年間で散々たる想いをしたまともなドラゴンズファンなら、この新たに産声をあげた政権を支えることをしていかなくてはなりません。

管理人さんだけじゃなくこのブログをみられている方も今度は自分たちでこの改革を支えていきましょう。

No title

いやー今回はホントビックリの人事でしたよ。前々から言ってた通りで『落合監督は無いだろう』と踏んでいたんですけど、GMは想像の範疇にすらありませんでした。いや本当に他に持っていかれなくて良かった。編成でのバックアップですから、とりあえず落合GMの間はどこからも声がかからない無能OB重用は無いですね。特に木俣とか木俣とか木俣とか。ついでに中スポの御意見番も辞めてくれないかね。あのまったく的外れな見解は見ててゲンナリするんですわ。
あと、『落合監督』じゃなかった理由は、タニマチが抵抗したというより、落合氏自身が講演とか番組でベンチで泰然自若にどっしり構えて無表情だった理由を喋っちゃったこと、来年、還暦を迎えて落合ノックに自信が無かったこと、それに何より去年の顔面麻痺で体調面で不安があったから断ったんじゃないかなと見ております。でも白井オーナーを裏切れないからGMという落とし所を見つけたんじゃないかと。
こうなると来季の首脳陣を、どう編成するのかも楽しみになりました。彦野はどうでもいいけど、井上打撃コーチと近藤投手コーチは残してほしいんですよね、私個人としては。はたしてどうなることやら。実は理想を言えば、今年カープを引退した前田智徳を打撃コーチとして招聘してくれないかな、とか思ってます。もう去就は決まってましたっけ? 落合氏は基本を大事にする人なんでコーチも基本を大事にしている人を呼んでくれることを期待しますよ。ビッグネームなら桑田氏とか。あと2年前に理不尽にクビを切られたスコアラーの方たちも戻れそうです。


でも、来年は谷繁監督も監督初めてなんで、我慢の年かと思っています。来年、野村氏の記録を塗り替えて、再来年、晴れて専任になった時からのドラゴンズ第二期黄金期が来るんじゃないかと思ってます。良い意味で裏切ってくれるといいんですけど。(笑)
それとユニホームも変更してほしいなぁ。去年今年の悪夢のようなユニホームはもう嫌。
来年は話題が先行してしまうのは仕方ないけど、長期展望での谷繁監督養成で、成績さえ伴えば来年以降、また観客動員200万確保は可能な事でしょう。


あと、落合氏がGMなら当然、タニマチどもの会合にも出席せざるを得ないわけで、そこで、落合氏の有難い講釈を聞いて連中の見方が替わる可能性があるんじゃないかと思ったり。特に次代を担う中堅若手の財界のホープたちを中心に。
本当に良い方向に回ると嬉しいですね。
まあ、別板でも書いたんですけど西脇と井手はしばらく肩身が狭いかもしれないけど、落合GMは仕事上では好き嫌いで人を判断しない人なんで、昨日までの失点を取り返すくらい落合GMの手足となって仕事すれば坂井や佐藤のようにクビを切られることはないから大丈夫だよ、という言葉を送ってあげます。

ガッツポ坂井の写真にワロタw

ガッツポ坂井のしょぼくれた写真にワロタw・・ワロタw
因果応報自業自得、こんなにものすごいザマア写真を俺は見たことがないw
ガッツポ坂井は調子こきすぎたのだ。
何がジョイナスだふざけんな、調子こきすぎなんだよ。
老い先短い人生を、調子こきすぎた赤っ恥ジョイナスのみっともなさを悔やみつつ、名古屋人から隠れてこそこそと過ごすことだな。
てゆーかもう名古屋周辺には住めねーだろ?
引っ越しするべきだな。
ガッツポ坂井今すぐに出ていけ。

「ウィンストン帰れり」

イギリスの首相チャーチルは大戦前の言動が煙たがられ
事実上干されていました。

しかし大戦が勃発し、挙国一致内閣に招聘された際、
海軍は「ウィンストン帰れり(Winston is back.)」と
全艦隊に打電したそうです。

今日のこの記事はまさにドラゴンズファンにとっては
「オチアイ帰れり」と言って差し支えの無いものです。

もちろんGundam Master、もといGeneral Managerの力量は
これからの問題ですが、今期見るに耐えなかった
ドラゴンズのニュースばかりの中にあって一筋の光明です。

10年前は現有勢力の最適化を突き詰めることで優勝しましたが
今回は戦力再編を進めながらと言う、より困難なミッションが
GMを待っています。

何があるか分からないですが、少なくともこの二年間よりは
希望を持てます。こういう期待感が無かったんですよね。
ジョイナスでは。

素晴らしい英断d=(^o^)=b

失われた馬鹿ジョイナスの2年間を取り戻せますね!

めでたいめでたい、白井オーナーの駆け引き力に感服ですd=(^o^)=b

落合最強GM万歳、必ずや中日ドラゴンズ最強黄金時代をファンに見せてくださるでしょう!

No title

少なくとも私の周りのDファンは大喜びです(若い世代が特に多いですね)
ナゴドいこう!
キャンプいこう!
ユニ買いたいね(新しいものが出ると信じている)!等々すでに盛り上がっています

一度離れて行ったお客を取り戻す、
焼野原にされかかったチームを立て直す、色々苦難の連続だと思いますが私たちはそれを応援していきたい
ビジョンのない野球に右往左往する選手を見るのがつらくて球場から足が遠のいていましたが
今度は信じて見守っていけるのではないか、そんな期待をしています

No title

こちらのブログは10日前くらいから読んでいます。
お〜、なるほど、そういう読み方があるのか、と感心していました。
しかし、それを上回る、最高の、予想外の結果が出ましたね笑

つまりは、白井オーナーは本当にすごいってことですね。

本当によかった

100点満点!
まさか,ここまでやってくれるとは。
自分,仙台ですが,さっきファンクラブに入りました。
開幕試合,どこでも行くつもりです。

No title

谷繁竜すごく楽しみですね^^
森さんが作った投手王国と落合さんが作った勝利の形のDNAをもう一度関わって浸透させてもらうことはこれからのDのためにもいいことです。
はやくドラフト、FAなどの新戦力の発掘に着手してほしいです。落合GMがどんな選手を獲るのか・・・楽しみ

にしても坂井、謝罪もなしって・・・ジョイナスはあれだけ罵声受けながら半泣きで謝罪したのにコソコソと・・・ホント老害ですなあ
ま、もう中日に関係ない人間なんでどうでもいいですがw

神様仏様白井様

いやーまいった!
白井オーナーにしてやられた!
まさかこんな結末が!

主様と同じで来年のキャンプがシーズンが待ちきれなくなってきました。
しかもフェニックスリーグでは早速猛練習が課されているようで。

いやーもおーー嬉しいーーーーー!(((o(*゚▽゚*)o)))

中日新聞本社に行って白井コールしたい!

No title

いやあ正直驚きましたよ。こんな手もあったのですね。

しかし思えば(自分の知る限り)最高の野球人である落合氏という稀有な存在を一監督という立場に縛り付けておく時期は過ぎたという事でしょうか。
これから氏にはより高い立場で、地元地域と『悪い意味で』密着癒着してしまっているドラゴンズに改革をもたらして、地元住民のみならず全国のドラゴンズファンに愛されるチーム作りに辣腕を振るって下さることを期待し見守りたいと思います。

あと記事を拝見して気になったのですが…。
現場の最高責任者が落合GMである事には当然ながら異論はありませんが、ベンチの最高責任者は谷繁兼任監督であるはずです。
それを踏まえて森繁『監督』という表現は如何なものかと…。
勿論、GM、HCから有形無形のフォローを受けての兼任監督となる事は想像に難くありませんが、最初から傀儡の如き扱いでは谷繁監督に失礼ではないかな?と感じました。

長文並びに出過ぎた意見で失礼いたしました。

落合GM、谷繁監督、佐々木社長の初仕事

落合GM、谷繁監督、佐々木社長の初仕事はユニフォームを2年前のドラゴンズブルーに戻すことですね。
ガッツポーズ坂井のジョイナスとか高木ボケ道のボケナス遺産を秋季キャンプまでに払拭してほしいです。

今中コーチくらい残ってほしいです

>あまぎさん

近藤コーチはいらんでしょう。はっきり言って高木ボケ道のイエスマンでした。
継投のタイミングとかボケ道に異議を唱えた今中コーチのほうがよっぼどまともに思います。
それにボケ道の空白の2年間の投手コンディションを熟知しており、森ヘッドコーチに伝授するためにです。落合GMは今中を昔から認めているはずです。

衝撃の一日

落合さんは今年のペナントレース開幕直前、「一番の楽しみは日ハム大谷の二刀流挑戦」と仰いましたが、大谷の事もバレンティンのHR記録も今日のニュースで全て吹き飛びました。

私も昨日のサンスポの記事をフロントのリークと勘違いをして、勝手に逆上しました。「あー、投手は全権森ヘッドに任せられるからちょっとアリかも」という考えが頭をかすめた自分を許せなかったこともありますが。

それにしても落合GMという結論。これこそファンが待ち望んだ「新しい風」。白井オーナーは老獪でした。常に大局を見ていた本当に大人物でした。

高木さんを例に出すまでもなく、概して老人は、体の動きと反比例するようにせっかちです。「若い人間とは時間の進み方が違うだから」と宥められて一応の納得をしたことがありますが、本当の大人物はそんなことはないのですね。

このニュースの衝撃は大きかったですね。この間みたいに「落合」でツイッターを検索してしばらく放っておいたら、新規のツイートがみるみる増えてゆくこと!

また日テレに至っては、”悪のオーナー”ナベツネさんの囲み取材を報道して「いいんじゃないの?オレは落合のファンだからさ」というオチシンコメントも飛び出し、大盛り上がりですw

正直、落合信者としてはまたユニフォームを着て指揮を取る落合監督が見たい。どうしても見たい。そしてセリーグ他球団をまだ地獄にたたき落としてもらいたいと切に思いますが、指導者も育てて、ドラゴンズ常勝軍団の恒常化という大目標があるのだから、私も非力ながら東京で支援させていただきます。

さて、あとは正式発表が楽しみです。

予想以上!

落合氏の監督復帰を期待していましたが、ある意味予想の遥か上を行ってますね。
さすがは白井オーナー!
もともと白井オーナーはドラゴンズが強くあることを球団内で一番考えている人と思っていました。
それが落合監督誕生だったわけですし。
その一方で、白井オーナーは坂井共とは違って、筋を通す人でもあります。それは、球団内である程度の意思統一が取れないといけないということですね。
それで、2年前、落合監督退任という形になったのだと思います。
白井オーナーは相当無念そうでしたから・・・

あれから2年、白井オーナーと落合氏によるウルトラCが炸裂しました。
まさかの谷繁PM+落合GM。そして坂井の解任。反落合派の中日新聞社員、タニマチ共の反発を上手くかわしつつ、長期的な常勝チームへの布石を打ってきました。
ただ、どうしても、谷繁監督がキャッチャーの起用をどうするのかが難しい問題だと思ってしまいます。ですが、落合GM、谷繁監督、森HCで上手くその辺りの方針は決めるのでしょうね。
基本、実力勝負になると思いますので、森HCの立ち位置も重要でしょうね。恐らくバッテリーに関しては森HCに一任になるのではないかと予想します。
兎にも角にも、来期のドラゴンズは楽しみですね。
メールを送り続けたことが報われたのもうれしいですね。


最後に、落合GMには驚きましたが、個人的には落合コミッショナーに期待します。まぁ、まずはドラゴンズを立て直してもらってからということで・・・

No title

はじめまして、そして坂井排斥・強力なトロイカ体制の形成おめでとうございます。
我々カープファンとしても中日の次期監督人事には目を光らせていた訳なのですが、斜め上をいく形で最悪な人事が行われたことになりますね。何せ今年のように簡単に勝たせてもらえなくなる訳ですから…(もっと言えば今のノムケンなんかじゃ落合氏にはどうあがいても勝てない)
他球団ファンから言わせていただきますと、落合さんは人並みな表現ですが不気味であるということ。今日は勝てたけど明日はどう転ぶ?今沈んでるけど中日はいつ牙を剥く?という恐怖感に苛まされていた訳です。CSすっとばして今から怖くもあり、また楽しみでもありますが。
そういえば管理人様は以前カープの打線が良くなったのは前田がコーチ兼任で若手に打撃を教えてたから、と仰っていたと思うのですがそれは失礼ながら見当違いでございまして、実際はオリックスから招聘した新井コーチの手腕によるものです。去年までカープは無能なOBだらけでしたし、自分は外部からコーチを呼ぶことがいかに大切か、ということを実感いたしました。そういえば中日も落合時代のスタッフはほぼ外部招聘でしたねえ。そこもどうなるか、見物です。
戦力の編成、どうなるんですかね。中日ファンの友人から聞きましたがもし11年に切られていなければ落合氏は荒木をセカンドに戻し、守備範囲の狭くなった井端をサードに、送球の不安定な森野をファーストにそれぞれ回し、開いたショートには森さんが目をつけていたらしい南米人(ドミニカだったかなあ…)を置く、という構想をしていたとか。ブランコはどうなる、その南米人がセサル並だったらどうするとかの突っ込みはありますが、これが嵌っていたら12、13年も違っただろうなあと。
これからの中日の動向を興味深く見守ることにいたします。そして我々も中日と同じようにオーナーを広島から追放できたらなあ、なんてことも思っています(現在のカープオーナーは坂井の悪い部分を濃縮したような人物です)。これを実現していつの日かカープと中日が優勝争いを繰り広げる日が来ることを祈っております。
 
p.s.
第三者の目から見てもいわゆる「オチアン」の言葉はむちゃくちゃです。「オチアン」のブログを2つほど拝見しましたが、酷すぎて最早見るのを後悔するレベル。彼ら、自分の主張を通すためなら他人をどれだけ侮辱、罵倒しても良いと思ってないですかね?見ていて良い気分がしませんでした。自分もノムケンのことは大嫌いですけど、それでも選手時代の栄光を否定することも出来ないしそんな資格は無いと考えています(だからこそ余計歯がゆいのですが…)。でも彼らは落合氏の成績を全否定する。自分の記憶が確かなら三冠王もインチキ扱いしてたくらいですし。ましてや一般のファンを「オチシン」の一言でレッテルを貼りクズだの地獄に堕ちろだの言っていいはずが無いと思っているわけですよ。だから、管理人様とこちらにコメントを寄せる方々にはこんな輩には負けてほしくないのです。他球団ファンがこんなこと言うのはおこがましいのですが、これだけは言いたかった。
これからも貴ブログは拝見させていただきますね。それでは

祝!落合GM、谷繁監督誕生&坂井更迭

まずは管理人さん&ドラゴンズファンのみなさんおめでとうございます。

坂井に倍返しですね。私も昨日は坂井の策かと思いましたがまさか白井オーナーの策であったとは(驚)

しかし元ヤクルトの古田氏もそうであった様にプレイングマネージャーの道は険しいかもしれません。しかし谷繁監督のバックアップを中日球団初のGMとなった落合元監督にしていただき『ドラゴンズ黄金期』を築いていただきましょう。最初は苦しいかもしれないが落合元監督が居てくれるなら大丈夫でしょう。

そしてフロントは引責辞任。実際は坂井一派更迭。
坂井に向けてガッツポーズ!(笑)

白井オーナーありがとう。あなたは偉大だ。英雄だ。

さて来シーズンは名古屋ドームへ行かなければ。ニヤニヤ

谷繁兼任監督

谷繁兼任監督が、お飾りにならないようにはして欲しいですね。
落合監督が力を持っているのは十分分かっていますが、谷繁兼任監督に現場を預けていくのではないでしょうか。落合監督はそうしていくと思いますよ!
とにかく、アホなフロントもボケたコーチ共も去りますし、来季はまた野球を観れますね(≧∇≦)

No title

> dora66さん


私の話は一軍首脳陣の話ですよ。
私が近藤コーチを推す最大の理由は、前落合政権時代に長期(2004年~2011年)でコーチだったこと。ブルペンコーチとして森ヘッドが信頼していること
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%97%A4%E7%9C%9F%E5%B8%82
この二点です。
井上コーチは2011年の成果があるのと私的将来監督になってほしい人筆頭ですので私情も交じってますが。(笑)
とにかく落合政権時代にコーチとして起用された人はOBでも信用しています。
その反面、今中コーチは落合監督時代に呼ばれていないので落合氏が高く評価しているとは思えないし、今年、ベンチコーチになったのはブルペンコーチとして投手の状態を見極められなかったことが最大の要因なんじゃないかと推測しております。(これは別板でコーチが配置換えになった時に私は主張しましたので後付けじゃないです)
近藤コーチがブルペンコーチになったことで投手の良し悪しと仕上がり具合を正確にベンチに伝えることができるようになったから、少しだけ投手陣がマシになった、が真相だと思ってまして、今中コーチもたまに止めていたようですけど基本、高木の暴走采配を止めている、とは言い難かったと思いますよ。
森ヘッドがベンチに居るなら、今中コーチは二軍コーチで経験を積む方がいいと思います。

GMにはとりあえず来期は今期のようにケガ人続出なんてことがおきないように、優秀なトレーナーやコーチの指導のもと優勝争いができる強いドラゴンズを作ってほしいですね。
また、Deのラミレスがどこにも行くところがなければ低年俸の代打の切り札として雇ってほしいものです。

No title


この2年があったから今があると思いたい。


辞められた高木さんのこと在任期間中は散々に思うことも多々あったが、落合監督在任中は、高木さんも落合批判が出るOB連中の中にあって、数少ない擁護をしていたOBだったと感じていた。

なので、表舞台とはいわず、ドラゴンズを愛するのであれば裏で頑張っていただきたいとも思っている。


とにかく、今はドラゴンズがどうなっていくか楽しみしかない。


今のチーム状況を考えると、楽観的なことばかりではないだろうし、当然負けが込めば、批判もでることだと思う。


これは高木体制で十分わかったことだ。


こなので、こういう人事を望んだ自分としては、しっかりとチームを応援したいと思っている。


ここ最近、20数年間購読してきた中日スポーツをまったく買わなくなっていたが、また購読していこうと思う。

そういう人が多い、さらには落合GM、谷繁監督の誕生の反響の大きさなのではないだろうかと感じた、ここ数ヶ月売れ残りが目立っていた中日スポーツのコンビニでの少なさだった。



この際ユニフォームもキャップも一新して欲しいと願っています。


No title


白井オーナー、体操の白井君ばりに新技決めてくれましたね。


素晴らしいの一言。

あとは

佐々木社長の人物次第ですかね。
白井オーナーの後継としてきたのなら、問題がないですけど。
坂井と同じなら、空中分解してしまう。佐々木社長の経歴や履歴が無いから不安。
白井オーナーの後継者なら、将来、佐々木オーナー兼会長、落合GM兼社長はあり得ますね。

広島の方

ありがとう。カープファンの試合中のアツさ(9回まで立ち座りなど)には、昔から感服の至り。粘り強く球団と野球を愛する市民に支えられてきた歴史を持つカープと、ドラゴンズが読売阪神を脅かす日は近いでしょう!

No title

あとは、ファンが「表に出て」応援し見守っていく番ですね。
まずは、球団や親会社に応援メッセージを送ってみませんか?
昨日から様々な所での取り上げられ方の大きさや、その反響、
あるいは中日新聞・中スポの売上などから、反応の良さは気付いているでしょうけど、
やはり直接の声が一番だと思います。
中日新聞のHPにも「中日ドラゴンズ新監督とGMへの期待の声 募集」なんていうコーナーで出来たくらいなので、使わない手はないでしょう。

それにして、
これだけ来季が楽しみと思えるのは久しぶりですね(^^♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんな「サプライズ」「倍返し」ってあるんですね…

一昨日「シゲさんの兼任監督は無茶だ」とコメントしましたが、皆さんがコメントされてる通り、落合さんGM就任とセットとは、驚き、かつ感動しました…(嬉し涙)。
ミスターオレ流・落合博満さん、お帰りなさい!
そして白井文吾元帥、素晴らしいサプライズ&倍返しありがとうございます!!!

でもやっぱりシゲさんの精神面への負担が心配されますが、バックに落合&森繁の両巨頭をつけ鬼に金棒となれば「無問題」にこしたことございません。
コーチ陣では森繁さんの他、シゲさんの同級生かつ僚友の佐伯貴弘さんが入閣候補らしいそうですが、佐伯さんの復帰も楽しみです!
あと意見としては既に他の方が述べられてますが、私も投手コーチに桑田真澄さんの入閣を望んでますが、森繁・近藤・今中・小笠原孝と揃う中に桑田さんも入ると「船頭なんとやら」になってしまうので難しいかなぁ…。

坂井克彦、佐藤良平、高木守道、鈴木孝政、川又米利、前原博之、山崎武司といったおじゃま虫どもを一掃したことで私も気分すっきりといきたいとこですが、残った平野謙、彦野利勝、朝倉健太の3無能も一掃してくれれば来季は心置きなくドラゴンズを応援できます(管理人様の山崎に対する思いと同じで、朝倉のコーチ就任は絶対反対!)!

♪走れ!トロイカほがらかに勝率高く♪
2014トロイカ竜に栄光あれ!!

しかし

週末からCSが始まるというのに今週はドラゴンズ話題一色。素晴らしい

あと落合GMがどういうチーム編成を組むのか、まずはコーチングスタッフ。
落合監督の元にいたコーチが中心だと思うが、何人かは他球団在籍中なので、それ以外にも呼ばれるのでしょう。デニー友利が入閣かなんて記事もあるし、誰をチョイスするのか? あと今の一軍コーチ陣がどうなるのか? 彦野は当然クビでしょうけど。個人的には佐伯の入閣を希望。

その後にはドラフト。ドラフト会場に落合GMと谷繁監督の姿想像するだけでわくわくします。

ちなみに反落合の某ブログ。もうタイトルを変えて、さらに葬式会場やらで発狂してますね(笑)

No title

佐々木社長は営業の人だそうです
球団社長は編集出身が就任するという暗黙の了解があったらしく
異例の人事だと言う話

我慢が報われた日

ついにかの極悪人、坂井克彦を滅ぼしました。
しかも、佐藤良平の道連れと井手峻の左遷付きで。

白井元帥万歳! 落合GM万歳! 森繁HC万歳!

あの坂井を滅ぼし、いよいよ落合GM主導の本当の「ジョイナス」が始まります!
谷繁さんも負担が増してしまうとは思いますが、ぜひ頑張っていただきたいと思います。

そういえば、高橋隆太郎について疑問に思ったことがあります。
ヤツは落合GM内定報道の時、落合GMを賛美する記事を書いていました。
あの高橋隆太郎がです。
なぜ、数日前まで落合GMを叩いていた人がこんなに変わるのでしょうか?
私が出した答えは、

「高橋隆太郎は単なる『風見鶏』なのではないか?」

ということです。
これについて、管理者様、このサイトのごらんの皆様はどう思われますか?

せっかくの歓喜に満ちた雰囲気に水を差すようで申しわけありませんが、どうかよろしくお願いします。

白井元帥、マンセー!!

僕もあなたも待っていた 祈る気持ちで待っていた!

はじめまして。2chで「負けを願うアンチ落合=中日球団だった件」のスレを
代々立ててきました>>1と申します。

こちらのブログで発信し続けてきたことがやっと実現しましたね。ドラゴンズ
ファンにとってはまさに「失われた2年間」でした。
スレ文でも書いてますが、誰が監督をやるにせよ坂井一派がまずこの2年間の
謝罪と責任を取らないと、ファンは戻ってこないですし、責任を取らせるには
落合氏が球団復帰することが一番可能性が高いだろうと思い、そういう意味で
落合監督を待望していたのですが(高木監督の首だけすげ替えて、坂井一派が
平然と居座る可能性も十分あったわけです)まるで夢のような、胸のすく
勧善懲悪劇でした。

「落合憎しのフロント主導で、負けを願ってまで連覇中の監督を無理矢理
解任させるってどうなのよ」という疑問がスレを立てた理由の一つだったの
ですが、その後の観客動員数大激減で、ドラゴンズファンの多数が同じ
気持ちだったんだと思いました。

あのスレに投下された数字やニュースがソースとして利用されてる記事を
いくつか拝見しまして、情報発信の一助になったのだとしたら幸いです。

元々は「落合ドラゴンズは不人気、客が呼べない」などといったアンチ落合の
嘘(株主総会で嘘演説をした高島と全く同じ主張ですね)に反論するため、
年別の観客動員数の推移を調べたのが始まりでしたが、時代背景を調べると
プラス・マイナスの説明もつきますし、アンチ落合が声高にしてきた主張が
あまりに嘘だらけだったと言うことが改めてわかりました。

思うに、この手のヘイトスピーチともいえるネガティブキャンペーンには、
ファンが毅然とした対応をしていくことが大事だと思います。
「アンチが言ってることは実はこうだった」「アンチがこう言ってきたら
こう対応」というような手本を、これからもこのブログで発されていき、
「一種のまとめブログ的存在」となることを期待しています。

これからもドラゴンズ道ブログの発展と、作成者様のご健勝をお祈りいたしております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。