スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂井克彦がみっともない抵抗を見せている件














本日、唐突に、サンケイスポーツの1面に、谷繁さんが真監督に急浮上という記事が出ました。



中日新監督に谷繁急浮上!ヘッドコーチに森繁和氏

http://www.sanspo.com/baseball/news/20131008/dra13100805080001-n1.html

サンケイスポーツ 10月8日

中日の次期監督候補に谷繁元信捕手(42)が急浮上したことが7日、明らかになった。
高木守道監督(72)の後任として、球団内で評価の高い谷繁を推す声が高まった。
2011年まで落合博満監督を支えた森繁和氏(58)=野球評論家=がヘッドコーチとして復帰する構想も判明。
今季12年ぶりにBクラスに沈んだ中日の監督問題が一気に動き出す。

高木監督の後任人事を急ぐ中日が、とっておきの切り札をリストアップした。
42歳の現役捕手、谷繁が後任候補に急浮上したことが判明した。

12年ぶりのBクラスが決まり、高木監督の今季限りでの退団が決定。
8日に白井文吾オーナー(85)へ“退任挨拶”をする予定だが、同オーナーと球団フロントは後継監督について、水面下で調査を進めていた。
同オーナーは6日、
「悩んでおる。名前があまり浮かばない。名案があるわけではない。勝てるチームをつくるにはどうすればいいのか」
と話していただけに、谷繁擁立の動きはまさに急展開だった。

球界一といわれるインサイドワークを持ち、チーム全体を見渡すことができる扇の要。
打撃でも今年5月に通算2000安打を達成するなど、落合前監督が
「いい指導者になるよ」
とお墨付きを与えたほどの人材だ。
横浜(現DeNA)からフリーエージェント(FA)での入団で“外様”とはいえ、早い段階から将来の幹部候補生として嘱望されていた。

関係者の話を総合すると、白井オーナーの初期構想は、落合博満前監督の再登板だったもよう。
8年間でリーグ優勝が4度、日本一が1度と輝かしい成績を残した。
その一方で、落合監督を含めたスタッフの人件費の高騰が球団経営を圧迫したのも事実。
2011年限りで契約を更新せず、退任していた。

「10月に入ってオーナーと話はしている」
(坂井克彦球団社長)
という球団フロントは一時はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で打撃コーチを務めた生え抜きOBの立浪和義氏(44)の擁立を目指した。
だが、2009年の引退から4年が経過。
若返りを図るチームの内情に精通しているとは言い難く、スムーズなバトンタッチへの慎重論が浮上した。


そこで浮かび上がったのが谷繁監督プランだった。
プロ25年目でこれまで多くの指揮官に仕えた経験に注目。
落合政権下では優勝するチーム作りのノウハウにも接しており、現状を十分に理解している。
2チームに在籍したことで、球団の枠を超えたネットワークの広さも魅力だ。
さらに谷繁をサポートするために、落合監督を投手コーチとして支えた森繁和氏をヘッドコーチとして入閣させることも検討されている。
ブランコ(現DeNA)らの獲得に尽力した森氏は、新外国人調査のためにドミニカ共和国に向かっているという情報もある。

谷繁監督が捕手兼任になるのか、現役を退いて監督に専任するかは今後の話し合い次第になる見込み。
今季、セ・リーグ全5球団に負け越した竜が谷繁監督の下、巻き返しを図る。



    ↑
サンスポのこの坂井克彦一派の側からの視点の記事を見て、

坂井克彦一派が、必死の抵抗を続けているなー

と思いました。


谷繁さんは現在、最多試合出場の日本最高記録めざして現役を続けている真っ最中です。

監督の要請を受けるはずがありません。

しかも落合監督を排除する事を目的に、谷繁さんのようなクレバーでスマートな人が、坂井克彦のどす黒いたくらみにまんまと乗る事はありえません。

ましてや落合監督の盟友である森繁さんがそのような坂井克彦の陰謀に乗るはずがありません。

作り話としてもまったくありえないインチキ記事です。

谷繁さんや森繁さんの許可も得ずに、坂井克彦がサンスポにウソ情報を勝手にリークしたとしか言いようがありません。

谷繁さんも森繁和さんも、今日のサンスポの1面を見て、さぞ驚いていることだと思います。

そして、谷繁さんも森繁和さんも非常に迷惑していることだと思います。


このインチキ記事がどのような経緯でサンスポに出てきたのでしょうか。

時系列でこのサンスポの記事が出てきた現在までの経緯を見て検証していきましょう。




①白井元帥が落合監督復帰を目指し、ニッカンとスポニチに落合監督復帰スクープ情報をリーク(9月30日)
    ↓
  落合監督がドラゴンズに帰ってきそうな件
  http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-287.html


②落合監督というビッグネームに対抗するべく、坂井克彦一派が立浪氏を擁立(10月1日)
    ↓
  落合監督がドラゴンズに帰ってきそうな件 その2
  http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-288.html


③立浪氏が黒過ぎて身体検査でアウト、坂井克彦一派が別のビッグネームを探す作業に慌てて始める(10月3日)
    ↓
  坂井克彦プロデュース高木中日の2年間は一体何だったのか?の件
  http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-231.html


④焦った坂井克彦一派が偽情報を報知にリークし、ウソ情報で反撃(をしているつもり)(10月6日)
    ↓
  坂井克彦を辞めさせなければならない件
  http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-293.html


⑤坂井克彦一派が谷繁さんを監督という(ニセ)情報をサンスポにリーク(10月7日)
    ↓
  (今ココ)



という事だと思います。

現在の日本全国には、

・スポーツニッポン
・ニッカンスポーツ
・スポーツ報知
・サンケイスポーツ
・中日スポーツ
・デイリースポーツ

というスポーツ新聞がありますが、


・ニッカンとスポニチは白井元帥からのリーク情報で落合監督復帰をすでに報道

・スポーツ報知には10月6日に監督候補一本化というウソ情報を坂井克彦からつかまされたので話を聞いてもらえない

・中日スポーツには来季監督候補の記事は1行たりとも書いてない

・デイリーは中日スポーツと業務提携しているので監督候補記事を書けない


という事情から、坂井克彦一派が白井元帥に対抗するニセ情報を報じてくれるのはもはやサンスポしか無かったのです。


そこで、坂井克彦はサンスポを使い、「関係者の話を総合すると、白井オーナーの初期構想は、落合博満前監督の再登板だったもよう」 というニセ情報を流し、ニセ記事を書かせ、

坂井克彦がサンスポを利用し、まるで白井元帥が落合監督復帰をあきらめたかのようなニセ記事を書かせているだけなのでしょう。

坂井克彦一派による、デマを流してまで必死の反撃をしている様子が推測されます。

ウソ情報を流布してまで必死で反撃を繰り返している様子からして、

坂井克彦は、実は相当追い詰められているのではないでしょうか?


坂井克彦は、落合監督に観客数を減らしたという冤罪事件を起こした前科があり、
   ↓

中日新聞社の流したデマ「落合竜は観客数を減らした」の嘘をあばいてみた件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-268.html


ガッツポーズ事件や連覇妨害事件、ひとりビールかけ事件、ジョイナス大失敗、シーズンシート売上が落合竜よりも大激減、観客数も大激減、ブランコわざと放出事件、ヒザボロルナと4億円契約事件など、ざっと挙げても坂井克彦には数多くの前科があります。

白井元帥サイドは、これらの坂井克彦の数々の大失態を論理的に説いて周っている最中なのだと思います。

島耕作で、役員会の説得工作を行う様子が漫画になっていたりしますが、あの要領で、坂井克彦を追い出そうとしてるのだと思います。

つまり、白井元帥は、落合監督の復帰を目指していると共に、坂井克彦の失脚も同時並行作業として行っている最中なのだと思われます。

坂井克彦の前科はゆるぎない真実であるため、白井元帥が時間をかければかけるほど、坂井克彦は不利になる訳で、だから坂井克彦は性急に来季監督を決めようとしていたのだと思います。

逆に白井元帥が、

「CSが終わるまでには。」

とか、

「10月の下旬までには。」

などと時間を稼ごうとしているらしい発言を繰り返しているのも、坂井克彦追放に時間をかけている最中だからなんじゃないかと推測します。



しかし、中日新聞社はいずれにしても、新愛知新聞社と名古屋新報社という2つの会社の合併会社で、小山家と大島家というオーナーが2人いて社内が2つに分裂して争っている(それを71年も続けている(呆))、というアホな歴史をもつ会社なので、
    ↓

中日新聞社の立場とドラゴンズへの悪影響について調べてみた件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-166.html


中日新聞社の会長である白井元帥でも完全に中日新聞社の社内を掌握できないですから、時間がかかっているとう側面もあると思われます。

しかも、坂井克彦のバックには大島派がついているので、

「どんなに筋が通っていなくても政治力で巻き返しをする」

というバカな事をやっていて、しかもそれがまんまと成功してしまう可能性だって充分にあります。


もちろん、坂井克彦一派の反撃において、

「ドラゴンズファンにとって、一番良いドラゴンズの形とはどういうものか?」

という議論や思想は一切ありません。

中日新聞社大島派はそういう連中です。


その点、白井元帥は2003年秋に落合監督を就任させた時も、落合監督に名古屋の悪いしがらみを一切断ち切るように要請していたくらいで、その事がドラゴンズを結果的に強くさせ、ドラゴンズファンを歓喜の黄金期へといざなってくれた、という、最大のファンサービスにつながりました。


現在、2年前の今頃は名古屋市内のスーパーなどの店をはじめ、あちこちで流れていた歌、「燃えよドラゴンズ」 はどこにも流れていません。

6年連続で出場していたCSも今年は無いし、名古屋はシーンとしています。

白井オーナーと落合監督は、もともとジョイナスしていたのです。

その点、高木中日と坂井克彦は、ジョイナスジョイナスと言いながら、実はその正体は逆ジョイナスな存在だったのです。

中日新聞社の社員どもは、さっさと白井元帥の命令にしたがい、

一体どうすればドラゴンズファンが一番喜ぶ結果になるのか?

という基本に立ち返ってもらいたいものだと思います。


ドラゴンズファン = ドラゴンズの優勝を願う人

ドラゴンズの優勝を願うドラゴンズファン = ドラゴンズを優勝させてくれる監督を願う人


  ↑
このドラゴンズファンの真理の公式を片時も忘れることなく、中日新聞社の社員は来季の監督を誰にするべきか真剣に考えてもらいたいものです。

ドラゴンズを優勝させたいのであれば補強をしろと中日新聞社には要求したいところですが、中日新聞社の経営が傾いているために補強ができないです。

であれば、現有戦力で優勝を目指すほかなく、それを可能にするのは落合監督だけです。

タイロンウッズ以来補強を全くしてこなかった中日新聞社に文句を言う事も無く、2010年、2011年と球団初の連続優勝をして見せたのです。

落合監督は、つねに育てて勝つ監督でした。

落合監督は選手を育てられないという大嘘をときどき見かけますが、選手を育てないで一体どうやって補強しないチームで連覇する事ができるのでしょうか?

アライバも森野選手も大島選手も平田選手もブランコさんもネルソンさんもチェン投手もドニキも野本選手もみな落合監督に育てられました。

和田さんも落合監督の指導がなければ腰をケガして40歳まで現役を続ける事も不可能だったでしょう。

和田さんのキャリアハイ(選手としての最高成績)は落合竜においてです。

福留さんのキャリアハイも2006年の落合竜においてです。

だから落合監督が選手を育てないなんてただのウソだし、そもそも選手を育てないで連覇なんてできるわけねーだろ、っつー話です。

落合監督は選手を育てない、というデマに注意しましょう。

その落合監督を呼び戻さないでしかも補強もしないということであれば、中日新聞社は2014年も最初から優勝を目指さないという事になります。

そんな会社はプロ野球チームの親会社になる権利がないということです。

どこをどう考えても、落合監督復帰を願うドラゴンズファンに正当性があり、落合監督復帰を目指す白井元帥に正当性があるということです。


OchiaiKainin002.jpg

   ↑
落合監督の突然の解任について名古屋ローカル番組のアンケート調査の件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-241.html


落合監督解任当時(2011年)の落合監督への支持率は、76%でした。

高木中日のていたらくで、2012年には80%なかば、現在は90%を越えていると思われます。


日本全国の圧倒的な大多数派である、サイレントマジョリティのまともなドラゴンズファンの皆さんにお願いです。

低次元な坂井克彦一派達には、サイレントマジョリティ(静かな多数派)の圧力を感じる能力はありません。

ドラゴンズファンのサイレントマジョリティの空気を読む能力もありません。


まだまだ白井元帥への援軍が必要です。

黙っていては何も伝わりません。

中日新聞社へ、坂井克彦一派への抗議と、落合監督復帰歓迎のメール送信をお願い致します。

友人やご家族へのお誘い合わせも同時にお願い致します。
   ↓

http://www.chunichi.co.jp/reference/inquiry.html



日本全国の圧倒的多数派のまともなドラゴンズファンの皆さん、今黙っていてはもったいない、いつ声をあげるか、今でしょ、という感じで、今こそ中日新聞社へ思いのたけを記して、思った事を伝える時だと思われます。

中日新聞社へのメール送信をお願い致します。
   ↓

http://www.chunichi.co.jp/reference/inquiry.html



①黄金期の落合竜は良かったな
   ↓
②また来年も弱い監督を読んできて弱いチーム作りするんじゃねえのか?
   ↓
③落合監督復帰してくれるとうれしいな
   ↓
④期待して別の監督が就任したらショックだな
   ↓
⑤でも落合監督が復帰してくれたらうれしい
   ↓
⑥落合監督は本当に復帰してくれるんだろうか?
   ↓
⑦白井元帥がんばってくれ
   ↓
⑧白井元帥は本当に大丈夫かな?
   ↓
⑨落合竜は復活してくれたらうれしい
   ↓
⑩落合竜復活を期待してダメだったらショックだな
   ↓
 (①に戻る)


というループを繰り返していても、サイレントマジョリティとして貴重なあなたの1世論が死んでしまうのがもったいないですので、とにかく中日新聞社へのメール送信をお願い致します。
   ↓

http://www.chunichi.co.jp/reference/inquiry.html















ところで、こんな記事が・・・
    ↓


【中日】クラーク&マドリガル去就は新監督の判断次第

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131008-00000009-sph-base

中日は7日、マット・クラーク内野手(26)、ワーナー・マドリガル投手(29)の両外国人の去就を新監督の判断に委ねることを決めた。

当初はマドリガルが帰国する8日までに決断する方針だったが、近藤国際部長は
「新監督が(戦力として)必要ないと言ったら困る。枠の問題もあるからね。本人たちも、そのあたりは分かっていると思う」

と説明。
先発投手を中心にリストアップを進めている新外国人補強に関しても、体制が固まるのを待って動くことになる。

なお、ルナ、カブレラとは来季の契約を延長し、ブラッドリーは退団が決まっている。




    ↑
近藤国際部長は、

「新監督の意向に従う」

と言っているのに、坂井克彦と西脇紀人はなぜ川上憲伸投手を新監督の意向を確認することもなく勝手に戦力外通告にしたのでしょうか?

謎は深まるばかりですねぇ・・(すっとぼけ)













(10月9日、追記)

本日、落合GM、谷繁PM、森繁HCが発表されました。

サンスポの記事の、
    ↓


「10月に入ってオーナーと話はしている」
(坂井克彦球団社長)
という球団フロントは一時はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で打撃コーチを務めた生え抜きOBの立浪和義氏(44)の擁立を目指した。
だが、2009年の引退から4年が経過。
若返りを図るチームの内情に精通しているとは言い難く、スムーズなバトンタッチへの慎重論が浮上した。

そこで浮かび上がったのが谷繁監督プランだった。



  ↑
この箇所を見て、谷繁さんを監督に据えようとしているのが、坂井克彦一派かと勘違いしてしまいました。

間違えました。

すいませんでした。














さらに2ヶ月後くらいに追記


この報道の2週間くらい後、白井オーナーがマスコミの取材に応じ、中日新聞社内の谷繁監督への圧力に抗しきれず、谷繁監督を容認した上でGM職を作り、落合GM体制を気づきあげた事をオーナー自身が語りました。

その報道はこのブログを日付けに沿って読み進めていけばURLつきの記事があります。

坂井克彦一派(中日新聞社大島派)は、谷繁監督を就任させることで落合監督誕生を妨害するという手口に切り替えましたが、白井オーナーがその手口を逆手に取って落合GM体制を作るというウルトラC人事の手を打った、という流れでした。

落合監督を誕生させたかった白井オーナーが、落合監督誕生を妨害され、苦肉の策として谷繁兼任監督、落合GM体制を作り上げました。

坂井克彦一派(中日新聞社大島派)としては、落合監督誕生阻止だけは成功し、谷繁兼任監督体制という、ヤクルトの古田兼任監督体制で失敗した前例のある体制に持ち込む事ができたという点で、ある程度成功したとしていると見られます。

そんな坂井克彦一派(中日新聞社大島派)のくだらないたくらみにあらがうべく、落合GMは現在着々と手を打っているところです。










にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram














関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

注目の…

今日10/8に某生命保険会社主催『落合博満氏トークショー』のチケットをゲットしたので行ってきました!
落合氏からは『再来年まで講演日程が埋まっています』『いろいろと騒がれていますが、あと数日でわかります』『来年は交流戦で仙台に来るかもしれません』などなどリップサービスやらスカシやらありました。
もちろんドラゴンズの現状について『2年は持つと思っていたがこんなにダメになるとは思っていなかった』という趣旨の発言をしており、個人的な印象としてはドラゴンズをかなり意識していると感じました。
でも、落合氏からは『ここまで出掛かってるんだけど…』と寸止めされましたが『(故 根本陸夫氏のエピソードを交え)もう一回やる時は森繁和を呼ぶ』と言っていたので、落合・森コンビ復活でドラゴンズに再び黄金期が来るのか、はたまたタニマチ集団にやられてダメ球団になりさがるのか? よく注視する必要があります。

中日新聞と中日スポーツの記者は?

人材不足なんでしょうか?まさか親会社だから、偉そうにしたんでは?タニマチとかが偉そうだから。つい。落合監督は饒舌なはず。なぜ、面白い興味深い話を引き出すことができなかったんだろう。それが出来ていれば、抵抗勢力はうまれなかったはず。坂井もピエロになって、輪の中に入っていたかも。憎っくき坂井でさえ、取り込めたかも知れない。中日新聞、中日スポーツの記者諸君。自分を持って、上の顔色ばかり見ないで、面白い記事を書いて欲しい。それこそ、誰もが羨む名古屋になるはず。落合監督の復帰を切に願います。

ガッツポ坂井やめろ

ガッツポ坂井やめろ
責任をとれ
無事で済むと思うな
観客動員数減と12年ぶりのBクラスの責任を取って今すぐにやめろ
ガッツポ坂井ふざけんな
辞めないってどういうこった?
ガッツポ坂井今すぐにやめろ

66倍返し

仰る通りでサンスポの記事は坂井派によるものだと判断がつきました。
他紙を使って争うとは・・・。

中日新聞社への援護射撃もそうですが、facebookの公式サイトのコメントも良いと思います。
けっこう坂井への批判が大きく、他球団のファンにも伝わってほしいものです。

白井オーナー、頑張って下さい!
オレ竜復活させましょう。

そして、坂井を名古屋から追い出しましょう。

この期に及んでまだ悪あがきか?

今日、セ・リーグの全日程が終わった。特に今日は中日でも活躍したデナベイの小池の引退試合でもあった・・・。正直、今日の活躍を見る限り、まだまだやれるよと声をかけたいくらいの打撃だった。バントの巧さ、内外野(投手、捕手と二遊間以外)どこでも守れるユーティリティ性、勝負強い打撃・・・2011年の日本シリーズ第1戦で打った決勝本塁打は今も私の脳裏に焼き付いている。但し、お疲れ様という言葉はまだ言わない。今後は、プロ野球界に少しでも貢献出来るように頑張って欲しいと思う。

かなり脱線したが、本題に入る。最早、人心などない腐れ果てたフロントの大魔王格の坂井克彦はこの期に及んで悪あがきをしてやがる。どうやらこの犯罪者共は意地でも落合博満名誉監督復帰なんて考えてなく、むしろ谷繁を選手兼任(なのかどうかは分からないが)で監督にするという戯れ言をやってやがるが、はっきり言って谷繁はまだまだ十分に選手としてやれるし、その必要はない(簡単にいえば時期尚早)。兼任監督の大変さは、過去にヤクの大捕手古田敦也が証明している。それを簡単に監督就任にこぎ着けようとする糞フロントの暴挙は絶対阻止すべきである。

だからこそ、我々中日ファンは一刻も早くあの中日の犯罪者かつ害虫である坂井克彦ら糞フロント共のプロ野球界からの永久退場及び強制排除と落合博満名誉監督の復帰を白井オーナー様に要求しなければならない。最早、中日ドラゴンズの未来永劫の為にはこれしかないのである。

NO more sakai and satoh ! ! NO more RYUTARO ! ! NO more dragons ! ! Come back ochiai dragons(`□´) ! !

長文失礼しました。害虫は害虫らしく強制排除あるのみ

美醜の一日

今日は醜いものと、美しいものを見ました。

醜いものとは、管理者様も指摘しているサンケイスポーツの一面。
スポーツ紙の飛ばし記事に大げさに反応するのもナンですが、仮にこれが中日フロントからリークされた情報だとすれば、追い詰められた人間たちの往生際の悪さ、意地汚さをまざまざと見せつけられた思いです。

新監督に立浪、という彼らが思い描いていた既定路線が自業自得で潰れてしまい、もう白井オーナーへお伺いどころか命乞いでも足りないくらいの失態を犯しているのに、谷繁監督+森ヘッドという組み合わせを出すとは。

この組み合わせには
①落合監督再任は絶対阻止したい
②でも勝てそうな、かつ世間が納得しそうな、かつ安く済みそうな
③何より自分たち主導で決めて事を収めたいという自己保身
こういうあさましい人間たちの意図が透けて見えてきます。

生身の人間を、野球のシミュレーションゲームのように数値化して、それを組み合わせれば結果が出せるとでも思っているのでしょうか。肝心の人の心、気持ちというものが、ここには一切ありません。

彼らの思慮の浅さは指摘するまでもありませんが、貧すれば鈍すで愚かさにますます磨きがかかったようです。

白井オーナーが「うちも貧乏球団になっちゃったから」と仰ったのは、単に金銭のことだけではなく、こういう「心」のことも指摘していたのかもしれません。

管理者様が坂井社長のことを糾弾されているのを、「ちょっと言い過ぎではないか」と思っっていましたが、私もようやくわかりました。彼らは阿呆でした。しかも意地汚く浅ましい自己保身の権化です。

アンタが口を動かす度に
愚かな風が吹いてくる
アンタは馬鹿だぜ
まだ息の仕方を知っているとは奇跡だぜ

「Idiot Wind」byボブ・ディラン

その対極の美しいものとは、横浜の小池選手の最終打席、涙のホームランでしょう。落合監督がよく指摘していたという、左足が良く上がったフォームで、、見事なホームランでした。

http://www.youtube.com/watch?v=JL8JgjMnYm8

中日時代にも代打で貴重な一発を何度も打ってくれたスラッガー、本当に惜しいです。

そういえば、ブランコが最終的に首位打者と打点の2冠王になりましたね。こんな貴重な打者たちを引きとめずに失った球団フロントは、猛省して二度と同じ過ちを犯して欲しくないですねw

坂井にはうんざり

いつも熱い想いのこもった『ドラゴンズ道』を拝見していますm(__)m

正直今日の谷繁監督浮上には呆れました。こいつがいては駄目だと。

もう坂井は一刻も早く球団から追放するしかない。
私からすれば一番の戦力(?)外通告を行うべき人物であり白井オーナーは大ナタを喰らわすべきです。メジャーでもサッカーでもフロントが責任を取るのが当たり前なはずです。昨日も坂井の責任追及に関して中日新聞社にメールを送りました。一ファンの小さな動きでも多くの同じ思いの方が動けばきっと届くはずです。坂井の悪行を知らない方達にに教えてあげましょう。

坂井の責任に関しては坂井の好きなコストカットしてやりましょう。坂井一派を処分してコストカットだ!これが一番でしょう。もちろん退職金もコストカットのため無し。白井オーナー曰く、貧乏球団ですし(笑)

こいつらをクビにして改めて落合監督を再び迎え入れるべきでしょう。解任会見と就任会見はもちろん同時に(笑)

中スポの一面にデカデカと『坂井球団社長解任!!』の見出しが載る日をたのしにみしています。その記事が出たその時こそ坂井に対して『ガッツポーズ』してやりましょう!二年間耐えがたきを耐えてきた坂井体制に対して今こそ終止符を!(怒)

白井オーナー負けるな!落合監督カムバック!!

No title

だいぶ前の記事ですが、谷繁選手の2000本安打達成時、「指導者として球団に残ってほしいですか」という記者の質問に対しての球団社長の対応です。

http://gendai.net/articles/view/sports/142269

 仮に谷繁監督擁立に動いているのがガッツなら、なんたる節操の無さかと呆れるばかりです。

白井オーナーやりましたね。これでまた我々も夢が見られるという訳です。今日の更新楽しみにしてます。

谷繁監督

苦しい落とし所…。かつフロントのズルさも感じますが。こうなった以上、勝ち負けにこだわらず、辛抱強く見守ります。そして誰かが全力でサポートしないと、潰されてしまいます。あと坂井克彦らの動きには眼を光らせなくてはなりません。管理人さん、今後もよろしくお願いいたします。

白井オーナーがシライをきめた!!!!!

オーナーが見事な後方伸身宙返り4回ひねりをおきめになられましたね。
落合GM誕生!坂井球団社長辞任!!!
(実質的にはもちろんクビでしょうね)
すごい・・・ホントびっくりしました。

落合監督再就任には地元経済界がかなり難色を示していたとのことですが、これには経済界も文句のつけようがありません。
球団初のGMという役職を用意するとは・・・。
まさにオーナーにしかできないことです。www
最終戦後のジョイナス体制へのあのひどいヤジ・・・。
名古屋の民度が低いとかの批判もありましたが、
あれを見て坂井さんや名古屋経済界も腹をくくったのではないかと
感じます。

英智コーチ、小笠原コーチ以外の2軍コーチ退任を聞いた時は
絶対に落合さんの指示だろうと強く感じていました。
やっぱりそうだったんですね。
そしてモリシゲさんのドデスカ!での返答の仕方・・・。
まさかGMという役職が新設されるなんて言えませんものね。
誰が新監督になろうが現フロントのままではAクラス復帰やナゴドの
満員御礼なんて到底無理とオーナーは我々以上に痛感されていたのでしょう。

白井オーナーが生みの親である落合、谷繁、森のトロイカ方式。
やっとこれで戦う集団のゲームがまた見られますね。
谷繁監督にももちろん大賛成です。
落合、森の両氏の元の傀儡という難癖をつけられるかもしれませんが、選手兼任ですから負担が軽くなるし、試合だけに集中できと良いと思いjます。
(ハンドルネームにしてありますが実は谷繁さんと誕生日が同じなんです。)

どなたが書いていらっしゃいますが、最初にこのブログを拝見した時は坂井球団社長への個人攻撃が過ぎるように感じましたが、撤回申し上げます。
ホントにひどい方だったんですね。
ひどいというより謎ですね。こんな人いるんですね。
(一人ビールかけもこちらのブログで最近知りました。
普通にテレビ見ているだけでは絶対わかりません。)

勝つことが最大のファンサービス!!!
楽しみです。
白井オーナー、おつかれさまでした。




横浜は抜け目がない。力のある親会社と、球団が一体化すると怖い。少し前までの中日にはフロントも含め、これがあった。坂井克彦が現れて全てが変わった。全てが子供騙しで、戦略の欠片もない。横浜は落合&森を迎え、黄金期到来か?

あっぱれ白井オーナー

落合GM 谷繁監督兼任 森ヘッド。日刊スポーツさらに大本営の発表で何より嬉しいのが坂井、佐藤らの引責辞任のニュース

間違いないでしょうね。はっきり言ってメガトン級の衝撃です

落合氏がGMとは考えつかなかった。谷繁も良く引き受けた。こんな方法があったとは。

谷繁の監督兼任について、失敗した古田の時を思い出しますが、おそらく落合GMの考えは南海時代の野村克也監督兼任じゃないかと。
確か古田の時、野村氏が兼任の場合、ヘッドコーチが大事と話してたと記憶してる。私(南海時代)の時はブレイザーがいたからと。 だから作戦のサポートは森繁ヘッドを置くと。

管理人様のここでの地道な活動があったからこそです。そして白井オーナー、最後に倍返しやりましたね。
これから新聞買いに走ります

万歳!!

すみません、落合GMの情報は見逃していました。これ以上ない結果ですね。管理人さんの粘りと、説得力ある分析力に敬意を表します。ドラゴンズを語れない土地にいる者にとって、「ドラゴンズ道」は心の救いです。ありがとう!

No title

感動した。

良かった。

映画やドラマになりそうだ。

楽しみが増えた。


あとはファンの力

落合ー谷繁体制をファン(当然坂井が考えているファン=タニマチではない)が
支える必要があります。

ファンが支えないとタニマチが蘇ります。

ファンにも責任が出てきます。

肝は落合GM人事!

谷繁兼任監督就任よりも落合氏氏のGM就任の衝撃は凄いものでした。
今迄誰も手を付けなかった球団運営改革に白井オーナー自ら主導して動かれたのですね。
これは今迄の中日ドラゴンズとしては革命的な事ですよ!
白井オーナーやっぱり凄いわ!
中日スポーツは例によって落合GM人事には全く触れておりませんけど…。
白井オーナーと落合氏との信と義の関係に胸が熱くなりました。

No title

悲しい・・・落合さんGM
谷繁監督、森ヘッド、申し分ありません。
ただベンチにいる、落合監督を見たかった。
申し訳ありませんが、GMならば他の球団でもいい、
落合監督が采配をする姿が見たかった。今GMならば、
もうグランド復帰は無いという意味ですよね(ToT)
もう一度、胴上げが見たかった、
原巨人との対決が見たかった、
完全優勝をして欲しかった、
管理人様、嬉しいけど、悲しいです。

いまはすぐ川上投手と谷繁監督と話をして欲しい。

No title

いつも楽しく拝見しています。いつも長文ご苦労様です。
今朝インターネットで谷繁監督、落合GMという記事を見てびっくりしました。
これも管理者さんのドラゴンズを良いチームにして欲しいという熱意が伝わったと思っています。
まあ谷繁さんは選手兼任だからかなり苦労されると思いますが、私達ファンの熱い応援で盛り建てて行きましょう!

毎日長文で大変かと思いますが、今後も記事掲載頑張って下さい。

まずは…。

坂井氏辞任(勿論実質クビw)『まともなドラゴンズファン』の声が届いたようですね。数々の失態大失態を犯した人物ですから当然なのですが、本当に無駄な二年間でした。

そして落合GM以下の新体制で臨む来季が俄然楽しみになってきました。
やはり無能OB連中をバッサリいった事と落合氏の復帰はリンクしていたんですね。チームを正しいあるべき姿へと戻す為に、これからも落合氏の手腕に期待します。

嬉しい‼︎

嬉しいです。本当に嬉しいです。

ここ2年間で溜まりまくった鬱憤…。坂井球団社長が今後も居座るなら期待出来ないと諦めに近い気持ちもありました。しかし、落合さん再登板情報から少しずつ心に光が差し期待へと変わり、忘れかけていた勝利への渇望を思い出し、そしてやっと今日、一番望んでいた坂井球団社長の更迭とともに、落合さんGM+森繁さんヘッドでのドラゴンズ復帰!!という、最高の喜びを手に入れることが出来ました(嬉泣)。
これで、闘うための下準備が整いますね! 今から来季のドラゴンズが、本当に本当に楽しみです!!!

坂井辞任!

落合、森繁さんの復帰
谷繁新監督の就任
坂井球団社長の辞任おめでとうございます

一貫してアンチ坂井を貫き、辞任に追い込んだこのブログの功績は非常に大きいです
正直、陰謀説など根拠のない話もあるかなと最初は思ってましたが
中日新聞の不買を訴えるなど活動が結果結びついたのかなと

とにかく嬉しい気持ちでいっぱいなのと祝辞を真っ先にこのブログに書き込もうと来てみた次第です

もしよければ、邪魔崎の花束贈呈がドアラから手渡された件についてどういうお考えか聞きたいです

すみません、先ほどコメントさせて頂いた者なのですが、補足です。

落合さんの監督再登板を渇望しながらも、以前に倒れられたと報道のあった落合さんの体調について、とても心配していました。

なので、GM就任は心から嬉しかった。谷繁さんも、落合さんと森繁さんが支えてくれるのでなければ、きっと兼任は受けなかったでしょうね。

一ドラゴンズファンとしても、谷繁監督を支えるべく、たくさん球場へ行き、微力ですが声援を届けたいと思います!!

さて、少し躊躇していたファンクラブ会員継続を、今日、しなくっちゃー! 関東在住で、ファン感には行かないのですが、行かれる方は谷繁新監督への熱い声援を、私の分まで届けてくださると嬉しいです。よろしくお願いします!!

管理人さんやりましたね。。

落合GM、森へッド、谷繁監督誕生です。アホンダラ坂井はクビ。
小生は高木ボケ道のドラゴンズは6月以降全く見なかったため、ナゴド行かず、中スポボイコットで結果しか知らない状態だったんで、ブログを更新してませんでしたが、アメリカから更新します。
谷繁プレイイングマネージャー、うん?、どうなんだろう。潔く引退して監督に専念してほしいです。
松井雅人を英才教育してほしい。

驚愕、歓喜、激励と期待

今朝の報道におもいっきり目を覚まされました。落合さんの復帰と坂井の辞任はセットで達成されなければ意味がないと思っていたところでの見事な白井采配に、改めて頭が下がります。こうした動きにこのブログが果たした力も決して小さなものではなかったはずであり、(私もここでの呼びかけで中日新聞社様にラブレターを送ってます)管理者様、大多数の常識的なドラゴンズファンの方々に「おめでとう!」と祝福させていただきます。このコメントの過去最高数にもなりそうなので、併せておめでとうございます。

あとは中日新聞社様からの正式発表を待って、もう一度メールを送りたいと思います、勿論白井会長への感謝と新聞社様への激励メールです。

久しぶりに希望と期待のできるニュースが聞けて、今後もしっかりと見守ろうと思います、ありがとうございました。

来季が楽しみ!

やりましたね!まずは坂井さんの更迭人事。これだけでも大きな成果と言えるでしょう。管理人さんが常々このブログで語っていたことがとうとう実現したことに歓喜です!
そして、落合GM。ついに日本プロ野球界に大きな改革の時期がやって来たのではないかととにかく興奮しております。個人的にはグラウンドでユニフォーム姿の落合監督を見たかったのですが、まさかGMとは…
様々なプロ野球界のタブーに臆せず切り込んできた落合さんのことですから今後の展開には益々目が離せませんよ。
来季、いや、今シーズンのストーブリーグから既に何が起きるのか楽しみで仕方ありません!こんな期待感初めてです…

ガッツポ坂井クビ決定ー!(ガッツポ)

ガッツポ坂井がクビになった!(ガッツポ)

今こそドラゴンズファンが坂井にガッツポ返しをする時だ!(ガッツポ)

さあ坂井、我々ドラゴンズファンのガッツポーズを見ろ!(ガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポガッツポ)

No title

                祝・坂井追放         ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ ガッツポ!
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"

No title

嬉しいには嬉しいですけど谷繁選手の出場試合野村前監督超えが難しくなりましたね。またガッツポらが踏み荒らした後の状況で結果が出せないと件のファンクラブ会長やらどこぞの元球団社長やらが「ほれ見たことか」とか言い出しそうで・・・。そして落合前監督を隠れ蓑にしそうで・・・
谷繁選手も未体験のことばかりで大変でしょうが、少なくとも投手については強力なヘッドが、現場と上への摩擦については選手を第一に考えた前監督が味方についていますし、自分の不安が杞憂になることを期待しています。

ファンの力

ファンの力が中日新聞社を動かしたと思います。

白井オーナーは我々ファンの期待を凌駕した大技を決めてくれました。恐ろしい。

落合GMなんて全く予想外でした。

やりましたー!!

ついに、ついにこの日がやってきた・・・人間の屑、坂井克彦とその一味に怒りの裁きが下された!!
世紀の愚将・馬鹿木糞道の首切りだけで済んだらどうしようかと思いましたが、まさかこんな大サプライズが待っていようとは!!ホント、夢を見ているようです。
正直言うと、二年前は落合さんに対してマンネリを感じたりした事もありました。でも新しい風として坂井の屑が連れてきたのが、よりによってあの馬鹿木(普通に考えれば、前回の監督時代、いや、さらに前の監督代行時代を見ていれば、又チャンスを与えるなんて絶対有り得ない)。時代錯誤のOBで固めまくったコーチ人事。悪夢の始まりでした。そしてやはりと言うか、考えた以上の辛い日々。あの糞爺のふざけた采配・パフォーマンス・胸糞悪いコメント。どれだけはらわたが煮えくり返ったことか・・・ついにはチームが負けると嬉しくなり、ついにはゲームも見なくなる有様。まさに暗黒の二年間でした。しかし、ようやく差し込んだ一筋の光。この光を消さない為にも、僕達ファンが盛り立てて行かなければなりませんね(すでにほかの方が言及しておられますが)。
正直期待半分、不安半分が今の心境です(何せ考えてもみなかった監督・コーチ人事だったので)。でもそれ以上にワクワクしています。これが成功したならば正に革命・新しい風がふいたということになるのではないでしょうか?そう、あの落合監督が誕生した時のように・・・谷繁兼任監督・森繁ヘッドコーチ・そして落合GM、このトロイカ体制をファンの一人として、全力で応援していきます!!
P・S この一件以来、一部ネットでは馬鹿木の評価が上がっているようですが(曰く坂井を道連れにしたとかで)、退任会見のコメントをみる限りやっぱり最低ですね(失笑)。本当に頭がわるいんだなぁ。そしてオチアンビッグ3(笑)の一人、ドラゴンズ愛とかほざいている阿呆が延々負け惜しみを垂れ流しております。ざまぁWWW
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。