スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来季のドラゴンズの監督に必要な条件を、ドラゴンズの黄金期の名将から学んでみる件 その9













来季のドラゴンズの監督に必要な条件を、ドラゴンズの黄金期の名将から学んでみる件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-228.html

来季のドラゴンズの監督に必要な条件を、ドラゴンズの黄金期の名将から学んでみる件 その2
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-233.html

来季のドラゴンズの監督に必要な条件を、ドラゴンズの黄金期の名将から学んでみる件 その3
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-230.html

来季のドラゴンズの監督に必要な条件を、ドラゴンズの黄金期の名将から学んでみる件 その4
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-229.html

来季のドラゴンズの監督に必要な条件を、ドラゴンズの黄金期の名将から学んでみる件 その5
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-232.html

来季のドラゴンズの監督に必要な条件を、ドラゴンズの黄金期の名将から学んでみる件 その6
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-234.html

来季のドラゴンズの監督に必要な条件を、ドラゴンズの黄金期の名将から学んでみる件 その7
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-235.html

来季のドラゴンズの監督に必要な条件を、ドラゴンズの黄金期の名将から学んでみる件 その8
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-236.html

に引き続き、第9弾です。

落合竜の素晴らしさを回想しつつ、来年のドラゴンズの監督は誰が良いのか?についてヒントを得てみるシリーズです。

今回は単純に2007年を振り返りつつ、53年ぶりの日本一を成し遂げた落合竜の様子をひたすら写真で振り返ってみます。

高木中日が壮絶な3位争い(笑)を繰り広げる違和感を感じる中、いつもリーグ優勝や日本一をかけてしのぎを削ってきた落合竜の熱気と情熱と強さをひたすら味わいつつ、あの頃の正気に戻ってみたいと思います。





series-051.jpg






series-047.jpg
中日先発山井は8回で降板するまでパーフェクトの快投をみせる

series-046.jpg
2回裏1死二、三塁、中日平田が右犠飛を放ち先制点をあげる

series-045.jpg
2回裏1死二、三塁、平田(左)の犠飛で先制の生還をしたウッズ(手前)を笑顔で迎える山井(中央)ら

series-044.jpg
ひちょり無安打にガッカリ

series-043.jpg
ダルビッシュは厳しい表情

series-025.jpg
荒木横っ飛び好守

series-026.jpg
ノリ歓喜

series-027.jpg
落合監督胴上げ

series-031.jpg
落合監督、岩瀬握手

series-032.jpg
落合監督、ノリ抱き合う

series-048.jpg

series-040.jpg
寂しげなヒルマン監督




series-049.jpg

series-052.jpg

series-053.jpg

series-050.jpg



series-028.jpg
両監督握手

series-041.jpg
田中幸は落合監督と握手

series-042.jpg
お疲れ様でした

series-030.jpg
川上ウイニングラン

series-029.jpg
ウッズ、谷繁歓喜

series-034.jpg
ビールかけ山井

series-037.jpg
ビールかけ落合監督、山井

series-036.jpg
ビールかけウッズ

series-038.jpg
ビールかけ落合監督、谷繁

series-039.jpg
ビールかけドアラ

series-033.jpg
ビールかけ落合監督夫妻

series-035.jpg
ビールかけノリ





series-051.jpg




写真を見てるだけでも、現在の高木中日との決定的な温度差を感じます。

これらの写真からあふれ出る熱気を見ただけで、現在の高木中日によって、いかにドラゴンズの選手とドラゴンズファンが冷温停止状態に陥っているのかがよくわかります。

借金13で勝率5割にすら達していない状態で壮絶な3位争いとか、高木中日のレベルの低さを痛感せざるを得ません。

落合竜の半世紀ぶりの日本一との本物の情熱と歓喜と、坂井克彦プロデュースの高木中日ジョイナスという大嘘のから騒ぎとの、天と地ほどの隔たりのある大きな温度差を感じざるを得ません。

落合竜という本物の熱気と、大嘘人間坂井克彦が作り上げた人造ジョイナスという冷気、真実と虚像、本気とインチキ、強さと弱さ、それが落合竜と高木中日の大差でした。





落合監督、55万人にピ~ス 竜日本一パレード

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/hold/2007/s03/CK2007111802165414.html

inoueOchiai.jpg
優勝パレードで沿道を埋め尽くした多くのファンにピースサインで応える落合監督(左)と井上=名古屋市中区栄で

2007年11月18日

53年ぶり2度目の日本一を祝う中日の優勝パレードが17日、名古屋駅前から久屋大通公園『光の広場』まで約3・1キロのコースで行われた。
前年度を約20万人上回る約55万人(主催者発表)ものファンの声援に落合博満監督(53)、井上一樹選手会長(36)らが約45分間、手を振り笑顔で応えた。
続く優勝報告会で落合監督は
「来年もう1回このパレードを一緒にできることをお約束して、本年度のあいさつにしたい」
と2年連続日本一を誓った。

両手にピースのサインをつくって子どものように笑っていた。
就任4年目で3度目の優勝パレードでも今回ばかりは格別だ。
これ以上にない至福の45分間。
53年ぶりの日本一、そしてアジアナンバーワンに輝いた落合監督は心の底から喜んでいた。

「やっとこのときが参りました。長かったです。去年はセ・リーグだけの優勝で、喜んでいいのやら悲しんでいいのやら、よく分からないパレードで終わりましたけど、今年は全員が心から喜んでパレードに参加して、皆さんの温かい声援を肌で感じてくれたと思います」

午前10時15分に名古屋駅を出発して午前11時に久屋大通公園『光の広場』に到着。優勝報告会では晴れやかな表情であいさつした。
04年、昨年といずれもリーグ制覇しながら日本シリーズで敗退。
謝罪した過去2回とは違う。
今年はリーグ戦は2位ながらクライマックスシリーズ、日本シリーズ、アジアシリーズと一気に駆け上がって頂点に立った。

ファンも飢えていた。
昨年はパレードに参加したウッズが既に帰国。
川上、岩瀬、井端、荒木、森野の主力5選手は五輪予選の合宿でいない。
FA宣言した福留も参加しなかった。前日16日には球団事務所に「ナゼ〇〇選手は参加しないんだ」という問い合わせの電話が殺到。
「主力のいないパレードを見にきてくれるのか」
そんな球団サイドの不安は杞憂(きゆう)に終わった。

沿道に詰めかけたのは名古屋市の人口約223万人の4分の1に当たる約55万人。
巨人のV10を阻止した1974年の約56万人には及ばなかったが、名古屋の街が53年ぶりの快挙に酔いしれた。

「いま宮崎の方でオリンピック予選のために5人の選手が合宿に参加しています。彼らのためにも来年もう1回このパレードを一緒にできることをお約束して本年度のあいさつにしたいと思います」

雲ひとつない“ドラゴンズブルー”の空のもと、高らかに誓った2年連続日本一。
パレード後はナゴヤ球場で現場首脳陣を招集、来年2月のキャンプ方針など、早くも来季への準備に取りかかった。
黄金時代へ、名古屋が育てた名将の挑戦は終わらない。


◆落合監督あいさつ全文

全国のドラゴンズファン、そしてきょう沿道を埋め尽くしてくれたドラゴンズファン、やっとこのときが参りました。
長かったです。
今年1年、選手は苦しみに苦しみ抜いて、やっと栄冠を勝ち取ることができました。

去年はセ・リーグだけの優勝で、喜んでいいのやら悲しんでいいのやら、よく分からないパレードで終わりましたけど、今年は全員が心から喜んでパレードに参加して、皆さんの温かい声援を肌で感じてくれたと思います。

いま宮崎の方でオリンピック予選のために5人の選手が合宿に参加しています。
彼らのためにも来年もう1回このパレードを一緒にできることをお約束して本年度のあいさつにしたいと思います。
1年間、ご声援ありがとうございました。






中日ドラゴンズが勝利より観客動員を優先するなら、監督は前田敦子にすればいいでしょう!

http://wpb.shueisha.co.jp/2011/11/14/7997/


ochiai04.jpg


[2011年11月14日]

8年間結果を残し、今年も日本一を目指して戦っている最中の解任劇。
中日・落合監督の退任騒動にはぼくも怒りを覚えました。

誰もが認めざるを得ない結果を残しているにもかかわらず、その任を追われてしまう。
上司や世間の意向によって、“本質”はないがしろにされたまま誤った判断を下されてしまう――。
日本の社会では、そんなケースが多々あります。
そう、「出る杭は打たれる」というやつです。

プロ野球・中日ドラゴンズの落合博満監督は、まさにその犠牲者だったのではないでしょうか。
就任して8年間、常に優勝争いに加わり、セ・リーグを制覇すること4回。
勝負に徹し、これほどの成果を挙げた名将にもかかわらず、落合監督は契約を延長されることなく、今シーズン限りで退任することが早々と決まりました。

もちろん、監督とて企業に雇われている身ですし、契約社会ですから、そう宣告されたのであれば従うほかないのでしょう。
しかし、やはりこの選択はぼくには解せません。

大前提として、頑張っている人間が報われない社会というのは決して豊かにはなりません。
これがもし成果至上主義の中国であれば、退任は考えられない。
むしろ、来年からはもっと契約条件がよくなるでしょうし、権限もさらに多く持てるはずです。
ただし、逆にいえば当然、もし結果を出せなかった場合にはあっさりと淘汰されるわけですが。

各メディアの報道などによれば、落合監督は地元企業や財界への“あいさつ回り”などグラウンド外での活動に積極的ではなく、球団の背広組からは評判がよくなかったといいます。
また、チームを指揮する際にも“オレ流”を貫き、球団上層部との折り合いが悪かったという説もあります。

こういった話を聞いてまず思うのは、「資源の最適分配」という視点が欠けているというか、マンネリ化してしまっているということです。
果たして、落合監督に企業回りをさせることが本当に効率的なマネジメントなんでしょうか?
選手たちの起用方法や指導、相手チームの分析、戦術の構築などに落合監督が全神経を費やすことでチームが勝てるのなら、中日ドラゴンズにとってはそれが一番いいんじゃないんですか?

落合監督はメディアに対しても冷淡だったかもしれませんが、それはあくまでも勝利をはっきりと優先していただけだと思います。
球団は
「落合野球だと人気がない」
とか
「観客動員力が弱い」
という面を重視したようですが、本来、興行面のことを考えるべきは球団の背広組のはず。

そんなに勝敗と関係ないところでお客さんを呼びたければ、AKB48の前田敦子さんを監督にすればいいでしょう!

とにかく、球団は少なくとも何をしたいのか、監督に何を求めるのかはっきりさせるべきでした。
欲しいのは優勝なのか、それともビジネス的な利益なのか。
契約打ち切りの際に、はっきりと
「うちが欲しいのは勝利じゃない。観客動員です。だから落合監督じゃダメなんです」
と言えばまだよかった。

理由を明確に説明することこそ、応援してくれるファンに対する最大の誠意だからです。

しかし、とはいえファンはそれでついてくるでしょうか?
プロスポーツであるのに、勝利を一番に考えないチームに魅力を感じるでしょうか?
そんな疑問や怒りこそが、落合監督や選手たちの心に火を点つけ、大逆転優勝へとつながったんだと思います。

あらためてもう一度、中日球団に言わせてもらいます。
勝つこと以上にファンを喜ばせる方法があるというなら、逆に教えて!


今週のひと言

そんなに観客動員が欲しいなら、中日は前田敦子を監督にしろ!!


■加藤嘉一(かとう・よしかず)
1984年4月28日生まれ、静岡県出身。
高校卒業後、単身で北京大学へ留学。
中国国内では年間300本以上の取材を受け、多くの著書を持つコラムニスト。
日本語での完全書き下ろしとしては初の著作となる『われ日本海の橋とならん』(ダイヤモンド社)が絶賛発売中!















さて、ジョイナス茶番劇の集大成、高木中日は借金14かかえて3位争いの死闘(笑)は、・・・・


救世主だ!カブレラ4カ月ぶり白星「CSに行けるように頑張る」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130907-00000088-spnannex-base

◇セ・リーグ 中日4―1ヤクルト(2013年9月7日 ナゴヤD)

4カ月ぶりとなる今季5勝目をマークした中日・カブレラは満面笑みでお立ち台に現れた。

「とっても、本当に、うれしいです」
とまずは第一声。
「長い間勝てず苦しかったが、皆さんに助けられてようやく勝てた。とってもうれしいです」
と素直な言葉を繰り返した。

前日6日、先発の山本昌が3回途中で降板。
クライマックスシリーズ進出に向け、先発投手の整備が急務だけに、高木監督も
「彼がこの後頑張ってくれないと苦しくなる。きょうの勝ちは大きい」
と話す。

「最近は自分でも納得のいく投球ができるようになってきた。次に機会があったら、またいい投球がしたい」
とカブレラ。
スタンドのファンに向け、
「クライマックスシリーズに行けるように頑張ります!」
としめくくった。




特大2ランの平田、求ム観客!「1人が1人ずつ呼んでくれたら…」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130907-00000087-spnannex-base

◇セリーグ 中日4―1ヤクルト(2013年9月7日 ナゴヤD)

初回に貴重な追加点となる2ランを放った平田が“観客増”を訴えた。

カブレラに続いてのお立ち台。
本塁打について
「打った瞬間、入ったと思った。ここ2週間ぐらいヒットはたまに出ても調子が出てなかったけど、いい当たりができて良かった」
と振り返った後、クライマックスシリーズ進出に向けた意気込みを聞かれると、止まらない。

まずは
「残り21試合、選手はクライマックスシリーズに向けて全力で頑張ります」
と宣言すると、続けて
「客席がちょっと寂しいんで、もう少し増えてくれたら選手も白熱した戦いができる。お客さん1人がもう1人ずつ呼んでくれたら…」
とこの日2万6630人が集まったスタンドに“集客作戦”を呼びかけ。
さらに
「ペナントレースの優勝は厳しいけど、クライマックスシリーズに出れば、阪神、巨人に悔しい思いを返せると思うので、3位、あわよくば2位でクライマックスシリーズに出てシーズンの借りを返したい。そのためにもファンの皆さんの力が必要です!」
と笑顔でお願いを繰り返した。

デーゲームでヤクルトに勝ったことで、中日は暫定ながら試合前の4位タイから単独4位に浮上。
ナイターの結果が楽しみになってきた。





どうみても半分以下(2万人未満)の観客しかいないナゴヤドーム、それでも2万6千人の観客がいるとバレバレの大嘘発表を続ける坂井克彦・・・

そんなガラガラのナゴヤドームが寂しいと訴える平田選手・・・

薄ら寒い、ウソ寒い雰囲気の漂うナゴヤドームです。

来年のシーズンシートの売り上げは、さらに激減を続ける事でしょう。

坂井克彦が来年も球団社長を務めれば、来年のナゴヤドームにもウソ寒い空気が漂うという現実を、中日新聞社の坂井克彦一派(大島派)は骨身にしみてその事実を受け入れなければなりません。


ドラゴンズファンは、誰一人としてこんなものを望んでいた訳ではないという事実を、中日新聞社は真正面から受け入れなければなりません。


防御率3.70のカブレラが7回1失点で防御率3.5にちょっと上がったんですが、だからってドラゴンズファンがあの落合竜の頃のように真実の盛り上がりを見せたりはしませんよね。

せっかく平田りんがキャリアハイの13号本塁打を放ち、頑張っているのに、ドラゴンズの選手には気の毒な話です。

坂井克彦には大いに責任を感じてもらいたいものです。







にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram

















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

スカタン4球団の無様なセ・リーグCS争いその2

今日は、スコア的には中日らしい勝利で久しぶりに馬鹿試合以外で勝った試合である。まあ今日は糞将軍、高木守道が自分のアホ采配で負けた昨日の試合を珍しく反省したのか、あまり動かずに采配を振るったのも要因ではあるが・・・とはいえ見せ場と言えば、初回だけである。和田の適時打のあと、平田の2ランで幸先良く先制した。結果的にあの2ランがこの試合を決したと言って良い(ヤクの将軍、小川淳司も2ランの場面を嘆いていた訳だが)。

そして平田が試合後のヒロインで観客増加を呼び掛けた訳であるが、今日スカパーを見ても、本当に2万6千もいるのか?と思ったくらい観客は少なかった。はっきり言って、観客が減ったのはフロントの責任である。落合名監督を「つまらん、観客が増えない」と酷評して退任に追い込み、観客増加の為に高木守道を呼んだ訳だが、現状はどうだ?

・観客は減る一方

・やってる野球は昔のナゴヤ球場野球に投手陣を酷使する大暴挙采配

・将軍が陰気なので、雰囲気悪い。

・デナベイファンの親父にまで「チケット代が高い、置いてる飯はまずい、サービスシートがない」とバッサリ言われる始末

最早、こう言われると昨日の件で落合名監督と高木守道ではどっちが魅力的か?で落合名監督が圧倒的に多かったのも、退任に反対したのも、連日投稿者様から、落合名監督の復帰を願うのも頷ける。そして、観客増加を呼び掛けるのは、本来、高木守道かフロントの役目(土下座して詫びるか辞めるかが手なのだが)なのに、選手が言うなど最早、言語道断である。

明日はライアン小川である。結構やられてる感はあるので、彦野利勝がどう分析するか?バレの本塁打記録は?糞将軍、高木守道と悲劇の将軍、小川淳司の采配に注目したい・・・と言いたいが!!

やはり、この2年で見事に醜態だけを晒す球団にしやがった坂井克彦に糞将軍、高木守道率いる糞首脳陣が犯した罪は今日の件を含めても極めて重大である。とにかく、この犯罪者共の一刻も早いプロ野球界からの永久退場を要求しなければならない。

最早、中日ドラゴンズが再び輝くには、観客が再び増加するにはこれしかないのである。そして、来季は邪魔崎及び現糞首脳陣以外の方(出来れば落合名監督の復帰)を要求したい。

超長文失礼しました。最早、高木守道に人心無し

観客動員

いつも読ませていただいています。

入場者数ですが、中日球団の発表は「年間予約席と前売り分、当日券、招待券を5回終了時で集計」としているので、発表された26,000人は嘘数字ではないと思います。
私もあのスタンドを見て「半分も入っていないな」と思ったので、年間予約席や前売り券購入者のうちかなりの人は来場しなかったということであろうと思われ、これはこれで大問題ではないかと思うわけです。

中日球団は落合監督を観客が呼べないという理由もつけて解任しましたが、落合解任後も観客は減り続けています。よって観客減は落合監督のせいではなかったわけです。
パ・リーグが閑古鳥の鳴いていた時代から血の滲むような努力をして観客を呼び込みましたが、中日球団は一大都市圏一球団という恵まれた環境にあぐらをかいて企業努力を怠ったツケがきたのでしょうね。自業自得だとも思えます。

ライアン小川か(涙)

何か勝てる気がしないんだよな。
落合竜時代なら考えられないけどね。
来季の監督、坂井が牛耳ってる限り、落合氏には戻って来て欲しくないし、戻らないでしょう。
そうなると、宇野さんしか居ない。人気はありますしね。不安があるとすれば監督経験が無さと、参謀となる投手コーチに誰がなるのかだけやと思います。
昨日の中スポを読みましたが、守道のあそこまで陰気で他に責任転嫁されると嫌にならますね。落合氏曰く「監督は目立たなくて良い」ですが、宇野さんの場合は普通にしても目立つからね。

No title

残りの試合中日は絶対に負けてください。広島は16年ぶりのAクラスと初のCS進出に向けてこれ以上負けることや順位を落とすことが了承されません。中日もCS進出に向けて勝つことが大事ですが、中日は昨年度もCSに進出し、6年前には日本一になってます。これ以上中日が勝つことは絶対におやめください。中日ファンには大変申し訳ありませんが、広島にAクラスとCS進出を譲るためご協力をお願いします。

66倍返し

落合監督は本当に凄いですよ。
昨日、落合監督の最新著書を購入しました。
少しずつですが読み進めております。

映画の評論までもがプロです。
東京オリンピックが決まったのも、落合監督の本を買ったからだと思います。
僕は東京オリンピックの聖火ランナーを落合監督に是非やってもらいたいと考えております。

世界で唯一の三冠王三回で名将中の名将である「Hiromitsu Ochiai」の名は世界を驚愕させ、2011年にはこんな解任劇があったとする事実を世界が知ったら・・・。

おそらく「Katsuhiko Sakai is hitori beer kake」
「Katsuhiko Sakai is guts pose」
などと世界を逆の意味で驚愕させることになると思います。

坂井は日本中のみならず世界中から66倍返しに遭うでしょう(^_^)v
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。