スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩瀬さんの9年連続30セーブが、いかに偉大な記録であるかについて考えてみる件













2013年8月27日、岩瀬さんが9年連続30セーブという、とてつもない記録を樹立しました。

このものすごい記録には、350セーブの時のようなボードが用意されている訳でもなく、


iwase350sjingu02.jpg


なんかアッサリと報道されていました。

しかし、このあまりにもアッサリと報道されている9年連続の不滅の大記録が、いかにすごい記録なのか、それをあっさりとやってのける岩瀬さんがいかにすごい人であるか、について、改めて考えて見たいと思います。


岩瀬 9年連続30セーブ 「永遠のキャプテン」宮本の前で…

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/28/kiji/K20130828006497550.html


iwase9y30s01.jpg


セ・リーグ 中日10-8ヤクルト (8月27日 神宮)
球界を代表する守護神が大乱戦に終止符を打った。
2点リードの9回から登板した中日・岩瀬が今季30セーブ目をマーク。
自身のプロ野球記録を更新する9年連続30セーブの金字塔を打ち立てた。

細心の注意を払った。

「こういう試合展開は走者を出すと、一気にムードが壊れる」

まずは先頭の森岡をスライダーで見逃し三振に仕留めると、畠山は9球を使って一邪飛に料理。中村は遊ゴロと3者凡退で締めた。
達成した快挙について問われると、左腕は

「(数字は)終わってからでいいです」

と苦笑いだった。

試合前は山本昌、川上とともに今季限りでの現役引退を表明したヤクルト・宮本と談笑した。
アテネ五輪をともに戦い

「僕の中では永遠のキャプテン」

とする存在。
尊敬する先輩の前で、岩瀬は衰えない力を示した。


iwase9y30s02.jpg




【中日】岩瀬、自己新9年連続30セーブ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130828-00000050-sph-base

◆ヤクルト8―10中日(27日・神宮)
9回表終了時には両軍あわせて22安打、15四球、18得点。
そんな超乱戦も、9回裏はピタリと波が静まった。
岩瀬が仁王立ちした。

「こういう試合は、走者を出すと一気にムードが変わるもの。一人一人の打者に集中した」

2点リードでも鬼の形相で投げ込んだ。
森岡を見逃し三振。畠山を一邪飛。
中村を遊ゴロ。
自身の記録を更新する9年連続の30セーブに到達した。

「ボクの中では『永遠のキャプテン』だから」

球場入りすると真っ先に、ヤクルト・宮本のもとへ歩み寄った。
04年アテネ、08年北京の2度の五輪は、宮本主将の下で戦った。
その宮本は現役引退を表明したが、4歳下の岩瀬は記録を更新。
健在を示す形で恩返しした。

「30セーブ? 数字の話は(シーズンが)終わってから。それよりも、前回は失敗していたから、勝って終わるしかなかった」

24日の阪神戦(ナゴヤD)では、1点リードの9回に5年ぶりの4失点で逆転負けした。
だが、高木監督は

「この前は守りが足を引っ張っちゃった。30セーブ? すごいよ」

と信頼は不変だ。
チームの連敗も3で止めた左腕は

「流れを変えていきたい」

と逆転Aクラスをにらんだ。

iwase9y30s03.jpg





岩瀬さんは2013年7月15日の広島戦で、10年連続20セーブの日本新記録を打ち立てています。


岩瀬 史上初の10年連続20セーブ 秘けつは「体調に尽きますね」

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/16/kiji/K20130716006231660.html?feature=related

セ・リーグ 中日3―2広島 (7月16日 マツダ)

中日の岩瀬がプロ野球史上初の10年連続20セーブを達成した。

2死から四球で走者を出したものの、この日2ランを放っている丸を左飛に打ち取りゲームセット。
今季20セーブ目を挙げて、04年から10年連続となった。
史上初の記録にも
「1年間自分がしっかりしていれば絶対できると思っている数字なので、クリアできて良かったです」
とサラリ。

11月には39歳を迎える。
かつてのように打者が手も足も出せないような投球をすることは減ってきたが、ベテランらしい勝負どころを抑える投球でここまで記録を伸ばしてきた。
記録を継続できた秘けつには
「体調に尽きますね」
と話した。

iwase10y20s.jpg




その2日前には、歴代単独5位の830登板も達成しています。


岩瀬 歴代単独5位830登板できっちりSも「ピンとこない」

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/15/kiji/K20130715006221100.html?feature=related

セ・リーグ 中日2-1巨人 (7月14日 ナゴヤD)

中日の岩瀬が1点リードの9回に登板。
3人できっちりと抑え、19セーブ目を挙げ
「目の前の試合を勝っていくことが大事」
と静かに喜んだ。

これで通算試合登板数が830となり、江夏豊を抜いて歴代単独5位に。
それでも、球界屈指の守護神は
「特別、ピンとこない。一試合一試合、大事にやってきた結果だから。一つでも多く勝たないと」
と淡々と話した。





これらの記録がいかにすごい記録なのか、検証してみたいと思います。



9年連続30セーブというとてつもない記録ですが、この記録がいかにすごい記録なのかを検証するために、単純に掛け算してみると、、

30 × 9 = 270セーブ

最低でも270セーブが必要です。

日本プロ野球記録を調べて見ると、270セーブ以上のセーブ記録を持つ投手は、日本人プロ野球選手全員の中でも、たったの3人しかいません。


http://bis.npb.or.jp/history/ltp_sv.html


順位 投手    セーブ  実働期間  登板
1 * 岩瀬 仁紀  376 (1999-2013) 845
2 高津 臣吾   286 (1991-2007) 598
3 佐々木 主浩  252 (1990-2005) 439

4 小林 雅英   228 (1999-2011) 463
5 藤川 球児   220 (2000-2012) 562
6 江夏 豊    193 (1967-1984) 829
7 * 馬原 孝浩  180 (2004-2011) 318
8 クルーン    177 (2005-2010) 304
9 * 永川 勝浩  164 (2003-2013) 403
10 豊田 清   157 (1995-2011) 558
10 * 武田 久   157 (2003-2013) 502
12 赤堀 元之  139 (1989-2004) 380
13 大野 豊   138 (1977-1998) 707
14 大塚 晶則  137 (1997-2003) 305
15 斉藤 明夫  133 (1977-1993) 601
16 鹿取 義隆  131 (1979-1997) 755
17 山本 和行  130 (1972-1988) 700
18 林 昌勇   128 (2008-2012) 238
19 牛島 和彦  126 (1980-1993) 395
20 ギャラード  120 (2000-2004) 194
21 ペドラザ   117 (1999-2003) 194
22 郭 源治   116 (1981-1996) 496
23 * 山口 俊   111 (2006-2013) 283
24 佐々岡 真司 106 (1990-2007) 570
25 MICHAEL   104 (2005-2012) 288
26 角 盈男    99 (1978-1992) 618
27 宣 銅烈    98 (1996-1999) 162
28 鈴木 孝政   96 (1973-1989) 586
29 河本 育之   95 (1992-2007) 500
30 金城 基泰   92 (1972-1985) 461
31 津田 恒実   90 (1982-1991) 286
32 * 加藤 大輔  87 (2003-2013) 397
33 石毛 博史   83 (1991-2004) 375
33 成本 年秀   83 (1993-2004) 271
35 森 繁和    82 (1979-1988) 344
35 福盛 和男   82 (1995-2010) 414
37 金石 昭人   80 (1982-1998) 329
38 井上 祐二   77 (1981-1997) 487
39 中西 清起   75 (1984-1996) 477
40 * 薮田 安彦  67 (1996-2012) 520



佐々木主浩さんはメジャーリーグでの129セーブの記録を足すと、

252 + 129 = 381 

ということで、合計381セーブです。

岩瀬投手はこの佐々木主浩さんの日米の合計の記録すら抜き去らんとする大投手です。



日本人で270セーブ以上をあげている投手がたったの3人しかいない、、、どころか、200セーブ以上をあげている日本人投手がたったの5人しかいません。


順位  投手   セーブ 実働期間  登板
1 * 岩瀬 仁紀  376 (1999-2013) 845
2 高津 臣吾   286 (1991-2007) 598
3 佐々木 主浩  252 (1990-2005) 439
4 小林 雅英   228 (1999-2011) 463
5 藤川 球児   220 (2000-2012) 562


この記録をみるだけでも、岩瀬さんの9年連続30セーブの記録が、いかにすごい記録であるかがおわかりいただけると思います。


日本人で270セーブ以上をあげている選手が、岩瀬さんを含めて3人しかいないという事実、では、岩瀬さん以外に270セーブ以上をあげている、佐々木主浩さんと、高津臣吾さんのセーブ記録が、どのような変遷をたどってきたのかについて見てみましょう。



佐々木主浩さんのセーブ数

1990 2
1991 17
1992 21
1993 20
1994 10
1995 32
1996 25
1997 38
1998 45
1999 19
2000 37
2001 45
2002 37
2003 10
2004 19
2005 4
NPB: 252 (12年)
MLB: 129 (4年)

合計: 381セーブ


4年連続20セーブ (どまり)
3年連続30セーブ (どまり)









高津臣吾さんのセーブ数

1991 0
1992 0
1993 20
1994 19
1995 28
1996 21
1997 7
1998 3
1999 30
2000 29
2001 37
2002 32
2003 34
2004 19
2005 8
2006 13
2007 13
2008 8
2010 26
NPB:286 (15年)
MLB: 27 (2年)
KBO: 8 (1年)
CPBL:26 (1年)

合計:347セーブ


5年連続20セーブ (どまり)
3年連続30セーブ (どまり)





佐々木投手も高津投手も本当にすごい投手ですが、岩瀬さんの9年連続30セーブの記録がすごすぎて、かすんでしまうほどです。


昌さんと並んでドラゴンズの偉大なレジェンドである、岩瀬さんの雄姿を生で見ることができている幸せを、ドラゴンズファンのみなさんでもっと認識し、大いにかみしめましょう。

頑張れ、岩瀬さん。















さて、試合ですが、


中日乱打戦制す!巨人連勝6でストップ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130831-00000062-nksports-base

<巨人6-9中日>◇31日◇東京ドーム

巨人先発は杉内、中日カブレラ。
巨人は3回、ロペスの17号ソロで先制。
村田は2回の右前打で、月間安打数のリーグ記録を更新。

【中日】谷繁決めた!8年ぶり盗塁

巨人は4回、ロペスが右前への2点適時打。
中日は5回、内野ゴロの間に1点差とし、6回、クラークの22号ソロで追い付いた。

中日は7回、平田の適時打など4安打で5点、その裏巨人も高橋由の6号3ランで反撃した。
中日は8回にもクラークの適時打で1点を追加し、継投で逃げ切った。
巨人の連勝は6でストップした。




今日の試合は、1回の表の先頭打者、藤井選手の成長がとてもうれしかったです。

1回の表の試合開始直後にバッターボックスに立っていた藤井選手、1番バッターの藤井選手は、6月から負けなしの絶好調の杉内投手に対し、粘りに粘ります。

その姿はまるで井端さんのように、ファウル、ファウルで粘ります。

最終的にはこの打席を高めの変化球を空振りする三振に終わるのですが、藤井選手は杉内投手に10球も投げさせていました。

初回の先頭打者として、読売のエースである絶好調の杉内投手に10球も投げさせたら、大いに大合格です。

このダメージは、2球目をヒットするよりもでかいですから。


この流れで、ドラゴンズの選手は杉内投手相手に粘り、杉内投手は3回表に1アウトしかとれていない状態で藤井選手とショクオ選手に連打され、2回1/3で球数が50球に達します。

この試合展開は、本当にウキウキしました。

高木中日を見ていて、今年初めてウキウキしました。


杉内投手は6月から負けなしの読売のエースで、負けて当然の投手ですが、どんなすごい投手でも、100球を越えるとグダグダになり、降板します。

杉内投手のような一流投手を崩すには、こういうチームプレイで、選手全体で球数を投げさせるに限るのですが、それがキッチリとできていました。

その流れを作ったのが、1回表の藤井選手の先頭打者で10球投げさせた事です。


10Kも…G杉内、6回3失点「リズム悪かった」

http://www.sanspo.com/baseball/news/20130901/gia13090105020003-n1.html

(セ・リーグ、巨人6-9中日、20回戦、巨人11勝9敗、31日、東京ドーム)
杉内は試合の流れをつかめなかった。
先制点をもらった直後の四回、先頭の和田に同点弾を浴びると、1点リードの六回にもクラークに同点ソロを許した。
今季3度目、通算58度目(歴代4位)の2桁奪三振をマークしたが、4四球と制球を乱し6回8安打3失点で降板。
6回で130球を要し
「リズムが悪かった。スライダーの引っかけが多かった」
と反省した。




結局、杉内投手は6回で130球も投げさせられ、3失点で降板します。

杉内投手のリズムを崩したのが、ドラゴンズ打線であり、そのきっかけを作ったのが藤井選手です。

その次の回に出てきた7回表、代わって出てきた青木投手から、ドラゴンズ打線は5得点します。


【巨人】杉内から負のリレー 青木も福田も江柄子も崩れた

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130831-00000243-sph-base

◆巨人6―9中日(31日・東京ドーム)
4番に入っても好調を維持する巨人・村田が、2回の第1打席に右前打を放ち、月間46安打としセ・リーグ新記録をマークした。
村田は46安打中、右方向に17本の安打を放つ広角打法で、チーム優勝に向かって9月も引っ張る。
試合は先発の杉内が6回3失点。
同点の7回には青木が大量5失点し中日に逆転負けし、連勝は6で止まった。

悔しさを押し殺した杉内は最後
「勝ちたかった」
小さな声でこぼし帰路についた。
6回8安打3失点。
代打を送られ同点で降板。
先発の役目は果たしたとも言えるが、内容は到底満足できるものではなかった。
「スライダーのひっかけが多くて、いいところに投げようとすると抜けてしまう悪循環。生命線がああなってしまうと…」
投球の半分近くを占める伝家の宝刀の制球力を欠いたのがすべてだった。

取られ方も悪かった。
先取点をもらった直後の4回先頭。
和田のソロで同点とされた。
その裏に勝ち越したが5、6回も失点を重ね再び同点とされた。
制球に苦しんでいただけに6回で130球も費やした。
「長い回を投げたい」
と意気込んでいたが、続投するスタミナはなかった。

7戦連続7回を投げ切れず
「リズムが悪くて野手と中継ぎに申し訳なかったです」
と頭を下げた。
原監督も
「辛抱はしていたけどね。点を取った後(の失点)だからね。なかなか乗りきれず、こっちのペースに引き込むことが難しいゲームだった」
と指摘した。

悪い流れは、これまで好投してきた中継ぎ陣にも伝染した。
救援で5勝、試合前まで防御率1・40との青木がストライクを取るのに苦しんだ。
7回から登板し、3安打2四死球。
1死も取れず5失点で降板し、
「しっかり反省して次頑張ります」
福田、江柄子も流れを取り戻せなかった。

杉内は5回ですでに102球。
1点リードで交代させることもできたが、川口投手総合コーチは
「そこで代わる投手ではない。責任を持って投げてもらう投手。先発として長い回を投げてもらわないと」
と厳しかった。
杉内は
「直球はそんなに悪くないということだと思うんだけど…」
と首をかしげた。
先発の柱だからこそ、皆を納得させる投球を見せないといけない。




一流投手の杉内投手を引きずり下ろし、中継ぎ投手から得点する、見事なチームプレーでした。

全く見事なチームプレイ、高木中日は相変わらず中継ぎ投手を酷使しているけれども、今日の試合は本当に見ていて楽しかったです。

特に1回表の藤井選手の10球粘りは、藤井選手の成長を見た感があり、本当にうれしかったです。

今シーズンの藤井選手は、守備も良いし、覚醒の年になったのではないでしょうか?

ドラゴンズファンとして、藤井選手の覚醒は本当にうれしいです。

まさか藤井選手が大島選手をおびやかすほどの存在になるとは思いもしませんでしたが、ドラゴンズファンは藤井選手のこんな姿を待っていたのではないでしょうか?

今日の試合は、そんな藤井選手の姿を見れたのと、そういう試合の流れを作った藤井選手の粘り、そしてその結果が見事に結実してあの大投手杉内を打ち崩したのを見れて、今年初めて野球を見ていて楽しかったです。

こういうプロフェッショナルのチームプレイでドラゴンズが勝利するのが一番見ていて楽しいです。

バカ試合なんていらないんです。

そして藤井選手の大成長が本当にうれしい。


タイムリーヒットを打つとベース上でドヤ顔してしまう小者の藤井選手ですが、ますます成長して、本物のプロフェッショナルになっていよいよ本格的に覚醒して欲しいです。

まだまだ藤井選手は、今年の成績は61安打の17打点、一流とは言い難いですが、レギュラーに定着して、この数字を3倍にし、180安打の60打点くらいの大活躍をするような選手になって欲しいです。






にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram














関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

岩瀬投手に対する世間の評価は低すぎると思います。おそらく、佐々木主浩のセーブ記録はあっさり抜くとは思いますが、それ以上に30セーブ=抑えで30試合登板を9年連続という点が素晴らしいです。本当に最敬礼です。

高木が寝てれば勝つ💢

打者としても使えます🌟

No title

岩瀬投手の記録はホントすごいですよね。
正直(その年、時代ごとに試合数、球場、ボールなど条件が変わるので)30セーブとかの数字自体はどうでもいいとは思いますが、岩瀬投手の数字は毎年タイトルを取るかタイトルに肉薄するほどのレベルの高い数字でしたので、それを10年前後維持し続けたということはすごすぎます。
特にこの2年は、去年は高木の毒舌で心身をすり減らし、今年は弱小チームになって登板機会自体が減ってしまってと、セーブ数を延ばすチャンスが大幅に減っていますので、そんな中でもこうしてタイトルに手が届こうかという位置にいますから、そのすごさは突出しています。
よく岩瀬投手を批判する意見として、セーブのつく場面での1回限定あるいは最後の1人にしか投げさせてないとか言うものがありますが、落合竜という毎年優勝争いをしていたチームにあっては連投も避けては通れないので、酷使による疲労蓄積、怪我による離脱を避けるには当然の起用方法かと思います。
そもそも1回だけとか1人だけという状況は、必ずしも楽な状況ではないですし、抑え投手というのは小数点差を守りきる重圧の中で投げるので、疲労度も相当なもののはずです。
それでもここまで数字を積み上げてこられたのはオフの間にしっかりとケアをしてきたことが大きいのでしょうね。
岩瀬投手がこれからどこまでセーブを積み上げていくのか楽しみです。
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。