スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田投手を破壊する高木守道と今中慎二の暴挙の件











岡田投手の酷使登板の実態について、最近検証していませんでした。

高木中日の体制下において、高木守道と今中慎二によって、岡田投手がいかにひどい酷使をされていることか・・・

事実に基づいて、検証してみたいと思います。


okadakt.jpg


5月11日より前は、以前ブログでご報告させていただいたものを転載します。
  ↓

トレーナーと高木守道は何をしているのか?の件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-52.html


3/29 vs横浜 山井0/3回、田島1回、武藤1回
3/30 vs横浜 岡田2回、小林1/3回、武藤2/3回(2連投)
3/31 vs横浜 田島1回、山井1回、岡田1/3回(2連投)、岩瀬2/3回

4/2 vs阪神 武藤1回、田島1と0/3回(イニングまたぎ2連投)
4/3 vs阪神 岡田1回、武藤1回(2連投)、山井1/3回、小林1/3回、
        小熊1/3回、田島1回(3連投)、岩瀬1回
4/4 vs阪神 岡田1回(2連投)、岩瀬1回(2連投)
4/5 vs読売 山井1回、小熊1回
4/6 vs読売 山井0/3回(2連投)、小熊1回(2連投)
        武藤2回(イニングまたぎ)、岡田1回
4/7 vs読売 岡田1回(2連投)、武藤2/3回(2連投)、小林0/3回、
        小熊1/3回(3連投)、田島1回

4/9 vsヤク 小熊1回(4連投)、岡田1回(3連投)、田島1回(2連投)
4/10 vsヤク 武藤1回、田島1回(3連投)
         小熊2/3回(5連投)、井上1/3回
4/11 vsヤク 岡田1/3回、田島2/3回(4連投)、岩瀬1回
4/12 vs広島 岡田1回(2連投)、小林1/3回、武藤2/3回、小熊1回
4/13 vs広島 武藤イニングまたぎ2回(2連投)、井上1回
4/14 vs広島 井上1回(2連投)

4/16 vsヤク 岡田2/3回、井上1/3回(3連投)
4/17 vsヤク 武藤イニングまたぎ1と1/3回 、 岡田1/3回(2連投)
         田島ロングなイニングまたぎ3と2/3回
         4イニング51球)、
         岩瀬1回 、 
         井上イニングまたぎ2回(4連投)
4/18 vsヤク 武藤1回(2連投) 、小林0/3回 、山井1回 、
         岩瀬1回(350S)
4/19 vs横浜 小林0/3回(2連投) 、
         田島1回(超ロングリリーフから中1日) 、武藤1回(3連投) 、
         岡田1/3 、 山井0/3回(2連投)
4/20 vs横浜 バーゲセン2回 、 
         田島2/3回超ロングリリーフ中1日からの2連投 、
         岡田1/3回(2連投)
4/21 vs横浜 岡田1回(3連投) 、武藤1回 、
         バーゲセン2/3回(2連投) 、
         小林1/3回 、岩瀬1回 、
         田島1回超ロングリリーフ中1日の3連投 、
         井上1/3回

4/23 vs阪神 三瀬1回 、井上1回(2連投) 
4/24 vs阪神 三瀬1回(2連投) 、
         井上イニングまたぎ1と2/3回(3連投) 、小林1/3回
4/25 vs阪神 田島1回 、岩瀬1回
4/26 vs広島 岡田イニングまたぎ2回 、三瀬1回(3連投) 、武藤1回
4/27 vs広島 武藤イニングまたぎ2回(2連投) 、
         岡田2/3回(2連投) 、田島1/3回 、岩瀬1回
4/28 vs広島 辻イニングまたぎ2回
4/29 vs読売 辻1回(2連投) 
4/30 vs読売 三瀬イニングまたぎ2回 、岡田1回 、武藤1回
5/1 vs読売 田島1回 、岡田1回(2連投) 

5/3 vs横浜 小林1/3回 、田島2/3回 、岩瀬1回
5/4 vs横浜 辻イニングまたぎ2回 、三瀬1回 、小林1回
5/5 vs横浜 三瀬1/3回 、井上1/3回 、岡田イニングまたぎ1と2/3回
         中田イニングまたぎ2回 、小林1回(2連投) 
5/6 vsヤク 三瀬イニングまたぎ2回(2連投) 、田島1回 、
         朝倉1回 、矢地1回
5/7 vsヤク 岡田イニングまたぎ1と2/3回 、田島1回(2連投) 、
         小林1/3回 、矢地2/3回(2連投) 
5/8 vsヤク 田島イニングまたぎ2回(3連投) 、
         中田1回 、岩瀬1回
 
5/10 vs広島 田島1回(4連投) 、中田1/3回 、
         三瀬2/3回 、岩瀬1回
5/11 vs広島 岡田1/3回(打者3人に2安打で降板、もう限界)、
         中田イニングまたぎ1と2/3回 、
         田島0/3回(打者3人に2安打1四球で1アウトも取れず降板、もう限界)
           しかも田島は(5連投)
         三瀬1回(2連投) 、岩瀬1回(2連投)





5月12日以降の、岡田投手の酷使状況

5/12   1回 10球
5/13
5/14 (交流戦スタート)
5/15
5/16
5/17 0.2回 12球
5/18   2回 28球 (2連投)
5/19 0.2回 14球 (3連投酷使)
5/20
5/21
5/22 0.1回  9球
5/23
5/24
5/25
5/26
5/27
5/28   1回 11球
5/29   1回 10球
5/30
5/31
6/1
6/2 1.1回 21回
6/3
6/4
6/5   1回  9球
6/6
6/7
6/8 0.1回  8球
6/9 0.1回 22球 (2連投 ・・敗戦投手に・・)
6/10
6/11
6/12
6/13
6/14
6/15   1回 20球

(交流戦あけ休み)

6/21 0.1回 10球
6/22
6/23
6/24
6/25   4回 58球 (イニングまたぎ3度で58球)
6/26
6/27
6/28
6/29
6/30 0.2回 10球
7/1
7/2   2回 36球 (イニングまたぎ)
7/3 0.1回  4球 (イニングまたぎ翌日に2連投酷使)
7/4 0.2回  8球 (3連投酷使)
7/5
7/6
7/7
7/8
7/9 1.1回 30球
7/10
7/11
7/12
7/13
7/14
7/15   6回 94球 (100球投球などの予行演習ゼロでいきなり先発投手をやらされ敗戦投手に・・・)

(オールスター休み)

7/25   5回  59球 (先発投手を2回で降板させた影響で5回も投げさせられる)
7/26
7/27
7/28 0.2回   8球 (5イニング59球も投げさせられたのに中2日で登板させられる)
7/29
7/30
7/31
8/1    2回  28球 (イニングまたぎを1度)
8/2
8/3  2.1回  39球 (イニングまたぎ1度の後、中1日でイニングまたぎを2度もさせる酷使)
8/4
8/5
8/6    1回  13球
8/7
8/8    2回  49球 (イニングまたぎで約50球も・・)
8/9
8/10   1回  17球 (約50球も投げさせられたのに中1日で登板させられる)
8/11 0.2回  14球 (2連投 ・・あげく敗戦投手に)
8/12
8/13
8/14
8/15 1.2回  42球 (イニングまたぎで42球)
8/16 0.2回   4球 (前日42球も投げさせられているのに連投)





以上、岡田投手の酷使は誰の目から見ても明らかで、特に7月と8月に入ってからの連投とロングイニングを立て続けに投げさせる今中慎二のやり方は本当にひどいです。

高木守道と今中慎二は、岡田投手の球数がすごいのに大した登板間隔もあけずに投げさせたりするのを平気でやったりします。

こういう事を繰り返されるたびに、見ていてヒヤヒヤします。


imanakatakagi.jpg



そもそも、中継ぎ投手というものは投球練習を1試合に何度も何度も行います。

特に高木中日においてはいい加減な起用だらけなので、何度も何度も何度も投球練習をさせられているはずです。

そのたびに20球から30球ほど投げ込みます。

それだけに、中継ぎ投手の連投はできるだけ行わないように慎重に行わないようにしなければなりません。


asaoblpen.jpg



イニングまたぎもなるべく行わないようにしなければなりません。

そんな常識が、高木中日の体制には一切ありません。


以前も言いましたが、岡田投手は甲子園の怪腕などと報道されたドラゴンズ期待の本格左腕投手としてドラフト1位で指名した大事な大事な超一流の投手です。

断じて高木中日のようなザコ政権で安っぽくこき使われていいような投手ではありません。


okadachiben.jpg

okadadra1.jpg



中日新聞社は岡田を酷使していないかのようなデマを流布しては選手をつぶすのはやめもらいたいものです。

昨年田島が酷使されすぎて、今年田島がつぶれているのを見て何とも思わないのか??と中日新聞社の常識を疑います。

どうしてこう中日新聞社の社員のやることは、やることなすこと全てがインチキで大バカなのか、不思議でたまりません。

どうしてここまでインチキな事がやれるのか?中日新聞社の社員は本当に腐りきっています。

物事の本質が見えず、物事の真実がわからない、坂井克彦がごときインチキじじいの操り人形になり下がって、本物の社会のゴミじゃないですか・・・本当に悲しいですね。


それでなくとも中日新聞社の社員はブログからパクって記事を書いたり、


中日スポーツの伊藤哲也という記者がパクリ記事を書いている件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-50.html


日常的にくだらない記事を書いたり、


ブログの記事をパクった中日スポーツの伊藤哲也くんが、古臭い中日を懐かしんでいる件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-69.html


坂井克彦の大嘘の肩棒をかついて大嘘記事を堂々と書いたり、


中日新聞社の社員による八百長会議の件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-154.html


名古屋グランパスのファンミーティングをわざとおとしめるような大嘘記事を書くばかりか、ツイッターまで使ってグランパスを攻撃したり、


グランパスを中日新聞社が必死に中傷している件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-156.html


中日新聞社の社員のクズっぷりがあまりにもひどく目に余りすぎます。

これも何十度も言っていますが、中日新聞社の社員はいい加減に目を覚ますべきです。

中日新聞社の社員はまずは己の恥ずべき行為を糺すのが先であり、まずはそこから始めるべきです。

そういう中日新聞社の社員自身の大間違いの大嘘を一切恥じる事も反省することもなく、どうしようもない自分を守るために必死でインチキや大嘘を続けるなど、みっともないにもほどがあります。


特に岡田投手の酷使については絶対に看過できない重大な問題なので、特別に今回は中日新聞社の社員に講義してあげたので、深ーーーーーく反省し、よーーーーーく勉強し直し、今後は二度とバカな事を言わないようにしてもらいたいものです。


それでなくても中立的な立場で報道をしない事で有名な中日新聞社です。

昨年末にネット上でさらし上げられ、炎上しまくった中日新聞の画像があるのですが、
  ↓

chunichishinbunabe.jpg

  ↑
安倍内閣が良いのか悪いのかについてはさておき、そもそも新聞社の鉄則であるはずの、

「中立的な立場での両論併記の原則」

を完全に逸脱し、記事の内容が日本赤軍の機関紙か共産党の赤旗新聞のような偏向報道を行っている中日新聞社、完全に常識を失って暴走しまくっているのが中日新聞社という会社です。


中日新聞社の社員は、せめて岡田投手の酷使については、高木守道と今中慎二の悪行を正しく伝えてもらいたいものです。


セ、パ最下位球団の共通点 野手出身の指揮官が投手陣を酷使して…

http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20130514/bbl1305140709003-n1.htm

2013.05.14
交流戦を前に最下位に沈んだセ・パ両リーグの球団には、昨オフのコーチ人事で共通点がある。

中日は12日の広島戦(マツダ)に敗れ、入れ替わりで最下位転落。
同点の6回に3番手の田島慎二投手(23)が、1死しか取れず4失点で5敗目を喫した。
田島は6連投ですでに22試合目の登板。
「(疲れは)関係ない。使ってもらえるうちに結果を出したい」
とけなげだが、シーズン換算で81試合ペースは異常だ。

中継ぎ左腕の岡田俊哉投手(21)も、この日の登板で22試合目。
勝ち負けに関係なく馬車馬のように酷使されているが、近藤投手コーチ(44)は
「疲れているのは分かっている」
と渋い表情で話すのみだ。

昨季は高木守道監督(71)より年上の権藤博前投手コーチ(74)が、短気な指揮官と衝突してでも投手を守ったが、オフにクビを切られた。
今季の投手コーチは2人とも40代。
もはや誰も“暴走継投”を止められない。

パ・リーグ最下位の日本ハムは、オリックス戦(京セラ)に敗れて7連敗。
栗山英樹監督(52)は
「負けてはいけない試合。必死に流れを変えようとしているのだけど…。ただのバカみたいな連敗にしたくない」
と苦しげだ。

こちらも昨季は吉井理人前投手コーチ(48)が投手の心身への配慮から、指揮官に我慢の采配を求めて対立を深めた結果、オフに自ら退任を申し出た。

栗山監督の意思が投手起用でより色濃く反映される今季は、先発投手の1試合平均は5・3イニングしかない。
もちろん12球団ワーストだ。
フル回転の中継ぎ陣は調整に苦しみ次々に登録を抹消され、しわ寄せは頑丈な矢貫俊之投手(29)に集中。
25イニング2/3は先発投手たちに混じり、リーグ26位の投球回数になる。

野手出身の指揮官が
「体を張ってでも投手を守る」
という気骨を持った投手コーチのクビ切ったことで、両チームとも防御率は著しく悪化。
ワンマン体制が強まった分、立て直しも難しい。



竜・吉見、今季絶望でブルペン陣も絶望 高木監督の中継ぎ酷使に拍車必至

http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20130523/bbl1305230709001-n1.htm

2013.05.23
中日は21日、右ひじの張りを訴えていた吉見一起投手(28)が、6月4日に名古屋市内で右ひじ内側側副靭帯(じんたい)の再建手術を受けると発表。
年内の復帰は絶望となった。

吉見の右ひじはプロ入り前から抱える“爆弾”。
故障とリハビリを繰り返し、昨年9月にも戦線を離脱している。
今季は開幕投手を務めたが、4月5日の巨人戦で痛め翌日に出場選手登録を抹消。
復帰したものの、5月7日のヤクルト戦で再び異変を感じて途中降板し、抹消されていた。

長いイニングが計算できる吉見の離脱は、ブルペン陣にとっても絶望的な知らせといえる。
先発投手の見切りが早く、チャンスと見ると投手の打席にどんどん代打を送る高木守道監督(71)が、序盤戦から中継ぎ投手をフル回転させているからだ。

昨季中継ぎの要として70イニング2/3を投げた田島慎二投手(23)は、開幕から酷使され不調。
ピンチを招いて降板後、指揮官から
「ボールがみんなお辞儀しとる。あのボールじゃいかん」
と説教を食らった上、14日に抹消された。
細腕左腕の岡田俊哉投手(21)は今季1軍デビューしたばかりだが、リーグトップの25試合に登板。
吉見のほかにも先発陣は故障者が相次ぎ、中継ぎ陣のさらなる負担増は不可避だ。

“あすなき継投策”のおかげもあり、3位の横浜DeNAに0・5ゲーム差(21日現在)。
クライマックスシリーズ進出を巡る争いが激しくなる終盤戦を前に、ブルペンにペンペン草が生えなければいいが…。



  ↑
5月にこんな記事もありましたが、なによりも、酷使しながら連敗しまくる高木守道と今中慎二には、もういい加減にしてもらいたいものです。





にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram













関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

酷使の蓄積はいずれ、大きな損害を生むんだよ高木守道君(`□´)

私の諸事情により、昨日は短文で終わらせてしまったが、別に大したことではない。実は、今日から仕事で千葉県に出張へ行っているため、昨日はその準備で忙しかっただけの事だけである。

まあそれはさておき、今日の管理者様の件は私及び管理者様や中日ファンの皆様が一番、高木守道ら糞首脳陣共に訴えたい大問題である。現在、岡田に浅尾、岩瀬らがかなりの確率で酷使されているのは、皆様ご存じの通り。特に岡田は将来の中日を引っ張る存在である。見ての通り最早、イニング跨ぎに連投・・・ 見てられない惨状である。こうなると高木守道らに真っ先に言いたい事がある。

「糞首脳陣共、てめえら岡田に何をさせたいんや(`□´)?」である。

勿論、酷使されているのに我慢している岡田も岡田だ。彼には無理をせず、自分の体をもっと大事にすべきである。しかしそれよりは去年、投手陣の全権を担った権藤氏をクビにしやがった高木守道及び坂井克彦は、そんな事はお構い無しに連投、イニング跨ぎを繰り返す暴挙に出ているのである。岡田だけじゃない。浅尾も岩瀬も武藤らも同じ事が言える。今は良いかもしれないが、

「酷使の蓄積はいずれ、大きな損害を生むんだよ(`□´)!!」と言う事である。

最早、高木守道及び坂井克彦や糞首脳陣共のせいで間違いなく選手までもが被害に遭っているはずである。そして、今日の件も含めて中日ドラゴンズをこの2年で見事に醜態だけを晒す球団にし、中日ファンの皆様を馬鹿にする行為を繰り返すこの犯罪者共の罪は極めて重大である。

だからこそ、一刻も早く高木守道及び坂井克彦や糞首脳陣共をプロ野球界からの永久退場を要求しないといけない。

最早、中日ドラゴンズが再び輝くにはこれしかないのである。そして、来季は山崎以外の監督を要求したい。

長文失礼しました。ドアラの負傷が、更なる暗黒の予兆にならなければ良いが・・・

岡田くんは今季ようやく一軍に来たのに昨季の山井投手、田島投手を混ぜた感じの起用法ですね。それ以上かも。普段はロングもショートもお構いなくやらせるし、先発もやらせた。しかも1回でやめ。高木さん今中さんらはたぶん中継ぎについてわかってないと思います。僕だってわかりませんけど先発に優しくしてリリーフは勝手にパターンだけ作ってガンガン抑えてけよーって感じに映ります。近藤さんもブルペンを預かるものとしてしっかりしてほしいですが、あの人は自分がベンチにいるよりブルペンにいったほうがいいと考え、実行してしまうような人なので、たぶん発言力はあまり強くないですね。投手を守ることができてるとは言えない。一番の責任は監督にありますけど。

今中慎二という男は…

自分がやられてイヤだったことは他人にしないという鉄則が守れない最低な人間=今中慎二と言えるでしょう。

最も、高木守道は今中以上に論評する価値もなく、坂井克彦に至っては文字にすることすら価値はなく、中日新聞社に関してはマスコミという名を捨てて『週刊○話』とか『ア○ヒ芸能』と並ぶ名古屋の4流ゴシップ紙に生まれ変わるべき会社だと思います。
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。