スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西川健太郎投手プロ初勝利おめ!!あわや完全試合だった件















ドラゴンズファンの有名人シリーズ その6

竹下景子

takeshitakeiko.jpg

名古屋市東区生まれ、名古屋市緑区育ち

南山中学校、南山高校、東京女子大学卒














nishikawakentaro4.jpg


どういう訳か西川健太郎投手は、登板するたびに無援護に悩まされ、好投しつつもなかなか1勝できないままでしたが、今回あわや完全試合?という好投で、ついにプロ初勝利です。


中日西川がプロ初勝利で連敗ストップ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130731-00000079-nksports-base

<阪神0-1中日>◇31日◇甲子園
阪神岩田は1回先頭打者を出すが後続を断ち3回まで無安打投球。
中日西川も3回まで完全投球で、序盤は投手戦となった。
中日は5回、1死からクラークが右中間へ14号ソロを放ち先制。
阪神は6回まで西川の前に1人の走者も出せない苦しい展開が続く。
中日は1点を守り切り、連敗を4で止めた。
7回無失点の西川がプロ初勝利。
阪神は8回1失点の岩田の好投を生かせなかった。

nishikawakentaro.jpg




西川投手は7回裏2アウトで四球を出すまで、一人の走者も出さない完全試合ペースの完璧な投球でした。

四球の後、ヒットも打たれ、次の打者を抑えて降板、それでも7回90球1安打1四球無失点のすばらしい投球内容でした。

しかし相変わらず援護は1点のみ・・援護が少ないなら、0点に抑えてしまえば良い、といわんばかりの良い投球でした。

こういう1点差の試合で浅尾投手が登板させられ、無理して投げてるんじゃないかなと心配しつつ、無安打無失点で8回裏を3人で片付けます。

9回裏は最近疲れのたまってきた岩瀬さんが2安打を打たれつつも抑え、1-0で勝利です。


こういう展開の試合のときは、このブログではいつも言っている事ですが、今回も言わせていただきたいと思います。

「落合竜は得点差が僅差で投手で抑え込むだけの試合だからつまらない」

と言っていた人は誰ですか?

高木中日のひどすぎる采配で負けまくるよりもずっと良いでしょうに。

こういう僅差をしびれるような継投で勝つ、これもプロ野球のだいご味です。

高木中日はいつも継投を失敗するので、こういう試合のように先発投手が奇跡的な好投を見せた時しか、こういう1点差のしびれるような試合展開を目にする事がありません。

たくさん点を取って勝てる試合じゃないとつまらないというのなら、そのクレームは中日新聞社に出さなければなりません。

中日新聞社は2005年にタイロン・ウッズを獲得して以来、もう8年ほど補強を一切していないからです。

補強を一切しないままに、落合監督に試合をさせていたので、落合監督は現有戦力だけで優勝するにはどうすればいいのかと頑張って知恵を出して、2010年、2011年と連覇して見せたのです。

それを、あたかも、

「落合野球はつまらない。」

などと中日新聞や中日スポーツで大嘘プロパガンダしまくったのが、中日新聞社の恥知らずなところでした。

打ちまくって勝つチームがおもしろいのは当たり前ですが、中日新聞社が全く補強もせず、おもしろくないチーム作りをしておきながら、その責任を全て落合監督に押しつけたのですから。


今日も西川投手の好投で勝てましたが、1得点しかあげていません。

なぜ現在の高木中日は打てないのか?・・・それは中日新聞社が何ら補強をせず、にもかかわらず坂井克彦がわざとブランコを流出させ、坂井克彦が打線を貧弱にしたからです。

現在、中日新聞も中利夫などのジジイを使って、最近の貧打の責任を和田さんに押しつけたりする記事を書かせていますが、これは高木中日の貧弱打線を作り上げた坂井克彦の責任を選手になすりつけるための、いつもの大嘘記事の大嘘プロパガンダです。

高木守道も打てない打てないと選手に文句ばかり言ってないで、貧打線にそんなに文句があるなら坂井克彦に言えや、と思います。

高木中日が他チームよりも打線が弱いのは、選手の責任ではなくて、戦力となる打者を揃える事ができなかった中日新聞社の責任です。

高木守道がいつもの毒舌でマスコミの前で坂井克彦を攻撃し始めたら、晩節を汚しまくった高木守道も少しはドラゴンズファンの支持を回復させることもできるでしょう。


高木中日が始まると同時に、中日新聞社から逃げて行ったチェン・ウェイイン投手

元中日のオ軍チェンが6勝目

http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20130731-1165913.html

<オリオールズ4-3アストロズ>◇30日(日本時間31日)◇オリオールパーク
オリオールズのチェン投手が7回1/3を3失点にまとめて6勝目を挙げた。
5月に右脇腹を痛めて故障者リスト(DL)入りし、約2カ月間も戦線を離脱した。
この日は119球を投げて今季最多の9三振を奪うなど、中日時代から武器とする球威が戻ったようだ。
4連勝として完全復調を印象付けた左腕は、AP通信に対し
「米国に来てこんなにたくさん投げたのは初めてなので、ちょっと疲れた。でも、とても調子が良かった」
と話した。



chenm.jpg


チェン投手が流出したときも、中日新聞社はチェンが流出したままほったらかし、チェンの穴を埋める補強の努力は一切しませんでした。

坂井克彦は、選手が流出したら流出させぱなし。

そのツケがことしモロに出てきて、先発投手不足に陥っています。

中日の今年になっての没落ぶりがネットのあちこちで言われていますが、中日というチームを没落させたのは坂井克彦と高木守道です。


いつまでも勝ち試合は先発投手の奇跡的な好投のみ、という先発投手頼みの戦術しかなくなった現状の高木中日、たいがいにしてもらいたいものです。

今日は西川投手の奇跡的な好投で1-0で勝つ事ができましたが、阪神が3安打、ウチが2安打です。

西川投手の好投頼みのみです。


高木監督 “お手上げ”打線組み替え予告「ファームと間違えるよ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130731-00000028-spnannex-base

◇セ・リーグ 中日1-8阪神(2013年7月30日 甲子園)
事実上の終戦宣言だ。
中日は投打ともに精彩を欠き、4連敗で借金は今季最多タイの13。
打順の入れ替えについて問われた高木監督は
「明日はする。まあ、楽しみにしといて。ファームと間違えるよ」
と不敵な笑みでスタメンを大幅に若手へと切り替えることを明言した。
重苦しいムードがチーム全体を覆った。
初回1死二塁、2回1死満塁と序盤の好機を無得点で終えると、その後は淡々とスコアボードに「0」を並べるだけ。
9回、松井雅の中前適時打で22イニングぶり得点を挙げたことだけが、せめてもの救いだった。
「打てない、点取れない。あとはいつも言っとることや、私が。もう言いたない」
と指揮官は仏頂面で吐き捨てるだけだった。
▼中日・中田賢(4月29日以来の先発も6回途中4失点で3敗目)流れをつくれなかった。球数だけ放っていた。



↑昨日、あれほどの高木守道の毒舌だったので、今日のオーダーはどうなのかと思いきや、


藤井淳志
荒木雅博
平田良介
和田一浩
森野将彦
クラーク
堂上直倫
松井雅人

平田を3番に持ってきただけで、平田と森野が入れ替わっただけでした。

しかし結局2安打、安打を放ったのはクラークと、代打で出てきた谷繁さんだけでした。

高木守道の大口って、結局何の意味もないし、何ももたらさないんですよね。

いつもそうなんですが、高木守道のコメントとは一切関係ないところでドラゴンズの流れができています。

高木守道っていつもドラゴンズの勝利の流れと何の関係もないんですよね。

本当にいつも何のために監督をやっているのかさっぱりわかりません。


兎-----虎----------------------竜---星-鯉----燕 7/25

兎-------虎----------------------竜-星-鯉------燕 7/26

兎---------虎---------------------星-竜--鯉----燕 7/27

兎-----------虎-------------------星---竜鯉------燕 7/28

兎-----------虎-------------------星-----竜鯉------燕 7/30

兎-------------虎-------------------星---竜鯉--------燕 7/31


巨人 ○○○○○|○○○○○|○○○○○|○○○○○|○○○
阪神 ○○○○○|○○○○○|
横浜 ●●●●●|●●●●
中日 ●●●●●|●●●●●|●●
広島 ●●●●●|●●●●●|●●
東京 ●●●●●|●●●●●|●●●●●|●●●●●|






西川 星稜出身の2年目、甲子園出場の後輩につなげるプロ初白星

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130731-00000115-spnannex-base

◇セ・リーグ 中日1―0阪神(2013年7月31日 甲子園)
7回2死まで23人を連続アウト、中日の2年目・西川が1994年5月の巨人・槙原以来の完全試合という快記録に迫った。
結局、この回の3人目・鳥谷に四球を与え、続くマートンに初安打されたが、7回1安打無失点の堂々たるピッチングでプロ初勝利を挙げた。
「やっと1勝できた。長かったというのが率直な気持ち」
ヒーローインタビューで初々しく答えたが、昨年のプロ初先発が甲子園での阪神戦(勝敗つかず)、前々回の那覇での阪神戦では6回5失点で負け投手になっており、このカード3度目の先発でようやく結果を残した。
初回から序盤の9人中8人をフライアウトで打ち取り波に乗った。
「今中コーチに言われたストライク先行が実践できた」
と打者に対し常に優位に立ったことが快投につながった。
高木監督が
「(快挙を)やると思った」

と言うほどの出来。
「きょうは西川に尽きる」
と手放しに褒めていた。
石川・星稜出身の西川にとって、甲子園は特別な場所だ。
高校時代、自身は一度も出場できなかったが今年、後輩が6年ぶりに県大会を勝ち抜き出場を果たす。
「甲子園で勝てたのは格別。自分は出ていないので本当にうれしい」
と喜んだ、さらに
「母校を勢いづけられれば」
と後輩の奮闘を自らのパフォーマンスにもつなげることが出来た。
チームは連敗を4で止めた。
6連戦が続くが、若竜が真夏の厳しい戦いを盛り上げていく。

nishikawakentaro2.jpg




せっかくの西川投手の好投を、「やると思った」???????

西川投手が気味悪がるだろうし、縁起もわるいから、変な事言うのはやめて欲しいんですが。

高木守道という老人の悪いオーラが伝染するんじゃないかとも思うし・・



中日の2年目西川がプロ初勝利「ここまで長かった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130731-00000051-dal-base

「阪神0‐1中日」(31日、甲子園)
中日のプロ2年目右腕・西川が、プロ初勝利を挙げた。
先発した西川は、六回まで一人の走者も許さないパーフェクト投球。
七回2死から鳥谷を四球で歩かせ、続くマートンに中前打を浴びた。
しかし新井を二ゴロに打ち取って、無失点で切り抜けた。
八回は浅尾が三者凡退に抑え、九回は岩瀬が2安打を浴びながら無失点で切り抜けた。
西川は星稜高(石川)から2011年度ドラフト2位で中日に入団。
昨年は3試合に登板。
今季はここまで6試合に登板し0勝1敗、防御率4・84だった。
西川は
「やっと1勝できた。ここまで長かったというのが、率直な思いです。高校野球では甲子園に出られなかったので、甲子園で勝てたというのは格別なものがあります」
と振り返った。
夏の甲子園は8月8日に開幕。
「母校(星稜高)も出られますし、勢いが付けられるように」
と、後輩へのエールをボールに込めた。
八回からはベンチで戦況を見つめた。
九回は岩瀬が2死一、二塁のピンチを招いたが
「岩瀬さんだったので、信頼している投手の一人ですし、絶対抑えてくれると思っていました」
と、先輩への信頼を口にした。

nishikawakentaro3.jpg




入団が決まった時、あこがれの投手は吉見投手で制球で抑えられる投手になりたいと言っていて、自主トレもずっと吉見投手と共に頑張っていた西川投手。

このままドラゴンズの投手の柱になって欲しいですね。

吉見投手、大野投手、西川投手、岡田投手の左右2枚ずつで先発をして、4本柱になってほしいです。

ここに山内投手とあと外人投手が加わってくれれば、投手王国が復活する可能性もまだ残されていると思います。

残りの高木中日の余命期間で、投手がいかに酷使されないようにするかがカギですが。


nishikawakentaro5.jpg


西川投手は今日の初勝利をスタートに、吉見投手から色々なものを吸収し、大記録を樹立するようなドラゴンズの大投手になって欲しいと思います。













その翌日の記事・・・


高木監督“若手使う使う詐欺”か

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/168288/

30日の阪神戦(甲子園)に敗れた中日。
これで4連敗となり、首位の巨人とは今季最大の17・5ゲーム差、3位のDeNAにも2・5ゲーム差をつけられた。
高木守道監督(72)は
「打てない。点も取れない。あとはいつも言っていること。もう言いたくない」
と吐き捨てると
「打順を変える? 明日(31日)はするよ。楽しみにしといて。明日の打順はファームと間違えるよ」
と若手主体への切り替えを宣言した。

そんな指揮官の発案には井上打撃コーチも
「いいと思う。点差、勝負に関係なく必死にやっているヤツらがどうするか楽しみ」
この日の最終回にタイムリーを放った松井雅、それに続いて左前打を放った高橋周などの活躍に期待を寄せた。

だが、この老将の
「若手起用」
発言は額面通りには受け取れない。
両リーグ最速の30敗目を喫した5月29日のロッテ戦(ナゴヤドーム)の試合後にも高木監督は
「何かせんと我々が能がないと言われる。もう50試合も過ぎた。開幕から2か月もたっている。若い人がすぐに力を出すのは難しいけどもやってかんことには。若いヤツを使っていこうと思う」
と宣言。

チーム関係者は
「やるのが遅いぐらい。楽しみだね」
と期待したが、フタをあければ起用した若手は堂上直ただ一人。
その堂上直もわずかに4試合でスタメン落ち。
元のベテラン打線に戻ってしまい
「使うのがナオミチ(堂上直)1人だし、諦めるのが早すぎる」
と落胆の声があふれた一件があるからだ。

果たして、今度ばかりは本気なのか、それともまたも“やるやる詐欺”で終わるのか。
周囲は注目している。







竜・西川「やっと」プロ初星!被安打1

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130801-00000011-dal-base

「阪神0-1中日」(31日、甲子園)
2年目、20歳の中日・西川が満員の虎党を黙らせた。
プロ10試合目、先発では5試合目の登板でプロ初勝利。
7回を投げて1安打無失点と完璧な内容だ。
「やっと1勝。ここまで長かったというのが率直な気持ちです」

七回2死まで打者20人に完全。
ストレートの最速は143キロながら、丁寧にコーナーに投げ分ける。
21人目の打者・鳥谷に四球、続くマートンに中前打を浴びたが、
「いつか打たれるのは当たり前。ストライク先行を心掛けよう」
と開き直った。
2死一、二塁から新井を二ゴロに斬り、堂々とマウンドを降りた。

「甲子園で初勝利というのは格別な思いがある。母校も出ることを思いながら、強い気持ちで投げました」
7月28日に母校・星稜が夏の甲子園出場を決めた。
2学年下の後輩たちが現在の3年生だ。

高校時代の恩師、山下智茂・名誉監督に祝福の電話をすると、
「お互いに甲子園で勝とうな」
と言われた。
「何とか後輩に勢いをつけることができた。母校にも甲子園で勝ってほしいです」
と西川。
高校時代には縁がなかった甲子園のマウンドで、右腕は光り輝いていた。

nishikawakentaro7.jpg




弱冠20歳の中日・西川 快挙達成寸前の快投

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/168630/

<阪神0-1中日(7月31日)>
プロで1勝もしたことがなかった高卒2年目、弱冠20歳の中日・西川が快挙達成寸前の快投を見せた。
31日の阪神戦(甲子園)に先発した若武者が虎党を震え上がらせた。
切れのある真っすぐ、ツーシーム、フォークで面白いようにポップフライの山を築く。
6回まで18個のアウトのうちゴロとなったのはわずかに1つ。
さらにヒットも四球もエラーもなし。
何と6回までパーフェクトピッチングを見せたのだ。

高校時代は星稜高校でエース。
同じ石川県の金沢高校・釜田(楽天)とライバルとしてしのぎを削った。
しかし、センバツに続き夏の甲子園に出場し、150キロを超える真っすぐで一気にスターダムにのし上がったライバルにくらべ、西川は結局、甲子園には出場できず。

プロの世界でも水をあけられた。
1年目から7勝を挙げた釜田に対し、西川はわずか3試合に登板しただけ。
勝ち星はなし。
「全く意識はしていないです」
口ではそう言いながらも釜田の話題にはつい語気も強くなる。
「自分のほうが力はある」
胸に秘めてきたプライドだけが頼りだった。

そんな西川の転機となったのは昨オフ。
エースの吉見の沖縄自主トレに参加させてもらったのだ。
投手としての心得はもちろん、練習に取り組む姿勢、技術を間近で体感することで大きく変わった。

7回二死までパーフェクト投球をしていたが、21人目の鳥谷に四球。
さらに続くマートンに中前打されノーヒットノーランも逃した。
それでも7回1安打無失点の堂々たる投球でマウンドを降りた西川。
「釜田よりも西川が上」
ずっと言い続けてきたスカウトを少しだけ喜ばせた。

nishikawakentaro6.jpg






【中日】プロ初勝利・西川に星稜・山下名誉監督「うちの励みになる」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130801-00000030-sph-base

◆阪神0―1中日(31日・甲子園)
中日の2年目右腕、西川が阪神戦でプロ初勝利を挙げた。
7回2死までパーフェクトの好投を見せ、7回を1安打無失点に抑えた。
石川・星稜高出身で、国民栄誉賞を受賞した松井秀喜氏(39)の後輩。
高校時代は甲子園のマウンドに立つことはなかった西川だが、8日開幕の全国高校野球選手権大会に出場する後輩に先駆けて、甲子園での1勝をつかんだ。

星稜高・山下智茂名誉監督(68)は金沢市内の自宅で阪神・中日戦をテレビ観戦。
西川のプロ初勝利に
「勝ちましたね! きょうはボールのキレが良かった。これでプロのスタートが切れましたね」
と声を弾ませた。

西川は08年8月に父・雅幸さんが病死。
「亡くなった親父(おやじ)が一番、喜んでいるでしょう」
と感慨深げに話した山下名誉監督は、親代わりに自らおにぎりを作り、西川に食べさせていた時期もあった。
「僕は西川の負けず嫌いな性格が好きだからね」
と目を細めた。

教え子の松井氏の国民栄誉賞から、チーム6年ぶりの甲子園出場、西川のプロ1勝と明るい話題が続く。
「うち(チーム)の励みになりますね。3年生は皆、西川の背中を見てきたから」
と最後まで笑みが絶えなかった。





【夏の甲子園】星稜・北村主将、プロ初勝利の西川に「パワーもらいました」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130801-00000096-sph-base

 第95回高校野球選手権記念大会の石川県代表・星稜は1日、校内の体育館で甲子園出場激励会が行われた。
壇上の選手たちに向け、干場久男校長(59)は
「甲子園はどこが相手でも侮ってはいけないが、恐れる必要もない」
とゲキ。
1700人を超える全校生徒からの応援を受けた。

前日(7月31日)はOBの中日・西川健太郎投手(20)が甲子園での阪神戦でプロ初勝利。
前夜のうちに西川から電話で報告を受けたという林和成監督(38)は
「彼に続かなきゃいけませんね」
と襟を正した。
西川の2学年後輩で一昨年はともにプレーした北村拓己主将(3年)は、
「パワーをもらいました。日本一を目指し、1回でも多く校歌を歌えるように頑張りたい」
と誓った。
星稜ナインは3日に大阪へ出発し、4日に甲子園練習を行う予定だ。


















にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram












東京 プロバイダー

ムームードメイン




テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「ファームと間違えるよ」って高木のコメント聞いて、さて今日はどんなオーダーかと思っていたら・・・
ほとんど代わり映えのしないオーダーで期待はずれもいいところですね。現状を打破しようという意図がまったく見えないのが悲しいです。
基本的には実力のある選手がスタメンになるのが筋だと思っているのですが、シーズンも半ばを過ぎた時点でここまで打てないのであれば若手との総入れ替えもアリだとは思っていたのですが。
それとも、高木はドラゴンズの選手はみんなファーム並みとでも言いたいの?

実際打てないのは事実ですが、それをサポートするのがコーチの仕事で、選手の状態を把握した上で采配するのが監督の仕事では?
ボール球を振るなとか素人みたいなコメントを発するのがコーチの仕事ではないし、打てん打てんと愚痴ばかり言うのが監督の仕事じゃないはずなのですが・・・

兎にも角にも、今日は西川投手の好投に助けられました。
監督・コーチ人事とかは置いておいて、今後のドラゴンズを背負ってたつ投手になってもらいたいですね。

西川に土下座して詫びろ大ボラ野郎、高木守道!!

今日の試合はもう西川様々に尽きる。これまで先発を任されながら結果が出ず、高木守道の毒ガスを受けながらも耐えてようやく掴んだ白星は格別だろう。

とは言え、高木守道の野郎は昨日の試合後に「明日はファームと間違えるくらい入れ替えるよ。」とあれだけマスコミ共の前でブチまけたくらいだから、さあ今日の試合はどれだけ入れ替えたかなと楽しみにしていたが・・・

ただバッテリーと平田と森野の打順を変えただけ。私はまんまと騙されたのである。

「何が、ファームと間違えるくらい入れ替えるだ!!ただバッテリーが変わっただけじゃん!!岩崎は?高橋周平は?変わらないなら、あんな事言うんじゃねぇこの大嘘つき野郎(#`□´)!!」と私や管理者様及びまともな中日ファンの皆様は怒り心頭でこう思うだろう。

試合内容も流石、下降線を辿っているチーム同士である。虎打線は3安打無得点。一方の中日はクラークの本塁打を除けば、代打で出た谷繁の1本。計2安打のみであり、西川の完封とクラークの本塁打以外は全く盛り上がり無しの試合である。

それにしても高木守道は西川を「俺はやると思った」って・・・目も耳も老衰してる癖に何の根拠があって言えるのか。最早、貴様に対する称号は「大嘘つきのでしゃばり暗黒爺」である。最早、中日ドラゴンズが再び輝くには、一刻も早く高木守道及び坂井克彦にはプロ野球からの永久退場を要求するしか無い。かつ、中日が今勝てる方法は今日のような試合しかない。

長文失礼しました。愛工大名電、甲子園出場おめでとう!!今夏こそ私の地元静岡代表、常葉菊川と共に初戦突破しましょう!!

No title

西川投手は地元の星の一人なのでこれからもがんばってほしいし、正直言うと今の中日球団のやり方が続くならばFA取得までは長いので2、3年ほどで移籍志願して、さっさと他球団に移ってほしいさえ思っています。
と言っても、西川の素質は落合氏や森繁和氏も認めるところ。この二人に育てたいと思わせるほどの逸材なのですから、高木や今中程度のクソ監督クソコーチの下に置いておくなど文字通り宝の持ち腐れになりかねないわけで、こういう投手こそ、前政権時代に稲葉コーチとともに投手王国の土台を作った近藤コーチが手塩にかけて育てるべきだろう、とか思います。

あとは懐かしい言葉でした。DragonsDohさんの「援護がないなら0に抑える」
さすがは吉見投手を尊敬しているだけあって、しかも一緒にいることが多いだけあって吉見投手の心意気を受け継いでおります。落合氏の考え方を受け継ぐ吉見投手も「打線が打てないなら負けないためには0に抑える」(采配参照)がモットーですもんね。こういう投手が出てくるチームは強いはずなのですが、まあ、監督以下首脳陣&球団ががあの体たらくボケどもでは……

打てない時は

ピッチャーが0点に抑えれば負けないという当たり前のことをした結果です。

浅尾投手のリリーフは??と思いますが、こういう『緻密』に勝ちを拾うことこそ現在のドラゴンズの唯一の勝ち方だと思います。

まぁ、現首脳陣とアホフロントには理解できないと思いますが…。

また意味不明の入れ替え

また高木監督に騙されましたね
選手はほとんど同じでした
そういうこともあるだろうと思ってたので、そんなに驚きませんが、それよりも今日の1・2軍の入れ替えを見て、もう、コーチ連中を含め、この首脳陣では、選手のモチベーションは下がるだけだし、チームとして「戦う集団」にはならないと思いました。
「野本と福田を抹消」って・・・・・・・
何のために一軍に上げたのか?
一回でもチャンスを与えたのか?
野本も福田も落合さんが見込んでいたから?と勘ぐりたくもなります。今の大島なら野本を試してもいいと思うし、ブーちゃんを下げて、ファースト守れる福田を上げたのとちゃうの?って思います。
もう、やってることがメチャクチャで、おそらく選手も混乱して余計な神経使って疲れてるのでしょうね。
本当に酷すぎる首脳陣です。選手たちが可哀想すぎます。


ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。