スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンズの親会社はトヨタ自動車になって欲しい!の件 その6


















2月に、元ホークスの選手だった小久保氏が読売に無償トレードされた際の出来事を、本にまとめて出版されていたのが週刊誌の記事になっていましたが、


小久保裕紀氏 巨人への電撃無償トレードの内幕を初めて語る
http://www.excite.co.jp/News/sports_g/20130204/Postseven_169087.html
昨年2000本安打を達成し現役生活を終えた、元ソフトバンクホークスの小久保裕紀氏(41)が、自叙伝『一瞬に生きる』(1575円、小学館刊。1月30日発売)を上梓した。
弱小球団だった頃の悲哀や、度重なる大けが、選手生活を支えた読書……著書には、小久保氏自身の半生が赤裸々に綴られている。
その小久保氏の「半生」を語る上で避けて通れないのが、やはり2003年のオフに起こった、ダイエーから巨人への異例の「無償トレード」だ(2007年シーズンからソフトバンクに復帰)。
当時は沈黙を貫いた小久保氏だったが、自叙伝を書き終えた今、初めて当時の真相について語り始めた。

 * * *

「実は、トレードを訴えたのは僕自身なんです。ホークス以外ならどこでもよかった」
低迷期からチームを支え、“ミスターホークス”とまで呼ばれた球団の中心選手だった小久保氏。
彼をここまでの心境にさせた背景には、フロントとの埋められない確執があった。

「当時のダイエーのフロントはひどかった。外部の人間は入れない決まりの選手サロンに、夜の世界の派手な女性を連れてきたり、ヒーローインタビューに登場する選手に、彼女達と写真を撮ることを強要したり。そういうことに、私は選手会長として猛抗議してきました。フロントとしては面白くなかったでしょうけどね」

この頃のフロントは、成績と関係ないグッズの売り上げを選手の年俸の査定に入れるなどして、多くの選手から不満が出ていたという。
小久保は選手の先頭に立ってフロントに改善を求めていたが、球団側の心ない発言の数々に、次第に不信感を募らせていく。

「例えば、2003年3月6日の西武ライオンズとのオープン戦。ホームでのクロスプレーで靱帯断裂などの大けがを負ったときのことです。当初オーナーは『全額負担するから早く治してくれ』といってくれたので、アメリカで手術を受けるつもりでした。ところがその数日後に呼び出され、『あれはなかったことにしてくれ』ですからね。もうこういうフロントの下ではやれないな、と思いました」

結局、小久保氏は手術費用のほとんどを自分で支払った。
この年は全く試合に出られなかったが、チームはリーグ優勝し、さらに日本シリーズも制覇する。
しかしその日本シリーズで、さらに小久保氏のプライドを傷つける事件が起きた。

「この日本シリーズのある試合を、私の友人が見に行ったんです。席はホークスの関係者用のもので、友人の前の席には当時のフロントの人間がいた。その人間が、こういっていたそうです。
『今年は小久保がいないから勝てた。彼がいると若手が萎縮する』とね」

こうした経緯から、小久保氏は「ホークス以外ならどこでもいい」と考えるようになった。
自分の移籍先が巨人だったことや、無償トレードになった理由は知らないという。

「巨人はドラフトのとき、ホークスとどちらに行くか迷った球団ですが、自分で巨人を希望したわけではないんです。移籍先がわかったときは、縁があるのかなと思いましたけどね。結果的にホークスに戻ることになったけど、巨人に行ってよかったですよ。ポジション争いに燃えたし、生涯の友人もできました。(高橋)由伸は、先日、福岡の講演会にゲストとして来てくれました。出番はわずか30分ですが、彼が出てきたら、僕より多くの拍手をもらってました。コラ、拍手しすぎやろ、と(笑い)。巨人に行って、こんな友達ができたんですから、今から考えれば、『当時のフロント、ありがとう』ですよ(笑い)」

自叙伝は、引退後に小久保氏自身が朝5時起きで書き続けたという力作。
若手選手へのハッパのかけ方なども掲載されており、野球ファンでなくても必読の書となっている。



↑この週刊誌の記事で一番印象に残ったのは、小久保氏の、

「当時のダイエーのフロントはひどかった。外部の人間は入れない決まりの選手サロンに、夜の世界の派手な女性を連れてきたり、ヒーローインタビューに登場する選手に、彼女達と写真を撮ることを強要したり。そういうことに、私は選手会長として猛抗議してきました。フロントとしては面白くなかったでしょうけどね」

の箇所です。

現在ドラゴンズで選手をしているアライバや森野さんや和田さんや岩瀬さんや吉見投手らが、数年~十数年たって引退して本を書くようになる時期もくると思います。

そのときに、ドラゴンズの選手達が坂井克彦を始めとする中日新聞社の役員のフロントについて、どのように本を書くんでしょうか??

小久保氏と同じような内容になるんじゃないでしょうか。

たとえば、


「当時の中日のフロントはひどかった。外部の人間は入れない決まりの選手サロンに、タニマチのオッサンやオバサンを連れてきたり、ヒーローインタビューに登場する選手に、タニマチと写真を撮ることを強要したり。そういうことに、私は選手のひとりとして猛抗議してきました。フロントとしては面白くなかったでしょうけどね」


というような内容の本になるんでしょうね。

2011年の坂井克彦のガッツポーズ事件の事実は、どのように書くんでしょうかね。

当時の週刊誌の報道を総合すると、2011年に坂井克彦のガッツポーズは複数回、ドラゴンズの選手達に目撃されておりました。

初めて坂井克彦のガッツポーズが目撃された時、ロッカールームで、


「ウソだろう?本当なのか?では次の試合で負けた時に、坂井克彦がガッツポーズするかどうか、ベンチの控えの若手が、試合終了間際に坂井克彦が本当にガッツポーズするかどうか、見張ってろ。」
という話になり、後日、読売戦の敗戦直前にバックネット下の部屋で坂井克彦が取り巻きと試合を観戦している様子を、ベンチの若手選手が監視していたところ、坂井克彦がガッツポーズする瞬間が目撃され、
「本当にやりやがった!」
となり、選手やコーチ陣は、
「優勝しちゃいけないのかよ」
と激怒した、


と報道されていました。

この様子をたとえばアライバや森野や和田さんや岩瀬さんが後年、本に書くと、


「ベンチでは、直倫と達郎が坂井克彦を監視する役割になった。バックネット下の専用の部屋には、当時球団社長だった坂井克彦と、その子分の球団代表だった佐藤良平がいた。読売戦でドラゴンズが敗れると、坂井克彦は右手を大きく振り上げ、ガッツポーズをし、横にいる手下の佐藤良平がその様子を見て手を叩いて大爆笑していたという。その様子を、直倫と達郎がはっきりと目撃した。この様子がロッカールームで選手達に伝えられると、ロッカーにいる選手全員が激怒した。特にブランコとネルソンの怒りはすさまじく、『サカイユルサネエ。ミンナ、ユウショウダ!』となれない日本語でたどたどしくまくしたてると、ロッカールームにいる選手全員がひとつになった。」


とかいう内容になるんですかね。

坂井克彦はこの先も永遠にその悪行を追及され、永遠にその悪名を残すことになりますね。

ドラゴンズの一流選手が出版する本なら、日本中で発売されるでしょうし、日本中の図書館にも並べられるでしょうしね。

坂井克彦は今のうちに謝罪して出直さないと、色んな本や出版物でその悪名がこの先もどんどん出てくる事になると思うですが、それでも坂井克彦は平気なんですかね?

坂井克彦はウソついてごまかしているつもりなのかもしれないけど、はっきりいってバレバレだし、後年そのウソは次々に暴露されていくし、ますます晩節を汚す事になるだけなんですけどね。

坂井克彦が今すぐしなければならないのは謝罪で、


「ドラゴンズファンの皆さん、本当にすみませんでした。中日新聞社は経営が傾いており、ドラゴンズを弱体化せざるを得ませんでした。落合博満は中日新聞社の敵の派閥の下で監督をしているので、ああいう形で無礼な解任をせざるを得ませんでしたが、それは私の間違いでした。」


というセリフを、坂井克彦は正直にドラゴンズファンに語り、謝罪しなければなりません。

それだけが坂井克彦に遺された唯一の仕事であり、これ以外に坂井克彦がするべき仕事は何もありません。

謝罪し、辞任する、それが坂井克彦が汚した晩節を自らクリーンにする唯一の手段なのです。

そこまですればさすがにドラゴンズファンも坂井克彦を許すでしょう。

今のままでは、日本中のどこへ行っても、白い目で見られるだけです。

「プロスポーツ球団の社長のクセに、わざと負けるチーム作りをし、一千万人のドラゴンズファンをだまし、あるいは絶望させた詐欺老人」

というのが坂井克彦の現在の肩書であり、ドラゴンズファンの詐欺老人にいだく怒りは、坂井克彦が謝罪するまで続くことになります。

坂井克彦はガッツポーズ事件とドラゴンズ弱体化破壊工作を謝罪して、さっさと辞任引退した方が自分のためになると思うんですが。

そうしないと、死んだ後も坂井克彦という名が、少なくとも名指しでなくとも、「当時のフロントは、・・」 という記述でドラゴンズの選手達の本に悪名高い醜悪な老人として登場することになるんじゃないですかね。


落合監督みたいな天才監督が出てくる事はもうほとんど不可能でしょうし、中日新聞社のようなド貧乏な弱小ローカル紙がいつまでも合併会社の派閥をひきずって足を引っ張り合うからこういうことになるわけで、すんありとトヨタ自動車がドラゴンズの親会社になってくれればこんな問題も起こらない訳です。


そもそもドラゴンズで起きている問題の全ては、

「みんな中日新聞社の貧乏なのが悪いんや!!」

というところから始まっているので、大金持ちの地元企業であるトヨタ自動車がドラゴンズの親会社になって欲しいです。

後年になってドラゴンズの選手達が揃いもそろって本や雑誌で親会社(中日新聞社)の悪口を言いまくるという状態は、ドラゴンズファンとしても非常にしんどいです。

ドラゴンズというチームも、そして親会社も素直に応援できる会社であって欲しいですし、すんなりとトヨタ自動車がドラゴンズの親会社であって欲しいです。


toyotalogo3.jpg












高木守道のいつものいい加減などうでもいい発言がドラゴンズの選手をかきまわしているなか、



【中日】周平、残り49試合スタメン!高木監督“心中”だ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130805-00000179-sph-base

中日・高木守道監督(72)が5日、CS圏内の3位以内確保へ、高橋周平内野手(19)と“心中”することを決めた。
残り49試合を、スタメンで固定して戦う。

6日のヤクルト戦に向けて浜松入りすると
「遊撃は周平? 今のところそれしかない。最後まで出したいとは思ってる」
と言い切った。
ここ2試合は本職の三塁から遊撃を任せている。
右足首を痛めて離脱している遊撃・井端が、今週末にも1軍合流の見込みだが、二塁で起用するプランも披露。
「守備に少々目をつぶっても、バッティングを生かさないかん」
と遊撃でゴールデングラブ賞7度のベテランを動かしてまで、将来の主軸候補を育てる覚悟だ。

高橋周は今季初安打をマークした7月30日の阪神戦(甲子園)から、出場5試合連続安打を放つなど18打数8安打と絶好調。
スタメン出場が始まった1日からは4連勝と“不敗神話”を築きつつある。
休日返上で浜松で汗を流した2011年のドラ1は
「残り全部出るつもりで頑張ります」
と力を込めた。
伸び盛りの19歳が、逆襲のキーマンになる。

shuheikkhi.jpg






守道監督決断 周平使う、CSも行く

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201308/CK2013080602000098.html

周平をシーズン終了まで先発で使う!!
中日・高木守道監督(72)が5日、4試合連続スタメンの高橋周平内野手(19)を今後も先発起用していく方針を明かした。
指揮官はクライマックスシリーズ(CS)出場権を勝ち取る目標と同時進行する形で、将来の主軸育成に着手。
一方、高橋周も浜松球場で志願の練習を行い、レギュラー奪取を誓った。
2013年8月6日

shuheihkbr.jpg




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


【中日】高木監督、4タコ・周平「明日は出さん」ナゴヤD負け越し危機

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130808-00000032-sph-base

スポーツ報知 8月8日
◆中日3―4ヤクルト(7日・ナゴヤドーム)
竜党の大歓声は一瞬で落胆に変わった。
9回に1点差と迫り、なおも1死満塁。
何度も劇的な幕切れを飾ってきたナゴヤD。
サヨナラの機運は一気に高まったが、ルナ、和田が力ない飛球を打ち上げ試合終了。
顔を紅潮させた高木監督は会見場に入ることも拒み、通路で
「最後なんか絶対サヨナラのケースやない? ルナときたら、何であんな絶好球をあんなとこ(浅い右飛)しか飛ばんのや」
と怒りをぶちまけた。

最大の強みだった名古屋での“神通力”が薄れつつある。
地元・愛知出身の八木に好投を許し、ナゴヤDでの試合は4連敗。
これで21勝22敗1分けと黒星が先行した。
ここ3年連続で貯金20以上を稼ぐなど圧倒的な強さを誇ってきた本拠地で、11年ぶりとなる負け越しの危機だ。

期待のホープも不発に終わった。
2年目・高橋周は2度の好機で凡退するなど、4タコ3三振。
5日に全戦スタメン起用を明言していた指揮官も
「アカンね。明日は出さん」
と、2試合で前言撤回する始末だ。

巻き返しには本拠地での白星量産が欠かせない。
高木竜の正念場だ。




たったの3日で、まさに「舌の根も乾かぬうちに」とはこのことですね。

昨日いただいたコメントが素晴らしい至言でしたので、このコメントをお借りしたいと思います。


「周平は使わん」って????

http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-207.html

昨日の試合後、頭に血が上った監督は「もう周平は使わん」と言ったそうですね。
直倫の時も、結局は続かず…。
ほぼすべてのドラゴンズファンが「またかよ」シラけています。
あの監督には人を育てることはできないでしょう

世間では落合政権は若手を育てなかった、と言う人もいますが、それは間違いでしょう。
平田や大島以外でも、タケや野本、直倫が何度もお立ち台に立ちました。
藤井のルーキーイヤーに開幕スタメンで使ったのは落合さんです。
落合政権で若手がレギュラーをとれなかったのは、ベテランがすごすぎたからです。
しかし、そのベテランが力が落ちたときに備えて鍛えられていたと思います。
だからこそ、井端が欠場したときに、直倫が立派に穴を埋めたのです。
現体制になってから、それができないのは、日頃からそういう鍛え方をしてないからでしょう。
平田を1番で使うのも、一体、長い目で彼をどういう選手にしたいのかがまったくわかりません。
先を考えて、周平と平田を3,4番で使ってほしいですね。

横浜で3連勝したときはしゃいでた指揮官を見て、もう絶望的な気持ちになりました。
落合さんが監督の時、巨人や横浜に対して
「狭い球場なら雑なバッティングをしててもHRや長打になる。でも、その感覚でナゴヤドームに乗り込んでくるから、バッティングを狂わせる。だからジャイアンツが東京ドームで大勝してナゴヤに来るときはうちのチャンス」
というような話をされてましたね。
高木や彦野は解説者時代に何も勉強してなかったみたいです。

昨日も今日も、安打数では勝ってるのに試合には負けました。
打力が弱いチームなのに、ナゴヤドームの戦い方が全くわかってない首脳陣です。
それを棚に上げて選手のせいにして・・・。

今日は気持ち悪い赤ユニ配布ですか…

管理人さんと同様、この頃、落合時代の映像をYoutubeでよく見ます。
今の数倍、強さと活気と明るさを感じます。
過去を懐かしむのはよくないのですが、現状があまりにも酷いので、どうしてもそうなってしまいます。



落合監督の、

「狭い球場なら雑なバッティングをしててもHRや長打になる。でも、その感覚でナゴヤドームに乗り込んでくるから、バッティングを狂わせる。だからジャイアンツが東京ドームで大勝してナゴヤに来るときはうちのチャンス」

というコメントは知りませんでした。

それに引き換え高木守道は横浜スタジアムでたまたま3連勝して大はしゃぎして、その直後に2連敗し毒舌をまきちらし、周平の起用方法をあっさりと変更し、若手を育てるつもりは全くありません。

何も考えず適当に試合運びをし、借金を10にし、周平をもつぶしかねないいい加減さです。

高木中日になってから、直倫も野本も剛裕もお立ち台に立たなくなりました。

高木守道は若手を全く育てていません。


高木監督 あ~ぁ「きのう、きょうとルナが打ってりゃ勝ってるんや」

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/08/kiji/K20130808006375060.html

◇セ・リーグ 中日3-4ヤクルト(2013年8月7日 ナゴヤD)
9回裏は1点差に迫り、なお1死満塁で打席には中日・ルナ…。
願ってもない場面だったが、頼みの4番が浅い右飛。
和田は三邪飛で、サヨナラ勝ちの夢は霧散した。

敵地での5連勝後、ホームで最下位・ヤクルトに連敗。
高木監督の矛先は超優良助っ人にまで向けられた。

「最後なんて絶対、サヨナラのケース。あんな絶好球をなんであんなところに飛ばすのか。きのう、きょうとルナが打ってりゃ勝ってるんや」

打率、得点圏打率ともにリーグダントツのルナが初回2死三塁、3回2死三塁でも凡退。
守備でも失策するなど精細を欠いた。
とはいえ、左膝痛から復帰してまだ3試合目。
厳しすぎる指揮官の言葉が苦しい現状を表していた。
8月8日は高木監督の背番号にちなんだ「守道デー」。
記念日の連敗脱出は絶対任務だ。

▼中日・西川(自身の失策や2盗塁など投球以外でも課題が出て2敗目)
エラーや先頭打者への四球もあった。
自滅です。




高木守道の敗戦分析って、いっつも、

「打てなかったから」

という理由しかなく、本当はもっと複雑な敗戦原因があるはずなのに、全く何も見えていません。

こういう素人以下の分析しかできない高木守道に、まともなドラゴンズファン全員がうんざりしています。



こういういつもの高木守道の毒舌のもと最悪の雰囲気のなかで試合の始まった、8月8日のもりみちでー・・・

坂井克彦の主導で始まった8月8日の、誰も得しないモリミチデー・・・

北朝鮮の将軍様礼讃みたいな、誰も望んでいないのにゴリ押ししてくるモリミチデー・・・

ドラゴンズファンの誰も望んでいない、年にたったの2回だけ読売色のユニフォームを、スポンサーに金をださせて配るという、坂井克彦プロデュースの意味不明のモエドラモリミチデー


moedorasponsor.jpg


joinusuniform.jpg


スポンサーに金をださせて、年にたったの2回だけ読売色のユニフォームを配るキモイ企画です。

坂井克彦プロデュースのこの薄気味悪い企画、わざと8月8日の北朝鮮プロパガンダのようなゴリ押しモリミチデーと日程を重ね、あたかも高木守道が人気があるかのように見せかけるこのインチキ企画・・・

モリミチデーを、スポサーに金出させてユニフォームを無料で配布するのをやめて、ぜひ単独でやってもらいたいものです。

そうしたらナゴヤドームの観客数が何人になるのか見ものですが。




そして周平は高木守道がそう言っているのだからスタメン落ちかと思いきや、今日はジョイナスモリミチデーなので、坂井克彦から命令されたようで、周平はスタメンでした(苦笑)



散々の「守道デー」…中日 浅尾、岩瀬が打たれ3連敗

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130808-00000121-spnannex-base

◇セ・リーグ ヤクルト5―2中日(2013年8月8日 ナゴヤD)

赤が基調の中日「燃えドラ・ユニホーム」着用試合、しかも8月8日ということで、背番号88の高木監督にちなみ「守道デー」と銘打たれた試合だった。

試合前のイベントでは
「このところ負けも込んできて、随分厳しいお声もありますが、老齢の私の頭には響きます。もうちょっと我慢しとってください」
と語っていたが、浅尾、岩瀬が打たれ、ますます頭の痛い敗戦となってしまった。

1―1で迎えた6回1死一塁では、ヤクルト・石川のボークで勝ち越し点を手に入れた。だが、8回にマウンドに上った浅尾がバレンティンに右越え同点ソロを被弾。
さらに9回は岩瀬が四球や失策などで無死満塁としてしまい、川端に勝ち越し打を浴びてしまった。

浅尾は今季初失点に
「一発だけは気を付けないといけなかった。次頑張るとしか言えない」
とうつむいた。
岩瀬は四球に、バントの打球の処理を誤った失策も響き
「打者との勝負以前の問題。これでは野球にならない」
と語った。

これで浜松、ナゴヤDとホームゲームで3連敗。
高木監督は
「もう何もありません」
といら立ちを隠しきれずに引き揚げた。



高木守道の勝手な言い分である、

「このところ負けも込んできて、随分厳しいお声もありますが、老齢の私の頭には響きます。もうちょっと我慢しとってください」

の言葉は、自分に向けて言えや、という話です。

高木守道の毒舌が、我々ドラゴンズファンの大事な大事な選手達の頭に悪影響を及ぼしつつ響く方が何万倍も重大な事件なのです。

それから中継ぎ投手をさんざん酷使しまくった悪影響の方が何億倍も重大な事件です。

だからすぐにブチ切れてくだらない毒舌をぶちまける高木守道本人自身がもうちょっと我慢せえや、という話です。


【中日】「守道デー」も屈辱の逆転3連敗

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130809-00000054-sph-base

◆中日2―5ヤクルト(8日・ナゴヤドーム)

「何にもありませ~ん」
背番号「88」にちなんでこの日、8月8日は「守道デー」。
だが、最下位・ヤクルトに3連敗となる逆転負け。
今季初の会見拒否で「守道デー」は終わった。

試合前、ナゴヤDの外周で開かれたイベントで約300人のファンに頭を下げた。
「負けが込んでいますけど、あまり厳しい声は老齢の私には頭に響きますんで、もうちょっと我慢してください」
だが、そんな嘆願が、いつまで受け入れてもらえるのだろうか。

8回に浅尾がバレンティンに同点ソロ。
9回は岩瀬が自身の失策でピンチを広げ、無死満塁から川端に勝ち越し2点打。
指揮官が交代を告げるためにベンチを出ると、多くのファンは帰路に就いた。
試合前のイベントでは怒声を猶予してもらう“代償”として、高木監督は
「必ずAクラスに入りますんで」
と約束していたが…。




散々“守道デー”…高木監督 2秒会見「もう何もありません」

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/09/kiji/K20130809006381030.html

◇セ・リーグ 中日2-5ヤクルト(2013年8月8日 ナゴヤD)

悲劇の記念日だ。中日・高木監督の背番号88にちなみ「守道デー」として行われた8月8日の試合。
昨季は吉見の完封で2―0の勝利を飾ったものの、指揮官の契約最終年の今季は浅尾、岩瀬の必勝リレーコンビが打たれる最悪の結末となった。

「もう、何もありません」
とひと言だけ残し、質問をさえぎるように両手をパンと叩いてきびすを返した高木監督。
わずか2秒の会見がショックの大きさを物語った。
2―1の8回に浅尾がバレンティンに痛恨の右越え同点ソロを被弾。
右腕の今季9試合目での初失点だった。
9回には岩瀬が四球と自身の失策絡みで無死満塁のピンチ。
ここで川端に中前決勝2点打を許し、1死も取れずに今季初KOだ。

試合前「守道デー」の一環でドーム前で行われた「氷の彫刻」の除幕式に出席した指揮官。
「このところ負けも込んで、厳しい声もありますが、老齢の私には頭に響きます。どうかもうちょっと我慢しとってください」
と嘆願したにもかかわらず、厳しいヤジを助長させるような3連敗。73歳監督の苦悩の日々は続く。

▼中日・岩瀬(9回から登板も、1死も取れず今季2敗目)
先頭の四球、バント処理。
バッターと勝負以前の問題。

▼中日・井端(右足首痛から15日ぶりに復帰も代打で一邪飛)
足は大丈夫。
あしたからは守備もやりますよ。




浅尾-岩瀬の方程式崩れ高木監督赤っ恥

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130809-1170514.html

<中日2-5ヤクルト>◇8日◇ナゴヤドーム

中日高木守道監督(72)の背番号88にちなんだ8月8日の「守道デー」で、散々な3タテを食らった。
赤の燃竜(もえドラ)ユニホームをまとった今季最多3万8203人の声援むなしく、1点リードの8回に浅尾拓也投手(28)がバレンティンに同点被弾。
9回は岩瀬仁紀投手(38)が川端に決勝の2点打を浴びるなど3失点。
浅尾は9試合目の初失点で岩瀬は38試合目で初のKO降板と、方程式が崩れ去った。

主役の高木監督は
「もう何もありません!」
と言うや、両手を「パン!」とたたいた。
今季最短の1秒会見で質問を受け付けなかった。
赤の戦闘服同様、顔は真っ赤っか。
ホームで最下位相手に喫した赤っ恥に怒り心頭だった。

復帰予定の井端が試合前に右肩を痛め、前日
「明日は出さん!」
と先発はく奪を明言した高橋周を継続起用したが不発に終わった。
わずか3安打、相手のエラーとボークによる2点で勝つのは、おこがましかった。

試合前は守道節全開だった。
「随分厳しいお声もありますが、あんまり厳しい声ですと老齢の私の頭には響きます。もう少し我慢していただければ」
守道デーのイベントでファンにあいさつ。
ヤジはご勘弁願う代わりに
「必ずAクラスに入るように頑張ります」
と約束した。
広島も敗れて3位タイは変わらないが、敵地5連勝、主催6連敗のちぐはぐさ。
出よ救世主、出よ孝行息子!




5連勝中の4試合のうち連投も含めて3試合投げさせられた浅尾投手、そして4連投の悪影響がモロに出た岩瀬さん・・・

高木守道率いる高木中日が勝てる試合を落としまくっているだけです。

最下位のヤクルトに3連敗して、これでヤクルトとの対戦成績を3つ負け越した高木中日・・・ほんまにアホやなーと思います。


まさに北朝鮮プロパガンダのゴリ押しモリミチデーらしいしょうもない結末といえます。





にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram
















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

罵声

高木は甘ったれてますね。厳しい罵声を浴びたくなかったら、落合以上のものをみせろや!粛々と高橋周平を起用し黙っていればいいんです。

坂井のような社長がいたら中日も近い将来ダイエーのようになるでしょう。トヨタなら安心ですね。

最早、言語道断だ!!

今日の試合?最早、論ずるに値しない。「守道デー」も今日が8月8日で高木守道の背番号が88であるだけの事だろ?しかしそれより

「中日の癌、高木守道のデナベイ戦からの醜態及び毒舌の数々に最早、私の怒りはマグマが噴火する直前まで来ている」

先週のデナベイ3連戦に関しては見ての通りである。打ちまくったが投手陣も散々であるにも関わらず、高木守道は「30連勝打線」だのと訳のわからない浮かれ発言に終始している。昨日の我愛陳偉殷氏の落合名監督が「狭い球場だと雑な打撃してもホームランや長打になるが、その感覚でやると(ナゴヤドーム等の)広い球場では打撃が狂う。」と語った通り(我愛陳偉殷氏よ、グッジョブ!!というよりそのコメント、どこで知ったのか知りたいが・・・)、浜松で完封負けして昨日、今日といつもの中日に戻ってしまった訳である。そしてあのコメントこそが黄金時代を築いた落合名監督と醜態だけを晒す高木守道との差である。

そして、守道の毒舌には毎度毎度聞いて呆れる。浜松では平田や大島らを批判し、昨日は好機で打てなかったルナを批判し、高橋周平をバッサリ切り捨て、経った2日でスタメン剥奪宣言と奴の采配ミスが大半なのに良くもまあ、あんなことが言えると思う。彼らに助けられた試合が大半なのに・・・(#`皿´)。そして今日は試合前に「罵声は老齢の耳に響く」と言った。そんなに響きたくないなら、私がその方法を教えてやる。

「坂井克彦と共に今すぐ辞任しろ、高木守道(#`□´)!!」である。

最早、中日ファンの堪忍袋の緒は奴等の知らないところでキレていて、それが爆発するのも時間の問題である。最早、言語道断!!中日ドラゴンズが再び輝くには「高木守道及び坂井克彦の即刻退場」これしかない。

非常に長文でした。ご清聴ありがとうございました。今すぐ辞めろ、高木守道及び坂井克彦!!最早、貴様ら犯罪者共に人徳などない(`□´)!!

No title

実のところ、(高木にビジョンがあるとはまったく思わないけど)1番・平田は私は去年からずっと(とあるサイトで)推奨してきた打順だったりします。平田はフリーマン。どんな投手が相手でも物怖じせずに振り回し、足も遅くない(むしろ速い?)ドカベンの岩鬼のようなタイプなので、ジャブやボディーボローではない文字通りの『先制パンチを喰らわせることができる』切り込み隊長として申し分ないだろうなと思ってましたから。
まあナゴヤ球場でしかプレイしていない彦野は何か勘違いしている節があって平田と自分が被るのだろうけど、平田はナゴヤドームでもライトスタンドに放り込めるから、ちゃんとしたコーチ(井上コーチとか宇野コーチとか)が指導してやらないといけないのにいつまで出しゃばっているのかと嘆かわしくなります。まああと二ヶ月の我慢と信じたいですね。

2003年の小久保の行は知ってました。当時、私は鷹党でしたので、小久保の無償放出はダイエー球団フロントの酷さの産物だったことと、小久保はオブラートに包んでますけどナベツネのごり押しに高塚がモミ手をして渡したとかで。これがきっかけで鷹党を離れて竜党に転身したのですが、今の中日球団は本当に当時のダイエー球団と被ります。トヨタとは言いません(無理だし)けど、グリーとかがドラゴンズを買収してもらえないものだろうか、とか考えます。DeNAがベイスターズを買収したんだし。もっともグリーの場合だと名古屋からはドラゴンズは旅立ってしまうでしょうけどね。名古屋のタニマチなんぞにグリーが媚を売るような真似はするつもりないだろうし、と思ってます。

No title

昨年のシーズンが終わったときの「連覇中のチームだからもっとできると思った」という高木のコメントがずっと頭から離れません。


こんな投げやりな、かつ選手のせいにする監督に仕えなければいけない選手が可哀想にすら感じたコメント。


そして、その言葉に矛盾するかのようなキャンプのぬるま湯化。


「高木守道ならできる」と思っていた極少数であろう人たちの期待も裏切るこの体たらく。


現状のチーム状況や高木監督のコメントを目にして、擁護する方や応援を続ける方は、よほど辛抱強い方か、よほど落合監督を認めたくない方か、高木監督のまわしものか、くらいしか考えられません。


毎試合後に発せられる、誰もが予想のつくどうでもいい高木監督のコメントなんか、記者が読者に監督批判させるために掲載しているのではと思えるくらい、残念なものです。


先日、「落合語録」を読みましたが。一つ一つがそれほど長くないコメントだけれど、禅問答のように響く言葉の数々。その一言に秘められたあらゆるメッセージ。


「あといっぽんでとれば勝った」「叱ってやった」「打ち上げてるだけで、いつも同じやん」「○○はもういらん」。。。。。


「高木語録」じゃ、ページも内容も薄っぺらいものしかできません。その前に誰も買わないだろうし、いやそのまた前に、企画すらでないと思いますが、いかがでしょう。


なんか選手起用が自己満足になってる高木政権において、苛烈な練習もせず、ポジションを奪い取るわけでもなく、与えられる状況で若手は成長するのでしょうか。しかも、一部の選手を優遇しているような感じですし。


もし周平が将来的に大成したときには「俺がつかったから大成した」とかもいいそうだし。。。。


がっかり感いっぱいの2年間が早く終わって欲しい今日この頃です。


No title

管理人様
つたないコメントを採りあげていただき、恐縮です
私を含めた多くのドラゴンズファンが思ってるだろうことを書きました

落合さんの件は、テレビ局は忘れましたが、長島一茂さんとのインタビューで、確かナゴヤドームで何であんなに勝率がいいか、という一茂さんの質問の時に、ああいう内容のことを話していました。(記憶違いだったらすいません) Youtubeでは削除されてしまったようですね(少し前まではあったのですが…) それ以外でもどこかで聞いたことがあります。

あと、すごく落合さんの言葉で印象深いのは、ランナー1塁でエンドランをかけるかどうかの大きな判断材料の話で、一塁手が右利きか左利きかで違う、右利きの時の方が成功する確率が高い、というものでした。
今のベンチでそんなこと考えてるようには思えません。

今の首脳陣に対して一番物足りなく思うのは、ジャイアンツみたいに選手層が厚くもないのに、個々の選手の役割を明確化せず、"何となく"使ってることです。落合さんの時の、英智や達郎、少し古くなりますが川相(現巨人二軍監督)や柳沢捕手や渡辺(現コーチ)のような存在が、今のチームにいますか? 総合力で劣るのに、スペシャリストも育成しない。
投手でも、小林正や鈴木に明確な役割を与えず、岡田や小熊も、勝ち試合であろうが負け試合であろうが使い、早いときは4回くらいから使い次の日は8回にセットアッパー・・・・。もうむちゃくちゃです。投手陣が軒並み不調なのは、「心の準備(自分の出番に向けて気持ちを高めていく)」ができないのが大きな要因だと思います。

昨日でも、9回、岩瀬が打たれたことよりも、もし抑えていたら同点で延長なのに、その後の継投をどう考えてたの? という疑問がぬぐえません。聡文やマドリガルが「よし、俺の出番だ」と思ってるのに「P,岩瀬」・・・。で、岩瀬が「え? 俺?」って思って、聡文やマドが一旦落ちたモチベーションを、また作り直すようなことが、今まで何回もありました。こういうのは、本当に疲労が溜まります。

「気持ちよく仕事をさせる」ことを考えない上司は失格です

 ※ 長々とすみません


 

グリー

グリーでいいと思います。

トヨタ

うちの家族のクルマは全部トヨタです、俺だけクルマ持ってないけどね🚙
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。