スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤良三の知らぬ存ぜぬが大騒ぎになっている中、やっぱり坂井克彦とかぶっている件















インチキ老害、加藤良三の責任転嫁トカゲの尻尾切り問題発言の騒ぎが、だんだん大きくなってきています。


あきれた謝罪会見…加藤C「知らなかった」
http://www.sanspo.com/baseball/news/20130613/npb13061305060006-n1.html
あ然、ぼう然の開き直りだ!
プロ野球で使用する統一球を今季から飛びやすく変更しながら公表していなかった問題で、日本野球機構(NPB)の加藤良三コミッショナー(71)ら幹部と統一球の製造元であるミズノが12日、東京・内幸町の事務局で会見を行った。
同コミッショナーは前日11日まで仕様の変更を知らなかったと驚きの釈明。
混乱を招いたことなどへの謝罪の言葉は口にしたが
「これは不祥事ではない」
と開き直り、辞意を否定した。
会見ではミズノとともに統一球の変更を進めてきた下田邦夫事務局長(59)が辞任を示唆した。
説明責任はおろか誠意すら見せなかった。
午後8時から始まった加藤コミッショナーによる約50分間の記者会見。
駐米大使まで務めた71歳にとって10台以上のテレビカメラの前で、100人以上の報道陣に対して釈明するのは屈辱以外の何物でもなかった。
蒸し暑い会見場で時に声を裏返らせ、時に顔を真っ赤にして保身の言葉を連ねた。
「昨日(11日)まで全く知りませんでした。これは不祥事ではない。(下田事務局長ら部下から)ボールに変更が加えられたという説明はなかった。私がその事実を知っていたら公表したし、公表するべきだった」
開き直りともとれる謝罪の言葉は小声で無数のカメラのシャッター音にかき消された。
昨年から統一球の変更をミズノとともに進めたのは、NPB側では下田事務局長ほか、2人の職員だけ。
「2日前まで、本当に変わっていないと信じていた。選手の調整の能力を高く評価していた」
と、変更されていた事実をまったく知らなかったと打ち明けた。
元官僚で組織のトップでありながらそれを恥じるそぶりも一切、見せなかった。
そもそも“隠蔽”という批判は見当違いであり、辞める必要などどこにあるのか-というのが、加藤コミッショナーの言い分だった。
現場やファン、世間に対して混乱を招いたことについては
「おわびを申し上げます」
などと謝罪したものの、今後については
「これからは内部の意思疎通とガバナンス(統治能力)の強化に務めていきたい」
と繰り返すばかり。
進退について問われると
「私の話も聞いていただきたい」
と声を荒らげ、組織の長としての責任をどう考え、どう取ろうとしているのかをはぐらかし続けた。
その姿勢に報道陣の間には半ばあきらめにも似た空虚な雰囲気が漂った。
加藤コミッショナーが無責任な態度を取る一方で、前日11日に“飛ぶボール”への変更を
「コミッショナーの了解を取りながら進めていた」
と爆弾証言した下田事務局長は
「(11日は記憶が)混乱していた」
と一転して、自分の責任だとした。
その上で
「私の心の中では考えていることはあります」
と辞任する考えを示唆した。
世間の常識がプロ野球の非常識なのか。
知らぬ存ぜぬで通し、職を辞そうともしない加藤コミッショナーの球界での求心力が一層、低下したのだけは間違いない。

katoryozo9.jpg



私はやってない、潔白だ、という加藤良三。

事務局長が全部やった事で、私は知りませんでした、という加藤良三。

秘書が全部やりました、私は知りません、と言っている国会議員を思い出します。

加藤良三は元官僚、天下りでNPBのトップをやっていますから、いかにも永田町的なやり口とは言えます。


進退質問にイライラ…加藤C、幕引きに必死
http://www.sanspo.com/baseball/news/20130612/npb13061223270013-n1.html
プロ野球の統一球変更問題で12日、東京・内幸町の日本野球機構(NPB)事務局で記者会見した加藤良三コミッショナー(71)は矢継ぎ早の質問を受け、いらだちをあらわにする場面もあった。
「変わっていないと心から信じていた」
と、11日まで変更の事実を把握していなかったとの主張を繰り返した。
会見場には大勢の報道陣が詰めかけ、大変な蒸し暑さ。
冒頭で加藤コミッショナーは混乱を招いたことをわびた。
しかし、小声で早口に読み上げられた謝罪の言葉は、無数のフラッシュとともに鳴り響いたカメラのシャッター音にかき消された。
今回のことは
「不祥事とは思っていない」
などと毅然とした態度で答え続けたが、責任や進退について何度も問いただされると
「私の話も聞いていただきたいのですが」
と口調に怒気を込めた。
事務局の意思疎通改善やガバナンス(統治)強化を何度も口にし、幕引きに必死だった。(共同)



加藤良三はとにかく責任回避で幕引きを狙っているようです。

強引にウソをつきとおして、ほとぼりのさめるのを待つ作戦ですね。

そうかんがえると、坂井克彦はガッツポーズ事件、連覇妨害工作事件、観客動員数大激減でジョイナス大失敗、ドラゴンズ弱体化破壊工作ブランコ大放出事件、クラーク麻薬取締法違反で書類送検、などなどの事件を次々に引き起こしておきながら、次々にその事件を乗り越え、責任回避で幕引きに成功しています。

考えてみると、坂井克彦の幕引きを成功させているのは、まともなドラゴンズファンの追及の甘さ、としか言いようがないと思います。

まともなドラゴンズファンが坂井克彦に甘い顔をみせているから、坂井克彦がいつまでもつけ上がっている、という事がいえるでしょう。

そう考えると、坂井克彦の手下と評判のナゴヤドームのライトスタンドの応援団は、特に厳しく批判される存在であるといえるでしょう。


【現場の声】巨人・阿部「すごく恥ずかしい」
http://www.sanspo.com/baseball/news/20130613/npb13061305020000-n1.html
プロ野球の統一球が変更されていたことが明らかになり、球界では12日、日本野球機構(NPB)の対応に対する不満の声が上がった。

巨人・原監督
「まだ自分の中で事実関係を100%把握していない状況なのでコメントは現状、出しづらい。ただ、非常に重要な問題と受け止めている。きょうも変わらぬ、ひとつのボールで雌雄を決し、命をかけて戦う。このスタイルは変わりません」

巨人・阿部
「なぜ(発表が)今だったのか、すごく疑問。思ったよりも飛ぶな、と感じながらやっていた。ボールがどうこう、飛ぶ、飛ばない、というのはあまりいいことではない。どの世界でも同じ野球をやっている。日本だけボールで論議がなっているのは、すごく恥ずかしい」

巨人・内海
「できればシーズン前に言ってほしかった。というのが正直な気持ち。それは納得できない。しっかりNPBの人が説明して、納得できるようにしてもらいたい」

阪神・前選手会会長の新井貴
「(NPBは)大事なことをいつも勝手に決めて、後での報告になる。会話、対話をして決めていきましょうと言っているのに何で同じこと繰り返すのか。現場は困惑します」

阪神・桧山
「選手が一番(違いが)分かる。明らかに違っていた。(変更時に)発表すればいいのに、と感じていた。何でなんやろう、と思う。普通に発表しておけば何も問題はなかった。トップ(NPB)が決めたことには僕らは従うのだから」

DeNA・友利投手コーチ
「きちんとした説明がないのでよく分からないが、与えられた環境でやるしかない。(狭い横浜スタジアムでは)大きな問題になるけれど」

ヤクルト・新(あたらし)球団専務
「月曜日(10日)の実行委員会では、下田事務局長が『ボールは変えていません』とハッキリと言っていた。査定についてはそんなに影響はないと思う」

ヤクルト・小川監督
「最初にもし伝えてもらえていたら、何かしら違う練習なりがあったんじゃないかなと思います。メーカーに聞いても、一切変わっていないという一点張りだった」

ヤクルト・宮本
「去年の段階で言うべきだった。飛ぶ飛ばないではなく、言うか言わないか、という話」

広島・選手会との折衝に参加した鈴木球団本部長
「昨季中に判断をNPBに委ねたから、(球団として)こちらから聞いたこともないし、説明を求めることもない。聞いていないのは、どの球団も平等だから問題と思わない。ここ2年の契約に関して、ボールの話をした選手は一人もいない」

広島・前田健
「あまり変化は感じなかった。感覚が変わるなら先に言ってもらったらというのはあるけど、今さら仕方ない。成績が一からになるわけでもない」



現在成績が抜群に良いマエケンだけは、どうでもいいんじゃね?、と言っていますが、そういう選手はごくごく一部の超一流選手のみです。

ほとんどの選手は大きな影響を受けます。

監督の戦術も変わってくるでしょうから、これは大問題のはずです。

もっとも、高木中日みたいないい加減な試合をしている監督には無関係なんでしょうけど。

高木守道の敗因の言はいつも、

「あと一本が出ないから。」

しか言わないし、統一球の反発係数の変化にすら気づいていないでしょうね。

これが落合監督だったら、大激怒だったでしょう。


【加藤Cトーク】不祥事起こしたとは思ってない
http://www.sanspo.com/baseball/news/20130612/npb13061223290014-n1.html
プロ野球の統一球を飛びやすく変更しながら公表していなかった問題で、日本野球機構(NPB)の加藤良三コミッショナーが12日、東京・内幸町のNPB事務局で記者会見し謝罪した。
加藤コミッショナーの記者会見での冒頭発言と一問一答は次の通り。

「ボールに変更があれば隠すことではない。事実を隠蔽する意図はなかったが、混乱を招いたことはおわびしたい」

──事実を把握していなかったのか。

「(NPBの)事務局から説明はなく、昨日(11日)まで全く知らなかった。私が事実を知っていたら、NPBの方針として公表した」

──ボールについて疑問は持たなかったのか。

「プロ野球選手の能力、適応力や工夫に信頼を置いていた」

──自身の進退については。

「選手、世間に影響を与えたことは申し訳ないと思っているが、不祥事を起こしたとは思っていない」

──これまでは、ボールは変わっていないとしていた。

「批判には値すると思うが、隠蔽したということは絶対にない」

──組織としての責任をどう考えるか。

「みなさまに迷惑を掛けたことはおわびし、事務局の態勢強化に取り組みたい」



加藤良三のひらきなおったふてぶてしい一問一答を見ていると、やっぱり坂井克彦を思い出します。

この厚顔無恥、この一切悪びれていない不敵な態度、本当に最低だと思います。


katoryozo10.jpg


この隠ぺい事件の、一体どこが不祥事ではないというのでしょうか?

胸をはって大嘘をつけるこの精神、腐りきっています。

・・やっぱり坂井克彦とかぶってしまいます。


sakaikatsuhikoguts.jpg


よくそんな事が言えるな、と不思議でしょうがない事を平気で言う、無能で有害な老人たち。

世の中に悪影響しか与えない、仕事のできない無用の老人たち。

世の中じゅうの人間から白い目で見られる事も全く意に介する事もなく、悪い意味で人をだまそうとする老人たち。

誰もが、

「あ、このこきたない老人、ウソこいてるー」

と思っていて、完全にバレバレなのに、何の恥も感じない人としてのレベルの低さ。


加藤良三のニュースを見ていると、坂井克彦に関する様々なニュースを思い出してしまいます。


中日首位直後“外様”コーチ9人退団発表
[2011年10月7日8時14分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20111007-846054.html
<中日5-3広島>◇6日◇ナゴヤドーム
5連勝で5月30日以来となる首位に返り咲いた中日が、またまた異例の退団発表だ。
森繁和ヘッドコーチ(56)ら9人のコーチと来季の契約を結ばないと発表した。
全員が今季限りで退任する落合博満監督(57)の就任後に招聘(しょうへい)されたコーチ陣。
4日には石嶺和彦打撃コーチ(50)と高木宣宏投手コーチ(48)にも通告済み。
OBの高木守道氏(70)を監督に迎える来季に向け落合色の一掃ともいえる人事だが、計11人もの大量退団という異例の事態となった。
首位に浮上した中日が、9人ものコーチ陣に来季契約を結ばないことを通達したと発表した。
ヒーローになったネルソンと荒木が取材を受けた直後のインタビュー室。
入れ替わるように、坂井克彦球団社長が姿を見せ、広報部が出した1枚のリリースについて
「紙の通り今日6日、9人のコーチに来季契約を結ばないとご連絡いたしました」
と説明した。

森ヘッドコーチを筆頭に辻総合コーチ、田村バッテリーコーチ、笘篠外野守備走塁コーチとほとんどが現在1軍ベンチに入って戦うコーチ陣。
4日に同様の通告を受けた石嶺打撃コーチ、高木投手コーチも含め、これで落合監督とともに退団する首脳陣は11人に膨れあがった。
22人ものコーチを抱えるが、その半数が事実上の解雇。
いずれも落合監督の就任後に中日にやって来た面々だ。
奈良原野手コーチは現役最後の1年だけ中日でプレーしたが、発表された11人は実質的に全員が“外様”。
OB会長でもある高木氏を新監督に迎えるにあたり、落合色を一掃する人事だ。
森ヘッドコーチは
「コメントはない。分かっていたことだろ? 監督がやめるんだから」
とだけ口にした。
高木氏は就任発表後、組閣について
「私には人脈がないのでOBしか知らないんです」
とOB路線を明言している。
その発言に沿った動き。
坂井社長はすでに通告した11人以外のコーチ陣とは来季の契約を更新する方向であると明かした。
首位に立ったこの日の発表、それも試合後のタイミングは、異例中の異例。
同社長は
「4日の発表後、他のコーチ陣から早めに知りたいという要望があった。明日きちんと発表するつもりでしたが、一部に伝わって不正確な報道がされるよりはいいので」

と説明した。

ochiaimoritsuji.jpg
ベンチの中日首脳陣。左から田村コーチ、落合監督、辻コーチ、笘篠コーチ、森ヘッド



よくこんなバレバレの見えすいた事ができるものだ、と当時はあきれました。

あきれ果てました。

しかし今になって考えてみると、やっぱり坂井克彦のこのバレバレの横暴を、まともなドラゴンズファンは許してしまっています。

まともでない一部のドラゴンズファンと中日新聞社の坂井克彦一派とごくごく一部のタニマチだけが、この坂井克彦の行為に賛同しています。

そう考えると、まともなドラゴンズファンの方が多いのに、坂井克彦の横暴を結局見逃してしまい、幕引きに成功させてしまったという反省点はあると思います。

まともなドラゴンズファンが、まともなドラゴンズを取り戻すためには、もっと大きな声を出す必要があるでしょう。

坂井克彦のやっていることを、黙って見ていれば、それは結局坂井克彦を利する事になり、ドラゴンズの選手達に不幸な環境を与えるという結果を招いてしまいます。

そしてドラゴンズが弱体化するという結果も招いてしまいます。

現に、今、ドラゴンズはそうなってしまっています。

すべては、ドラゴンズファンが坂井克彦を追放する事が出来なかった事が原因です。

そういう意味で、我々にも反省点があると言えるんだろうな、と思わされる、今回の加藤良三騒ぎです。


祝勝会一人ぼっちでビールかけ 無視されたドラゴンズ坂井社長の哀れ(2011年10月21日19時24分)
http://news.infoseek.co.jp/article/20111021jcast20112110758
中日ドラゴンズのリーグ優勝祝勝会での坂井克彦・球団社長の様子が「哀れでならない」などとネットで話題になっている。
坂井社長は選手とおそろいのTシャツを着て2011年10月19日未明に開かれたビールかけに参加した。
しかし、そばに寄ってくる選手はいず、Tシャツは乾いたまま。
一人ぼっちの坂井社長が、自分で自分にビールかけをする様子がテレビで流れた、というのだ。

開始2分たってもTシャツは濡れていなかった
ドラゴンズはチーム75年の歴史の中で、史上初の2年連続リーグ優勝。
しかも、1位と10ゲーム差からの逆転優勝ということもあり、ビールかけはヒートアップ。
選手会長の森野将彦内野手が、スタートの合図を出す前にビールかけが始まるというフライングもあった。
この模様はテレビで生中継された。
選手達は、優勝の喜びで狂喜乱舞しながらビールを噴出。
あっという間に落合博満監督含め全員がずぶ濡れ状態となった。
開始2分後くらいに、カメラは坂井社長に向いた。フロアの真ん中あたりにいるのだが、Tシャツは乾いていて選手達とは対照的。
しかも、周辺に空間ができていて、誰かが近づいたという形跡がなかった。
するとビール瓶を右手に持っていた社長が、ビールを自分の左手にかけ始めたように見える光景が出現。
ネットでは
「中日・坂井球団社長、ひとりぼっちのビールかけ」
などとちょっとした騒ぎになった。
坂井社長といえば11年10月18日の対横浜ベイスターズ戦でリーグ優勝を決めたとき、ベンチからロッカーへ引き上げようとする落合監督に対し、右手を伸ばして握手を求めたものの、落合監督が応じなかった、としてネットで話題になっていた。
実は坂井社長に対し、11年9月からネットで
「解任要求しよう」
といった呼び掛けが行われていた。

巨人戦に敗れてガッツポーズ
きっかけになったのは11年9月6日に3対5で敗れた巨人戦。
なんと坂井社長がガッツポーズを出した、というのだ。
これはスポーツ各紙が報じていて、球団社長としてはあるまじき行為に選手達がフロントへの不信感を強めた、などと書かれている。
落合監督の解任を発表したのが9月22日。
首位・ヤクルトに4・5差に迫り4連戦を本拠地で戦うことになった前日だ。
さらに、リーグ争いの首位に立った10月6日、コーチ陣の大量解雇を発表している。
「まるで優勝させたくないようだ」
などとファン達が騒ぐことになった。
今回の「1人ビールかけ」を見てネットでは、
「まあ、選手と監督に嫌われてるからな」
「どのツラ下げて会場に来たんだよ」
「因果応報自業自得」
などとビールかけで無視されるのは「当然」とする意見も出ているが、
「切なすぎるから許してやれよ」
などという擁護の書き込みも出ている。



今、冷静になって考えてみると、なぜ坂井克彦はいまだに球団社長をやっていられるのでしょうか?

不思議でしょうがないです。

ここまでドラゴンズをボロボロにしたのは、まぎれもなく坂井克彦です。

高木監督を監督に据えて、ドラゴンズを弱体化させる工作をしたのも坂井克彦です。


sdakaitakagishuunin.jpg


全ての責任は、坂井克彦にあります。

今回の統一球の隠ぺい事件の責任が、加藤良三あるのと同じです。

すべての新聞やTVで、一斉に

「統一球隠ぺい問題を、これで幕引きにさせてはいけない。」

という論調一色です。

このマスコミと日本中の野球ファンからの追及を逃れる事は、もう無理なのかもしれません。

そういう意味で、坂井克彦が引き起こした数々の大事件を全て幕引きさせてしまったのは、まともなドラゴンズファンの失態としか言いようがありません。

まともなドラゴンズファンにはまともな人しかいないから、そんなに強くは追及しないのかもしれませんが。

ゆえに異常者である坂井克彦の延命を結果的に許してしまったのかもしれません。


今回の加藤良三騒ぎの一件で、ドラゴンズの抱える問題についても、改めて考えさせられました。


NPBに抗議殺到 あす12球団へ経緯説明
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130613-1141933.html
プロ野球で使用する統一球が今季から秘密裏に変更されていた問題で、日本野球機構(NPB)の釈明会見から一夜明けた13日、都内のNPB事務局には朝から抗議とみられる電話が殺到している。
広報担当者によると、8本ある電話回線にひっきりなしにかかってくる状態で、職員が対応に追われている。
メールでも12日夜までに数百本の意見が寄せられているという。
また、NPBは14日に12球団代表者会議を開き、今回の経緯を説明することを決めた。
この会議に加藤コミッショナーが出席するかは未定。
この問題は11日に行われたNPBと労組プロ野球選手会の事務折衝で発覚。
選手会から追及されたNPB下田事務局長が今季開幕から反発係数を高めた統一球を使用していたことを認め、製造するミズノ社に新球導入を口止めしていたことなどを明らかにした。
12日にはNPBが会見し、加藤コミッショナーは「まったく知らなかった」と、下田事務局長の独断で行われたと釈明した。
自身の進退問題には言及せず
「不祥事だとは思わない」
とまで言い放ったコミッショナーの“無責任会見”に、批判の声が高まっている。



プロ野球ファンをだました加藤良三と、ドラゴンズファンをだました坂井克彦が今すぐに辞めなければならないのは当然ですが、


加藤コミ会見に怒りの声 高木監督「責任は一番上が取るもんだ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130614-00000004-spnannex-base
◇統一球問題
【コミッショナー会見に怒りの声】
▼中日・高木監督 会見は見ていない。(コミッショナーが)本当に知らなかったのか、どうなのか。ただ、事が起きたら、責任は一番上が取るもんだ。

▼DeNA・中畑監督 寂しいよりがっかりした。そんなんでコミッショナーできるのかと思った人もいるんじゃないか。個人的にもそう思う。トップの人はそれなりの立場にいるわけだから。ちょっと格好悪いな。

▼ロッテ・成瀬選手会長 現場でやっている人間の気持ちを考えてほしい。トップは何も知らないで下の人間が勝手にやったということになっている。それはないでしょ。絶対に知っていると思う。



さすが高木様、素晴らしい事をおっしゃる。

じゃあ、責任転嫁コメントはやめて、今すぐに借金ふたけたの席にをとって辞めないとね。


統一球すり替え 最大の“被害者”中日 “投手王国”大崩壊
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130614-00000022-ykf-spo
統一球の仕様変更で最大の“被害者”といえば、中日をおいてほかにない。
12日の西武戦(西武ドーム)はあわやノーヒットノーラン寸前だったが、むしろ深刻なのは昨季まで自慢だった投手陣の大崩壊だ。
この日の試合も、まさに“飛ぶボール”の象徴的なシーンがみられた。
6回は1イニングに3本塁打を浴び試合を決定的にされたが、いずれも中堅から逆方向への打球だった。
中でも3発目を放ったスピリー外野手(33)は、この3ランが今季2号。打率もようやく2割に達したばかりの打者である。
こすった当たりの打球はフラフラと上がり、右翼席にストンと着弾。]
昨季までなら入っていたかは疑わしい。
高木守道監督(71)は
「やっとる方はわかっとる。別に隠すことじゃない。投手は本塁打にならんのが入ってしまうから大きい」
と、統一球の変更に警戒を強めていたが、懸念は現実のものになっている。
球団関係者は
「ウチは投手中心。打ち取ったはずが長打になるなんて死活問題」
と恨み節が止まらない。
落合博満前監督(59)は、得点力はなくても失点の少なさで勝ちきる“投手王国”で黄金時代を築いた。
その余韻が残っていた昨季も、チーム防御率はリーグ2位の2・58を誇っていた。
しかし、今季は4・09(12日現在)で同5位と大暴落。
特に先発陣は深刻で、6回を自責点3以内に抑えた割合を示すクオリティースタート(QS)率は41・7%でリーグ最下位に低迷している。
この日の先発ブラッドリー投手(27)も、6回途中5失点。
先発が試合を作れないから、負担は救援陣に重くのしかかる。
ルーキーイヤーの昨季ブレークした田島慎二投手(23)は、先発の尻拭いに馬車のように酷使され、29試合に登板、疲労がたたって防御率が7・36まで悪化。
中継ぎエースから、いまや敗戦処理という不遇をかこう。
敵のヒーローインタビューが響く球場裏で、高木監督は消え入るような声で漏らした。
「教えてくださいよ、流れを変えるの…。情けない。どうしようもない」
この夜、交流戦の負け越しが決まった。



たちが悪いなぁと思ったのは、球団関係者という名の坂井克彦が、このニセ統一球を使って、投手陣を崩壊させた高木中日の失態を隠ぺいしようとしているところです。

落合竜が優勝した2010年、まだ統一球じゃなかったのに、チーム防御率は球界で1,2を争っていました。

そういう意味で、2012年の酷使も含めて今年の2013年に高木中日が投手陣を大崩壊させているのを、統一球のせいにさせてはなりません。

ドラゴンズファンのみなさん、坂井克彦がまたウソをついています。

だまされないように、気をつけましょう。



にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram



















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。