スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルナとブランコならブランコの方が上である件
















yahoo!のコラムに、ルナに関する記事が出ていました。

ルナの戦略を明かさないクレバーさが良く出ている良い記事だと思います。

何もしゃべらなかった落合監督の方法論と同じですね。

何でもかんでも口走ってしゃべってしまえば良いってもんじゃないということを、高木守道は学習するべきですね。

しかも高木守道は有害な毒舌ばっかりだし。


トッププロ野球MLB..ドミニカ製“安打製造機”は本物か――
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/baseball/npb/2013/columndtl/201306090006-spnavi
竜から7年ぶり首位打者へ、ルナ独走中
ベースボール・タイムズ2013年6月10日
5月終了時点で打率4割 文句なしの月間MVP受賞
2013年シーズン、中日ドラゴンズに長らく縁がなかったタイトル“首位打者”に向け、好調な打撃を披露し続けている選手がいる。
頼れる四番打者として打線を牽引している新外国人のルナだ。
チームから首位打者となれば2006年の福留孝介(現・阪神)以来、実に7年ぶりである。
今季からチームに加入したルナだが、春先から強烈なインパクトを残し、早くもチームの象徴的な存在となっている。
開幕戦の第2打席で放った来日初安打を皮切りに、そこから17試合連続安打を記録すると、さらに4月26日からは球団記録にあと2試合に迫る23試合連続安打も記録。
驚異の安定感で安打を量産し続けた5月は、月間打率4割2厘と非の打ち所のない好成績が認められ、月間MVPを受賞した。
会見では
「日本の素晴らしい選手がいる中で賞を獲れたことを光栄に思う」
と笑顔を見せた。
6月9日終了時点、打率3割8分8厘、88安打はともにセ・リーグ断トツ。ここまでの59試合中51試合でヒットを放ち、うち2安打以上をマークした試合は「30」を数える。
ヒットを量産する姿は、まさに“安打製造機”と呼ぶにふさわしい。
ルナはMLB通算で339試合の出場経験を持ち、通算打率2割6分2厘、15本塁打、96打点の成績を残してきた。
来日直前にはドミニカ共和国のウインターリーグでもMVPに選ばれている(出場47試合、打率3割3厘、7本塁打、25打点)。
昨季までにメジャー通算401本塁打を放っているデービッド・オルティスらも獲得したこの賞を掲げて日本へとやってきた。
正直、キャンプ時などの前評判は良くなかったが、開幕してからの豹変ぶりに、高木守道監督も
「彼がいなくなったらどうしようもない。頑張ってもらわんと」
と、いまや全幅の信頼を置いている。

手の内を明かさないクレバーな“勝負師”
ルナの発言にはつじつまが合わないことが多々ある。
4月14日の広島戦、初回に先制タイムリーを放った際に
「初球がチェンジアップ。2球目がカーブ。次はストレートがくると思って待っていた」
と配球を読んでバッティングをしたような発言をしたと思えば、月間MVPの受賞会見では
「自分は配球を読んだ打撃はしていない。来た球をしっかりと見て打つことを心がけている」
と真逆のコメントを残している。
一見すると、一貫性のない発言にも思えるが、これは、意図的に相手バッテリーとの駆け引きを悟られまいとしてのことのようだ。
例えば、決勝タイムリーを放った5月26日の西武戦、試合後の囲み取材にて
「今日の投手(十亀)は見づらい投げ方をするので、最初はアウトになったけど、次の打席からはそれを踏まえて対応できた。しっかりとボールを見ることが大切。詳しくは“言えない”が、コースで球種が大体わかる」
と、打撃論に関わることはほんの少しだけ触れるに止めている。
拠りどころである打撃の極意は、いわば“企業秘密”。
配球を読むクレバーさはもちろんのことだが、時には周囲を欺くしたたかさもまた、ルナの“勝負師”な資質のひとつだ。

真価が問われる今後――スランプ期をどう乗り越えるか
どんな巧打者でも好不調の波はかならずといっていいほどあるもの。
ルナにとって打率4割超をマークしていた5月までが好調の時だったとすれば、今後は不調の時も訪れるだろう。
相手チームのスコアラーも少しずつデータが揃い始め、対策を練ることも可能になるはずだ。
事実、6月に入りルナの打率は少し下降線をたどり始め、6月の打撃成績は打率2割9分6厘。
得てして首位打者のタイトルを獲得する選手は“スランプ”の期間を極力短縮できるものだが、ルナはそれを実現できるだろうか。
その可能性を探るひとつの指標として、三振の種類を追っておこう。
6月9日終了時点、セ・リーグの打率トップ10に入っている選手の中でも4番目に多い38三振を数えるルナだが、その中で見逃し三振はわずかに「5」と少ない。
いまのところは積極的な打撃スタイルで結果が出ているが、当たりが出なくなってきたとき、バットが振れず、多くの外国人打者が苦しんできたストライクゾーンの違いなどが重なると、この数字が増えていくことだろう。 
中日球団は早くもルナと来季以降2年間の契約を結んだ。
打撃だけでなく守備、走塁まで高いレベルでこなせる優良選手は、いまやチームに欠かせない存在である。
ライバルチームから見ても今のドラゴンズ打線で最警戒人物に挙げられるのはルナであり、リーグ戦が再開すればマークを厳しくしてくるに違いない。
ドミニカ製の“安打製造機”は本物か――。
正念場をいかにして乗り越えていくかも含めて、今後の動向を追いたい。
<了>
(高橋 健二/ベースボール・タイムズ)




この記事にウソがあるんですが、それはルナの守備についてですね。

ルナの失策数はセリーグではワースト2位です。

ルナは守備は下手くそです。

ドラゴンズのサードのルナは、穴です。

あと走塁についても確かに一生懸命に走ってはいますが、そんなにうまいとも速いとも思えません。

ルナの走塁は一生懸命さがいいですね。

ルナのいいところは、打率が高いのと、チャンスにも憶することなく打撃に集中できるところと、何事にも全力で
プレーするところでしょう。

それは確かに素晴らしいんですが、昨年のブランコの1億6500万円の年俸よりも高い2億で2年契約を結ぶほどの価値があるとは到底思えません。

今シーズン頑張ってもどうせ来年と再来年の年俸額は変化しないし、ルナのモチベーションはどうなるのでしょうか?

このコラムにもあるように、6月になってルナの打率は2割台に落ち込んでいます。

ブランコだって入団1年目は本塁打王に打点王の2冠でしたが、その後研究され苦しみました。

しかし今は研究され尽くしているはずなのに、ブランコの成績はものすごいです。

各球団のスコアラーの研究が進んだ時に、ルナの打率がさらに上昇するとも思えず、ルナの打率は今後ゆるやかに下降していくことでしょう。

来年はもっと下降するでしょう。

さらに、ルナの契約金が年俸2億の2年契約ですが、ブランコのDeNAとの契約も2億の2年契約+出来高です。

坂井克彦は、なぜ2ヶ月間だけ活躍したルナにブランコと同額の年俸を出し、ブランコには金を出さなかったのでしょうか?

坂井克彦がルナに提示した年俸と、DeNAがブランコに提示した年俸額の差は、出来高分だけです。

ルナとブランコの実績と実力差は、本当に出来高分の数千万だけなんでしょうか?

セリーグワースト2位の下手な守備、足もそんなに速いわけでもない、

ブランコとルナの成績を比較してみましょう。


ブランコ 
打率.348 打点61 本塁打23

ルナ
打率.388 打点39 本塁打 6


blancomame.jpg



こうしてみると、ルナの年俸がブランコと同じ2億の価値があるのか、はなはだ疑問です。

金がないからブランコに適正年俸を提示しなかった坂井克彦が、ルナには大盤振る舞い。

中日新聞社として、幕の内弁当一個騒ぎとか起こして、貧乏キャラを貫きたいのか、中日新聞社としての見栄を張りたいのか、どうしたいのか、意味がわかりません。


ブランコは強奪されたのではなく、中日球団フロントによる大放出だった件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-38.html


でも考察してみた通り、坂井克彦がブランコをわざと放出したのは明らかです。

さらに、ルナに年俸2億をしかも2年契約の総額4億円で結んだ時点でブランコ放出の事実が確定しました。

坂井克彦としては、とにかく落合の直弟子だったブランコを放出したくて仕方が無かったのでしょう。


2011berrfight.jpg


坂井克彦のその行動原理は、ひとりビールかけの ”恨み”を晴らす作業をしているだけですが、もともとこのひとりビールかけで坂井克彦がイジメられたのは、優勝を妨害された選手コーチ裏方が呆れ果てて近寄るのも嫌だったという、

「自業自得」

なのであって、落合閥一掃で坂井克彦が恨みを晴らそうとするのは単なる逆切れで、非は全て坂井克彦にあります。

ルナとの契約を見ると、坂井克彦はまだひとりビールかけで大恥をかいて日本中の笑い者になった理由を、まだ一切反省していないのだという事がわかります。

まだ恨みを晴らそうとしているのかと、まだ体裁を繕おうとしているのかと。

もはや坂井克彦に、繕える体裁などどこにもないというのに。


坂井克彦はどうしてルナに年俸2億の2年契約を結んだのか、以前その理由について考えてみましたが、


中日球団株主総会でブランコ大放出の糾弾をかわず茶番がルナとの2年4億契約であると思われる件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-142.html


もうひとつその理由が思い当ったんですが、それが、ルナのリムジン送迎騒ぎです。

ブランコを大放出し、ドラゴンズ打線が貧乏くさくなったので、ルナをリムジンで送迎して高木守道にお出迎えをさせ、高級外人に見せかけようとした一件です。


高木監督2日がかりで新助っ人を超VIP出迎え
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/99176/
中日・高木監督が新外国人のエクトル・ルナ内野手(33=前フィリーズ)を超VIP待遇で出迎えた。
7日、午後10時過ぎ那覇空港に到着した新助っ人に超豪華な高級リムジンを用意。
さらに空港から約1時間ほどかけて深夜0時過ぎに到着したホテルのロビーには自らが出迎えた。
これにはルナも
「リムジンが迎えに来てくれて、監督も出迎えてくれた。盛大に迎えてくれて光栄に思う」
と大感激。
実は高木監督、到着日を1日勘違いして前夜(6日)もロビーで1時間ほど待っていたという。
2日がかりのお出迎えがようやくかない
「やっと会えた? 本当だね」
と笑顔だった。



kobita.jpg


この一件につきましては、以前、


高木くんが、こび太くんになってしまっている件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-26.html


でご報告したとおりで、年俸3000万円の外人にリムジンを出して、わざとらしい、と、坂井克彦は世間から笑われていました。

それがふたを開けてみたらルナが大活躍したので、笑われた坂井克彦がこのリムジン騒ぎの体裁を繕うために、わざと高い年俸を提示してルナと契約したのでしょう。

坂井克彦は、ルナがそういうすごい外人だったのは、最初から知っていたとでも言いたいのでしょうか?

リムジン騒ぎの体裁を繕ったつもりなのでしょうが、やっぱり違和感がありありで、底の浅い体裁作りがバレバレです。

3番ルナ、4番ブランコでドラゴンズ打線を強化したのなら坂井克彦も認められただろうに、こういう中途半端な保身のための体裁づくりしかできないのが、いかにも中日新聞社の坂井克彦らしさだと思います。

ルナはたまたま日本の野球に合う、当たり外人でした。

しかしブランコよりは下です。

ルナの本当の評価は、冒頭のコラムにあるように研究され尽くしてスランプを乗り越えた後に下されるものでしょう。




にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram


















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もそう思う一人です。

ブランコ>ルナ


やはりチーム状態が上がってこない、最下位争いをする中でのルナの首位打者と、上位争い、優勝争いをする中での三振もするが勝負を決する本塁打も放つブランコの打撃では、印象が違いすぎます。

上位争いをする中では、当然マークもきつくなるでしょうし、その中でのブランコのパフォーマンスは素晴らしかったと感じます。

やはりルナは来日するタイミングが悪かったかなとも思いますね。

高木監督の下、このチーム成績の下では、彼がどれだけ打とうが評価が上がってきません。

谷繁選手の近年にない高打率にしても、もう自分の成績だけに固執しようとして、気楽に打てているからなのではないかと思えるくらいです。

優勝争い、上位争いをする中では、とにかく投手のリードに神経を費やしていたように感じ、今でもその気持ちは微塵もかわってはいないだろうけど、やはりモチベーションは上がっていないんじゃないかと、先日の後逸?などを見ていても感じます。まあ怪我とかの影響やチームの成績が上がらない気苦労も併せてあると思いますが。

いずれにせよ、ルナの成績自体は否定するべくもなく素晴らしいものだと思いますが、印象という点で、今のチーム状態、状況、体制などから、彼は損をしているなと思いますし、ブランコの強烈な印象と比べると、やはり薄いかなと思ったりします。

あとは、早急過ぎる契約。。。。。

成績が極端に下がったら、契約破棄とかしそう→某社長

No title

そもそも自分は複数年契約には否定的なんです。
中には例外もいたかもしれませんが、大型契約を結んでいわゆる不良債権化した例が多過ぎて悪印象しか残っていません。

実は自分は昨年にブランコ選手を放出せざるを得なかった大きな要因にも、かつての主力と結んだ複数年契約が少なからず影響していたと思っています。
勿論、想定を遥かに上回る中日新聞社の凋落が最大の要因なのですが、長期契約で守られたベテランを成績相当にまで減俸出来れば、ブランコ選手分の年俸は捻出できたのではないかと忸怩たる思いを持っています。

余談が非常に長くなりましたがwルナ選手です。
難しい球を簡単に(見える様に)打つ技術は素晴らしいと思いますが、それでも3割後半の高打率をこの後も維持するとは残念ながら思えません。
キャプテンシーも込みといっても、年俸2億はいささか高額に過ぎる感があります。
一般的に野手は30代半ばから下り坂になる傾向があり、再来年の事など未知数と言っても良いでしょう。
他にも補強ポイントが多々ある現状で無駄遣いに思えてなりません。
もう既に某球団首脳の頭の中は、契約切れのベテラン陣を大減俸する事で決定済みなのでしょうかね。
ベテラン陣はますます士気を落とす事でしょう…。

No title

がんばってブランコ残せばよかったのにね
去年のブランコも途中いなかったとはいえ出せるなら2年4億ぐらい出してよかったわな
でもルナもいい選手だから残ってくれてよかった。2年4億は高いけどな。残ったことだけはうれしいわ。
監督交代やろしベテラン勢(アライバ、和田etc)の年俸も下がるやろしなんとか来年まともな監督と戦力でやりたいですわ。
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。