スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒木選手逆転タイムリーの裏で酷使継投が続いている件

















浅尾を連投酷使して破壊した権藤博が、高木中日の酷使継投をボロクソに批判している、「お前が言うな記事」 は読んでいて不快でした。


高木中日を「弱いチームの典型」と痛快批評 おべんちゃら解説者は権藤博を見習え!
http://news.livedoor.com/article/detail/7726290/
プロ野球中継を観ていると、ただ放送席に座り、無駄に煽るだけという解説者を頻繁に見掛ける。
結果論でしか話さなかったり、観たままを口にしたりする元選手がやけに目立つのだ。
この背景には、「あまり選手の悪口を言うな」「もっと盛り上げて」などの指示がテレビ局側から飛んでいるからと言われている。
だが、選手へのおべんちゃらが続いたり、10点差ついているのに「まだわかりません」などと何の根拠もない煽られ方をしても、視聴者はさらにシラケるばかりだ。
そして、「ここで褒めておけば現場復帰もありえるかもしれない」という解説者自身の邪な気持ちが見え隠れする場合もある。
そのなかで、異彩を放っているのが、権藤博前中日投手コーチだ。
5月5日の中日対DeNA(ナゴヤドーム)の解説を務めた権藤は、本音でしゃべりまくった。
中日のこの日の先発は山本昌だったが、高木監督は4回途中2失点、79球で交代を告げた。
この起用法に、昨年高木監督と“70'Sバトル”を繰り広げた権藤は驚きを隠せなかった。
「なんですか、これ?」
実況「しかも左の三瀬、ちょっとこれはビックリな交代になりました」
権藤「悔しいですよね。先発ピッチャーは行ける所まで行かないと、ピッチャー足りなくなりますし、メジャーでは6回まで自責点3以内であれば合格点なんですよね。だから、その権利まで奪われてしまっているわけですよ」
と山本昌の気持ちを代弁。
「確かに、これ以上点を取られるのは痛いのは痛いですけど、今日を含めて、明日からまたヤクルトとの3連戦ある。中継ぎをこんな所で突っ込んでいると、競ったときや打ち合いになると、ピッチャーがいなくなっちゃいますよ」
と投手コーチの立場からの見解を示した。
時間が立つと怒りが増したのか、権藤は口調が早くなり、こうまくし立てた。
「リードしているときに早め早めで行くのは当たりますけどね、負けているときは早め早めで行くと、どんどん落ち込んでいくんですよ、チームそのものがね。やるのは選手ですから。プロ野球はアマチュアのトーナメントと違って、144試合も毎日続けてやっていく。中継ぎなんて使いすぎるとね、疲れてくるんですよ。先発は中一週間くらい開けているわけですから、100球から120球は投げないと行けないんですよ。投げさすチャンスを与えるべき」
“無回転フォーク”で一躍有名になった岩田慎司が前日にノックアウトされ、二軍に落とされたと知ると、怒りはさらに増した。
権藤「弱いチームの典型ですね、これは。このあいだ岩田は勝ったわけでしょ? 勝ってナイスピッチングしたのに、やられたら即2軍なら、後から投げるピッチャーは、たまらないんですよ。『やられたら2軍か』と思ってマウンドに行くとね、いいピッチングなんてできるはずがない」
中日、近鉄、ダイエー、横浜で投手コーチを務め、数々の名選手を育て上げた自身の経験談からこう話した。
「だいたい1回やられたヤツをね、すぐ出すと、2回やられたヤツをあまり覚えてないですもんね。その代わり、3回やられたら、二軍」
チャンスは3回与えるべきであり、瞬間湯沸かしである高木守道監督のような場当たり的な起用では、選手は育たないというのだ。
打者にも同じことが言える。
2打席三振に終わったスタメンのクラークが、中田亮二と交代すると、こう話した。
「2打席で代えるくらいならね、最初から出すなって言うんですよ(笑)」
「使っていったら、成長するんですよ。だから取っ替え引っ替えはいかんと言うんですよ」
4対3と中日リードの8回、5番手・中田賢一が連打を浴び、逆転される。
DeNA打線は止まらず、一気に6点を奪った。
この回の途中、権藤はこう持論を述べた。
「大丈夫ですかね? 投手足りますかね? 選手に恥をかかしちゃいかんと思っているんですよ。さらしものにしちゃいかんというね。ポンポン打たれて、これ以上誰が投げても一緒だけど、降ろしてあげないといかんというのはあるんですよね。最後に代える投手がいないと、ずっとその投手を投げさせないといけないじゃないですか」
先発・山本昌が4回途中で降板したときに、権藤が不安視したことがピタリと的中。
投手の足りなくなった中日は、打たれても打たれても、中田を続投させるしかなく、中田は“さらしもの”になってしまった。
こう書くと、「権藤は高木采配を批判している! けしからん!」という人が出てくる。
批判もなにも、現状起きていることに対して自分の意見を述べているだけなのだ。
日本社会では、意見を言うと「批判だ!」と血相を変えがちだ。
だが、それは大きな間違い。
言論封鎖といっては大げさだが、自分の考えを発表することの何が悪いのだろうか。
権藤のように、本音を話す解説者がいれば、もっとプロ野球中継は面白くなる。
プロ野球はエンターテイメントであり、視聴者やファンは非日常を求めている。
それはプロ野球中継にも言えること。
テレビ局側は、抗議などをするマイノリティよりも、本音解説を観て満足しているサイレント・マジョリティの気持ちを慮るべきであろう。



権藤博が連投酷使を続けさせて浅尾がケガをした事が発覚した時、権藤博が、

「落合竜が浅尾をボロボロにした」

というロングインタビュー記事を雑誌に載せさせたときは、なんちゅう野郎だと思いました。

今考えてみると、浅尾をケガさせたドラゴンズファンからの批判をそらすために、坂井克彦がわざわざ雑誌記者を呼んで仕組んだ記事だったんだなーと思い出されます。


その坂井克彦が勝崎耕世さんをクビにしたのが、ケガ人を大量発生させたのも高木中日になってからケガ人が突然増えた最大原因でもあります。


katsuzakikose.jpg


坂井克彦が個人的な私心とひとりビールかけの復讐という私怨によって、落合竜の痕跡は全て取り去ってしまった結果、結局は自滅するという始末になっています。


sakaikatsuhikohbeer.jpg









そんな高木中日のケガ人だらけの中継ぎ投手陣、ケガをさせられた小熊もケガが軽くてよかったのですが、それは良かったのですが、また一軍に上げられて今日も連投させられています。

岡田投手も3連投させられています。

その割には1勝2敗です。

もちろん、こんな事が長続きするわけもないので、高木中日が浮上する事はありえません。

そんなことよりも、ドラゴンズの投手が激しく消耗させられ、選手生命が危機にひんしている事の方が事は重大なわけです。

高木守道や坂井克彦の面目などどうでもいいのですが、この2人の害のある何の価値もない老人の面目のために、岡田投手は3連投させられ、小熊投手は2連投させられ、福谷投手はイニングまたぎさせられています。

坂井や高木などどうでもいいのに、ドラゴンズの若手投手の未来には、浅尾投手のようなケガによるリハビリが待っています。

無能で有害な老人たちが、ドラゴンズの若手投手をつぶしています。


岡田リーグトップ39登板も「疲れたと言っている場合じゃない」
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/04/kiji/K20130704006150780.html
◇セ・リーグ 中日6―2広島(2013年7月4日 ナゴヤD)
1失点も許せない展開で見事な火消しを見せた中日の岡田がプロ初のお立ち台。
大歓声を浴びて
「非常に気持ちいいです」
とかしこまりながらはにかんだ。
1点ビハインドの8回1死一、三塁で登板。
これ以上失点すると試合が決まるという展開で三振、右飛と完璧なリリーフを見せた。
今季73試合目で早くもリーグトップとなる39回目の登板。
179センチ65キロと細身の左腕だが
「疲れていると言っている場合ではないので、元気を出してやっています」
と初々しく微笑んだ。



岡田投手は21歳とまだ若いですから、プロの投手としての経験不足で、こういう酷使登板の恐ろしさをまだ知らないです。

疲れていると言っている場合なんです、本当は。

仮病使ってでも肘や肩を休ませないと、30歳になる前につぶれてしまいます。

現在、岡田投手は73試合で39試合登板させられています。

しかもこの登板には超ロングリリーフやイニングまたぎ、連投連投が含まれているため、岡田投手は現在ケガにむかってまっしぐらに突き進んでいます。

73試合目で39回目の登板ということは、岡田投手の登板率は、

39 ÷ 73 = 53.4%

このままの登板率でいくと、今シーズンの岡田投手の登板数は、

144 × 53.4% =  77試合

これまでのプロ野球の歴史で、1シーズンに77試合登板させられた投手が何年持ったのか、現役を何年続ける事ができたのか、考えてみればすぐにわかるはずです。

高木守道や今中みたいな頭のわるいやつでも、ちょっと考えればわかるはずです。

それをわかっていながら登板させるというのは、投手の選手生命よりも、自分の立場を最優先に考えているからです。

その点は落合監督は選手生命を最優先に考えていたので、浅尾や岩瀬を先に帰宅させてしまうなど、常に選手の事を気遣っていました。

そういう事ができないのであれば指導者失格であり、すでに高木守道、権藤博、近藤真市、今中慎二はすでに指導者として失格の烙印を押すしかないような状態です。

これが中日OBの指導者としての実力不足を表す数字であり、指導者失格を証明する数字です。

こういう中継ぎ投手の酷使を見せつけられる事は、試合を見ていても非常に辛いです。

せっかく荒木選手が久々に鮮やかな逆転2点タイムリー2塁打を放ったというのに、若手投手が酷使されていると喜びも半減です。


【中日】荒木逆転2点適時打
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130704-1152312.html
<中日6-2広島>◇4日◇ナゴヤドーム
中日荒木雅博内野手(35)が1点を追う8回に逆転の2点適時打を放った。
2死一、二塁から高め直球を逆らわず狙い打った。
4連敗と、今季ワーストとなる借金12を阻止する価値ある一打だった。
お立ち台で
「外野も前にいましたし、抜けたら2点入ると思いました。とにかく思い切っていきました。そこまでふがいない当たりが多かったので、いい当たりで良かったです」
と話したヒーローは、大きな歓声を浴びていた。

arakigyakutentimeryhit.jpg



眼の前で大島選手が敬遠され、荒木選手が意地の逆転2塁打です。

とても良い試合でした。

こういういざという場面で強烈な一撃を放つのはやはりアライバだったり森野選手だったり和田さんだったりするわけで、ドラゴンズは落合竜遺産に頼って勝ち進む以外に勝てる手立てはありません。

例えば一生懸命に直倫を使って井端の年俸を削ろうと坂井克彦が必死になって高木守道に圧力をかけていますが、直倫の打率は井端よりもはるかに悪いですし。

荒木の守備走塁も含めて総合力で荒木を抜く実力を持つセカンドの選手はまだいません。

高木守道は選手の価値を、打率でしか見ていないようですが。

選手の適材適所を見抜く事が出来ない老人監督と、無能中日OBコーチ達、そんなアホ共をあざ笑うかのような、荒木さんの見事な逆転タイムリーのおかげで、高木中日は4連敗をまぬかれました。

荒木選手、見事なタイムリーヒットでした。



にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram



















関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title


「この投手を将来こうしたい」「この選手を今後こうなってほしい」

そういう思いが伝わってくれば、ファンもそれに対して応援すると思うのです。

監督やコーチの思いが伝わってこない以上、ファンは冷める一方だと思いますし、選手を動かす監督が、あからさまに選手を批判する姿勢をみると、選手にどうなって欲しいと言うより、自分のことしか考えてないのだろうなというのが、垣間見えてしまいます。


コーヒーブレイク腰掛監督は、今年までなので長期のビジョンでは考えられないのが露になっております。


いや、たとえこの監督が長期の契約を結んでいたとしても、長いスパンの視野に立って物事を考えられるとは思えませんが。。。。


いずれにしても、もし揺るがない何かを監督自身がお持ちであれば、ファンの些細な野次に対して、逆上するようなこともないと思われ、やはり監督としての才覚はないものと、今更ながら感じます。

コーチ陣の力量も、この監督の下では適切な評価はできないと思いますが、もし有能で中日に拘りがないのであれば、もっと自分の色をだして選手に指示を出せると思うのですが、いろいろ方々から締め付けが厳しそうで、なにか突飛なことをすると村八分にあいそうな、中日村に籍を置いておかなければ生きていかれない人ばかりが集まっていそうなので、無理ですね。

落合さんをはじめ、その下で働いていた人たちは、どこでも生きていけそうですものね。現にそうなっていますし。

岡田選手や小熊選手など、使われるということは意気に感じているとは思うし、やってやろうという気持ちは強いと思いますが、無理して潰れたら、それこそそれまでです。

何をもって酷使というのかは、なかなかはかる事ができませんが、やはり今の体制の下では、「人がいない」という、上の都合や言い訳だけで使われているような気がしてなりません。


No title

このアホウはチームを滅茶苦茶にする気ですかね。無能な今中ともども。岡田だけではありません。故障明けのルーキー福谷にもイニング跨ぎを強いています。適材適所もなにもなく、ひたすら目先の1勝目当てで選手を酷使する。今中の“ドラゴンズ論”と言う本を依然読みましたが、ピント外れの内容で全く面白くなかったですが、今回コーチとして見て、彼があれほどの素質と才能にも関わらず山本昌の半分も勝てなかった理由が判りました。己の素質のみで、プロとしての自覚が足りなかったのです。そんな人間にコーチなど勤まる訳はありませんよ。選手は個人事業主であり、球団の財産です。落合監督は明確に理解していましたね。中日は一刻も早く身売りすべきです。こんな事をしていたら入団する選手が居なくなってしまいます。

今はスイッチの切り替えがうまくできないですからね。オンオフではなく。ここまでこうやってきたから次はこうしようってのがない。ようするに物事にちゃんとした順序がない。今はこうする。ダメならこうする、ばかり。だから去年も今年も同じとこを行ったり来たりする。一番の原因は監督にあると思います。それから個人的には投手コーチの選び方も悪かったと思います。今更ですが、一人ベテランのコーチがブルペンにほしかったと思います。僕がコーチだったら今の環境やりにくいです。ただでさえ面倒な監督がいるのに。

今中がやらなかったら・・・

まさに権藤氏の苦言通りの事が昨日起きそうな自体があった。先発の辻を逆転された2回で降板する大暴挙だ。今中が止めたから事なきを得たが、今中がやらなかったらと思うと・・・。

そりゃ、5回で110球以上要して交代ならまだしも、2回で降板は・・・あり得ないでしょ?先週、ノーヒットノーランを達成した山井の時に先発したデナベイの井納だって5回か6回(忘れたのでわからないが)投げさせたで。本当に守道の糞采配には呆れるばかりやわ!!

本当に何故、去年の実質監督の権藤氏をクビにしたのか?訳分からんわ!!本当に最早、高木守道及び坂井克彦の糞共は一刻も早くプロ野球から永久退場を要求したい。私は今、それを願うばかりである。

トースター

一応ですけど、権藤さんが浅尾投手を潰した、というわけでは必ずしもないと思うのでそこだけ。
落合監督最終年で79試合登板というのは少なからず影響していると思います。
オチシンですが、その点だけは流石に落合政権下での副作用かと。
勝崎トレーナー退団は間違いなく大きかったと思いますが、選手は自分の体が資本ですから、自分なりのケアも大切にして欲しいと思います。

また、管理人さんの中日愛、素晴らしいものだと思います。しかしながら、その愛がオーバーヒートすることによって、言い過ぎとも取れる部分があると思います。例えば昨年の中継ぎですが、最多登板は田島投手の56試合で、昨年に関して言えば酷使とは言えないと思います。 
 それだけに今年の投手起用のひどさが見て取れますが。
 
結論を述べさせていただくと、極力中立的な見方をしていただきたいと思います。
素晴らしいブログもあまり偏っては中日スポーツの大本営発表と同じになってしまいます。
たくさんの読者がいることを心に留めて頂ければ幸いです。

No title

私は、浅尾を壊したのは高木と権藤だと言って差し支えないと思いますけどね。
落合時代の勤続疲労はあったでしょう。それは否定しません。

ですが、プロのコーチ・スタッフが選手の状態を管理し把握する。
選手自身もプロとして自分の体を管理する。
このどちらかでもできていれば、あそこまでの致命傷にはならなかったと思います。

浅尾投手の認識の甘さはあったかもしれませんが、去年の開幕から不調続きでファーム落ち、その後に故障判明という流れの中での権藤コーチの対応を見る限り、コーチとして浅尾投手を壊したひとりであることは間違いありません。

浅尾投手の立場で考えれば、落合時代は大車輪の活躍だったのに体制が変わっていきなり故障か、というのは申し訳なくて言い出せなかったのかもしれません。
長く活躍してほしい選手なのですから、そこは改善してもらわなければ困ります。
でも、権藤コーチの考え方が、投手陣に故障を言い出せない雰囲気を作っていたとも言えるでしょう。
そう思わせる発言の数々でした…

権藤氏にしても、落合-森繁体制に対する対抗心があって、主力投手に抜けられては困るという焦りがあったかもしれません。
監督があまりにも使えないですからね。
ただ、だからと言って選手をないがしろにしていいということにはなりません。
何よりも、それは他ならぬ権藤氏自身が最も嫌う考え方だったはずです。

でも、過去のチームはともかく、少なくとも去年の中日のコーチ時代は選手を大事にすることができませんでした。
それを決して認めないから、私は権藤氏もあまり信用できないですね。
今年の私たちが見ているものは、その権藤氏でもまともに見えてしまうほどの、デタラメすぎる高木監督の投手起用だということなのでしょう。
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。