スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名将・落合博満さんのメーテレでの日ハム戦で名言連発の件
















札幌ドームでの日ハムとの第2戦は、メーテレ(名古屋テレビ)の中継で解説が落合博満さんでした

・・だったのですが、外出していた上に録画も忘れてしまいましたので、痛恨の聞き逃しをしてしまいました。

ツイッターを見たところ、アカウント、ちはるさんが落合博満さんの解説をずっとツイートしてくださっておられたのですが、とても名言だったので、以下に引用させていただきます。




ちはる@背番号9
@botanaco

https://twitter.com/botanaco

落合監督「(スタメン外れたことについて)荒木が外れるなら井端も外れるでしょ。どちからというと井端の方が状態が悪い。」
「(大谷の)球速はほっといていい。」


落合監督「俗にいうこれが対バッターで考えたら大谷の勝ち」


落合監督「初球ストライクを打つ勇気があるかどうか」
→藤井打って犠牲フライ!やりましたー(*^^*)


和田が盗塁 → 落合監督「100パーセントカーブでなければあそこでは(三塁に)走れない。何かクセがあるのを見抜いたのかもしれない」


落合監督「フェンス越えてないんだから(山内は)ツキがあると思わないと」
「投げた中で1番甘い球だったんだから」


落合監督「さっきのがホームラン入らなかったんだから抑えるでしょ」と言った途端ホームランw
「バッテリーがまるっきり予測出来ない攻め方をした…なんであそこに投げるの? 」


落合監督は、ホームラン打たれたのは捕手のリードとそれを受けて投げた投手の判断力の無さが原因って感じのこと言ってた。あんなとこ攻めるのはおかしいって。つーか、解説の全部を言葉に起こすのは難しいわwww


直倫2番…
落合監督「ハハハ…色々考えてますね。大変だと思います(笑)」


ストレートのフォアボール…
落合監督「一週間前の山内です(笑)なぜシュート、インサイドを使わない?」


落合監督「繋いだっていうよりも中田本人も気分悪いだろうね。あまりにも想像通りの球が来て面食らってレフトに打ってしまった。完全にバッテリーの負け。なぜシュートを使わない?いけばいいじゃん。外甘くなったら危ないよ。ほら。」
→カキーン!→ホームラン(´Д` )


落合監督「松井に何を教えてるのか。どういう攻め方するのが1番いいのか。ちゃんとやってたらこんな外一辺倒な攻め方しないと思う。」
アナ「ベンチの責任だと?」
落合監督「そうです」


落合監督「個人的には、(打者として大谷を)5番6番でいれて欲しかったなぁ。まぁ両方出来る体力はまだ無いだろうねw」


落合監督「(大谷について)余分な力をいれはじめてきたのかな。こんな上体の振り方じゃないはずなんだけど。専門職じゃないんで説明つかないんだけど。野手の目からして投げ方がかわってきた。ちょっと最初の頃と変わってる。」
アナ「疲れですかね?」
落合監督「あー…わかんない」


落合監督「さっき(山崎に)ぶつけましたよね?ここでインサイド投げられればたいしたもんだ」
→外に投げる→山崎ヒット


落合監督「ここは内野ゴロでいいですよ」
→藤井ゴロ→
落合監督「本人はゴロ狙ってないでしょ」w


落合監督「(大谷は)左バッターへの攻め方がヘタ!」


アナ「大谷がライバルと思う選手は大島だそうです。」
落合監督「え、藤波じゃないの?」
アナ「あ、対戦相手のドラゴンズの中では大島だそうです」


アナ「アライバ苦しんでますねー」
落合監督「いや、もっと苦しめばいい(ニッコリ)。ユニホーム着てる間はみんな苦しむのよ。それが嫌でユニホーム脱ぐんだ。そしたら職が無くなるんだよ。まだ幸せじゃない、職があるんだから。」


落合監督「このバッテリー2人はもっとバッターを研究しなきゃダメ!」


落合監督「(ルナに)インサイド投げるのを1回見てみたい。」


イニング中ずっと山内と松井雅への苦言


落合監督「ルナは変化球が上手」


落合監督「(荒木について)かえられるのは本人達が悪いんだw キャンプで練習しすぎて故障するのは荒木くらいのもんだ(笑)」


落合監督「こうなったら、最後まで(山内に)ほおらせるですなぁ。」


落合監督「最後まで投げて来いというのは、ゲームをあきらめるってことじゃない。何かを掴んで来いということ。」


落合監督「逆玉だけどストライクだよね、今の。言っちゃいけないんだろうけど。それだけ田島がコントロール悪いんでしょ(ニッコリ)」


落合監督「(田島の)ピッチャー交代は当然。立ち直らせたいピッチャーなんでしょ?今日この先投げさせても意味がない。」


落合監督「辻はここで抑えてルナのエラーを帳消しにして、ルナがじゃあ次は打つぞ、となって信頼関係がうまれる。 小田はしっかりリードしなきゃね。」


落合監督「先発に勝ちついてる?」
アナ「このところついてないですね」
落合監督「だよね。チーム状態が良くないってことだよね。」


落合監督「二刀流二刀流って言い方もうやめませんか?w」


落合監督「(大谷について)投手野手どっちにするかはアメリカに行くかどうか。アメリカに行くなら投手!野手はいっぱいいる。落合はどっちがいいか?と聞かれるなら投手!国内でやるならどっちでも。本人に決めさせればいい。ただし二刀流でいくならスタミナも練習も足らない。」


落合監督「最後まで投げて来いというのは、ゲームをあきらめるってことじゃない。何かを掴んで来いということ。」


落合監督「明日使うつもりないならわかるけど、2イニング投げてしまうといくら若い投手でも3日間使うとなると心配になっちゃう。ここは鈴木でもいいんじゃないか?明日は昌?となると5回6回でしょ。その時に中継ぎをどうするか。昌に7回8回はきついでしょ。 」


落合監督「今日は負けるだろうなぁって本当は考えちゃいけないんだろうけど、そうなった時は先発にそのまま1人で投げて来いよとやってあげる。中継ぎは毎日球投げるでしょ。先発より球数投げてるから相当な疲労度があるんですよ。そのへんはピッチングコーチが考えてあげないと」


落合監督「ほんとにドラゴンズは人がいいね!今までもなんども初勝利献上してるからね(笑)」


落合監督「(荒木について)かえられるのは本人達が悪いんだw キャンプで練習しすぎて故障するのは荒木くらいのもんだ」


落合監督「よそは簡単に打つのにドラゴンズは初物を打てない。その伝統は変わってませんでしたね。ハッハッハw」




これらの落合博満さんの名言をもとに、札幌での日ハム戦についてあらためて振り返ってみましょう。


【中日】アライバ不振で同時スタメン落ち
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130601-1136582.html
<日本ハム7-3中日>◇1日◇札幌ドーム
中日高木守道監督(71)が2年目で初めて、不振のアライバを同時にスタメンから外した。
「昨日なんて井端の内容が全然ないから」
と打率が1割台に落ちた31日の試合で、荒木に続く井端外しを決断。
30日の時点では
「ドラゴンズではなくセントラルのアライバ。簡単には同時に外せん」
と話していたが急転、打線活性化へ背に腹は代えられなかったようだ。
荒木と井端が同時にスタメン落ちするのは、リーグ優勝決定後で消化試合となった11年10月のシーズン最終戦以来だった。
井端はベンチスタート自体が今季初めてで、そのまま初の欠場。
無言で帰りのバスに乗り込んだ。
ただし監督は井端について、
「1日休んだから明日は出します」
と2日楽天戦(Kスタ宮城)からのスタメン復帰を明言した。



相変わらず言っている事とやっている事がブレまくりの高木守道ですが、落合博満さんに言わせれば、

「(スタメン外れたことについて)荒木が外れるなら井端も外れるでしょ。どちからというと井端の方が状態が悪い。」

「(荒木について)かえられるのは本人達が悪いんだ。キャンプで練習しすぎて故障するのは荒木くらいのもんだ。」

まず状態の上がってきた荒木を外して井端を外さなかった高木守道の選手の状態を見る目のなさについて一言コメントして、さらに井端も荒木も変えられてしまったのは本人達が悪いと断言しています。

確かに、特に井端は北谷での練習量が落合監督の頃よりも練習量が絶望的に激減したのが気になっていました。

直倫にレギュラーを奪われそうになった井端、逆襲を期して、早出特打、居残り練習を連日続けていて、見事に復活、井端自身も、

「この齢になっても練習すればまだ伸びるんだということを発見できたのは良かったですね。」

とコメントしていただけに、ここで掴んだ激しい練習が習慣づいて、井端の選手生命はまだまだ伸びるのではないかと期待していました。

しかし高木守道ジョイナスキャンプになって、グダグダになってしまい、井端が一気に劣化してしまいました。

その点を落合博満さんが鋭く指摘したのだと思います。

ただ、荒木には、

「キャンプで練習しすぎて故障するのは荒木くらいのもんだ」

と、わかりにくい?エールも送っています。

荒木さんの復活を待ちたいと思います。

そもそもプロ野球における世代交代というのは人為的に作為的に行うものではなく、新陳代謝のごとく、樹木が落葉して新芽の新緑が芽吹くごとく、選手同士が競争して自然と行われるものです。

荒木の代わりに、荒木よりも打率の低い直倫を使うなら、それなりの理由が必要です。

この日ハム2連戦では、荒木よりも直倫を使う明確な理由は見当たりませんでした。

それでも荒木に疲労が見えるとか打率が低迷しているなら7回以降を直倫に交替させるとか、おだやかな交替を見せるなどの工夫をしてもらいたいものです・・・高木守道にはムリか・・・。







【中日】山崎、大谷対決に「球速いわ」
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130601-1136464.html
<日本ハム7-3中日>◇1日◇札幌ドーム
球界最年長野手の山崎武司内野手(44)が26歳差対決を制した。
指名打者で出場し、4回に大谷のシュートを左翼線に運ぶ二塁打をマークした。
試合後に大谷について問われ
「やっぱり球は速いわ」
とビックリ。
球界の将来を背負うスターとの対戦がよほどうれしかったのか
「球界を代表する若い選手と対戦することは幸せなこと。いい思い出になったわ
と笑顔で話した。
最後には
「(ダルやマー君と)まっすぐはそんなに変わらないけど、ベース上でちょっとシュート回転しちゃう。まだ下半身ができていないということだと思う。エンジンは(ダルやマー君と)一緒のものがついてる。あとはそのエンジンをどう扱うか」
と丁寧にアドバイスまで送った。



引退前の思い出づくりにいそしむ邪魔崎、今日のたまたまのデッドボール出塁と1安打でご機嫌コメントで思い出作りもバッチリです。

その1安打の理由も、落合博満さんの名解説に言わせれば、


落合「(大谷について)余分な力をいれはじめてきたのかな。こんな上体の振り方じゃないはずなんだけど。専門職じゃないんで説明つかないんだけど。野手の目からして投げ方がかわってきた。ちょっと最初の頃と変わってる。」

アナ「疲れですかね?」

落合「あー…わかんない」
落合「さっき(山崎に)ぶつけましたよね?ここでインサイド投げられればたいしたもんだ」

→ 外に投げる → 山崎ヒット


という、山崎へのデッドボールが伏線となって、さわやかルーキー大谷らしく若さが出てしまい、インコースをえぐれずにたまたま山崎に打たれたというだけの事だったようです。





それから、やはり先発投手を早々と切り捨ててしまうために、先発投手にもチームにも良いリズムが生まれていない現状について、

落合「先発に勝ちついてる?」
アナ「このところついてないですね」
落合「だよね。チーム状態が良くないってことだよね。」

バッサリと斬っておられますね、当然です。

こういう事を言える解説者は、名古屋では現状、牛島和彦さんくらいでしょうか。

ドラゴンズファンは本質的な解説を望んでいるんですよね・・・誰も木俣や田尾の嘘解説なんか聞きたいくないんですよね。

「今日は負けるだろうなぁって本当は考えちゃいけないんだろうけど、そうなった時は先発にそのまま1人で投げて来いよとやってあげる。中継ぎは毎日球投げるでしょ。先発より球数投げてるから相当な疲労度があるんですよ。そのへんはピッチングコーチが考えてあげないと」

山内はこの試合、2ラン、3ラン、2ランの7失点、だったら途中で降板させずに続投するのが大事、という、高木守道の中継ぎ酷使批判がやはり出ました。

落合博満さんだけでなく、ドラゴンズファンの誰もが思っていて、高木守道だけがいまだに理解できていない理論、

先発をさっさと降板させて、中継ぎ投手をこくしするのをやめろ理論

です。

これは当然ですね。

tajimahaisenshori.jpg

山内を途中降板させてまで、防御率7点台の山内を登板させる必要性が、一体どこにあるのでしょうか?

酷使を重ねて田島をつぶしているだけじゃないですか。

敗戦処理させるなら清水でも矢地でも一軍に上げておけばいいでしょうに。

田島をどうしてもケガさせたいんですかね?


tajimaokadamutohkoukshi.jpg


落合博満さんの言い分は至極ごもっともです。

だいたい防御率7点台の投手が一軍にいるのはおかしいし。

田島が一軍にいる理由が全くありません。






和田さんの三盗についても、落合博満さんのするどい一言がありましたね。


「100パーセントカーブでなければあそこでは(三塁に)走れない。何かクセがあるのを見抜いたのかもしれない」


大谷の投球フォームをアッサリと見抜く和田さん、現在調子も良いですし、集中力も格段に高められているようです。

この年齢で、すごいことだと思います。

この和田さんの高いコンセントレーションとその理由について、中日スポーツは記事にする事はできるでしょうか?・・まあ無理でしょうね。

こういう風にいつも出し抜かれて落合監督に見下されていたのも、中日スポーツの三流記者達が嫉妬して逆切れした理由の一つだったのかもしれませんね・・・下劣な愚者の団結力というものは侮れないものです。






落合博満さんの解説のなかで、「ああ、落合博満さんはちゃんとドラゴンズ戦を見てくれているんだなぁ」 と思った一言がありました。


「一週間前の山内です(笑)なぜシュート、インサイドを使わない?」


今回の山内は、シュートとインサイドをきちんと使えないために本塁打を3本も打たれる結果を招いてしまったようです。

スポーツニュースで被弾の映像も見ましたが、スライダーが真ん中に入ってホームランとか、打たれて当然の失投をしていました。

内角攻めを果敢に行えないのも、谷繁さんがケガをしてスタメンを外れているのが原因なのでしょうね。

こういうところで、やっぱりドラゴンズは谷繁さん頼みのチームなんだなと改めて思わされます。

【一問一答】大谷がさわやか初お立ち台 ウイニングボールは「両親に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130601-00000046-dal-base
「交流戦、日本ハム7‐3中日」(1日、札幌ドーム)
5回3失点で待望のプロ初勝利を挙げた日本ハム・大谷翔平投手が、好リード&今季初本塁打で援護した鶴岡慎也捕手とともに、本拠地で自身初のお立ち台に上がった。
18歳らしいさわやかなで実直な言葉の数々に、スタンドは大きな歓声に包まれた。
‐プロ初勝利。初めてのお立ち台です。
大谷「すごく多くのファンの方の声援に助けられましたし、先輩方の援護にも助けられて、すごくいい初勝利になったと思います」
‐初勝利の実感は。
大谷「すごくうれしいですし、声援に応えられたかどうかわからないですけど、チームが勝て良かったと思います」
‐2試合目の先発で初勝利。
大谷「前のピッチングではすごく迷惑をかけましたし、先輩方にも助けられたので、何とか0に抑えたいと思っていました。勝利に貢献できてうれしいです」
‐どんな気持ちでマウンドに上がったのか。
大谷「鶴岡さんのリードを信じて投げるだけでした。ピンチでは大引さんらが1球、1球を声をかけてくれましたし、今日は先輩方にすごく感謝したいと思います」
‐ウイニングボールはどうされますか。(後ろポケットから取り出し、大事そうに握り締めて)
大谷「両親にあげたいなと思います」
‐投手として今後の目標を聞かせてください。
大谷「まだまだ課題のほうが多いですけど、チームの勝利に貢献できるように頑張っていきたいです」
‐野手としては。
大谷「どういう場面で使っていただけるか分かりませんが、使っていただけるところで結果を出していきたいです」
‐鶴岡選手は2年ぶりのホームランでした。
鶴岡「ファンのみなさんもビックリしてる思いますが、僕が一番ビックリしてます。ホームランの感触を忘れていたので、まさか入るとは…。大谷を早く援護できて良かったと思います」
‐きょうの大谷選手のピッチングは。
鶴岡「勝ったので100点じゃないですか」
‐今後、大谷選手に投手として望まれることはありますか。
鶴岡「チームが苦しい時に、絶対にチームに勝ちを付けてくれるピッチャーになってほしいですね」
‐最後にファンにあいさつと決意を。
大谷「背番号11の大谷翔平です。今日はファンの方の声援がすごく力になりました。これからも皆さんの声援を力に変えて頑張りたいと思います」



↑これを見ても、鶴岡のホームランも本当にたまたまだったみたいですし。





苦しんでいるアライバについて

アナ「アライバ苦しんでますねー」
落合「いや、もっと苦しめばいい。ユニホーム着てる間はみんな苦しむのよ。それが嫌でユニホーム脱ぐんだ。そしたら職が無くなるんだよ。まだ幸せじゃない、職があるんだから。」

この一言は、いかにも落合博満さんらしい言葉だなーって思いました。

この、「もっと苦しめばいい」 という言葉は落合竜では本当に何度も何度も耳にした言葉でしたね。

落合監督は、選手に楽をさせて引退を早めるのではなく、選手を苦しめて活躍させて現役生活を長くする思いやりのあふれる人でした。

戦力外通告後も落合竜の選手は引く手あまただったのはこれが理由ですしね。




札幌での日ハム第2戦は、まさに大谷の日でしたね、これはもうしょうがないと。

そしてその副賞は、


ohtanibeer1.jpg


未成年にビール1年分だったという・・・





昨年も落合博満さんを解説者に使ってくれたのは、在名のテレビ局はメーテレ(名古屋テレビ)ただ1局だけでした。

メーテレは確かトヨタ自動車の資本が入っていたりして、中日新聞社の影響力が少ないため、落合監督を使う事ができているようです。

しかし昨年もその後でメーテレに落合を使うなと中日OBどもがさんざん嫌がらせの電話をしてきたそうで、それ以来メーテレは落合博満さんを解説に使っていなかったので、もうスカパーで森繁和-落合解説を聞く事しかできないのかと思っていました。

CBCラジオすら、森繁和さんを使わなくなってきていますし。

ドラゴンズファンのニーズよりも落合博満さんと森繁和さんの排除を第一優先にする、中日新聞社と坂井克彦の陰湿さが、そのまま名古屋人の田舎の排外的な陰湿さのイメージにされてしまって、名古屋人として非常に迷惑です。

一体どこのドラゴンズファンが落合博満さんの解説よりも、小松や木俣や田尾のアホで的外れな解説を望んでいるというのか?

こういう意味でも、中日新聞社は名古屋人にとってまったく必要のない、害しかない新聞社なんですよね。


そんな中、今年も落合博満さんを解説者に使ってくれたメーテレの勇気ある行動に、しかも昨年の1回よりも多く2回も落合博満さんを解説に起用してくれるメーテレさんに、大いなる敬意と大賛辞を表明させていただきたいと思います。

本当に素晴らしい解説者のチョイスでした、ありがとうございます。

そのメーテレさんは、中日新聞社と坂井克彦が手下の中日OBを使った陰湿な圧力に屈する事なく、6月15日のロッテ戦においても、また落合博満さんを解説者に招いてくれるそうです。


ochiaikaisetu.gif


6月15日はちゃんと録画してちゃんと見たいと思います。

落合博満さんの解説って、試合内容よりも深くてずっと聞き入ってしまうんですよね。

試合を見てる楽しみが倍増するんですよね。

まずますメーテレのファンになりました。

メーテレさんこれからもよろしくお願いいたします。



にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram












関連記事

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやー、昨日の放送やっぱりよかったです。

選手と野球をよく見てて、よく知っています。さすがです。

3回裏のアブレイユの打席、「外甘くなったら危ないよ」の一言の後の本塁打。

ちょっと痺れました。

なんかこの人、やっぱすげーなって。


この人の解説を聞けば聞くほど、その他大勢の、特に木俣、小松、解説時代の鈴木孝政なんかの解説は酷いなと。。。。

彼ら、解説というより根性や気持ちや愚痴や、はたまた予想なんかでしか話すことができずに、根拠も理論もへったくれもない説明ばかりで、聞いててもまったく面白くない。

そんな人たちが指導者になるんだから、選手は可哀そうでならない。

あと、何度か画面に出てきた高木監督は、起きてんだか寝てるんだかわからない映像がちらほら。。。。まずいでしょ、あれは。


辻がイニング跨ぎをしたときに、苦笑いする落合さんの音というか声が音声に入ってきたように感じたのは気のせいか。。。。


昨年のメーテレの放送のときも感じたけど、こんな解説を聞いてしまうと、他の解説者の中継がつまらなくなっちゃうなと。罪づくりな人です(笑)


メーテレの佐藤アナも、これまでの落合さんとの絡みの中で、いろいろ引き出してくれて、なかなかいいです。

今後もメーテレには頑張っていただきたいですね。


いやー、久々に中日の試合みてて楽しかった。

No title

こんにちわ。今朝の日刊スポーツの落合さんの記事もよかったですね。中スポやめてよかったです。

久しぶりに、野球を観ました。観たと言うより、聞いていたですね。ちゃんと録画もしました。東海地区じゃない人は、本当に残念だったみたいです。解説の途中から、ユニホーム着て監督変わって欲しいって つぶやいてた人もいました。ロッテ戦ももちろん楽しみです。

さすが落合監督

落合監督の解説良かったです。
先週の赤いユニフォームの配布日にナゴドで観戦した時に「なぜ山内を完投させないのか」疑問でした。そのことを落合監督が「どうせ負けると考えちゃいけないだけれども、なぜ山内を完投させないのか」と解説した時は嬉しかったです。

http://dragons66.blog.fc2.com/?no=3

あと「監督は魂が抜けてるみたい!」と強烈な一言がありましたね。
昨年、小生の会社のセミナーに落合監督が講演にきました。
「白井さんと西川さんには感謝してます」、「坂井さんとは話したことがありません」など言ってました。

実は監督落合より、解説者落合のほうが好きだったりするんだよね(^^)
と、いうか他があまりに酷くて聞いてらんないです。因みに木俣、小松、高木の三人は面白くもなんともない。稲葉さんとか権藤さんが好きだったなあ〜俺は。

ん?いやメ〜テレは去年落合さんを二、三回くらい起用してた気がしますけど。少なくとも阪神戦と広島戦は覚えてる。それと去年の北海道での試合は落合さんが森繁やれと代役をふって以降森繁さんの解説が続きましたが。その理由は忘れました。講演会でももう解説の仕事は今年やりませんと言っていたらしいです。(CSでは森繁氏との約束を果たしましたが)クレームがついたとされるのはCBCじゃなかったですか?CBCが全国ネットで落合さんと槙原さんを起用した試合。サンドラの出演もこっそりなくなっていたような。まぁそこはどうでもいいですが。

山内の最後まで投げい発言は序盤から打ち込まれても代えずに続投させ、またホームラン打たれたのでそこでの発言でした。勉強と中継ぎ休ませるのを兼ねて。ここまできたらとことん投げなよみたいな感じでした。ちなみに一週間前、山内の投球は確かニッカンの仕事で観ていたそうです。だから二週続けて山内観れてラッキーだねぇと冗談を言ってました。最初こそ先週よりはいいかなと言ってましたが。

落合さんの解説は久しぶりにプロの解説聴いてる気分になれました。といってももう牛島さん森繁さん以外の解説はだいたい音量オフにしてますけど。
ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。