スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうなる事はわかっていたのに・・相変わらず仕事をサボっている中日球団職員のおっさんどもの件















2月末になって、スポーツ報知の取材によって、中日球団職員の仕事をしない様子が暴露報道されています。

    ↓



【中日】ナゴヤDの鳴り物応援が消える!最低でも前半戦

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00000256-sph-base

2014年2月27日

ナゴヤDのスタンドをにぎわせる中日の鳴り物応援が、少なくとも球宴明けまで行われないことが26日、分かった。
反社会的勢力の排除を目的に、トランペットなどの鳴り物を用いて中日を応援してきた従来の応援団に対し、その構成員リストの提出などを今季から義務づけたところ、リストの提出がなく、許可要件を満たさなかったため。
ビジター球団のファンによる鳴り物応援はこれまで通り申請なしで認める。
球団は今後、中日の応援を希望する別のグループを球宴明けまでをメドに公募する方針で、球団関係者は

「オープン戦開幕(3月1日)から鳴り物応援はなくなる。
当然、公式戦もできない。
再開は早くても球宴明け(7月21日のDeNA戦)から」

と説明。
一方でビジター球団のファンによる鳴り物使用は規制しておらず、ドラ党だけ手拍子と声のみでエールを送る異常事態となる。

また、公募で構成される新たな応援団は、従来の応援団の著作権を保護する観点から、各選手の応援ソングを演奏できない問題も浮上。
応援ソングはファンに定着しており、今季の観客動員にマイナスの影響を与える可能性も出てきた。




    ↑


こちらの報道には、中日球団職員の怠慢と仕事サボりの大問題について報道されているのですが、どの箇所かおわかりいただけますでしょうか?


もともとNPBへの申請の日程上、オープン戦においても公式戦においても、ドラゴンズは応援団なしの異常な状態である事は最初からわかっていた模様でした。

が、スポーツ報知が今、この報道を行うという事は、最初からそうだったのではなくて、2月中に何らかの対処方法があったに違いないのに、中日球団職員が全く仕事をしなかったために、ドラゴンズは応援団なしという異常事態になってしまったということなのでしょう。

つまり、

「球団は今後、中日の応援を希望する別のグループを球宴明けまでをメドに公募する方針」

という箇所が、最大の問題点なのです。


スポーツ報知の報道によると、仕事のできない&仕事をしない中日球団職員は、7月までに、



外部の私設応援団を、公募するのだそうです。


ふざけるな、中日球団職員ども!!!


中日球団職員は、仕事をしろ、大バカ者!!






と言わせていただきたいと思います。

なぜならば、ドラゴンズの応援団が球場から締め出されることは、2月冒頭の時点でわかっていました。

中日球団が、2月1日に中日応援団連合に、わざわざ書留郵便で、出入り禁止の通達を行っているからです。


http://cdouendanrengou.sakura.ne.jp/
ouendanouenchusituutatsu.gif



http://cdouendanrengou.sakura.ne.jp/20130705NPB.PDF

npbchunichioendantsutatsu1.jpg



http://cdouendanrengou.sakura.ne.jp/20140127NPB.PDF

npbchunichioendantsutatsu2.jpg







当ブログにおいて、2月1日に、
「読売球団のように、中日球団職員は球団公式応援団を今すぐに作れ!」 
と指摘させていただきました。

    ↓

中日新聞社は今すぐ応援団員を公募しドラゴンズ公式応援団を作れ、の件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-356.html




2月9日には、
「千葉マリーンズ球団のように、応援団長は球団職員で、中日球団職員は公式応援団を作れ!」
とも指摘させていただきました。

    ↓

中日新聞社は今すぐ応援団員を公募しドラゴンズ公式応援団を作れ、の件 その2
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-362.html




NPBが暴力団追放を方針に掲げている以上、旧中日応援団の役割はもう終わったとみなすべきです。

旧応援団の団員は、新しく中日球団が作った新応援団の団員募集に応募すればいいだけの話です。

何の問題もありません。

何か問題があるとするならば、そこに何かの利権があるからなのでしょうが、一般人のドラゴンズファンには一切関係の無い事ですし、そんな事は知った事ではありません。






しかし、結局は中日球団職員は、何もせず、何も行わず、仕事をサボり、仕事をせず、そのまま放置して、でも何もしないと怒られるから、球団公式応援団は作らず、私設応援団を公募するという、許可だけをするという方針だけを決めているのだそうです・・・本当に最低だと思います。


しかもこの一件、スポーツ報知は報じていますが、中日新聞も、中日スポーツも、依然として一切この応援団の出入り禁止に関して報道していません。

事実を隠蔽しているのです。


しかし、スポーツ報知の報道が、Yahooニュースにも載ってしまったため、中日球団職員は大慌てです。


chunichinarimononashiijojitai.png


    ↑

「異常事態 中日鳴り物応援なし」 ってヤフーニュースで堂々と出てしまったので、中日球団職員のおっさんどもも大慌てです・・・アホか。

スポーツ報知の報道を受けて、慌てて中日球団公式ホームページに、相変わらず何が言いたいのか訳がわからない下手くそな日本語の報告を、しらんぷりして、「ドラゴンズニュース」 として載せています。

    ↓


ドラゴンズニュース 応援団方式の応援について

http://dragons.jp/news/2014/14022701.html

2014/2/27

観客を組織化し、または統率して行われる集団による応援(応援団方式の応援)は、日本野球機構と12球団などで組織するプロ野球暴力団等排除対策協議会の許可を得た団体でなければ行うことができません。

応援団方式の応援とは、大きな応援旗、鳴り物(トランペット、太鼓、笛など)を使用した応援、または応援を扇動、指揮する行為などを指します。

今シーズンの中日ドラゴンズへの応援団方式の応援につきましては、東海地区では正式に許可を得ている団体がありません。

現状、4団体が許可保留の状況にあります。

従いまして、オープン戦から、応援団方式の応援、鳴り物を使用した応援はありません。




    ↑

こういう事態を招いてしまった事を謝罪するでもなく、スポーツ報知で2月27日に暴露報道されYahooニュースで大々的に取り上げられてしまった故に、慌てて2月27日付けで、「ドラゴンズニュース」 として球団ホームページに申し訳程度に、とりあえず後で言い訳できるように、適当な文を載せておく、これが中日球団職員の仕事です。

相変わらず中日球団職員のおっさんどもは、仕事をさぼっている事を取りつくろう事に必死になるだけの、大バカ者揃いです。


中日球団職員のおっさんどもは、ナゴヤドームを盛り下げることをしておきながら、結局何の手も打たず、事態をそのまま放置し、最悪の結果を招いたのです。



中日球団職員のこういう怠惰な姿勢が、結果的にこのような最悪の事態招いた責任は、極めて重いと言わざるを得ません。



なぜこういう事になってしまったのか、ドラゴンズファンの皆さんと真剣に考えなければならない重大な問題であると言わざるを得ません。

明らかに仕事をしない怠惰で無能な中日球団職員のおっさんどもの責任です。


NagodoVsGiants20130918.jpg



中日球団職員は、読売球団を見習って、公式球団を作り、応援団員を公募し、名簿を管理するべきなのです。

読売球団公式サイトの、このページをご覧ください。

    ↓




新応援団の結成と団員募集について

2010.12.27

http://www.giants.jp/G/gnews/news_393731.html

2011年シーズンから、日本一、ペナントレース奪還を目指す読売ジャイアンツを応援する新しい私設応援団が発足することとなりました。
名称は、「読売ジャイアンツ応援団」となる予定です。


■新応援団結成と団員募集について

本拠地である東京ドームはもちろん、主に首都圏の球場の外野スタンドで活動し、内外野スタンドに詰めかけた大勢のファンの応援をリードします。
新応援団は、長く東京ドームなどでファンの皆様に愛されてきた伝統の応援スタイルを受け継ぎつつ、さらに選手やファンと一体となったすばらしい応援を目指します。
このため、応援の担い手となる団員を、球団公式ホームページなどを通じて、広く一般から募集することになりました。
一人でも多くの方のご応募をお待ちしています。

なお、今シーズンまで活動していた「東京読売巨人軍応援団」は、団員1名が、野球観戦チケットの不正転売を行い、試合観戦契約約款や特別応援許可規程に違反していたことがわかり、その責任を取って解散することになりました。

新応援団の募集についてジャイアンツ主将の阿部慎之助選手は、
「スタンドからいただく応援は、チームにとってなくてはならないもの。選手の心を熱くする応援で、私たち読売巨人軍の日本一奪回を後押ししてください。たくさんのご応募よろしくお願いします」
と話しています。


■団員募集要項

1.募集と選考方法
応募用紙をダウンロードして印刷し、計2枚に必要事項を記入の上、応援団応募係までご郵送下さい。
2011年1月11日(火)必着とします。
※募集は終了しました
申込者の方には、書類審査を経て、1月中旬から下旬にかけて開催する説明会と面接の日程をお伝えします。
応援団に加わっていただけるかどうかの最終的なお知らせは1月末から2月初旬を予定しています。

2.募集人員
20名程度を予定しています。

3.応募資格
・男女問わず2011年3月31日時点で満15歳以上の方
・関東近郊にお住まいかお勤めで、主に東京ドーム、神宮球場、横浜スタジアム、千葉マリンスタジアム、西武ドームなどで応援できる方
・トランペットや洋太鼓を演奏できる方を歓迎しますが、経験は問いません
・試合観戦契約約款、特別応援許可規程を順守できる方
・ジャイアンツ愛のある方

4.郵送先
〒100-8151
東京都千代田区大手町2-1-1 大手町野村ビル7F
株式会社 読売巨人軍 応援団募集係

5.問い合わせ先
詳細については、読売巨人軍の応援団募集係(03-3246-7733代表)にお問い合わせいただくか、専用メール(ouendan@giants.co.jp)にてお尋ね下さい。
年末年始期間中および土日祝日はメールのみの対応とさせていただきます。
返信については、可能な限り迅速に対応いたします。


-----------------------------------------------------------FAQ

Q:応援団って、具体的には何をするのですか?

A:ファンをリードしてスタンドを盛り上げ、チームに熱い声援をおくります。
具体的には、観客席でトランペットや太鼓を演奏したり、旗を振ったりします。
選手の応援歌やマーチを作詞作曲しているのも、応援団なのです。
自分のリードで大勢のファンが一つになって応援できた時は、何とも言えない充実感がありますし、その結果チームが勝利した時の喜びはひとしおです。


Q:応援団のだいご味はどんなところにありますか?

A:自分のリードで大勢のファンが一つになって応援できた時は、何とも言えない充実感がありますし、その結果チームが勝利した時の喜びはひとしおです。
広い球場、特に東京ドームの外野スタンドでトランペットを吹くことができるなんて、何事にも代えがたい経験です。


Q:ファンクラブとはどう違うのですか?

A:ファンをリードしたり、トランペットを演奏したりする応援活動は、特別に許可された団体にしかできず、誰にでも許されているわけではありません。
責任は重大ですが、だからこそやりがいも。試合後、ファンから「楽しかった」「ありがとう」と声をかけられることもあります。


Q:トランペットや太鼓を演奏したことがありませんが、大丈夫ですか?

A:心配ありません。
誰もが最初は未経験者なのです。
練習を重ねていけば、きっとできるようになります。
それに、演奏ができなくても、大声でファンをリードしたり、力強く旗を振ったりすることも重要な応援活動です。


Q:どれくらいの数の試合に参加するのですか?

A:新応援団は主に首都圏で行なわれる巨人戦で応援します。
具体的には、本拠地の東京ドーム、神宮球場、横浜スタジアム、千葉マリンスタジアム、西武ドームなどで、オープン戦と公式戦で100試合近くあります。
全試合参加がベストですが、仕事や学校、家庭の事情に応じて参加すればいいでしょう。
応援活動に参加すればするほど、チームの劇的な勝利に立ち会えるのはまちがいありません。


Q:甲子園やマツダスタジアム、札幌ドームなどでは応援できないのですか?

A:ジャイアンツの応援団はほかに大阪、北海道、広島にもあります。
それぞれ協力し合って応援していますので、新応援団のメンバーが甲子園や札幌ドームなどに遠征して応援することもできます。
ほかにも地方試合がありますし、全国各地で応援できるのも魅力の一つです。


Q:試合がある日の様子を教えてください。

A:たとえば、東京ドームでのナイトゲームでは、午後4時の開場後、まず太鼓や応援旗をライト外野席の応援スペースに運び込みます。
そしてユニフォームに着替え、今日はどんな応援をするのか、仲間とミーティング。
午後5時半ごろの先発メンバーの発表から、実際にトランペットを吹いたり、太鼓を叩いたりしてスタンドの雰囲気を盛り上げていきます。
プレイボールは午後6時。
主にチームの攻撃時に、選手をコールしたり、応援歌やマーチを演奏したりします。
チャンスになればチャンスマーチを演奏し、得点が入れば、お馴染みのあの音楽の演奏です。
応援団の演奏に合わせて大勢のファンがオレンジのタオルを振り回し、スタンドのボルテージは最高潮。これにまさる興奮はありません。
試合終了はだいたい午後9時半~午後10時ごろ。チームが勝利すると、興奮冷めやらないファンと一緒に、その日活躍した選手のコールを繰り返したり、応援歌を演奏したりして盛り上がります。
最後にファンから「いいぞ、いいぞ、応援団」とのコールがわき上がると、応援の疲れも吹き飛びます。


Q:費用はどれくらいかかりますか?

A:新しい応援団も私設ですので、チケット代や球場までの交通費などは基本的
に個人負担です。
ただ、球場を盛り上げてくれる大切な存在なので、球団としても、応援団への様々な支援を考えており、1月中下旬の説明会や2月の発足時には詳細をお知らせできるよう検討を進めています。





    ↑

こういう読売球団のようなことを断行できないのであれば、

「ああ、やっぱり中日球団職員は、旧中日応援団の暴力団員と癒着していて、遠慮しているんだな。」


と判断せざるを得ません。

現在のところ、中日球団職員は、旧中日応援団の暴力団員に遠慮している状態です。

名古屋市に住んでいると、色々な噂を耳にしますが、やっぱり噂通りに、中日球団職員は暴力団員と癒着しているということなのでしょうか?


中日球団職員は、読売球団職員にはできることを、できないと言うのでしょうか?

そんな詭弁が通用するわけがありません。


ただ単に仕事をさぼって怠けているだけのことです。

あるいは無能すぎて、何もできないでいるだけのことです。

・・・まあ、いつものことですがね。



12球団1高い入場料、12球団1まずいナゴド飯、12球団1しょぼいファンクラブ特典、12球団1悪いファンサービス、中日球団職員のやってきた仕事は、常に12球団中最低でした。

だから、今回の応援団問題の放置に関しても、

「ああ、またか。」

とは思いますが、だからといってこのまま黙って中日球団職員の怠惰な姿勢を放置する訳にはいきません。


なぜならば、応援団ゼロというのは、谷繁竜の士気にかかわる大問題だからです。

相手球団だけがにぎやかに応援をしていて、ドラゴンズの攻撃中だけシーンとしてるなんて、異常な状態です。

そんな異常な状態を回避するために、中に球団職員は全力でこの問題に対処しなければならなかったのです。

しかし、いつも通りに中日球団職員は仕事をせず、問題を放置し、問題をますます大きくしました。

そして出した方針は、



外部の私設応援団を、公募するのだそうです。


ふざけるな、中日球団職員ども!!!


中日球団職員は、仕事をしろ、大バカ者!!





中日球団職員が今すぐに行わなければならない仕事は、読売球団職員の仕事を真似して、今すぐに公式応援団を作り、応援団員を募集する事です。

そしてロッテの球団職員の仕事を真似して、応援団長を中日球団職員として雇用すること。

応援団長は作詞作曲のできる人材を採用すること。

ノーバディーノーズが良いでしょう。

KnowbodyKnowsのメンバーは、現在今池プロレスでプロレスラーをやっているほど暇ですので、ドラゴンズの応援団長を依頼すれば、快く引き受けてくれることでしょう。

センスの良い応援歌もあっという間に作詞作曲してくれることでしょう。

コンサートも長年行っており、場を盛り上げる能力は誰よりも上手でその能力も高いでしょう。


ダサくて盛り上がらないと不評だった旧応援団の応援歌を一掃するチャンスでもあります。

仕事のできない、仕事をしない中日球団職員のおっさんどもは、今すぐに読売球団方式で応援団員を募集し、千葉マリーンズ球団方式で応援団長を決定してかっこいい応援歌を作れるリーダーシップとエンターテイナー性のある人材を球団職員に採用し(臨時でも契約社員でも何でも良いでしょうに)、新応援団を作りなさい。



読売球団方式、公式応援団の新設方法

    ↓

中日新聞社は今すぐ応援団員を公募しドラゴンズ公式応援団を作れ、の件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-356.html



千葉マリーンズ方式の公式応援団、応援団長が球団職員で応援歌作詞作曲の経緯

    ↓

中日新聞社は今すぐ応援団員を公募しドラゴンズ公式応援団を作れ、の件 その2
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-362.html





応援団長を球団職員にして応援歌を作らせて、著作権を球団に帰属して燃えよドラゴンズと一緒にCDアルバムを作成して売ればビジネスにもなるでしょうに。

ドラゴンズファンだってそういうCDは欲しいだろうし、需要にこたえようとしろよな。

中日球団職員はこれをビジネスチャンスとも捉えろよ・・本当に頭悪くてニブいな・・。


カッコイイい応援団と応援歌を作って、ドラゴンズファンがナゴヤドームに行きたくなるような公式応援団を作れ。

それだって立派なナゴヤドームの集客方法だろうが。



中日球団職員は今すぐにやれ!! たまには仕事をしろ!!!






にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram


















スポンサーサイト

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

大島康徳のバレバレの大嘘で、無能中日OBの一人だったことが判明した件



















落合竜に入れない中日OBってのはやっぱり無能でバカすぎるなー、っていう大島康徳のブログを発見しました。



oshimayasunori.jpg



中日キャンプ

http://ohshima-yasunori.at.webry.info/201402/article_4.html

2014/02/12

今日もお天気が今ひとつでしたが中日キャンプを取材しました。

…うん?
いつもの中日キャンプと雰囲気が違うぞ…

キャンプを見始めて、まず感じた印象がこれでした。

お天気のせいだったのかもしれません。

今日はたまたまそうだったのかもしれません。

しかしながら良く言えば、ゆったりめの、各々での調整
おだやかな空気の中でのキャンプ。

悪く言えば覇気を感じられない雰囲気を感じてしまいました。

いつもなら
「さすが! 強いチームのキャンプをしている」
というものを感じたものですが…

今年の中日投手陣には昨年までの迫力は感じられませんでしたし

野手陣は逆に「今年の野手陣はここが違うぞ」といったものが欲しかったのですが、そこに変化は感じられませんでしたし。

う~ん…ちょっと…今年も厳しいかもしれません。

とにかく、今回は今まで見たことのない中日キャンプを見たような気がして、ちょっと驚いています。

今回のキャンプ訪問
中日OBという立場ではなく客観的な視点で見ることを心がけました。

なので選手やベンチの皆さんとはほとんど話をしていません。

唯一、挨拶程度の会話を交わしたのが新加入のガッツです。
元気そうでしたよ。

中日への移籍を決めた時も大島に連絡をくれたガッツ。
あえて言葉で表現することは少ないですが彼のことは常に気にして見ている大島です。

「似たもの同士」を認め合っている仲なので、お互い「気持ちは分かっている」つもりです。

と、大島は勝手に思っています。

頑張れ、ガッツ!









大島康徳から見ると、今年のドラゴンズの沖縄北谷キャンプは、昨年のジョイナス高木中日のグダグダキャンプよりも、覇気を感じられない雰囲気だったんだそうです(笑)。

谷繁竜のキャンプ、いったいどこをどう見たら、昨年よりも覇気が無いというのでしょうか?

どの記事を見ても、どの評論家の意見を読んでも、全ての意見はただ一つ、それは、

「2014年のドラゴンズのキャンプは、昨年とは打って変わって練習量も練習時間も格段にアップした。」

「高木竜とは違って、谷繁竜のキャンプは緊張感に満ち溢れている。」

という評価で統一されています。


覇気を感じられない雰囲気なんて、初めて聞きました。

いったいどこをどう見たら、覇気を感じられない雰囲気という判断になるのでしょうか?

大島康徳、本物のバカだと思います。

それでなくてもたびたび炎上を繰り返す大島康徳のバカブログですが、本当にひどい内容だと思います。


「落合竜に入れなかった中日OBは、全員バカで無能である。」

という事実を、明確に証明することができる本当にしょうもないアホでバカな内容です。


ドラゴンズファンの皆さん、中日OBには敬意を払っても、バカで無能な中日OBは絶対に現場に戻してはなりません。

ドラゴンズの選手にも悪影響ですし。


大島康徳の大嘘をくつがえす、世間一般の記事を見てみましょう。

    ↓



【中日好き】ドラゴンズ、地獄のキャンプで見えた光明

http://www.jsports.co.jp/press/article/N2014022011352701.html

ライトへの見事なヒットを打った平田選手

2014年02月20日

ドラゴンズのキャンプにやってきた。
先に沖縄入りした友人の記者によると、「地獄のキャンプが復活した」とのことだったが、確かに復活していた。
球場での練習が終わった16時過ぎからは、若手に混じって監督も室内練習場に移動して、更に1時間ほどみっちりと汗を流していた。
監督が率先して汗を流す姿を見せつけられては、若手だけではなくチーム全体として背筋が伸びるはずだ。

とある他球団の関係者はこうしたドラゴンズの練習量に舌を巻いていた。
「いろんな球団のキャンプを見てきたけど、今年のドラゴンズほど練習量が多く、なおかつ中身の濃い練習を行っている球団は他にはない」
と。

昨年、一昨年とドラゴンズのキャンプを取材したのだが、どこか気が抜けていた感は否めない。
笑いながら練習をする者、冗談を言いながらグランドを走る者もいたが、今年のドラゴンズにはそんな姿はない。
ただあるのは汗まみれ、泥まみれで練習に取り組む選手たちの姿だ。
投手陣はやや厳しいと言われるが、記者や他球団関係者たちの間では打線の好調ぶりはピカイチと言われている。
懐かしい「強竜打線」の復活も夢ではない。

練習試合も始まり、ジャイアンツや韓国の球団を相手に好成績を残してきた谷繁ドラゴンズ。
さて、どのような試合をするのかと楽しみで東京ヤクルトとの練習試合を取材した。
小川、又吉、濱田などの若手が2イニング程度登板したのだが、三者凡退は1回のみ。
好調と言われる打線も雨空よろしく湿り気味だった。
試合終了後、デニー友利コーチと谷繁監督の話を聞いたのだが、二人とも内容が悪かったことは認めたが、それはいずれも経験不足によるものだとして、特に気に止めた様子はなかった。

そして、驚いたのは試合終了後のことだ。
内野練習場に移動してさらに練習が続いたのである。
野手陣主体の居残り練習だったのだが、それぞれが練習試合で見つけた問題点を克服するように個々別々のメニューをこなしていた。
何が悪くて、どこを直すかを明確に炙り出して修正していくのが谷繁野球なのでは……と感じた。
また、その谷繁野球を支えているのはクレバーなコーチ陣であるとも。

例えば、先日、居残り練習で波留コーチが付きっきりで指導をしていた平田選手。
その日のフリー打撃ではセンターから右方向を徹底して意識したバッティングを行う姿からは、あと少しで新たな境地に達するのでは……と感じさせるものであった。

また、谷選手も気になる存在だった。
苛烈なショートのポジション争いは高橋周平選手が一歩リードと言われているが、谷選手の課題であった打撃が昨年よりも格段に良くなっているように思えた。
フリー打撃でもシャープな打球が印象に残った。
今年は文字通り背水の陣となる谷選手。
熱い思いはひしひしと伝わった。

また、現地でエルナンデス選手のインタビューにも立ち会うことができた。
ショートというポジションに対する熱い思い、変化球主体の日本野球への戸惑いなどを存分に語ってくれた。
その模様はJ SPORTSのキャンプリポートでぜひ見て欲しい。




谷繁ドラゴンズ“地獄の沖縄キャンプ”リポート

http://nikkan-spa.jp/592629

選手交代を告げる谷繁監督。ファンはその手腕を一日も早く見たいと願っている。

日刊SPA!
2014年02月21日

落合GM-谷繁プレーイングマネージャー体制となり、古田敦也氏以来、実に6年ぶりの選手兼任監督が誕生した中日ドラゴンズ。
その手腕には中日ファンだけでなく、球界全体が注目をしていると言っても過言ではない。
では、気になる谷繁元信監督の手腕はいかがなものか?
現地、沖縄に飛んだ。

「落合さんの頃と一緒。地獄のキャンプが復活したよ」

と語るのは名古屋の某新聞記者。
6勤1休という落合監督の頃と同じ練習スケジュールを組み、練習量も増加しているという。
筆者も昨年、一昨年とドラゴンズのキャンプは見たのだが、明らかに雰囲気が違う。
ヘラヘラしている若手は皆無。
白球を追いかける選手たちの姿はがむしゃらに、そしてひたむきに野球に取り組む高校球児を連想してしまうほど。

「べんちゃん(和田選手)なんか10kgも減量してキャンプインしてるしね。ベテランもかなりやる気になってるよ」

実際、練習を見ているとかなりベテランの動きがよい。
こうした背景にはやはり谷繁監督の存在が大きいという。

「監督といえども選手。だから練習もする。しかも練習が終わる16時過ぎに室内練習場に移動して居残り練習もするくらい。監督が練習やってんのに帰れますか、若手が」

昨年、週刊SPA!では谷繁監督にインタビューを行っていたのだが、その際、監督は一人のベテラン選手として中日の若手に苦言を呈していた。

「野球に対する姿勢がね……」

ぼそりとこぼした一言からは、野球ができるという恵まれた環境にいながらそれを活用しきれないでいる若手選手に対するやりきれない思いがあった。
今は監督である。その思いを伝えることは監督の言葉であり、一挙手一投足だ。
若手をうまく競争させ、ベテラン陣の奮起を促すことに成功したといえよう。

「バックアップしてくれる落合さんの存在もでかいと思う。
谷繁元信監督誕生の立役者なわけだしね。
キャンプイン当初は野球の虫がうずいたのか指導していたけど、今はじっと見守っている感じ。
落合GMばかりに目が行きがちだけど、森コーチと二軍の佐伯監督の存在も大きい。
森コーチはゴメスやエルナンデス、ルナといったドミニカンたちから絶大な支持を受けており、日本のお父さんのような存在になっている。
面倒見がいいだけではなく、サボると平気で二軍に行かせてしまうから外国人枠の争いも熾烈になっている。
そして佐伯監督。高木監督時代に入団した若手は今、読谷で血反吐を吐く思いで練習してるはずだよ」

実際、読谷の二軍も取材したのだが、一軍とは違った張りつめた空気の中、黙々と選手たちは練習に打ち込んでいた。
こうした姿をあるセリーグの球団OBは視察して舌を巻いた。

「高木さんの時と比べて明らかに質も量も増えている。
シゲ(谷繁)はまだ選手兼任だし、高木さんの時にぐっちゃぐちゃになった戦力を整えるのに2年はかかると思う。
でも、あの二軍の練習を見たら、今年よりも来年、来年よりも再来年に出てくる若手は脅威になると思う」

どうやら、順調にタネは蒔かれているようだ。
では、実際に今年はどうなっていくのだろうか?
在京スポーツ紙のデスクに聞いた。

「投手陣の台所事情は正直、厳しい。高校ビッグ3と言われながらも燻っている濱田ともう一人くらい一本立ちしてくれる投手がほしい。
エース吉見の復活が6月と言われているので、それまでは辛抱の野球になるだろう。
ただ、野手陣の打線がすこぶるよい。
高橋周平なんかは一回りも体が大きくなり、下半身が安定したスウィングを体得しているし、右打ちを徹底的にものにしようとしている平田なんかも調子がいい。
一発が出にくい球場だから、ホームランを量産とは言えないけど、1998年に優勝した横浜みたいなマシンガン打線も夢じゃないかもしれない」

さらにデスクは続ける。

「セリーグは巨人が頭二つくらい抜けてて、広島は投手力が充実の一途で去年並のパフォーマンスはできるはず。
残るは阪神、そして横浜、ヤクルトになるけど、ヤクルトはかなり厳しいんじゃないかな。
1強1弱4中堅とでもいう形になりそう。
いや、ヘタすると広島もグダグダで1強5弱にもなりかねない。
そうなると中日のCS出場もまんざらない話ではない」

肝心の采配はまだまだ練習試合を3試合こなしたのみなので、何とも言えない。
だが、落合監督のような守り勝つ野球一辺倒ではないようだ。
谷繁監督の監督としての手腕には、オープン戦を通して注目が集まっていくだろう。

<取材・文・撮影/SPA!プロ野球キャンプリポート班>





    ↑

これが谷繁竜のキャンプに対する世間一般の評価です。


そもそも秋期キャンプの段階で、谷繁竜は一気に雰囲気が変わったというのに、春季北谷キャンプで大島康徳は一体何を見ていたのか?不思議でしょうがありません。

    ↓



雰囲気ガラリ!緊張感に溢れた谷繁ドラゴンズ初練習

http://nikkan-spa.jp/522325

谷繁新監督の挨拶を聞くナインたち。右は落合博満GM

2013.10.16 スポーツ

台風26号の影響で今にも降りだしそうな空模様だった15日、谷繁元信新監督、落合博満新GMと、ドラゴンズナインの初顔合わせがナゴヤ球場で行われた。

午前9時50分過ぎ。
ユニフォーム姿の谷繁監督が、スーツ姿の落合GM、ヘッドコーチに就任予定の森繁和氏を従えて、グラウンドに登場した。

宮崎でフェニックスリーグを戦っている若手を除く、およそ60名の選手スタッフを前に谷繁監督は
「(今季は4位に終わったが)このチームは決して弱いとは思わない。全員で、とにかく勝つ野球を目指そう」
と就任後、初めての肉声をナインに届けた。

その後、谷繁、落合、森の3氏はグラウンドに隣接する合宿所に戻ると、午後2時過ぎまでおよそ4時間の“首脳会談”に突入。
「ここまでやることが多いとは、正直、思わなかった(苦笑)」
と谷繁監督がこぼす中、着々と組閣作りは進んだようだった。

「就任会見の時は(緊張して)ヤバかったからね。今日は(番記者など)知った顔ばかりだから、大丈夫」
となじみのユニフォーム姿で安堵の表情を浮かべた谷繁監督が、厳しい表情に一変したのは、ある記者からの質問の直後だった。

記者:選手たちの多くが『久しぶりにグラウンドがピリっと締まった空気になって、ここ2年間なかった雰囲気でした』と語っていましたが……。

谷繁:それだからダメなんですよ!僕から言わせれば、誰が(GMや監督を)やっても同じ姿勢でなければ。我々はプロなんだから。

「宮崎(若手の視察)には19日に行きます。できれば19、20日と2試合観たい。選手たちがどんな顔、いや、どんな「眼」をして野球をやっているのか、ね。秋季練習は11月1日から。今はまだ言えませんが、その時には(新コーチ陣などは)発表できると思います」
と再び和やかに語った谷繁監督。

ドラゴンズ移籍12年目にして、初のBクラスに甘んじた今季の悔しさは、谷繁監督が誰よりも強く感じていることだろう。
監督就任直前に直撃した独占インタビュー記事は、只今発売中の週刊SPA!(週刊SPA!10/15・22合併号)「エッジな人々」に掲載中。
誰よりも「勝ち」にこだわる谷繁監督率いるドラゴンズを、SPA!は応援します。

<取材・文・撮影/小島克典(スポーツカルチャー研究所)>







読売球団もそんな谷繁竜に警戒感アリアリでしたし、

    ↓



巨人 落合GM―谷繁監督の新生中日に警戒感

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/12/22/kiji/K20131222007246550.html

巨人が落合博満GM―谷繁新監督のもと再建を図る来季の中日への警戒感を強めた。

「監督が代われば野球も変わる。谷繁監督になってどういう野球をやるかはしっかり見ていかないと」
と橋上打撃コーチ。
戦略コーチから役職が変わったが、引き続き他球団の分析を担当。
セ・リーグで唯一、新監督が率いる中日の分析を最優先に挙げた。
同コーチは
「オープン戦の最後の10ないし5試合くらいがシーズンの戦い方になる。その辺をしっかり見ていきたい」
と話した。
[2013年12月22日]







落合GMも谷繁監督も超多忙の中、必死に頑張っているのに、

    ↓



練習して、選手見て、落合GMとも…谷繁兼任監督の超多忙

http://gendai.net/articles/view/sports/147871

2014年2月10日

練習中に笑顔を見せる谷繁監督

「自分の中での選手と監督の割合?場面場面で変わるけど、半分半分くらいかな」
 第2クール最終日(9日)、中日の谷繁兼任監督(43)がこう言った。

激務であるのは言うまでもない。
キャンプ初日から、選手としては他の選手と一緒にほぼフルメニュー。
前日8日には初めてフリー打撃を行い、その後は室内で特打もやった。
「ここまで調整は順調にきている」
と言う選手谷繁は、昨年までならそうやって自分のことだけを考えていればよかった。
今年からはもちろん、そうはいかない。

「普段から自身の練習の合間に、選手の動きをチェックして目を光らせています。
キャンプ初日、ブルペンでドラフト2位の又吉(四国IL)のボールを受けた際には、プレートの立ち位置について、『両端を使え』とアドバイス。
気になることがあれば、選手に直接、声をかけることもある。
少なくとも、高木監督時代よりも選手は緊張感を持って練習に励んでいます。
この日もランニングのメニューの際に、平田に『しっかり腕を振って走れ』とアドバイスを送っていたし、巨人からFA移籍した小笠原にも、『あまり飛ばしすぎるなよ』と声をかけていた」
(チーム関係者)

この日のシート打撃では「谷繁色」を色濃く出した。
通常、カウント1―1の状況で行うことが多いが、
「なんで1―1でやるのかボクにはわからない」
と、この日は2ボール1ストライクに設定。
「投手としたら、どうやって2ストライク目を取るか。ボールを投げて、3―1になったときどう粘れるか。打者は有利なカウントでどれだけ球を絞ってスイングできるか」
と意図を説明した。

さらに、落合GMとも普段から密に連携を取っていて、1日に1回は話し合いをするという。
一軍が休日だった4日は落合GMと2人で二軍を視察。
コーチ陣とも随時、グラウンドで話し合うなど、頻繁にコミュニケーションを図っている。

監督になり、練習後の囲み取材に加えて、1日1本程度といわれるテレビや新聞などの取材をこなしている。
朝9時に宿舎を出て、帰りは夜6時を過ぎることもザラだが、監督付の山田広報が
「睡眠時間が削られたり、という状況もないと思う。今のところは昨年までと(生活に)変わりないと思います」
と話しているように、ここまで谷繁兼任監督は順調に滑り出している。







世間一般の評価は、谷繁竜は地獄キャンプ、落合GMも谷繁監督も精力的に動き回り、読売の原辰則は焦りまくり、ジョイナス高木中日のキャンプはユルユルのグダグダだったね、というものです。


それなのに、大島康徳はなぜ全くの真逆の大嘘をブログに書いたのでしょうか?

しかも根拠なしに一言だけ。


大島康徳はNHKで解説もやっているはずなのに、なぜこのように堂々と大嘘を書いたのでしょうか?

あるいは、これが大嘘ではないとすれば、大島康徳は全く野球を見る目が無いということです。


・・まあそんなワケないですよね。

昨年のジョイナス高木中日のグダグダキャンプの方が緊張感があるとか、バレバレの見えすいた大嘘を突く大島康徳、所詮は四流中日OBと、悪い意味で横のつながりを持っているだけの無能ジジイであるということが明らかになりました。

所詮はこの程度、四流中日OBの実体を見るような、大島康徳のクズブログでした。

NHKの解説者をやっているからといって、有能とは限らない、無能中日OBをドラゴンズの選手に近付けてはならない、この鉄則を改めて思い知る、大島康徳のクズブログでした。



最後に一言。


大島康徳よ、お前もか!


oshimayasunori2.jpg








にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram




















テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

高橋周平選手が、ジョイナス高木中日を死ぬほど嫌っていた件













昌 レジェンド葛西流「楽しんで勝つ」

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140218-1259247.html

現役最年長の中日山本昌投手(48)が“葛西投法”で14年に臨む。
41歳で銀メダルを獲得したスキージャンプの葛西に大興奮。
2軍調整中の左腕は17日も読谷で休日返上練習し、競技を楽しんでメダルを取った葛西のように、メンタル面の発想を大転換して進化する意気込みを明かした。
野球界のレジェンドがスキー界のレジェンドに学び、V奪回を導く。

歓喜の瞬間から2晩明けても、山本昌は大興奮だった。
「スゴかったなあ! 銀もスゴイけど最後の人が少しでも失敗してれば金でしょ?」
ソチ五輪で葛西が悲願の銀メダルを獲得。勇姿はキャンプ宿舎のニュースで目に焼き付けた。
41歳で日本の冬季五輪最年長メダリストになった葛西と、48歳の日本プロ野球現役最年長左腕。
「下の選手とも年はだいぶ離れているし、スキーの競技年齢は僕と同じぐらいでしょ?」
レジェンド同士ならではの共感が、興奮を倍増させた。

だが葛西のインタビューで大きな違いに気づかされた。
「彼は苦労しながらもスキーを楽しんでメダルを取った。でも僕は悲愴(ひそう)感ばかり。野球を楽しいと感じたことは1度もない」
プロ30年は不調や故障、精神的不安や恐怖との葛藤など苦しみの連続。
それらは
「少しだけ浸れる、勝った時の快感」
だけで乗り越えてきた。
だが葛西は苦しみ全部を楽しさに変え栄冠をつかんだ。
そのメンタル面の発想転換にシビれた。
そして16日付本紙を引き合いに進化を誓った。

「日刊スポーツに谷繁監督と大魔神(佐々木主浩氏)の対談が載っていたけど、その中で監督が僕のことを『のらりくらり投げてくれればまだまだいける』と言っていた。のらりくらりは心に余裕あって楽しまないとできない。でも楽しめるようになれば僕ももっとやれると思う。そのコツは難しい。でも見習いたい」

この日は休日返上で読谷球場でトレーニング。
2軍でマイペース調整中だが、これでキャンプは不休の17連勤。
「僕も燃えてるよ。でももっと頑張らないと」
16日のフリー打撃初登板で好感触をつかみ、今季初実戦の照準を25日の2軍SK戦に定めた。

[2014年2月18日]




葛西 帰国フィーバーに「こういうのを味わいたいと」

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/21/kiji/K20140221007631030.html

kasaihoriaki17.jpg
会見を終えた葛西は獲得した二つのメダルを誇らしげに見せる

ソチ五輪ジャンプ陣が帰国 (2月20日)

【葛西に聞く】

――五輪を振り返って。

「92年から五輪に出て、待望の個人メダルを獲れた。これまでの悔しさがやっと晴れた。41歳で2個のメダルは、レジェンドという言葉に匹敵するかなと思う(笑い)」

――予想以上のファンが空港で待っていた。

「こういうのを味わいたいと思っていた。今まではメダリストの背中を見て歩くのが悔しかったですから」

――メダルをたくさんの人に触ってもらった。

「すでに傷が付いています。これからもいろんな人に触ってもらいたいので、持ち歩くようにしたい。汚れたら磨きに出せばいい」

――他競技も40代で頑張るアスリートは多い。

「サッカーの三浦カズさん、野球の山本昌さん、テニスの伊達さん。僕も新聞で気にして見ています。おそらく互いの存在は気にしていると思う。通じ合うものはある」

――日本選手団の主将も務めた。

「もっといろんな競技の応援に行きたかった。まだ競技の残っている人も勢いに乗ってメダルを目指してほしい」

[2014年2月21日]




山本昌 葛西&カズ&伊達と“レジェンドカルテット”結成に意欲

http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140224-00000106-spnannex-base

yamamotomasary.jpg
中日の山本昌

2月24日

中日の山本昌(48)が24日、読谷球場で恒例の休日返上トレ―ニングを行った。

今年もキャンプ皆勤となった球界最年長左腕は、ソチ五輪、男子スキージャンプで銀と銅の2つのメダルを獲得した葛西紀明(41)が帰国後の会見で同じ「レジェンド」として自身の名前を挙げたことを伝え聞きご機嫌。

「ありがたいな。(サッカーの)カズと(女子テニスの)伊達公子さんとで“レジェンドカルテット”を組みたいね」

と舌も滑らかだった。
葛西は、帰国後の会見で

「サッカーの三浦カズさん、野球の山本昌さん、テニスの伊達さん。僕も新聞で気にして見ています。おそらく互いの存在は気にしていると思う。通じ合うものはある」

と語っており、まだまだ若者に負けない48歳の山本昌、46歳のカズ、43歳の伊達公子、41歳の葛西の活躍に注目だ。




山本昌 葛西らと“レジェンド・カルテット”「組みたい」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140225-00000060-spnannex-base

現役最年長48歳の中日・山本昌が、スポーツ界の「レジェンド・カルテット」結成に意欲を見せた。

ソチ五輪で2つのメダルを獲得した41歳の葛西紀明が帰国会見で
「通じ合うものがある」
として自身の名前を挙げたことに反応。
「ありがたい。カズ(46歳)と伊達公子さん(43歳)とでレジェンド・カルテットを組みたいね」
と共闘を呼び掛けた。

この日は読谷球場で休日返上で練習。
8月に49歳となり、浜崎真二(元阪急)が持つ48歳10カ月の最年長出場記録の更新を視野に入れている左腕は「レジェンド」が流行語大賞に選ばれる可能性について
「俺も活躍したら(選出に)貢献できるかな」
とアシストを約束していた。





山本昌キャンプ無休「暇だからね」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140224-00000025-nksports-base

yamamotomasary2.jpg
休日返上トレーニングでキャッチボールを行う山本昌

2月24日

中日山本昌投手(48)がキャンプ最後の休日となった24日、練習した。
宿舎から2軍の読谷球場に徒歩で出向き、キャッチボールなど軽めに動かした。
これで1日のキャンプインから27日の打ち上げまでキャンプ無休が確定。
球界最年長は

「部屋にいても暇だからね。ゴルフもしないし、動いた方がいいから」

と、また徒歩で宿舎まで戻った。
































takahasishuheiryoshin2.jpg


takahasishuheiryoshin1.jpg




周平選手のご両親が、衝撃の証言を行っておられます。



ドラ番記者 2014年2月24日

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/draban/20140224/index.html

北谷球場で高橋周の両親と顔を合わせた。
阪神とのオープン戦では4打数無安打だったが、両親の目にはどう映っているのだろうか。

母・玉寄(たまよ)さんは

「表情はずっと明るい。1年目は『野球辞めたい』と言っていた。2年目もまだまだ暗かった。それで今年でしょ。1番良い顔してると思いますよ。笑顔もあるしね」

と教えてくれた。
父・忠美さんも
「元気です。あとは、結果がともなうかどうかです」
と期待していた。
高橋周は

「今年は、体力的に一番苦しい。全身、筋肉痛ですよ」

と話す一方、

「頭の中は前向き」

とも語る。
遊撃手として不安も大きいが、同時に成長を実感しているからだ。

24日の休日が終われば、キャンプも残り3日。少しずつ成長する二十歳の背中を追い続けたい。

(川本光憲)





周平選手の母上の証言によりますと、周平選手がドラゴンズに入団しプロ野球選手生活を始めた2012年の1年目は、表情も暗く、野球を辞めたいと言っていたのだそうです。

さらに周平選手の母上の証言によりますと、周平選手のプロ2年目の2013年も、まだまだ周平選手の表情は暗かったのだそうです。

2012年といえば、まさに坂井克彦プロデュースの高木中日がスタートした馬鹿馬鹿しい年でした。

2013年も坂井克彦プロデュースの高木中日の悪いところが全て出て、チームはBクラスに転落、

高木守道というベンチで寝ている無能な老人監督は素人以下の野球観しかなく、勝てば自分の手柄、負ければ選手に責任をなすりつけるクズ人間でした。

中日OBコーチは、落合竜のふるいに落とされた二流野球人ばかり、周平選手が学ぶものは何一つ無かったのでしょう。


それが、2014年になり、まだシーズンも始まっていないのに周平選手の表情は一変、

「今年は、体力的に一番苦しい。全身、筋肉痛ですよ」

と周平選手が自ら語りながら、なぜ笑顔なのでしょうか?

全身が筋肉痛になり、体力的に一番苦しい周平選手、まだキャンプの段階なのに、落合GMと谷繁PMの体制がまだキャンプしか始まっていないのに、家族もびっくりするほど周平選手が笑顔になっている、これはなぜなのでしょうか?



中日高橋周、居残りで絶叫「助けてぇ~」

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140203-1252606.html

中日高橋周平内野手(20)が「助けてぇ~」と絶叫した。
2日、居残り特守で辻コーチから1時間連続でノックを浴び思わず叫んだ。

「キツイです。でも僕の課題は守備。守れないと出られないポジションなので」

直前には1時間の居残り特打も行い、谷繁監督が柵越え締めを指令。
息もぜいぜい、右中間への大アーチで応え、客席の拍手を浴びた。
結局朝8時半の早出特守から午後7時の居残り特守まで10時間半の猛練習。

「レギュラーをつかみたい」

と必死だった。

[2014年2月3日]




辻発彦コーチの猛烈なノックに、周平選手がノックを受けながら、「助けてぇ~」と言っているのに、昨年よりも一昨年よりも表情が明るいのはなぜなのでしょうか?

そして周平選手が、

「頭の中は前向き」

と明るい表情で語っているのはなぜなのでしょうか?


・・・どう考えても、高橋周平選手が、坂井克彦プロデュースの高木中日が、死ぬほど嫌だった、ということですね。




【中日】高木監督「明日は周平出さん」

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130808-1169798.html

<中日3-4ヤクルト>◇7日◇ナゴヤドーム

最下位ヤクルトに連敗した中日高木守道監督(72)は、
「やっぱり弱い負け方だよ!」
と怒り心頭だった。
4点ビハインドを1点差まで追い上げ、9回も1死満塁と逆転サヨナラの舞台が整ったが、4番ルナ&5番和田が凡退。ヤクルトより5本多い11安打を放ちながら、イライラだけが募る11残塁の拙攻負けとなった。
「最後なんて絶対サヨナラのケースだ。昨日も今日もルナが1本打ったら勝っとった」
監督の矛先は4打数3三振で2試合ノーヒットの高橋周にも向けられ、

「あかんね。明日は出さん!」

とばっさり。
5日に残り全試合のスタメンを確約したばかりだが、あっさり前言撤回となった。
[2013年8月8日]





【中日】 高木監督11年ぶり本拠負け越し

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130914-1189395.html

<中日0-2DeNA>◇14日◇ナゴヤドーム

中日の11年ぶりにホーム負け越しが決まった。
19歳の高橋周平内野手を5番に抜てきするなどした打線が沈黙。
打線がつながらなかった。

02年以来となるホーム負け越しに高木守道監督は

「そりゃ今年は勝てるゲームの試合でスタイルがなかなか出ない。(昨年まで)打てんでもピッチャーが頑張るということがあったのに」

と嘆いた。
[2013年9月14日]





せっかくプロに入ったのに、監督は三流、コーチも三流、ロクに野球も教えてもらえず、高橋周平選手は自分自身の野球人生としての成長の実感も得られないままに、悶々としてジョイナス高木中日の日々を過ごしていた事でしょう。

そしてロクに野球を教えてもらえないままに、19歳にして5番打者に抜擢され、

「はぁ?何で俺が5番打者なんだよ・・」

と首を傾げるような疑問を感じているうちに試合には負けてしまい、勝てる試合のスタイルすら作れない高木守道が、

「そりゃ今年は勝てるゲームの試合でスタイルがなかなか出ない。(昨年まで)打てんでもピッチャーが頑張るということがあったのに」

と、まるで他人事のような、責任転嫁コメントの毒舌を吐かれれば、物事の本質を鋭く捉えるセンスのある高橋周平選手からすれば、さぞかし、心底ウンザリしたことでしょう。

またある試合では

「あかんね。明日は出さん!」

と高木守道が自分で試合に出しておきながら、なぜかダメ出しをしてきて、しかも明日は試合には出さない宣言をされたりして、周平選手は日々、性格の悪い高木守道の毒舌のせいでモチベーションを下げまくっていたことでしょう。



【中日】高木監督、周平1軍は将来性考慮

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130328-1103833.html

中日高木守道監督(71)が27日、2年目高橋周平内野手(19)に奮起を促した。
新人の昨年に続く2年連続の開幕1軍を決定。

「若手の中では将来性があるからスタートから入れてみようということになった」
としたが、

「最初は登録の関係で野手を多く入れられる。でも悪ければずっとベンチに置いておく余裕はない」

と、戦力になれるかどうかで今後を判断する方針を明かした。

「でも今のままじゃあかん。バッティングコーチが育てないと」

この日のナゴヤドームでの練習では、監督自ら約30分間ロングティーの投球役を務めるなど、迷いのある打撃の修正を手助けしていた。

[2013年3月28日]



【中日】高橋周の1軍登録抹消

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130401-1106146.html

中日は1日、高橋周平内野手の出場選手登録を抹消した。
再登録は11日以降。

[2013年4月1日]





2013年3月末の開幕一軍登録の周平選手、4月1日には一軍登録を抹消され、周平選手としては内心、

「はぁ? ジジイ何がしたいねん?」

と思ったでしょうし、モチベーションの持って行き方が難しかったと思います。

ここから得られるドラゴンズファンとしての教訓は、たとえ中日OBに敬意を払う事はあっても、無能な中日OBを現場の指導者に入れる事は絶対にやってはならない、という事実です。

無能な中日OBをコネだけで現場の指導者にすると、ドラゴンズの選手が犠牲者となってしまうので、無能な中日OBを現場に入れるという行為は、絶対に行ってはなりません。

周平選手が暗い顔をしていたジョイナス高木中日の時代と、谷繁竜になって周平選手が明るく生き生きとしているとご両親がすぐに気がついて証言している程です。

周平選手の表情の変化が、無能中日OBコネだけで現場に戻す行為は絶対に行ってはいけないという鉄の教訓が完成しました。

もしドラゴンズ憲法というものを作るとするならば、第一条に書いておいてもらいたいくらいの教訓です。



ドラゴンズ憲法 第一条

無能OBを、コネだけでコーチにしてはならない。





そりゃ周平選手の表情も暗くなるでしょうし、あんなに大好きな野球を辞めたくなるほどに嫌になる、というのもうなずける話ですし、入団1年目がジョイナス高木中日だったことを、ドラゴンズファンを代表して周平選手には大いに謝罪したいと思います。

周平選手、せっかく2011年まで超一流の落合竜が存在していたのに、入団1年目の2012年からあんな変なジョイナス高木中日の誕生を許してしまって本当にすいませんでした。



中日新聞社大島派の坂井克彦プロデュースの高木中日の特徴といえば、監督バカ、コーチバカ、コネ入団のオッサンもバカ・・



中日高橋周に山崎氏「トークを磨け」

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131225-1235743.html

中日高橋周平内野手(19)が今季限りで引退した山崎氏にクリスマスプレゼントをもらった。
24日、名古屋市内のホテルでトークショーを行い
「数字は追うな! 守備で谷繁監督を認めさせろ!」
という言葉をもらった。
「考えすぎると頭の中がグチャグチャになっちゃう」
という助言に高橋周は
「守備頑張らないといけない」
ちなみに周平の同席は
「トークを磨く必要がある」
という山崎氏のリードだった。

[2013年12月25日]




山崎武司に言わせると、高橋周平選手へのアドバイスは、トーク力を磨け、なんだそうです。

本当に究極にくだらないですね。

本当にバカバカしい役立たずのおっさんだと思います。

「そりゃー、周平選手の表情も暗くなるはずだ。」

と思います。

前田智徳選手が寡黙で余計なことをベラベラとしゃべる事のない超一流選手であったことを考えると、周平選手がトーク力を磨く必要性は、全くありません。

楽天から中日新聞社の薄汚れたコネだけで移籍してきた役立たずのトンチンカンなオッサンの先輩にトンチンカンなことを言われていた周平選手は、不快でたまらなかったことでしょう。

鋭い感性を持ち、鋭く物事の本質を捉えることのできるセンスも持ち合わせた十代の高橋周平選手からすれば、適正な野球観のまったくない無能な中日OBコーチのくだらないたわ言は、聞くに堪えない吐き気をもよおすものばかりだったに違いありません。

頭が悪く下品でくだらないことばかり口走る、中日新聞社大島派のコネに頼るだけのアホな中日OB達のレベルの低い野球論に、作り笑顔を作ってウンウンと頷かなければならない高橋周平選手の気持ちは、野球を辞めたくなるほどに暗く落ち込んでいたという、深刻な事態に陥ってしまいました。


こういうバカなところに引っ張り回される周平選手、さぞ嫌だったことでしょう。

こうやってまだ見えるところはまだいいんですが、川又とか彦野とか、ネットで黒い噂の絶えない三流コーチにも周平選手は引っ張り回されて、あちこちのパチンコ系とか不動産系とかの黒いタニマチの酒席に強制参加させられたりとか、バカバカしい日々を過ごしていた可能性も高いと思います。

野球技術は三流なのに、こういうことばっかり得意な中日OBはたくさんいますが、坂井克彦プロデュースのタニマチジョイナス高木中日は、そういう四流中日OBばっかりだったので、周平選手は嫌な思いばかりしてきたんじゃないかと思われます。


先輩がクズすぎて、野球に集中できなかった周平選手、さぞ嫌だったでしょう。

これもドラゴンズ憲法に書いておきましょう。


ドラゴンズ憲法第2条

ドラゴンズの有望な若手選手をクズタニマチの酒席やくだらないトークショーに引きずり出してはならない。





試合に出たら出たで、ジョイナス高木中日は、ベンチも陰気だし、


会話がない中日ベンチの〝怪〟

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/5005/

2012年03月08日

中日・高木守道監督(70)と主力ナインとの会話のなさに、チーム関係者がヤキモキしている。
「タケシ(山崎)ですら、全く話しかけられていないそうだ。『調子どうだ?』程度もないらしいんだよ」
指揮官はキャンプからドラフト1位の高橋周平内野手(18=東海大甲府)をはじめ、堂上兄弟、柳田、福田など、若手には積極的に声をかけて指導している。
それが主力相手にはない。
就任以来、
「スターティングメンバーは去年とほとんど変わらない」
と宣言している高木監督にしてみれば、主力への信頼の証しで、必要ないと感じているからだろう。
しかし、チーム関係者は「たまには直接、声をかけた方がいいのでは」と話す。

例えば、高木監督は13、14日の日本ハム戦(岐阜、小牧)と、15日の巨人戦(浜松)の3連戦に主力野手を顔見せ出場させることを決めたが、この方針が直接ではなく、コーチを通して間接的に伝えられたこと。
この3試合は、いずれも落合前政権では主力を欠場させた地元の地方球場でのオープン戦だけに、チーム関係者は気にしている。

「選手も、監督のファン重視の考えは分かっているから、理解はするだろう。でも、あまりにもこうした間接的な指示ばかりが重なったら“一方的だ”と反発するかもしれない。選手は結構単純だから、監督から『頼むぞ』とか言われれば気持ちよくやれるんだよ」

というのだ。
3連覇を目指す中日。
高木監督の主力ナインへの声かけが重要なキーワードになる!?




benchyamasaki.jpg



ジョイナス野球は、周平選手には辛い環境だったと思われます。


高校時代の周平選手は、それはそれは明るく楽しく野球をしていました。


takahashishuheitokai2.jpg

takahashishuheitokai1.jpg

takahashishuheitokai4.jpg

takahashishuheitokai5.jpg

takahashishuheitokai6.jpg

takahashishuheitokai3.jpg


それなのに、ジョイナス高木中日のクズコーチ、クズ監督、クズ中日OB、山崎武司的や井端的クズ先輩によって、すっかりモチベーションを落とし、表情も暗くなってしまいました。

もともと周平選手はショートだったし、高木守道も周平選手をショートで育成しようと一瞬考えた事もあったようですが、


【中日】高木監督「周平遊撃、井端二塁」

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130805-1168756.html

中日高木守道監督(72)が5日、井端の二塁復帰プランを明かした。
6日のヤクルト戦に備え、横浜から浜松へ移動。

現在は好調な高橋周を遊撃で起用しているが、離脱中の井端が1軍復帰すればどうするのか?
この問いにきっぱり答えた。

「周平は最後まで出したいと思っとる。周平ショート、井端セカンドもある」

井端の二塁は落合前監督時代以来2年ぶり。
イバシュウで新コンビ結成?
[2013年8月5日]





なぜかこの話は立ち消えになりました。

もともとショートだった周平選手が、なぜサードをやらされていたのか?

その経緯が全く持ってわかりません。

落合GMも谷繁監督も、

「周平はもともとショートだろ?」

という基本に立ち返って、周平選手をショートで本格的に育成しようとしています。

そこに周平選手もやる気が出て精力的に頑張っているというところだと思います。



・・そもそも、「サード周平」 というのがおかしな話だったのです。

サード周平、一体どこから出てきた話なのでしょうか?





中日井端ゲキ!周平よレギュラー獲れ

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20121211-1058399.html

森野を超えろ!
中日井端弘和内野手(37)が10日、かわいい後輩にゲキを飛ばした。
来季2年目を迎える高橋周平内野手(18)を引き連れて自主トレ先の熊本に出発。
森野からのレギュラー奪取というノルマを課した。
球界の名手が、12日間の共同生活でプロで生き抜く術を伝授する。

異例のレギュラー奪取指令が飛び出した。
中部国際空港に現れた井端は、まじめな顔で横にいる高橋周に声をかけた。

井端 来年はレギュラーとってもらわないと。とにかく試合に出てほしい。周平! レギュラーとるよな?

高橋周 は、はい。

これまでにも、高木監督がオフのイベントで森野との正三塁手争いをあおってきた。
だが、選手が競争相手でもある同僚にスタメン奪取を指令することは珍しいケースだ。

わざわざ高橋周を自主トレのパートナーに指名した。
今回で3度目となる熊本自主トレだが、昨年までは1人だった。
黙々と自身のプレーを磨くことが本来の目的。
今回はそのスタイルを変えた。
将来、チームのクリーンアップになることを見込み、自ら声をかけたのだ。

地獄の合宿生活を用意している。
1日の練習時間は昼食を挟んで6時間。
トレーニング先となるグラウンドは繁華街からほど遠い山の中だ。
チームの平沼用具係を打撃投手として伴うなど、みっちりと練習に打ち込める環境を整えた。
井端自身も「足りないときは俺が投げる」と打撃投手として練習を支えるつもりだ。

「打つ方も守る方も両方やるよ。(高橋周が)ダメだったら、俺がダメってなるからね」

期待のスラッガーを預かる重圧もある。
だが、今季出場41試合、2本塁打の高橋周が大ブレークすれば、チームの活性化にもつながる。
レギュラーを育て上げる-。
竜のチームリーダーが覚悟を持って熊本入りした。

[2012年12月11日]




もともと周平選手はショートなので、

「井端を超えろ!」

となるはずなのに、なぜか記事が、

「森野を超えろ!」

になっています。

この辺がずーっとクサイなと思います。

井端の政治力の悪臭がするんですよね。



中日高橋周の打撃改造 井端から合格点

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130129-1078095.html

井端(左)から打撃指導を受け笑顔で応える高橋周

中日11年ドラ1の高橋周平内野手(19)が師匠の井端弘和内野手(37)から、打撃改造の合格点をもらった。

「イメージはできている。間違った方には行ってないね」

昨年12月に熊本で10日間の合宿を張り、確実性を上げるための直接指導を受けた。
井端が沖縄合同自主トレに合流した28日のフリー打撃が、成果のお披露目日。37振で柵越え3発を含む20本のヒット性を放ち

「いい打球が結構あった」

井端は

「いずれは3割20本は打ってほしい選手。今年は最低3割10本だね」

とノルマを設定した。
[2013年1月29日]





たまに単打を放つだけの井端が、何を上から目線で、ドラゴンズの宝である周平選手に合格点なんか出しているんでしょうか?

もともとスラッガーでもなんでもない井端が、なぜか周平選手に上から目線で、

「3割10本だな。」

と口走るのは全く意味がわからず、当時、

「井端、なんなんだ一体?」

と思っていました。

なぜなら、井端の成績は、

2011年 104試合 434打席 88安打 .234 1本 29打点
2012年 140試合 553打席139安打 .284 2本 35打点
2013年 100試合 376打席 77安打 .236 1本 18打点

   ↑
こんな程度です。

こんな程度の打撃成績で、なぜ将来のドラゴンズのスラッガー候補の周平選手に、打撃の事でアレコレ口出ししているのか、不思議でたまりませんでした。

自主トレ中にも、周平に守備を教えたという記事もなく、違和感ありまくりでした。


ibataG4.jpg


ドラゴンズファンの中には、この記事に大いに違和感を感じた人も大勢いたようで、ネット上では、井端が周平選手にショートのレギュラーを奪われないために、嘘を教えているか、ショートにならないようにサードをやらせるように誘導しているか、圧力をかけて、周平選手の邪魔をしているんじゃないかという議論もたびたびなされていましたが、その通りなんじゃないかと思います。

一度たりとも自主トレにドラゴンズの後輩選手を連れて行った事のない井端が、突然自分のショートのレギュラーをおびやかす存在の周平を自主トレにつれて行った不自然さ。


ibataG5.jpg


しかも自主トレ期間中には守備を教えるのではなく、なぜか打撃を教えるという不自然さ。

スラッガーでもなんでもない、年間ホームラン数が1、2本の井端が、なぜか周平選手に打撃面で上から目線でスラッガーの周平選手に打撃指導という不自然さ。


ibataiseki.jpg


本来、周平選手クラスのスラッガー候補は、福留選手や松井秀喜クラスの、超一流左打者スラッガーから打撃指導を受けるべきなのに、なぜ井端が周平選手の打撃に口出しするのか、不思議でたまりませんでしたが、要するに井端からの周平選手への嫌がらせだったのだろうと思います。

ショートの周平選手がモチベーションを下げたのも、表情が暗くなったのも、井端の嫌がらせや圧力が原因だったのではないかと推測します。

井端は負けず嫌いで嫌らしい性格の持ち主です。

ドラゴンズのチームプレーよりも自分の事を最優先します。

周平の成長よりも、ドラゴンズにとって何が最適なのかということよりも、まず自分、それが井端です。


ibataG3.jpg


そういう意味では、2013年に契約が切れた時点で手術をわざと行う井端の行動も実に不自然だなと思います。

普通は2013年までに契約があるのであれば、2011年か2012年までには手術を行い、2013年には万全の体調でシーズンに臨むはずです。

それが2013年が終わった時点で複数箇所を大手術し、いかにも大幅に年俸を下げられたかのようなデマを流してドラゴンズを退団、嫁の希望の息子のお受験も考えて関東の球団を希望、2014年にはまんまと大ファンだった読売に移籍、結果的に周平選手にレギュラー争いで敗れた姿を見せる事もないままに、すべてはまんまと井端の計算通りに事が進んでいるように見えます。

・・まあバレバレですけど。


ibataG2.jpg


落合GMは非常に鋭い人ですから、井端の周平選手への嫌がらせには気づいていたのかもしれません。

それで落合GMは井端がドラゴンズのマイナス要因になっていると最初から気づいていたのかもしれません。

それとも報道されていないだけで、選手間では井端の嫌がらせは常識だったのかも?

現に、ドラゴンズでは井端がいなくなった事で内野のレギュラー争いが正常化し、周平選手もやりがいを感じて生き生きとしているように見えます。

周平選手の暗い表情の原因は、井端にあったのではないでしょうか?

今年の周平選手の自主トレは、一人で始動です。


高橋周「独り立ち」宣言 井端移籍で一人で始動

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/12/23/kiji/K20131223007254780.html

来季3年目を迎える中日の高橋周が「独り立ち」を宣言した。

昨オフ、熊本でともに自主トレした井端が巨人に移籍。
年末年始は地元の神奈川県藤沢市で単身、体づくりに励む。

「来年は1月1日から始動します。一人ですが、しっかり動けるようにしたい」

現在、教習所に通っており運転免許も間もなく取得できる見込み。
年明けには成人式も控え、来季はひと味違う「おとなの周平」を見せる。



もし本当に本物の師弟関係が結ばれているのならば、たとえ井端が移籍したとしても、自主トレは今年も一緒にやるはずですが、そうではないというのはおかしいですよね。

周平選手としては、もう井端はコリゴリだ、という事ですね。

周平選手としては、井端が本当に嫌だったということですね。


ドラゴンズ憲法第3条

スーパールーキーを、クズの先輩から遠ざけろ!




takahashishuheitokai11.jpg

takahashishuheitokai12.jpg


takahashishuheitokai10.jpg




神奈川県生まれの神奈川県育ち、湘南の風を受けて生まれ育った周平選手、本当はどこのチームのファンだったのかはわかりませんが、すくなくともドラゴンズファンではなかったはずです。

その周平選手が、我々ドラゴンズファンにとっては運よくドラフト1位でドラゴンズに入団が決まりました。

当時高校生の周平少年の表情は高校生らしく明るく希望に満ちており、ドラゴンズに希望を持って入団してくれました。


その周平選手の表情が暗く曇り、あんなに大好きだった野球を辞めたくなるほどにジョイナス野球が、名古屋のタニマチが、中日新聞社が腐りきっていたということであれば、1名古屋人としてこれは深く恥じるところです。

周平選手が名古屋人のダメなところに食あたりして表情が暗くなっていたという事であれば、名古屋人の一人として周平選手に陳謝したいと思います。


そんな周平選手を救ったのは落合GMであり、谷繁監督であり、辻発彦コーチであるようです。

結局のところ周平選手を救ったのは秋田県出身の落合GMであり、広島県出身の谷繁監督であり、佐賀県出身の辻発彦コーチというのが、名古屋人の一人として深く恥じるところです。

これは本来、中日新聞社の体質が腐りきっているところから始まったものであると思いますが、白井元帥のような名古屋人もいますので、名古屋という土壌はこういう腐敗した体質と賢者の闘いの歴史なのではないかと思われます。

愚かなその他大勢と、優れた指導者、というのは人間社会には多かれ少なかれ存在するところですが、阪神のホームの大阪のタニマチもそれはそれはひどいという評判が定着していますし、結局のところ選手自身が自分で自分を守って行かなければならない面も多々あるとは思いますが、それでも高校卒業したてのルーキーが、百戦錬磨のクズ人間の山崎武司や井端弘和、タニマチのジジイや高木守道のような監督という立場の者の命令を完全に遮断するのは非常に難しいと思います。

そういう選手の弱い立場を守るために、落合竜システムは存在しました。

落合竜システムは、周囲のクズタニマチやクズマスゴミから選手を守るというシステムでもありました。

最大限に選手を野球に集中させる事、それが落合竜システムでしたし、谷繁竜になってそのシステムが復活したことで、周平選手の表情は、周平選手のご両親がすぐに気がつく程に、明るく充実した表情になりました。

周平選手には、自分自身で自分を守る術を身につけるというスキルも身につけて欲しいとは思います。

たとえば昌さんも岩瀬さんも、ずーっとドラゴンズの生え抜きでやってきて超一流選手となっており、レジェンド化していますが、腐りきった中日新聞社や名古屋のタニマチを上手にあしらって、プロ野球選手として大成しています。

それも周平選手が大打者になるためのスキルの一つだと思いますので、ぜひ頑張って欲しいとは思いますが、高卒の選手にいきなり大人の世界を一切遮断するのは難しいですので、若いドラゴンズの選手をどのように外敵から守るべきなのか、という球団のマニュアルを作成することは重要だと思います。


結局のところ、落合竜システムはやっぱり何もかも正しかったな、という結論にしかならないのですが、中日球団は落合竜システムの何もかもマニュアル化して普遍化して欲しいですね。

ドラゴンズ憲法を作りましょう。

ジョイナス高木中日が落合竜の全てを破壊する事で、ドラゴンズの何もかもがダメになりましたが、クズ人間の集まりである中日新聞社大島派が入り込んできても、ドラゴンズが普遍的に落合竜の良好な状態を保つための仕組みの必要性を感じます。








にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram
































テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

谷繁監督、1番打者ルナはあり得ないっす、の件

















女子フィギュア不振の原因は団体戦か

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/2014sochi/237396/

asadamao14.jpg
エキシビジョン練習で、ソトニコワ&羽生結弦の金メダルコンビを見つめる浅田真央、高橋大輔、町田樹の3人

「過去最強の布陣」といわれたフィギュアスケート女子日本代表は、3大会ぶりにメダルなしという結果に終わった。
ショートプログラム(SP)のミスから立ち直った浅田真央(23=中京大)のフリーの演技は感動を呼んだが、日本勢が揃って力を発揮できなかったのも事実。
今大会から実施された団体がその一因となったようだ。

フリーの好演から一夜明けた21日、真央はエキシビション(22日)の打ち合わせに参加した。
リンクを去る際には同じくエキシビションに出演する高橋大輔(27=関大大学院)、町田樹(23=関大)と談笑。
「世界選手権(3月、埼玉)には出場するか」
という問いかけに
「そのつもりです」
とひと言だけ返し、選手村へのバスに乗り込んだ。

真央はショックから立ち直った様子だが、今大会では新規開催の団体に出場した選手が個人戦で苦しんだ。
日本では団体SPに出場した真央、フリーの鈴木明子(28=邦和スポーツランド)が苦戦。
団体ではSP、フリーとも1位のユリア・リプニツカヤ(15=ロシア)も個人ではメダル争いに絡めなかった。

一方で、金メダルのアデリナ・ソトニコワ(17=ロシア)、銀メダルのキム・ヨナ(23=韓国)は団体不出場組。
ソチ入りしてすぐにヨナが
「(団体のある)日本や米国の選手じゃなくて良かった」
と発言したが、調整の難しさはこの結果からも明らかだ。

そんななか、日本スケート連盟の小林芳子強化部長(58)は女子シングルが行われるよりも前の段階で
「非公式ですが、4年後の平昌五輪でも団体戦があるならば、個人戦の後にするなど、日程を再考するようISU(国際スケート連盟)に提言しました」
他国からも同様の意見が出ているという。

ソチ五輪で実施された他の競技を見ても、日の丸飛行隊が銅メダルを獲得したジャンプ、ノルディック複合、スピードスケートのチームパシュートと、団体戦は個人戦の後に行われるケースがほとんど。
男子でも金の羽生結弦(19=ANA)、銀のパトリック・チャン(23=カナダ)がフリーでは互いにミスを重ねただけに、日程が改められる可能性は十分にある。

森喜朗元首相(76)は真央について「大事なときには必ず転ぶ」と評して猛反発を受けたが21日夜、共同通信の取材に
「私の真意と全く違う。女子フィギュア団体戦で戦略を間違えたと指摘したかった」
と強調。
森氏は
「浅田選手は団体戦に出場する必要がなかったのに、勝ち目が薄い中、成功すれば3位になれるかもしれないとの淡い気持ちで出させられ、結果(団体SPのトリプルアクセルで)転んだ。精神的な負い目になったはずで、かわいそうだ」
と述べている。

各国スケート連盟の動きから見ても、元首相の指摘はあながち間違いではなさそうだ。

羽生が残る男子はともかく、女子は今回の3選手が4年後までに揃って引退している可能性もある。
再びメダルを獲得するためにも、選手が万全の態勢で臨めるよう、働きかけを続ける必要がありそうだ。



真央 スマイルで金色の舞 伝えたい「笑顔って素晴らしいんだよ」

http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140222-00000139-spnannex-spo

asadamao16.jpg
エキシビジョンで観客を魅了する浅田

ソチ五輪フィギュアスケートのエキシビションが22日に行われ、日本は羽生結弦(ゆづる、19=ANA)、町田樹(23=関大)、高橋大輔(27=関大大学院)浅田真央(23=中京大)の4人が出場した。
浅田は金色の衣装をまとい、チャプリンの名曲「スマイル」の旋律に乗せ優雅な演技を披露。
「I see friends shaking hands」の歌詞に合わせリンク脇のスタッフに手を伸ばし握手をするおちゃめな一幕も。
演技を終えると

「くじけそうなときも辛いことがあっても、笑顔って素晴らしいんだよということを伝えたいなと思いました」

と曲に込めた思いを明かした。
6位ながら推薦で出場した高橋は
「本当は出られないんですけど、推薦してもらって。緊張していたんですけど楽しく滑ることができました」
と笑顔。
黒縁メガネにマフラー姿というユニークな姿で情熱的なエアギターを披露した町田は
「今後の人生で、ソチ五輪という舞台は大きな糧になる」
と 充実感たっぷりに語った。
羽生は「白鳥の湖」に乗せ金メダルにふさわしい華麗な滑り。

「今回ソチオリンピックで自分なりに4年間の集大成を出せるようにしたんですけど、その4年間の中に震災があるので。震災で起きた苦しみ、その中から立ち上がろうとする兆しを感じてもらえたらと思いました」

と五輪を振り返った。



真央が高橋が町田が魅せた!華麗なるエキシビション

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/2014sochi/237645/

asadamao15.jpg
見つめ合う浅田真央と高橋大輔

フィギュアスケートのエキシビションが行われ、日本からは女子6位の浅田真央(23=中京大)、男子金メダルの羽生結弦(19=ANA)、同5位の町田樹(23=関大)、同6位の高橋大輔(27=関大大学院)の4選手が出演した。

町田がマッチーワールド全開で有終の美だ。
黒縁眼鏡の真面目そうな青年の姿で登場。
クイーンの名曲「ドント・ストップ・ミー・ナウ」に合わせ、エアギターも披露した。
「僕のソチ五輪が終わってしまうんだな、と思った。今後の人生に大きな糧になると思う。より高みを目指すので、みなさま、応援よろしくお願いします」
と眼鏡を指で直しながらカメラ目線でアピールしていた







仲間由紀恵、日本選手団に感謝「勇気をいっぱい下さった」

http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140223-00000001-sanspo-movi

女優、仲間由紀恵(34)が22日、東京・新宿ピカデリーで行われた一般社団法人「日本音楽事業者協会」の創立50周年記念長編アニメ映画「ジョバンニの島」の初日舞台あいさつに、市村正親(65)ら共演者と出席。

ソチ五輪の日本選手団に感謝の気持ちを伝えた。

終戦直後の北方領土、色丹島に暮らす主人公・瀬能兄弟が生き抜く姿を描く感動作で、仲間は教師役で約16年ぶりの声優に挑戦。

劇中では日本とソ連の子供たちの交流も描かれ、ソチ五輪の話題に。

「兄弟が諦めずに前に進んでいったように、オリンピックでも諦めずに頑張ってこられた選手の皆さんが日本や世界に勇気をいっぱい下さったと思う」

と感謝した。






皇太子さま 54歳 五輪「日本の健闘たたえたい」

http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140223-00000077-san-soci

皇太子さまは23日、54歳の誕生日を迎えられた。
これに先立ち、お住まいの東宮御所で記者会見し、ロシアで開催されているソチ五輪について、

「日本の選手もよく頑張っており、これまでの健闘をたたえたいと思います」

と述べ、2020年の東京五輪・パラリンピック開催が

「子どもたちに夢を与え、日本の社会が将来に向けて活力を得ていくきっかけになればと思います」

と期待を示された。
この1年を振り返り、台風26号による土石流災害に見舞われた伊豆大島(東京都大島町)など多くの自然災害の発生を「大変心の痛むことでした」とし、最近の大雪にも「地域が孤立したり、各地で被害が出ていることも心配しております」と心を砕かれた。

今年で発生から3年を迎える東日本大震災については、昨年後半に被災3県を皇太子妃雅子さまとともに訪問したことに触れ、「雅子と共に、被災地の復興に永く心を寄せていきたいと思います」と述べられた。

天皇、皇后両陛下が毎年、「こどもの日」と「敬老の日」にちなんで行われてきた施設訪問を来年から引き継がれることに、「両陛下のお気持ちを体して、私たちも心を込めて、この施設訪問を受け継がせていただきたい」との考えを示された。

昨年6月にご結婚20年を迎えたことについては、「この20年、国民の皆様に私たちを温かく見守っていただいていることに改めて心より感謝いたします」と謝意を示された。

療養生活に入って10年となった雅子さまは昨年、11年ぶりの外国公式訪問となるオランダ訪問を果たされるなど、ご公務が増えつつある。
皇太子さまは「確かに快方に向かっておりますが、これですぐに活動の幅が広がるわけではないと思います」と述べられた。






asadamaomai.jpg

asadamaokawakamikenshin.jpg



今年のドラゴンズの開幕戦始球式は、SKE48のW松井が良いんじゃないかと思っていたのですが、谷繁竜のスタートの一発目はやっぱり浅田真央選手にやってほしいですね。

名古屋市中区出身の村上佳菜子選手と、愛知県豊橋市出身の鈴木明子選手と3人で始球式やったら良いんじゃないですかね。

浅田真央選手がナゴヤドームの始球式に登場するとき、ナゴヤドームは割れんばかりの拍手と歓声に満ち溢れる事でしょう。



asadamaomai2.jpg
























谷繁監督の考えとして、1番ルナが以前から頭にはあったんだそうです。


谷繁監督、大胆オーダー!ルナ「人生初」1番で1安打1四球

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140223-00000051-spnannex-base

lunacop.jpg
<オ・中>1回無死、ルナは中前打を放つ

◇オープン戦 中日1―2オリックス(2014年2月22日 北谷)

中日の谷繁兼任監督がオープン戦初戦でルナを1番に起用する大胆なオーダーを組んだ。

「以前から頭にはあった。(ルナを)どこに置くのが打線として一番機能するのかを見ている」

そのルナは初回、いきなり中前打を放つなど2打数1安打1四球と役割を果たした。
来日1年目の昨季は中軸を打ち、両膝痛で8月に帰国するまで打率リーグトップを独走。出塁率・399と1番打者の適性は十分で
「野球人生で初めて」
と振り返った。
オープン戦初戦を白星で飾れなかった兼任監督だが、柔軟な発想が注目される。






イヤイヤイヤイヤ、さすがに1番ルナは絶対にあり得ないですよ、谷繁監督・・。

1番は、大島選手です。


oshimayohei.jpg



ナゴヤドームは広いですから、他球場ではギリ本塁打になるような打球も、ナゴヤドームにおいてはフェンスにドーンと当たります。

攻撃型の打線を組む事は、ナゴヤドームでは禁物、とういうのはナゴヤドームでの戦い方の基本です。

四球でもデッドボールでも、内野手のエラーでも、振り逃げでもなんでもいいからとにかく大島選手か荒木選手が塁に出て、送りバントか盗塁で2塁に走者を置き、3番4番5番のルナ、和田さん、ひらたりんの一打で一気にホームベースへ帰還、1点をもぎ取る、という野球をしないと、ナゴヤドームでは勝てません。

ドラゴンズに、ナゴヤドームをホームにしながら46本もホームランを打ち、本塁打王になった2006年のタイロン・ウッズのような、超スーパーな強打者がいるのであれば、1番ルナもありかもしれませんが、そうではない以上、1番ルナはありえません。


ルナを1番に置くという作戦は、3番4番5番打者が余っていて、しかたなくそうする、という場合にとる作戦であり、布陣です。

しかもルナはヒザボロの持病も持っています。

1番打者は不向きです。


谷繁監督は、ジョイナス高木中日の2年間で先頭打者が全然出塁しないことによる得点不足のストレスを感じていたのでしょう。

それが得点力不足の原因と考えておられるのかもしれませんが、それはちょっと違うと思います。


監督業に最も求められる能力は、「我慢」です。

その事実は高木守道を見ていて、谷繁監督もおわかりのはず。

打率3割、それでも高打率の野球というスポーツは7割が失敗、70%が我慢のスポーツです。

なかなか先頭打者が出塁しなくても、先頭打者が出塁すれば即座に送りバントを行い、チャンスをうかがう。

少ないチャンスをモノにして連覇を果たした2011年の落合竜の我慢の野球をもう一度、谷繁監督には思い出してもらいたいと思います。

選手兼任監督をやっていて最大の敵は、この我慢が難しい、という点になるのかもしれません。

選手として出場しているだけでも相当なストレスがたまる上に、監督業のストレスまで降りかかってきたら、谷繁監督はその重圧に耐えられるでしょうか?

若干心配になってくるような、ルナ1番という突拍子もないアイデア、少々谷繁監督のメンタルに不安を感じざるを得ない、谷繁監督の発想です。


ルナの先頭打者というのは、いかにも我慢不足な発想のような気がします。

打順の不安というよりは、谷繁監督のこの発想に不安を感じます。

谷繁監督には、今一度、「我慢」についての定義を深く考察してみる必要があるのかもしれないと感じてしまいました。








にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram

















テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

アスリートにとって食事はトレーニング以上に重要である件















hanyuyuzuru.jpg


羽生選手の活躍の裏に、綿密な食事の改善プログラムが存在した模様です。


ソチ五輪スケートの羽生選手を支えた食事

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140213-00173161-health-life

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス) 2月17日

男子フィギュアスケートの高橋大輔選手、羽生結弦選手ら、日本人選手の活躍に元気をもらった人も多いだろう。
その活躍の裏側には、競技力の向上や日頃の体づくりを食と栄養の面から支える活動も大きく貢献していることをご存じだろうか。
男子フィギュアスケートの高橋大輔選手、羽生結弦選手ら、日本人選手の活躍に元気をもらった人も多いだろう。
その活躍の裏側には、競技力の向上や日頃の体づくりを食と栄養の面から支える活動も大きく貢献していることをご存じだろうか。
2003年より公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)と共同で日本代表選手を支援する活動を行う、味の素KKのスタッフに、さまざまな現場サポートの取り組みを取材した。

◆ソチオリンピック日本代表選手の活躍を支える 食と栄養のコンディショニング

トップアスリートには、ハードな練習を最後までこなし、粘り強くスピードを維持する筋力やスタミナが必須。
その源となる栄養や、トレーニングを維持するための休養も欠かせない。
また、競技によって、スタミナを失わずに体重を減らしたい、もっと体重を増やしたい、スピードを上げる筋力づくりなど要望はさまざまだ。
個々の選手が持つ課題に応じたアドバイスやレシピの提案など、コンディショニングサポートの実例を見てみよう。

(1)フィギュアスケート 高橋大輔選手へのサポート  ~4回転ジャンプを成功に導く「筋力強化」

パワーをつけて4回転ジャンプに臨もうとしている高橋選手は、ハードな筋力トレーニングをこなすため、体をつくる栄養素の補給と、その日の疲れをすばやく回復させ翌日に残さない準備が必要。
そこで、トレーニング前にBCAA(※)+アルギニン・グルタミンを補給しトレーニング中のスタミナを増やし、トレーニング直後にロイシン高配合のアミノ酸ですばやく栄養補給、そして睡眠前にグリシンなどを含むアミノ酸を飲んで質の高い睡眠をとれるようにして疲労回復を図った。
必要なタイミングで効果的にアミノ酸を活用するプログラムで、筋力強化とすばやいリカバリーをサポート。
ケガからの完全回復を進めつつ、筋肉の負荷を減らしながらの滑り込みを行っている。

(2)フィギュアスケート 羽生結弦選手へのサポート  ~4分30秒を全力で滑りきるための「持久力アップ」

羽生選手はもともと食が細く、風邪を引いて計画通りの練習がこなせないことも多かった。
風邪をひかずに毎日のコンディションをキープし、4分30秒のフリー演技を全力で滑りきる強い体をつくることが課題。
そのために、食欲のないときでも食べられる
「だしの効いた汁物」

「楽しい食事」
をポイントに、食への関心自体を高める
「好きなメニュー」
を探った。
並行して
トレーニング前に

BCAA(※)+アルギニン・グルタミン

を、練習後や特に疲れた日の就寝前には

ロイシン高配合のアミノ酸

を補給するなど、アミノ酸を活用した体づくりと免疫力向上も図った。
さらに海外生活時には、同行する母親に日常の食事レシピの提案も行った。

羽生選手向けのレシピの一例はこちら。

◆肉巻はるさめの絶品汁

【材料】(4人分)
豚こま切れ肉------------200g
片栗粉-------------------適量
ほうれん草--------------40g
にんじん----------------30g
春雨---------------------25g
粉末だし----------------小さじ2
水-----------------------カップ3
みそ大さじ--------------2・1/2
ごま油-------------------大さじ1
いり白ごま・お好みで----適量

【作り方】
(1)豚肉は片栗粉をまぶし、端からくるくる巻きながら丸めてひと口大にする。ほうれん草は3cm長さに切り、にんじんはせん切りにする。春雨は食べやすい長さに切る。

(2)鍋にごま油を熱し、(1)の豚肉の巻き終わりを下にして焼き固める。豚肉を転がし、全体に焼き色がついたら、(1)のほうれん草・にんじんを加えてさらに炒める。

(3)野菜がしんなりしたら、粉末だし、水を加える。煮立ったら、(1)の春雨を加え、2~3分煮て春雨がやわらかくなったら、みそを溶き入れる。

(4)椀に盛り、お好みでごまをふる。

◆丸鶏生姜スープ

【材料】(1人分)
A
 しょうがのすりおろし---1/4かけ分
 鶏がらスープの素-------小さじ1
 万能ねぎの小口切り-----適量

湯-------------------------150ml

【作り方】
(1)器にAを入れ、湯を注ぐ。
(3)ボブスレー日本代表チームへのサポート  ~トレーニングをしっかり身につける「俊敏かつ重い体づくり」


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *     

ボブスレーは重さが鍵となるため、筋肉量の多い強靭な体づくりが不可欠なチーム競技。
夏期のトレーニングで筋肉量を増やし、シーズン中はしっかりと維持するため、トレーニング前後や就寝前のアミノ酸補給、タンパク質(プロテイン)摂取を徹底。
また、海外遠征で自炊を行うためのサポートとして調理講習会も開催した。
共に料理をすることでチームの絆を深めることもめざした。
今シーズンは調理担当者が遠征に帯同し、競技に集中できる環境づくりを行なった。

◆「何を食べるか」ではなく「何のために食べるか」

トップアスリートといえど、バランスのとれた朝・昼・夕の「食事」が基本であることは私たちと同じ。
それに、必要な栄養素をタイミングよく補う「補食」を組み合わせる。
エネルギーを補うために食事と食事の間におにぎりを食べる、運動前の時間がないときにバナナでエネルギーを補給する、野菜が足りないのでお茶代わりに野菜ジュースでビタミンを補う、なども立派な「補食」だ。

なかでも、トップアスリートたちが補食の一つとして活用しているアミノ酸は、タンパク質を構成する成分で、私たちの体をつくる基本となるもの。多くの選手が運動後の筋肉疲労やだるさによって練習に支障を来していることから研究が始まり、アミノ酸を補給することにより筋タンパク質(筋肉を構成するタンパク質の総称)の合成を促して、筋肉痛回復や筋力回復を早め、スポーツを続けられるコンディションの維持に役立つことが確かめられている。

「食事」と「補食」を個々の課題に応じて組み合わせ、
「何を食べるかではなく何のために食べるか」
目的を考えながら、おいしく食べて体づくりを行うのがトップアスリートのコンディショニングのコンセプト。

そして、こうした食事プログラムは、私たちが仕事やプライベートで元気に過ごすヒントにもなる。
「食べ方にもコツがある」
のだ。
疲れたときには豚肉でビタミンB1補給、風邪が流行っていたらビタミンAとCで予防する、スポーツの前後でアミノ酸サプリメントを補給するなど、目的に応じた食事をとり、忙しい生活の中でタイミングよく補食によって栄養を補うことができれば、毎日をよりイキイキと過ごせるのではないだろうか。
食が変われば、どんな自分になれるかが変わってくる。
私たち自身の競技力(=がんばる力)をアップして、最高のパフォーマンスを発揮しよう。





hanyuyuzuru2.jpg




やはり一流アスリートの活躍の裏には、一流の栄養管理プログラムが存在するものなのですね。




























ゆえに、谷繁竜から始まったドラゴンズの若手選手への栄養学教育の取り組みは素晴らしいと思います。


中日若手の食事がひどい…バイキング改革で「食育」

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/228812/

suzukikatsura2.jpg
「明治」の管理栄養士から説明を受けるドラフト1位・鈴木翔ら中日の寮生

中日の沖縄・北谷キャンプでナインのバイキング方式での食事のとり方がチェックされる。
球団では先日(24日)食品会社大手の「明治」から管理栄養士を招き、体をつくるために、いかに食事が大事かという講習を開いたばかり。

「佐伯二軍監督や勝崎コンディショニングトレーニングコーチなどから若い選手の食事があまりにもひどいという話がありまして、そうした講習をした方がいいのではないかということになった」

と球団幹部。
講習直後の合宿所のバイキング方式の食事では、以前は自分の好きなものばかり取っていた選手が栄養バランスの良い食事をとるように改善された。

だが、長続きはせず
「すぐに今までと同じようになってしまった」
とのこと。
そこで今後、合宿所では新たなバイキング方式にする。
「最低、これとこれは食べなさいというものを決める。それ以外は自由に選んでいいですよという形にする」
(球団幹部)
という。

間近に迫ったキャンプでは、これまで同様のバイキング方式にするが、もしも選手の食の乱れが目立てば、合宿所だけではなく、シーズン中の遠征先での夕食も、この「新バイキング方式」を取り入れる可能性があるという。
もしも、そうなってナイター後に選手は必ず夕食をホテルでとるとなれば、食べ終わったころには門限間近の時間帯となり、実質的な「外出禁止」状態にもなりかねない。
選手にとっては大問題だろう。

すべては、これからの食事次第。
キャンプでの竜ナインはグラウンドだけではなく、食事会場でも気が抜けない日々となる!?






そういえば、坂井克彦プロデュースの高木中日のキャンプは、変な弁当1個でキャンプしてましたが、やっぱり四流フロントには、四流の結果しか出てきませんでしたね。

    ↓


竜ドケチキャンプ 昼は幕の内弁当1個

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/53383/

2012年11月09日

中日・高木守道監督(71)が少数精鋭で若手野手10人を選抜し、沖縄県北谷町の北谷公園野球場で行っている秋季キャンプ。
その現場から

「球団は経費を削減するにもほどがある。ひどすぎる」
との悲痛な叫びが上がっている。

チーム関係者やナインが、まず問題視しているのは昼食内容だ。
同じ沖縄で行われた春季キャンプではバイキング形式で選手たちが好きなものを選び、腹いっぱい食べられたのに今回は幕の内弁当がたった一つ。
これに

「(1日約7時間以上にも及ぶ)猛練習をして、プロ選手が弁当一個って…。選手は体力的にもきついだろうし、いずれけがをしてしまう可能性もある。社会人野球でも、もっとマシなものを食べているよ。飲み物だって水しかなくて、スポーツ飲料さえ用意されていない。ありえない。こんなのプロのキャンプじゃないよ」

との声が出ている。
移動手段に関しても納得していない。
選手宿舎のある沖縄・恩納村から北谷球場までは約17キロあるが球団が用意した車両はマイクロバス1台だけ。
これではどうしようもなく、練習の都合上や、けが人が出た場合の緊急時などに備えるため、コーチやトレーナーらはレンタカーを自費で借りている。
ほかにも宿舎内の大浴場の温泉が春は自由に入浴可能だったのに今回は別料金が必要。
ある選手は

「あまりに僕らをふびんに思ってくれたのか、温泉は(一軍打撃コーチの)井上さんがポケットマネーで入れるようにしてくれたようですが…」

とポツリだ。
沖縄で勃発した“ケチケチキャンプ問題”。
球団幹部は

「何が無駄で何が足りないのかってことは一概には言いにくい。ただ、決して資金が潤沢じゃないから限られた中で、とにかくやってくれというところはある」

と話すが、現場サイドは不満いっぱいだ。





ドラゴンズは若手選手への栄養学教育をほどこしていましたが、ベテラン選手への栄養学教育も必要なのではないかと心配するような、和田さんの妙なダイエットもありました。

    ↓


中日・和田「炭水化物断ちダイエット」裏目でダウン

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/235110/

wadadiet.jpg
見るからにホッソリしてしまった和田

中日・和田一浩外野手(41)は早退した前日から体調がすぐれず、14日の練習を休んだ。
病院での検査の結果、インフルエンザではなく
「疲労からくる風邪のようなもの」
(球団関係者)
だという。

和田の体調不良には、周囲から過度の減量が原因ではないかとの声が上がっている。
体重を落としてキレを出すため、オフに炭水化物などの糖質をカットし、90キロから84キロへ6キロの減量に成功したが
「体重が落ちてしまい抵抗力が下がったんじゃないか」
と疑われているのだ。

あるチーム関係者は
「キレがなくなっているのは年齢からくるもので、体重は関係ない。それよりも何十年もやってきた体重を極端に落とすことの方が問題が多い。そんなことをするよりも食いたいものを食った方がよっぱど健康的だ」
と声を大にする。

チーム内の「体重を落とせ」という風潮を問題視する声もある。
「ブーちゃん(中田亮)や平田などちょっと太っていると“痩せろ”という。ロッテの新人のアジャ(井上晴哉=日本生命)なんて120キロ近く体重があるけどチーム方針で“痩せるな”と言われているそうだ。やみくもに痩せるばかりがいいわけじゃない」
(別の関係者)

これまでキャンプでの離脱などほとんどなかった和田だけに、周囲は余計にピリピリしている。






一流選手はダイエットなんてしない、むしろガツガツ食ってたくさん練習する事で体脂肪を減らす、それがダルビッシュや落合選手に見られる傾向だったように思います。

一流選手には炭水化物も大量に必要なのではないかと思います。

    ↓


【7月22日】1981年(昭56) オレ流も“初体験”で腹が減った もりそば7枚ペロリ

http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_july2/KFullNormal20080718161.html

ochiailotte.jpg
ロッテ時代の落合博満のバッティング。
左右に打ち分ける技術は「打撃の職人」と呼ばれた山内一弘監督も舌を巻いた

【ロッテ9-3近鉄】
「オチ、もういい加減にしとけよ!」
ロッテ・山内一弘監督が半分呆れながら、もりそばをおいしそうに食べる27歳の内野手をたしなめた。
きょとんとしながら、最後のひと口をツルリと流し込んだのは、入団3年目の落合博満二塁手。
石川県立野球場での近鉄とのダブルヘッダー第1試合終了後、約30分の休憩を利用しての夕食時だった。

次も試合があることを考えれば、いくらおなかが減っても軽食程度に済ませるものだが、落合は違った。
なんともりそばを7枚ペロリと平らげた。
「夏になると食欲が出て仕方がない。それにめん類は大好きだしね」
と落合。
しかし、食欲だけが理由ではなかった。
落合にとって第1試合で大役を果たしたことが、さらに箸を進めさせていた。

近鉄後期5回戦で落合はプロ入り初の4番に座った。
それまでのレオン・リー内野手が死球で手首を骨折。
前日21日の近鉄4回戦で、右翼へ逆転3ランを放り込んだバッティングを見込んで、山内監督が4番に抜てき。
“初体験”で4打数2安打1四球と、堂々のデビューを飾った。
3回には久保康生投手から中前打を放つと、これが口火となりロッテは4点を入れて早々と試合を決めた。

記念すべき初4番の日に、落合は西武・石毛宏典内野手の打率3割3分8厘を上回り、3割4分で首位打者に躍り出た。
プレッシャーのかかるようなシーンで
「それなりに打てばいいんですよね」
と福田昌久打撃コーチに言ってから打席に入り、いきなりマルチ安打。
「もう怪物というか、何というか…。物怖じしない、こんな選手見たことがない」
福田コーチは何度も首をひねった。

「どうせ1試合だけの天下ですよ。次はきっと落ちているから見ていてくださいよ」
と人事のように笑う落合だったが、第2試合も4番は「二塁・落合」。
近鉄2回の攻撃中に雷雨が激しくなりノーゲームとなって打席には入らなかったことで
「ひと晩命が延びました」
と笑って球場を後にした。

4番・落合はその後、オールスターを挟んで10試合続いた。
32打数13安打2本塁打6打点で打率4割6厘。
この間、ロッテは5連勝を含む7勝2敗1引き分けと白星を重ね、落合は4番としての重責を全うした形となった。

この年、3割2分6厘で首位打者を獲得すると、82年は入団4年目にして三冠王に輝いた。
今度こそ4番定着かと思われたが、実は15試合しか務めていない。
83年に68試合と飛躍的に増えると、84年には出場した129試合すべて4番に入った。
皮肉にも初の全試合4番のシーズンは無冠に終わった。

落合は98年に日本ハムを最後に引退するまで4球団で4番として活躍。
20年の現役生活で出場2236試合中、4番に座ったのは1734試合。
比率にして77・5%は憧れの巨人・長嶋茂雄三塁手の66・8%も世界の本塁打王、王貞治一塁手の43・5%をも大きく上回っていたことはあまり知られていない。


1981年7月22日  ロッテ-近鉄後期5回戦  金沢  ロッテ5勝
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
近  鉄 0 2 0 1 0 0 0 0 0 3
ロ ッ テ 2 1 4 0 0 1 1 0 X 9
投 手
近  鉄 ●久保(5勝7敗4S)、山口-梨田
ロ ッ テ ○水谷(9勝6敗)-土肥
 
本塁打 羽田8、9号(近)
三塁打
二塁打 井上、土肥、芦岡、落合(ロ)
近  鉄  8安打2三振3四死球 1盗塁1失策7残塁
ロ ッ テ  14安打1三振3四死球 0盗塁0失策8残塁
球審・中川  試合時間2時間42分  観衆1万1000人







なんかドラゴンズのベテラン選手に妙なダイエットが流行っていて、1シーズン持つのか心配なんですが大丈夫なんでしょうか?





大丈夫か?山本昌「人生初のダイエット」

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/219634/

masadiet.jpg
ダイエットに挑戦している山本昌

現役最年長の中日・山本昌が人生で初めてのダイエットに挑戦している。

「減量します。今までしたことないんだけど。引退するまではお休みなしだね」。
2013年シーズンの4月に左太もも裏を痛めて二軍落ちしたことが引き金となり、体に負担をかけないため体重を軽くしようと決意。
無休トレで100キロ超の体重を90キロ台まで落とす考えだ。

そんな山本昌の初ダイエットに、チーム関係者は
「年齢を重ねると基礎代謝が落ちる。同じトレーニングをしても体重が増えてくるからね。特に40代後半になってくるとその傾向は顕著。だからマサがダイエットするのはいいことだと思うよ」
と大賛成。
球団内には同様の意見が多いが、その一方で
「危険じゃないか」
と警鐘を鳴らす声もある。
「ダイエットをしようとするとトレーニング量を増やしたり、食事の量を減らしたりする。そうすると野球をする上で一番大事な筋肉まで落ちてしまう。そうなったら元も子もない」
というのだ。

実はダイエットにより失敗した例がチーム内にある。
11年シーズンに極度の不振に陥った森野が、そのオフにダイエットを決断して周囲が驚くほどスマートに変身したが結果はパワー激減。
6年連続で達成していた2桁本塁打もストップ(12年シーズンは6本塁打)してしまったことだ。
森野も後に

「野球にダイエットは良くない」

と反省。
それだけに一部のチーム関係者は山本昌が“第2の森野”にならないかと心配しているわけだ。

もはや球界のレジェンドと呼ばれる山本昌。
50歳での登板は球団の悲願でもあるだけに、周囲もその調整には神経質になっている。
とにかくダイエット成功を祈るばかりだ。






その超ベテランの昌さんは、杉下さんから子供扱いされているみたいですが、栄養管理についても指導してもらえないものでしょうか?



球界最年長48歳山本昌 88歳杉下氏の指導に「めちゃくちゃ厳しい」

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/02/15/kiji/K20140215007593950.html

masadiet2.jpg
中日の山本昌

球界最年長左腕にまさかのダメ出し連発だ。
野球評論家の杉下茂氏が15日、読谷球場を訪れ、2軍でマイペース調整中の中日・山本昌に密着レッスン。
投手コーチより年上で普段はほとんど指導されることのない左腕に

「足が使えてないぞ」

などと厳しく指摘した。
88歳のレジェンドのお言葉にさすがの48歳も
「めちゃくちゃ厳しいんだもん」
と苦笑いだった。





悪い意味でダイエットが下半身の筋力を落としてしまい、昌投手の足腰が弱ってしまったのではないか?と心配です。


ドラゴンズの全選手に、一度、栄養学講習をみっちりと行い、球団は栄養学に関する本格的なテキストをドラゴンズの選手一人あたり数冊配布してみてはどうでしょうか?

そしてそのテキストを使ってドラゴンズの選手の奥様も集めて栄養学講習を行うのも良いかと思います。


ドラゴンズの選手の奥様はアスリートフードマイスターになりませんか?の件
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-354.html




ドラゴンズ全体で、改めて栄養学教育を重要視し、見直す必要性を感じます。


JOC(日本オリンピック協会)とAJINOMOTOが協力関係のタッグを組み、アスリートの筋肉に重要なアミノ酸に関する栄養学的指導を中心に食事指導を行っており、羽生選手の栄養学指導もその一環だったみたいです。


AJINOMOTOビクトリープロジェクト
http://www.aminovital.com/victory/

ajinomotovictoryproject.jpg





ドラゴンズも栄養学指導を行う上で、AJINOMOTOに金を払ってでも協力を仰いでみてはどうでしょうか?

今回のドラゴンズの若手選手への栄養学講習は明治の社員の栄養学の専門家を招いた模様ですが、様々な会社の専門家を招いて様々な栄養学講習を開催するのも良いかもしれません。


名付けて、ドラゴンズビクトリープロジェクト、ということで。






にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram


















テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。