スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年1月の記事
















2013年1月の記事

2013-01-11 ドラゴンズのブログ始めます

2013-01-12 ネルソンが元気いっぱいに剛速球をガンガン投げ込んでいる件

2013-01-13 英智さんと小田さんの対談記事がかなり感動的な件

2013-01-13 吉見のWBC辞退への批判が全く的外れな件

2013-01-14 昌さんの球速が145km~150km付近に達している件

2013-01-15 ネルソンが元気いっぱいに剛速球をガンガン投げ込んでいる件 、その2

2013-01-16 名作「かよチュー」の魅力がいまひとつドラゴンズファンに知られていない件

2013-01-17 森野がダイエットに成功しているらしい件

2013-01-18 ドラゴンズは明るく楽しいチームである件

2013-01-19 谷繁さんの偉大さについて改めて考えてみたら、やっぱりすごかった件

2013-01-20 和田さんの偉大さについて改めて考えてみたら、やっぱりすごかった件

2013-01-22 浅尾よ、なぜ鳥取へ行かないのか、の件

2013-01-23 チェンのニュースがあまりにも少ないので、台湾サイトをのぞいてみた件

2013-01-25 ブランコどうしてこうなった、の件

2013-01-26 プロ野球の監督の器について思わされた件

2013-01-27 ドラゴンズのイケメン番付を考えてみた件

2013-01-28 謎のドミニカンと、あのドミニカンの件

2013-01-29 目覚めよ!モリノ!の件












スポンサーサイト

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

目覚めよ!モリノ!の件













森野がここ2年間ほど、冬眠しているように見えます。





これはかよチューのモリノでした(笑)

http://kayochu.com/about.php


kayochucha.jpg


余談ですが、モリノはツイッターのアカウントも持っているので、フォローしてあげてください。
@morino_kayochu
(※あくまでもモリノのアカウントで、森野選手のアカウントではありません。)


・・じゃなくて、えー、かよチューの話じゃなくて・・

森野選手が、統一球になっった2011年と2012年の2年間、若干低迷しているように見えます。
立浪とサードのレギュラーを争っていた2005年、それ以降の成績を見てみましょう。

2005 118試合 .268 09本 46打点
2006 110試合 .280 10本 52打点
2007 142試合 .294 18本 97打点
2008 096試合 .321 19本 59打点
2009 144試合 .289 23本 109打点
2010 144試合 .327 22本 84打点
2011 142試合 .232 10本 45打点
2012 124試合 .249 06本 50打点

2008年は足をケガした年ですね。
2011年と2012年、打率、打点、本塁打ともに下がったように思われます。
これは落合監督が指摘していたように、統一球の問題ではなく、バッティングフォームに問題があるようです。
変なクセがついたと、森野選手も発言していました。
そのほかにも、実は統一球の他にも、バットの太さとかの規定も代わり、森野選手はその点でも苦悩していました。

しかし、森野選手は2012年、そんなに悪かったとも言えない点があります。
2012年のセリーグ勝利打点ランキングを見てみます。

順位 選手氏名 勝利打点
 1  阿部慎之助  21
2 森野将彦 17 
 3  バレンティン 15
 4  和田一浩   11
 5  鳥谷 敬   10
 6  坂本勇人    9
 6  畠山和洋    9
 8  ブランコ    8
 8  ラミレス    8
 8  中村紀洋    8
 8  田中浩康    8
 8  エルドレッド  8
 8  村田修一    8
 8  梵 英心    8
 8  ブラゼル    8
 8  筒香嘉智    8

なみいる強打者を抑えて、堂々の2位にいる、これが森野選手のすごいところです。
たとえ打率や打点が良くても、肝心なところで打ってくれなければ意味がありません。
森野選手も和田選手も、「どーしてもここで打って欲しい!」というところでたくさん打ってくれる素晴らしい打者なのです。

このランキングは、セリーグのシーズン記録ですから、CSのファイナル出場を決定した、ブランコの満塁ホームランはこの勝利打点ランキングにはカウントされていません。
ブランコは、CSでは勝利打点1を記録しましたが、この勝利打点1は非常に大きな1でしたよね。
勝利打点というのはそういう意味です。

打率が低かろうが打点が低かろうが、ここで打って欲しいところで打ってくれる、そういう打者がいた方がチームにとっては良いに決まっていますし、そういうチームの方が強いのです。
こういうところが、「ドラゴンズは大人の野球ができる」と言われるゆえんです。
阪神の新井選手なんかはこの点よく責められます。

森野選手は年俸変動制の5年契約を結んで、2013年がちょうど5年目になります。
森野選手は契約の節目の年に入って、今年はダイエットも成功していますし、例年以上に本気で野球に取り組む体制に入っている模様です。


morinoya.jpg



森野選手が2013年に3割30本100打点とかの成績で怒りのFA、とかいう最悪のシナリオだけは何としても回避しなければなりません。
落合博満さんがどこかで監督に就任したら、森野選手がFAで流出してしまう可能性は非常に高い、という恐れがあると思います。
ブランコ流出のような痛恨の大事件はもう二度と起こしてはなりません。
中日球団フロントは、色々な意味で色々な事を改めなければならない時期に来ていると言えるでしょう。




にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram












テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

謎のドミニカンと、あのドミニカンの件














2月からの沖縄キャンプに備えて、北谷で自主トレが始まりました。
浅尾投手もWBCに向けて急ピッチで仕上げて頑張っています。
ケガのないように気をつけて活躍してほしいですね。

asaotj.jpg



その北谷キャンプ、今年は6勤1休ではなく5勤1休キャンプということでとても心配です。
昨年の北谷キャンプでは6勤1休だったものの、練習時間と練習量が大幅削減されました。
そのせいで、連覇をした2010年と2011年のシーズン終盤の爆発的な強さが、2012年は全く無くなってしまっていました。
今年はしっかりと練習して欲しいところですが・・・

ところで、例の謎のドミニカンが来日しました。
その球速は、自称(…)162km!


中日に謎のドミニカ人右腕 “自称”163キロ豪語
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/01/27/kiji/K20130127005064850.html
 高木竜に“怪腕”がやってきた。
沖縄キャンプで入団テストを受けるドミニカ共和国人のエディ・リベラ投手(24)が26日、中部国際空港着の便で来日。
プロ経験はなく、出迎えた球団関係者が顔も知らなかった右腕は
「101マイル(163キロ)を出したことがある」
と豪語。
ただ、情報はすべて本人発信で怪しさも否めなかった。
「知人にもらった」
というオリオールズの上着に身を包んで現れたリベラは、これが初の海外どころか飛行機に乗ったのも人生初。
ルイス通訳兼ブルペン捕手の推薦で来日したものの、経歴は謎だらけだ。
カージナルスのアカデミーなどでプレー経験はあるが過去2年間はチームに所属せず、定職もない“ニート”状態。
高校も中退したようで、学校名も「忘れた」という。
来日前は地元の野球スクールで練習していた。
それでも
「1月にも99マイル(159キロ)出した。三振をたくさん取ったよ」
と自信満々だった。
 過去には同じルイス通訳の紹介で獲得したネルソン(昨季限りで退団)が日本で急成長し、11年には10勝を挙げた例もあるが、二匹目のどじょうとなるかどうか。要注目なのだけは間違いない。
2013年1月27日 06:00


rivelat.jpg

rivelav.jpg

出身高校・・中退したので忘れた
米国ビザ・・出なかった
家族構成・・未婚だが息子が一人いる
自称球速・・163km

その謎のドミニカンがその北谷のブルペンで投げました。
その球速は・・・145km・・・


中日リベラいきなり145キロめっちゃ速い
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130128-1077703.html
中日のテスト生右腕、エディ・リベラ10+ 件投手(24)が27日、ベールを脱ぎ同僚山内のド肝を抜いた。
沖縄北谷での合同自主トレに合流し、来日わずか24時間後に捕手を座らせ25球の投球練習。
左足を胸の高さまで上げるダイナミックなスリークオーターから
「最速101マイル」(約162キロ)
と豪語する真っすぐを投げ込んだ。
 隣で45球を投げた昨季の10勝右腕山内は
「めっちゃ速いっす! この時期にこれだけ投げれたら、とんでもなく速い球を投げるんじゃない」
とビックリ顔。
リベラは
「感覚を確かめてるだけで力は入れてないよ」
と涼しい顔だったが、受けたルイス・ブルペン捕手は
「もう85~90マイル(約145キロ)は出ていたよ」
と軽く140キロを超していたと証言した。
来日3日前の23日にドミニカ共和国の野球スクールで実戦登板するなど、1度仕上げて来日。
時差ぼけが直り「ドミニカと大違い」の肌寒い天候に慣れればと、今後の球速アップを予告した。
謎のテスト生が楽しみな存在になった。【松井清員】
◆エディ・リベラ 1988年12月18日、ドミニカ共和国生まれ。
球種は直球、スライダー、スプリット、シンカー、カーブ。
この2年間在籍した野球スクールの投手コーチは02~04年に中日に在籍したマーチン・バルガス氏(34)。
180センチ、87キロ。
右投げ右打ち。
[2013年1月28日9時51分 紙面から]




この記事を見て最初に思い浮かんだのは、あのドミニカンです。

ネルソンが元気いっぱいに剛速球をガンガン投げ込んでいる件、その2

でご紹介しました、ネルソンが146kmから147kmの速球を投げている動画です。
91マイルのスピードガン表示の映像が映り込んでいる、今月のドミニカでのネルソンの最新の動画です。

Nelson91.jpg
NelsonBycicle.jpg



チャラ内くんは謎のドミニカンを「この時期にこの球速」とか言ってますが、ネルソンさんもこの時期に91マイル=146~147kmの球を投げ込んでいるんですよね。

しかもネルソンさんは、1シーズンを通して先発の柱を任せられます。
謎のドミニカンと、ネルソンさん、どっちがいいのか?
そういえばネルソンさんも最初は身長をごまかしたり、「謎のドミニカン」でしたね(笑)
しかしその旧、謎のドミニカン、だったネルソンさんを森繁さんが2年かけて先発の柱に育て上げました。

nelsonc.png

新・謎のドミニカンのリベラは2~3年は即戦力にはなり得ないでしょうから、とりあえず育成契約をして、開幕から先発の柱となりうるネルソンさんを呼び戻して欲しいです。



にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ















テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

ドラゴンズのイケメン番付を考えてみた件














ドラゴンズは明るく楽しいチームである件」のところでドラゴンズの良いところをご紹介しましたが、更にもう1ついいところがあると思います。
それは、一昔前のドラゴンズでは考えられなかったのですが、イケメンが多いチームであるというところです。
そこで、独断と偏見で、ドラゴンズのイケメン番付を考えてみました。


ドラゴンズイケメン番付2013

横綱
 東     西
浅尾拓也 伊藤準規

16544284.jpg

junkin.jpg



大関
中田賢一 岩崎恭平

nakata.jpg

kyohei.jpg




関脇
堂上直倫 岡田俊哉

naomichi.jpg

okada.jpg


小結
吉川大畿 野本圭

yosikawa.jpg

nomoto.jpg


前頭
荒木雅博 朝倉健太
山内壮馬 田島慎二
川崎貴弘 井藤真吾
岩崎達郎 英智
平田良介 谷繁元信
小熊凌祐 高橋聡文
藤井淳志 堂上剛裕

 ・
 ・
 ・

・・なんだかものすごい数のドラゴンズファンの異論の声が聞こえてきたような気がしましたので、この辺でやめときます(汗)

ドラゴンズファンの皆さんはどんなイケメン番付にしますか?

強くて明るくて楽しくてイケメンだらけのドラゴンズは、最高にカッコイイチームだと思います。いちドラゴンズファンとしてチームを自画自賛し最高の気分↑です。(自己満足)





にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram















テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

プロ野球の監督の器について思わされた件















落合監督がドラゴンズの監督時代に発言した珠玉の言葉がまとめられた本が出版されました。
ニッカンスポーツが報じています。

落合博満の「オレ流語録」が染みる本
[2013年1月25日9時13分]
http://www.nikkansports.com/entertainment/komakai/news/f-et-tp0-20130125-1076092.html
落合博満氏が中日監督時代に発した88個の“オレ流語録”をまとめた「落合語録」(トランスワールドジャパン)が発売された。
中日監督を務めた8年間でリーグ優勝3回、1度もAクラスを外していない名将の珠玉の言葉が満載だ。
「収穫でいえば井端のサードゴロ。君たちは分からなくて結構」
「痛いという者は使わない」
「プロは一生懸命やるのが仕事じゃない。結果を残すのが仕事」
「必死でやらないヤツはグラウンドにいちゃいけない。そういう世界だろ」
結果を出すリーダーの言葉の数々は、あらゆるジャンルで生きる社会人に響く教訓だ。





その名も「落合語録」
ニッカンスポーツは昨日この書籍「落合語録」についての報道をしていますが、この本自体は数日前から名古屋の書店にならんでいました。
落合語録は、落合の言葉は、非常に奥が深いです。

落合監督の発言をまとめた本が出版されることは「まああるだろうな」とは思うのですが、この「落合語録」には特徴があります。
それは、この「落合語録」の本のまえがきに書いてあるのですが、著者は一般人のブロガーである点です。
ブログを見た出版社が、落合監督の語録をまとめた本を出版しないか、という事から始まり、出版された本であるというのです。

落合語録のブログはたくさんあるので、どれが元ブログなのかよくわかりませんが、いい本が出版されたものだと思います。
落合監督の言葉は、今だからよくわかる、というものが多いと思います。
改めて落合監督の言葉を確認してみると、これからのドラゴンズのあるべき姿が見えてくると思います。

その落合博満さんは現在も日本中の講演にひっぱりだこです。

ochiaikou.jpg

講演は一般公開のものよりも、非公開のもの、つまり会社の研修などの講演依頼の方が多いとの事で、しかも大会社の重役などが集められた講演に呼ばれる事は多いのだそうです。
プロ野球の監督というものは、日本中の経営者が最もお手本にしやすい典型例となり、そこで勝ち進む強い組織づくりを成し遂げられれば、それだけで日本の経営者達の指導者となり、先駆者となり得るのですね。
落合博満 著「采配」も現在、書籍の帯には35万部突破と書いてありますが、すでに37万部に達したそうです。



日本中から講演依頼が来て、日本中で「采配」が売れているというのが、その思考と人間性の本物の実力を証明していると思います。




ところで、ブランコの横浜での続報ニュースが出ています。

DeNAブランコがマジメに変身!?異例のキャンプ前に球場練習
デイリースポーツ 1月26日(土)9時1分配信
http://www.daily.co.jp/baseball/2013/01/26/0005696010.shtml
 DeNAのトニ・ブランコ内野手(32)が25日、神奈川県横須賀市のベイスターズ球場を電撃訪問。
打撃を中心に約3時間、精力的に練習した。
「キャンプ前にタイミングを確認したかったんだ。そのための練習さ」
と白い歯をのぞかせた。

 体重を6キロ落として来日したのが2日前。
前日は都内でウエートトレに励み、この日はバットを振った。
キャンプ前の球場での練習など、中日時代には皆無。
「時差ぼけ?関係ないね。毎度のことだから」
と新天地に懸ける意気込みを、室内に響く打球音で示した。

 因縁の相手との和解も果たした。
昨年7月の左手への死球で骨折させられた山口から謝罪され、
リスペクトされてるなと思った。自分も同じようにしたい。一緒にやれるのがうれしいよ」
と共闘宣言。
中日時代より、マジメになった優等生は、プレーと人間性でチームを引っ張る。


blancokoike.jpg

小池さんとブランコがグランドに一緒にいるところの写真を見ると、2010年と2011年の連覇を思い出してほのぼのとします( ´∀`)
これが横須賀の写真であることが悲しすぎますが・・
やはりブランコが必要としていたのは、「リスペクト」だったのですね。
一方、ブランコをリスペクトどころかイジメていた高木さんは、

高木監督、新助っ人を空港にお出迎え…中日
スポーツ報知 1月26日(土)7時2分配信
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20130125-OHT1T00245.htm
 中日・高木守道監督(71)が“ポスト・ブランコ候補”を自ら空港まで出迎えることが25日、分かった。
昨季パドレス傘下3Aで22本塁打を放ったマット・クラーク外野手(26)ら新外国人3選手が、27日に中部国際空港に到着予定。
関係者によれば、指揮官はその場で待ち構え、歓迎の言葉を伝えるつもりだという。
このオフにDeNAにブランコ、ソト、ソーサと主力が移籍。
特にブランコとは、指揮官が何度も舌戦を繰り返してきた。
「今年はどのチームも外国人選手の働きがペナントの行方を左右する」
と指摘しており、クラークとともに同じ日に来日するカブレラ、ブラッドリーの出迎えは期待の表れだといえる。
9日にインフルエンザに感染し、一時は自宅療養が続いていたが、エネルギッシュな行動は完全復活の証明だ。
電撃訪問の予定を聞いた球団幹部も
「行ってもバッティングやピッチングが見られるわけじゃないのに、珍しいよね」
と目を丸くした。
しかし、ボスの熱烈歓迎を受ければ助っ人たちも感激することは間違いない。
71歳が速攻アタックでハートをわしづかみにする。


頑張ってもらわんと…高木監督 新助っ人を空港お出迎えへ
スポニチアネックス 1月26日(土)7時0分配信
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/01/26/kiji/K20130126005058710.html
これも「守道流」だ。
27日に来日する中日の新外国人、ブラッドリー、カブレラら4選手を、高木監督が中部国際空港まで出迎えに行く。
指揮官自らの意向で、佐藤良平球団代表は
「ピッチングするわけでもバッティングするわけでもないのに、珍しいよね。
 彼らも感激するでしょう」
入団会見前の助っ人を監督が直々に出迎えるという超異例の行動力に感嘆していた。



tkgsuyasuya.jpg



高木さんを講演に呼ぶ会社や経営者はいないでしょうね・・・・
このお出迎えの件につきましては、これ以上はコメントを控えさせていただきます(泣)
羹に懲りて膾を吹く(小声)





にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram

















テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。