スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山崎武司はセサル以下のクソ打者である件
















ドラゴンズの背番号7といえば、誰ですか?

最近のドラゴンズで印象に残る背番号7といえば佐伯さん?

ochiaiaseki.jpg

↑最後の落合竜で優勝して涙した佐伯さんに笑いながらツッコミをいれる落合監督と、それを見て笑顔のドラゴンズの選手達の写真ですが、こういう楽しいベンチの雰囲気っていいですね。

落合竜の頃のドラゴンズって本当に明るく楽しい雰囲気で良かったです。

落合竜時代は選手もドラゴンズファンも皆いききとして明るく、本当に良い時代でした。


高木中日で、こういう楽しいベンチの雰囲気って、一切なくなりましたね。

陰気で陰湿な無責任責任転嫁毒舌老人高木守道が監督になってからというもの、ベンチの雰囲気は陰気で暗くなってしまいました・・・何がジョイナスなんでしょうか?



今回、背番号7の先輩と後輩である、セサルと山崎について注目してみたいと思います。


sesarucesar.jpg
背番号7のセサル


yamasakino7.jpg
背番号7の山崎


最初に念のために言っておきますが、山崎という選手はもともと好きですが、中日新聞社のコネに乗っかる山崎が大嫌いです。

「現在の」、おかしな態度の山崎が大嫌いです。

それから、山崎は頭が悪く、カンが鈍く、練習嫌いで、個人的な感情を第一優先する高木守道的な性格で、監督どころかコーチにも全く向いていません。

山崎には指導者としての適性が1%もありません。

たとえば、藤井という選手は好きですが、ジョイナスコネで一軍登録され、調子の良い野本がファームに幽閉されていると、藤井が嫌いになる、というのと同じ現象です。

藤井が実力で一軍にのし上がってくると、うれしくなるのですが。



さて、セサルと山崎、この2人の背番号7の成績を比較してみましょう。

落合竜が優勝した2010年の1年間、セサルはドラゴンズに在籍しました。

セサルがいても優勝してしまうのがすごいですね。



セサル2010
51試合出場 186打数40安打 打率.215


山崎2012
90試合出場 215打数40安打 打率.209




セサルが在籍した2010の一年間と、山崎が在籍した昨年の一年間の比較です。

同じ背番号7ですが、仲良く2人とも40安打です。

ただし、山崎はセサルよりも多くの試合に出場しており、打席数もセサルより多く、打率はセサルより低いです。

つまり、


山崎武司は、セサル以下である


という事です。

でかいツラして、でかい事ばかり言っている山崎武司ですが、実情はセサル以下のクソ打者です。

山崎の背番号7を見たら、

「あ、セサル以下の山崎だ!」

と思ってください。


中日山崎新助っ人に闘志 一塁来ルナ!?
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20121124-1051200.html
ルナ、一塁に来るな!?
来季27年目の中日山崎武司内野手(44)がまだ見ぬ競争相手を挑発した。
23日、名古屋市内の商業施設でトークショーに参加した。
中日と入団合意した新外国人へクター・ルナ内野手(32=パイレーツ3A)にいきなりかみついた。
「新聞にはユーティリティープレーヤーと書かれているけど、そう書かれているときは一塁か三塁か、2つくらいしか守れない。だから僕のライバルになるんじゃない?」
一塁は俺だとばかりに先制パンチを浴びせ、早くもライバル宣言だ。
集まったファンには
「こうやって書かれるときは大体、守備は良くない。みなさん、バッティングに期待しましょう!」
と丁寧に解説してみせた。
ただのリップサービスではない。
今季、一塁のポジションを争ったブランコのDeNA入団が決定的。新助っ人がその代役として期待される。
今季はブランコとのガチンコ対決を制し、開幕スタメンの座を手にした。
もちろん、19年連続がかかる来季も開幕スタメンを狙う。
「ブランコは12球団NO・1のパワーヒッター。ブランコくらいに思っておけばいいんじゃない? 自分なりの準備はしていくよ」
宿命でもある助っ人とのポジション争い。
44歳のベテランはポスト・ブランコとの対決へ、闘志が燃え上がっている。
ルナ、一塁に来るなら来い!
2月の春季キャンプからタケシVSルナのゴングが鳴る。
 [2012年11月24日10時28分 紙面から]

yamasakijamazaki.jpg



そのセサル以下の山崎ですが、セサル以下のくせに、口だけは達者です。

昨年も山崎はブランコにケンカを売るような事を言っておきながら1本塁打しか打たず、ブランコとの格の違いを見せつけられ、赤っ恥をかいたはずです。

その恥も癒えぬままに、なぜこのような大口をたたけるのでしょうか?

恥知らずにもほどがあるでしょう。

坂井克彦にかわいがられているだけあって、2人揃って恥知らずです。

そして現状の山崎は、ルナとは比べ物にならない状態です。

2年連続で、大口たたいて赤っ恥です。

2年連続でジョイナスが大失敗して赤っ恥ですが、坂井克彦は平気です。

山崎も平気、坂井も平気、恥知らずコンビです。


そもそも、セサルはあっさりとクビになりましたが、山崎はなぜ昨年のうちにクビにならなかったのでしょうか?

なぜセサル以下の選手が、いつも中日新聞や中日スポーツに不自然に取り上げられ、記事になっているのでしょうか?

なぜセサル以下の選手が、いつもCBCのサンドラや、東海テレビのドラHOT+で礼讃特集を組まれるのでしょうか?

セサルはあんなに叩かれていたのに、あまりにも不自然です。

セサル以下の山崎は、なぜ不自然にマスコミに礼讃されているのでしょうか?

山崎はセサル以上に叩かれなければ不自然です。

セサルは前半戦の一部に50試合くらい出場しただけなのに、山崎はなぜ90試合も出場しているのでしょうか?

セサルが2010年当時、どれほどドラゴンズファンに叩かれていたのか、まだ記憶に新しいです。

中日新聞や中日スポーツ、CBCのサンドラ、東海テレビのドラHOT+、中京テレビのスポーツスタジアムなどでは、あいかわらず山崎の礼讃特集を複数回、組んだりしています。

昨日もスポケンで山崎特集を組んでいました。

明らかに前半の井端特集で井端のロングインタビューを承諾する上でのバーター丸出しで、坂井克彦から圧力を受けて、メーテレがむりやり組まされた山崎特集という感じでした。

スポケンは良い番組なんですが、昨夜の前半の井端のロングインタビューと、後半の山崎特集の落差が激しかったです。

前半の井端のインタビューはとてもよかったのですが、後半の山崎特集は本当にどうでもいい内容でした。


昨年から続くこの不自然すぎる山崎マンセー現象の正体は一体全体何なのでしょうか?

不自然に落合監督を叩き、不自然に山崎をマンセーするこの異常な現象の正体はなんなのでしょうか?

本来山崎はセサルよりも叩かれる存在のはずです。

セサル以上に、ボコボコに叩かれるのが、山崎のポジションのはずです。

山崎の守備のひどさもセサル級です。

打率に至っては、セサル以下です。

セサルが当時どれほどドラゴンズファンからからかわれ、笑われ、叩かれていたのか、その事を思い出しても、やはり山崎の現在の好待遇は異常と言わざるを得ません。

中日球団社長でありながら、中日新聞社の常務取締役でもある坂井克彦が、わざと中日新聞や中日スポーツに山崎武司の礼讃記事を書かせているのは明らかです。

坂井克彦がナゴヤドームに出入りするドラゴンズ番組のTV局プロデューサーに圧力をかけて、山崎武司の礼讃特集を組ませているのは明らかです。

ドラゴンズファンの皆さん、あなたも坂井克彦にだまされてはいませんか?


最近の1シーズンの成績を比較してみると、山崎武司はセサル以下の打者である。
そういう打者を不自然に名古屋マスコミが取り上げるのはやめてもらいたい。
まともなドラゴンズファンが知りたいのは、和田選手や森野選手やアライバの様子や、リハビリに励む吉見投手や浅尾投手の情報なのであって、山崎の特集なんて見たくない。



この事実を、中日新聞社のアホな老人たちは、肝に銘じておいてもらいたいものです。

中日新聞社のアホな老人たちは、無駄な労力をかけて、無駄な事をするのはやめてもらいたいです・・特に坂井克彦、お前のことだよ。

そして、そんな山崎を坂井克彦が来季の監督にしようとしている恐ろしい事実も、まともなドラゴンズファンは知っておいていただきたいと思います。

そして、強く警戒しましょう。

坂井克彦がそのためのわざとらしい布石を打っているのは明らかです。

坂井克彦にだまされないよう、注意しましょう。

ありとあらゆる意味で監督の適性のない中日山崎監督の誕生を、ドラゴンズファンの力でなんとしても阻止しましょう。

ここまでドラゴンズを破壊し尽くされた上に、高木守道以上に無能で頭の悪い練習嫌いの山崎が監督になったら最悪です。

高木守道の後継者として、山崎を監督にしたいという動きは、ドラゴンズを弱小チームにして選手年俸を削りたいだけの、経営の傾いた中日新聞社の企みなだけです。

山崎監督工作は、ドラゴンズ弱体化工作の第2弾であり、ドラゴンズファンは絶対に阻止しなければなりません。

坂井克彦主導による山崎を監督に就任させるどす黒いたくらみを、まともなドラゴンズファンの力で阻止しましょう。




にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram


















スポンサーサイト

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

山崎はドラゴンズを辞めへんし、ドラゴンズには迷惑なだけの件






















もはや一体なんのためにドラゴンズに在籍しているのかすら全く理解不能の山崎武司。
なぜクビにしないのか?
なぜ引退しないのか?
誰もわからない、誰も知らない、ドラゴンズに在籍している謎の選手、山崎武司。

今日の山崎武司も、どうにも救い難いセカンドゴロと、何も期待できない三振でベンチに下げられました。

全く戦力になっておらず、チャンスに代打で出ては凡退し、先発で出場しては凡退し、ドラゴンズに迷惑をかけまくり、ドラゴンズファンからも嫌われ続けている山崎・・
礼讃しているのは中日新聞と中日スポーツと、中日新聞社の資本の入っているCBCラジオとCBCテレビだけという、気持ち悪い状態にあり、まるで北朝鮮のマスコミのようになってしまっている、全国的にも評判の悪い「恐怖の名古屋暗黒コネ社会」に祭り上げられ続ける山崎・・
北朝鮮で祭り上げられている、あのデブの将軍様のようになってしまっている山崎武司・・・


【中日】先発希望!武司、守道監督拝む
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130328-1104264.html
27年目の中日山崎武司内野手(44)が高木守道監督(71)を拝んだ。
プロ27年目の開幕戦はベンチスタートが濃厚だが、
「明日の朝起きたら監督の気分が変わってるかもしれないから」
ナゴヤドームの一塁ベンチ付近で高木監督を見つけると両手をパン、パン。
手を合わせた。

yamasakiyamehen.jpg




山崎武司がドラゴンズファンから嫌われるのも、こういう発言があるからです。

「お前の成績で、スタメンなんか取れるわけねーだろ!」

という、誰もが思う真実を、山崎だけが見えていない。
ドラゴンズファンでなくてもツッコミをいれられるこういう恥知らずな発言を繰り返すのが、山崎武司のダメダメなところです。

山崎武司の、オープン戦の成績を見てみましょう。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/npb/2013/stats/dageki_o.html

open2013battingjh.jpg

規定にすら達しておらず、どこにも載っていません。
オープン戦の最終戦の打者成績のところをみて判明したのが、

http://baseball.yahoo.co.jp/npbopen/game/2013032404/stats

2013年、山崎武司のオープン戦での打率
打率.182


yamasakiDaritsuop.jpg


この事実があるだけです。

1軍にいることすら、不思議になるくらいの数字です。

オープン戦の打率が、たったの.182でしかない山崎武司は、なぜ1軍にいるのですか?

どなたか教えていただけませんでしょうか?

山崎武司は、打率がわずか.182しかないのに、どうして開幕スタメンで使ってもらえると思ったのでしょうか?

それなのに、開幕6戦目で、どうしてスタメンなのでしょうか?


【中日】2年目ディアスに戦力外通告
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130330-1105149.html
中日は30日、ビクトル・ディアス外野手(31)に対して井手峻(いで・たかし)球団代表(69)がナゴヤ球場で戦力外を通告したと発表した。
4月1日にウエーバー公示の手続きを取る。
テスト入団した昨季は出場21試合で打率1割7分4厘、0本塁打1打点に終わったが、「大化けを期待」した高木監督の意向で残留していた。
今春のオープン戦は打率2割6分1厘、1本塁打、3打点で開幕から2軍生活。
「チョビ」の愛称で親しまれた陽気な助っ人が竜を去る。



わざわざ中部国際空港までディアスをお出迎えしていた高木さん、その行為がどうにも
「嘘くさい」
と思っていました。
その経緯については、

クラークが気の毒すぎる件、その3 (おじいちゃん演出を忘れる、編)
http://dragonsdoh.blog.fc2.com/blog-entry-42.html

にまとめましたが、その高木さん、舌の根も乾かぬうちに、アッサリとディアスをクビにしました。

takagickkgo.jpg

カメラの前で、中部国際空港でディアスをお出迎えして優しい老人を嘘くさく演出する高木さん、開幕直後にディアスはクビです。

ディアスの2013年のオープン戦で打率は.261
だったのですが、なぜかクビにされてしまいました。
山崎のオープン戦の打率は、.182だというのにです。

そもそもなぜ2013年3月30日に、ディアスの戦力外が発表されたのか?
意味がさっぱりわかりません・・

山崎の方が成績が悪いのだから、戦力外通告を出すべきはディアスではなくて山崎のはずでは?



山崎はまず、タニマチのコネだけでクビにもならず、1軍登録されているわが身をまず恥じるところから始めなければならないはずです。

しかしこの太った役立たずの中年男は、良い年齢をして、どうしてこんなに考えが甘いのでしょうか?

誰かがこの使えないデブおじさんを甘やかして、ここまでダメな発想をする人間にしてしまったのでしょう。

・・どう考えても、名古屋の暗黒コネ社会が山崎を甘やかした悪習のなれの果ての惨状、惨劇としか言いようがありません。

もはや誰からも望まれていないのにもかかわらず、一部のタニマチに取り囲まれ甘やかされ、本人もその気になるという醜悪すぎる構図・・

頭がわるいのか性格が悪いのか心がけが悪いのか、全く事実が見えなくなっている愚かな中年が、山崎武司という男の正体、山崎武司の本質そのものなのでしょう。

1軍にいることにすら何の違和感も感じず、少しも不思議とも何とも思わず、若手選手やチーム自体にも迷惑をかけている事にも何とも思わず、恥ずかしい発言を恥とも思わないこのたるみきった、腐りきった精神から出てくる山崎武司の発言。

この山崎武司の存在そのものが、もはやドラゴンズの士気を著しく下げる悪性のガン細胞と化している事を、山崎自身が悟らなければなりません。

現在のドラゴンズの環境においては、
「手をパンパン」
と叩けば、タニマチが球団社長に圧力をかけて、球団社長が高木さんに圧力をかけて、どんなに悪い成績であろうとも、どんなにドラゴンズというチームの足を引っ張り続けていようとも、開幕スタメンが約束されていたのかもしれません。

しかし、打率1割台で、チャンスに凡退しまくりドラゴンズの足をひっぱりまくる貧乏神の山崎武司の1軍登録は、もはやまともなドラゴンズファンは誰ひとり望んでなどいないという事実を、山崎武司本人が知らなければなりません。

そんなに1軍に居たいのなら、まともな成績を出してもらいたい。

そんなに1軍スタメン出場したいのなら、まともな成績を出してもらいたい。

まず戦力になってからモノを言えということです。

昨年の2012年の山崎武司の成績は、90試合も出場しているのに、

打率 .209
打点  13
本塁打 1

と、さんざんな成績で、全く戦力になっていませんでした。

普通はクビですが、クビにもならず、聖域化しています。

「よほど強いタニマチが背後にいるんだろうな」、とは思いますが、山崎武司への感想はそれだけです。

坂井克彦と高木守道と共に、一刻も早く辞めてもらいたい、ドラゴンズの3大ガンです。

今年もたるんだ体で、ひどい成績で、ひどい態度で、ひどい発言で、チームに計り知れない悪影響を与えながら、当たり前のような顔をして1軍にいます。

そして、
「1軍にスタメン出場されねーかなー」
とほざき、監督を拝む・・・

今年もドラゴンズに、悪い成績だけでなく、士気をも低下させる悪い影響だけを与え続ける山崎武司。

彼に真実を伝えらるのは一体誰なのでしょうか?

役立たずのお荷物、山崎武司は今すぐにドラゴンズから去ってもらいたいです。

しかし、開幕第6戦でスタメン出場です。


昔、こんな↓事件も起こしていました。

1年生に翻弄され3三振…山崎「マナー違反。100年早いよ」
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/05/07/kiji/K20110507000772260.html
パ・リーグ 楽天0―2西武 (5月6日 Kスタ宮城)
西武のドラフト2位ルーキー牧田に6安打完封でプロ初勝利を許した楽天。
星野監督は今季初めて試合後の会見を拒否し、田淵ヘッド兼打撃コーチは
「球を散らしてくるというより、ストライク率が高い。特に初球のストライク率が高いから、そこを狙っていかないといけない」
と振り返った。
4番・山崎は3三振を含む4打数無安打に終わった。
先頭打者として迎えた7回には、走者がいないにもかかわらずクイックで投じたルーキーの前に空振り三振。
プロ25年目のベテランは
「1年生のくせにあんなの使いやがって。あうんの呼吸を無視したクイックをするのはマナー違反。100年早いよ」
と憤慨していた。
2011年5月7日 10:49




↑相手チームの投手から三振を食らって、逆ギレするみっともない山崎武司・・

このたるんだ山崎武司の問題発言に対する、Numberでの世間の評価が、これ↓です。


ベテランに対する西武・牧田のクイックモーション、あり?なし?
http://number.bunshun.jp/articles/-/150261/feedbacks?per_page=10
オールスターにも出場した西武ライオンズの新人サブマリン、牧田和久投手の“クイックモーション”。
以前から議論の的になっていましたが、オールスター登板をきっかけに再び波紋を呼んでいます。
通常、“クイック”は、盗塁阻止を目的として行われるものですが、牧田投手の場合、打者のタイミングを外す武器として走者なしでも使うのが特徴。
ルール上は何ら問題ありませんが、一部のベテラン打者から「新人らしくない」「マナー違反」ととがめられたという報道が流れ、ファンの間でも議論が沸き起こっています。
ベテラン打者に対する新人・牧田のクイックモーション。
「あり」ですか? それとも「なし」ですか?

yamasakimakitac.jpg



山崎武司には非常に残酷な結果が出ました(笑)

こんなお笑い草ってあるでしょうか?

たるみきった山崎武司の発言には、世間のほとんどの人間が賛同していないのです。

この時に山崎は気づくべきでしたが、何も学ばず、相変わらずドラゴンズでアホな発言を繰り返しています。

山崎武司というたるんだ男は、あのブクブクのたるんだ体からもわかるように、昔から甘えた精神の持ち主で、甘えた考えしか持っておらず、自分の責任すら自分のものとして認識することができないほどに、精神的に腐った男でした。

都合の悪い事は何でも人のせいにしてきたのでしょう。

山田久志さんが、そういう山崎武司の腐ったところをいち早く見抜き、嫌って、オリックスとトレードしました。

ババ抜きでいうところの、ババを外に出してくれました。

さすが超一流の大投手だった山田久志さん、よくやってくれたと思いますが、残念ながらまたそのババがドラゴンズに戻ってきてしまいました。


このように、百害あって一利なしの山崎武司、どうしてまだドラゴンズにいるのでしょうか?

ドラゴンズファンが、山崎を甘やかしているのではないでしょうか?

あきれて黙って見ているのでは、黙認しているも同然です。

ドラゴンズファンのみなさん、タニマチの圧力も吹き飛ぶほどの大きな声で
「山崎武司辞めろ!」
と叫び続けましょう。

タニマチがどんなに強くても、結局はドラゴンズファンの世論には絶対にかないません。

なぜならば、プロ野球というのはそもそも人気商売の興業だからです。

山崎は将来はドラゴンズの監督候補になっているらしいという説もありますが、
絶対におことわりさせていただきます。

怠け者で、精神が腐りきっていて、甘えきっていて、悪影響しか与えない監督は、今後も永遠にドラゴンズに必要のない人材です。

人気もありませんし、ドラゴンズの人気にも何の影響もありませんし。

ありとあらゆる意味で、ドラゴンズに必要がない山崎武司・・
スタメンはおろか、1軍にも存在する権利もなく、そもそも2軍にすら在籍する必要のない山崎武司・・
選手生命の晩節を汚すという意味では典型的な悪い例を示している山崎武司・・

山崎武司は、せっかくの通算本塁打成績や、東北の人達の信頼をこれ以上汚さないためにも、今すぐに引退を発表するべきです。

このままでは、愛知県すら住みづらい場所になってしまいます。

そうしているのは、山崎武司その人、山崎本人そのものが原因なのです。

身から出た錆びが、これ以上体をむしばむ事のないように、今すぐにやめた方がいいです。

山崎のタニマチをやっているアホなタニマチの皆さんにお願いです。

本当に山崎武司の事が好きならば、山崎武司本人のためにも、1秒でも早く引退勧告してあげてください。

それが山崎武司にとって、一番最良の道なのです。

中日新聞社もCBCも、山崎を一生懸命に礼讃するのはやめるべきです。

その行為が、一番山崎武司を苦しめる事になるのです。

そういう意味では、本当の意味で山崎武司の人生をダメにしているのは、タニマチと中日新聞社とCBCであるといえるでしょう。

ドラゴンズファンの皆さんは、少数の山崎ファンも、大多数の山崎ファンでない人も、ドラゴンズの選手だった山崎武司のためを思って、大きな声で、
「山崎やめろおおおおぉぉぉぉぉ!!!」
と叫んであげてください。

一定の名のあるスポーツ選手の晩節をこれ以上汚す行為を、惨劇を、これ以上黙認する無責任な行為はやめましょう。


その山崎武司、今日はセカンドゴロと、絶望的な三振でした。

短気老人、高木守道が山崎の三振直後にファーストを森野に変えると、その後の打席で森野は非常に美しいバッティングで左中間に2塁打、結局ホームに生還して1得点、ドラゴンズの勝利に貢献しました。

これが、「チームに貢献する戦力としての選手」というものです。

山崎は2軍に落として、ODAさんを1軍に上げてもらえないですかね?

まるで
「谷繁潰し」
とも思える交替ゼロの谷繁さんの連続起用が行われています。

こういう使い方は落合時代にもありえない起用方法でした。

こういう事を突然始めたのも、坂井克彦が谷繁をつぶしたいと考えての陰謀のニオイもします。

山崎と藤井が1軍にいて、投手と捕手が一人ずつ不足しているおかしな現状の1軍登録枠の変な使い方です。


試合そのものは阪神の自滅による守り勝ちでした。

ドラゴンズはカブレラの好投と








大島の超スーパーファインプレイという、守り勝ちの試合。





【中日】大島超美技でカブレラ助けた
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130404-1107669.html
<阪神0-1中日>◇4日◇京セラドーム大阪
中日大島洋平外野手(27)が超ファインプレーをみせた。
0-0の7回1死一塁で、福留の後方への大飛球を俊足を生かして追い、難しい体勢でキャッチ。
抜けていれば確実に1点という場面で、好投する新外国人ダニエル・カブレラ投手(31)を助けた。
2年連続ゴールデングラブ賞の実力を見せつけた。

ohshimafineplay.jpg



コンラッドに代打新井兄を出して凡退、次の回にファースト新井良太をサードに、新井兄をファーストに守備変更して、サードゴロを新井良太が悪送球、これが決勝点になるという、阪神にとっては特に良太にとっては悪夢のような試合でした。

大島の超スーパーファインプレイで失点を防いだのとは対照的な阪神の守備、落合監督が新井良太をトレードに出した理由が、

・新井良太の一向に改善されないどうしようもない守備
・シーズンオフを過ぎると、どうしようもなく衰えた状態でキャンプに現れる、新井良太の怠けグセ

この一向に改善されない二つの欠陥を、新井兄と金本が叩きなおしてくれるだろうという親心で、このままでは新井良太という素材が改善されないと環境を変えさせた落合監督の親心で阪神に出したところがありました。

しかし結局良太は良太だったようです。

良太は9回裏の最後の打者として岩瀬さんに打ち取られ、いかにも敗戦の戦犯になってしまい、哀れな感じでした。

そういう意味では、阪神はミス負け、ドラゴンズから見るとミスで拾った勝ち星、というところでした。

高木守道には、
1点取られないようにする方が、1点取るようにするよりも、確実で重要な戦略なのだ。
という簡単な事実を、今日の試合から学んでもらわないと、今シーズンを通して闘えません。

これこそが落合野球の真髄なのだということを、どうして長年CBCの解説者だった高木守道が知らないのか、学ばなかったのか、不思議でならないのですが・・


投手面では、連投の岡田投手が8回を、連投の岩瀬さんが9回を抑えて完封勝利です。

特に岡田投手も投げさせ過ぎですよね。

ドラゴンズはここまで6試合を消化して、岡田投手の登板は4試合です。

岡田は今年ブレークしたばかりで、プロとしての体も出来上がっていない状態で、4/6の割合で登板させるような、過酷な起用をするべきではありません。

岡田投手の6試合中で4試合登板する割合は、4/6ですから、3分の2ですから、66.7パーセントの試合に登板しているという計算になります。

この割合で144試合をこなすと、144試合のうちの66.7パーセントは、
144×0.667=96
96試合登板するということです。

このまま行くと、岡田投手は96試合に登板させられるという計算になります。

岡田投手がこんなに酷使されているのも、クラークや藤井が1軍枠をムダに浪費しているからで、ここに中継ぎ投手を入れるべきです。

山崎のところにはODAさんを入れてもらわないと、谷繁さんに疲労が蓄積しケガのリスクが高まるので困ります。

ODAさんの扱いも、まるで昨年の英智さんの扱いのようで、嫌な予感がします。

藤井が1軍登録されているのに英智が上がってこない、そしていつの間にか英智さんには戦力外通告をつきつける、それが昨年の坂井克彦のやり方でした。

それと同じ方法で、ODAさんの追放を狙っているのかもしれません。

ドラゴンズファンは、坂井克彦は油断ならないヤツだということを、よくよく認識したうえで注意深く監視しないと、ドラゴンズの破壊工作は悪く悪く侵攻するばかりであるということを、認識しておいていただきたいと思います。


gutsposesakai.jpg


今日の試合、なぜ山崎はスタメンだったのか?

今日の試合、高木守道が2軍降格も辞さないほどに激怒していた藤井が、なぜ和田さんの守備固めで普通に出場してきたのか?

なぜ1軍の捕手は2人しかいないのか?

なぜ森野はスタメンではないのか?


ちなみに藤井のオープン戦での打率は.200しかありませんでした。

いずれも坂井克彦とタニマチの黒い陰謀のニオイがします。

sakaikatuhikokkkfi.jpg


今のドラゴンズには納得できない起用や采配が多すぎて、球団フロントの坂井克彦のグロい陰謀のニオイがきつすぎます。

ドラゴンズファンとしては、厳しい目で監視しておきたいポイントです。





にほんブログ村


野球 ブログランキングへ

ブログランキングならblogram



















テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

ドラゴンズ書


























(DVD)



検索フォーム
PR

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

グアム旅行

グアム旅行

ハワイ旅行

バイク

ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー

ディズニー ミッキー 腕時計

ディズニー ミッキー 腕時計

引越し

引越し

ダック

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

脚やせ

エステ

脚やせ

脚痩せ

エステ

エステ

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメイン

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

マージャン

マージャンの

マージャンは
PR

JQ CARDセゾン

みんなのFX

Francfrancカード

Francfrancカード

LOFTカード

LOFTカード

PARCOカード

JAPANカードセゾン

JAPANカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

MUJI Card

MUJI Card

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ラスカルカードセゾン

ラスカルカードセゾン

パール・アメリカン・エキスプレス

パール・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

ブルー・アメリカン・エキスプレス

https://af-110.com/pg.php?pgid=247&adid=1182&mid=102&p=[会員ID]

ゴールド・アメリカン・エキスプレス

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマートカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  セゾン・アメリカン・エキスプレスカード

mytutor

twitterでポイントが稼げるリツイートアド新規ユーザー募集

マジックボール

マジックボール

マジックボール

マジックボール

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商
RSSリンクの表示
PR










































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。